今回は滋賀県大津市からイタチらしき動物が天井裏を走っているが侵入口がわからないというお客様からの駆除依頼のご紹介。

 

■ 今回の害獣再侵入事例
【被害場所】  滋賀県大津市 軽量鉄骨造 2階建 築35年
【害獣の種類】 シベリアイタチ(チョウセンイタチ:以下、イタチ)
【ご依頼内容】 10年ほど前から1階と2階の間を時々イタチらしき動物が走り回っているので自分で侵入口を何度も探してみたがわからない。今年に入って頻繁に侵入してきているので根本的な対策をプロにお願いしたい。とのご依頼です。

 

お客様より聞き取り調査とその推測

 

●2階では足音は聞いたことがなく1階も庭側のリビングの天井裏しかほとんど聞いたことがない。

侵入口は1階の屋根より下にある可能性が高い。

●いつもパタパタ走りまわっている。
害獣生息地域からすれば「イタチ」 「テン」「ハクビシン」「アライグマ」、当然「ネズミ」はいますが、すばしっこく走りまわっているということから「ネズミ」か「イタチ」「テン」に絞られます。
※「ハクビシン」「アライグマ」はゆっくり天井裏を歩くイメージ

●庭でよくイタチらしき動物を見かける。
庭近くに害獣の侵入口がある可能性もある。
 
そんなことを頭の中にインプットしながらさっそく調査開始。
 
先ずは1階と2階の間の形跡を点検口から確認しましたが動物の形跡はほとんど見つかりませんでした。特に点検口は音がしている場所とは対面にあることと、軽量鉄骨造特有のH鋼にて細かく天井裏が仕切られているため移動ルートが限られあまり広域に走り回らないことが原因と思われます。
 
軽量鉄骨の天井裏害獣形跡なし
 
次に、床下を床下収納庫より点検致しました。
 
床下には湿気防止の防湿シートが敷き詰められていてその上に小動物の足跡が多数ついていました。これはシベリアイタチ(チョウセンイタチ/以下:イタチ)ですね。
 
シベリアイタチってどんな害獣?右矢印イタチ・ネズミ・その他の害獣の生態と被害
 
床下収納庫から害獣形跡調査
 
床下についたイタチの足跡
 
床下にこれだけイタチの足跡があるということは床下から侵入している可能性が高いため建物の周囲を丹念に調査します。

イタチをよく見かけるというお庭の床下換気口付近を調べると、イタチの侵入口がありました!
 
イタチが侵入する床下換気口
 
正面から見ると基礎の上部にある水切りで隠れて見えませんが、下からのぞくとイタチが侵入できる3センチほどのすき間が床下換気口の上に開いています。
 
床下換気口上部のすき間
 
床下換気口についたイタチの形跡

そのうえ、イタチが頻繁に出入りした時に、狭いすき間なので体をこすりつけて付着する形跡もキッチリついていたので間違いないと思います。お客様に調査結果と共に見積書を提出。ご依頼となりました。
 
施工した後は答え合わせ!

施工はアスワットのノウハウによって建物内にイタチがいないことを確認したあと侵入口の封鎖し、念のため侵入口があっているのかどうか侵入口特定試薬を使用して観察。
 
形跡試薬でついたイタチの足跡
 
出入口付近のイタチの足跡
 
侵入出来なかったイタチの足跡
 
翌日、侵入しようしたイタチが入れないためウロウロした形跡が床下換気口付近に多数ついていたので答え合わせは正解!完全防除となりました。
 
害獣防除アドバイザー福永健司
 
 

 
昨日、滋賀県高島市へ害獣駆除見積調査へうかがう途中、湖西道路、道の駅「妹子の郷」から比良山系を見た写真。あったかで気持ち良い気候でしたが非常事態宣言がでた翌日の影響か車は少なく寂しい感じ・・・涙
 
湖西道路道の駅・妹子の郷
 

 

にほんブログ村に参加しています!

クリックしていただければうれしいです♪

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ

 

【害獣防除業者アスワット公式HP】

 

アスワットHPバナー大