HSP、敏感さん、繊細さんが、自分の個性(感性と強み)を社会で活かす。

HSP、敏感さん、繊細さんが、自分の個性(感性と強み)を社会で活かす。

敏感、繊細、感受性の高いHSP(highly sensitive person)が、生まれ持った感性と強みを仕事に活かして生きていくことをサポートします。






感性キッズは新ホームページにお引越ししました。
敏感・繊細・HSC ・学校ぎらい・不登校ちゃんのお母様はこちらへどうぞ

これからも「美しいもの感性で生きるを追求するクミシュラン」
こちらのサイト
共々どうぞよろしくお願いいたします。


◆これまでの登壇・外部セミナー

・KUDENスピーチ
【動画】すべてを捨てたときに見えた世界

・宮崎ますみさんプレゼンツ 
祈り・母なる地球へ 癒しフェア にて
「人一倍敏感な子の才能発掘大作戦!」登壇しました!

日経新聞 情報誌 レディ東京さん主催 ランチセミナーに登壇しました!
「感受性が強く、繊細・内向的なあなたへ~ありのままの自分で幸せになる方法」



<これからのイベント・講座>


◆イベントギャザリング周波数メイキング講座

※周波数メイキング講座先行ご案内をご希望のかたはこちらからご登録ください。

1期~11期終了 全期満席 周波数メイキング講座@都内


◆繊細さん、敏感さん向けイベント

自分がHSP(Highly Sensitive Perspn)かな?思ったら…

HSPチェックリストはこちらをどうぞ


・2019年1月18日(金) HSPミニセミナーPart1

「HSPの困りごと対処法・自己受容について」
詳細・お申込みはこちらから


・12月18日(火)HSPミニセミナーPart2 満席
開催の様子はこちらから

・11月7日(水)HSPミニセミナーPart1 満席
開催の様子はこちらから


◆奈良薬師寺・松久保僧侶による仏教ゼミ・リターンズ 
・全5回次回は1月23日(水)10時~@都区内 (単発でもご受講できます) 
 ➡詳細・お申込みはこちら



映画上映会「サティシュの学校」~みんな特別なアーティスト~
 3月4日(月)10時~12時 @表参道
詳細はこちらをどうぞ


 



こんにちは。HSP/HSCプロデューサー 皆川公美子です。

 

HSPの方のお仕事をパワーアップするお手伝いをさせていただくなかで

感じることがあります。

 

これまでに周波数講座を13期開催しました(^ ^)

この講座は

①その方から出てくる本質的な強みと世界観をフィードバックし、

②お客様に届く力、と誰に届けるのか、ということを自分の本質を見つめ直すことで特定し、

③自分を曲げずにできる仕事のやり方を再確認することによって、

集客と売上アップを目指す講座でした。

(ただいまバージョンアップに向けて改定中です。これまでのご感想はこちら)

 

 

これまでにさまざまな職業の方々がお越しくださいました。。

 

獣医師 、セミナー講師 、オーガニックコスメプロデュース、 臨床心理士 、スピリチュアルカウンセラー 、会社員 中学校教員、 主婦、カードリーディング、朗読活動 翻訳 心理、キャリアカウンセラー、 コーチング&コンサルティング業 、イメージコンサルタント 、コーチ、 ヨガインストラクター 、バレエコンサルタント、 ティーセラピスト 、ファシリテーター アーティスト、ボディワーカー、経営サポート 、美容コンサルタント、 ファッションデザイナー、 起業家.経営者育成コンサル 事務職、  鍼灸師、 キャリアコンサルタント 飲食店勤務、 心理学コーチ コーチ、マッサージ師、 ヒプノセラピストエネルギーワーカー、 会社事務職、 パーソナルスタイリスト、アクセサリー製作 、ヨガインストラクター、アロマセラピスト 、通訳コーディネーター、 染織、自由業、セッション業、 グラフィックデザイナー 、 バレエ教師 、シュタイナーソーシャルセラピスト 、パートタイマー、自然療法家 、助産師、 コンセプトデザイナー、、、、。

HSP専門、という枕詞をつけていなかったので、

HSPの方だけの講座ではなかったのですが、

来られた方は80%以上がHSPの個人事業の方たちでした。(笑)

 

 

image

 

 


わたしは、HSPの方がその強みや才能で社会とつながっていくことに

 

 

 

めちゃくちゃ興味があります!

 


3度のご飯より興味があるかもしれない(笑)

ひとりひとりがお持ちである、才能が

このうえもなく、強く美しいものに見えるからです。

 


そして、そのなかでいくつか思うことがありました。

HSPは普段から感じ取る力がマックス大きいです。

心療内科の先生が

HSPの処理している情報は、非HSPの100〜1000倍とおっしゃっていることは

みなさまもご存知かと思います。


小さいときはクラスのなかで、

誰がプリントがたりないか、
誰が楽しくて、誰が帰りたいか、人の感情を感じ取っている人

たくさんいらっしゃいますよね?


知覚としても

あ、これから揺れるぞ、を感じ取っている人、

あ、米がかわった

雨が降る匂いがする、

そういう微細なものをキャッチしている方、

 

人混みのエネルギーの負担、

人から好かれたときも嫌われてたときもすぐわかる、

意識エネルギーに対して敏感な方、

 

そういう方もたくさんいらっしゃいますよね?

 

だから

クライアントさんが何を考え、

今どう思っているか、どういう反応をしているか、

もすぐわかる。

(1対1の場合は

100%相手の立ち位置に合わせて

自分が発言したり、何かを計画したりできますよね?

。余談ですが、これが対多数になると

選択できない、絞れない、間口が広すぎるということに悩む方が

多いです。)




こういう外の世界を感じる力は、

子どものときからずっとなので

何かの折に、

 

「みんな、そう思っているんだろう」

「みんな、このことを気づいているんだろう」

 

と思いがちです。

でも

 

違いまーす(^ ^)よね?

大多数の方は感じていない、それには気づいていない、ということも

とっても多いです。 (それもこれまでの経験でお気づきの方も多いでしょう)

 

 

これまでの日本では

科学的であるとか、

論理的であるとか、

デヴィデンスのあること、
そういうこと以外は

すべて

 

言う価値のないもの、

人と共有することができないもの、

という社会の暗黙の了解がありました。 

  

 

でも、時代は変わってきていますね。

ジョブスが、大事なことはみんな直感で決めてきたと発言し、

マインドフルネス、瞑想等で

ほんとうの意味で自分のコアにアクセスする、ということが

語られて一般化してきています、、、

 

 

HSPは直観力も論理力と同じように大切にしていきましょう!

 

自分の仕事の方向性、

お客様が考えていること、

仕事の仕方、

あ、こっちだ!というひらめき 等々

 


そこに個人の感じることで共感を得ていくことが

できる時代。

 

 

「自分が感じていること、感じている方向性は

正しいのだ」という前提でいく。

それが自分にとっての太い未来を連れてきます。

そしてその本当の直感をつかまえるには

 

恐れや不安からくる思考や論理、

そういうものを手放して

ピュアな自分にアクセスしていく必要があります。

 

感覚をうまく扱えるように
そしてHSPであることを

弱みでなく、強みにしていきましょう!

image
 

・・・・・・・・・・・・・

1/18 (金) 12時30分〜15時30分
新春HSP会パート1〜HSPを知って自分トリセツを作
<詳細はこちらです>
https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12425000511.html

image
 
<お申し込みはこちらからどうぞ>
https://ws.formzu.net/fgen/S70708391/

<HSP チェックリスト>
https://kanseikids.com/wp/wp/wp-content/uploads/2018/11/HSPcheck-2.pdf

 

 

 

 

 

HSP/HSC プロデューサー 皆川公美子です。

HSPの特徴に、競争や争いが苦手、というのがあります

これは論理創始者のアーロン博士も言及していることで、平たくいうと極端な平和主義者、なのです。

お母さんのご相談で多いものに
「サッカーゴールの前とかで、すぐ人にボール譲っちゃうの。もうちょっと諦めないでがんばるようにならないと、と思うのですがどうしたらいいんでしょう」
っていう、うちの子肉食系じゃない的なのがあるのですが、 
 
資質=平和主義
 
なので、彼らにとっては争う意味がわからない。
いや、ルールは頭ではわかっているんですよ、でも気持ちというか根本的肚落ちがないので、できないんです。

そして世の中では「リーダー」「勝ち組」を推奨する言葉であふれます。もちろんこれらはできる人にとってすばらしいことだと思います!闘争本能や勝ちにこだわれる、というのは大切で美しい資質。
 
 
でも勝ち負けにからきし興味がなくても、いい。
それは正しいか間違っているか、というよりも
単なる「違い」だから。

 
  
大人の個人起業の皆様も同じです、
競合他社(者)との差別化、
人よりたくさん、みたいな思考の方向だと
やりにくかったり、動けなかったりする。
 
 
処方箋はただひとつ。
 
 
【オンリーワンなことをやればいい。】
  
 
それはイコール、あなただけの世界観と強みですべてのことを構築し、発信していけばいい。ってことなんです。
だからよーく注意して見るべきは外の世界ではなくて、自分が何者かってこと。
 
 
・・・・・・・・・・・・・

1/18 (金) 12時30分〜15時30分
新春HSP会パート1〜HSPを知って自分トリセツを作
<詳細はこちらです>
https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12425000511.html

 
<お申し込みはこちらからどうぞ>
https://ws.formzu.net/fgen/S70708391/

<HSP チェックリスト>
https://kanseikids.com/…/wp-…/uploads/2018/11/HSPcheck-2.pdf

 

人の才能と資質が大好き、皆川公美子です。
 
人の資質で【見ている時間が未来か今か】というのがあって、
それが生まれつきで変更不可なことが多い、ということが言われてます。
 
 
未来に注目しようとか今に注目しようとかじゃなくて、
知らず知らずのうちに、その時間軸のなかにいる、というようなもの。
 
 
未来を見ている人は、目的・目標にいっつも意識があるので、
たとえば子どものころに、友達の家に行くって決めたら、
脇目も振らず一目散に友達の家を目指していくタイプ。
今を見ている人(基本の時間軸現在)は、今起こっていることを味わっている傾向が強いので、友達の家いく、って決めてるのに、道端の花を見たり、子どもだと虫追いかけたり、であった友達と話し込んじゃったり、そういう子。
 


 
 
もちろんどっちかに完全に偏っている人はいなくて、8:2とか4:6とかグラデーションになっています。
(それでないと現在形100%の人は、待ち合わせできない、バスに間に合わない、予算とか絶対無理とそういうことが起こりますよね)
  
  
今日考えていました。
そういえば、HSPのかたとたーーーくさん会うけど、未来系
にほぼ傾いている人って、いたっけ????いたっけ???
 
 
 
  
・・・・・ほぼ見たことない気がする。(笑)
  
 
  
 
だから仕事術も、「1年後にこうなっていたい!」と未来のゴールを設定して、

そこから逆算して段取りをつけるやりかたはまったく向いてないのです。
(汎用性のあるやり方としてビジネスでよく使われるやり方なので

それが正しいか間違っているかじゃなくて、合うか合わないかのお話です)

 

 
なぜかって「今感じている、自分がこうある状況」と
設定している「こうあるはず!」な状況のあいだの差が開いてきて、
その開きに、繊細さや
感受性がついていけないことが多い。
気持ちが悪すぎて。
 


 
だって今のこれ、私じゃないよ、みたいな。
完全にそれを感じない鈍感力つけてやり続けるか、
見て見ぬ振りで抑え込むか、しか方法がないですけど、
それ無理だしなあ。
 
 
だいたいの方向性は決めているけど、やってみて少しずつ内容変えたり、お客様層の向きを、自分の感性に気持ち悪さがでないよう現実とのバランスを軌道修正していく、というのがうまくいく方法な人が多いです。
 
やってみて、つぎ!
でもいいんですよね。 

体験しながら、確かめながら、軌道修正していく、という方法です。
 

・・・・・・・・・・・
1/18 (金) 12時30分〜15時30分
新春HSP会パート1〜HSPを知って自分トリセツを作る
<詳細はこちらです>
https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12425000511.html

 
<お申し込みはこちらからどうぞ>
https://ws.formzu.net/fgen/S70708391/


<HSP チェックリスト>
https://kanseikids.com/wp/wp/wp-content/uploads/2018/11/HSPcheck-2.pdf


テーマ:


HSP(highly sensitive person)会パートⅠの第3回目を開催いたします。

 

HSPはもともと人混みが苦手ですが
同じ波長の人が揃っている場だったら集まれるでしょうか?

そう思ってみなさまで集い、知恵をシェアする会を開催します。


・間違いを指摘したり、間違いを避けることにたけている

・とても良心的である

・深く集中することができる

・慎重さ、正確さ、速さ、小さな違いを見つけることなどが必要とされる仕事が得意だ

・自分個人の考えについて思いをめぐらせることが多い

・学んだと気づかずに知っていることが多い

・まわりの人の気分や感情に大きく左右される
(アーロン博士『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ』より)

 

あなたはそんな人ではありませんか?

 
HSPセルフテストをどうぞ。
 
image
あわのけいこさんの大好きな写真をお借りしてます

 

繊細すぎて感受性強くて、

自分の居場所を探していたあなたへ。

大人はHSP(highly sensitive person)とよばれ、

遺伝的にこのような特徴を持つ人たちがいて、その割合は全体の15%~20%といわれています

HSP/HSCの特徴は…

 

・他人の気持ちによく気づく

・「普通」になろうとする

・どうしても、目立ってしまう

・豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい

・味や匂い、音に敏感だったり、人混みやお出かけで疲れやすい

・本質的なことにしか目が向かない

・変わってるね、普通と違うね、など言われる

・細かいところまで掘り下げてしまう

・ここのルールってこうなんだ、といつもアウェイ感がある
・あそこでレジュメが足りない、あの人は気分が悪そう等場のなかの隅々までのことがわかっちゃう

・でも好奇心はあるから学びや集まりにはわりかし敏感

・こんなすごいこと知った!発見した!その感動を伝えた時に「ふーん」とスルーされて落ち込むことが多い

・だから自分の感性がおかしいんだ、変なんだと思ってきた

 

*詳細はサイトからどうぞ

https://kanseikids.com/

 

個性が強すぎる故、

頑張って周りに合わせたり、

「分かってしまう」から

周りに喜ばれるように個性を捻じ曲げたり、言いたいことも飲み込んで、我慢してしまう。

とにかく「普通」を頑張るのもまた、このHSPの心理背景でよく見受けられます。

 

でもその個性が才能なんです!

 

 

当日は

①あなたはHSP?

 

ミニセミナーをやります。

HSPとは一体どういう人たちのことなのか。

学説創始者のアーロン博士はなんと言っているのか、日々のお困りごとで多いこと等


②そしてあなたはHSS=刺激追求型ではないですか?

 

HSPはもともと危険を察知し、石橋を叩いて渡る神経系のブレーキシステムとして

例えられます。

でもHSPのなかにも、新しいものや刺激に対してとてもオープンな人たちがいます。
彼らは刺激追求型でそれはアクセルシステムに例えられます。

 

この相反する2つの神経システムを二つ併せ持つ人が、います。

 


③相手を知って自分を深く知る

 

グループワークにて近くの方と「あるある」をシェアしましょう。

どんな現場で、どんなことを困ったり、

逆にこんなことを自分は活かせているよ!

人の言葉で聞くと違うかも。

そして気の合う方とどうぞつながってください。

 

 

④明日から活かせるHSP特性活かし術

 

HSPはどのように自分トリセツを作っていけばいいか。

非HSPの家族、友人、仕事関連の方との付き合い方はどうすればいいのか。

 

HSPは稀有な才能さんですが、

その才能を発揮するためには

ぜひその前段階としてやっておかなければいけないことがあるのです。

 

やっておくこと?

 

それを詳しく丁寧にお伝えしたいと思います。

 

 

 

image

ドがつくHSPなのにステージにあがることを仕事にしているえりりんと(ミセスジャパンファイナリスト)
 


HSPの方ぜひご参加ください。

そしてもっとも大切なことは、ここで知り合う仲間は

HSPだということなんです。
今回は中学生の子もエントリーしてくれています。
中高生の子でHSPの人、どうぞ大人に混じって遊びに来てね!


HSPは安心の場が必要です。

どうぞひとりでも心安らぐ気の合う方とお知り合いくださったら

うれしいなと思っております。
 

 

日時:2019年1月18日(金) 12時30分〜15時30分

場所:都区内

    お申し込みの方にご連絡します。
 

参加費:7,560円(税込)

定員:20名 

もしも何かつまみたいなという方は

サンドイッチ等ご自身でなにかお持ちくださっても大丈夫です。

HSPは空腹や眠気など身体からのサインにもとっても敏感で

気が散るから(笑)だったら自由に自分の身体を喜ばせてあげてください。

 

誰かのおうちに遊びに行くような気持ちでどうぞおこしください。

移動していただいても、何かつまみながらでも、大丈夫です。

そして気分の合う方と知り合っていただけたらうれしいです。

お店はBGMが大きすぎてよく話せないので、

いつもスペースをレンタルしています。

 

 

 

↑このような場所で開催します。


お申込みはこちらからどうぞ!

https://ws.formzu.net/dist/S70708391/

 

 

お待ちしております!

 

 

image

imageimage

前回の会場はこんな感じでした。

 

以下はご感想です。

 

素敵な時間だった。
涙がでそうになるほど
愛を感じる時間だった。

 

もっといたかったなー。

私は私のままでいい。
弱いからでも
ダメだからでもない。
これでいいんだ。

 

外に出たら
来る時と同じ道なのに
視え方が違った。

 

会いに来て良かった♡ありがとうございました!!!

 

いやーほんとミラクルにあったかのように
一気に悩みをピョーンって飛び越えてしまいましたよ
魂が震えました

 

 

HSCで辛かった傷のカサブタをいつまでも剥がさなかったけど、
昨日一気にボロボロと剥がれて修復されたキレイな私が顔を出したよー
もう自分を思いっきり出すぞー
あ、そしたらかなり、変人ちゃんになるかも(笑)

 

複雑すぎる自分の人生も、あらためてだれかの力になれるんだなと思いました。
あらためてチェックしたら、HSPもHSSもどちらもガッツリありました。
そしてさらにサイキックも。。。もうわけわからないですが生きづらすぎるけど
これも私とやって生きます(^^)
https://matome.naver.jp/m/odai/2137398543600657001

 

みんなで集まれてほんと良かったですっ!

 

 

”私”は取り戻さなくたって私である!
   
ということを腑に落とした昨日の昼下がり。

HSPさんのためのランチ会に参加しましてね。
感受性がとっても強くて。今まで、自分ではない何かになろうと、
懸命に生きてきた人たちが集まりました。
  
けどどうやったって、
自分は自分。私は私。
であることを知るのです。
   
一生懸命、私を取り戻そうとしていた頃もあった。
自分探しをしたこともあった。
でもどうしたって苦しくて。
未来を思い描くことすらできない。
引き寄せって言われても。
目的や目標決めろって言われても!
よくわかんないけど相手のことがわかって苦しかった!
とにかく私を理解して!ってずっとずっと思ってた。
子供が繊細すぎて学校であれこれ起こす
学校へ行こうとしない子供がいる
自分も・・・そういう子だった。
  
そんなアナタに伝えたい。
  
この人に会ったら、
もう自分を取り戻すことなんてしなくてよくなるよ。
  
ちゃんと自分とともに生きてきたんだって。
自分の人生に自信持てるよ(^^)
 
そのスタートが切れるんだよ!

 

一番感動したのが最後のお手紙!

 

当事者であるお子様が、自分の感覚が通じない学校生活の中で、
どんな思いで毎日を過ごしているんだろう、
そんな気持ちを私達に手紙で教えてくれるだなんて!!
もう、私は自分の娘からの告白のような気がして、それだけでウルウルしてしまいました。(T_T)

<中略>
強度のHSPさんは、本当に大変な毎日を過ごされていらっしゃるかもしれませんが
私の場合はそれほどでも無いし、特別視したり神格化するのではなく、
単なる「神経的な特性」として受け止める。私の中の、ほんの一部。

それだけで良いと思っていますけどね、
やっぱり娘が感じているであろう不自由さには、ちゃんと話を聞いてあげようと改めて思いました♡

 

ゆるりと優しい雰囲気の会で、本当に有り難い時間でした
掘り起こし、ありがとうございます!
やっぱりそこなのかー。と、納得、スッキリしました!
単独プレイヤータイプだと思ってたので意外でした笑
大収穫でした!
次回がたのしみ!です(*´∀`)

 

長女がHSCかもと気付いてからその手の本を読み漁り、
いままで悩んでいたことが霧が晴れるような感覚に。
そして、やっぱり!という納得感。

 

 

私もぶっちぎりHSP(大人はpersonのP)

長女に共感することは多くあれど、私のHSC子ども時代の失敗の数々から、
この性格(だと思ってた)は封印すべき!と、蓋をして
「普通であるべき!目立っては損をする!」
と思っていました。
 

私たち親子を知る人は信じられないと思いますが、相当な悩みの種でした。

いま長女はHSC特有の悩みにぶつかっています。

本人にあなたはHSCだと打ち明けるべきか。
なにも言わずに見守るべきか。

HSCは発達障害などではなく神経システムによる差異です。

非HSC/HSPの人のアンテナが10本だとしたら、HSC/HSPのアンテナは1000本だというくらい、敏感なのです。

とても悩んでいたなかでの本日のランチ会。
そんな悩みを吹き飛ばすお手紙のプレゼントを頂きました。

感極まり、魂が喜んで震えるとはこのことなのでしょう。

 

 

私の中で自分自身や家族、そして周りの人…
といろんなことが結びついて繋がり、心の紐が緩んだ感覚がありました。
これを機会にもっと掘ってみたいと思います。
次回も楽しみにしています!

 

主催 Eri Takayanagiさん(ミセス日本グランプリ ファイナリスト)

20名のHSPだけの
超激レアな奇跡の空間でした

ドHSPの私
そんな自分の体験談が誰かの役に立つのなら何でもします〜
からのドレス(笑)
image
もし、あなたが(お子さんが)
個性的だったり
不登校だからと悩んでる方
大丈夫ですよ〜〜

居場所はひとつだけじゃないから
地球は🌏広いよ

その大切なことを確かめられた素敵な時間でした


お申込みはこちらからどうぞ。

https://ws.formzu.net/dist/S70708391/

 

 

image

前回までの様子はこちらです
開催報告 HSP 会パート2 〜世界の中で自分を生かす
地球は行動の星であーーる! 〜 HSPランチ会開催報告
私たち、感受性豊かすぎてごめんあそばせ!^_^HSP会ででた、アルアル!

 

HSPのための才能プロデューサー 皆川公美子です。

昨夜放送された林先生の初耳学が、めっちゃ面白かったのでシェアします。
 

高学歴ニートに授業するんですけど、
ニートさん達は、みんなこぞって大学出たあとも家でゲームばっかしちゃってるの。
(あ、ママ達、ゲーム好き君がみんなそうなる訳じゃない!不安にからめとられないでくださいね🎶)

 

ニート君「林先生は好きな仕事やれてるんですか?僕は好きなこと以外やりたくないです」

 

そしたら林先生、
「好きなんて、身の回りの情報に影響されてる偶然なんですよ!」とぶった斬った(^◇^)

 

 

林先生曰く、
あのね、
私はちっとも好きな仕事なんてしてません!
銀行に勤めて投資会社やってみたけど借金膨らんで、塾講師のバイト行ったらどこ行ってもウチへ来て社員になってくれって言われた。
やってくれ、って言われた仕事それをやります。

この収録だって別にやりたくないけど、誰かのためになってる、喜んでくれる人がいるからやる。

自己啓発の本書いてくれって言われて、そんなの読んだことないし、書きたくもないけど書いたら累計100万部売れた。

 


 

 

次は好きな本書こうと思って【寿司うなぎ天ぷら】って本書いたら全然売れない!!(笑)

➡︎絶版になっているようです。
 



 

林修先生

「売れなかったけど、好きなことやれた、
なんてボクは思わないんですよ。
やる以上絶対に勝ちたい!
一度負けたらプロなんだからもう仕事が来ないって思わないと。」


(林先生の言葉、意訳ここまで)

 

 

------------

強みというものの、何たるかをすごく分かりやすく説明してくださった番組だったと思います。
強みは、別にやりたくなくても人より圧倒的な成果が出ちゃうこと。


林先生は8対2くらいで好きシアワセより 成果のほうに絶対的な興味がある資質でいらっしゃるように見えました。

人によっては、生まれつき6対4で好きシアワセのほうに軸がある人もいます。

 

でも強みとシアワセのどっちの軸を重んじるかは、その人の生きたい人生による。
勝ちたい人は、強みで行けばいいし、
シアワセの感性が高い人は好きの軸多目で行けばいい。

 

もちろん両方が高い所で交差するところが1番いいに決まってますけど、そう上手くいかないこともある。

 

 

今、駒大・仏教学部の学生やってる欽ちゃんが言いました。
「オレさ、たーーくさんの人にインタビューしたんだよ。そしたら、名人と言われる人はだいたい好きな仕事だからやったんじゃないって。でもやってるうちに、好きになることもあるって」(意訳)

 

 

強み、成果
好き、シアワセ

 

 

全てのバランス図は
どんな人生を生きたいか、
どんな人生が必要か、
それによってのさじ加減です。

わたしがよく引用する図

 

上下が好きの軸。

左右が強み・才能の軸。


これと同じものを林先生も書いていました。

でも上下の軸を 強み・才能

左右の軸を 好き でとって書いていらっしゃいました。

どちらにより興味があるかが、よく出ていますね。(^ ^)

 

 

 

 

そして、
成果は、有名とかお金とか結果がある程度目に見えるから分かりやすい。
でもシアワセは感性を鍛えた先にあるので、
まずシアワセという状態を自分で定義できる感性がいる。


そして、それは常に一人称で、共有できないものなので、

人と共有している場においてはあいまいさを残すものとなります。

 

 

それでも、
それでもです、
人はシアワセに心を開いていくべきだと、
私は思うんです。

 

・・・・・・・・・

 

ニート君たち、

学校の不登校の子どもたち、

みんなの疑問は

 

なんで自分の思う通り、好きなことで生きていっちゃいけないの?

 

という問いが心の根本にあります。


「資本主義の上で生きているのだから

お金・成果・有名さが最上位にくるのに決まっているだろう。」
がこれまで大人の考え方でした。

ニートくん、不登校の上記の考え方は、そこには乗らない、乗りたくない、という意思で、

これを新しい時代の息吹、尊いものだと私は捉えています。
 


これから先、AIが日常の世界になったとき、
煩雑なやりたくない仕事はAIがやってくれて

自由で創造性あふれた仕事が人間のものになる、と断言する人たちがいます。

 

落合陽一さん、西野亮廣さん、などです。



そこでは、創造性を高めたHSPの方たちの時代がやってくる!


 

HSP/HSCを社会につなぐプロデューサー 皆川公美子です。

 

 

新年3日に放映された「「消えた天才・一流が勝てなかった人」が、

才能とはなんぞや!を示すものすごく面白い企画だったのでシェアしようと思います。

 

すべての例を見て、

これは【才能】と【好き(モチベーション)】の相関図の実例として

こんなにわかりやすいものはない!というほど明確な示唆がありました。

 

 

番組の企画はこんな感じでした。

古今東西の有名アスリートにインタビューし、

その押しも押されもせぬ有名アスリートが

若き頃に「こいつには勝てない!」と認めた人物が、途中でその道を断念していて

今どうなっているか、なぜ違う道へ?というのを取材するという企画でした。

 

野球の松井秀喜さん

テニスの松岡修造さん

箱根駅伝の青学の史上最高ランナー山の神・神野大地さん

サッカーのディフェンダー槙野智章さん 

早稲実業で一斉を風靡したハンカチ王子 他

 

知らない人がいないような有名人がずらり並ぶなか

そのアスリートたちが「勝てなかった人??!!」それだけで

見てみたい!と思いました!
才能のなんたるかをすでに何十年もの経過と実績として紐解けるのでは、と。

 

実際にはもっとたくさんのインタビューがあったのですが、知らない人はいないでしょという

以下の3名の方の例をご説明します。

 

 

 

◆ 野球界のレジェンド松井秀喜さんが絶対に勝てないと思ったのは、同級生の天才ピッチャー。

中学時代、あの松井秀喜を完全に抑えたピッチャーがいました。高校は松井と同じ名門・星稜高校へ !松井も中学時代エースで4番でしたが、高校に入った途端、監督から「お前、ピッチャー以外でどこやりたい?」と聞かれ、

「ああ、やっぱり自分は投手として全く彼に追いつかない実力なんだ」とはっきり知ったといいます。

けれど、その天才は松井と違い、野球界を去りました。なぜか。

 

まだ記憶にある方もいらっしゃるでしょうか?

あの松井がどの球団からもドラフト一位で指名され、巨人・長島監督がくじをひいて、「巨人が交渉権獲得!!」と華々しくテレビで放送されていたあのとき、

関係者の誰もが指名を信じて疑わなかった松井のチームメイトの天才ピッチャーは指名されなかった。それは彼の実力に問題があった、というよりその年たまたま社会人や大学生といった即戦力になりそうなピッチャーがたくさんいて、高校生は不利だったという。。。

 

その天才ピッチャーはドラフトを指して「(松井だけが指名され、自分が指名されなかった)屈辱的な事件だった」と表現し、それから社会人野球に行きましたがうまく花開かなかったということでした。 

現在は野球の指導者をされています。

 

 

◆ テニス界のレジェンド松岡修造が唯一敵わなかった年下の天才テニス選手

松岡修造が「錦織圭と同じレベルの才能」と語る天才は、松岡が高校時代唯一勝てなかった相手でした。しかしプロデビュー後、目立った成績を残すことなく引退…。追跡すると、天才はシャラポワなど世界の超一流選手にしか声をかけない超名門のテニス学校に誘いを受け、アメリカに留学していました。

 

その時点では明らかに修造さんより高いレベルの評価を得ていました。

けれど留学先には世界ランキングを争う天才たちがいて、自分のポジションは・・・という現実を思い知ったということ。

そこで彼は自分の世界における実力を認識してしまい、厳しい練習に耐えられなくなって・・・・。

 

けれどかたや修造さんはやみくもに?!練習し、いける!いける!といつも自分に言い聞かせやり続けることによって最終的にグランドスラムまで勝ち抜き世界ベスト8まで勝ち上がったのでした。

 

 

◆ W杯日本代表・ディフェンダー槙野智章が絶対に止められなかった天才ストライカー

日本代表・槙野智章が敵わなかった天才は、プロにもならず中学生で突然姿を消した…。

小学校のころ、お互いに有名で、でもその天才くんは小学生であるにもかかわず彼のプレーを見るために人が集まるほどだった。そして槙野さん自身、彼とピッチの上で対峙すると恐怖を感じるほどだったと語ります。

 

その天才、なんでやめたのか、という理由を聞いて、えーーーっと声をあげてしまいました。

なんとサンフィレッチェ広島のユースチームへの入団テストで「面接」があり、

シャイだった彼はそこで「世界にでる選手として自分のことを話術でアピールできないと」という課題をクリアできなかった、それが大きな原因でした。

(なんということでしょう。シャイなサッカー選手だっているんだよ!!と大人が決めたボーダーラインに怒りすら覚えてしまう私です)

 

槙野さんの番組も以前見ました。槙野さんだって、決してずっと順風満帆じゃありません。ドイツリーグに行きましたがそこであまり活躍できず、苦しい苦しい日々を送っていたこともあるんですよね。

でもそれでも彼は諦めない。日本に帰ってきてまだレッズで活躍。そして「テレビに写りたいから、いつも有名選手のとなりにポジション取りするんだよ!」というポジティブさです。^ ^ とってもいいなあ〜!と感動です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

よく「諦めるな」「自分を信じろ」とう言葉がありますが

それは何かの成果を得るためには必須のプロセスです。

逆境というのは誰にでもあって、そこあきらめずにやり続けるということが大切、

なんてそんなのみんなわかってる。

 

注目すべきは、

やめちゃった才能ちゃんたちは、

華々しい活躍をした人が「あいつには負けてた」と認めていた才能。

それは幼い頃には押しも押されもせぬ事実として「才能のある子」だったのです。

 

もったいない!!やめちゃうなんて!諦めなければよかったのに!!

誰もがそう思います。

けれど、「やり続けなかった」人は

「そこまでやりたいものじゃなかった」

「石にかじりついてもそこにいたい」ものじゃなかった。

モチベーションは、現在の一流選手たちよりずっと負けていたのですね。

そして「どんな場所でも自分を信じ続ける」という思考パターンができなかった。

 

 

結局は客観的な才能より

モチベーション、好きで絶対これをやりたいということがある人が

長期的にはその人を成果におしあげる重要な部分なんだ。

この番組は

そのすぐれた検証でした。

 

 

過去の天才たちはジュニアの育成プロとしてスクールを経営していたり、

全く畑違いの業界で成功していたり、

サラリーマンとして出世していたり

いろいろな人生を歩んでいらっしゃいました。

 

何も有名になるだけが人生じゃない、

もったいなかったじゃない!その才能!というつもりもありません。

その方たちの現在の幸せを見て、みんなが笑顔になりました。

 

 

でも成果に注目したときの、やり続ける、そのことの大事さ。

もっと言えば、回数がものをいうという事実。

自分を信じるというそのひとことにこめられた深い意味。

それをとても重く捉えています。

  

・・・・・・・・・・・・・・・

一旦これが好きだ!この世界でやってみたい!と思った時

そのときこそ、やり続けるをスタートさせるとき。

 

けれども

やり続ける、ということをHSP的にとらえると

それは結構苦しいことです。

HSPは感覚が鋭くて今自分がいる現在地点や

まわりからどう受け止められているか、を敏感に感じ取る能力が

ずば抜けています。

でも反対に そこでゴールと現在の差異や

理想と現実の距離感を感じすぎて手をとめてしまうばあもあります。

達成できるものもできなくなるということが、現実的に起こります。

 

 

自分を信じて、世界を信じて飛び込み続ける。

 

ということが、上記のアスリートの方達を見ていても成功法則であることは間違いないですよね?

はじめかなわない人がいる、と感じても

そこでめげずに自分に集中してやり続ける。

成功にはチャレンジしつづける回数が絶対的に必要条件。

 

 

ええ、今、あまり受け入れられていないな、と思うことでも

自分を信じて、やり続ける力、

 

ちょっと調子悪くても

これ大丈夫かな

あってるのかな、と思っても

 

 

手を動かし続ける力、

そういうものに、今年も注目していきたいと思います。

 

 

 

体育会系になろう!ということじゃない。

でも
自分を信じて

回数をつみあげる。

そのことの大切さです。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の目標・お正月ブログ記事
「HSP/HSCの才能をよりスムーズに社会につなげたい」
https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12429549376.html


1/18は今年初HSP会 今のとこ少人数なので思い切り濃くお話しましょ。
➡︎1月18日 新春HSP会をやります〜。
https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12425000511.html

HSP個人セッションはこちらです。
https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12403535197.html


テーマ:

あけましておめでとうございます!

昨年中はありがとうございました。
関わってくださるすべての方がいて

わたしがいまする。

もうこのことが腑に落ちすぎてこわいです!(笑)

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

image

 


昨年は細々続けているメルマガやFBで

皆川さんの言うことがしみじみ浸透してきています、とか

長いこと読ませてもらってます、やめないでください、とか

(あ、今んとこやめたいと思わないのでご安心ください!)

子どもが学校に行かなくても平安な心で前向きに考えられるようになり

そうしたら子どももとても状態がよくなってきました、

とか

うれしいお便りをたくさんいただきました。



この世に現れている自分の現実の
すべての根っこは、人の内面。心

 

心のなかでイメージしている世界がその人の現実世界をつくっている。

 

 

今年

努力がいるとしたら、

自分の思考の方向!ですね!奥さん!

 

 

そういう意味で

正直に人を愛し、

正直に人の役にたちたいと思い、

正直にいやなものはいやだと言い、

正直に努力する、

それこそが

やっぱりやっぱり一番いいことにつながるよねってそう思います。

 

聖人君子でいましょうってことじゃないけど。

 

 

何よりも正直にいなければいけないのは

 

自分に対してだ〜〜〜^ ^

 

これがけっこうむずかしい。

己が誰なのかを知る。

仏教でもこれは一大事項でございやす。

 

 

 

人は危険な状態に出会いやばい!と思うと、

防衛本能がはたらくので

自分のことも巧妙にだますと思いませんか。

本当はやりたくないことなのに、

これも経験になるから、とか

人のためになりたいから、とか^ - ^

言ったりして。

 

 

 世間から割りかし厳しい評価をいただいてきた

HSP HSCはこれまで自分の能力を偽ってきていました、よね?

わからないふり、

ほかの人の速度と情報量にあわせるふり、

してきましたよね?

 

今年は

自分のことを正しく受け入れ、

自分のことをよく知り、

自分を表現していくなかで

自分と出会いなおしていきませんか?

 

HSP HSCの方の才能がもっともっと簡単に

社会につながれるよう、

今年もそこにフォーカスしていきたいと思います。

これまで13期を重ねた周波数講座も

アップグレードしてお送りしたいと思います。

もう少しお待ちくださいね!

 

image

 

そしてHSCのママは

ご自身がHSPの方は

共に自分の人生を大切に花開いて生きませんか?

自分を一番にしていいんだよ!
自分を大切に大切にしていいんだよ!

愛されているって実感を

受け取って人にあまえていいんだよ。

子どもの人生を自分の人生の上に置かなくたっていいんだよ。

離れたいときは離れたい、

めんどくさいときはめんどくさいって言っていいの。

お母さんがいきいきと人生を切り開いていると

「ああ、そうしていいんだな」

「そうやって人生を生きていいんだな」って基本セッティングのなかに

すりこまれます。

それが子どもたちの人生もうまくドライブしていくから。

 

 

 

何かにチャレンジすることって

実際怖いしね、

足がすくむことばかりだけど、

それってビルゲイツとかでも絶対同じ気持ちを味わっています。

自分を諦めない

おもしろい人生を一緒に生きましょうぜ!!

 

 

なわけですから!(笑)

今ありがたいことに死を意識しようとしても

明日死ぬようなことは考えにくいと思って暮らしているわけだけど

笑って死にたいものです!

 

 

 

さあ、今年もたくさんやりたいことがありまーす。今年やりたいこと!ちょっと書きます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

①今年は皆様とともにデンマークへ行きたい。

ツアーを開催したいと考えています。

きた〜〜〜〜〜!
デンマークの幸せ感をきちんと実感できるような、

デンマーク人がどんなメンタリティで暮らしているとか

どんな教育、どんな生活の質感
そういうことを少しでも感じ取れるツアー。
ただ、建物や組織を見に行って、あいさつしておわり、じゃなくてね。

そこにいる人と深く話し合ったり、それをまわりで聞いていたり、
 

 

この世界の広さと選択肢を体感しに行きませんか?

 

 人生ひっくり返るような

新しい視点を体験する旅。


そういうオンリーワンすぎる旅を作りご提供したいと思います。

 

②HSC/HSPの人たちが安心して息をできる居場所を見つけられるような

いろんな提案やインタビューをさらに、していきたい。

 

コペンハーゲン大の 海野あゆみさん

コロンビア大から高知へ、教育研究者の 鈴木大裕さん

日本シュタイナー協会代表でオイリュトミストのはたりえ先生

探求学舎の宝槻やっちゃん先生

探求クエストの森本祐紀さん

 

昨年は、このほかにもたくさんの教育者の先生方にお世話になりました。

ありがとうございます!

 

image

初の川べりでのインタビュー(笑)

 

食事という角度から子どもの成長や身体

幸せな人生にアプローチされている松嶋シェフ、

いつもありがとうございます。



 

 

③これまでもやってきた、HSPの人の強みや個性がめいっぱいでるというゴールにむけた

講座をさらにブラッシュアップしてさらに精度をあげてお届けしていきたいと思います。

その先に、人があたりまえに多様性をみとめ、認められ
人も自分も同じように尊重できる世界がもうそこまでやってきています。

今年はそこに向けて、力強く働きかけていきます。

 

image

HSPは、何かしらの天才だから。

 

・・・・・・・・・

 

個人的には・・今年・・・

 

韓国に行きます!(これは断定形(笑))

デンマークに行きます!(これも!)

北海道のモエレ沼公園に行きます!

英語の勉強をする時間を捻出します。

毎日40分以上歩きます。

筋トレをします。

ストレッチをします。

そして身体とさらに対話します。
本を読む時間を1日に1時間〜2時間作り・・・たい(笑)

美術館や映画にもっといきたい。

そしてたくさん仕事したい!仕事大好き!

 

これ書いていて思いますけど、

わたしそんなにたいそうな望みがないなあ(爆)

世界中旅しながら仕事したいとも思わない、家がいい・・・(笑)。HSPだ・・・(^ ^)

高価なバッグも服も、仕事やアートがすごいな!とは思うけどどうしても欲しいとも思わない。

それより夕日を見られたり、絵画やアートに接したり

幸せなものは身の回りにそろってる。

大好きなお客様、大好きな家族がいて、尊敬する友人たち

犬のテツと接して生きていけるということに感謝。

いつもありがとう〜。

 

最後に

株式会社クミシュランは

 HSP HSCが自分の本質で社会に出ていけることを

応援する会社としてもっともっと成長していきたいと思います。

 

 

クミシュランに接してくださる方、どうぞご指導のほど、よろしくお願いいたします。

そしてひとりではなにもできません。
どうぞみなさまのお力をこれからも貸してください。

 

image

 

今年もよろしくお願いいたします!

 

➡︎1月18日 新春HSP会をやります〜。

今回は人数少なそうだから深く話し合いましょう!

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12425000511.html

 

➡︎3月4日  表参道にて

HSP HSCの人生ののびのびと開いた人生を

イギリスにある大人のための学校を特集した

映画「サティシエの学校」をご一緒に鑑賞しませんか?

身体がのびるような感じをもって

おかえりになれると思います!
10時〜 1500円
1月中旬から一般募集を開始します!


ではでは、楽しいお正月を〜〜〜!

 


  

2019年1月1日の富士山だ〜〜〜!
今年もみなさまの上に楽しさと幸せがじゃんじゃん降り注ぎますように!

 

 


テーマ:

こんにちは!HSP/HSCのままで可能性をひらきましょう!皆川公美子です。

 

 

今年もいろんなことがありました。

みなさまはどんな年でしたか?たくさんのことが起こりましたよね。

今日は閑話休題として、今年の皆川のベスト5をお送りします。

 

 

 

 

第5位  仏教へのご縁

昨年に引き続き、薬師寺・松久保伽秀師に教えをいただく仏教ゼミを昨年から半期のシリーズで開催させていただいています。

法相宗は唯識という、心理を掘り下げて掘り下げていくスタイル。お釈迦様が2500年前に説いて回ったお話がこんなにもすごいものだなんて、聴けば聞くほどトリハダものです。

年の瀬最後に奈良・薬師寺にお写経に伺い、お礼をお伝えしてきました。

image

 

image

 

image

 

仏教は宗派ごとに考え方の角度が違い、どの宗派もとても魅力的です。

あまり他宗派にまたがるような勉強の仕方は失礼にあたるのかと始めは戦々恐々としてましたが、

日本仏教のスタンスもここ最近は大きく変わってきているみたいで、未来の住職塾を主宰されている松本紹圭さんはこのようにおっしゃってます。

https://higan.net/hijiri/2018/06/ecosystem/

 

 

そして敬愛する浄土真宗のお坊さん、大來尚順さんはアメリカ・ハーバードで仏教を極められ、

英語で表すと仏教はもっとシンプルなんだよ、ってことをおっしゃっています。メカラウロコの角度で

たくさん学ばせていただきました!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100010702203143

 

光明寺の木原さん、遠藤さん、

高願寺の宮本ご住職さま

ありがとうございました!

 

 

一般ピーポーとして楽しく仏教に関わり勉強させていただきつつ、

なんでこんなに仏教に惹かれるんだろう・・・・・。

それはどうしなさいこうしなさいでなくて、【人の在り方】を極めていく、道だから。

仏教は、正確には、宗教とちょっと違います。

 明治時代の世界宗教会議で、それまで仏道だったのを仏教と命名したそうです。

【あなた自身かが仏になっていくんだよ。外のどこかに神様がいるんじゃない、自分を内観して、

在り方を極めることで楽になっていきましょう】ラブじゃない???。

 

【その人の佇まい】【存在感】がはなつものがコミュニティを作り、仕事をうむ現代において

あり方はその根幹を形作る「なにか」であると、たくさんの人が気づいてきている。

存在感や質感が波及する。
youtube Twitter SNSの威力を、企業もとりこもうと必死になっています。

 

自分の外側の世界に向けてのチャレンジは大事!でも自分の内観も同じくらい、人生に影響する。

それは自分のあり方を浮き彫りにしていく作業だから(^ ^)

 

さて、

第4位です !

 娘たちの留学が決まり、ほとんど同時に2人が旅立つことに。

 

長女は高校生の夏に、2週間デンマークへ🇩🇰遊びに行ったことで人生が変わりました。デンマーク人家族の元で、人びとの暮らしのメンタリティ、人生に対するスタンスが日本人と全く違うことに気づいたのです。

そこで、フォルケホイスコーレ( デンマーク政府が70校持っている生きる動機を見つける人生学校のようなニュアンス )に一年間留学するという夢を持ったのが今から2年前。

大学入学後、必要な単位をなるべくたくさんとって、三年次を休学するという方法でデンマーク行きを決めました。今のところ日本で就活をするかもということで、上記のようにしましたが、先のことはわからない。

それでいいと思っています。広い世界を見てくることが、自分の居場所探しにもっとも役立つ。

自分の常識なんて、ちっぽけなんだって知ってくれたら、それでいい。

 

次女は、メルマガでもよく登場させていただき、感性キッズママにはよく知っていただいているかもしれません。

不登校で、初めから大学を受験する気のない、そしてそれを全くなんとも思わない次女はたまに行く学校でも「レアキャラ」みたいな存在としていじられ可愛がっていただいているようです。(笑)

韓国アイドルが好きで、ハングルを勉強するうちにすっかりはまり、ついに韓国の大学付属の語学センターを目指していましたが、来年夏からこれまた1年間留学することになりました。

 

親としては思ってもみない展開に驚きましたが、

各々が個性を生かして、自分の望む人生に向けてチャレンジする姿を見て、

この姿勢を育てることができてよかったなあって心から嬉しく感じました。

これぞ子育ての醍醐味、ですよね。

 

お母さん、いつも見てるからね。

思いきりやってきて!

そう言って送り出そうと思います。

 

でも見送りの空港では泣くだろうな、、、。

 

 


 

 

第3位  KUDEN、癒しフェア、日経のレディース東京、東京以外の場所等 

で講演やスピーチ

させていただく機会に恵まれました。

image image

 image

KUDEN 中島さん、ありがとうございました!

 

癒しフェア・宮崎ますみさんと。ありがとうございました!

 

 

uluweki主宰・藤井美奈子さんに呼んでいただき
山口にてもHSPセミナーをさせていただきました。

 

 

image

 

日経・レデイ東京の場は写真がないのですが

ほんとうに素敵なみなさまとの出会いがありました。

 

 

 

 

藤井美奈子さん招致、癒しフェアとレディ東京はHSPについてのセミナーを

KUDENはアメリカのスピーチTEDのような形式で、

200名の初対面のお客様に向けて何か大切なものをお渡しするという場でした。

 

「全て捨てた時に見えた世界」
まだご覧になっていない方はKUDEN動画をどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=9ucIdGOuueg

 

これはHSPの私にとっては大きなチャレンジでした。

若い頃から、自分が全く知らない大勢の人前で身体に凍りつきを起こすことがあるのを認識していたので、

お話しをいただいた時、大丈夫かなとちょっと迷いました。

 

でも逆にこれをどのように対処するかという自分実験、

同じHSPの方たちに経験としてシェアできるな、とも思って!

 

めっちゃ練習したし、がんばりました〜〜〜!(≧∇≦)

応援してくれた友人たち、

見てくれた方たちから

涙がでたよ、ぐっときた最後の一言!などの感想をいただき、

ほんと〜にほっとしました。きてくれたみんな、ありがとう〜〜〜〜!!!

あ、わたしの話、伝わったんだなって思ったときの

なんともいえぬ安堵感を忘れません。

 

HSPはなんともいえないアウェイ感に小さい頃からさいなまれています。

自分はかわってるんだ、

育てにくい子、難しい子なんだ、

何かを言っても解せない風にスルーされることがある、

なんでそんなこと?と怪訝な顔をされる、

そういうことを誰しも感じてきて

普通になろう、大多数80%側に行かなくちゃと

自分を攻めるところから始まる方がほとんどです。

かくいうわたしもそうでした。

無意識にそういうモードになってる。

でも、自分の大切なはなしを聞いてもらって

共感してもらえるというのは、

心の奥底のの深ーーーーいところにあるドアをさらにぎぎーっと開くということが

身を以て体験できたことです。

ここ、「人前の緊張をどうするか」は汎用性のあるやり方に落とし込むことができました。

もう大丈夫!若い頃のHSPな自分を超えた、そういう経験をさせてもらいました。

image



 

第2位  HSP  HSCの(パート1自分トリセツセミナー)と

(可能性を開くセミナーパート2)を4回開催しました。

image image

自分がHSPで子どもたちがHSCだと知り、

あーだからだったのか的な謎がスルスルとけ、

なんだ異常じゃなかった、神経系の特性だったのかと安堵した。

そういう方は多いのではないでしょうか。

また

HSPだからこその強みや才能を意識するようになって

私自身もどんどん可能性を開くという経験をしてきました。

 

 

誰もが持って生まれたなんらかの才能。

 

それはその人にあらかじめ備わっている本質であるとわかった、というのが3位のKUDENスピーチの主旨でしたが、

HSPは社会からマイナス評価を受けることが少なくないからこそ(戦うことやマルチタスクが苦手なので

生産性という角度から劣るという見方をされる)、だからこそ自分の強み・才能に特化していく必要がある!

ということを今年一年ですごくすごく感じています。

 

その広すぎる世界を

深すぎる自分の洞察力を

まずは自分で受け止める。『受容』と

自分の本質を見つけ

それを外にむかって表現していく
『表現』

 

この二つがそろってはじめてHSPは社会で誰もできない

とても有意義な仕事をすることができます。

それは「天職」とでもいえるようなお仕事でしょう。

 

 

周波数講座、というビジネスを広げるトレーニング講座コースは今年13期まで開催させていただき、

さらにブラッシュアップしたかたちを現在模索中なのですが、

ご相談をうけるにつけて

この繊細・敏感で感受性の高人種=HSPは、表現活動やアートに関心がある人、そういうお子さまが多くて

それを素直に伸ばしていくと、もしそれが仕事のどまんなかにならなくても

全体的に人生がうまくいくといういことがよくあるなあと感じます。

これまでのレコード会社でのものを創造する仕事、

新しいものを産み出すというエリアのスキル、経験をさらに講座にくみこんで

これからも社会で仕事するHSPを絶賛応援していこうと思っています。

強み・才能も大事なんだけど

この人はたちは「世界観」が死ぬほど大事なんだな!って。

そう思うわけです。

 

 

 

今年はアーティストの方々を応援するという機会にも恵まれました。

アーティストは広義には「全ての表現する人」だけど、

ここではアートすること創造することを生業とする人という意味です。。

レコード会社以来の、その現場の機微をありありと思い出しました。

表現は世界を救う。心からその世界を尊く感じます。

 

 

 

 

 

image

 

アーティスト・俳優の小木戸利光さんのシアターワークは

その人本来をあぶりだすほんとうにすばらしい身体のワークです。

大学での授業として、たくさんのところで

とりあげられています。

 

・・・・

 

 

 

アーティストさんは常に一人称。わたし、がどうしたいか。

ニーズ(3人称起点)から始めることの多いビジネスと圧倒的にベクトルが逆です。

そしてHSPも仕事や活動の始め方を、そうしたほうがいい。

ニーズから行くと苦労と挫折が大きい方が続出しちゃいます。

それを強調させてくださいね。

常に現在と未来をバランスよく見て、自分の世界や関心がいったいどこにあるかを見極めていく。

気がつかないほど自然に、息を吸ってはくようにやっているもの、見ていることは

なにか。

そこを起点とするほうがうまくいく。

 

 

HSPのみなさま、可能性を開いていきましょう!

HSCのママ、ご自身の可能性を開いていきましょう!

 

あるママがメルマガにこんな返信をくださいました。

「(結局のところ)自分の子供は結構どうでもよくて(笑)

わたし自身が深く呼吸出来る世界を求めている、作り出したいと切望している時期のような気がします。」

 

めっちゃいい!!

素敵すぎる!!

イケイケ〜〜ママ!

お母さんが自分の人生の可能性に対して心を開いていると、

子どももそうやって生きていいんだって言外でわかって

チャレンジをする子どもになっていきます。

自分から見つけてチャレンジする子になってくれたら

いっちょあがり===楽チンですし!

子どもにべったりはりついてなくて、大丈夫よ!
不登校でも見極めるところさえ、見極めたら

外へでても大丈夫!

 

image

 

さあ、

第1位 です!

 健康で、歩くことができて、

ただ生きているってシアワセ!!

 

って何度目の気づきでしょう。

いつも少しずつ階層が違う気づきがあるのですが、

 

あ〜健康って何てありがたいんでしょう!

ってすごくよく聞く言葉で、なーーーんだ!お決まりの感謝?と思いました?

 

人生で何度目かまたこの言葉を

本気で大声で叫びたい、というのが今年でした。

健康状態が悪かったことで、自分の本質のセッティングにさらに気づけた年でした。

 

細かいいきさつは省略しますが、今年の前半は持病から大きく発展してしまった身体の痛みとずっと向き合っていることにエネルギーを使っていて、仕事に全神経を集中できなかった。自分ではしていたつもりだったんですけどw

 

健康状態がいまいちだったので、あまり出歩かない静かな生活をすることになり

そのことで、なんだ自分は実は引きこもりもとっても快適じゃんという資質がわかり(笑)、

そういえばずっと人のなかにいると自分はひとりになりたくなる人間だということも思い出し、

わかっちゃいたけど、ちょとずつ自分像を誤解していたような。

そしてかすかな「こうあるべき」がまだ残っていたのかもしれません。

それが溶けていく年だった。

ひとりもとても快適 それをほんとうの意味で否定せず

そのままで生きていけるんだなってストンと落ちた感じ。です。

 

 

話はかわりますがそういうときに、

紹介されてこの本に出会いました。

image

28日間の具体的なワークで「感謝をする」対象物をかえていくのですが、

 

ああ、道徳的ななにか?というかた、

 

いえいえいえいえいえいえ、ちがいます。

この本の威力はすごいですよ!!

実効力がすごいです。

今なにかがうまくいかないと思っている方、

だまされたと思ってやってみてください。

ほんとうにク◯マジメにやると魔法がおきます。

グループで一緒にやっていた方たちは

臨時収入がすごい額きたり、

雑誌の取材がきたり、
懸賞で10万円の値引きでパソコンを買えたり、

お仕事がバンバンはいったり、

人間関係でどうしようもないすれ違いがあっという間に解消したり、

わたしもいっぱいありました、うそでしょ!?ってこと。

 

そこで心のそこから納得したんです。

自分が先に安心すると、安心な世界がやってくる。
自分が不安な状態でいると、世界は不安をつれてくる。

要するに自分と同じ周波数帯の想念や出来事が吸い寄せられるんだってことが。

 

人は普通、お金があるから安心する。

お金がないと不安になる。ですよね?
でもそれじゃ、お金は入ってきません。

実際は逆なんです。

お金がほしかったら、先に今あるお金に思い切り感謝する。

健康になりたかったら、治ってから感謝するのじゃなくて

治っていない今ある健康をあげつらって、感謝しまくると、

もっと健康がやってくる。



あまり説明してもよけい胡散臭くなりそうなので(笑)

このへんで!(^ ^)
あっ!っと思った方はタイミングかも。

ぜひやってみてね。

すべてのことが好転します。

 

 

・・・・・・・・・・・・
2018年が暮れていきますね〜。

 

image

(次女がつくってくれたオムライス❤️)

 

今年出会ってくださった皆様、ありがとうございます。
そしてお話する機会 や

セミナーの機会をつくってくださって

わたしを呼んでくださったり

信頼してくださった皆様、

おかげさまで今わたしはここにいます。

本当に感謝でいっぱいです。

インタビューさせていただきた皆様も

本当にありがとうございます。

こちらは別の特集にて。

 

来年もHSP HSCの方たちが

自分の才能に気づいて社会にでていく、を応援したいと

うずうずしています!

そして場をつくることで
HSP同士で仲間ができたり、理解と安心の居場所を作れたらなって。

➡︎次回1月18日にもパート1をやります。今度はわりと少人数になりそうだから

 ゆっくり深くお話しましょう。詳細はこちら

 


そしてHSPの認知をもっともっと広げていきたいです。

他のなにかと間違われて薬を飲まされる子がいなくなるように。

学校現場にもくまなくHSCという名前と理解が行き渡るように。

そして感受性の強さという贈り物をもらった人たちが

それを存分に発揮して人生を生きていけますように。

いろんな気づきをくれた2018年ありがとう。

平成さいごの年の瀬。

 

昨日新幹線から見た日本の美しい雪景色をどうぞ。

 

 

 


感謝をこめて。


明日はハロー!2019年をお送りします!

 

今日も読んでくださってありがとうございます!

 

 

➡︎1/18 HSP会パート1〜HSPの自分トリセツを作ろう

https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12425000511.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさまからいただいたご感想(一部)のご紹介です。
 

 

<才能発掘オンラインセッション>



セッション詳細・お申込みはこちらをどうぞ。

 

 

昨日はありがとうございました。おかげさまで私が進むべき方向が見えてきました。
お話しいただいた後、ジワジワと自己肯定感を感じてているのですが、
昨日ずっと所属している会に出席して、
明らかに去年までと私の心持ちが違うのを実感しました。楽です〜。 (TMさま)

 

絵と向き合うと決め、そこから関わる人たちが段々と変わってきました。
縁の総入れ替のような感じで…。
自分の感覚を大切にできる場が、少しずつ周りにできてきたように思います。

公美子さんからは、本当にたくさんの愛をいただき、私一人では到底見れなかった広い世界を見させていただきました。
そして色んな"関わり"というものを教えていただいた気がします。

表現する者として、葛藤しながらも自分が思うように決断をして、進んでいきたいと思います!(MIさま)

 

セッションのあと水底から色々と湧き上がっています。
これはいろいろ私が握りしめているからこそ起きている状態なんですね!
怖いんですが、そここそ自分にとって一番大事なところだとわかったので、
公美子さんに分かって貰えてると思うと、頑張ってやれそうです。
今日やります!
(海外在住 Mさま)

 

公美子さんに出逢って、この概念を知り、
今までのこの世界の生きにくさが、逆にチカラとなっています

その人の本質で生きる✨

勇気をいただいているのは、わたしだけではありません。
いつも、信頼して見守ってくださり、ありがとうございます。
(NMさま)

 

子供の見ている世界がはじめてちゃんと納得できて、子供への安心感が生まれたような気がしました。

 

子供たちの見ている世界があまりに高度で苦しくなるママたちは、ぜひ、
皆川さんがわかりやすく伝えてくださるので、ぜひ、うかがうといいと思います。


ママだからって、子供のこと全部理解するのはほんとう難しい。

ママだからこそ、専門家頼って、本当の道を探り当てた方が良いと思います。
(Kさま)

 

 

 

HSPであると自分が理解してから自分の人生振り返ると、
「なぜ?」ばかり「追求・探求」していた。

それが周りに通じなくて、本当に苦しかった。そんな中途半端なもので、いいの?って。

長男や双子が教えてくれる。

繊細でいいんだよ
変わり者でいいんだよ
深く深く考えて、
なぜでいっぱいにしていいんだよ
それが面白いんだよママみてみて!!

子供たちが、自由に個性豊かに自分の世界をつくっていくのが羨ましかったのだ。

皆川 公美子 さんの子供向けのセッションで、大人のママも一緒に一つ癒されちゃった♪
(KR様)
 

 

ただただ、「肯定のシャワー」を全身に浴びせてもらったような感覚です。

久しぶりに「あー、この人(HSPのことで)話が通じる!!涙」っていう感動と喜び。
もう、リアルに、震えました。(笑)

セッション中は何度も涙がこぼれたし、
いっしょに目を赤くしてくださって「うん、うん」とうなずいて
耳を傾けてくれている公美子さんをみていると、ありのままの言葉がぽろぽろとでてきました。、、、。

泣くばっかりじゃなくて、実は大笑いもしましたけどね笑笑

今回受けたセッションというか、もう公美子さんとの出会いとつながりが宝物すぎて、感想が終わりません!!!(笑)
(KS様)

 

今後は自分を周りにどう合わせていくかではなくて、
仕事もプライベートも自分に合った環境に自分の身を置くということを大切にしていこう!と決意しました。

もし頑張っても周囲から浮いてしまうという方がいたらもしかしたらHSPかもしれません。

HSPの方には、このセッションはとってもおススメです♪
気がラクになるアドバイスをたくさんいただけますよ^ ^
(TM様)

 

嬉しかったことがあって、それは、その友人が「わたしもセッションを受けたい」と言っていたことです。

電話で彼女と話していて、
「30年ずっと苦しんで、どうしてもわからなかったことが、
かなと話したこの1時間で変わってしまった、、、どうしよう、、、。」
と癒しと祝福で半分泣きながらふるえていたことで、セッションで感じた喜びが2倍にも3倍にもなりました。

HSPについて、書籍以外にあまり情報を得られるソースがないと感じていた分、日頃の公美子さんのFBの投稿やメルマガは本当にありがたく、感謝の思いでいっぱいです。

HSCの子どもたちを見守るお母さんたちだけではなく、
ぜひご自身がHSPだ、という方々にも、このセッションを受けていただければ、と思います。
(SK様)

 

 

お陰様で 内容の濃い時間を過ごさせていただきました。

皆川さんの自然で飾らないお人柄が、私にとって心地良い空間と会話を生んでいただけたと感じてます。
小さい頃から当たり前としてきたことが、強みと話され、自分の内側からもOKサインが出てきたようでした。

ありのままを生かせる安堵感が溢れてきたというか…
敢えて 足す必要はないのだな…磨くことはあっても。
これからまた、日々なんとなく見つけた石を少しずつ集めてお気に入りを見つけたら丁寧に磨いてみたいです。

あー 良き日でした!また素敵な方と出会えました!
(T.Y様)

 

少し緊張してるはずだったのですが、
はじまってすぐ、もう何度もお会いしてるかのように本音で話せて、
ふわふわもやもやしていたものが地に足がついてこれから足を向ける先がわかったというかんじがしています。
また段階を進めることができたら、ご相談させていただきたくよろしくお願いします。
感性キッズこれからも応援しています!
というかお世話になってこれから一緒に生きていきたいと思います
(N.K 様)

 

この数ヶ月意識しながらやってきたこと
(自分の気持ちに正直に、したいことをする、食べたい物を食べる)
正しかったんだなーと認識でき、気持ちがすっきりしました。
そして、セッション後、その時したかったことを嬉々として取り組みました。
あと一年、ゆっくりと自分の感性を見直す時間にしようと思います。
それから、息子の得意なことを長期観察してみます。
(私は幼い時から人間観察ばかりしていたので笑、
息子のイイ所を見つけるのも得意だと思います!)
(C.U様)

 


 

他にもたくさんのご感想をいただいています。
ここにご紹介でききらなかった皆様にもほんとうにありがとうございます。
 

 

 

HSP(Highly sensitive perspn)のみなさまの安心できる場所

 

HSP会 Part1 〜HSPの特性を知り、受け入れて、のびのび生きる

HSP会 Part2〜自分の特性を社会で活かせるようになる

 

<ご感想>
地球は行動の星であーーる!~“愛を感じる時間でした“ HSPランチ会

私たち、感受性豊かすぎてごめんあそばせ!HSP会ででた、アルアル!

 

imageimage

imageimage

 

 

繊細で敏感な方のお仕事を社会へつなげていくために

 

周波数講座これまでに13期開催 全期満席

 

受講者のみなさまのご感想はこちらから

 

imageimageimage

 

 

感受性高く、美しいものが大好きな皆様に

 

繊細さ敏感さでこそキャッチできるものをテーマに

感性体感イベント
 

感性キッズ イベントご感想
【ご感想集】◆幸せ軸のお茶会作り◆感覚FIVE◆ゲストお茶会◆アート遠足
【ご感想集Ⅱ】◆倶楽部クミシュラン◆ゲストクミシュラン◆語らせて倶楽部クミシュランお茶会
【倶楽部クミシュラン】特別ライブご感想一覧

image


imageimageimage

imageimage

imageimageimageimage

 


テーマ:

クミシュラン主宰 皆川公美子です。

 

周波数メイキング講座を受講された鍼灸師の小林由起子さんから
ご感想をいただきました。
 

講座に参加する前は、集客のために、アメブロに毎日記事をアップするのを、
半年くらい、それからインスタに、時々、写真をアップしていました。

(中略) 


講座に参加して、書く事が楽しく、楽になりました。
今まで、仕事関係で、役に立つ記事しか書いてはいけないと思っていました。
というのも、私は、変わっているという自覚があり、素直に書いたら、

大多数の人に受け入れられないと思ったから。
それでは、仕事では、不利だと思っていました。

でも、ある日のブログを皆川さんが、フェイスブックに紹介していただいた時に、
私を知らない人から、共感できると、コメントいただいて、うれしくて、書いていいんだと、思ったし、
これなら、もっと書ける!書きたいと、思いました。

受講して得られたものは鍼灸の仕事にもっと、誇りを持てたこと。
皆川さんのような博識で、人脈のある方でも、鍼灸の認識が低いのだから、
世間では、まだまだ、得体の知れないものなのでしょう。
これから、 認知されて、よいと、認められると、可能性が広がると思います。
鍼灸師の質も、上がると思います。

 

由起子さんの鍼灸に対する考え方や敏感ちゃんにもこのように効く、

このように対応している、ということ細かに読ませていただき、

鍼灸の威力を再認識しました。

 

敏感繊細な体質や神経系は病気や疾患じゃありません。
だからこそ、その局部を治すとか切り取る、という西洋医学アプローチでなく

身体の全体性・調和の世界を目指していくというホリスティックな東洋医学の世界

はとても親和性があると思います。


お子様が幼い頃から敏感だとかHSCという方は

ぜひ東洋医学の考え方を取り入れるといいと思います。

 

兵庫県加古川市で

レディース鍼灸いこい を運営されています。

 


 

幼い夜泣き・かんの虫などから

敏感性・繊細性があるお子様

そして不登校のお子様をサポートする鍼灸を

できる方です。(幼いお子様には刺さない鍼もあるそうです)

病院で治療するというのでない、なんとなくの不調でお困りの方、ぜひどうぞ。


鍼灸で身体を調整することによって、心にもいい影響を与えられ、
その結果それが日常に反映してくるという循環をつくる、すごい鍼灸師さんです。

・・・・・・・・・・・

ご家庭で身体の全体性にアプローチするためのお灸教室がありますよ!

関西にお住まいの方、ぜひどうぞ。

 

(以下小林由起子さんの記事より)

2019年1月13日 日曜日 14:00〜16:00 ,

場所 レディース鍼灸いこい

会費 10000円を今回のみ、8000円

当院では、初めてのお灸教室をします。

定員4名のみの、徹底したアドバイスで、お灸を、大好きになれます。
お灸は、自己をいたわる、セルフケア。
女性に絶対知っておいてほしいツボの探し方。

症状に合わせてのツボ。

自律神経を整える方法など。

少人数だから、できる、お灸教室。

ぜひ、ご参加ください。

お灸をした事ないかたも、大丈夫です。

お申し込みは、
079-431-9345
sinkyuikoi151@gmail.com

または、メッセージにて。


由起子さんの小児鍼についての記事

 

 

 

来年から周波数メイキング講座をリニューアルします!
次回の先行案内をご希望のかたは➡こちらからご登録ください