本態性高血圧症の整体治療 | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:
本態性高血圧症の整体治療
患者Wさん=52才-男性/自営業の症例
 
① Wさんの病歴・・・
患者Wさんは、10年ほど前から血圧が高めで、本態性高血圧症と診断されていました(今は150/100mmHgまで悪化しているそうです)。現段階で降圧剤を服用されていませんが、担当医からは「もうそろそろ服用するように、、、」と、言われているそうです。今回は別件で来院されていましたが、「降圧剤に頼ると一生飲み続けないといけないのでは」と不安がっておられ、出来れば薬に頼らず自然に高血圧を改善したい、との事で相談を受けました。
 
② Wさんの診察
・Wさんの体形は171cm-85Kgと肥満体で、かなり腹部膨満がありました。それに比例して肋骨も大きく広がって胸郭(縦隔)が極めて硬く緊張し、胸骨下角も90度を超えていました。
・顔や足のむくみはありませんでした。しかし、やはり頭顔面部も肥満傾向で、皮下脂肪が相当量沈着していました。気管は正中にあり甲状腺の腫脹やリンパ腫脹もありませんでしたが、頚部の前後左右にある筋肉群は緊張していました。皮膚の血色は良好でした。
・飲酒はほぼ毎日晩酌をされるそうです(350mml缶ビール2-3本程度)。喫煙は、4-5年前まで20-30本/日吸っていたそうですが、この数年は喫煙されていないそうです。
・頭痛や肩こり、腰痛、胸痛(苦悶感) 咳や痰、呼吸困難、喘息などの愁訴は特に無いそうです。しかし、軽度の後頚部のコリ感があり、首を前屈すると少しだけ後頚部に突っ張る様な違和感があるそうです。
・自営業で、ほとんど自宅内でのパソコン作業だそうですので、ほとんど運動らしきことはされていないそうです。
・バルサルバ動作で血圧の増悪や前失神所見などの誘発は無いそうです。
・排便は毎日あり、排尿は1日に数回程度だそうです。
・血液検査では中性脂肪値が高いとの指摘を受けているそうです。尿酸値や血糖値は正常範囲内で、心電図で不整脈の確認はありませんでした。また心臓肥大の所見も無いらしく、その他の検査での異常も指摘されていないそうです。
・胸頚部聴診上、心音-呼吸音や血管音に特段の所見はありませんでした。
・腹部聴診上、血管雑音等の異常はありませんでした。微弱なグル音が聴取されました。ハム音はありませんでした。
・腹部触診上、平坦軟で腫瘤感や抵抗感はありませんでした。肝脾腫は確認できませんでした。腹部消化管全般に緊張と圧痛がありました。
・特段の脊椎のサブラクセーションはありませんでした。
 
③ 治療目標と整体治療
     ⑴ 頚部交感神経の緊張を緩和する
     ⑵ 交感神経系と迷走神経系の調和を図る
     ⑶ 腎動脈血流を回復させ、レニン分泌を抑制する

・交感神経幹解放テクニック
・縦隔心臓神経叢解放テクニック
・腎動脈解放テクニック
 
④ 経過と結果・・・
・初診開始2週間目で、やっと整体治療による反応が出始め、当初150/100mmHgの血圧が、ここ数日の血圧は145/95mmHgで安定したそうです。
・初診3週目、初めて上の血圧が140mmHgを下回り、138/90mmHgの日が数日あったそうです。3週目以降、この様に上が137-8mmHg、下が90mmHg前後の日が長く続いたそうです。
・初診5週目、少しずつ血圧が下がり傾向らしく、135/85mmHgといった日が連続する様になっていったそうです。後頚部のコリ感も改善し、首を前屈してもツッパリ感がほとんどしなくなったそうです。
・初診6週目、初めて下の血圧が80mmHgになった日があったそうです。
・初診7週目、初めて上が130代を切り、下の血圧も下がって128/80mHgの日が数日続いたそうです。
・初診9週目まで、上が120mmHg台前半で下が80mmHg台前半で持続-安定していましたので、一応の治療終了としました。
 
⑤  今回の症例の概説、、、
・本態性高血圧症は、全高血圧症の9割を占めますが、しかしその高血圧に至る原因が不明のものを言います。従って、血圧調節に関係する解剖生理学的機序を(言葉は悪いですが)ある程度「あてずっぽう的」に想定して、治療を進めていくケースが大半です。
 
・当院でも、そのセオリーに従って治療計画を立てていく事になりますが、しかし当然出来得る限りの診察をして、可能な限りその原因を特定していく努力が必要です。そこで今回のWさんの症例ですが、当然「肥満」といった因子を無視する事は出来ません。しかし、それは治療が進んで安定した際に「ご自身で運動療法を考える」という事で、この件については一時棚上げにしました。(☚来院時、大変な猛暑日が続いていた事も、左記に関係します)
 
・そこで、改めて整体治療によって改善が見込める高血圧の原因を探りました。その原因として下記の
1- 頸部交感神経の緊張が原因する可能性  (☚頚部の筋肉群が緊張している所見)
2- 縦隔緊張による心臓神経叢への圧迫刺激増強が原因する可能性 (☚肋骨-胸郭-縦隔が緊張している所見)
3- 腎動脈の狭窄によるレニン分泌上昇が原因する可能性  (☚腹部膨満の所見)
を推定しました。
 
・そこで、上記に従って
⑴ 頚部交感神経の緊張を緩和する
⑵ 交感神経系と迷走神経系(心臓神経叢)の調和を図る
⑶ 腎動脈血流を回復させ、レニン分泌を抑制する

目的で、
・交感神経幹解放テクニック
・縦隔心臓神経叢解放テクニック
・腎動脈解放テクニック
を、施術する事にしました。
 
・Wさんの血圧が120/80mmHg台で安定するまで約8週間かかりましたが、しかし当初150/100mmHgだったものがここまで改善したのですから、とりあえず「良し」として、今回の整体治療を終了する事にしました。
・Wさんに「運動療法」で肥満状態を改善する事を忘れないように、と一言添えて、治療を終了したのは言うまでもありません。(☚肥満状態が続くと腹部膨満が延々と続きます。その腹部膨満によってせっかく改善していた「胸郭の拡大-縦隔の緊張-心臓神経叢への圧迫刺激」が再発し、高血圧への刺激源になりかねない。その旨をWさんに説明しました。)
 

 

● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室

●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院


次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。

 

●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京市、松山市、広島市、横浜市、東京都、和歌山市、名古屋市、北海道-札幌市

gie-gieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス