皆さま、おはようございます!

 

佐世保線内にはここ数年、利用者数を飛躍的に伸ばした駅があるらしい。

国道沿いの無人駅だそうですが、

その駅の様子を確認するべく、昨年12月に訪れました。

佐世保線・大塔駅
佐世保線・大塔(だいとう)駅です!

 

国道35号線に面した駅でロードサイド店舗も多く、とにかく交通量が多いんすよ。

佐世保線・大塔駅

佐世保線・大塔駅

数年前までは、ここが田んぼのど真ん中だったなんて信じられませんよね。

ちなみに駅の真上を走る道路は西九州自動車道。

佐世保大塔インターチェンジからも近い所にありますよ。

 

大塔駅の前身は昭和17年に開設された信号場です。

佐世保線では戦中、日宇駅近くの日本海軍の工廠で爆弾製造が行われており、

単線の佐世保線で当時の輸送量増加に対応するべく造られた

行き違い施設だと思われます。

佐世保線・大塔駅

 

終戦間際の昭和20年5月に駅に昇格、

2本のホームは互い違いに置かれてますが、

これっておそらくは、蒸気機関車の時代に通票を交換していた名残りなんでしょうね。

佐世保線・大塔駅

 

なお、信号場時代から利用していた駅舎(現在は撤去済)は

上り線ホームの脇にあった模様。

小児科の看板が立つ空き地の中にあったのではないかと。

佐世保線・大塔駅

 

さてさて、大塔駅で行き交う列車をぼんやりと眺めていたのですが、

ふと、気になったことが。

佐世保線・大塔駅

早岐駅方面行普通列車が到着したのに、

列車待ちのお客さんは一向に車両に乗り込もうとしません。

大塔駅に特急列車は停車しませんので、乗れるのは普通列車だけなのですが…

 

その理由はすぐにわかりました。

佐世保線の早岐駅-佐世保駅間って、佐世保線内の普通列車の他に、

大村線内を走る快速シーサイドライナーも運行されていたんですね。

ホームで列車を待つ方々の大半は、大村線のお客さんだったようです。

シーサイドライナーの到着間際には、更にお客さんが増え続けて…

佐世保線・大塔駅

 

真っ青な車体の大村線のキハに乗車されてましたよ。

佐世保線・大塔駅

 

なお、先に書いた、大塔駅の利用客数が飛躍的に伸びた理由ですが…

ずん!

佐世保線・大塔駅

 

ずずん!

佐世保線・大塔駅

駅の真ん前にジャスコ、もといイオンがあったんですね!

駅とイオンモールは歩道橋で結ばれており、それぞれがとても便利な位置にあります。

長閑な大村線の、沿線のお客さんが多いのもなんとなく頷ける気がしました。

 

特急列車の行き違いもあり、とにかく賑やかな印象の大塔駅です。

佐世保線・大塔駅

 

それにしても、昨年春に開業した奥羽本線・天童南駅といい、

イオンモールが駅に与える影響は計り知れませんな。

 

 

訪問駅リスト(JR線)

佐世保線

 

↑(肥前山口駅方面)

大町駅(平成28年2月1日)

北方駅

高橋駅

武雄温泉駅

永尾駅

三間坂駅

上有田駅

有田駅

三河内駅

早岐駅

大塔駅(平成28年2月2日)

日宇駅

佐世保駅 

読者登録してね