Twitterで応募くださった作品です。

ギアとダンシングシミターという、あまり応募のないコンビなのでうれしかったです。

 

 

ギア・リンゼイの過去話は書いていて楽しかったですね。

それだけでひとつの長いお話を書いたような錯覚を覚えました。

 

実際、そういうサイドストーリーも書きたいって思いましたね。

 

フォーチュンのパーティにはいない大人のキャラで。

……って言っても、今思えば、大して大人じゃないんだけどね。年齢的には。

 

でも、かなーり大人な雰囲気で、パステルはドギマギしてました。

 

ギアはギアで、辛い過去を忘れられず、トラウマのように引きずって

半ば世の中を拗ねてるように開き治って、ただただ日を浪費していたので

眩しいほど素直で一所懸命なパステルに惹かれたんでしょう。

 

 

一方、ダンシングシミターですが、けっこう好きなキャラです。

イメージはアラビアの曲剣使い。

真実の王女(下)で、王位をつぐのは自分ではなく、ミモザ王女のほうがふさわしいと言うナレオを見て、

情けなく思ったゾラ大臣。

ダンシングシミターに、手を貸してくれと頼むんだけど、それをキッパリと断るんですよね。

 

「悪いが、断る」

ダンシング・シミターは一言そう言い、堅く目を閉じた。

 

……と、ここから、ゾラ大臣が怒りまくって、

「先生、先生とおだててりゃそのきになって、たかが金で雇われた傭兵じゃないか」

 

そこで、ダンシング・シミター、ギョロリと目を見開いて。

「確かに、おれは金であんたに雇われた。しかしな。魂まで売った覚えはない」

って、日焼けした顔を歪ませ、白目のきれいな目を細めるわけですよ。

 

トラップは「ちぇ、決めすぎなんだよ!」とケチをつけますけどね。

いやいや、ほんとにかっこいい。

 

この二人の旅、きっと楽しいでしょうね。

お互い、違う部分を補い合って、いいコンビな気がします。

パステルに振られちゃったギアもきっとダンシング・シミターの陽気さに救われてるんじゃないかな??