動物の体内時計の乱れ | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

  ぼくの勝手な持論シリーズ!

  今日の話もいつものぼくの

  勝手な持論なので信じるなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  エビデンスも何もないから

  ただの憶測なので絶対に

  信じるなよ。笑  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人では体内時計の乱れが

  免疫老化を促進して慢性炎症を

  起こしていろんな病気になる

  ことが言われてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  これってぼくら飼主と一緒に

  生活してる動物も同じなんじゃ

  ないかと思うのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  元々夜行性じゃない動物は

  日の出ともに活動を始めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  日の入りと共に寝る

  と言う生活をしていたけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人間と一緒に暮らすように

  なって現代社会では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  夜遅くまで電気をつけて

  ぼくら飼主が起きて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  テレビを観たり、ネットを観たり

  YouTubeを観たり、ゲームやったり

  してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そんな人間と一緒に生活してる

  動物たちも電気のついてる

  部屋に一緒にいたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そうなると動物の体内時計も

  乱れてもおかしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人では体内時計が乱れが続くと

  免疫機能に異常がみられて

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  肝臓では微小な炎症細胞が

  浸潤したり、細胞が脱落したり

  して軽度な慢性の炎症が

  増加してたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  腎臓では肝臓と同じように

  糸球体の細胞が脱落したり

  微小な炎症細胞が浸潤したり

  して軽度な慢性の炎症が

  増加してたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  脾臓では老化関連のT細胞や

  B細胞が増加したりしてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  こんな現象を免疫老化って

  言うんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  免疫老化って免疫が老化

  して免疫が弱っていく

  んじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  免疫のメカニズムが変わって

  いくのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  若い時は、炎症が起きる免疫と

  それを治す免疫のバランスが

  取れていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  炎症が起きても治すことで

  収まっていたんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  老化してくると炎症が起きる

  免疫が活発になって

  治す免疫が低下することで

  バランスが悪くなっていくのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  でっかい炎症を治すように

  免疫は働いてくれるけど

  ちっちゃい炎症は免疫が

  反応しなくて放置される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そうなるとちっちゃい炎症が

  慢性的にいろんなところで

  起きて慢性炎症が増えていくと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  免疫老化と言われる状態に

  なっていくのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  慢性炎症が地味に起こり

  続けるといろんな病気になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  癌、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞

  自己免疫疾患、アルツハイマー病

  うつ、精神障害、アレルギー疾患

  リウマチ、認知症などなど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ほとんどの病気が慢性炎症から

  起こると言っても過言じゃない。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  動物でもいろんな病気に

  なっちゃってる子がいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  体内時計が乱れることで

  免疫老化になり慢性炎症が

  起こる可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  動物と一緒に生活してる人は

  動物は自己管理できないから

  ぼくら飼主が生活習慣を

  規則正しくすることも大事

  なんじゃないかと思うのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  勝手な持論でした。信じるなよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日もありがとう

 人間より動物好きの獣医

 シワ神シワ男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくの勝手な他の持論の話も読んでみて!

飼主の看取りたい気持ち

動物のために悲しむのを許さない社会

動物の無償の愛はハンパね~

動物に何もしないのはつらい

愛する動物を失う悲しみ

GW動物を愛でよう

動物を失った話は誰にも話せない

夢で旅立った動物と会う

ぼくら飼主は動物のことを誇りに思っているだろうか?

動物の安楽死の話

いろんな獣医がいる

動物はそのままの飼主が好き

人間も動物も植物も昆虫も鉱物も水もみんな一緒

動物って穢れの知らない子供のよう

残る動物と悲しみを共有する

旅立った動物の遺骨についての独り言

動物の旅立ちのあと残る家族

動物の終末医療に悩む

動物のためにと思ってやってきたことが・・・。

犬猫が何もしないで枯れるように旅立つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リライズニュースでインタビューを受けました。

リライズニュースは、様々な仕事がある中、まだ注目されていない原石のような方を様々な分野で活躍されている方を紹介してくれてます。

インタビュアーが読者と活躍する人の間になり、各業界にある限界にとらわれず、境界線を越えることができる架け橋になってくれてます。

ぼくもインタビューを受けたのでよかったら観てください。

 

動物の生涯は短い、だからこそ幸せなものにしたい!!動物の統合医療・獣医の藤原光宏さん

 

 

 

 

 

 


セミナーのダイジェストを作ってみた。

YouTubeのチャンネル登録もよろしく!

https://www.youtube.com/channel/UC1TQjMRG_gzVrlaS4knm0zg/

 

 

 

 

 

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、犬の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。

LINE@、コメント欄にご連絡ください。

猫の飼い方の本は完売しました。ありがとうございます。

 

 

 

 

LINE公式アカウントやってます。

登録してくれたら上手なシャンプーのコツ

動画を4本無料でプレゼントします!

友達登録をお願いします。

友だち追加

 

 

 

インスタもやってます
フォローしてもらえるとうれしいです。

 

 

 

シワ男のインスタ