両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

私は東京都中央区銀座にある両角レディースクリニックの院長です。


産婦人科専門医であり、また生殖医療専門医でもあります。


専門は不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術です。


毎日、不妊治療、体外受精、顕微授精に携わっております。


専門医の立場から生殖医療に関する正確な情報をお伝えして、出来るだけ多くの方に早く妊娠して頂けたらと思いブログを始めました。
ブログには生殖医療に関係する最近の話題を、わかりやすく書きたいと思っております。可能な限り書籍、文献に基づき記載していく予定です。


また国内外の学会や論文で発表された最新の治療等についても書いていきたいと思います。


できるだけわかりやすく説明したいと思いますが、もし難しい内容があれば気軽にコメントを頂けたらと思います。


2012年7月~中央区銀座で生殖医療専門のクリニックを開業しました。


詳細はクリニックのホームページ
を見て下さい。


個人のホームページ
も良ければ見て下さい。


ハワイダイヤモンド・ヘッドに数年間留学していたので、息抜きにハワイハワイ諸島の事も書きたいと思いますハイビスカスプルメリア


どうぞよろしくお願いいたしますニコニコ


以下はこれまで掲載した記事の主なテーマになります。


不妊ドックのすすめ
不妊のスクリーニング検査について

不妊の治療について


胚盤胞(グレード、妊娠率)

精子関連の話題

顕微授精のまとめ

体外受精のリスクについて

卵管造影検査について

凍結胚移植について

人工授精について

卵巣予備能低下症例の取り扱い

胚培養について(工夫、疑問)

子宮筋腫と不妊症

子宮内膜症について

腹腔鏡手術について

不妊治療とストレスについて

マイハワイベスト

ハワイ出産

アメンバー限定記事について


免責事項

NEW !
テーマ:

35歳です。移植を何回も繰り返していますが全く着床しません。胚盤胞のグレードはかなり良いです。4AAや4ABなどばかりです。このまま移植を繰り返しても妊娠する気がしません。担当医は移植を繰り返すことが一番妊娠しやすい方法だからというだけです。何か別の検査などあるのでしょうか?自分としては時々下腹部も痛くなり、小さいながらもチョコレート嚢腫があると言われていいてこれが何か関係しているのではと不安です。

 

このようなご質問がありましたのでお答えします。

 

体外受精はかなり強力な治療方法で、受精した良好な胚を子宮内に移植するため、今ある技術で一番妊娠しやすいことは言うまでもありません。

ただ体外受精がしていることはあくまで卵子と精子を受精させること、そして良好胚まで培養してそれを移植しているにすぎません。

受け手側に着床を妨げる原因があれば、いくら良い胚を移植しても妊娠はしません。

 

生児を出産するためには、

①染色体が正常な胚を子宮内に正確に移植し、

②子宮内膜に胚の受容能があり、子宮が胚と同期し、

③子宮が生理的、解剖的に適切であり、

④血液中に着床を阻害する因子がないこと、

これらが条件となります。

 

つまり体外受精だけで押し通すことは無理があり、受け手側の詳細な検査が必要になります。

具体的には以下の検査があります。

①子宮の形態の詳細な検査(子宮鏡や3Dエコー)

②血液中の着床を阻害する因子がないかの検査(採血による様々な抗体検査)

③腹腔内に着床を阻害する病因がないかの検査(腹腔鏡検査)

④着床の窓があっているかの検査(ERA検査)

⑤子宮内に炎症が起きていないかの検査(慢性子宮内膜炎検査)

 

これらの検査を行う優先順位ですが、今までの検査結果をもとに本人の希望も確認しながら進めていくことが良いかと思います。


テーマ:

先ほど採卵後5日目の午後のため培養室に電話して凍結確認をしましたがまだ胚盤胞になっていないとのことで引き続き培養しますとのことでした。本来は5日目に胚盤胞になるとのことで胚盤胞の成長が遅くて不安です。どのように考えたらよいでしょうか?

 

このようなご質問がありましたのでお答えします。

 

培養室への電話はとても緊張することで、結果が思わしくない場合にはとてもストレスを感じると思います。

5日目で胚盤胞になる胚は大体8割程度で残りの2割は6日目で胚盤胞になります。さらに7日目の胚盤胞でも妊娠例が報告されており胚盤胞の成長には胚個々により異なることがわかっています。

 

胚盤胞の日にちにより妊娠率が変わることが報告されています。

詳細は以下の記事を参考にしてください。

6日目胚盤胞の凍結胚移植

 

6日目胚盤胞

 

4日目、6日目胚盤胞

 

6日目移植は5日目移植より不利

 

胚盤胞は妊娠しやすい順番に移植をすべきですがその判断はこちらの記事を参考にしてください。

胚盤胞が複数個ある場合の移植する順番 

胚盤胞の直径とグレードどちらを優先すべきか? 

最初の分割が大切 

胚盤胞になれば良いというものではない


テーマ:

以下今朝の毎日新聞からの記事です。

 

男性不妊の一因の無精子症の患者から精子の前段階の「円形精子細胞」を取り出し、顕微授精によって誕生した子の発達を2年間追った調査結果を、セントマザー産婦人科医院(北九州市)の田中温院長らの研究チームが米生殖医学会誌に報告した。2歳時点では「自然妊娠で生まれた子どもと比べ、身体や認知機能の発達に大差はなかった」としている。

 円形精子細胞は精子のもとになる精祖(せいそ)細胞が2回、減数分裂してでき、精子を作る機能が失われても精巣内に存在する。同院は他の細胞と判別が難しい円形精子細胞を効率的に見分ける手法を開発。2011年9月~14年12月、精子ができない非閉塞(へいそく)性無精子症の男性721人からこの細胞を取り出し、顕微授精で誕生した90人の子と、別の病院で自然妊娠で生まれた子1818人のデータを比較した。

 その結果、1歳半までの男児では体重が自然妊娠の子より軽い傾向があったが、2歳時点では大きな差はなかった。90人に染色体異常はなかったが、3人(3.3%)に口唇裂(こうしんれつ)やさい帯ヘルニアなどの先天異常を確認、手術などで治療した。日本産科婦人科学会によると、16年に国内で体外受精などで誕生した子5万4110人のうち先天異常の割合は2.4%。

 ただ、発達障害など更に成長しなければ分からない問題もあり、田中院長は「成人になるまで追跡調査を続けたい」と話している。

 この細胞を使う方法は1990年代に海外で実施されたが、成功率が低く子どもへの影響も不明で、実施の報告例がほぼなくなった。関係学会は「臨床応用は時期尚早」との見解だが、同医院が11年から臨床研究として実施、今年までに160人が誕生している。【千葉紀和】

 【ことば】無精子症

 精液中に精子がない男性の病気。患者は男性の100人に1人とされる。そもそも精子ができない「非閉塞性」が全体の8割、残りは、精子は正常に作られるが精子の通り道の精管が塞がっている「閉塞性」だ。非閉塞性は、遺伝的要因のほか、薬や病気による精巣障害で起きることもある。妊娠には第三者からの精子提供に頼ることも多い。


テーマ:

卵管水腫に関して「原因は何があるのでしょうか、またFTでも治せるのでしょうか?」という質問がありましたのでお答えします。

 

いくつかの原因があります。

一番多いのはクラミジア感染症による卵管周囲癒着から卵管采が閉塞し内腔に液体が貯留することです。内腔に溜まっている感染性の液体が子宮内腔に流れ込み、どんなに良い胚盤胞を移植しても着床することが不可能になります。

 

もう一つの原因は子宮内膜症があります。卵管と卵巣に癒着が生じ卵管の先端も巻き込みます。ただ子宮内膜症はそこまで卵管の閉塞は起こさないため先ほどのクラミジア感染症ほどではありません。

 

また先天的な卵管の奇形も珍しいもののあります。腹腔鏡検査をしてみるとある程度の割合で卵管の発生の異常が見つかります。その度に驚かされますが、例えば片方の卵管だけ卵管の先端が閉じているものがあります。これは後天的なものではなく先天的なもので、それにより卵管水腫が起きてきます。その他の異常としては卵管が極端に長いとか短いとか、卵巣と離れているケース、卵管の先端の欠損など様々な異常が見て取れます。

 

卵管のオペというとFTが有名で、FTは効果的なケースもありますが、FTはあくまで子宮に近いサイドの卵管の狭窄を解除するためのもので、子宮から遠く離れた卵管の出口周辺に出来る卵管水腫はFTでは全く解決できません。

あくまで腹腔鏡手術で経腹的なアプローチにより閉じている卵管の先端を切開し解放することでしか完治できません。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス