グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:
連日のように、介護求人の合同説明会や研修費用の補助制度の創設などが伝えられている。

2000年の介護保険施行前のような、ちょっとしたヘルパー養成熱の再燃。

厚労省「福祉・介護人材確保対策について」東京都「TOKYOチャレンジ介護」などなど、これでもかっと就労支援の旗が振られている。



これだけ費用負担が行政から出てくるものなら、もっと早く、介護現場ですでに働いている人にまわして欲しかったあせる

報酬はずっと頭打ち、一方で辞めさせておいて、あらためて低コストな人材で補充する?



仕事を失い、条件を否応なく下げた「働けるだけでもありがたい~」的なところで、介護のお仕事に移ってきたら、またまた労働条件は下ブレしかねない…。

で、業界の一部ではあまり歓迎しない向きも。

製造業とは違うとか、コミュニケーションとれるかな?ふふふとか、「でも・しか介護」は許さんドンッとか。



確かに、くる人によっては現場にかえって負担大だったり、育てる方の余裕がなかったり人材がいなかったり、考え甘くすぐ辞められたり、結局補助金を取り扱う団体(天下り…)ばかりお金まわりがよくなったりってこともある¥



でも、まぁ、初めのきっかけは様々でいいと思う目  

たまたま介護で、やってみたらハマってしまったというのはよくある話(私も)。

間口はできるだけ広く、それで裾野が広がって人材の厚みができたら嬉しいアップ



意外と、この人にはゼッタイ介護ムリと思ってた人が、利用者にとってはいい働きをしてくれたりする。

前職のキャリアが、工場労働者、IT、アパレル、販売、飲食、保険、金融、流通、自営、自衛隊、ミュージシャン、役者、派遣、フリーター、引きこもり、などなど、今までいろんな人と施設やホームで働いてきたけど、結局はそのヒト次第、意欲と工夫と人柄勝負なので、決めつけられない。



だいたい、利用者だって、その多くは障がいや疾病で、たまたま介護が必要になってるんだし。

お年寄りのキャリアときたら、それはもう千差万別。


ケアの担い手の方は、むしろもっと多様性が必要でしょう…。




さらに、いま、じわりと大きな産業構造の変化で、人材の移動は不可欠。



結局目の前の仕事が、大量生産・大量消費の構造を支えていて、地球にキビしいとか、南の国との格差も拡大させていくとか、お金にお金を稼がせる金融資本の賢さがあっちこっちで相当なしわよせと貧困を生んでいるとか、いまちょうどそんな仕組みがバレてしまったのだと思う。


ならば、やっぱりそっちの産業はそこそこにしておいて、これからは介護や福祉の分野に人も、お金もまわってくる方が、まだ健全で前向きな気がする。

地域の中でもおさまるし。




ということで、ウェルカム介護のお仕事!!

辞めるにも、やってみなければ始まらないビックリマーク



つづく。




2009年、最新版の白書にも、緊急雇用対策として「フレキシブル支援センター」(富山の宅老所「このゆびとーまれ」モデル)や「高齢者等への生活支援活動事業」などの紹介が。

グレースケアの実践レポート『制度を超えた新しい仕事を地域に創造中』も掲載されています。


人気ブログランキングへ
介護に転職、サクラサク

NPO法人グレースケア機構
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。