グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

事業者が泣く泣くさかのぼって自主計算した「不正」請求額、合計4億2646万円


コムスン 2億261万円

ジャパンケアサービス 1億3837万円

ニチイ学館 8547万円


最大手コムスンが、堂々の1位。ニチイを抜こうと拠点増、顧客増にがんばった成果が現れた。折口会長いわく「でっかいことがしたい」。夢がかなったよ。とほほ。


この「不正」のなかには他社のケアマネジャーに言われて、当たり前のようにやってた散歩の介助なども含まれる。すでにサービス提供し、報酬も利用者1割負担もいただき、ヘルパーにも給料を払っていたものを、ぜ~んぶご破算にして返すのだとか。(ヘルパーからはもちろん返してもらわない)。利用者にも返金したらかえって戸惑うのでは。


結局今後は、例えば散歩は認められない、でも外出介助は閉じこもり予防とリハビリに効果がある、そこで良心的なケアマネほど、買物だとか名目を替えたり抜け道を探してやるだけのこと。ナンセンスだ…。


ところで、4億2千万円といってもピンとこない。月給17万円のヘルパーだったら200年以上働かないと返せない、4回生まれ変わって生涯賃金5回分全部費やす、そんな額だ。(絶対生まれ変わりたくない)

あるいは、100人の常勤ヘルパーに2年間、タダ働きさせるくらいの金額。


でも、「不正」請求を指摘する読売新聞が先月、国税局に指摘された申告漏れの総額、4億7900万円。記事はなんだかとっても小さかったが、いわゆる所得隠し。追徴税額合わせて、なんと6億5400万円を国税局に納め直している。読売のコメント「社内連絡のミスだった」。上には上がいる。負けた。

読売新聞社会部編
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おカネが欲しい…。介護職ならどうするか?


山形のある介護福祉士の場合


給料は安い。稼がずに、手っ取り早く人からもらうには、「カネを出せっ」て言えばいい。

けど、なかなか知らない人には言えない。そんな勇気はない…。かなり思いきらないと…。


そうだ!、デイ利用者のフミ子さんならどうだ?


結構人あたりいいし。しっかりしてるからコミュニケーションもとれるし。職員にも優しいし。言いやすいかも。

送迎で行ってるから、家の間取りも分かる、帰ってくる時間もだいたい分かる、その頃にちょっと行ってみよう。あそうだ、一応変装用にマスクとサングラス(結構似合うかも)、それから、やっぱり、…包丁だよな。


コレないと、カッコつかないし。でも使っちゃいけない、使っちゃいけない。形だけだから。そう形だけ。

…あとだいじょぶかな? 落ち着いて落ち着いて。うっかり大きな声で、「はいおはようございま~す!いい天気ですね!もうすぐひなまつりですよ~」とか言わないように。


よし行ってみよう…。「カネを出せっ」。これだから。「はい手を出して、体操しましょ~」とかじゃないから。

カネを出せカネを出せカネを出せ…。よし、行こうっ!


…果たしてその顛末は?


以下引用。山形新聞より。


【顔見知りの介護福祉士逮捕-南陽のお年寄り宅強盗未遂】


南陽市荻の高橋フミ子さん(84)宅で22日、刃物を持った若い男が押し入り、何も取らずに逃走した事件で、南陽署は23日、強盗未遂などの疑いで高畠町高畠、介護福祉士で団体職員の青木清晃(きよあき)容疑者(23)を逮捕した。青木容疑者は高橋さんが通う在宅介護支援施設の臨時職員。青木容疑者は「金がほしかった」と容疑を認めている。

 調べによると、青木容疑者は22日午後6時ごろ、高橋さん宅に上がり込み、高橋さんに包丁を突きつけて「金を出せ、金を出せ」と要求し、現金を奪おうとした疑い。

 青木容疑者はマスクやサングラスなどで顔を隠した上で、無施錠の玄関から侵入、室内に押し入った。高橋さんは髪形や大柄な体形から、面識のある青木容疑者であることに気付き、「青木さん」と声を掛けた。さらに、犯行を止めるよう説得したところ、青木容疑者は出て行ったという。

 同署は22日、青木容疑者の身柄を確保した。供述通り、車で逃走した際、南陽市金山の道路脇に捨てられた包丁などが23日に発見されたことなどから逮捕した。

 青木容疑者は3年前から南陽市内の介護支援施設で働いている。高橋さんは週1回程度、この施設を利用し、青木容疑者が送迎することがあった。高橋さんは22日もこの施設を利用し、別の職員に送られて帰宅。その十数分後に青木容疑者は押し入った。


引用終わり。


そんなんじゃダメだ!


今度は着ぐるみ着ていかないと。

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

次はだれ?介護職並んでいます

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

78歳の独居女性を絞殺した疑いで、「やさしい手」所属のヘルパーが逮捕された。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061111-00000009-san-soci

(朝日では社名掲出)


介護企業や個々のヘルパーに高い倫理観が求められるのは当然だが、福祉の仕事、特にやさしい良い人ばかりに担われているのではない以上、犯罪が起きるのも避け難い。最近介護職の犯罪の報道も増えているのは、やっとフツーの専門職になったということか(医者や教師並み)。


また直接手をかけずとも、ベット柵で囲み手足を縛って拘束し薬づけにしたり、座敷牢状態でヘルパーも入れず放置という、緩やかに死に至らしめる事例は、何千何万とある。


ヘルパーから身を守る工夫を考えました。


1.お金持ちは、お金持ちのヘルパーを使う

 介護保険に頼らず自費で高級ヘルパーを雇いましょう。


2.ヘルパーの労働条件を上げ、お金持ちにする

 介護職といえば若年、母子、外国人、リストラ男…。いま訪問時のご家庭はまさに格差社会の出会いの場。


3.お金持ちが、貧しいふりをして防衛する

今度から、ヘルパーがくるたびに借金の相談をしてみましょう。嫌がられるでしょうね。


福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑


ブログでやさしいヘルパーを探す



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

『社会福祉法人経営改革の課題』が11日、厚労省?でまとまったとかで、

NHKの時論・公論が取り上げていた。


番組の内容自体は、報告書の報告がひたすら続き、この解説者は

読み上げソフトなのか?と思わせる。


サービスが画一的、同族経営、行政の管理つよい、補助金だより…等の課題、

そして何より、同じサービスをしているのに社福は非課税であること!!!


これ、民間企業からみると、すこぶる許しがたい。

職員の待遇も、最近はかなりリストラ、非常勤化が進んでいるとはいえ

行政並みの俸給表のなごりで、民間よりはマシ。

(法人によっては、また経営陣によっては、私腹で至福の社福もあり…)

(ちなみに私のところ、賞与も昇給もナシ。そんなんあり…?)


その非課税特権のいいわけとして挙げられている社福の使命が

1.低所得者の利用料減免

2.手間のかかる人を断らない

3.自主的なサービス展開(ひきこもり、自殺願望、虐待、ホームレスなど)


確かに、生活保護含め、経済的に厳しい人もちゃんと見てくれる、という面あり。

民間企業は、率直なところ、生保の人はリスクと見がち。

(ただ、それも業者によっては、逆に生保はカタイと考えるところも…。

国がスポンサーだから、とりたて漏れがない。くわばらくわばら)

でも、利用料減免分、行政が補助している。


手間のかかる人を受けるかどうかは、相談員と介護職の力量(や力関係)次第

一般的には、民間企業の方が、必死になって空室をつくらないようにするから

胃ろうに、暴言暴力、不眠でしょっちゅう転倒、感染疑いなんて人でも、

「NOというな!」と営業責任者にどやされるから、目をつぶって受け入れたり。ううう。


先日、私のグループホームを退居して社福の特養に移ったSさんのところへ行く。

Sさん重たい人ばっかりのところで、症状が進んじゃったかな…?との予想に反して、

意外と軽い人ばっかりで、Sさんがむしろ目立って重度、さらに進んじゃってるし。

(施設は重度じゃないと入れないと思っていたけど、どうしてだろう??)


自主的なサービス展開にいたっては、どうしてもNPOや任意団体(法人格すらない)が目立つ。


番組では、いちるの期待として、地方の社福が、都内の新設特養を受注している事実を伝える。

(17・18年度、18ヶ所中で5ヶ所)。

確かに、多拠点展開し、他の社福に勝ち抜く社福もあるだろう。でも、そもそも特養の受注、

民間企業全部排除してやってるんだから、競争になってないではないか???


また、地方から都に進出する法人の中身、受注の理由が不明だ。

多拠点、多角化、巨大化がいいわけでもない。

(報告書は実力のある法人への合併を促すとする)


例えば、社福の大看板、勝ち組法人といわれた「聖隷福祉事業団」。

その実態の一部は、元職員から実名入りで詳細に伝えられている(…セクハラまで)。

http://www.eonet.ne.jp/~noi-no/main.htm


番組の最後に、読み上げソフトがいう。

「社会福祉法人の使命がなくなることはない。あってよかったと思われるよう、不断の努力を求めたい」


社福の使命はなくならないだろうが、社福はなくてもよい、ほかの法人がその使命を果たしているならば。


※今回の報告書はネット上で探せず。2002年時点での社福の課題は、

東京都がまとめている。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kaikaku/kaikaku/mokuji.htm

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

金儲けはイヤだと社福にひきこもり



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長崎のグループホームで火事、認知症高齢者7人が亡くなった。

http://news.fs.biglobe.ne.jp/social/ym20060108i102.html

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


ニュースの続報を見ていると、だんだん原因が明らかに。入所者の1人が食堂室で喫煙し、火の不始末があったらしい。ホームはそもそも禁煙。施設長は以前から本人に注意をしていた様子。

はじめは、火の不始末を見守りしきれなかった問題だと思ったけど、これ本人、わざわざ夜中に、職員の仮眠を見計らって隠れて吸っていた、のかもしれない。

長年たしなんできた方ならば、タバコくらい自由に吸って頂きたい。他の方が嫌がるなら、場所だけ決めるとか誘導で。夜勤1人時キツければ、先回りして勧めて吸ってもらうとか。「隠れて吸う」のが本人楽しみなら、「隠れて吸うのを隠れて見守る」ケアプランで対抗するとか。

喫煙について入居前の約束はどうだったのか、本人の認知症の状態は、タバコやライターの取り扱いは、他の入居者の思いは、家族の考えは、、、

建築、設備や避難体制の課題とともに、ケアの中身も気になる。今後明らかになるのを待ちたい。

でも自分のホームで火事になったら、とりあえず、誰から助けたらいいんだろう?

やっぱり歩ける人と軽くて背負える人優先か? シーツを担架に2人がかりで? ムリだ…。

 

消防署に聞くと、とりあえず逃げて、誰がどこにいるか教えてくれればいい、あとは任せてとのこと。

前に消防団にもヘルプをお願いしたが、自分たちが助け出すくらいならそりゃ大火事だ!と笑われた。(消防署の方が近い。ホームから3分)。消防団はあとから火事場を見にきてくれるだけか?


私も消防団に入ろう…。

福祉介護のブログ・リスト

↑↑          ↑↑

今回の事故をどう考えますか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 三好春樹さんの講演会に参加。数年前、研修の仕事でご縁があり、ひところ施設ツアーや読書会に参加したり、ときどき講演を聴きに行っている。

 テーマは「グループホーム虐待致死事件」を考える~あれは自分ではなかったか~」。タイトルは重いが、久しぶりに大笑いしたセミナーだった。夜は人を狂わせる寝ないボケはいかん、キレイごとではない申し送りなど…。高口光子さん、下村恵美子さんとも、キツイお年寄りとのガチンコ勝負を披瀝し笑い飛ばす面白さ。

 「絶え間ないナースコール、3回に1回だけ出る」「78kgの巨漢の介助を避け、できるだけ離れた居室にひそむ」「夜間30回ものトイレ、重たい布団をいっしょにかぶり這い出しにくくする」。夜勤の、夜明け前の、不穏で夜通し寝ない人がいるときの、爆発しそうなつらさ。同じ同じ、やっぱりつらいんだーと安心する。そう、延々トイレ介助のつづく、あの感覚、自分が他人の尿意や便意にふりまわされるだけの存在になる、あの何とも言えないキツさ。

「専門職として」「プロの倫理で」「仕事だから」と迫るのは簡単だが、そのために介護職を追い込み無理させて急にキレたり燃え尽きたりするよりは、相手に入り込み過ぎない、介護する/介護されるの関係を降りるワザが肝心、と三好さん。いわく虐待事件も今日はダメだとあきらめて、ほったらかしにできれば避けられた。

叩かれたら叩く・噛まれたら噛む・ツバを吐かれたら吐き返すなど、喧嘩のできるくらいの関係、生き物と生き物という関係まで「下に」降りる、あるいはふと気をそらす(子どもが泣いてグズっていても「ほら飛行機」と見せると泣きやむような)同じものを眺める関係に「横に」降りるなど、介護する/介護されるの関係にひそむ権力を自覚し、意識して降りられること。

介護のサービス化は、むしろ、介護サービスを提供する側/自己負担を払いサービスを受ける側という関係をよりハッキリさせようとする。倫理やマニュアルが介護職をしばり、お客様と闘ったりほったらかすなんてもっての外、と思われている。確かに、介護者の方が容易に強い立場になるので、対等に振舞うことが即、相手を傷つけることにつながる。それは充分に注意した上で、でも、本気で関わろうと思ったら、介護する/介護されるの関係を超えた(あるいは降りた)関係、本人にとっても自分らしさ(ただの「介護を受ける人」ではないその人自身)を発揮でき肯定される場面をつくっていくことが、必要ではないだろうか。特に「介護を受ける人」役割など微塵ももたないパワフルな方々を相手にするときには。

介護blogで探すいい関係
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

銀行のフリーダイヤルに無言電話をかけまくったため、介護福祉士が逮捕されたとの報道。一瞬まずい自分か?と思ったが、銀行には無言ではなくちゃんとクレームを言うようにしていたはず。だいたい年齢も5歳年上だし、まだ大丈夫。

容疑者は「日々の平凡な暮らしと老人介護という仕事上のストレスを晴らすためにやった。若い女性の声を聞きたかった」などと供述。

家族介護は大変だが、仕事しての介護は確かに高ストレスとはいえ、ほかの仕事に比べ勝るわけではない。自分もケア中やっぱり心中握りこぶしの場面もあるのだが、ストレスといえば、会社勤めの方がきつかった。例えば商品がないのにハッタリで行政の入札に参加し、うっかり落札してしまったとき。やばいやばいやばい!

介護福祉士の利用者に対する犯罪は許せないが、介護をしているというだけで何となく「やさしい人なのだな」「人のために尽くす偉い人だな」という偏見をもたれるよりは、普通に逮捕される介護福祉士が出てくるのは、まっとうなことと思われる。要は、若い女性の声を聞きたければ、テレクラに行くとか、天気予報をみるとか、別の工夫をしてくださいということでしょう。

人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。