両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

私は東京都中央区銀座にある両角レディースクリニックの院長です。


産婦人科専門医であり、また生殖医療専門医でもあります。


専門は不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術です。


毎日、不妊治療、体外受精、顕微授精に携わっております。


専門医の立場から生殖医療に関する正確な情報をお伝えして、出来るだけ多くの方に早く妊娠して頂けたらと思いブログを始めました。
ブログには生殖医療に関係する最近の話題を、わかりやすく書きたいと思っております。可能な限り書籍、文献に基づき記載していく予定です。


また国内外の学会や論文で発表された最新の治療等についても書いていきたいと思います。


できるだけわかりやすく説明したいと思いますが、もし難しい内容があれば気軽にコメントを頂けたらと思います。


2012年7月~中央区銀座で生殖医療専門のクリニックを開業しました。


詳細はクリニックのホームページ
を見て下さい。


個人のホームページ
も良ければ見て下さい。


ハワイダイヤモンド・ヘッドに数年間留学していたので、息抜きにハワイハワイ諸島の事も書きたいと思いますハイビスカスプルメリア


どうぞよろしくお願いいたしますニコニコ


以下はこれまで掲載した記事の主なテーマになります。


不妊ドックのすすめ
不妊のスクリーニング検査について

不妊の治療について


胚盤胞(グレード、妊娠率)

精子関連の話題

顕微授精のまとめ

体外受精のリスクについて

卵管造影検査について

凍結胚移植について

人工授精について

卵巣予備能低下症例の取り扱い

胚培養について(工夫、疑問)

子宮筋腫と不妊症

子宮内膜症について

腹腔鏡手術について

不妊治療とストレスについて

マイハワイベスト

ハワイ出産

アメンバー限定記事について


免責事項

子宮内膜にポリープができると不妊の原因になります。

また流産や着床障害の原因にもなります。

この論文ではどの様な場合に再発を繰り返すかを調べており参考になるため紹介します。

 

この表によると過去にポリープの摘出をしていると再発率が高くなることがわかります。

また単一のポリープよりも多発性のポリープの方が再発しやすいことがわかります。

 

このグラフは単一ポリープと多発ポリープの再発率の比較ですが多発の方が再発率が高いことがわかります。

 

結論

子宮内膜ポリープは多発性の場合や過去にポリープのオペをしている場合には再発するリスクが高くなることがわかります。

 

Fertil Steril. 2018 Mar;109(3):493-500

High number of endometrial polyps is a strong predictor of recurrence: findings of a prospective cohort study in reproductive-age women

クリニック近くの広島アンテナショップ
帰り道のためいつも吸い寄せられます。
汁なし坦々麺、温泉卵ダブルで食べます😊




染色体正常胚を移植しました。結果は陰性でした。

染色体正常胚でも妊娠しないのはどうしてでしょうか?

 

この様な質問がありましたのでお答えします。

 

論文によると染色体正常胚を移植しても妊娠率は6割前後との報告が多くあります。

卵子は大きな細胞なので、染色体以外にもミトコンドリアなど様々な器官があります。胚の染色体が正常でもミトコンドリアなどの細胞質に問題がある可能性があります。この様な場合には妊娠することは難しくなります。

また、PGSの手技(胚の細胞を吸引することや、繰り返して凍結融解をすること)により胚へダメージが出ていることも十分考えられます。

 

その他としては以下の要因が考えられます。

①着床の時期があっていない:これはERAにて検査をすることが可能です。

②子宮内に慢性炎症がある:CD138の検査やALICEの検査で診断が可能です。

③医師の移植がしっかりと出来ていない:これは移植の時間が短か過ぎる場合やエコーを見ないで移植を行うなどの場合には考えられます。

④子宮内膜が薄い:内膜が7ミリ以下の場合には着床率が有意に低下します。

⑤卵管に水腫がある:腹腔鏡検査で確定診断がつき同時に治療も可能です。

⑥子宮内腔に粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープがある:子宮鏡検査を行い確定診断をつけて子宮鏡でオペを行うことで完治します。

⑦移植の調整方法(自然周期 or HRT周期)があっていない:自然周期の方が合っている、HRTの方が合っているなど個人差が出る場合があります。

⑧移植後のホルモン値が適切でない:黄体機能不全などがないかホルモン検査をしてホルモン補充をすることで対応が可能です。

⑨免疫や凝固系の異常:血液中の抗体などを調べることで対応が可能です。

10 子宮の形態異常や内腔の癒着:子宮鏡検査、MRI、3Dエコーで診断をつけます。

11 腹腔内や卵管内に炎症がある:腹腔鏡で治療が可能です。

12 子宮内の乳酸菌が不足している:EMMA検査で診断をし治療を行います。

 

他にも様々な原因が有りますが主にこれらの事が考えられます。

これらを踏まえ、原因を特定し治療して結果を出す事が良いのかと思います。

採卵して5個取れました。精子の所見は良いものの不安なので顕微を希望しました。なんとか4個受精しましたが発生が良くなく一つだけ胚盤胞になったもののグレードがかなり悪いとのことでした。高齢であり卵には本当は体外が良いのではと思います。レスキューもあると聞きましたが、この結果を踏まえ今後はどれが一番良いのでしょうか?

 

このようなご質問がありましたのでお答えします。

 

多数の論文で精液所見が良い場合には体外受精の方が妊娠率が高くなることが報告されており、やはり次は体外受精が良いのかと思います。受精障害が不安な場合スプリット(1、2個は顕微)がお勧めとなります。

 

レスキューは体外受精で受精していない場合に顕微を行う方法ですが、受精させる時間が夜遅くなりそこまで受精を遅らせることの悪影響を考えるとお勧めできない方法です。

また正確な受精の判定もかなり難しく、受精しているにもかかわらず受精していないと判定し顕微を行うケースもあり得ます。

リスクをおかしレスキューを行うのであれば最初からスプリット(体外と顕微でわける)を行う方が卵子や精子のエイジングを考えると好ましくなります。

 

高齢の場合体外と顕微のどちらが優れている?

 

顕微授精は体外受精よりも出産率が低下する

 

顕微授精よりも体外受精を選ぶべき