両角 和人(生殖医療専門医)のブログ

両角 和人(生殖医療専門医)のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の生殖医療の話題や情報を、文献を元に提供します。銀座のレストランやハワイ情報も書いてます。

私は東京都中央区銀座にある両角レディースクリニックの院長です。


産婦人科専門医であり、また生殖医療専門医でもあります。


専門は不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術です。


毎日、不妊治療、体外受精、顕微授精に携わっております。


専門医の立場から生殖医療に関する正確な情報をお伝えして、出来るだけ多くの方に早く妊娠して頂けたらと思いブログを始めました。
ブログには生殖医療に関係する最近の話題を、わかりやすく書きたいと思っております。可能な限り書籍、文献に基づき記載していく予定です。


また国内外の学会や論文で発表された最新の治療等についても書いていきたいと思います。


できるだけわかりやすく説明したいと思いますが、もし難しい内容があれば気軽にコメントを頂けたらと思います。


2012年7月~中央区銀座で生殖医療専門のクリニックを開業しました。


詳細はクリニックのホームページ
を見て下さい。


個人のホームページ
も良ければ見て下さい。


ハワイダイヤモンド・ヘッドに数年間留学していたので、息抜きにハワイハワイ諸島の事も書きたいと思いますハイビスカスプルメリア


どうぞよろしくお願いいたしますニコニコ


以下はこれまで掲載した記事の主なテーマになります。


不妊ドックのすすめ
不妊のスクリーニング検査について

不妊の治療について


胚盤胞(グレード、妊娠率)

精子関連の話題

顕微授精のまとめ

体外受精のリスクについて

卵管造影検査について

凍結胚移植について

人工授精について

卵巣予備能低下症例の取り扱い

胚培養について(工夫、疑問)

子宮筋腫と不妊症

子宮内膜症について

腹腔鏡手術について

不妊治療とストレスについて

マイハワイベスト

ハワイ出産

アメンバー限定記事について


免責事項

1人目を授かり、様々な理由で2人目を断念する方から凍結胚の破棄申請書と共にお手紙をいただきます。 

 

迷って迷って破棄を選ばれた方から、破棄に際してお手紙を頂く事が今までも何度あります。

 

とても幸せなそうな家族3人の写真が同封されているお手紙を読んで、二人の気持ちが本当に良くわかり、本当に迷われた事が分かります。 

 

正直、主治医としては、移植して二人目も産んで欲しいと思う気持ちはありますが、それと同時に二人の気持ちも充分に理解できます。 

 

経済的な事、年齢、体への負担など本当に様々な事があるため、これはとても難しい事だと思います。 

 

最終的には親である二人が決めた決断が正解なのだと思います。

31歳で結婚して2年間一度も妊娠しません。夫の精子は正常でした。性交渉も排卵日に合わせてしっかりと出来ています。前の病院で卵管造影検査は右が少し狭いもののほぼ正常といわれました。

転院して担当医から腹腔鏡検査を勧められましたが、旦那は「何も異常がないのに腹腔鏡検査をする理由が理解できない」と言って反対しています。私としては妊娠しないしない原因がわかるのならば検査を受けたいと思いますが、どうしたら良いでしょうか?

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

これはよくある質問であり、旦那様の気持ちはよく理解できます。

ただ原因が無ければすでに妊娠しています。

30代前半であれば、性交渉が通常にできるのであれば1年以内に8割以上妊娠してきます

腹腔鏡検査をする理由ですが、「妊娠しないということ」が腹腔鏡検査をする最大の理由です。

 

人の生殖において卵巣から排卵した卵子が卵管に取り込まれる個所が最も弱点となります。

排卵した卵子は一度腹腔内に出てそのあと卵管へ入ります。

あえて妊娠しずらくしているのではないかとも思えます。

もしここに何らかの癒着やひきつれがあればそれだけで卵管に取り込まれる確率は激減します。

 

この弱点をクラミジアなどの感染源が攻撃して妊娠させなくしてしまします。

腹腔鏡検査をするとすぐに判明しその場で容易に、完全に治すことができます。

 

周りが妊娠していく中でどうして自分だけが、、、という気持ちが強いと思います。

旦那様はぜひオペを受けることを後押しして欲しいと思います。

オペは不安で辛いことかもしれませんが、ここは逃げずに頑張って腹腔鏡検査を受けることをお勧めします。

移植しましたた陰性でした。子宮の形がキツく移植が難しいと言われました。移植に問題があったのかとも思いますが何か対策や自分でできることがあるのでしょうか?

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

胚移植が難しい場合には色々と工夫して良い場所に移植するようにします。

前屈がきつい場合でソフトなカテーテルが入らない場合には少し固めのカテーテルに変えて、それでも入らない場合にはスタイレットを用います。

クスコの角度を変えて入る様にすることもポイントです。

事前に子宮鏡検査で確認しておくことも大切です。

またどうしても入らない場合マルチン鉗子を用いて子宮の頸部をひっぱり角度を緩やかにして移植する事もあります。

移植困難な場合には出血が増えたり、内膜に傷がついたりして妊娠率が低下する事が分かっています。

(過去の記事の移植困難例も参考にしてください)

 

移植困難例に対して、妊娠の結果に影響を与える因子に関して調べている報告がFertil & Sterilにありましたので紹介します。

 

7,714周期の移植を分析しました。

移植が容易であったものの妊娠率は38.2%

移植が困難であったものの妊娠率は27.1%

 

外筒が必要とした場合のオッズ比0.89

Wallace スタイレット使用の場合のオッズ比0.71

マルチン鉗子を使用した場合のオッズ比0.54

いずれの場合も妊娠率が低下しました。

また超音波ではっきりと確認できなかった場合にも妊娠率は低下しました。

 

結論

胚移植の際に通常と異なる追加の操作を加えることにより妊娠率が低下することがわかりました。

 

この結果から言えることとして

移植は妊娠率に直結する最も大切な過程です。

なるべくスムーズに行えた方が良い事は間違いなく、出来るだけ子宮内膜と胚へ負担をかけない手技で行う事が必要だといえます。

 

What is a difficult transfer? Analysis of 7,714 embryo transfers: the impact of maneuvers during embryo transfers on pregnancy rate and a proposal of objective assessment 

 2017 Mar;107(3):657-663

一人目は低刺激の施設で授かりました。数年たち二人目を希望して同じ低刺激の施設で治療を再開しましたが苦戦しています。年齢が上がると治療方法も変える方が良いのでしょうか。自分としては同じ方法では難しいのではと思います。

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

若い時は刺激をしないでも良い卵子が取れる可能性が高いので自然周期や低刺激でも妊娠しますが年齢が上がると卵子の質が低下するために量が必要になります。

これは全員に共通する避けられない事実です。

ただそうであれば刺激をして取れる数を増やすことでこの問題は乗り越えられます。

当然ながら諦める必要はありませんし二人目の方は可能性が高くなります。

刺激方法は色々なバリエーションがあります。これらの武器を上手に使い年齢というハンデを乗り越えれば良いだけです。

 

きんつばが特に好きで色々なお店のきんつばを食べていますが

一押しはやはり鈴懸のきんつばです。

甘さ控えめで小豆がとても美味しいです。

鈴懸の粒あんは鈴懸の理念を感じます。

「いつもは引き算、ときどき足し算」

 

以下HPから

じっくりと丹念に薄皮生地を

焼き上げた、あっさりとした金鍔です。

小豆、ひと粒ひと粒の食感を

お楽しみください。

今日は新橋で用事があり銀座から中央通りを一駅歩きました。

銀座はビルの建て替えがあちこちで行われており

また新しいお店やブランドやレストランも増えている事を実感します。

並木通りで空也の最中を買おうかと寄ってみたらかなり行列しており断念しました。あんこラバーとしてはここの最中は外せないので次回は予約をしていこうかと思います。

 

そして何より外国の方がとても多くいました。

中国の方も多いですが、欧米の方がとても多くいて、ラーメン店やそばのお店で並んでおり驚きました。やはり日本食は人気の様です。

免税店もかなり盛況のようで数年前が嘘の様です。

 

ブログを始めて13年になりました。

 

大勢の方に読んで頂きとても感謝しております。

 

最新の論文を元に医学的根拠を示しながら、これからも生殖医療の発展のために少しでも役に立てる知識を記事にしていきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。