ストレートネック・スマホ首、、、ならぬ義務教育首、とその関連愁訴 | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:
整体コラム                                    
ストレートネック・スマホ首、、、ならぬ義務教育首、とその関連愁訴
 
●プロローグ ストレートネックとは、、、                     
人間の脊椎(背骨)は大きく
・頸椎
・胸椎
・腰椎
・仙骨(仙椎-尾椎)
と、四つの部位に区分できます。
これらは正面から見ると真っ直ぐ=垂直になっています(…時折側弯している方も見受けますが)。
ところが、側面から見ると下記の様にS状に彎曲しています。それが正常位です。
・頸椎・・・前彎(前方に凸)
・胸椎・・・後彎(後方に凸)
・腰椎・・・前彎(前方に凸)
・仙骨(仙椎-尾椎)・・・後彎(後方に凸)
ストレートネックとは、本来前彎しているはずの頸椎が軽く前方に屈曲してまって前彎が消失し、その結果真っ直ぐになってしまっている状態を言います。学者さんによって統計に若干の差はありますが、今や日本国民の50%~80%の方々がストレートネック状態だそうです。その意味では国民病なのかもしれません。しかし、はたしてストレートネックは病気なのか、、、と問われると、厳密には病気ではないのでは、と考えます(後述)。とは言え、ではなぜこの様に国民の大半がストレートネック状態になってしまったのでしょうか、、、。
●ストレートネックの原因は?? 「腰から首へ」・・・          
一般的には「スマホ首」という言葉が流行っているように、我々現代人は常にスマホを見るために頸椎を前方に軽度屈曲させています。つまりこれは、本来の頸椎の前彎を消失させ、ストレートネック状態に維持していることになります。それがストレートネックの原因だ、とするのです。
果たしてそうなのでしょうか、、、。
ところで話は飛びますが、明治維新以降、私たちのライフスタイルは様々な面で激変してきました。それを「姿勢」という面で概観すると「腰から首へ」だと思います。つまり、私たちのご先祖様(例えば江戸時代の方々)の大半は百姓を生業にされていました。それは子供のころから始まります。例えば10才に近くなると父母の百姓の手伝いをはじめ、弟妹や祖父母の世話、水汲み、掃除etcと、色々とすることが多かったと思います、、、(だって義務教育が無かったのですから、遊びの時間以外はこれらのことをしないと暇を持て余していたでしょう)。そして大人になると当然本格的なお百姓さんになるのです。ですから百姓という観点からみるとその対象は「地面」にあったので「腰を曲げて仕事をする」姿勢にならざるを得ないのです。実際、私が子供のころのおじいちゃんやおばあちゃんは腰が曲がった人が多かったですから。、。ところが先述の様に明治維新以降のライフスタイルが変化していくわけですが、それが農業⇒軽工業⇒重工業⇒サービス業と変化するにつれ、かつての「腰を曲げる仕事の姿勢」の方々は減少していきます。逆に「首を曲げて仕事をする姿勢(☚ストレートネック状態)」が増えていくわけです。つまり「腰から首へ」なのです。
 
●「腰から首へ」、、、それは義務教育から始まった・・・
しかしよくよく考えてみると、大人になる前から「腰から首へ」といった私たちの姿勢の変化は生じていたのです。それの多くは「義務教育」が出発点だと思います。つまり、私たちが6-7才になるころから椅子に座って机の上に本を置き、それを注視するために「首を軽度屈曲する姿勢(☚ストレートネック状態)」を一日に何時間も維持し続けていたのですから。。。そしてそれは時代とともに強化されました。今や高校入学は当たり前で、大半の青年たちが大学に進学する時代です。つまり小学校、中学校だけでなく、高校あるいは大学に至るまで「首を軽度屈曲する姿勢(☚ストレートネック状態)」を取り続けているのです。さらに成人してからもそれは続きます。「パソコンを注視しながら仕事をする」という、これも「首を軽度屈曲する姿勢(☚ストレートネック状態)」です。ですからスマホを見ていても「首を軽度屈曲する姿勢(☚ストレートネック状態)」には違いありませんが、でも本当は、子供のころから私たちはストレートネックになるように準備していたのですね、、、(決して義務教育を否定しているのではありません、念のため・・・)
ですから現代日本人の50%以上に及ぶ頸椎のストレートネック化は上記のような「20年以上に及ぶトレーニングの賜物」とも言えるのですね(当然、他の要因も影響しますが)。「何を言いたいか」というと、つまり「そんなに簡単にストレートネックは改善しませんヨ」という事です、20年近くも年季が入っているのですから。さらに言うと、今のライフスタイルを続けている限り「ストレートネックは再発する可能性が高い」と思われます。
 
●ストレートネックは病気なのか?                      
私は整体師ですから、当然脊椎の変位を矯正するのも仕事のうちですから、その観点からみるとストレートネックは正常な前彎が消失しているので異常=病気、なのかもしれません。ただ、頸椎が真っ直ぐ-ストレートだとしても、そのストレート状態そのものによって身体の変調(例えば「腕の痺れ」など)が生じるとは思えないのです。変調が生じないのであれば、それは病気ではないのでは、と考える次第です。このような事を言うと「ストレートネックは肩こりや頭痛の原因とちゃうんか?」とおしかりを受けるかもしれません。ただ私は「それも違うのでは(肩こり・頭痛の原因ではない)」と考えます。つまりストレートネックはカイロプラクティック的に言う「サブラクセーション(関節の変位)」ではないのでは、と思うのです(脊椎のサブラクセーションは身体に異常を起こしえますから、私は病気の一つだと考えていますので、その場合は治療対象です。また、ストレート状態が長期間続くことで頸椎が変形すればそれは病気だと思います。)。
ここで遡って考察すると、先述の義務教育云々の件で「首を軽度屈曲した姿勢を維持する」ことをお話ししましたが、その際に一番負担を強いられるのは「頸椎」そのものではありません。一番負担を強いられるのは「頸椎の前後左右に縦方向にある鉛筆状に細長い筋肉群」です(この筋肉群は片側だけで数十本あります)。これら数十本の筋肉群が何十年に及ぶ首の軽度屈曲状態(☚ストレート状態)を維持するために筋肉の収縮状態が持続することで慢性的な過労・緊張状態(☚凝り)になるのです。場合によっては、それらの負担を長期間強いられている筋肉群は肥厚することも多々あります。これらの緊張・疲労による筋肉痛が肩こりや頭痛「そのもの」になるのだと思います。
 
●頸部筋肉群の肥厚が歯(歯肉)咽喉に関係する愁訴の原因につながる?!     
近年、当院に来院される患者さんの主訴が変わってきています。以前の様に「腰痛患者さん」は減ってきているのです。逆に「集中力低下、めまい、耳鳴り、後鼻漏、鼻閉、におい玉、歯肉炎、歯痛、眼精疲労、眼痛…」など、首から上の愁訴で来院される患者さんが激増しているのです。これも先述の如く、明治以降のライフスタイルの変化のなせる業、なのかもしれません。その様なケースの大半は本コラムでお話しした原因が少なからず関係しているのでは、と思います。それはなぜか?!
先述の通り、長年にわたって首を屈曲した姿勢を維持すると頸部の筋肉群に疲労が蓄積し、やがては同筋が肥厚していきます。ところでこれらの筋肉群の隙間をぬって、これも何十本に及ぶ神経、何十本に及ぶ動脈・静脈が走行しています。ですから筋肉群の肥厚は、これらの神経や動静脈を絞扼することになります。例えば、その神経が歯・歯肉に至る神経であれば、歯や歯肉に歯痛などの何らかの症状が生じる可能性が高まります。あるいはその筋肉群の肥厚が副鼻腔に至る血管を絞扼すれば、同部の局所免疫力が低下して、慢性副鼻腔炎=後鼻漏が治癒しにくくなるかもしれません。実際、これらの症状で来院される患者さんたちに、緊張-肥厚している頸部筋肉を緩和-開放する整体テクニックを施術すると、これらの歯・歯肉や副鼻腔、その他頭顔面の愁訴の多くが改善していきます。残念ながらこれらが原因する場合、レントゲン・CT・血液検査等で確認できませんので、大学・総合病院等で「原因不明」の烙印を押されて、結果的に当院に来院されたりするのです。
国民的にパソコン仕事が多い昨今、「首を軽度屈曲した姿勢を維持する」のを避けるのは至難の業かもしれません。ですから頸部筋肉群が緊張し疲労が重なり、様々な頭顔面の愁訴が生じるのは避けられないかもしれません。しかしその緊張・肥厚している頸部筋肉群を整体治療して眼・耳・鼻・口などの愁訴を治療することは(チョッと難しいテクニックですが)充分に可能です。本コラムをお読みの方で、色々な愁訴でお悩みの方はぜひ一度ご相談いただければ、と思います。少しはお役に立てられるのでは、、、と思います。
 
●エピローグ(落ち)    
よくよく考えると、このコラムを書いている私自身がパソコンに向かって「首を曲げて」キーボードを叩いていますから頸部筋肉群の緊張・疲労をまねき、ストレートネックを強化しているのですよね、、、トホホホ。、。誰か治療してくれないかな。。。
 
● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室

●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院


次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。

 

●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

gie-gieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス