あなたのダイエットが成功しますように・・・クローバー
 このブログがお手伝いできれば嬉しいです!

はじめての方は 私のプロフィール もどうぞ 
長年の黒歴史は 私のデブ歴史 に綴っています
ぶーぶー 


クローバー ------------------------------------------------ クローバー
 

こんにちは。


ご訪問ありがとうございます 照れ
 

今日は、”ダイエット失敗”のお話をしたいと思います。


私は過去何度も何度もダイエットに失敗して「万年ダイエッター」の状態でした。

ちょっと痩せては、すぐリバウンド。
大きく痩せると、ドカンとリバウンド。

これを繰り返していた私は一向に理想の体重を維持することができず、

「私は一生デブのままなのかも・・・

と投げやりな気持ちになることも多く、太っていることで諦めていることもたくさんありました。
根性ナシの自分がイヤでしょうがなくなることもありました。


が、世間を見てみると、どうやらダイエットに失敗している人は実はとても多い様子。

もしかするとこのブログを読んでくれているあなたも、一度や二度失敗経験があるのかもしれません。

 

 

ダイエット失敗にまつわるアンケートを見つけましたので解説していきたいと思います。

 

 

■ダイエット失敗の理由は”続けられなかった”ことが一番多い

 

ダイエットに関するアンケートを見ると、失敗してしまう理由として
 

「途中でやめてしまった」
「食事制限が続かなかった」


を挙げている人がとても多く見られます。

 

引用元:何でも調査団

 

↑こちらのアンケートでは女性の4割が「途中でやめてしまった」「続かなかった」ことでダイエットに失敗しています。

 

 

 

引用元:ネットリサーチ ティムズドライブ

 

↑こちらは3割の女性が「食事制限が続かなかった」と挙げています。

 

 

そして、下記のアンケートは、

「ダイエット失敗しました」という人のダイエット方法。

 

引用元:㈱ヒューマ

 

・食事量や食事回数を減らす 56.9%
・食事内容を見直し、カロリーなどを考えて生活する 47.4%

 

と、「食事関係」の理由から、かなりの方が挫折しています。

 

 

 

■そういえば、私も”食事”で挫折していた

 
このアンケートを見て、
 
「私が過去行ってきたダイエットも全部食事制限だったわ (・・;)汗

とハッとしたと同時に、「やっぱりみんなも失敗してたのね」という安堵も感じました。

そう、自分だけが根性ナシだったわけではなく、食事制限が続けられなかった人はとても多いのですね。
 
私自身も途中で挫折した食事制限。
女性の4割が挫折している食事制限。

一体何がいけなかったのでしょうか。
 
 

■続けられない理由は”ストイックにしすぎる”から

おそらく、続けられない理由は”ストイック”なんだと思います。
 
・目標がストイック過ぎた
・食事制限がストイック過ぎた


はい、過去の私です(笑)(^_^;)
 
目指すこととやることが極端だったんですね。
 
 

■ストイック過ぎた目標


私の場合、毎年夏休みにダイエットをしていたのですが、「夏休み中(約40日間)に8キロ痩せる!」と毎年のように目標に掲げていました。

なぜ8キロだったのかは覚えていませんが(笑)、可能だと信じていたのでしょう。

でもこの目標は今思えばかなり”ストイック”な目標に入ると思います。
だって、たったの40日間ですよ。

脂肪1キロを減らすには7200kcal消費しなくてはいけません。
 
目標が8キロなので、
7200×8=57,600kcal。
 
これを40日間で落とすわけですから、
57,600÷40=1,440kcal。

一日あたり、
1,440kcal
を消費していなくてはなりません。
 
いや~、ストイックですね。滝汗
誰かにコミットしてもらっても、ちょっと厳しすぎる数値です。

 
でも、私は体重を落とすべく、やったのです。
ストイック過ぎる食事制限を。
 
 

■ストイック過ぎた食事制限

目標がストイックなので、必然的に食事もストイックになります。

朝:抜き
昼:500kcalくらいのお弁当
夜:ダイエットシェイク(おかゆのときもあり)
 
これで1日900kcalくらいですかね。
極端な食事制限だ・・・・チーン
 
あくまでもこれは私の場合なので、ダイエットに失敗した皆さんがここまでおかしな食生活を送っているわけではありませんが、

でも巷に溢れている

「置き換えダイエット」「単品ダイエット」

は、これに近いものがあると思うんです。

そして置き換えや単品ってとても簡単なので、ついつい手を出してしまう。

「簡単に減量」とか「これを飲むだけ」とか魅了的なキーワードで商品が売られているので、私も何度手を出したことか・・・・(><;)
 
でも、こうした極端な食事生活が続けられるはずもありません。
 
なによりシンドイですし、恐ろしいのは体の代謝が下がってリバウンドしてしまうこと。
 
 
■代謝低下の話はこちらをどうぞ■

 

 

代謝が下がると体重も停滞しますから、
全然変化のない体重に次第にやる気もダウン・・・・


モチベーションも低下・・・

 



もう、フツーに食べちゃお・・・・

 

 

 

終了。。。

 

 

 

 

 

こうして”ストイック過ぎる目標&食事制限”をすることで「ダイエットを続ける」という最も重要なことから離脱してしまうのですね。

 

これが典型的な「食事制限が続けられなかった」という失敗の理由になるのだと思います。

 

 

■失敗の理由を書き出して、どんなやり方なら続けられそうかを考える

 

失敗した理由が分かれば、それを変えていけばいいだけなんですね。

私の場合は

・朝食を抜くから10時半頃にモーレツにお腹が空いて我慢ができなくなる

・糖質制限ダイエットは、お米を抜き続けるのが辛い
・間食禁止していると、四六時中食べ物のことを考えてしまう
・ダイエットシェイクは飲みすぎてトラウマだ・・・


と、失敗理由はこんな感じ(笑)

 

 

失敗を教訓に、自分がどんな食事なら続けられそうか考えたところ

・朝食はヘルシーな和食をしっかり食べる
・お米は低GI値の太りにくい玄米を食べる
・一般的な玄米は炊くのが面倒なので、炊飯器で簡単に炊ける玄米を選ぶ
(私が長年愛食しているのはファンケルの発芽米 です)

・間食は禁止しない。むしろ間食も食事の1回にカウントし、質のよいものを食べて代謝低下を避ける

 

というものに行き着きました。

 

私が行った具体的な食事方法は下記の記事でも紹介しています。

 

 

■これでやっと成功しました ■

 

 

過去の極端な食事制限とは全く違う緩やかなやり方ですが、これは私にとって長~く続けられる方法でした。

 

失敗から学んだ、方法です照れ


 

この記事を読んでくれているあなたも、過去に失敗した経験があったのなら、一度

 

「どうして失敗してしまったのか」
「なぜ続かなかったのか」

 

を一度明確にしてみると、なにかヒントが見つかるかもしれません ウインク

 

ダイエットに焦りは禁物。

きくわることは、大変なこと。

 

決して簡単になんて変わることはできないのですね。

 

ゆっくりじっくり取り組んでいきましょう~照れ



 

 

 

 

■Amebaトピックに掲載された当ブログの人気記事 ■

 

 

ぶーぶー コメントの返信が遅くなる場合がございますが、しっかりと返信させていただきますのでご質問・ご相談などがあれば書き込み下さいませ。

あなたのモチベーションが続くようお手伝いさせていただきます (*゚ー゚*)  ぶーぶー

 

どくしゃになってね…

AD