離島でビールを飲みたい!
  • 30Jul
    • 佐渡島初のマイクロブルワリーがまもなく誕生します!の画像

      佐渡島初のマイクロブルワリーがまもなく誕生します!

      離島ファン&ビールファンの皆さま!ついに佐渡島にブルワリーが誕生しますよ!!佐渡島初のマイクロブルワリー「t0ki brewery(トキブルワリー)」が、開業に向けて準備中です。現在、クラウドファンディングで支援を募集しています。さまざまな支援メニューや返礼品が用意されているので要チェックですよ↓佐渡初のマイクロブルワリーでクラフトビールを造ります!新潟県の佐渡島でとにかく美味しいクラフトビールを造りたい!朱鷺と暮らす離島、佐渡の土地や名産を活かし、ホップから自家栽培することで佐渡の魅力を伝え、売上の5%を朱鷺を保護する活動の支援へ寄付します。佐渡の自然や朱鷺、あなたや仲間の時間もすべてのトキを幸せにするクラフトビールを造りたいです!camp-fire.jp観光も美食も盛りだくさんの佐渡島に唯一足りていなかったもの、それはクラフトビールです!(離島びーる倶楽部調べ)t0ki breweryの誕生で、ただでさえ魅力的な佐渡島がもっともっと楽しくなることでしょう!ワクワクしますね!みんなで応援しましょう!離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 16Jul
    • 『島へ。』8月号で離島ビールが特集されています!の画像

      『島へ。』8月号で離島ビールが特集されています!

      離島ファンの皆さま!『島へ。』8月号は、もうお買い上げ済みですか?『島へ。』8月号には離島ビールの特集記事が載っているので、必ず買って読んでください!!畏れ多いことに、僕も写真付きでご紹介いただきました!『島へ。』様でご紹介いただけるとは、離島ファンとしてこれほど名誉なことはありません。誠にありがとうございます(^^)ちなみに僕に関するエピソードで、八丈島の牛乳でビールを…のくだりは完全に脳内妄想ですので、八丈島の皆さま深く突っ込まないでください。笑約4年前に「八丈島ミルクビア」を妄想していたブログはこちらです↓『ミルクビールの夢』有楽町ビックカメラのビールフェアで購入したビールの試飲の続きです。2本目に続き、3本目もスコットランドのBREWDOGのビールを飲みます。名前は「ジェット・…ameblo.jp『島へ。』8月号の中では、この特集以外にも、離島ビールが複数のページで紹介されています。なんと読者プレゼントまでも離島ビールです!皆さん、読んで応募しましょう!!!日本で唯一の島マガジン『島へ。』の詳細や注文はこちら↓日本で唯一の島マガジン『島へ。』公式サイト日本で唯一の島マガジン『島へ。』あたたかな気持ちになりたかったら島へ行こう。www.kaifusha.com離島ビール、ますますアツくなってきましたね~!でも、離島ビールのポテンシャルは無限大!もっともっと楽しくなりますよ!全国の島で、それぞれの乾杯を!離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 12Jul
    • 小笠原諸島・父島のクラフトビールを飲む!(PAPA’S BREWING COMPANY)の画像

      小笠原諸島・父島のクラフトビールを飲む!(PAPA’S BREWING COMPANY)

      こんにちは、しま彦です!いきなりですが、ビール自慢をさせてください!!小笠原諸島・父島「PAPA’S BREWING COMPANY」さんのBONIN CRAFT(ボニンクラフト)シリーズです!まだ島内でしか販売されていないのですが、PAPA’S様のご厚意により、特別に試供品を送っていただきました!(ありがとうございます!!!)なんてったって父島ですからね!東京から船で24時間かかる、あの父島ですよ!本来は現地でなきゃ飲めない離島ビールが手に入ったのですから、少しくらい自慢しても許されるでしょう!(^^)自宅でじっくりと堪能させていただきました!取り急ぎレポートします↓目次・PAPA’S BREWING COMPANYとは?・1本目「ファーストエール ボニンアイランドスタイル」・2本目「アンバーエール」・3本目「ハイビスカスエール」・4本目「紺碧と島レモン」・まとめPAPA’S BREWING COMPANYとは?離島ファンなら誰もが憧れる世界自然遺産の島、小笠原諸島の父島。この島に、2020年夏、待望のブルワリー「PAPA’S BREWING COMPANY(パパスブリューイングカンパニー)」が誕生しました。Googleマップをズームアウトしてもらえば分かりますが、父島は半端なく遠い島です。行政区分は東京都だけど、都心からの距離は約1000km!しかも空路が無いから船で片道24時間かかる!(しかも6日に1便だけ!)そんな父島で醸されるビールは、まさに離島ビールの中の離島ビールなのです。早くも島内で大人気になっているとの噂ですが、広大な太平洋に隔たれ、詳細は謎でした(^^)いったいどんなビールなんでしょうか??早速いただきたいと思います!「ファーストエール ボニンアイランドスタイル」1本目は「ファーストエール ボニンアイランドスタイル」をいただきます!ペールエールをベースに、小笠原諸島の名産のパッションフルーツを使用したビールです。パッションフルーツの甘いアロマが香ります。ほんのり麦の甘みを感じる優し~い飲み口。と!思いきや、後からやってくる苦みと香ばしさ!!!ザザーッ!と押し寄せる太平洋の力強い波のよう!苦味と香ばしさに慣れると、だんだんパッションフルーツ由来の酸味が感じられます!小笠原らしさ満点のビールです!父島のウェルカムドリンクはこれに決まりですね!※写真は小笠原産のパッションフルーツです。香りも甘みも素晴らしい!!!「アンバーエール」2本目は「アンバーエール」をいただきます!アンバー色(琥珀色)に輝く液体に、美味しそうな白い泡!甘く爽やかな柑橘系のホップが香ります。しっかり炭酸!麦の香ばしさ!ホップの苦み!甘みもあるけど、炭酸&香ばしさ&苦みのおかげで引き締まった印象です。飲み進むにつれて、モカコーヒーのような爽やかな酸味も感じられます。とにかくバランスが秀逸で、非常に飲みやすいアンバーエールです!小笠原の太陽の下で飲んだら最高でしょうね!!「ハイビスカスエール」3本目は、島の食用ハイビスカス(ローゼル)を使用した「ハイビスカスエール」をいただきます!ちなみにローゼルとはこんな植物です。赤く見えるのは萼(がく)と苞(ほう)の部分で、ここが食用になります。クエン酸を豊富に含み、爽やかな酸味が特徴です。健康にもよさそう!本当に美しい赤色ですね。飲む前からテンションが上がります!まるでイチゴジャムのように甘美なアロマ!!!見た目に反して味は甘くなく、爽やかな酸味でスッキリ&サッパリ!苦味が抑えめで、アルコールも低めなので、ビール苦手な方も美味しく飲めるのでは?とにかく見た目と香りが華やかで南国リゾート気分が盛り上がります!いますぐ小笠原のビーチで飲みたい~!!!「紺碧と島レモン」ラスト4本目は、父島のお隣、母島で採れた島レモンをふんだんに使用した「紺碧と島レモン」をいただきます!仕込みの様子はこちら。小笠原の島レモンと言えば果皮が緑色のイメージですね。(マイヤーレモン系なので、緑色でも甘みがあるそうですよ。)淡色に透き通ったきれいなビールです。いただきます!!!島レモン由来の甘いアロマが漂ってきます!レモンの爽やかな酸味を感じつつ、サラサラと飲めます。ほどよく苦みも効いて心地いい!!単品で飲んでもいいけど、食事と一緒に飲んだら相性がよさそうなビールです。揚げ物とか、レモンを絞る代わりにこのビールを合わせたら間違いなく合うでしょうね!父島の高台から紺碧の海を見晴らすかように、すがすがしい気分になれるビールでした!まとめ4本とも小笠原らしさ満載のビールばかりで堪能しました!全般的にアルコール度数が低めで、ゴクゴク飲めるのも個人的に嬉しいポイントです!PAPA’S BREWING COMPANYの最新情報は公式Instagramをご覧ください。父島も東京都ですから、緊急事態宣言の影響を受けています。。営業情報を必ず確認してから訪問しましょう。 この投稿をInstagramで見る パパスブリューイングカンパニー(@papasbrewing.co)がシェアした投稿ちなみに島内には系列の宿泊施設やダイビングショップもあるそうです。父島を訪れる際は要チェックです!おかげさまで、自宅に居ながら小笠原気分が味わえて、とても幸せになれました!「PAPA’S BREWING COMPANY」の星野さん、この度はありがとうございました!現地にも必ず飲みに行きますので、その時はよろしくお願いします!!補足情報 2021年7月12日現在、瓶詰めや輸送時の品質確認中のため、島外販売には対応していないそうなのでご注意ください。 僕がいつもSNSにアップしているビールは、基本的に正規価格で購入したビールです。各島のブルワリーとの利害関係はなく、宣伝等は一切請け負っていません。一人のファンとして飲み、楽しんでいるだけです。(今回は正式販売前の試供品とのことで有難く頂戴しましたが、正式に販売開始された際にはファンとして速攻購入させていただくつもりです!) 当記事で使用した写真は、瓶ビールの写真は僕が自宅で撮影しました。それ以外の写真はPAPA’S様のSNS等から拝借させていただきました。離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 04Jul
    • 「注目トピックス」の掲載方針についての画像

      「注目トピックス」の掲載方針について

      離島びーる倶楽部では「全国離島びーるMAP」を随時更新中です↓全国離島びーるMAP次はどの島で乾杯する?下記マップは、現時点で離島びーる倶楽部が把握している範囲で、離島のクラフトビール製造元または販売元をマッピングしたものです。(最終更新日:2021年6月22日)追加情報・修正事項があればこちらからお寄せください。マップislandbeer.netあらためて掲載島数を数えてみたら、なんと20島を超えていました!まだ掲載できていない島や、醸造所の立ち上げ準備中の島もあるので、これからもっと増えていく見込みです。全島制覇への道のりがどんどん険しくなっていますが、険しければ険しいほどファンの心は燃えるというものです(^^)必ず全部の島に飲みに行くぞ!!僕の日課は、全島のブルワリーさんの公式SNSをチェックすることでして、その中から特にニュース性の高い情報をピックアップし、「新着情報」としてご紹介してきました。振り返れば掲載記事数は200件を超えており、3日に1件のペースで更新していた計算になります。しかしニュース性を求めると、どうしても新商品発売の話題に偏りがちになり、相対的に、ずっと変わらずに愛されている定番ビールや日常的な地域密着型の取り組みの話題などが、あまりご紹介できていなかったように思います。そこで今後は、「新着情報」というコーナー名を「注目トピックス」へと改め、ニュースだけでなく、各島のブルワリーさんの日々の取り組みもご紹介していきたいと考えております。どんな情報をご紹介したいのかというと、例えば、宮古島マイクロブルワリー(沖縄県・宮古島)さんの公式ブログでは、今年仕入れたパッションフルーツのことが掲載されています↓今年のパッションフルーツよーやく梅雨が明けました~@沖縄 沖縄が梅雨明けしたってコトは 梅雨前線が北上してるってコ...mmb.ti-da.net見るからに美味しそうなパッションフルーツ!これを贅沢に使う「パッションフルーツエール」は、多くのファンに愛される宮古島の定番ビールなのでぜひ飲んでみてください!!こんな感じで、これまで同様、1次情報(各島の公式SNS等)に基づき、旬な島の情報をお届けしたいと思います。もちろん新商品情報も取り扱いますが、島数が多くなってきたので、物理的に全部はご紹介できないかもしれませんm(__)m僕が見逃している重要トピックがあれば、ぜひ情報提供をお願いします!これからも、全国の離島のビールを追っかけていきますよ~。全国の島で、それぞれの乾杯を!離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 26Jun
    • 離島百貨店に、離島のクラフトビール揃ってます!(離島キッチン日本橋店)の画像

      離島百貨店に、離島のクラフトビール揃ってます!(離島キッチン日本橋店)

      土曜日の昼下がり、東京・日本橋室町にやってきました。目的地は離島百貨店(離島キッチン日本橋店)です!離島百貨店(離島キッチン日本橋店)は、全国416の離島をつなぐ「島のアンテナショップ」です。(運営者:一般社団法人離島百貨店)離島百貨店 | 離島キッチン島根県海士町の食材を中心に、全国の島々の料理が楽しめる飲食店です。島の食事とともに、その背景にある「文化」「歴史」「物語」も一緒に楽しめるお店を目指しています。ritokitchen.com僕のお目当ては…当然ビールです!(^^)さすが離島百貨店さん!離島ビールが充実しています!並んでいる順番にご紹介していきたいと思います。まめまめびーる醸造所(香川県・小豆島)からは、「しろまめまめ」「くろまめまめ」「きんまめまめ」の3本!あらためて見るとラベルがお洒落ですね!六島浜醸造所(岡山県・六島)からは、「六島ドラム缶会議」と「北木島オイスタースタウト」の2本!あのドラム缶会議が日本橋で手に入るとは!!奄美はなはなエール(鹿児島県・奄美大島)からは、AMAMI GARDENシリーズの「パッションウィートエール」と「たんかんペールエール」の2本!よく見ると、このパッションウィートエールは、通常品より果汁を2倍以上増やした限定品「パッションリッチエール」ではありませんか!公式オンラインショップではもう売り切れてるみたいですが、離島百貨店なら手に入ります!あわぢびーる(兵庫県・淡路島)からは、「島レモン」と「淡路米仕込みピルスナー」の2本!どちらも安定の美味しさですよね!そして最後は、島の人麦酒(北海道・礼文島)!!!なんとなんと!日本最北端の礼文島のビールがあったとは!さすが離島百貨店!新しい発見があって面白い!!もちろん即購入!自宅でじっくり堪能させていただきました。このビールについては後日、別の記事で詳しく書きます!ちなみに、お店の奥にある冷蔵庫には、離島ビールが沢山ストックされていました。大切に冷蔵保管されているので品質も信頼できますね!今回はビール中心のご紹介でしたが、離島百貨店には全国の離島から選りすぐりの産品が集められています。眺めているだけで島々を旅しているような気分になれます!また、このお店は離島キッチン日本橋店でもあるので、本格的な島料理が店内で食べられます。ドリンクメニューも全て島らしい飲み物で統一されています。この他にも、島の食材を使ったメニューや加工食品を有志で開発する「離島ラボ」や、島に興味を持つ人同士でワークショップや交流会を開ける「離島サロン」なども併設されています。この場所は、単にモノを売るだけのアンテナショップではなく、島と島、島と都会を繋ぐ拠点なんですね。離島百貨店、とても楽しくて充実した場所でした!ついつい買い込み過ぎて予算オーバーです…(^^)離島ファンの方で、まだ行ったことのない方は絶対行ってみてください!<参考情報>これからの夏場、クラフトビールを持ち帰る際は、コンビニで買える冷凍ペットボトルが便利ですよ。長時間の持ち運びでも余裕で保冷してくれます!※クラフトビールは熱に弱いので、持ち運ぶ際は必ず保冷することをお勧めします。離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 13Jun
    • 江の島ビール飲み比べの旅!の画像

      江の島ビール飲み比べの旅!

      江の島にはビールがあるらしい。しかも「江の島ビール」と名の付くビールが複数存在する…?そんな噂を検証すべく、江の島(神奈川県藤沢市)を日帰り現地調査してきました!題して、江の島ビール飲み比べの旅!最後に大切なことを書いたので、最後までお読みいただければ幸いです(^^)目次・江の島って離島なの?・まずは湘南ビール「江ノ島ビール」から!・しらす問屋とびっちょで「生しらす丼」を堪能!「しらすビール」も!?・シェアNo.1?鎌倉ビール「江の島ビール」を飲む!・離島感を味わうなら島の西側がおすすめ!・締めの一杯は新潟麦酒「江の島ビール」で!・調査結果まとめ※訪問時、江の島を含む神奈川県全域には、まん延防止等重点措置が発令中だったため、飲食店では酒類の提供はしていませんでした。今回飲んだビールは全てお土産用として購入したものを、周囲に人が少ない広場等へ移動して飲んだものです。江の島って離島なの?2021年6月某日。江ノ電に乗って江ノ島駅にやってきました。江の島は、関東圏に住む人々にとっては最も身近な離島でしょう。橋で繋がってるので離島っぽく感じないかもしれませんが、国土交通省による離島の定義に照らしても、江の島は離島です!僕は東京在住ですが、実は今回が初訪問です。いつでも行けると思って、行っていなかった離島。江の島へ、いざ上陸!まずは湘南ビール「江ノ島ビール」から!上陸して、まず目に入ってくるのは趣のある青銅の鳥居。この先は日本三大弁財天・江島神社へと続く参道となっています。お参りの前に、まずはビールで身を清めたいものです。鳥居をくぐらずに、海岸線沿いに左に進むと、湘南ビールののぼり旗を発見!湘南ビールの「江ノ島ビール」を発見しました!早速飲みましょう!海が見える公園の芝生に座って乾杯!麦の甘さと香ばしさ!江の島の陽射しを浴びながら飲むのに最高のビールです!このあと紹介する2銘柄と比べて、たぶん、島内では一番レアな銘柄だと思います。取り扱っている店が少ないので、見かけたら迷わず飲むことをお勧めします!しらす問屋とびっちょで「生しらす丼」を堪能!「しらすビール」も!?今回の旅の目的は、ビールの他にもう一つあります。それは、江の島名物・生しらす丼を食べることです。島内には生しらす丼を提供する飲食店が多数あり、その中でも人気なのが「しらす問屋 とびっちょ」さんです。平日にも関わらず行列しています。さすがの人気店!そして僕的に大注目はコレ!とびっちょオリジナル「しらすビール」!!まん防だから店内では飲めないかと思っていたら、なんとノンアルコールタイプがありました!原材料は「大麦、麦芽、ホップ、しらすエキス」。ノンアルコールでもコクがあって飲みごたえがあります!ちなみに生臭みはありません。しらすエキスが酵母のエサになって発酵を助けてくれるから、このコクが生まれるんじゃないでしょうか。(予想)当然、生しらす丼との相性も抜群!!!生しらす丼、初めて食べましたが、これは美味い!!!季節限定で、漁の具合次第では食べられない日もある、貴重なご当地グルメです。現地で出会えたら必ず食べてみてください!シェアNo.1?鎌倉ビール「江の島ビール」を飲む!お腹も満たされたので、「江の島ビール」を探す旅を再開します!探すまでもなく、島内の随所で見かけるのが、亀のラベルの「江の島ビール」です。これは鎌倉ビールの「江の島ビール」!うっとりするくらい良い香り!甘めだけど後味スッキリ!日に焼けて疲れた身体に染み入ります!現地を巡った感覚では、この鎌倉ビールの「江の島ビール」が、島内で一番取り扱い店が多かったです。江の島の旅のお伴に欠かせないビールです!離島感を味わうなら島の西側がおすすめ!江の島といえば神社の島。階段を登り、いくつものお社にお参りしながら、島の頂上を目指します。島の中央には、江の島シーキャンドル(展望灯台)が建っています。シーキャンドルからの眺めは抜群!時代によって、江の島と本土との繋がり方は変化してきました。地続きだった時代もあれば、完全に海で隔てられていた時代もあったようです。江戸時代には砂嘴を伝って干潮時には歩いて渡れたそうですよ。明治時代に初めて橋が架けられ、昭和37年には車道の江の島大橋が完成し、現代ではとてもアクセスしやすい離島になりました。シーキャンドルを降りて、島の西側に向けて歩いて行きます。途中、起伏の激しい地形がみられ、ここが自然に囲まれた離島だということが実感できます。締めの一杯は新潟麦酒「江の島ビール」で!島の西側に向かう途中に、趣きのある商店が立ち並ぶ通りがありました。ここでも新たな「江の島ビール」を発見!新潟麦酒の「江の島ビール」です!江の島の最西端・稚児ヶ淵まで持って行って、締めの乾杯!海岸線に沈み行く夕陽を眺めながら、しみじみ飲むのにピッタリなビールでした!ちなみに、新潟麦酒の「江の島ビール」は、しらす問屋 とびっちょでも販売されています。新潟麦酒は、とびっちょオリジナルの「しらすビール」や「塩ビール」の製造元でもあるので、関係が深いんでしょうね。ぜひ現地でお試しください!調査結果まとめ現地調査の結果、「江の島ビール」または「江ノ島ビール」という名前のビールは3種類ありました!(他にもあったら教えてください)非常に美味しく、楽しい旅だったのですが、一つ気になった点があります。それは、瓶ビールを常温で販売しているお店が少なくなかったという事実。クラフトビールは瓶内に酵母が残っている「生き物」なので、常温保存したらとたんに不味くなってしまいます。どのブルワリーさんも美味しいビールを作るのに心血を注いでいるので、美味しいまま飲みたいですよね。持ち帰る際に結露しないようにとのお店側の思いやりかもしれませんが、クラフトビールは絶対に要冷蔵でお願いします!江の島×ビール、最高の休日でした!江の島にはここに書ききれない見所が沢山あります!皆さんもビール片手に巡ってみてください!(感染対策を忘れずに!)離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 06Jun
    • 「ブルワーと行く!離島オンラインツアーvol.2」ハイライトのご紹介の画像

      「ブルワーと行く!離島オンラインツアーvol.2」ハイライトのご紹介

      離島ビールオンラインツアー 第二弾、今回も非常に盛り上がりました!Twitterにハイライトを掲載したので、ご覧になってください~↓ ブルワーと行く!離島オンラインツアー vol.2(開催日:2021/5/29)のハイライトを写真で振り返ります!😆🍻 総移動距離3000kmオーバー! 各島からの中継を観ながら飲む離島ビールは本当に最高でした!!(下に続く)#オトモニ #離島びーる倶楽部 pic.twitter.com/DwVUPItxs9— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) June 6, 2021 まずは沖縄の離島!🏝#宮古島マイクロブルワリー で乾杯!🍻 宮古島の「サンゴの水」で仕込んだ #とぅりばエール は最高!!!😆 オーナーご夫妻の温かい人柄が伝わる中継にほっこりしつつ、開業11年目となる老舗ならではの開業当時の苦労話も聴けちゃって感動的でした😊#沖縄県 #宮古島 pic.twitter.com/Zxx1PtPebT— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) June 6, 2021 お次は、島根県松江市の中海へ。 湖上の島のブルワリー #大根島醸造所 から中継!🏝 目の前はすぐ海…じゃなくて湖!😆#松江安納芋ブラウンエール の美味しさの秘密は、合理的な工房設備と大根島の肥沃な土壌!😲 ちなみに春は島中に牡丹が咲き乱れるそうです😊#島根県 #松江市 #大根島 #江島 pic.twitter.com/v6Jzt9Pl8W— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) June 6, 2021 続いて、美しい海と湧水に恵まれた東京の離島、神津島へ🏝 伊豆諸島唯一のブルワリー #HyugaBrewery にお邪魔しました🍺 日本初導入の高機能釜を見学後、広くてお洒落な店内へ!#Angie の副原料の明日葉について解説いただきました!不思議とビールに合うんですよね〜😆#東京都 #伊豆諸島 #神津島 pic.twitter.com/WFESv7KgyS— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) June 6, 2021 4島目は鹿児島県の奄美大島へ!🏝#奄美はなはなエール 代表の泰山さんから、世界自然遺産登録の話や、ハブ取り棒の話まで、奄美の魅力をた〜っぷり伺いました😊 優しい甘さと爽やかな酸味の #パッションリッチエール を飲んで、気分はまさに南の島!!😆#鹿児島県 #奄美群島 #奄美大島 pic.twitter.com/a9a4oX7ihn— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) June 6, 2021 各島からの個性的な中継の後は、楽しい歓談タイム!今回も非常に盛り上がりました!😆 ご参加いただいた皆様、主催のオトモニ様、そしてお忙しい中ご協力いただいた各島代表の皆様、本当にありがとうございました!!😊 pic.twitter.com/CE7LtN1l9Y— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) June 6, 2021前回の瀬戸内海ツアーでも島ごとに個性ありまくりでしたが、今回は東西南北ぜんぜん違う場所の島だったので、それぞれの島の個性が爆発してました!一方で「離島あるある」な共通の話題(台風への備え等)ではブルワーさん同士も盛り上がったり、2次会も含めて最後まで楽しい時間でした。遠く離れた島同士でも交流できるのはオンラインならではですね!離島びーる倶楽部では、今後も楽しいイベントを企画していくのでご期待ください(^^)そして、コロナ明けには必ず現地に飲みに行きましょう!全国の島で、それぞれの乾杯を!離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 22May
    • ブルワーと行く!離島オンラインツアー第二弾(5/29土)ご参加者の皆さまへ!の画像

      ブルワーと行く!離島オンラインツアー第二弾(5/29土)ご参加者の皆さまへ!

      皆さまこんにちは!離島びーる倶楽部の しま彦 です!第一弾に引き続き「ブルワーと行く!離島オンラインツアーセット Ver.2」のガイド役を務めます。どうぞよろしくお願いします!【ツアー開催日時】2021年5月29日(土) 13時開始【出演者(予定)】・宮古島マイクロブルワリー オーナーブルワー 高橋 正規 さん・大根島醸造所 代表 門脇 淳平 さん・Hyuga brewery オーナーブルワー 宮川 文子 さん・奄美はなはなエール 代表 泰山 祐一 さん今回も充実のツアー内容になりそうなので、楽しみにしていてください!ちょっとだけ中身をご紹介しますね~↓↓今回の離島ビールの旅は、宮古島からスタートします!🍻この白くてカッコいい建物が、我らが聖地「宮古島マイクロブルワリー」です!Zoom越しに見ても沖縄の離島は青空の色が違いますよ!!(当日晴れてくれ〜!🤣)2島目の中継は島根県松江市の大根島・江島の「大根島醸造所」から!🍻中海(なかうみ)に浮かぶ“湖上の島”のブルワリーなのです!どんな場所なのか気になるでしょ〜??😆3島目に訪れるのは伊豆諸島の神津島!🍻湧水に恵まれたこの島で、「Hyuga brewery」のビールは作られています!明日葉ビールのAngieを飲みながら、神津島にトリップしましょう!😆4島目は奄美大島「奄美はなはなエール」!🍻パッションフルーツ果汁を贅沢に使ったパッションリッチエールは南国感満載!作り手の話を聴きながら飲むと、また格別ですよ!😆総移動距離は3000kmオーバー!オンラインでなければ、こんな旅はできません!笑ご自宅で、それぞれの島の「潮風」を感じながら、一緒に楽しく乾杯しましょう!!※ご購入がまだの方は オトモニ公式ストアページ からご注文ください。※当倶楽部では全国の離島ビールの話題をご紹介しています。よろしければ他の記事もご覧になってください。→おすすめ記事一覧はこちら※離島びーる倶楽部は、完全非営利(ボランティア)での活動です。副業ではないので、職場の皆さまは温かく見守ってください(^^)離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 19May
    • 「地ビールの理想郷」が写った映像を見つけました!の画像

      「地ビールの理想郷」が写った映像を見つけました!

      まずは、昨日の僕のツイートを見てください↓六島(岡山県笠岡市)の祝い唄https://t.co/1H0t4kqVP9※唄い始めは開始1分7秒あたりからこの場所は六島浜醸造所の目の前の浜辺で、コップの赤い飲み物は桑の実ビール「AMANO SHIZUKU」です。島民の祝い事に、自然に溶け込む地ビールって、とても素敵ですね!※写真は動画内からお借りしました。pic.twitter.com/VrjoQuSrcx— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer)May 18, 2021約半年前、僕は、瀬戸内海の小さな離島「六島」は地ビールの理想郷だ!と題した記事を公開しました↓【特集】瀬戸内海の小さな離島「六島」は地ビールの理想郷だ!離島の魅力をまだ知らない、ビール大好きな皆さまへ!「人口60名の離島で作るビール」と聞いたとき、あなたはどんな印象を持つだろうか?離島旅を愛する人なら解説するまでもなく心惹かれると思うが、離島に興味がない人にとってはピンとこないかもしれないislandbeer.net僕の拙い文章では、六島の「地ビールの理想郷」っぷりを伝えきれていないなぁ~と歯がゆく思っていましたが、それが一目で良く分かる映像をYouTubeで見つけたので、思わず興奮してツイートしたのです↓祝い唄!子ども達と地域の絆2020年に六島まちづくり協議会の事業として展開していた「全島民YOUTUBER化計画」その集大成として、六島YOUTUBR企画・監督・撮影で吉川寿人監修の作品が出来上がりました。祝い唄の伝承を通じての地域との絆を表現し、その温かさこそが島の絆。そして、六島プロモーションビデオとして六島のPRに活用します。youtu.beこれは六島浜醸造所のプロモーション動画ではなく、あくまで六島の風景を紹介している動画だという点がポイントです。島の暮らしの中に、さりげなく地ビールがあって、その周りに人々の笑顔がある。なんて素敵な風景でしょうか!!!僕はあくまで観光客なので、立場を弁えて、これからも旅人目線で離島ビールの楽しさを発信していくつもりです。しかし、本当に離島にクラフトビールが根付くためには、島人同士の乾杯においても定番化する必要があるだろうとも考えています。そういった意味でも、今回の六島の映像は、離島ビールの理想像を垣間見た気がして、とても感動しました。こんな素敵な乾杯ができる島が、全国に増えていきますように!全国の島で、それぞれの乾杯を!——PR————————————【オトモニ×離島びーる倶楽部】ブルワーと行く!離島オンラインツアーセット Ver.2 販売中!ツアー開催日は2021年5月29日(日)です。ご注文はお早めに↓【オトモニ×離島びーる倶楽部】ブルワーと行く!離島オンラインツアーセット Ver.2 発売!【離島びーる倶楽部 コラボ企画 第2弾!】クラフトビール配送サービス「Otomoni(オトモニ)」から、6つの離島のクラフトビールを、離島巡りオンラインツアーに参加しながら飲み比べられる「ブルワーといく!離島オンラインツアーセット Ver.islandbeer.net離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 17May
    • 【オトモニ×離島びーる倶楽部】離島オンラインツアーセット第二弾 販売中!の画像

      【オトモニ×離島びーる倶楽部】離島オンラインツアーセット第二弾 販売中!

      離島ビールファンの皆さま、お待たせしました!!今年3月に開催した瀬戸内海の離島ビール巡りオンラインツアーが大好評だったため、第二弾を企画しました!今回の舞台は全国の島々です!【オトモニ×離島びーる倶楽部】ブルワーと行く!離島オンラインツアーセット Ver.2 発売!【離島びーる倶楽部 コラボ企画 第2弾!】クラフトビール配送サービス「Otomoni(オトモニ)」から、6つの離島のクラフトビールを、離島巡りオンラインツアーに参加しながら飲み比べられる「ブルワーといく!離島オンラインツアーセット Ver.islandbeer.net■お届け内容・大根島醸造所(島根県 大根島&江島)松江安納芋ブラウンエール・奄美はなはなエール(鹿児島県 奄美大島)AMAMI GARDEN パッションリッチエール・Catch the Beer(鹿児島県 屋久島)SENJU・宮古島マイクロブルワリー(沖縄県 宮古島)とぅりばエール・Hyuga brewery(日向麦酒)(東京都 神津島)Angie・AMAKUSA SONAR BEER(熊本県 天草下島)White Pearl■オンラインツアー日時5月29日(土)13時開始※当日のガイド役は、離島びーる倶楽部 しま彦 が務めます!■購入方法オトモニ公式ストアページから購入可能です。自宅で“離島ビールのはしご旅”が楽しめる内容となっております。皆さまのご参加をお待ちしております!!!離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 12May
    • 六島のビールがJAPAN GREAT BEER AWARDS 2021 銅賞受賞!の画像

      六島のビールがJAPAN GREAT BEER AWARDS 2021 銅賞受賞!

      六島浜醸造所(岡山県笠岡市・六島)のラオホビール「六島ドラム缶会議」が、JAPAN GREAT BEER AWARDS 2021 銅賞を受賞しました!!六島浜醸造所の公式ブログには、ブルワーの井関さん自身の言葉で、このビールへの想い入れが熱く書かれています。必見です↓JAPAN GREAT BEER AWARD2021銅賞受賞しました🎖受賞のご報告🎖今年の2月末に「JAPAN GREAT BEER AWARD2021」という品評会に出品し、うちの「六島ドラム缶会議」が銅メダルを獲って帰ってきました。クラフトビールを島で作ると心に決mushimahamajo.amebaownd.com六島の「ドラム缶会議」の現場をバックに、受賞メダルを掲げる井関さん。なんと、離島びーる倶楽部のTシャツを着てくれてます。感激!!!(井関さんのFacebookより)記念すべき受賞の一枚に写り込めたことがファンとして誇らしいです。これは自慢せずにはおれませんね。自慢させてもらいます(^^)少し話が逸れますが、僕は各地の離島ビールを、現地を訪れて飲み、自宅にも取り寄せて飲んでいます。その結果、以下のような仮説に至りました↓美味しいビールは、どこで飲んでも美味しい!それを離島で飲んだらもっと美味しい!離島はビールにとって最高の舞台だ!今回の「六島ドラム缶会議」の受賞は、僕のこの仮説を裏付けてくれたと感じています。そういった意味でも、個人的にとても嬉しい受賞のニュースでした。あらためまして、井関さん、おめでとうございます!六島浜醸造所については、当倶楽部の密着取材記事(2020年1月)をご覧ください。ビールの製造工程や、実際の「ドラム缶会議」の現場もレポートしております↓・六島のビールの魅力に迫る!(全9回シリーズ) 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 04May
    • 離島びーる倶楽部 連日更新中!の画像

      離島びーる倶楽部 連日更新中!

      みなさん、いかがお過ごしですか~?ブログではご無沙汰ですが、離島びーる倶楽部のサイトは連日更新中です!久高島(沖縄県)の「久高島ヴァイツェン」の紹介ページを新設しました↓久高島ヴァイツェン(沖縄県・久高島)沖縄の「神の島」、久高島のハダカムギを使用したヴァイツェン!基本情報名称:久高島ヴァイツェン醸造元:浮島ブルーイング(沖縄県那覇市)ウェブサイト/SNS:公式HP、Facebook、Instagramお取り寄せ:公式オンラインショップ特長:islandbeer.netなんと、壱岐島(長崎県)にもブルワリーが誕生しました↓長崎県・壱岐島にブルワリーが誕生!(ISLAND BREWERY)【壱岐島】ISLAND BREWERY九州北部、玄界灘に浮かぶ壱岐島(長崎県壱岐市)は、古くから麦焼酎造りが盛んな島です。そんな壱岐島の老舗酒蔵をリノベーションして、島内初のクラフトビール醸造所「ISLAND BREWERY」が誕生しましたislandbeer.net全国離島びーるMAPも、だいぶ賑やかになってきました!嬉しい反面、全島制覇のハードルがどんどん上がっていって焦ります(^^;自宅で楽しめる離島ビール特集ページも、最新版に更新しました↓【お取り寄せ】自宅で楽しめる離島ビール特集(随時更新)離島ビールのオンラインショップや島外の小売店情報をご紹介しています。※当方で確認できた内容を順次掲載してまいります。(最終更新日:2021年5月1日)※皆さまからも情報を募集中です。当倶楽部のTwitterまたはこちらから情報をお寄せくださislandbeer.netふるさと納税で取り寄せられる離島ビール一覧ページも更新済みです↓ふるさと納税で取り寄せられる離島ビール一覧(随時更新)ふるさと納税に対応した離島ビールを一覧形式でご紹介しています。※当方で確認できた内容を順次掲載してまいります。(最終更新日:2021年5月1日)※皆さまからも情報を募集中です。当倶楽部のTwitterまたはこちらから情報をお寄せください。※islandbeer.netあなたなら、どの島のビールを飲みたいですか?ご自宅でじっくり選んでみてください!離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 26Apr
    • 神津島のクラフトビールを応援するクラウドファンディング!の画像

      神津島のクラフトビールを応援するクラウドファンディング!

      伊豆諸島・神津島のHyuga Breweryでは、現在クラウドファンディングを実施中です↓ コロナ以前の2019年より島内小売店・みやげ店に卸し始めたところ、ゴールデンウィークや夏の繁忙期には予想以上の売れ行きから品薄状態となりました。この経験を生かし、2020年は初めからゴールデンウィーク用に多量のボトルビールを仕込んでいましたが、新型コロナによる緊急事態宣言……売り先がなくなり7月後半消費期限が迫ったものを大量廃棄するという非常に苦しい結果になりました。GOTOの影響もあり廃棄後は一時的に観光客が入り始めたため、品薄になり仕込み量を増やすも、再度の緊急事態宣言となり、先の見えない状況に本当に苦しんでおります。アフターコロナに向けて、大切に作っているビールを、より多くの方に知っていただき味わっていただきたいと思いますので、ご支援の程よろしくお願いいたします。 クラウドファンディングページより返礼品には、明日葉ビールのAngie(アンジー)などが選べます。神津島の湧水と明日葉を使用したAngieは、世界中のどのビールとも違う、唯一無二の味わいですよ。これは僕の個人的感想ですが、ライトエールでありながら明日葉由来の独特の香りがラオホのようにスモーキーでもあり、新たなビアスタイルの可能性を感じるビールだと思っています。特に、伊豆諸島好き、明日葉好きの方にはお勧めです。(自宅で飲んでも、強制的に伊豆諸島へトリップさせられるビールです。笑)楽しく飲んで応援しましょう!詳細はこちら↓しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「神津島の湧き水で作る東京の島で初のクラフトビールを守りたい!」|MOTTAINAIもっとしんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「神津島の湧き水で作る東京の島で初のクラフトビールを守りたい!」mottainai-motto.jp<関連記事> 神津島のビールと湧水を辿る旅!(2020年2月) 島じまん2018で神津島のビールを飲んできました!(2018年5月)離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 08Apr
    • 離島経済新聞社のオンラインイベントにゲスト出演します(4/16金)の画像

      離島経済新聞社のオンラインイベントにゲスト出演します(4/16金)

      何かと忙しい新年度、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?僕も本業で忙しい毎日です。(こんなことになるなら3月中に準備しておけばよかった…)本業なんかにかまけず、離島ビールの活動も更に加速していきますよ~(^^)4月16日(金)には、離島経済新聞社(リトケイ)主催のオンラインイベントにゲスト出演させていただく予定です↓【4/16オンライン開催】『季刊ritokei』34号「集まれ!島想い」を読む島好きの会のご案内|ritokei(離島経済新聞)4月16日に『季刊ritokei』34号「集まれ!島想い」特集号に盛り込まれた話題をテーマに、読者とリトケイ編集部で語らう島好きの会(オンラインイベント)を企画…ritokei.com先月モデレーターを務めた「瀬戸内海のビール巡りオンラインツアー」の様子などを中心に、離島びーる倶楽部の活動をお話しします。事前申し込みが必要ですが、無料なので、ご興味ある方はぜひご参加ください!!離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 26Mar
    • 東京宝島 神津島フェア2021 @有楽町 に行ってきました!の画像

      東京宝島 神津島フェア2021 @有楽町 に行ってきました!

      今日は、有楽町駅前で開催中の「東京宝島 神津島フェア2021」に行ってきました。神津島といえばHyuga breweryですね。キッチンカーで出店しています!コロナ対策との兼ね合いで樽生での提供はしていないのですが、会場内の別ブースで瓶ビールが買えます。瓶は5種類。もちろん名物・明日葉ビール「Angie」もありました。というわけでAngieで乾杯!Angieの美味しさについては、過去の記事でご紹介していますので是非ご覧ください↓『島じまん2018で神津島のビールを飲んできました!』今日は竹芝桟橋で開催中の島じまん2018に行ってきました!2年に1度、伊豆諸島・小笠原諸島の名物が集結する祭典です。今回も大盛況ですね!離島ファンであることを…ameblo.jpHyuga breweryのキッチンカーでは、神津島らしいフードメニューが充実しています。キンメフライ(金目鯛のフライ)をいただきました!肉厚!揚げたて!うまい!これで200円は安い!(^^)オーナーブルワーの宮川文子さんにもお会いできました!会場には他にも、神津島の特産品がたくさん販売されています。とりあえず明日葉は買いですね(^^)明日葉の種も売ってました。家庭菜園で明日葉を育ててみては?さて、ここからは僕の自宅での写真です。Hyuga brewery名物「明日葉ピザ」をテイクアウトして、自宅のトースターで焼いてみました!具材は明日葉、ツナ、チーズ。これが驚くほど合う!!これは美味い!!!明日葉ピザ、噂には聞いていましたが、非常に美味しかったです!3/27(土)も開催中なので、ぜひ食べに行ってみてください!開催時間などの詳細は下記リンクをチェック↓東京の有楽町駅前広場にて「東京宝島 神津島フェア2021」を開催いたします!(3/26、3/27) - 本日の神津島vill.kouzushima.tokyo.jp離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 18Mar
    • マネーの虎から離島ビールを考えるの画像

      マネーの虎から離島ビールを考える

      2000年代初頭に「マネーの虎」というTV番組が放送されていましたね。当時の僕は中学生か高校生くらいだったので、あんまり内容は理解できてませんでしたが、「ノーマネーでフィニッシュです」のフレーズは鮮明に覚えています。なかなかセンセーショナルな番組で、その後の僕の人生観にも少なくない影響を与えたTV番組だったと思います。以下、マネ虎ファンの方にしか通じないマニアックな話題で恐縮ですが、あの伝説の「パンパンサラダパン」の回の志願者の内村浩一さんが、放送から約17年の時を経てYouTubeに登場されています↓他の料理の引き立て役としてのパンではなく、パンをメインに据えて、パンの食べ頃や提供方法にもこだわって、パンの美味しさを最大限楽しめるレストランを開業したいというのが内村さんのプレゼン内容でした。そのレストランのコースメニューの説明の中で繰り出されたのが「パン、パン、サラダ、パン」という名フレーズなのであります(^^)当時の放送では虎たちから酷評された挙句にノーマネーで終わりましたが、今振り返ると、パンを単に「モノ」として売るのではなく、感動体験として提供するという、時代を先取りしたすごいコンセプトだったのだなぁと感心します。YouTube動画を観ると、約17年経った今でも内村さんの考え方は全然ブレていないことが分かります。特に以下の内容は、今後のクラフトビール業界にとっても示唆に富んでいると思うので是非ご紹介させてください。【内村さんの発言要旨】ある時、デパートの催事で「アンパンを作ってくれ」という期間限定の出店依頼があり、手ごねでアンパンを作ることにした。販売価格は1個あたり150~160円だった。一方、隣のブースには鯛焼き屋さんが出店していて、同じ価格で鯛焼きを売っていた。自分たちは朝5時からスタッフ総出でパンを仕込んだが、鯛焼き屋さんは開店30分前に来てパッと焼くだけ。それなのに、お客様からの評価(価格)は同じになってしまう。この時の経験から、パン屋は「結果」を売るだけではなく、もっと「過程」を伝えていかないと救われないと感じた。と同時に、その方がお客さんにとっても面白くなると思った。これは、本当にその通りだと思いますし、クラフトビールにも同じことがいえると思います。瓶詰めにされた「結果」だけを比べたら、大手ビールの何倍もする価格に見合う価値は分からないと思いますもん。(熱心なクラフトビール愛好家を除く)クラフトビールは「過程」が面白いんです。特に離島ビールは「過程」が超濃ゆいのです!まだうまく言語化できていないのですが、僕の中では確信があります。今後はより一層、離島ビールの「過程」の面白さを分かりやすくお伝えできるよう頑張ります。離島ビールは、これからもっともっと面白くなりますよ!(^^)離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 14Mar
    • 「神の島」の麦を使用したビールを飲む!(久高島ヴァイツェン)の画像

      「神の島」の麦を使用したビールを飲む!(久高島ヴァイツェン)

      皆さんは、久高島という離島をご存じですか?沖縄本島南部の知念岬の沖合に浮かぶ周囲7.8km、人口206人の小さい島。この島は、琉球の始祖アマミキョが天から舞い降りて五穀を伝えたとされる聖地であり、沖縄に数ある島々の中でも特別な位置づけの島です。そんな「神の島」である久高島で穫れた麦(ハダカムギ)を使用したクラフトビールがあると聞いたので、自宅に取り寄せてみました。浮島ブルーイング(沖縄県那覇市)さんの6種セット!左から4本目の瓶が、今回の本命の「久高島ヴァイツェン」です。※ヴァイツェンとは南ドイツ発祥のビアスタイルです。詳しい解説はこちらが分かりやすいです。白く濁って、いかにも美味しそうなヴァイツェンですね!いただきます!一般的にヴァイツェンといえばバナナのようなアロマが特徴的です。久高島ヴァイツェンの場合もバナナ香がしますが、あくまで上品に、控え目に香ってきます。清々しく、透明感のあるバナナ香といった感じでしょうか。一口含むと、爽やかな酸味が!ヨーグルトのように爽やかで透明感のある酸味を感じます。苦味は非常に少なく、後味には優しい甘味がじんわり広がります。今まで飲んだことのある、どのヴァイツェンとも違っていて、特別な味わいです。飲めば飲むほど味わい深く、爽やかで優しい、包容力のあるビールでした!久高島ヴァイツェンの発売は2018年12月だそうです。(出典)浮島ブルーイングは沖縄本島のブルワリーさんですが、詳しくお話を聞いてみたいなぁ~。久高島にもぜひ行ってみたくなりました!!なんといっても「神の島」なので、島内には立ち入り禁止の聖域も多くあるそうです。下記公式サイトには、島内でのルールや見どころMAPなどが分かりやすく掲載されているので、熟読してから訪問したいと思います↓久高島公式サイト|久高のシマ時間神の島・久高島の暮らしとつながる南城市久高区(沖縄県)の観光交流サイトです。久高島にいらっしゃるみなさまにご理解頂きたい「島のルール」や「島の見どころ」などの情報を掲載しています。久高区からの「お知らせ」もぜひご確認ください。kudaka-island.comこの公式サイト、非常に良く出来ていているのでぜひ見てみてください。「島でのルール」ページには、守るべきルールが明確に書かれていますが、ウェルカム感を損なわないよう優しいトーンになっており、そのバランスが絶妙です。また、島民の方の顔写真付きメッセージが載っている「島人紹介」ページも素敵です。単なる観光地(場所)としてではなく、そこに暮らす人々にも目が向けば、私たち観光客も自ずと島に調和した行動をしたくなりますよね!美味しいビールのおかげで、島への想いが高まってきました!いつか必ず久高島に取材に行くぞ~!(^^)※久高島については、以下の文献やセミナーの内容を参考にさせていただきました。・日本の島ガイド SHIMADAS(発行元:公益財団法人日本離島センター)・持続可能な観光について考えるWebフォーラム2021(主催:沖縄県、開催日:令和3年3月10日)<2021/5/1追記>久高島ヴァイツェン誕生の経緯が詳しく書かれた記事を見つけました。これを読むと、久高島の文化や暮らしに対する深い敬意があったからこそ実現したビールだということが分かります。ぜひ読んでください↓これが「神の島」で生まれたクラフトビールだ!聖地の文化とくらしを入れ込んだ「久高島ヴァイツェン」 | 和樂web 日本文化の入り口マガジン「久高島ヴァイツェン」というビールがある。 爽やかな酸味に、フルーティな味わい。スッキリとした瑞々しいビールだ。別名「神の島」とも呼ばれる久高島の麦を使用したビールは、久高島の文化やくらしそのものをわたしたちに伝えるために造られている。久高島に住まう人々の考えや、心のありかたを入れ込んだ特別なビール。この一本のビールはどのようにして生まれたのか。その背景を…intojapanwaraku.com離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 09Mar
    • 「瀬戸内離島ビール巡りオンラインツアー」ハイライトのご紹介の画像

      「瀬戸内離島ビール巡りオンラインツアー」ハイライトのご紹介

      「瀬戸内離島ビール巡りオンラインツアー」、おかげさまで無事に開催できました!Twitterにハイライトを掲載したので、まずは取り急ぎご報告を↓ 3/6(土)に開催した「瀬戸内離島ビール巡りオンラインツアー」のハイライトを、写真で振り返ります!😆🍻 各島からの中継が本当に楽しくて、いまだに興奮が収まりません!🏝 当日のライブの空気感を感じていただければ幸いです!(下に続く)#オトモニ #クラフトビール pic.twitter.com/g0QTJ9ZvEG— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) March 8, 2021 まずは小豆島・まめまめびーる醸造所から!🏝 瀬戸内海が見張らせる絶景テラス席からの中継を観ながら、小豆島産オリーブを使用したビール「i love olive」で乾杯!🍻 気分は完全に小豆島!最高すぎる!!🤩#香川県 #小豆島 pic.twitter.com/aJ06GPeHKh— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) March 8, 2021 続いて、厳島神社の目の前の宮島ブルワリーから中継!⛩ ピカピカのタンクが並ぶ工房内を見学後、オーシャンビューのレストランへ!🤩 大鳥居!五重塔!そして瀬戸内海!! これは贅沢すぎますね!!!😆🍻#広島県 #厳島 pic.twitter.com/ngRRnM5NNl— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) March 8, 2021 3島目は、しまなみ海道の生口島にあるパティスリー「島ごころ」から!😆 名産の瀬戸田レモンの皮をふんだんに使用したレモンケーキの製造工程をバーチャル見学!(この皮を使用したのが瀬戸田レモンエールなのです🍺) 画面越しにもレモンの香りが伝わってきました!!🍋#広島県 #生口島 pic.twitter.com/6j1lBwDoyw— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) March 8, 2021 とびしま海道の「とびしまビール」からも熱いプレゼンを展開!😆 島の若手農家さんが大事に育てた無農薬グリーンレモンの香りと辛みを活かしたIPA!🍺 作り手の話を聞きながら飲むビールは、また格別でした!とびしま海道、行ってみたい!!🤩#広島県 #愛媛県 #とびしま海道 pic.twitter.com/A9PpzQLQzr— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) March 8, 2021 最後にサプライズ❗️ 六島浜醸造所からも飛び入り中継!!🏝 工房の外はすぐ海! 「ドラム缶会議」の現場も!! しかも猫だらけ!!!🤩 参加者一同大興奮!! 魅力がありすぎて六島はズルい!😆#岡山県 #笠岡諸島 #六島 pic.twitter.com/Ie9A8kL1Ke— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) March 8, 2021 各島からの個性的な中継の後は、楽しい歓談タイム!これがまた楽しすぎました!😆 なんと小笠原諸島からの参加者もいて、バーチャルならではの素敵なひとときでした🍺 ご参加いただいた皆様、主催のオトモニ様、そしてお忙しい中ご協力いただいた各島代表の皆様、本当にありがとうございました!!😊 pic.twitter.com/Tw4kxsLort— しま彦(離島びーる倶楽部) (@island_beer) March 8, 2021ここでご紹介した内容はほんの一部ですが、いや~これだけでも十分盛りだくさんでしたね!本当に楽しいライブイベントでした!まだ興奮が冷めません!!各島からの内容が良すぎて、自分のツイートに自分でいいね!するくらい良かったです。笑もう少し落ち着いてからまたブログで振り返りますね~。離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 02Mar
    • 有人離島専門フリーペーパー『季刊ritokei』に掲載されましたの画像

      有人離島専門フリーペーパー『季刊ritokei』に掲載されました

      皆さん、離島経済新聞社をご存じですか?ritokei(離島経済新聞) つくろう、島の未来離島経済新聞社は、418島の有人離島(北海道・本州・四国・九州・沖縄本土を除く有人島)にスポットをあてる離島情報専門のウェブサイト『ritokei(離島経済新聞)』とタブロイド紙『季刊リトケイ』を運営・発行する島メディアです。ritokei.com離島ファンなら誰しも知っている離島経済新聞社(リトケイ)は、国内約420島の有人離島専門メディアです。離島に住む人々への取材を中心に、離島地域の抱える課題や可能性を深く掘り下げて発信しています。特に、年4回発行のフリーペーパー『季刊ritokei』は、内容もデザインも素晴らしくて毎回勉強になります。今月発行された34号の特集テーマは「離れていてもつながりあえる 集まれ!島想い」「人と島の想い」を軸に、離れていても支え合うことのできる島想いの輪を取材した記事が掲載されています。注目はこちら!離島ビールの記事も掲載されています!昨年6月に発売された「離島ブルワリー応援セット」を振り返る内容となっており、発売元の「オトモニ」(旧ふたりのみ)の金澤CEOとの対談形式で、しま彦も登場してます(^^)詳しい内容は、ぜひ本誌を手に取ってご覧ください!実は、この対談をきっかけに話が盛り上がったことで、「ブルワーと行く!瀬戸内離島のオンラインツアーセット」が実現しました。ご縁をいただいたritokei様に改めて感謝申し上げます!『季刊ritokei』34号の詳細はこちら↓有人離島専門フリーペーパー『季刊ritokei』34号「 離れていてもつながりあえる 集まれ!島想い」発行|ritokei(離島経済新聞)2月22日に有人離島専門フリーペーパー『季刊ritokei』34号「離れていてもつながりあえる 集まれ!島想い」が発行されました。ウェブでも順次記事を公開してい…ritokei.com離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!

  • 27Feb
    • 瀬戸内海離島オンラインツアー(3/6土) ご参加者の皆さまへ!の画像

      瀬戸内海離島オンラインツアー(3/6土) ご参加者の皆さまへ!

      皆さまこんにちは!離島びーる倶楽部のしま彦です!この度は、クラフトビール配送サービスのオトモニ様からご縁をいただき、瀬戸内海離島オンラインツアー(3月6日(土曜日))のモデレーターを務めます。どうぞよろしくお願いします!本日、僕の自宅にもビールセットが届きました!!6島のビールが勢揃い!夢のような光景です(^^) 淡路島(兵庫県) あわぢびーる「Awaji rice」 小豆島(香川県) まめまめびーる「i love olive」 六島(岡山県) 六島浜醸造所「六島ドラム缶会議」 生口島(広島県) 島ごころ「瀬戸田レモンエール」 とびしま海道の島々(広島県・愛媛県) とびしまビール「グリーンれもんIPA」 厳島(広島県) 宮島ビール「広島レッドエール」早速飲みたくなると思いますが、当日のオンラインツアーでは、小豆島・まめまめびーるさんから中継しながら乾杯するので、なるべく「 i love olive」は乾杯用に取っておくことをお勧めします(^^)※ 我慢できなければフライングもOK!当日は、4島の作り手の方にご出演いただく欲張りツアーです! 小豆島:まめまめびーる オーナーブルワー 中田 雅也さん 宮島:宮島ビール 醸造長 森川 達也さん とびしま海道:とびしまビールLAB 代表 住友 正伯さん 生口島:島ごころ 専務取締役 奥本 寿華さん自宅からでも離島を感じられるよう工夫して準備中です!いよいよ本番まで1週間を切り緊張してきましたが、楽しみの方が大きいです!瀬戸内の離島を感じながら、一緒に楽しく乾杯しましょう!!【追記】ツアー詳細(開始時刻、参加用URLなど)は、オトモニからの配信メールをご確認ください。※このブログでは全国の離島ビールの話題をご紹介しています。よろしければ他の記事もご覧になってください。離島のクラフトビール専門のファンサイト離島びーる倶楽部 https://islandbeer.net・全国の離島のクラフトビール情報を配信中!・全国離島びーるMAPも随時更新中!・情報提供&取材協力をお願いします!