動物を失った悲しみが癒える時間は人それぞれ | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

  最愛の動物を失うことは

  自分の1部を失うことと

  同じぐらいつらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  失った悲しみ、苦痛

  苦しみ、痛み、怒り

  喪失感、罪悪感を味わうと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  もう一度同じ思いをするのは

  耐えられないと思い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  もう二度とあんな苦しい思いを

  したくないので

  二度と動物は飼わないと言う

  人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  あのつらい思いをしない

  唯一の方法は動物を

  二度と飼わないことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  その気持ちはわかる。

  動物を失った時はそう思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  時間とともにそれがだんだん

  動物がいない寂しさに代わり

  だんだん動物がいた時の

  楽しかったことや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  心のよりどころ、心の支え

  だったこと、癒しだったこと

  動物がいたことで安心感

  があったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  安らぎだったり

  生きがいだったり

  したことを思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  あの動物がいた生活は

  忘れられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  一度味わったら止められない。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そうなるとまた動物と

  一緒に生活したくなるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  また一緒に生活したくなる

  時間は人それぞれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ものすごいショックを受けて

  失った場合は時間がかかる

  と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そのタイミングは人それぞれで

  あまり急がない方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  新たな動物と一緒に生活する

  ことで気が紛れるかも

  しれないけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  新しい動物と一緒に生活するのは

  気を紛らわすためじゃないし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  失った子の代わりになるわけでも

  ないし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  悲しみに暮れる時間がなく

  新しい動物を迎えると

  新しい子に愛情を注げない

  こともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  悲しみから癒えて新しい動物を

  迎えたいと思うまでの時間は

  人それぞれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  これは家族でも違うことが

  あってこれが難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  子供たちは割と早く新しい

  動物を迎えたくなるけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  お母さんはまだ悲しみから

  癒えてないのに

  子供にせがまれるから

  新しい動物を迎えたとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  お父さんが勝手に新しい

  動物を持って帰ってきた

  とかよくある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  悲しみから癒えてないお母さんは

  かなりつらい。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  お母さんが世話をしなくちゃ

  いけないことが多くて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  新しい子をみると失った子の

  ことを思い出して泣いたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  新しい子の世話をするたびに

  悲しみに暮れてしまったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

  動物を失った悲しみは

  ホントにつらい。

  悲しみから癒える時間は

  ホント人それぞれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  時間がかかる人もいる。

  何年も何十年もかかるかも

  しれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  それでもまた動物と一緒に

  生活を楽しめる日が来ると

  ぼくは信じてる。

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

 今日もありがとう

 人間より動物好きの獣医

 シワ神シワ男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ ビデオ通話(LINE)によるペットの健康・お悩み相談始めました

 

LINEのビデオ通話機能を使用して、オンライン相談を行っています。

腸内環境改善、統合医療相談、セカンドオピニオンなど幅広く対応しています。

詳細は下記ページをご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/tcw6o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくの勝手な他の持論の話も読んでみて!

動物の命は動物自身のもの

犬猫の仲間を失った悲しみ

動物を失った悲しみから抜け出せない

虹の橋で待ってる動物に会う時に

動物が突然逝ってしまった時

動物はいろんなことを教えてくれる

動物の体内時計の乱れ

動物は最期に何がしたいのか

動物にない人間が泣くこと

動物のことをわかり合える仲間がいる

動物に何もしないのはつらい

犬猫が何もしないで枯れるように旅立つ

動物のためにと思ってやってきたことが・・・。

動物の終末医療に悩む

動物の旅立ちのあと残る家族

動物を失った話は誰にも話せない

夢で旅立った動物と会う

ぼくら飼主は動物のことを誇りに思っているだろうか?

動物の安楽死の話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リライズニュースでインタビューを受けました。

リライズニュースは、様々な仕事がある中、まだ注目されていない原石のような方を様々な分野で活躍されている方を紹介してくれてます。

インタビュアーが読者と活躍する人の間になり、各業界にある限界にとらわれず、境界線を越えることができる架け橋になってくれてます。

ぼくもインタビューを受けたのでよかったら観てください。

 

動物の生涯は短い、だからこそ幸せなものにしたい!!動物の統合医療・獣医の藤原光宏さん

 

 

 

 

 

 


セミナーのダイジェストを作ってみた。

YouTubeのチャンネル登録もよろしく!

https://www.youtube.com/channel/UC1TQjMRG_gzVrlaS4knm0zg/

 

 

 

 

 

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

両本とも当院の在庫は完売いたしましした。

 

 

 

 

LINE公式アカウントやってます。

登録してくれたら上手なシャンプーのコツ

動画を4本無料でプレゼントします!

友達登録をお願いします。

友だち追加

 

 

 

インスタもやってます
フォローしてもらえるとうれしいです。

 

 

 

シワ男のインスタ