HSP2.0・育成者、支援者、サポート者のための〜非認知能力アップ実現のためのポリヴェーガル理論理解

HSP2.0・育成者、支援者、サポート者のための〜非認知能力アップ実現のためのポリヴェーガル理論理解

敏感、繊細、感受性の高いHSP(highly sensitive person)が、生まれ持った感性と強みを仕事に活かして生きていくことをサポート。
日本で最初にHSPとポリヴェーガル理論を結びつけ、生きづらさは自律神経系のケアで解消できることを説いている。

2024年6月9日、6月11-12日
対人支援・サポートに使うポリヴェーガル理論講座開催します!




◆最近のメディア掲載・登壇


雑誌【リンネル】9月号にHSPの働き方というテーマで4ページに渡り特集していただきました。

TOKYO FM【Blue Ocean】2回目の生出演しました。ラジコで5/23までお聞きいただけます

NHKプロデューサーによる「おとなのためのアイラブみー」@Spotifyに出演

・集英社オンラインに取材していただきました~「繊細すぎるHSPを悩ます、自律神経のサバイバル」

・上毛新聞さんに掲載されました(2022年8月28日)

・日本が誇るビジネス大賞(2022年5月9日発売)に掲載されました

・CLASSY.に掲載いただきました

・TokyoFM住吉美紀さんの「BlueOcean」に生出演させていただきました

・KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」さんに生出演させていただきました!

・読売新聞・全国版に掲載いただきました。


ジブンブランディングラジオ(HARUKAさん)さんでお話させていただきました

・アーロン博士HSP映画上映会
ほうふ日報さんに載せていただきました


・KUDENスピーチ
【動画】すべてを捨てたときに見えた世界


・宮崎ますみさんプレゼンツ 
祈り・母なる地球へ 癒しフェア にて「人一倍敏感な子の才能発掘大作戦!」登壇しました!

日経新聞 情報誌 レディ東京さん主催 ランチセミナーに登壇しました!
「感受性が強く、繊細・内向的なあなたへ~ありのままの自分で幸せになる方法」




※感性キッズは新ホームページにお引越ししました。

敏感・繊細・HSC ・学校ぎらい・不登校ちゃんのお母様はこちらへどうぞ

・国家資格キャリアコンサルタント

・Gallup認定ストレングスコーチ

・TRE(トラウマ&テンション・リリース・エクササイズ)国際認定アドバンスプロバイダー

・自我状態セラピー(パーツ心理学)セラピスト 

皆川公美子です。これまでにのべ7,200名ほどの方のご相談を伺ってきました。

 

 

 

今日は珍しく仕事の内容や支援の方法についての話ではなくて

 

対人支援者が仕事をしていく、

というテーマについて

語ってみたいと思います。

特にビジネスコーチに伴走してもらうときのことです。

 

 

 

幸せ(心が満足している・満たされている)✖️

仕事(信用とお金がきちんと循環している)

を持続可能なものにしていく

ことを優先順位高く持っている方にとってお役にたてる記事にしようと思います。

 

 

 多くの方が高額ビジネス塾から逃げてくるという事実

 

なぜ私がこの記事を書こうかなと思ったかというと

多くの方が高額のビジネス塾で

 

「どうしてもついていけなくなって」

「モヤモヤしてしまって」

「何度行動だと言われてもできなくて」

 

という状態に陥ってしまい、

自分の人生の前進どころか

自分ってダメなやつなんじゃないか、という

ネガティブな思考に陥ってセッションに来られることに対して

私自身もモヤモヤしていたからです。

 

でもはじめにお断りしておくのは

高額なビジネス塾がすべて悪いと思っていません。

 

高額な投資をして

高度な思考と視点を手に入れる、ということは

世の中では大いにあり得ます。

 

ビジネス塾の主宰者の方もそれだけ実績をお持ちだから

高額にしていらっしゃると思いますし、
(実績もないのに高額で売ってるものにひっかかるのはダメですよ♡)

彼らはご自身の実績に則った方法を教えているので

それらをチェックしてまたは

ちゃんと質問してから選んでいなのは

ある程度ご本人の責任だと思います。

 

 

そこでやっちゃった、が少しでもなくなるビジネス塾の選び方を

お送りします。

 

 

 ①ビジネス塾の使い方を間違っていない?


まずよくあるなと思うのは

ビジネス塾を使う段階に至ってないのに、入学しちゃう例。

 

ビジネス塾では「こうやれば売り上げをあげていくことができるよ」を教えてくれます。

商品やサービスを決めていくところからやる方は

本来ならばまだ入学する前の段階であることを自覚されるほうがいいと思うんです。

その場合は高額すぎるところじゃないほうがいいです。

 

なぜなら商品をつくって

はい!売りましょう!

と全速力で走れる状態には

すぐにはならないからです。

 

6ヶ月くらい伴走してもらって、という場合は

そこで『超売り上げをあげるトップスピード』までいけたらいいけど
HSPの場合は行けない場合のほうが多いことを知っておきましょう。

 

 

売り上げをあげていく、は

商品やサービスが「自分に馴染む」時間や

そのサービスに「自信があふれる」状態じゃないと

売れません。

 

要するに

 

「これ買わないなんてどういうこと??」

 

と思えたら

ご自身のサービスや商品は

絶対に売れます。

 

 

サービス構築からやってくれるところと契約するならば

サービス構築をして

やってみる・・・売ってみて試す・・・に時間をつかって

(最低でも半年、長ければ年単位)
ある程度ご自身で試してから

もう一度同じ講師、または別の講師と契約するというのが

いいですよ。

 

(伴走してもらってないと

自分では走れない、という方はあとで触れます)

 

 

短期決戦型は、特にHSPさんには向きません。

(3ヶ月で月商7ケタなど)
HSPは神経処理が深いので

サービスや商品が「自分にウルトラしっくり」きていないと

動けなくなっちゃいます。

 

ガンガン動ける他の塾生を見て
わたしがダメだ・・・などと感じることは

まったく的外れなことなので

どうぞお見知りおきを♡

 

 

 ②サービス内容の良さ悪さを、ビジネス講師は判断しない

 

 

サービス構築に関して講師がよりよいものに

仕立ててくれるだろう、と思っている方は

表題のことを知っておいたほうがいいと思うんです。

 

講師はビジネスの売り上げを立てる、

または発信を伸ばすについての専門家だった場合

受講生さんが持ってきたサービス内容については

 

チンプンカンプン

 

なのです。🤣

 

当たり前ですよね、あなたのほうが専門分野に対して深いですよね。

これがけっこう誤解されている場合が多いなって感じます。

 

講師のアドバイスは絶対、そっちがいい!と勘違いしていて

自分のほうが内容に関して知識が深いのに

ビジネスの講師に「もっとこっちのほうがよくない?」と言われて

いうなりにやってみるけど・・・ってとき。

 

(講師と同じジャンルのサービスの場合はもちろん別ですが。)

 

 

ビジネス塾に入ったら

サービス内容についても

一緒に作ってくれるんだろうなっていうのは

そのとおりなんですが


講師は「あなたは結局どうしたいんですか?」

 

のファシリをしているだけなので
「ん〜〜〜〜ズバン!」とくるコアなところが自分でもよくわからない、、

ということについて解決してはくれない場合がほとんどです。

 

それは自分で迷いながらやっていくから

売れる、売りたいサービスになっていく、んですよね!

 

だから大いに迷い悩みましょう!

 

仮に「そういうのじゃないほうがよくない?」と言ってくれたら

それはとてもチャレンジングなことを仕掛けてきてくれているので

ありがとう、と思いつつ

悩んで最後はご自身の軸で決定する、べきです。

 

人がいいと言っている、だけでは

仕事になんてできませんよね。。。

人がいいと言った→ 自分も超納得した!だといいですね!

 

 

 ③伴走してもらってないと不安ってとき

 

一番最初のローンチはそれでもいいと思うのですが

ビジネスは伴走してもらわないと不安な状況では

100%うまくいきません。

自律神経状態がビジネスに耐えうるところまで

安心の神経を育てる必要があります。

「な〜〜〜んとなくうまくいくやろ」と楽観的に考えて

まずはやってみる、のところです。

最初は誰だって不安です。

でもやってみるんです。

誰がどんなビジネスをしようとも誰も気にしてませんから。

 

(そこが必要以上に怖い場合はだれかの助けが要ります。ここは自分では

変えられないから。神経の耐性領域つくっていきましょう)

 

ビジネスは最初が一番大変です。

車は車輪がまわりはじめるまでが、力がいりますよね!

 

お客様に知っていただく、までを広告宣伝マーケティングといいますが

みんながワイワイ商売やってる世界に

わたしもするって入っていく、感じです。笑

 

 

そしてあとは手を動かし

(発信をがんばる、サービスにまつわる制作をする、サービスそのものやWEBサイトなど)

身体を動かして

(誰かに会いにいくとか)

成功するまで

ご機嫌領域を保ちつつ(→深刻にならないで軽やかに続ける、これ大事!)

試行錯誤をずっとずっと続けます。

 

それだけです!

 

孫正義さんもユニクロの柳井さんも

楽天の三木谷さんも

ホリエモンさんも

 

そして個人事業家の

セラピストも

心理士さんも

ビジネスコーチも

ライフコーチも

キャリアコンサルタントのフリーの人も

みんなそうやってます。

 

 

楽して稼ごうっていう宣伝文句もよく見かけますが

 

お客様、なめんな!って思います。笑

 

一番賢いのはいつの世界もお客様、クライアントさんなんですよ。

 

今、楽して稼げる何かがあるとしたら

投資だけ。

 

労働の対価としてお金を稼ぐのに

楽してできる方は相当しくみを作り切って

年季の入った方だけではないでしょうか。

 

 

 

 

 ④ビジネス塾は成功の「確率をあげる」ところ

 

これも知っておいたほうがいいと思うんです。

 

高額払えばかならず成功させてもらえる、というサービスは

存在しない。

 

それだったら世の中全員億万長者ですもん。

 

みんな、ボールを投げてみてから

市場がどう反応するかを見ています。

経済はまっこと生き物なので

10年前に流行ったビジネスが今年は

鳴かず飛ばずなんて、当たり前です。

 

それでもやってみる。

自分が信じたことを、やってみる。

 

ビジネスとはそこに面白みがあって

保証などどこにもない世界です。

 

答えがどこにもないからみんな面白がって参戦します。

答えがない世界に心を開くには

自律神経状態がゆるんでたほうがいいですよね。

 

わたしたち

安全な世界に住んでいます。

日本ではとりあえずそうではないですか?

 

安全な家があって

安全な空間で仕事できる、

それなのに

不安ばかりが湧いて出るときは

それは古い(過去にサバイブしたときの防衛状態な)神経パターン。

それを先に変えたほうが早いです。

 

 

 

 ⑤お金に対する感性=古い時代の影響

 

 

仕事が成功するかどうかは、結局
 

①お金の循環に対して肯定的な態度でいられるか

 

②自分に自信をもっていられるか

 

この2つだけが根源的な要素。

 

要するに

 

①世界に対して安心している

 

②自分に対して安心している

 

だけが重要です。

 

もしも人の目が怖すぎる、

何か言われるかもしれない、

きっと批判される、

単に身体から恐れがあがってきてうごかない、

というときは自分に先に向き合ったほうが

成功までは早道です。

 

 

 ⑥カウンセラー、コーチ、コンサルなど対人支援もすべてビジネス

 

そうでないのは、公営のなにかにお勤めの場合ですよね。

 

対人支援業も専門性の高い技術職だと私はつくづく思います。

 

自分の責任ですべてをやり続ける、のところは自由でいいけれど

自分が止まったらすべてが止まる厳しい世界でもあります。

 

積極的に明るい気持ちで

お金を循環させつつ

 

お金を従感させるのはいいことだという概念の上に乗っていけるといいでしょう。

(みんなの年金も保険もすべて民間の会社や個人が稼いでいるところから

支払われています。それが止まったら本格的に年金が減るでしょう)

 

デンマークの教育の目的は

 

良き納税者を育てる

 

だそうです。

 

とても明快でいいなと思います。

 

対人支援は日本の場合、とかく

「人助けなのにお金を要求するの?」という概念にさらされがちです。

 

ビジネスでなく、ボランティアで、と思われる方は

それでいいと思うのですが

大抵はそれだとある時点から息切れしてきます。

 

 

わたしもありました、初期のころ。

あるコーチング業界の男性が「相談があるんだけど」と

奥さんまで連れてこられて時間を2時間以上とったとき

お金のやりとりの話に一瞬なったら

怒ってしまいました。

「人助けなんでしょ?」と。

 

対人支援は特にメンタルや自律神経に関する支援は

トラウマの知識が必要なので

とても高度な専門職です。

ビジネス支援ももちろんしかりですね。

 

 

そのことにともに誇りを持って仕事をしていきましょう!

 

お金(報酬)と自分がなした仕事量のバランスが崩れていると

必ず体調が悪くなってきます。

 

 

 

 ⑦申し込むときにチェックすること

 

ぱっと直感で申し込む前に

◆「誰が信頼している人なのか」(生徒さんの声)


◆「実績はどの程度か」を確認しましょう。

 

講師ご本人が

どのような実績を持っているのかです。

 

巷によくあります、

自分は実績がそれほどないけど

 

◯◯できます!
◯◯になれます!

 

などは

 

ちゃんと価格をチェックしましょう。

 

価格が相場より低すぎる場合は

修行中である可能性または

信条があってその価格に設定されているので

それをわかったうえでお願いできるといいですね。

 

◆その人が書いている文章や音声、映像などに触れましょう。

 

やはり「しっくりくる人」が一番大事です。

 

その人のあり方=サービスに対するスタンス

お金に対するスタンスや

HSPさんなら神経状態=交感神経優位すぎないか
(ビジネスは戦いなのか?どうなのか?)

をチェックして

 

すんなりと信頼できる、

自分とテンポが合う=相性がいい、
価値観に違和感を覚えないか、

 

身体感覚の共鳴

 

それ大事です。

 

 

この強そうな人についていけばいいんじゃないか?

 

と一瞬でも思ったら

この記事を思い出してください。

強そうな人に頼りたくなる気持ちは痛いほどわかる。


でもそれだとビジネスはうまくいきません。


ご自身だけの良さ、強みだけが

あなたのビジネスをうまく行かせることができます♡
 

 

お互い明るくがんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

****************

 

 

 

◆皆川のセッションは4種類です。まずは皆川と話してみたい、という方へ。

 HSPさんのなんでも相談室 と 強みを活かして成果を出す相談室、そしてTRE(ボディワーク)です。 

 必要だなと思われたら、防衛反応解除のワークなども入れています。


>>>セッションご感想はこちら

  

 


📻stand .fm 2番組(支援者さん向け&HSPさん向け)やっています♪

◆ポリヴェーガル&心身のつながり支援家チャンネルfor HSP 
・対人支援をしていくときのミソfor HSP=ポリヴェーガル理論紹介
・仕事とHSPライフを一致させていくビジネスマインド 

・わたしの仕事裏話

 

 

 

・国家資格キャリアコンサルタント

・Gallup認定ストレングスコーチ

・TRE(トラウマ&テンション・リリース・エクササイズ)国際認定アドバンスプロバイダー

・自我状態セラピー(パーツ心理学)セラピスト 

皆川公美子です。これまでにのべ7,200名ほどの方のご相談を伺ってきました。

 

 

昨日、25名以上の方にご参加いただき

ポリヴェーガル理論ワンデー講座の第一回が終了いたしました。
 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

今回は掲載を承諾いただきました方の、ご参加直後の声を一部お届けいたします。
明日11日・12日のほか、7月、8月にも同様の講座を開講いたしますので
ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

受講いただいた皆さまの声

満足度グラフ

ご満足いただけた点について

(人や自分をアセスメントするうえで)今まで感覚的に感じていたことが言葉になってわかったので、より自分の感覚に落とし込みやすくなったと思っています。

浅井咲子先生の書籍でポリヴェーガル理論についての概要は理解していたのですが、改めて「ミックス」や「グラデーション」のことも知れたこと、日常生活での例を自身で言語化することで実感をもって入り口を学べました。

ポリヴェーガル理論の概要から自律神経系の働き、生きづらさを引き起こす要因と対策まで深く理解することができました。

ポリヴェーガル理論の復習ができたこと、公美子さんの引き出しの多い(いつも思ってます!)知識からお話しを聞けたことがとてもよかったです。

自分自身を理解するとことから始まり、今少しずつ対人支援できるよう自分の知識やさらなる耐性領域の拡大を目指していました。支援者側の学びを始めるにあたり、ちょうど良い入口のように感じました。

ポリヴェーガル理論のお話は何回聞いても学べたという実感があります。自分の知り得た体感によって深まりも変わってきているように思うので、今日の講座でまた新たな気づきをいただきました。

子どもの病状をみるということはずっとしてきたつもりだったけれど、病気ではなく、子どもの身体に出る症状が、自律神経の反応であることが理解できた。また、社会的恥が一生懸命、生きる小さな子どもの身体にもとても影響があり、安心安全の感覚を気づいた今からでも作っていくことが大切だと感じた。

 

講座内で最も印象的だった部分

メンタルヘルスは心からのアプローチも大切だけど体からのアプローチも大切だということ。

交感神経優位になりがちで、それが良しとされている現代社会の中で身体と心のつながりを意識して、自分と周りをケアをしていくこととその知識を体系的に理解することのの大切さ

対人支援者として、自分の耐性領域の幅が広いこと/社会的神経(腹側迷走神経)モードでいることがとても大切だと分かったことです。

安心安全な場づくり!結局はここが一番大事なんだ!ということが分かったのと、ほかの人が大切にしていることが分かりとても参考になりました

講座中にグラウンディングなどのワークも挟んでくださったことで、学びへの集中も高まったと感じたことです。
知らぬうちに交感神経優位になって肩に力を入れて画面に向き合っていたことに気がつきました。

一日のスケジュールの中で、自らの神経状態を見るワークで、グループでシェアをできたのが、これから自分の神経状態を見ていくことに役立ちそうです。

身体の感覚を感じるとき、どんな状態でもそのままの状態を感じれば大丈夫と言っていただいたこと。
長期的トラウマという概念
課題を必ずしもすぐに解決しなくていいという姿勢

 

その他、ご感想など

資料が見やすく、イメージしやすかった。皆川さんの声のトーンが落ち着いた。自分の神経状況をモニタリングできた。

午前と午後でブレイクアウトルームのメンバーが異なっていたので色んな方とお話できて良かったです。支援者同士が抱えている課題や普段の活動、ポリヴェーガル理論の活用場面など、話せる場があると、情報交換もできるしよりこの学んだことを活かせそうな気がしました。交流の機会があったら嬉しいです。

公美子さんの講座は久しぶりでしたが、やはり皆さん暖かかったです。

貴重なお話ありがとうございました。大変勉強になりました。ワーク、他参加者さんと意見共有を通して、ずっと気になっていたポリヴェーガル理論を少し理解できました。深い内容なので今後さらに学びを深めていきたいと思います。

皆川さんの、難しい学術的な話をわかりやすく伝えてくれる講座が大好きです。いつも本質を伝えてくださりありがとうございます。

ポリヴェーガル理論のすごさを毎回感じています。教えていただいたことをどう社会につなげていけるかが私のこれからの課題です!

子に関わるチームでチーム分けしていただけたことが、とても安心していることができました。ご配慮いただきありがとうございました。

アンケートへのご協力、ありがとうございました。
いただいたお声をもとに、さらに講座をブラッシュアップしてまいります。

 

引き続き同講座を開講いたします

本ポリヴェーガル理論講座は

支援者またはこれから支援者を目指す方への講座(6時間)

 

自分を理解しセルフケアに生かすための講座(3時間)

を別々に、すべてオンライン(Zoom)にて開講しています。

 

情報量だけでなく、どの視点に立って

ポリヴェーガル理論の理解を進めるかが変わってきますので
ご自身の必要な講座を選択してご受講ください。

 

またアーカイブのご用意もございますが、
一部席を外される方や復習のための配信となります。
全編アーカイブのみでのご参加はできません。

 

その理由としまして、ポリヴェーガル理論は聞く人、適応する相手、その人の神経段階によって違う解釈のように聞こえる場面がありますのでリアルタイムでの講座で丁寧にお伝えすることを旨としています。

 

対人支援のためのポリヴェーガル理論講座

6/11(火),12(水) 各日19:00-22:00
両日程をご受講いただくとワンデー講座と同じ内容になるよう
前半後半に分けて開講いたします。
※参加申し込みは本日10日18時までとなっております。

 

 

 

7/15(月祝) 10:00-17:00 (途中1時間の昼休憩あり)

 

 

 

7/18(木),20(土) 各日19:00-22:00

 

 

 

8/18(日) 10:00-17:00 (途中1時間の昼休憩あり)

 

 

 

8/22(木),23(金) 各日19:00-22:00

 

 

 

自己理解、セルフケアのためのポリヴェーガル理論講座

7/18(水) 10:00-13:00 または 19:00-22:00

 

 

 

繰り返しの受講も歓迎です

昨日の講座内でもお伝えしたことなのですが、
ポリヴェーガル理論では神経・身体反応を扱っています。
そのため、特に対人支援の場において応用するためには
支援者自身の身体に理論がなじむまで学び続けることが非常に大切なポイントになります。

 

本講座ではブレイクアウトルームでの対話を複数回持つことにより
自分以外の視点や経験をシェアしながら理解を深めることができ、
その時間は必ず理論を身体になじませる手助けになります。

 

そこで、本講座を一度ご受講いただいた方には
割引価格で再受講いただけるチケットをご用意
いたします。

 

各お申し込みページに【再受講チケット】をご用意しておりますので
1度以上本講座をご受講いただいている方に限り
お申し込みページより該当チケットをご購入してお申し込みください。

 

改めまして
第一回にご参加いただきました皆さま、ご感想をお寄せいただきありがとうございました。

本日は、7月末に開催が決まりましたコラボイベントのお知らせです。

 

辻さんと弊社代表皆川による講演・コラボ対談イベントを
7月28日(日)のお昼に開催することとなりました。

辻さんは環境=文化NGO「ナマケモノ倶楽部」代表でいらっしゃいます。
100万人のキャンドルナイトの火付け役など、スローライフの社会ムーブメントの先頭にたってこられた世界の宝。
「人はみな、アーティスト」「遊ぶように働く」を地で行くような方で
お会いすると身も心も軽くなります^^

 

今回のテーマは
ぼくたちは、遊ぶために生まれてきた~働き者礼讃社会に抵抗する~

 

辻さんは有名な環境活動家であり、文化人類学者であり、映画監督でもあり、落語家でもあり、そして明治学院大学の名誉教授でもあり、、と
とても多彩な活動をされている辻さんと、
キャリアコンサルタントとして7,200名以上の方の人生に
伴走してきた皆川によるライフと仕事トークをお楽しみいただけます。

 

・自分のやりたいことと仕事がなかなか両立できない
・仕事ばかりの生活から抜け出したい
・世間や社会のペースに飲み込まれて疲れてしまった
・いまの生活をもっとよくしたいとなんとなく思うけれど、どうしたらいいのかわからない

 

など、そんな方には何かヒントを得ていただけるような時間になる予感です。
思い出に残る、暖かくパワフルな場をご一緒しましょう!

 

辻さんと会場の皆さんでお話しができるような時間もたっぷりとりたいと思います。
ぜひ最近のご自身の生活を振り返りながら、会場までお越しいただけたらと思っています。

 

 

当日の内容

◆皆川からご挨拶
◆お弁当ランチ
◆辻信一さん お話し 皆川とトーク
◆会場みなさんとの質疑応答や対話

 

 

選べるランチ付き

ご来場いただいたら、みんなで美味しいお弁当ランチを楽しみましょう♪
お申し込み時に下記のどちらかお好きなお弁当をお選びいただけます。

 

お弁当①詰合せ 浪速寿司
押寿司(えび、梅大根、金目鯛、サーモン、ズワイガニ、穴子、バッテラ、わさび高菜、梅かつお磯巻、玉子など)
(特定原材料等:えび、かに、小麦、卵、ごま、さけ、さば、大豆、ゼラチン)

 

お弁当②二段弁当(豆腐しゅうまいと筍ご飯)
豆腐しゅうまい・湯葉揚げ・生麩田楽・長州鳥湯葉唐揚げ黒酢あん・季節の煮物・季節の炊き込みご飯・生麩まんじゅう など
(特定原材料等:小麦、乳成分、卵、えび、大豆、さば、鶏肉、りんご、ゼラチン、ごま)

画像

 

同じイベントに参加している方どうしは
やはり共通のテーマがあっておしゃべりが盛り上がることが多いです。
同じテーブルにご参加の方との時間もぜひランチとともにお楽しみください。

なお、アレルギー等のご相談があればお気軽に下記までお問い合わせください。
info@sustainedme.com (担当:秋山)

 

 

会場は横浜市内のよく陽の入る素敵なスペース

画像

横浜市営地下鉄「センター北駅」付近のスペースが会場となっています。
最寄駅から徒歩5分程度と電車でもご来場しやすい場所です。

近くに駐車場やショッピングモールがあるため、お車でのご来場も可能。
ただし提携などはございませんのでご了承ください。

会場詳細はお申し込み後にお伝えさせていただきます。

 

 

辻信一さん プロフィール

画像
 

文化人類学者、環境=文化NGO「ナマケモノ倶楽部」代表、

明治学院大学名誉教授。

1952年生まれ、1977年北米に渡り、カナダ、アメリカの諸大学で

哲学・文化人類学を学び、1988年米国コーネル大学で文化人類学

博士号を取得。

1992年より2020年まで明治学院大学国際学部教員として「文化と

エコロジー」などの講座を担当。またアクティビストとして

「スローライフ」、「ハチドリのひとしずく」、「キャンドルナイト」

「しあわせの経済」などの社会ムーブメントの先頭に立つ。

『スロー・イズ・ビューティフル』『常世の舟を漕ぎて』など著書多数。映像作品に『アジアの叡智』(DVDブックシリーズ、現在8巻)など。

最新刊は『ナマケモノ教授のムダのてつがく』(さくら舎)、DVDブック「レイジーマン物語ータイの森で出会った“なまけ者”」(ゆっくり堂)

▶詳しいプロフィールはこちら

 

 

皆川公美子 プロフィール

画像
 

7,206名(2024.5現在)のHSPの相談にのってきた、

キャリアコンサルタント・Gallup認定ストレングスコーチ。

キャリア・デザイン学会正会員。
自身が強度のHSPでチェックリストは23/27
「HSP・HSCの能力を社会につなぎ多様性のある社会を創造する」をミッションとする、(株)サステナミー代表。

HSPとしての自身の経験とキャリアやトラウマ理論をベースに、

生きづらさを抱えるHSPが社会で幸せに働く人生設計のサポートを確立してきた。HSPが自律神経と強みアプローチで持続可能な働き方を見つけるプログラム「そういう個と。」を運営。
金融企業やビジネス大学院など働く現場でHSPや自律神経の講義に登壇。
北海道から長崎まで、日本各地の教育委員会の数々の研修に登壇。

【経歴】
東京芸術大学 音楽学科卒業。WOWOWの音楽制作会社、某大手レコード会社の制作ディレクター、音楽ソフト・映像制作会社、博多織メーカー、などを経て個人事業として起業、2016年法人化。
現、(株)サステナミー 代表取締役社長。

 

イベント詳細とお申込み

【日時】7月28日(日)  12:30 - 15:00
【参加費】6,600円(税込) お弁当・お茶付き
U22価格:4,500円(税込) お弁当・お茶付き
 ※お子様連れの方でお子様のお席が必要な場合はチケットのご購入をお願いいたします

【定員】30名

 

そういう個と。公式LINEでは本日8日より先行受付を開始します。
一般受付は13日からとなります
ので、

絶対に参加したい!という方はぜひLINEよりお申し込みください。

 

 

 

 

<キャンセルポリシー>
お客様のご都合によるキャンセルにつきましては、
以下のキャンセル料が発生致します。
キャンセル時期: 違約金の詳細
7日前まで:お支払い金額の10%をお支払いいただきます。
3日前まで :お支払い金額の50%をお支払いいただきます。
前々日・前日まで: お支払い金額の80%をお支払いいただきます。
当日 : お支払い金額の100%をお支払いいただきます。

キャンセル返金の際の銀行振込手数料はお客様にてご負担いただきますのでご了承ください。

 

 

売上は寄付させていただきます

弊社サステナミーの売上の一部は、
辻さんが日本に紹介されたサティッシュさんが先頭にたっておられる
イギリスのシューマッハースクールの再建のための寄付金として
おさめさせていただきます。

 

 

 

シューマッハースクールとは?
と思われた方はどうぞ上記の記事をご参照ください。

 

シューマッハ・カレッジは主に修士レベルの教育課程を提供する私立大学で、

2021年に30周年を迎えました。
シューマッハが他の教育機関と比べてユニークな点は
“21世紀を生きるために必要な実践スキルや、戦略的思考を学生に提供する”
という設立理念にあります。
この理念には、発起人であるシューマッハが提唱した“スモールイズビューティフル”や、
クマールが提唱した3S(Soil, Soul, Society:土・魂・社会の関係性を取り入れた実践)と3H(Hands, Hearts, Heads:頭・心・手を統合した学びの実践) が反映されています。

 

 

主催皆川よりひとこと

辻さんとの最初の出会いは『サティッシュの学校』の映画上映だったでしょうか。
辻さんと制作プロデューサーの上野さんの会に参加したのが5〜6年前だったと思いますが、とても素敵な場でした。

私自身も映画上映会を開催させていただき
HSPのみなさまにはぜひこのシューマッハースクールを知ってほしいと思いましたし、
私自身もいつかこの大学に留学したいという夢があります。

辻さんという方の説明をするのはいろんな側面やご活動がありすぎてとても難しいのですが、
『地球や社会が持続可能であるために、我々はどんなチャレンジをしながら生きていこうか』
とイキイキと場とつながりをつくりながら発信されている方です。
 

以下は辻さんの著作の一部です。

 

ジャズを紹介する著作。(夫の愛読書です)

https://www.amazon.co.jp/dp/B017KU9IJQ?tag=se&linkCode=ogi&th=1&psc=1

 

「スロー」をキーワードに、スピードに象徴され、環境を破壊しつづける現代社会に抗するライフ・スタイルを求めて、さまざまな場所で模索し、考える人々の言葉に耳を澄ます。

https://www.amazon.co.jp/dp/4582765017?tag=se&linkCode=ogi&th=1&psc=


ナマケモノとの出会いをきっかけに、世界への視点がかわる視点をくれます。弱さが示唆する豊かな世界。

弱虫でいいんだよ (ちくまプリマー新書 246)www.amazon.co.jp

924円(2024年06月07日 15:00時点 詳しくはこちら)

Amazon.co.jpで購入する


森火事に一滴ずつ水を運ぶハチドリに対して、森から逃げた動物たちは「そんなことして何になるのだ」と笑います。ハチドリは「私は、私にできることをしているだけ」と答えました……。坂本龍一さんもこのムーブメントに賛同されていました。

ハチドリのひとしずく いま、私にできることwww.amazon.co.jp

1,200円(2024年06月07日 15:03時点 詳しくはこちら)

Amazon.co.jpで購入する


身のまわりのすべてのことを、「役に立つかどうか」「効率がいいかどうか」「払った対価に見合っているかどうか」、そんなモノサシで測ってよいものだろうか。
それは本当に「ムダ」なのか?「ハチドリのひとしずく」を日本に紹介した著者が「ムダ」を切り口に、暮らし、労働、経済、テクノロジー、人間関係などについて思索する。

ナマケモノ教授のムダのてつがく ―「役に立つ」を超える生き方とはwww.amazon.co.jp

1,760円(2024年06月07日 15:03時点 詳しくはこちら)

Amazon.co.jpで購入する

今週発売になった新刊です。
こちらは2013年の英国シューマッハー校 サティシュ先生の最高の人生をつくる授業の改訂版です。
 

明治学院大学の辻ゼミの学生さんがサティッシュの学校に行って経験したこと、その授業や気づきの様子を学生さんが報告レポートにしてまとめられたものが刊行されたのですがすばらしい本です。
 

あれから13年がたち、このプロジェクトの学生さんが現在どんな暮らし、仕事をされているか、も収録されています。

サティシュ先生の夢みる大学www.amazon.co.jp

1,980円(2024年06月07日 15:05時点 詳しくはこちら)

Amazon.co.jpで購入する

 

今回のイベントにて、会場にて上記の新刊「サティッシュ先生の夢見る大学」をお買い求めいただける準備を進めております。
イベントに参加される方はぜひ辻さんのサインをもらって帰ってください。

画像


____________

辻さんにどうしてこんなに惹かれるのかなと、考えてみました。

辻さんが持続可能な社会や地球のためにたくさんのムーブメントを起こされる姿に惹かれるというのはもちろんあるのですが、
わたしが追求している「持続可能なわたし」というテーマと、実は裏表であり、それは同じことなんだと最近気づきました。

持続可能な社会に対してチャレンジすることは、実は持続可能なわたしにチャレンジすることと同じ。
わたしたちが自分を持続可能な状態に整えることで、それは実現するのです。
そして社会のしくみが整ってくることで、逆にわたしたちはもっと自分の内面と向き合うことが可能になることでしょう。

_____________

いろいろ書いてきましたが
難しいことは抜きにして、どうぞ時間を楽しみに思い出を作りにきてください。


当日は穏やかで和やかに人がつながれる場をファシリテーションしたいと思っております。
初めての方も心配いりません。
おひとりで参加してくださる人がほとんどですので、どうぞいらしてくださいね。

 

最後に。
 

辻さんは落語家修行もなさっているのですよ。
ぬうりん坊さんです。

 

落語会の詳細はこちら↓

 

 

 

人生って楽しいね!!

 

 

・国家資格キャリアコンサルタント

・Gallup認定ストレングスコーチ

・TRE(トラウマ&テンション・リリース・エクササイズ)国際認定アドバンスプロバイダー

・自我状態セラピー(パーツ心理学)セラピスト 

皆川公美子です。これまでにのべ7,200名ほどの方のご相談を伺ってきました。

 

 

さて、今日のテーマは「やりたいことは全部実行したか」

わたしはいま、自分に問いかけています。

 

といいますのは、昨日、レコード会社時代の上司で

当時何者でもない飢えた挑戦的な目を持った私を拾ってくれた恩人=高久光雄さんが亡くなって、

お葬式に行ってきました。

 

 

 

もう年齢的に70代の方でしたので、ご病気とはいえ、

とても満足された人生だったのじゃないかなと確信してしまう大人。

そんな方でした。

 

ちょっとだけ思い出を語らせていただきますと・・・

 

20代の当時私は家を出ようと思って

どこでもいいから就職だ!みたいな感じで

当時とらばーゆという雑誌があったんですけれどもね。
それを見て受かりそうなところ、そしてちょっと音楽に関係あるところを探して

面接に行って1社受かってそこにいたんですね。

当時のWOWOWの下請けの制作会社でしたが、もうここがブラックで。

 

私はその頃、自分の生活を自分できちんと立てていけるっていうことが嬉しくて、

もうブラックだろうが、エロ本買ってこい!とか言われようが何でもOKっていう感じの

そういう青春時代でございました。

そんなときに、私の大学時代の同級生が

「桜井(私の旧姓)さあ、ちょっとこっちの会社、私の代わりにやってくれない?」

って声をかけてきたんですね。

そして面接に向かったところには、超かわった感じの人が座ってた。

それが高久さんとの出会いでした。

 

高久さんはその時代40後半だったと思うんですけれども。
その当時から白髪を後ろでちょんまげにしていて、

エキセントリックな、正直奇抜な!見た目の方でした。

 

当時はまだ今のようにコンプライアンスとか、ホワイト企業とかそういう言葉っていうのは聞かなくて

世間が超交感神経時代といいますか、

働き働け、24時間働けますか🎵リゲイン!みたいな

知らない方も多いかもしれないんですけど🤣

そういうコマーシャルが流行るほど

もうイケイケの空気の時代でした。

そういう中で、その私の上司は

やりたいことをやりたいようにやれ!っていう、そういう方でした。

私がいたのは制作の部署だったので、

企画を立ち上げて会議で発表して制作予算を取りに行く、

みたいな仕事があったんですけれども

そういうときも高久さんは

 

「桜井な、やりたい事があったら、まず40人に言え」

 

という教えをくださった方でした。

 

 



高久:新しいことをやる人は「社内で誰も動いてくれない」と感じることが多いと思いますが、新しいことやるんだったら自分ですべてやれ、と思っています。周りは誰も分かりませんし、動けません。ですから、スタジオから店に並ぶまでのすべてが自分の仕事と思って動かないと誰も分からないんですよ。

 

以下の記事に高久さんのお仕事人生がまとまっています。上記の言葉は「下記musicman インタビューより」

 

 

 

 

 

40人に言うって結構難しいですよね。

ほぼ会う人会う人全員に言うという意味で、

実際に高久さんは、それをやってました。

 

「ねえ、こんどさ、こういうことやろうと思ってるんだけどさ」

「ねえ、こんどこういうアルバムだすのよ。」

 

 

自分がこうしたいっていうことを

会社の他の部署含め、あらゆるところでしゃべってました。

 

そんなに!

言っていいんだっていうことを教えられました。

 

 

自分のやりたいこと、自分の意思、自分の作りたい方向っていうのは

全部自分で道を切り開いていく以外ないんだぞ、

ということを教えてくれる上司だったなって。

 

 

(わたしの時代はもうそこまでじゃなっかったのですが)

もっとお若い頃、それこそ矢沢永吉さんの現場をされているときは

夜中の1時でも2時でも

アイデアが湧くと部下にすぐ電話があったとか💦

それは今でしたらパワハラで訴えられるレベルですが

当時はそんなこともまかりとおっていた時代でした。

もちろん部下が嫌がっていたらそれは「事件」なわけですが

そのくらいの熱量で高久さんは仕事に向かっていたんだなと今はよくわかります。

 

 

熱量を世界に向けて放出する。これが仕事。


仕事はそのくらいやりたいことでないと通用しない。

 

 

image

 

image

今日お葬式に伺ったら、業界の重鎮の方たちが、

ずらっと勢ぞろいしているような場でした。

 

 

高久さんは、よく喧嘩もされた方でした。

気に入らないと思ったら、どう気に入らないかっていうことをちゃんと口に出したし、

そういう意味でエキセントリックで会社の枠にはまりきらない方でした。
 

image

お葬式はとても斬新で宗教色のない「献奏」=高久さんが好きだった音楽が2曲流れました。

1曲目アンドレ・ギャニオン(2020年没) はTさんが日本へ紹介したアーティストで

ドラマの主題歌にもなったのでご存じの方も多いのではないでしょうか。
わたしも仕事で関わらせていただいたことがありました。

 

 

 

2曲目はトニー・ベネットだったかな。

高久さんは豊かなロマンティックな声が好きでした。
ミシェル・ポルナレフ は一番こだわり海外から持ってきて紹介したレコードだったのかなと思います。

 

誰でも知ってますよね!このメロディ♡

 

 

そして喪主の奥様の持ってらっしゃる遺影は、黒縁ではなく白縁でした。

 

そして、祭壇の前、中央に飾ってある遺影は、

横顔が見えるか見えないかぐらいの

これ何のアーティスト写真ですか?っていう。
でも緑の中で、横顔がちょっと見えてる、すごいおしゃれな写真だったんですね。

それを見て、これは高久さんが生前に決められていかれたんだなっていうことがよくわかりました。

 

最後まで、ロックだなあ。

 

出棺まで待機する部屋がありますよね。
その中でTさんが手がけられた様々なアナログレコードがずらっと並べてあって

 

「ご自由にアナログレコードかけてください」という表記と古いプレーヤーも置いてあったんです。

 

皆さんごあいさつに夢中でいらしたので

私が先手を切ってアナログレコードをかけさせていただきました。
矢沢永吉さんのアルバム「ドアを開けろ」です。

 

「チャイナタウン」はご存じの方も多いでしょうか。

「時間よ止まれ」のB面としてリリースされた楽曲でした。

 

 



ここまできて、自分はどんなお葬式をやりたいか(自分はもういないけれど、お別れです!ばいばい!って。)

そしてどんな人に来てほしいかって考えたことあるかなって思ったんですね。

 

お葬式に誰がきてくれるのか

どんな人がどんな思いできてくれるのか

 

これは人生をどう生きたか、と直結しますね。

 

今日は当時同じ職場の別の部署にいた夫と一緒に行っていたので、

自分のお葬式はどういう選曲にする?みたいな話を帰りにしてまして。
それをお互いに交換しておこうねという話になりました。

今日は宗教色がなかったですけど、私は仏教Loverなので般若心経は絶対にお願いしたい笑

それも大合唱みたいなやつがいい、とかいろいろ言いながら帰ってきました。笑

 

10曲のリストはん〜〜〜〜〜、むずかしい時間がかかりそうです。

 

皆様の人生の10曲はいかがですか?



 

どんなお葬式にしたいかって、その方の人生が全て集約されますね。

選曲は、ちょっとしんみりと故人を思い出して思い出に浸るというタイプの曲と

明るい気分でもう逝っちゃった。バイバイって感じで楽しく手を振ってよね、

という音楽ではすごくタイプが違いますよね。
 

高久さんは、やりたいことはすべてやりきった、

人間としてあっぱれって心から思いました。

涙もやっぱり出ちゃったけどまた向こうで会えますよね、とも思いました。

 

 

でも一つだけ心残りだなと思うのは、

高久さんが先に会社を辞められて、栄転で他会社の社長さんにおなりになったんですが

そのときから以降全くお会いしませんでした。

わたしが子育てで超忙しかったというのもあります。


でも、すごく私のことを買ってくださった方でした。

「桜井はいいな、あいつちょっと才能あるよ」

と私のことを言ってくださったっていうのを周りから聞きました。

 

「わたしのどこが才能ですか?」って聞きに行けばよかった

ああいう忙しい方って、

私ごとのくだらないことでお時間をいただいて会いに行っていいかなって思うし、

お礼を言いに行きたいといったって、それで仕事の話は何?ってね、

仕事の社会の方はなるじゃないですか。

子育てをしていた時代は社会へ出られなかったので、お時間いただくのも

悪いしな…みたいな感じがあってね行かなかったんですが、

昨日、心から後悔しました。

行けば、よかった

素直に自分のこと、フィードバックもらいたいですと

言えばよかった。

 

そして、

 

私をあのとき拾ってくれてありがとうございました。

 

と言えばよかったなって。

 

人生流れていくことや偶然なご縁っていうのは多いと思うんですけれども

私は高久さんからたくさんのものをいただいて今ここにいます、

さらにここから扉を開けていこうと心機一転、思いを新たにしました。

 



皆様にとって大切な恩師って誰ですか。

そしてその人にありがとうって伝えましたか。

または伝えそびれていることはありませんか。

 

image

 

高久さん、出会えたわたしはラッキーでした。
そのことを、その当時気づいていなかった私はおバカさんでした。

でもおバカさんの経験をたくさん積んだ末に
できたこともありました。

 

あの世に行ったら絶対に訪ねていきます。

高久さん、ありがとうございました。

 

 

最後に上記記事の最後の部分をご紹介させてください。

 

 

 

高久:いや、大切なのは今をどうエンジョイするかですよ。「会社にいれば安心」なんて安心じゃないです。

昔、女房とケンカしたときに「あなたのやっていることが仕事なのか、遊びなのか分からない」って言われたんですよ(笑)。

そりゃそうですよね。

コンサートに行っても、そこで綺麗なお姉さんと僕が勝手に喋っていたり、家に友だちをたくさん連れてきて、

話すと車の話ばっかりだったり(笑)。

で、あるとき女房が「分かった」と言ったんですよ。

「仕事だか遊びだか私には分からないけど、あなたがやっていることは一番あなたらしいことをやっているんだ」と。

 

−−それは素晴らしい言葉ですね。

 

高久:「私はそういう風に考えます」ってね。

つまり、みんなが思いっきり自分らしさを出していくことが大切なんじゃないかと僕は思います。


御意。

________________
6月ポリヴェーガルは明日開催!!

次は7月と8月やります。対人支援やってる人はぜったいポリヴェーガル理論を知っておいたほうがいい。

これからの時代のメインストリームになりますから。

 

 

 

 

◆皆川のセッションは4種類です。まずは皆川と話してみたい、という方へ。

 HSPさんのなんでも相談室 と 強みを活かして成果を出す相談室、そしてTRE(ボディワーク)です。 

 必要だなと思われたら、防衛反応解除のワークなども入れています。


>>>セッションご感想はこちら

  

 


📻stand .fm 2番組(支援者さん向け&HSPさん向け)やっています♪

◆ポリヴェーガル&心身のつながり支援家チャンネルfor HSP 
・対人支援をしていくときのミソfor HSP=ポリヴェーガル理論紹介
・仕事とHSPライフを一致させていくビジネスマインド 

・わたしの仕事裏話

 

 



◆HSPご本人向け。おしゃべり裏チャンネル 

ながら聞きができるので、車での往復やご飯作りのときに
お風呂のあとのリラックスタイムなどに聞いてくださっている方が多いです。

 

 

 

本の使い方説明動画(約3分)


 

◆集英社(オンライン)さんに取材していただきました。この記事めっちゃくちゃわかりやすいです!
【自律神経とHSPの関係をとてもわかりやすくまとめてくださいました】
 

 

【アーロン博士監修 HSP3作品 おうち映画どうぞ】

Sensitive, The Untold Story」が、
Amazonで販売されているドキュメンタリー映画のベスト30に選ばれました!!

 

 



 

◆HSPが持続可能なサステナワークを手に入れる【そういう個と。】プログラム

こちらは自分の神経反応を変えて、ラクな働く人生へシフトしたい方向け。
 



いろいろやったけど、心地よく前進!まで行けない。とか

転職や発信にどうしても怖さがでる、という方、
明るく心地よく進んでいきたい方、


11-12期→満席開催中(次回は2024年10月20日~開催予定・日曜 日中クラス)
先行案内が欲しいかたはこちらからご登録ください
 


◆そういう個と。公式ライン
 

登録いただいた方へ「HSPさんの3大強み簡易診断」プレゼント中ベル

友だち追加
 

・国家資格キャリアコンサルタント

・Gallup認定ストレングスコーチ

・TRE(トラウマ&テンション・リリース・エクササイズ)国際認定アドバンスプロバイダー

・自我状態セラピー(パーツ心理学)セラピスト 

皆川公美子です。これまでにのべ7,200名ほどの方のご相談を伺ってきました。

 

 

対人支援家、という仕事が大好きです。

なんて奥の深い、人間の奥底に触れさせてもらえる仕事なのだろうと思いますし、

クライアントさんの人生がリアルに転機を迎えていくのをみて

ほんとうに嬉しいです。

 

対人支援家という仕事がもっと社会で認められるべきだし、

日本の社会が「不安」や「ストレス」に色濃く影響を受けている時代のなかで

支援家にはますます大きな役割が課されていくことを実感しています。

 

そんななかでこれからの対人支援のスタイルとしてぜひ

取り入れていただきたい

 

あなたの支援スタイル +  人間の動物としてのしくみ


 

人間の動物としての仕組みを理解して、ご自身の支援や面談セッションの中に

絶対的な軸と自信を持っていただけたらと思っています。

 

わたしが一番お願いしたい支援家は わたし という状態で

仕事していきたいですね。


この概念(=ポリヴェーガル理論)を持つと、

そのクライアントさんの反応というのがすごくわかりやすくなります。

 

どうしてこういう受け答えをするのか、

単に「もっとポジティブに考えましょう」みたいなことではカバーできないときも、

本当にクライアントさんが納得してくれる、そういう受け答えができるようになります。

 

クライアントさんの不安や悩みに対して

そんなの気のせいです、という方は

ストレスやトラウマによって

人間に何が起こるのかを知らないだけです。

 

 

 

神経パターンという概念

 



今日はこの自律神経の神経パターンということについてお伝えをしてみます。

 

今、現代社会はストレス社会じゃなくてトラウマ社会じゃないかと言われてます。

心理学の方面ではもう90年代から言われ出していたことですが、

まずストレスとトラウマってどう違うのかというと、

 

①ストレスっていうのは神経学的には交感神経の状態から抜けられないこと、

 

②トラウマ状態は、シャットダウン(虚脱やフリーズ)から抜けられない

 

ことを指します。

 


神経パターンは、主に幼少期において

親とか先生とか大人との関係によって

どんな感じ方または

対応の仕方をしていくかが決まっていくわけなんですが、

 

 

 

不安型の神経パターン

 

 

例えば極端な例で親が非常に支配的で、
あなたは絶対こうだからとか、

この学校に行った方が絶対にいい、

のような

過干渉な状態で子どもの自主性を尊重せずに

ガンガン支配するような感じで接していると、

子どもはその環境でサバイブしていくために服従的になりますよね。


これは愛着パターンというものですけれども、

誰かから何か言われたとき、無意識にその人の支配下に入るというか、

言い返したりとか、

意見を押し返したりできないで

引くしかないパターンが生まれるっていうことがあります。

その人のせいじゃなくてですね。

 



そういう神経パターンで身を守ってきた、のです。

身を守るなら自分を主張すればいいじゃない、というのは、

子どもの神経発達上ありえません。

 

幼少期は、物理的に親とか先生の支配下で生きていくことになっています。

自分1人で家を出て、自由に暮らすみたいなことは子どもにはできませんので

その親のパターンによって

自分の神経パターンを作り変えるということを、すべての子どもはやるわけなんですよね。

 

 

回避型の神経パターンの成り立ち



例えば逆の例をだします、

親が先ほど言ったと言ったのと逆で子どもの面倒を見ないどころか

子どもに興味がない

子どもの目を見て話さない、

子どもが手を繋ごうとしてきたときに何気なく振りほどいちゃったりとか、

目を合わせないとか、

そういう日常であったときに、

子どもは親からの愛情や繋がりを感知できずに育ちます。



そうすると、それに見合った現状に対処できる神経系を作っていく必要がありますよね。

親との関わりっていうものを経験しないで育ってきた神経系は

人とのつながりを回避して「安全」を確保します。

人と出会って、近しくなっていくという部分において、

今まで経験したことないわけですから、

ざわざわしてしまったり、怖くなってしまったりするからです。

 

 

神経パターンは「性格」ではない

 

 

世間ではこれを、「その人の性格」「キャラ」と捉えて

そのままファジーに捉えているっていうことが一般的ですけれども、違います。

これは元々の本当のその人の性格というよりは、神経パターンです。

外に起こったなにかに

反応するパターンです。

後天的なパターンであるわけなんですよね。



神経パターンが生まれるのは本当に先ほども言った通り、環境からの

外圧が主な原因であって

その人のせいじゃない。

 

 

ですが環境によって偶然、なんらかの神経パターンができた。

 

子ども時代の神経パターンは、本来大人になったときにはもう必要なくなるものです。

 

みんな自由ですから!

 

親元で頼っていかないと生きていけないはずはなく、

大人はどこへでも行けるし自分の好きに職業選択できるし、食べ物も買うことができる。



ですので本当はそのパターンをどこかで脱ぎ捨ててもいいわけなんです。

 

 

 

神経パターンはいつ変更したらよかったの?

 

 

 

私達の体の反応っていうのは、当たり前ですが体に根ざしてます。

身体の感覚は

今自分が何歳だとか

大人になったからもう家を自由に離れて生きていけるとか

そういう認知的なことはわかりません。

身体感覚ってのは全く別ですよね。

何歳になったから、

もうこの神経パターンやめようっていうことは、

身体からは起こらないわけです。

 

 

だからもしも、自分の中で

 

 

なんだか服従的なパターンが起きてる

なんだか社会を敵視しているパターンができている

なんだかいつもザワザワ不安なパターンができている

なんだかいつも目立つの怖いパターンができている

 

 

 

そこに気がついて

そしてこれちょっと不都合なんじゃないかなと思ったときが

人生の本当のチャンスということになります。



これって本当にその人のキャラクターと外から見られている部分で、

別に支障がなければ変える必要ってないですよね。

 

しかし自分で何かこの神経パターンは生きづらいとか、

何かもうちょっとと気楽に心地よく生きていきたいなと思われたときには、

クライアントさんはセッションの門をたたかれる、そういうわけですよね。

 



人間関係に苦手意識があってというときも

それがとても困りごととして大きいときにセッションにいらっしゃるわけです。

 

 

ですのでこの神経パターンというものがあると知っているだけで

クライアントさんのいかなる部分も悪者扱いしなくてすみます。

 

そして「気のせいだから」
「もっとポジティブに」という解決方法でいけるときは

それでいいですし、

 

それではどうしても動けなくなるというときは

神経パターンを疑って話を深く聞いてみることが根本的な解決に

必ずつながります。



考えとして認知して変えられる物事なのか、

れとももっと身体感覚に根ざしたカラダ的な物事なのかっていうことがわかると

対処の方法がはっきりかわります。



パターンがある場合に

それに気がつかないでいると、

 

なんで自分はこんなふうに人間関係が苦手なんだろうとか、

自分が悪いんだからとか、

自分は陰キャなんだからとか

的外れなところで

延々とぐるぐる思考しているのは

とても苦しいし

人生の命の時間がもったいない。

 

 

 

 

強みを妨げる防衛の神経パターン



 

本来、人って本当に100個以上、強みを持ってるんです。

ですので、この自分の長所、強みを生かしていく方向に行ければ、とっても人生スムーズです。

 

けれどもそうなれないときのほとんどのパターンはこの、神経パターン要するに自分が思ってもみないパターンに陥ってるっていう、ことなんですよね。

 

意識ですべてを認知しているなんて思ったら

 

ぜ〜〜〜〜〜んぜんそんなことない。

人間の認知のほとんどは

 

認知の意識に上らないものだったりします。

 

 

 

そのしくみをみなさんで、常識として使っていきませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

****************

 

 

 

◆皆川のセッションは4種類です。まずは皆川と話してみたい、という方へ。

 HSPさんのなんでも相談室 と 強みを活かして成果を出す相談室、そしてTRE(ボディワーク)です。 

 必要だなと思われたら、防衛反応解除のワークなども入れています。


>>>セッションご感想はこちら

  

 


📻stand .fm 2番組(支援者さん向け&HSPさん向け)やっています♪

◆ポリヴェーガル&心身のつながり支援家チャンネルfor HSP 
・対人支援をしていくときのミソfor HSP=ポリヴェーガル理論紹介
・仕事とHSPライフを一致させていくビジネスマインド 

・わたしの仕事裏話

 

 



◆HSPご本人向け。おしゃべり裏チャンネル 

ながら聞きができるので、車での往復やご飯作りのときに
お風呂のあとのリラックスタイムなどに聞いてくださっている方が多いです。

 

 

 

本の使い方説明動画(約3分)


 

◆集英社(オンライン)さんに取材していただきました。この記事めっちゃくちゃわかりやすいです!
【自律神経とHSPの関係をとてもわかりやすくまとめてくださいました】
 

 

【アーロン博士監修 HSP3作品 おうち映画どうぞ】

Sensitive, The Untold Story」が、
Amazonで販売されているドキュメンタリー映画のベスト30に選ばれました!!

 

 



 

◆HSPが持続可能なサステナワークを手に入れる【そういう個と。】プログラム

こちらは自分の神経反応を変えて、ラクな働く人生へシフトしたい方向け。
 



いろいろやったけど、心地よく前進!まで行けない。とか

転職や発信にどうしても怖さがでる、という方、
明るく心地よく進んでいきたい方、


11-12期→満席開催中(次回は2024年10月20日~開催予定・日曜 日中クラス)
先行案内が欲しいかたはこちらからご登録ください
 


◆そういう個と。公式ライン
 

登録いただいた方へ「HSPさんの3大強み簡易診断」プレゼント中ベル

友だち追加
 

・国家資格キャリアコンサルタント

・Gallup認定ストレングスコーチ

・TRE(トラウマ&テンション・リリース・エクササイズ)国際認定アドバンスプロバイダー

・自我状態セラピー(パーツ心理学)セラピスト 

皆川公美子です。これまでにのべ7,200名ほどの方のご相談を伺ってきました。

 

今日はクリフストレングス(旧ストレングスファインダー)強みの専門家としての側面から

支援者のみなさまへの応援歌をお送りいたします。

 

 

 対人支援者として使える強み

 

対人支援者としての自分を、後押ししてくれる強みを列挙してみました。

支援者としてすべて持っている人はいませんが、
ご自身の強みがどの分野に特化しているか?
または読んでいるうちに「これも私の強みだな」と思われたら
ぜひ書き出してみてくださいね!

 

①まずはそれぞれの項目でチェックを入れて数を数える。

 

②自分に当てはまる強みを書き出す。

 

③手帳などにはさんで時々意識にあげる。

(強みは意識していると発動します)

 

 

 思考・考える強み

 

  1. 創造性

    • 新しいアイデアや解決策を生み出す能力。例えば、新しいサービスを考える際に、従来の枠にとらわれない発想ができる。
  2. 批評的思考

    • 情報を深く分析し、欠点や問題点を見つける能力。例えば、プレゼン資料を点検する際に、潜在的なリスクや改善点を見つける。
  3. 問題解決能力

    • 困難な状況や課題に対して効果的な解決策を見つける能力。例えば、プロジェクトが遅延している原因を特定し、解決策を提案する。
  4. 論理的思考

    • 論理的な推論や判断を行う能力。例えば、複雑なデータを整理し、合理的な結論を導く。
  5. 分析力

    • データや情報を詳細に解析する能力。例えば、市場調査の結果を分析し、戦略的な意思決定を行う。
  6. 直感力

    • 直感的に正しい判断を下す能力。例えば、チームの雰囲気を感じ取り、必要な対応を迅速に行う。
  7. 学習欲

    • 新しい知識やスキルを学び続ける意欲。例えば、新しい支援法や治療法を独学で習得する。
  8. 洞察力

    • 物事の本質を見抜く能力。例えば、ビジネスのトレンドを早期に見抜き、新たなビジネスチャンスを見つける。
  9. 集中力

    • 長時間にわたって一つの作業に集中する能力。例えば、学びの過程などやクライアントさんの話を傾聴するなど。
  10. 未来志向

    • 将来のビジョンを持ち、それに向かって行動する能力。例えば、5年後のクライアントの姿を想像する、自分の未来を想像する。

 

 実行する力・タスク推進力

 

  1. 忍耐力

    • 長期間にわたる困難や挑戦に対して耐え抜く能力。例えば、長期にわたるセッション継続などクライアントさんの成長や発展を待つことにも長けている。
  2. 責任感

    • 自分の行動や結果に対して責任を持つ能力。例えば、プロジェクトのリーダーとして、全体の進行を管理し、問題解決に責任を持つ。
  3. 自律性

    • 自らの意思で行動を起こす能力。例えば、上司の指示を待たずに、必要なタスクを自主的に見つけて行動する。
  4. 効率性

    • 限られたリソースで最大の成果を上げる能力。例えば、短期間で複数のテーマを並行して管理する。
  5. 行動力

    • 素早く実行に移す能力。例えば、新しい知見を発見してすぐに動くなど。
  6. 継続力

    • 長期的に一つの目標に向かって努力し続ける能力。例えば、日々のトレーニングを欠かさず行い、セッションの技能を高めるなど。
  7. 忠実さ

    • 任務や義務に忠実に取り組む能力。例えば、規定通りにプロセスを遂行し、品質を保つ。
  8. 柔軟な対応

    • 状況の変化に応じて柔軟に対応する能力。例えば、急な仕様変更にも迅速に対応し、計画を調整する。
  9. 決断力

    • 迅速かつ適切に意思決定を行う能力。例えば、迷っているときに方向性を決定する。
  10. 規律性

    • 自分や他人に対して規律を守る能力。例えば、厳格なスケジュールに従ってプロジェクトを進行する。

 

 影響力を広げていく強み

 

  1. カリスマ性

    • 他人を引きつけ、自然にリーダーシップを発揮する能力。例えば、組織やチームをまとめ、困難なプロジェクトをリードしていく人っていますよね。
  2. 説得力

    • 他人に納得させる能力。例えば、新しいアイデアをプレゼンし、外部の人などから賛同を得る。
  3. リーダーシップ

    • チームを率い、目標達成に導く能力。例えば、チームを統率し、プロジェクトを成功に導く。
  4. コミュニケーション能力

    • 効果的に情報を伝え、理解を深める能力。例えば、複雑なセッション技術的内容をわかりやすく説明する。
  5. 共感力

    • 他人の感情や立場を理解し、共感する能力。例えば、クライアントや部下の悩みを理解し、適切なアドバイスをする。
  6. モチベーション付与力

    • 他人にやる気を与える能力。例えば、クライアントさんに元気を与える。
  7. プレゼンテーション能力

    • 効果的なプレゼンテーションを行う能力。例えば、組織で「こう改善したほうがいい」というときに魅力的なプレゼンを行う。
  8. 信頼感

    • 他人からの信頼を得る能力。例えば、誠実な対応で顧客の信頼を勝ち取る。
  9. 勇気

    • 困難な状況でも恐れずに対面する能力。例えば、リスクを伴うプロジェクトでもやってみるなど。
  10. 伝播力

    • 他人に自分のエネルギーや情熱を伝える能力。例えば、自分の情熱をチームに伝え、他者をやる気にさせる。
 

 人間関係に関わる強み

 

  1. 共感力

    • 他人の感情や立場を理解し、共感する能力。例えば、同僚や友人やクライアントの悩みを理解し、共感的なサポートを行う。
  2. 忍耐力

    • 他人の行動や態度に対して寛容である能力。例えば、チームメンバーのミスに対して寛大に対応し、再発防止策を共に考える。
  3. 傾聴力

    • 他人の話を注意深く聞き、理解する能力。例えば、クライアントや部下の意見を真剣に聞き、適切なフィードバックを行う。
  4. 温かさ

    • 他人に対して温かく接する能力。例えば、困っている人に対して優しく声をかける。
  5. 配慮

    • 他人の気持ちや状況を考慮する能力。例えば、チームメンバーの負担を軽減するために自分のタスクを調整する。
  6. 支援力

    • 他人をサポートする能力。例えば、後進の指導や育成に力を入れる。
  7. 信頼関係構築力

    • 他人と信頼関係を築く能力。例えば、長期間にわたるクライアントとの信頼関係を築く。
  8. 誠実さ

    • 正直で誠実な態度を示す能力。例えば、失敗を正直に報告し、改善策を提案する。
  9. 協力性

    • チームとして協力する能力。例えば、共同作業での役割分担をスムーズに進める。
  10. 仲間意識

    • チームやグループに対する帰属意識を持つ能力。例えば、チームの一員としての責任感を持って行動する。
  11. 寛容さ

    • 他人の違いや失敗を受け入れる能力。例えば、異なる文化や背景を持つ人々と協力する。
  12. 感謝の心

    • 他人への感謝の気持ちを示す能力。例えば、同僚のサポートに対して感謝の言葉を伝える。
  13. 他者理解力

    • 他人の立場や意見を理解する能力。例えば、異なる意見を持つ同僚と建設的な対話を行う。
  14. 包容力

    • 他人を受け入れ、包み込む能力。例えば、新しいメンバーをチームに迎え入れる際に、温かくサポートする。
  15. 人情味

    • 人間味あふれる対応をする能力。例えば、困っている友人に対して親身になってサポートする。
  16. フィードバック能力

    • 他人に対して建設的なフィードバックを行う能力。例えば、クライアントさんに現状をフィードバックし、対話を続ける土台を作る。
  17. チームワーク

    • チームとして効果的に働く能力。例えば、プロジェクトチームの一員として協力し、成果を上げる。
  18. 応援力

    • 他人を励まし、応援する能力。例えば、困難な状況にいる同僚を励まし、やる気を引き出す。
  19. 尊敬の念

    • 他人に対して尊敬の気持ちを持つ能力。例えば、上司や先輩に対して敬意を払う。
  20. 笑顔

    • 他人に対して親しみやすい笑顔を見せる能力。例えば、初対面の人々に対して友好的な印象を与える。スマイル0Yen❤️

 

いかがでしょうか?

強みの概念は

自分のいいところを伸ばし
弱点だと思われるところは強みでカバーしていく。
無理に弱みを伸ばして平均化することには

エネルギーを使わない、というものです。

今日はポリヴェーガル理論とは関係がない強みをお伝えしましたが、

個人で支援業をやっていく場合、

強みの概念と無縁では成功できにくい。

 

どんな対人支援家であるか、

イコールどんな発信をするかにもつながるから。

 

VIVA!対人支援家♡
組織やチーム力だけではなく

個人を支える力が

日本には絶対に必要です。

 

 

 

 

 

 

****************

 

 

 

◆皆川のセッションは4種類です。まずは皆川と話してみたい、という方へ。

 HSPさんのなんでも相談室 と 強みを活かして成果を出す相談室、そしてTRE(ボディワーク)です。 

 必要だなと思われたら、防衛反応解除のワークなども入れています。


>>>セッションご感想はこちら

  

 


📻stand .fm 2番組(支援者さん向け&HSPさん向け)やっています♪

◆ポリヴェーガル&心身のつながり支援家チャンネルfor HSP 
・対人支援をしていくときのミソfor HSP=ポリヴェーガル理論紹介
・仕事とHSPライフを一致させていくビジネスマインド 

・わたしの仕事裏話

 

 



◆HSPご本人向け。おしゃべり裏チャンネル 

ながら聞きができるので、車での往復やご飯作りのときに
お風呂のあとのリラックスタイムなどに聞いてくださっている方が多いです。

 

 

 

本の使い方説明動画(約3分)


 

◆集英社(オンライン)さんに取材していただきました。この記事めっちゃくちゃわかりやすいです!
【自律神経とHSPの関係をとてもわかりやすくまとめてくださいました】
 

 

【アーロン博士監修 HSP3作品 おうち映画どうぞ】

Sensitive, The Untold Story」が、
Amazonで販売されているドキュメンタリー映画のベスト30に選ばれました!!

 

 



 

◆HSPが持続可能なサステナワークを手に入れる【そういう個と。】プログラム

こちらは自分の神経反応を変えて、ラクな働く人生へシフトしたい方向け。
 



いろいろやったけど、心地よく前進!まで行けない。とか

転職や発信にどうしても怖さがでる、という方、
明るく心地よく進んでいきたい方、


11-12期→満席開催中(次回は2024年10月20日~開催予定・日曜 日中クラス)
先行案内が欲しいかたはこちらからご登録ください
 


◆そういう個と。公式ライン
 

登録いただいた方へ「HSPさんの3大強み簡易診断」プレゼント中ベル

友だち追加
 

・国家資格キャリアコンサルタント

・Gallup認定ストレングスコーチ

・TRE(トラウマ&テンション・リリース・エクササイズ)国際認定アドバンスプロバイダー

・自我状態セラピー(パーツ心理学)セラピスト 

皆川公美子です。これまでにのべ7,200名ほどの方のご相談を伺ってきました。

 

 

 

 セッションや面談において「もらっちゃう」という現象

 

 

 

今日は、結構よく聞かれることなんですが

対人支援をやってるときに

 

「もらっちゃいませんか」

 

という話をとりあげさせていただこうと思います。

例えば身体治療の方もそうかもしれないし、

整体や、私みたいな(TRE)ボディーワークもそうかもしれないし、

または会話による心のセッション、でも同じことかと思います。

 


何か気持ちが重くなったり、

体が重くなったり、

セッションが終わったあとも

何かの影響があって引きずられるようなことって、

ありませんかという質問です。

 

 

私の場合としてお答えをさせていただければ

 

ありませぬ〜。

 

 



ていうか、

あったら困るんです。

 

それがあるまま続けていると健康障害が起きると思います。

もしもお仕事のなかでそういうことを薄々感じておられるとしたら

今すぐ改善していただきたいなと願ってやみません。

 

 

ちょっくらもらっちゃうなっていうところから、

 

100%もらわない。

全く影響を受けない。

 

というところまで、どのように持っていくかということについて

できる限りお伝えしてみようと思います。

 

 

この話はよく聞く事例なわりには

解決策がそういえば公にされていない問題かもしれません。

 

要はセッショニスト、対人支援家の側に

境界感覚が確立されていないことによって

起こる場合がほとんどです。

 

境界感覚というのは

頭脳で定義するだけでは不十分で

身体感覚、ボディイメージのようなものから

確立していくものです。

 

 

 

 

 頭で考えていても境界侵入は防げない

 

 

例えば、

 

クライアントさんの気持ちに共感しすぎちゃいけないなとか、

 

自分がのめり込みすぎたり、助けすぎたり、境界線を越えてはいけないなとか、

概念化したり、

明文化するというのは頭(前頭葉)で考えることですよね。

でも実際に侵食されているのはそこ(概念や思考)じゃなくて、身体感覚です。

身体感覚がどう侵食されてるかっていうのは人によるかもしれないんですけれども、

ぐったりと疲れを感じるとか、

ずっと体に重い感じを感じるとか、

もらっちゃうというのは

そういう感覚がほとんどじゃないかなと思います。

 

 

 

 身体感覚をきちんと確立する訓練をする

 



結論から言ってしまえば、身体感覚の軸みたいなものがはっきりと体の中に構築されれば、ほぼ90%以上は解決します。

 

もしも何かしらの愛着による神経パターンの構築があって、

相手に尽くしすぎてしまうとか、

相手のために動きすぎてしまって、

後から自分が疲れてることに気づくとか、

後からこれやりすぎじゃないって言って、

ぱたっとやめるパターンがある方は、

身体感覚以上にもう一工夫必要かなと思うんですけれども、

 

 

今日は身体感覚というところをお伝えできればと思います。

 



まず身体感覚とは、内臓感覚と捉えていただけるとわりやすいでしょうか。

内臓感覚は、まさに胃の感覚、心臓の感覚、腸の感覚、女性でしたら子宮の感覚、

大腸の感覚、肝臓の感覚、腎臓の感覚みたいなことです。



体ってすごく正直です。

身体感覚がしっかりと自分と繋がっている。

そして体から状態がフィードバックされる。

このつながりと循環がとても大事です。

 

身体からのフィードバックは

迷走神経の担当ですが

内臓から迷走神経を通じて

脳にフィードバックされる感覚っていうのがとても大きな情報です。



 

私達は何かをするとか、

何かを決定する

腕を動かす

足を前に出すなど

 

脳からの命令系統の方ばっかり思い浮かぶかもしれないんですが、

脳はかたや、情報を集めておくンターでもあるんですよね。

遠心系(列車の下り)もあれば求心系(列車で言うとのぼり)もある。

 

内臓感覚も求心系の情報としてボトムアップしていく。

脳へ帰っていく情報としてフィードバックされてます。



このフィードバックされている情報にわたしたちは

繊細にきづいているほうがいいし、

それによって侵食される感覚を減らすことができます。

 

要するにセッションのときには自分の体を感じていたほうがいい

 

身体感覚を感じるっていう能力を蓋していると

長期的にはなかなかに苦しいことが起こります。

 

頭(概念や思念)だけで相手とのか会話をしていくっていうことが起こると、

クライアントさんと対話している自分の身体状況を読み間違えることが多いですし、

 

 

対話のなかで

 

相手が引いた

相手がこっちに寄ったというような

クライアントさんの命のリズム=収縮と拡張は、
たとえオンラインであっても人間は感じてます。

ですので、収縮を感じる感覚を呼び覚ましていくことがとても大事になります。

 

この感覚がちゃんと呼び覚まさせて、

この感覚を自分でうまく扱えるようになったらば、

セッションの中で何かを「もらって」しまうみたいなことはなくなります。

 

 

 

 「もらわない」身体づくり

 

 

身体治療の方はまさにそれ感じてらっしゃるんじゃないかなと思います。

私もボディーワークをやっていて、

その体から緊張解放のシェイク(震え)を出していくっていう

エクササイズをやるんですけれども

自分の体を100%に保っておくことに、めちゃくちゃ神経使ってます。

(もちろん満点の日ばかりじゃないことも、起こりますけれども!)

 

 

単純に

 

①疲れていないこと。

 

②睡眠が足りていて

③朝起きたときにちゃんとお腹がすいていること。

朝起きたときに、うお〜〜!みたいな元気でなくてもいいと思うのですが笑
淡々とうっすら今日が楽しみな感覚がしていること、

などがわたしの場合バロメーターです。

 

④食べ物にももちろん大きな影響を受けますので

 

添加物や砂糖にもとても気を遣いますし

小麦はできるだけやめています。

(でもおいしいものはみんな小麦なんですよね〜〜!

ケーキ、ピザ、うどん、パスタ、サンドイッチなどなど♡)

 

 

自分の体が良いプレゼンスを実現しているということ、

それができていないと、やっぱり、クライアントさんの神経状態をもらうんですよね。

 

要するに境界線なく受け入れすぎてしまうということです。

もっと言うと神経共鳴しすぎてしまう。

ですので、

⑤自分の身体感覚の軸っていうものを育てていく。

確立していく。

または、思い出していくと言ってもいいかもしれません。

 

これが極意だと確信しています。

 

 

子供の頃はみんな身体軸で生きてるんですよね。

そうじゃないですか、赤ちゃんって。



それが言葉を操るようになり、

社会的な生き物として、

保育園

幼稚園に行った

あたりから

私達は周りの人との接触=人間関係構築っていうのが始まります。

そうすると、相手の顔色を察知することに身体能力をつかいすぎて
自分の外側にばかり意識を向けることをやりすぎてしまって

 

この身体的テリトリーを明け渡してしまうことが起こりがちです。

特に日本は忖度とお気遣いの国ですよね。

 

 

概念や言葉の方ばっかりに、意識を向けて、
そしてだんだん、身体感覚を失っていくということは

現代社会において誰にでも起こりがちなことです。



思考と身体感覚が解離していくという、

そういう流れの中に、私達現代人はいると思います。

 

身体感覚っていうのは、こうすればいいですよとお伝えしづらいのが

難ですけれども、

(その方の身体感覚についていきながらワークをするのが一番効果的)

 

そういう身体感覚を受け取っていただくためのリアルなばを

いろいろと数打っておりますので、

よかったら何かのタイミングに参加していただけるといいかなと思います。

 

 

 

 もらわなくなる、の結論

 



要は、ご自身の身体感覚と繋がり直していくということです。

身体感覚を自分で扱い、調整をしていく。

 

これがクライアントさん、または相手の方から

ずしっとした何かを、

重たい疲れやなんとも言えないだるさを

もらわなくなるという第一歩であります。

 

お互いにしっかり自分の身体と向き合っていきたいですね!
 

 

 

 

 

 

 

****************

 

 

 

◆皆川のセッションは4種類です。まずは皆川と話してみたい、という方へ。

 HSPさんのなんでも相談室 と 強みを活かして成果を出す相談室、そしてTRE(ボディワーク)です。 

 必要だなと思われたら、防衛反応解除のワークなども入れています。


>>>セッションご感想はこちら

  

 


📻stand .fm 2番組(支援者さん向け&HSPさん向け)やっています♪

◆ポリヴェーガル&心身のつながり支援家チャンネルfor HSP 
・対人支援をしていくときのミソfor HSP=ポリヴェーガル理論紹介
・仕事とHSPライフを一致させていくビジネスマインド 

・わたしの仕事裏話

 

 



◆HSPご本人向け。おしゃべり裏チャンネル 

ながら聞きができるので、車での往復やご飯作りのときに
お風呂のあとのリラックスタイムなどに聞いてくださっている方が多いです。

 

 

 

本の使い方説明動画(約3分)


 

◆集英社(オンライン)さんに取材していただきました。この記事めっちゃくちゃわかりやすいです!
【自律神経とHSPの関係をとてもわかりやすくまとめてくださいました】
 

 

【アーロン博士監修 HSP3作品 おうち映画どうぞ】

Sensitive, The Untold Story」が、
Amazonで販売されているドキュメンタリー映画のベスト30に選ばれました!!

 

 



 

◆HSPが持続可能なサステナワークを手に入れる【そういう個と。】プログラム

こちらは自分の神経反応を変えて、ラクな働く人生へシフトしたい方向け。
 



いろいろやったけど、心地よく前進!まで行けない。とか

転職や発信にどうしても怖さがでる、という方、
明るく心地よく進んでいきたい方、


11-12期→満席開催中(次回は2024年10月20日~開催予定・日曜 日中クラス)
先行案内が欲しいかたはこちらからご登録ください
 


◆そういう個と。公式ライン
 

登録いただいた方へ「HSPさんの3大強み簡易診断」プレゼント中ベル

友だち追加
 

・国家資格キャリアコンサルタント

・Gallup認定ストレングスコーチ

・TRE(トラウマ&テンション・リリース・エクササイズ)国際認定アドバンスプロバイダー

・自我状態セラピー(パーツ心理学)セラピスト 

皆川公美子です。これまでにのべ7,200名ほどの方のご相談を伺ってきました。

 

 

HSPの資質そのものを題材にした映画『SENSITIVE』シリーズの
日本語字幕製作を(株)サステナミーが担当し、
日本で正式に公開してから3年が経ちました!

 

 

日本公式サイトはこちら。

 

 

公開時からご自宅で、どのデバイスでもご覧いただけるようになりました。

 

 

本シリーズはドキュメンタリー、ドラマを含む三本立て

 

本作は、HSP理論提唱者であるエレイン・アーロン博士が
キャラクター設定や脚本に関わり、監修を行った作品です。

どの作品もHSPの資質そのものを理解すること、HSPの資質とどう向き合っていくかに焦点を当てた
ドキュメンタリーやドラマ映画となっています。

 

 

センシティブ~語られなかった物語(約75分)

 

5人に1人の割合で存在する高い敏感性を持つ人々の、生来の特徴に関する画期的なドキュメンタリー。

脳科学者、心理学者、大学教授、カウンセラー、アスリート、アーティスト、実業家、家族などが様々な知見や実情を提供していて
グラミー賞を何度も獲得し、アメリカでは不動のアーティストである
アラニス・モリセットがHSPについて語るシーンも登場します。
ハーバード大学の心理学教材としても採用されています。

 

 

繊細なあなたが恋に落ちるとき(約120分)

 

 

幼少期のトラウマ体験に、傷つき、親密な関係を怖れるHSPの兄と妹。
美しいフィリピンを舞台に、HSPのパートナーシップの真実を描くドラマ作品です。

HSPの人生が癒される過程で
「生きづらさの原因」は、その人の光となる。
ということを実感していただける作品ではないかと思います。

非HSPからの視点、セリフも多数ちりばめられているため
家族やパートナー、友人などと一緒に観て、お互いの理解を深めるのもおすすめです。

 

 

HSPのパートナーシップ~アーロン博士夫妻の幸せ種明かし(約50分)

 

 

 

高感受性と親密な関係の分野における研究の第一人者であるエレイン・アーロン博士と夫のアーサー・アーロン博士が、
2作目である『繊細なあなたが恋に落ちるとき』のシーンを解説しながら
幼少期の体験が大人の人間関係にどのように影響するかを説明しています。
より賢く、より良い充実した人間関係を育むために役立つ、示唆に富んだアドバイスをあなたに。

アーサー・アーロン博士は「人が親密になる36の質問」や「吊り橋効果」で有名な方です。

 

 

鑑賞された方からのご感想

 

非HSPの夫と一緒に観ました。
これまで何回もHSPの事は伝えていたつもりですが、見終わって
「そーゆーことかぁ」
と初めて知ったというニュアンスでつぶやいてくれました。
「だから君はよく1人になりたい、1人になりたいって言うんだね」と。

「HSPの本を見せてくれない?」とも言ってくれて
「これって、俺が知っておく必要があるじゃないか。」
と歩み寄りが劇的にスピードを上げました。嬉しい土日となりました。

 

軽い気持ちで観始めたら
主人公のジェシカだけでなく、兄のロビー、兄の奥さんや2人の両親にも次々と感情移入し、後半ずっと泣きっぱなしでした。

 

1番涙が出たのは、自分がHSPと知らずに生きてきたお父さんが、
HSCである息子を通して本来の自分に初めて気づいたシーンです。

 

「仲間がいた!」と、心が緩み励まされました。
大丈夫。持て余してきた感覚・感性を開いて、私を生きていこう。そんな気持ちです。

 

 

視聴方法

 

お⼿持ちのスマートフォン・PC・タブレットやテレビに接続して視聴が可能です。

 

【購⼊】は期限なく何度でもご覧いただけ、1作品1300円(税込)。
【レンタル】は最初に視聴した⽇から3⽇間の視聴で600円(税込)です。

購⼊サイトにて、BUY NOW(購⼊)または RENT NOW(レンタル)をお選びいただき、
メールアドレスと任意のパスワード、クレジットカード情報を入力してご購入ください。

お支払いが完了すると、動画へのアクセスをお知らせする確認メールが届きます。
「視聴開始」ボタンをクリックして、作品をお楽しみください。
購入したコンテンツはダウンロード可能で、レンタルされたコンテンツの有効期限は3日間です。

一度ログアウトした場合は
もう一度、https://sensitivethemovie.com/jp/にアクセスし
購入した場合は「BUY NOW」ボタンを、レンタルした場合は「RENT NOW」ボタンをクリックすると、「視聴開始」のバナー(ボタン)が表示されます。
ログインには、購入時に使用したメールアドレスとパスワードが必要になります。

 

____________

 

 

ご家族で一緒にご覧になるのはとてもおすすめです。

HSPという特性を知ってほしいと、自分で説明すると

「それってもっと配慮しろってこと?」などと

あらぬ誤解を生む話をたくさん伺います。

お菓子でもつまみながら

一緒に見ることができると

いい感じで

HSPの本質が伝わるかもしれませんね。



HSPのコミュニティなど運営している方で
映画の上映会をやりたいという方は
規約がございますので
info@sustainedme.com まで
ご連絡いただけますようお願いいたします。

 

【超速報】イベントの開催が決定いたしました

今年9月にSENSITIVE上映イベントの開催が決定いたしました!

詳しい日付、内容、場所などは順次公式Instagramにてお伝えしてまいります。

また、イベントのご参加はLINEにて先行受付を行っています。
気になる方はぜひご登録ください。
ご登録時にHSPさん3大強みの簡易診断を無料プレゼント中です。
自分の強みはどれなんだろう…?と自分のタイプが気になる方は
まずは簡易診断をやってみてくださいね。選択式、5問で終わります◎

 

 

 

映画を見るだけではない、楽しい時間になるよう計画を進めていますので
ぜひご期待ください。

 

引き続き、SENSITIVEシリーズをお楽しみいただければ幸いです!
ご感想等をSNSなどでシェアしていただけますととっても嬉しいです。
みなさんのご感想もお待ちしております。

公式サイトはこちら



______________

<お知らせ>

 

両日で40名ほどのご参加。支援家の方、どうぞジョインしてください。

 

 

6月日程に合わない方よりリクエストいただき、7,8月も予定を出しました。

 

****************

 

 

 

◆皆川のセッションは4種類です。まずは皆川と話してみたい、という方へ。

 HSPさんのなんでも相談室 と 強みを活かして成果を出す相談室、そしてTRE(ボディワーク)です。 

 必要だなと思われたら、防衛反応解除のワークなども入れています。


>>>セッションご感想はこちら

  

 


📻stand .fm 2番組(支援者さん向け&HSPさん向け)やっています♪

◆ポリヴェーガル&心身のつながり支援家チャンネルfor HSP 
・対人支援をしていくときのミソfor HSP=ポリヴェーガル理論紹介
・仕事とHSPライフを一致させていくビジネスマインド 

・わたしの仕事裏話

 

 



◆HSPご本人向け。おしゃべり裏チャンネル 

ながら聞きができるので、車での往復やご飯作りのときに
お風呂のあとのリラックスタイムなどに聞いてくださっている方が多いです。

 

 

 

本の使い方説明動画(約3分)


 

◆集英社(オンライン)さんに取材していただきました。この記事めっちゃくちゃわかりやすいです!
【自律神経とHSPの関係をとてもわかりやすくまとめてくださいました】
 

 

【アーロン博士監修 HSP3作品 おうち映画どうぞ】

Sensitive, The Untold Story」が、
Amazonで販売されているドキュメンタリー映画のベスト30に選ばれました!!

 

 



 

◆HSPが持続可能なサステナワークを手に入れる【そういう個と。】プログラム

こちらは自分の神経反応を変えて、ラクな働く人生へシフトしたい方向け。
 



いろいろやったけど、心地よく前進!まで行けない。とか

転職や発信にどうしても怖さがでる、という方、
明るく心地よく進んでいきたい方、


11-12期→満席開催中(次回は2024年10月20日~開催予定・日曜 日中クラス)
先行案内が欲しいかたはこちらからご登録ください
 


◆そういう個と。公式ライン
 

登録いただいた方へ「HSPさんの3大強み簡易診断」プレゼント中ベル

友だち追加
 

こんにちは!
皆川公美子です。

 


image

<保有資格>
・国家資格キャリアコンサルタント
・Gallup認定ストレングスコーチ(強みの専門家)
・TRE(トラウマ&テンションリリースエクササイズ)国際認定プロヴァイダー →ボディワーク
キャリア・デザイン学会正会員
 

<セラピー分野の研修実績>
・神経自我統合アプローチ入門編・
・神経自我統合アプローチ基礎編
・神経自我統合アプローチ実践編
・神経自我統合アプローチ応用編 修了 (浅井咲子先生)
・神経インテグレーション 〜発達性トラウマセラピー 修了 (浅井咲子先生)
・タッチ紹介レクチャー(浅井咲子先生)
・拡張版コンテイナー・テクニック (福井義一先生)
・複雑性トラウマの親子へのトラウマ療法(淵野俊二先生)
・子ども臨床におけるアセスメントとトラウマ(重野桂先生)
・ポリヴェーガル理論1日講座(津田直人先生)
・自我状態療法入門WS(福井義一先生)
・ボディ・トランスWS 3日間
(自我状態療法の権威 南アフリカ ヴォルテマーデ・ハートマン博士) 
毎月3〜7時間(臨床心理士や精神科の先生方とのトラウマ勉強会を現在も継続中)
・TRE(トラウマ&テンションリリースエクササイズ)国際認定コース
モジュール1
モジュール2
モジュール3 修了
・スーパーバイズセッション毎月 1〜2回 (自我状態療法の先生またはTREのトレイナーの先生より)

詳しいプロフィールはこちら

 

HSP ワーク・ライフ前進セッション 
HSP ストレングス(強み)セッション

随時受け付けております。

 

オンラインツールZOOMでセッションをお受けいただいています。
ZOOMはこちらからお送りするURLをクリックしていただくだけで、つながります。
お気に入りの静かな場所で、PCでもスマホでも。



 

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

■2024年10月のスケジュール


そういう個と。プログラム13期
日曜AM10時クラス(10/20、11/17、12/15、、1/12、2/9、3/9)

詳細はこちら
 

8月20日~募集開始します♪
一般に先駆けてお申込みを希望されるかたは先行案内にご登録ください


 


 

イベントなどはLINEより先行ご案内しています。
よかったら友だち追加お願いします。

 

 

 

■2024年8月のスケジュール


8/22・23 (木金)
対人支援・サポートに使うポリヴェーガル理論講座


詳細・お申込みはこちら
 

 



8/18日
対人支援・サポートに使うポリヴェーガル理論講座

詳細・お申込みはこちら
 

 


イベントはLINEより先行ご案内しています。
よかったら友だち追加お願いします。

 

 

■2024年7月のスケジュール

7/28日 ランチタイム(お弁当&お茶付)
文化人類学者、環境=文化NGO「ナマケモノ倶楽部」代表、明治学院大学名誉教授
辻信一さんとの楽しいコラボイベント~ぼくたちは、遊ぶために生まれてきた

詳細・お申込みはこちら
 

7/18・20 (木土)
対人支援・サポートに使うポリヴェーガル理論講座


詳細・お申込みはこちら
 


7/17水 昼&夜 2回開催
ご自身のためのポリヴェーガル理論サクッと3時間講座


詳細・お申込みはこちら
 



7/15祝
対人支援・サポートに使うポリヴェーガル理論講座

詳細・お申込みはこちら
 

 


イベントはLINEより先行ご案内しています。
よかったら友だち追加お願いします。

 

 

■2024年6月のスケジュール


6/11・12 (火水)
対人支援・サポートに使うポリヴェーガル理論講座


詳細・お申込みはこちら
 


6/9日 
対人支援・サポートに使うポリヴェーガル理論講座

詳細・お申込みはこちら
 

 


イベントはLINEより先行ご案内しています。
よかったら友だち追加お願いします。

 

 

■2024年4月のスケジュール


そういう個と。プログラム12期
木曜AM10時クラス(4/18・5/16・6/13・7/11・8/8・9/5)

詳細お申込みはこちら

https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/20305

 

※そういう個と。プログラムは13期は秋以降の開催予定です
 


4/4木 HSPさんランチ会&ミニイベント@都区内 満席

 

イベントはLINEより先行ご案内しています。
よかったら友だち追加お願いします。

 

 

■2024年3月のスケジュール


3/5火 午後 HSP体感ワークショップ@都区内 満席

 

イベントはLINEより先行ご案内しています。
よかったら友だち追加お願いします。

 

 

■2024年2月のスケジュール


そういう個と。プログラム11期
土曜PM7時クラス(2/17・3/23・4/20・5/18・6/15・7/13)

詳細はこちら

https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/20305

 

<先行ご案内>
一般に先駆けてご案内を差し上げます。
ご希望のかたはこちらよりご登録ください
 


2/4日 午後 HSP体感ワークショップ@都区内

 

 

 

イベントはLINEより先行ご案内しています。
よかったら友だち追加お願いします。

 

 

 

■2024年1月のスケジュール

 

 

これまでの主催実績です。

 
セッション・セミナー・イベントへのご参加者: 

7,206人(延べ人数) 
※2024年5月末現在
 

 

6ヶ月オンラインプログラム「そういう個と。」2024年4月スタート12期開講中
2024年2月スタート11期開講中
2023年12月スタート10期修了
2023年10月スタート9期修了
2023年8月スタート8期終了
2023年6月スタート7期修了
2023年4月スタート6期修了
2023年2月スタート5期修了
2023年1月スタート4期修了
2023年10月スタート3期修了
2022年9月スタート2期2クラス修了
2022年7月スタート1期2クラス修了
2022年6月スタート0期2クラス修了

 

 


 

◆HSPメッセンジャー講座ベーシック 582名ご参加2021.12月 HSPメッセンジャー講座ベーシック27期 満席→増席→満席2021.11月  HSPメッセンジャー講座ベーシック26期 2021.10月  HSPメッセンジャー講座ベーシック25期 2021.9月  HSPメッセンジャー講座ベーシック24期 2021.8月  HSPメッセンジャー講座ベーシック23期 満席2021.7月  HSPメッセンジャー講座ベーシック22期2021.6月  HSPメッセンジャー講座ベーシック21期 満席2021.5月  HSPメッセンジャー講座ベーシック20期 2021.4月  HSPメッセンジャー講座ベーシック19期 2021.3月  HSPメッセンジャー講座ベーシック18期 満席
2021.2月  HSPメッセンジャー講座ベーシック17期 満席
2021.1月  HSPメッセンジャー講座ベーシック16期 満席
2020.12月  HSPメッセンジャー講座ベーシック15期 満席
2020.11月  HSPメッセンジャー講座ベーシック14期 満席
2020.10月末  HSPメッセンジャー講座ベーシック13期 満席
2020.10月  HSPメッセンジャー講座ベーシック12期 満席
2020.9月  HSPメッセンジャー講座ベーシック11期 満席
2020.8月  HSPメッセンジャー講座ベーシック10期 満席
2020.7月  HSPメッセンジャー講座ベーシック9期 満席
2020.7月 HSPメッセンジャー講座ベーシック8期 満席
2020.6月 HSPメッセンジャー講座ベーシック7期 満席
2020.5月 HSPメッセンジャー講座ベーシック6期 満席
2020.3月 HSPメッセンジャー講座ベーシック5期 満席
2020.2月  HSPメッセンジャー講座ベーシック4期 満席
2020.1月 HSPメッセンジャー講座ベーシック3期
2019.12月  HSPメッセンジャー講座ベーシック2期(橋本美和さん招致) 満席→増席
2019.11月 HSPメッセンジャー講座ベーシック1期 満席
2019.10月  HSPメッセンジャー講座ベーシック0期 満席
マザーズ講座も開催中!
image
image
image

 

◆HSPセミナー~自分トリセツをつくろう・2段階構造を知る 356名ご参加2020.12.13 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.11.13 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.10.22 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.09.24 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.08.06 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.07.14 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.06.10 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.05.18 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.02.11 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2020.01.10 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2019.12.12 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2019.10.31 HSPセミナー 自分トリセツと二段階構造 満席2019.09.23 HSPセミナー 自分トリセツをつくろう 満席2019.08.01 HSP会Part1 自分トリセツをつくろう @オンライン2019.07.16 HSP会Part1 自分トリセツをつくろう 満席2019.06.11 HSP会Part1 自分トリセツをつくろう 満席2019.04.25 HSP会Part1 自分トリセツをつくろう2019.03.19 HSP会Part1 自分トリセツをつくろう!@オンライン2019.03.07 HSP会Part1 自分トリセツをつくろう!満席
2019.01.18 HSPギャザリング会Ⅰ 満席2018.12.18 HSPギャザリング会Ⅱ 満席2018.11.7 HSPギャザリング会 満席2018.09.12 HSPギャザリング会 Part1 満席
imageimage

 

◆仕事をあなたの個性で前進させるあなただけの仕事を社会に届けるライティング講座
14期まで 満席にて開催

◇周波数メイキング講座  
2018.11 11期 満席 「ビジネスはニーズからスタート」にずっと抵抗していた
2018.10 10期 満席 HSP本質思考の方へ「人生のコアな部分へのアドバイスでした」
2018.09 9期 満席 安心して「生き方=ビジネス」を一致させることができる場所に出会える
2018.07 8期 満席 自分でも驚くほどどんどん行動することが出来た
2018.06 7期 満席 ひとの才能が大好物過ぎる
2018.03 6期 満席 ターゲットってどうやって決めればいいの?
2018.02 5期 満席 人に想いや人生観やサービスが届くということの本質は…
2018.01 4期 満席 自分の周波数を探っていくと、【自分のほんと】に行きあたる
2017.12 3期 満席 あなたらしい周波数を広げる講座
2017.10 2期 満席 その人の周波数で生きる。
2017.09 1期 満席 自分の色で咲く、をさざ波のように広げ人とつながる仕事のしかた 

◇ストレングス(強み)グループセッション
2023.04.25   HSPストレングスグループセッション@京都 満席
2022.06.04   ストレングスグループセッション@オンライン 満席
2022.04.09 ストレングスグループセッション@オンライン 満席
2022.03.31 ストレングスグループセッション@オンライン 満席


◇強みと可能性を知る~グループセッション
2023.07.02 HSP強みグループセッション@名古屋 満席 
2023.04.25 HSP強みグループセッション@京都 満席
2022.02.01 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席
2021.10.19 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席
2021.07.13 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2021.06.21 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2021.06.12 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション(京都開催) 満席2021.06.05 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2021.05.18 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2021.04.07 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2021.03.29 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2021.03.23 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2021.02.18 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2020.12.14 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2020.10.23 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2020.09.30 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2020.02.28 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2020.02.04 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2020.01.21 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.11.21 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.11.04 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.10.11 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 2019.10.03 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション2019.08.06 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.08.05 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.07.24 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.07.02 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.06.25 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.05.29 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.05.08 HSP会Part2  強みと可能性発掘グループセッション 満席2019.03.25 HSP会Part2 グループセッション 満席***
2015.12.16 企画力アップ講座
2015.11.16  金子ひとみさん・周波数の持つチカラ 満席
2015.10.30  集客には自分がシアワセに仕事しよう 満席
2015.10.22  フロント企画力アップ講座 満席
2015. 9.16  周波数でつながるの体感 満席
2015. 9.11  オリジナリティを活かした企画の作り方 満席
2015. 7.10  自分の周波数を強く出す 満席
2015. 6. 8  自分の周波数を広げちゃおう! 満席
2015. 4.28  風と太陽と空を感じるテラスにて@表参道 満席
2015. 3.23 幸せな仕事の話をしよう 満席

 

imageimage

 

◆HSPさん&HSC親子(感性キッズ)向けセミナー&イベント 2023.05.24 ポリヴェーガル理論入門講座オンライン 
2022.12.16 アーロン博士のHSP映画上映会
2022.05.04 アーロン博士のHSP映画上映会 2022.04.14 アーロン博士のHSP映画上映会 
2021.07.31 日本初アーロン博士HSP恋愛映画上映会 満席
2020.12.19 アーロン博士のHSP映画上映会 40名満席
2020.12.4 アーロン博士のHSP映画上映会 40名満席2020.10.02 アーロン博士のHSP映画上映会 50名満席2020.08.10 アーロン博士のHSP映画上映会 40名満席2020.06.19 アーロン博士のHSP映画上映会 40名満席
2020.02.01 映画上映会「サティシュの学校」 &辻監督お話会 満席
2020.02.01 アーロン博士のHSP映画上映会 80名満席
2019.11.16 アーロン博士のHSP映画上映会 80名満席2019.09.16 アーロン博士のHSP ドキュメンタリー映画上映会 80名満席2019.06.26 アーロン博士のHSP映画上映会 80名満席image
2019.03.04 映画上映会「サティシュの学校」 満席
image
2019.04.03 春休み親子イベント Points of You®Japanさん共催~カードで会話しよう~ 満席
2018.08.23親子でジャンべ体験~伝えるは言葉だけじゃないを知る
imageimage
2018.05.29 HSCちゃんあるある会 & ギネス自転車で世界一周 小口良平さんトークショー@神谷町光明寺
imageimage
2018.01.13 菅野のなさん講師 親子で味覚体験
imageimageimage2017.11.19  キッズ本物のレコーディング体験 満席imageimageimage2017.08.20 お片付けレッスン(新見和恵さん)満席
imageimage
2017.05.28 キッズ本物のレコーディング体験 満席

  image  image

 

仏教ゼミ~奈良薬師寺執事 松久保僧侶をお迎えして第一期 2017.10~2018.02
第二期 2018.10~2019.02
imageimage