両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

私は東京都中央区銀座にある両角レディースクリニックの院長です。


産婦人科専門医であり、また生殖医療専門医でもあります。


専門は不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術です。


毎日、不妊治療、体外受精、顕微授精に携わっております。


専門医の立場から生殖医療に関する正確な情報をお伝えして、出来るだけ多くの方に早く妊娠して頂けたらと思いブログを始めました。
ブログには生殖医療に関係する最近の話題を、わかりやすく書きたいと思っております。可能な限り書籍、文献に基づき記載していく予定です。


また国内外の学会や論文で発表された最新の治療等についても書いていきたいと思います。


できるだけわかりやすく説明したいと思いますが、もし難しい内容があれば気軽にコメントを頂けたらと思います。


2012年7月~中央区銀座で生殖医療専門のクリニックを開業しました。


詳細はクリニックのホームページ
を見て下さい。


個人のホームページ
も良ければ見て下さい。


ハワイダイヤモンド・ヘッドに数年間留学していたので、息抜きにハワイハワイ諸島の事も書きたいと思いますハイビスカスプルメリア


どうぞよろしくお願いいたしますニコニコ


以下はこれまで掲載した記事の主なテーマになります。


不妊ドックのすすめ
不妊のスクリーニング検査について

不妊の治療について


胚盤胞(グレード、妊娠率)

精子関連の話題

顕微授精のまとめ

体外受精のリスクについて

卵管造影検査について

凍結胚移植について

人工授精について

卵巣予備能低下症例の取り扱い

胚培養について(工夫、疑問)

子宮筋腫と不妊症

子宮内膜症について

腹腔鏡手術について

不妊治療とストレスについて

マイハワイベスト

ハワイ出産

アメンバー限定記事について


免責事項

胚盤胞にならずにこの1年間一度も移植まで至りません。一度も移植せずに治療を終えるとなると正直何のために治療を受けているのか疑問さえ持ちます。本当に胚盤胞しか妊娠しないのでしょうか?

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

単一胚盤胞移植ですが、高い妊娠率を誇る胚盤胞を移植する事は理想でありこれができる方は是非行うべきであり「正に王道の治療方法」です。

問題は体外環境で胚盤胞にならないケースです。

 

多くの方は培養庫の性能や培養液は完璧であると思っているかもしれませんが実際にはまだ発展途上であり完璧な状態ではありません。

極力母体の環境に近づけていることをしています。

まだまだ手探りな箇所は多く、今後改善される箇所は多くあります。

現在世界中の多くの企業やクリニックがより良い培養環境を目指して日々検討を重ねています。

 

ここを踏まえどの様に考えていくかですが、引き算をさせない培養方法を目指すべきとなります。

体外で胚盤胞にならない場合には「2日目や3日目の段階での初期胚移植をすべき」です。

母体の中が一番胚にとっては自然で快適であり、母体にかなう培養環境はありません。

胚と母体のやりとりもあると考えられており、この様な事は培養庫には到底無理であり、今後いかなる培養庫が出来たとしても不可能な事です。

 

もちろん現在の培養庫や培養液で問題なく健康な子供が多く生まれており培養環境に大きな問題が有るという事ではありません。

若い方は胚の力があるため多少の差があったとしても物ともせず乗り越えていくことが可能のためこれらの事は当てはまらなくなります。

 

高齢になりわずかな差が胚にとって良くないと思われる場合には初期胚の移植に切り替える事が好ましい治療方法となります。

先日とても長く治療していた方から、無事産まれましたの分娩報告書が届きました。

 

すぐに週数と体重を確認しましたが、しっかりと育ってから生まれたとのこと。それを見て安心しました。

 

何度も辛い思いをし、大変苦戦した方だったので、思いがよみがえり、とても嬉しく思いました。

遠方の方でお話を聞いてみたい、セカンドオピニオンを聞いてみたいという方

こちらからお申し込みください。

 

 

 

また海外にお住まいの方で帰国後に日本での治療をお考えの方や日本の医師の意見も聞いてみたいという方のためにオンライン診療を行っております。

【海外からオンライン診療を希望される方へ】

海外よりご希望の場合には大変お手数をおかけいたしますが、別のツールをご案内させていただきますので、

下記5つの情報をご記入いただき、事前にメール(info@morozumi-lc.com)をお送りください。

 

ーーーーー

○お名前

○生年月日

○患者様ID(お持ちの場合)

○所在国・地域

○診療希望内容

ーーーーー

メール確認後日程、オンライン診療へのアクセスURLをお送りさせていただきます。

 

二人目の方はやはり妊娠する可能性が高くなります。

一人生んでいるという事は全てが問題ないからできることであり

診療をしていると本当にこの二人目の方のパワーを実感します。

 

一人目から数年年齢が上がっているとしても、また採卵して本当に良い胚盤胞ができます。

そして一人目のように順調に結果を出していきます。

 

お子さんがいると精神的に安定することも成功につながる要因です。

そしてご主人が協力的だからこそ二人目を希望されるためここも大きい所です。

そして妊娠や授乳で卵巣が休んでいたことも好ましいことです。

 

二人目の方には是非自信を持って治療を受けて欲しいと思います。

ハワイにいた際に魚の研究をさせられました。

産婦人科医として生殖医療の研究をしたくてハワイに留学したのに

魚の研究所に行き水浸しになりながら魚を捕まえたり

魚の卵子を培養したり(イクラも顕微授精しました)

時には日本まで帰り東大の海洋研究所で共同研究をしたこともありました。

指導された柳町教授にどうして魚なのかと何度も話をしました。

教授曰く、魚は全ての生物の研究の基本であり体外受精はここから始まった。

そして基本的にはほとんど同じことをしていると。

いろいろな魚の論文を読みそれが事実だとわかり感動しました。

今の受精や培養などは魚から始まりそれをマウスで研究を重ね、牛やぶたなどの家畜で商業化しそして人に至ります。

ハワイでは牛や豚の精子も多数扱いましたが基本的は人と同じです。