グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:
知的障がい/自閉の人の自立生活を支援してきた方の文章に面白いものがありました。

良い支援?―知的障害/自閉の人たちの自立生活と支援/寺本 晃久


(第6章 末永弘さん「当事者に聞いてはいけない~介護者の立ち位置について」より)


「遅刻をせずに確実に介護に行ける介護者というのは、まず介護という仕事の捉え方として、決められた時間の中できちんと仕事をするという割り切った考え方を持っていて、かつ計画通りに物事を進める能力が高いという条件が備わっている人です」


「遅刻をよくする介護者のタイプを考えてみると、介護についてその時間だけの仕事とは割り切れずに考えたり悩んだりしている、社会の主流からはずれた所で生きてきて、人生や生活については計画的というより成り行きに任せるという傾向があります」


「遅刻をしてしまう介護者の方が、どうしていい介護者である可能性が高いかというと、介護についてよく考えたり悩んだりしている人が多いということと、普段から自分自身が計画的な生活をしていないので、日々何が起きるか分からない利用者の生活に関わる上での柔軟性が高い人が多いからだと思います」


「介護を『仕事』として立てている以上、仕事の発想で介護者が入ってくることは否定できないわけですが、しかしその『仕事場』がイコール利用者の「生活の場」であることを考えたときに、そのズレを埋めて行くことは難しい問題になってきます」



認知症の人の支援でも当てはまりそうだけど、

仕事なのだけど、生活。

仕事は合理的で専門的で誰もが同じようにできなきゃだけど、生活は非合理的で時にいいかげんで人によるもの。


「いい仕事」は、仕事じみないことだったり。

といって、毎回遅れてきて、時間を越えて働くようなゆるさばかりがいいとも思えない。


施設やホームのシフトでまわす介護と、在宅やガイドヘルプで長時間マンツーマンの援助との違いもあるけど、

ただ、フツーの暮らしのあり方に違いがあるわけでもなく。


『良い支援?』のはてなマークと悩み続けられる誠実さ丁寧さは、あらためて参考になりました。








クリックは悩まずお願いします ⇒ 人気ブログランキングへ


ケアに悩んだらご相談ください
NPO法人グレースケア機構
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

車でアキラ(仮名・32歳、with知的障害)とドライブ。信号待ちでドアを開け閉めして足を外へ出している。危ない! 公園に行けばすぐ自販機に飛んでいき、揺すり出す。缶ジュースは歯であける。迫力。外出支援を終え

何とか家に戻るとあとは親御さんのグチに付き合う。「この間はエアコンを外して2階の窓から下に落っことし、大騒ぎ…」とか。「地域がいいっていってるけど、やっぱり施設に入れて安心したいよ…」とか。

 知的障害をもつひとたちとは、作業所、更生施設・授産施設、コロニー、グループホーム、養護学校などで、働いたりボランティアで出入りし、たくさん出会ってきた。ひとりひとり全然違い、愛想のよい好青年からかなりワイルドなハードボイルドタイプまでいろいろ。私のように普通学校の健常者ばかりに囲まれて大きくなってしまうと、その出会いは新鮮で、いままで「個性」とか言ってたことが何て薄っぺらだったんだろうと思わされる。障害者の「個性」ほど突き抜けているものはない。

 常に体を前後に動かし時々横跳びをしないでいられない人、視聴覚の重複障害も併せもち鼻の頭をトントンされるのが悦びの人、暗記に長けていて3年ぶりでもすぐ名前を思い出せる人、頬や唇が重く垂れ下がり独特な発声のある人、言葉を逆に言うことが得意な人(「こんにちは」を「わんにちこ」等)エトセトラ…。

あるコロニーは山のなかにあって、知的障害者だらけの街みたいになっている。いまはそんな大規模収容型の施設は流行らず、そこでも地域に戻る取り組みを少しずつ始めていた。私もわざと「ここの暮らしはどう?」と、寮生に聞いてみたりする(寮というのも古いが2030人くらいずつで寮単位で暮らしている)。答えられる人は限られるが「まあ悪くない、みんな知っている人だからね」などと言われる。あと「お母さんの家は好き」という答えもあるが、地域に出て暮らす等は煽ってみても、イメージがわかないのか、面倒くさいのか、そう乗り気でない。いまでも女子の寮の窓の下で自慰する楽しみもあるし…!(といって本人が施設に満足している訳ではない。高齢化した女子に満足しているのかもわからない)。

まあ、よしあしはあるが、その山を降りると、街中にフツーに歩いている人、電車に乗っている人の顔が、皆な同じに見えてしまう。それは間違いない。会社に行くと、一層強く感じる。同じ表情に同じ衣装に同じ言葉づかい。そのように訓練されて上手にこなせるのが「健常者」なのだから。なんて私たちは不自由なんでしょう!

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

明るいケアカルチャーに一票!

脱力系労働・ケアワークへご招待

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。