卵巣予備能低下症例の取り扱い

テーマ:

卵巣予備能の低下症例(Low responder)


定義

このpoor responder、low responderの定義としては様々なものがあります。早発閉経が近付いている状態ともとらえられますが、簡単に言うと、「体外受精の治療において卵巣刺激を行っても十分な数の卵子が得られない事」と理解して良いと思われます。


原因

①高年齢という生理的なもの

②卵巣への手術の既往といった医原性のもの

③子宮内膜症や骨盤腹膜炎

などがありますが、その多くは原因不明と言われています。


治療法

治療法は今まで書いた記事を参照して下さい。


卵巣予備能低下者への治療法


卵巣刺激前のエストロゲン補充


成長ホルモンを使用する


DHEAを使用する


メラトニンによる卵の質の改善


不妊症とレーザー治療 - LLLT



AD

コメント(7)