あなたのダイエットが成功しますように・・・
 このブログがお手伝いできれば嬉しいです
 

はじめての方は 

私のプロフィール 
このブログの信念である

”元デブ”だからこそ書けるダイエットブログを書きたい”

の記事も合わせてどうぞ! 


クローバー ------------------------------------------------ クローバー
 

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

今日は誰もが気にする「お腹の脂肪」についてのお話です。
 

「あなたが体で一番気になる部位はどこ?」というアンケート結果を見たのですが、堂々第一位は・・・

 

 

 

お腹まわり!

 

でした!

 

まあ、女性の場合は脚が気になる人は多いかもしれませんが、こちらのアンケートは男女混合でした。

 

人類皆、お腹の贅肉には悩みを持っているということですね・・・・笑い泣き

 

私も長年腰の周りに浮き輪みたいな肉を抱えて生きてきたので、お気持ちすごく良く分かります・・・・




(マジでこんな腹でした・・・汗

 

 

堂々第一位の悩みどころだけあって、お腹の脂肪に関しては定期的にご質問をいただきます。

 

昨日もご質問をいただきました。

 

 

運動始めて、こまちさんの本で勉強して、見た目、変化出てきましたが、お腹回りだけぶよぶよです。

 

普段は、家でスクワットと、ダンベルを少々。土日はジムと水泳に通ってます。

7ヶ月たちましたが、どうしてもウエストが変わりません。
 

7ヶ月前108センチ、今も108センチです。
有酸素運動が足らないのでしょうか?

腹筋が足らないのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いします。


お忙しいところすいません。

 

 

 

 

実はわたしたち人間はもともとお腹に脂肪が付きやすくなっているんですね。

 

女性は子宮を守るために特に下腹部に付きやすく、

男性は大きな内臓を守るために全体的に脂肪が付きやすくなっています。

 

 

 

実はお腹の脂肪に関する記事は過去にもいくつか書いてきて、記事を探しやすいように解説つきでこちらの記事にまとめております下矢印


 

なので今日はご相談いただいた内容を元に、返信記事を書かせていただきたいと思います。

 

 

■7ヵ月ウエスト周りの変化がない読者様

 

 

今回ご相談くださった読者様は

 

・筋トレをしている(スクワットなど)

・水泳もやっている

・だけど7ヵ月ウエスト周りの変化が全くない

 

とのことなのでだいぶモヤモヤしていることでしょう。

 

 

カラダが変わらない原因はいったい何なのか?

 

しっかりと洗い出していく必要があります。

 

 

■スクワットは正解

 

 

 

お腹の脂肪を落とすのに、確かにスクワットは効果的です。

 

スクワットは下半身のトレーニングなので一見お腹とは関係がなさそうに見えますが、

 

 

・スクワットを行う動作で体幹が鍛えられる

 

・大筋群多関節トレーニングのため、成長ホルモンがより多く分泌される=脂肪が燃えやすくなる

 

・下半身は大きな筋肉なので、ここを鍛えることで絶対的な筋肉量が増え基礎代謝が上がる

 

 

という理由から、絶対にやったほうがいいトレーニングです。

 

 

が、今回の読者さまは「家でスクワットをしている」とのことなので、懸念されるのは

 

「負荷不足」

 

ですね。

 

普通のスクワットに慣れっこなカラダになってしまうとそこから変わるのは難しくなってくるので、どうしても負荷を上げる必要が出てくるんですね。

 

片足で行ったり、ゴムを使ったり、ジムでウエイトを持ったり、です。

 

カラダが慣れたラクチンに出来てしまうスクワットはカロリー消費も少ない上筋肉もつかないことから

 

質の悪い有酸素運動

 

とも呼ばれてしまうこともあるので、一度見直しが必要かもしれません。

 

 

 

■水泳(有酸素運動)も効果的

 

 

 

脂質をエネルギーとして使ってくれる有酸素運動は脂肪撃退にとても効果的です!

 

その中でも水泳は運動強度も高いので消費カロリーも多いはずなのですが、やはりここでも気になるのは 強度と運動回数 ですね。

 

 

以前こちらの記事にも書きましたが↓

 

■ 関連記事はこちら ■

 

有酸素運動は回数多くてナンボの世界です。

 

また、脂肪が燃える心拍数(ファットバーンゾーン)というものがあるので、その数値を把握してその心拍数を維持しながら有酸素運動を行うとより効果的に脂肪を燃やすことが出来ます。

 

(脂肪燃焼心拍数の計算は こちら )

 

心拍数計測は活動量計があると便利ですね。下矢印

 

 

 

私も活動量計は1日たりとも忘れずに身につけています!!

 

有酸素運動を頑張っているつもりでも、意外に脂肪燃焼するまで消費カロリーが稼げていない場合もあるので、こちらも一度振り返りが必要かもしれません。

 

 

■腹筋が足りない?は脂肪とはあまり関係ない

 

 

 

腹筋が足りないのと、お腹の脂肪が多いのはあまり関係がありません。

 

みなさんお腹をへこませようとして腹筋運動をしようとしますが、腹筋運動は「お腹の筋肉を大きく(肥大)する行為」なので、へこませる行為ではないんですね。

 

でも腹筋を強く硬くすることで内臓下垂やおなかポッコリは避けられますから、もちろんやらないよりやったほうがいいです!

 

が、脂肪燃焼を目的とするのならスクワットの方が優先順位は高いでしょう。

 

 

 

 

■最後は・・・食べ物を疑うべき(特に脂質)

 

最後は・・・・やはり食べているもの、になりますね。

 

糖質ではなく、脂質を厳密にチェックしたほうが良さそうです。

 

 

■ 関連記事はこちら ■

 

 

また、

 

「食べていないつもり」の「つもり」だけではダイエットになっていないこともあるので定期的に食事をレコーディングすることもおすすめです。

 

口に入れたものをすべて書き出して、その日の行動を振り返ってみましょう。

 

 

■ 関連記事はこちら ■

 

 

 

 

以上長くなりましたが、お腹周りに悩む読者様への回答を記事にさせていただきました。

こりゃ長すぎてコメント欄に書けなかったわ(笑)

 

 

 

カラダが全然変わらない、というときは

 

何かを変えなければ

カラダも変わらない

 

と思っていますので、少しでもヒントが見つかると幸いです。照れ

 

 

 

 

夏までにペタンコお腹を目指したい!という方はぜひこちらの記事もお読みください♪下矢印

 

 

 

■ こちらの記事もオススメです ■

 


お腹の脂肪で悩んでます!という声への回答

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 


 

 

 

 

 こまちプロデュース 

グリーンルイボスティー発売中

 

★商品開発記事はこちら★

★ご購入者様の声はこちら★

 

 

 

 

ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー 

 コメントの返信が遅くなる場合がございますが、誠意を持って全員の方へ返信させていただきますのでご質問・ご相談などがあれば書き込み下さいませ。

 

あなたのモチベーションが続くようお手伝いさせていただきます (*゚ー゚*)

 

なお、大変申し訳ないのですがメッセージ機能を使ってのダイエット相談は対応ができなくなってしまい現在受け付けておりませんのでコメントに入れていただけると幸いです。

ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー