グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

欧米で人気というリアリティー番組


特別な環境や条件におかれた数名の人たちの様子を映し、ゲームや視聴者の投票で脱落、勝ち残り者に賞金が出るというシロモノ。


無人島での生き残りでは日本版も作られた『サバイバー』。崖からのとびこみ、みな恐がってイケず、リアルってつまんないなと思わせた。


本場では、妻同士を入れ替えて他人の家族内で12日間過ごすものだとか、上司が入れ替わるもの、ダイエットで減量を競うもの、富豪の課題に応え出資を得るもの、セレブや新婚家庭に入り込むもの等々、いろいろなバリエーションがある由。


19日の朝日夕刊によると、隔離された住居で共同生活を送る様子を撮った、『セレブリティ・ビッグブラザー』のなかで、インド人女優に対し白人女性が「まともな英語も喋れない」「スラムに帰れ」などと偏見丸出しで罵り、それが英印両政府を巻き込んだ騒動になっているとか。


CNNの報道 http://www.cnn.co.jp/world/CNN200701180004.html


人種差別との批判に対して、テレビ局は「社会的・文化的衝突」、白人女性の代理人は「ストレスの強い環境下での個性のぶつかり合い」と反論、要は、放送コードを飛び出して差別を含むリアリティまで映しとられたということだろう。


似たような番組で思い出すのは、『ザ・ガマン』。

六大学対抗で、ゴキブリの袋とか、逆さハリツケ、おしっこガマンとか競い、決勝戦はたいてい、絶食で勝負。脱落した人が、豪華なディナーを目の前で食べ始める、それを実況する三遊亭夢之介。欲望との葛藤を目の当たりにさせられ、人間の正体を浮き彫りにする切なくもシビアで、そしてくっだらない番組だった。


もちろん、毎回欠かさずみた。

(ガマンしすぎで火傷を負う事故があり打ち切り)


認知症ケアの切り札!とひところもてはやされたグループホームも、正式な名称は「認知症対応型共同生活介護」。

施設の集団処遇に比べれば、確かに個別ケアはゆきとどくも、「共同生活」の不自然さは否めない。まして、個性の煮詰まった80歳、90歳を越えた認知症老人、いきなりの共同生活…。


今日もご飯前、「こらっ!手を出さない!まだ食べちゃダメだ!」と叫ぶおじいさん、一方で、目の前にある美味しそうなものには、素直に手を伸ばすおばあさん、


あるいは、ペーパーやら湯のみやら台ふきやらスプーンやら、持ち帰ってタンスにためこむおばあさん、それをいちいち見咎めて、大声で責めるおばあさん、


足が弱くて動けずウトウトしているおばあさんの周りで、イソイソ掃除なんかしながらまったく信じられないよこの図々しさと嫌味を並べるおばあさん、、、


それぞれの思いを汲んで、仲介したりスカしたり気をそらせたり巻き込んだり。立ち回りがヘタだと、いっしょになって、責められたりして。「あんたもちゃんとしなさいよ!ボサボサ突っ立ってないで!」


ううう。

ガマン。


どんなキャラクターでサバイバルを図るのか、スタッフ間でも、自分の持ち味の出し方が工夫のしどころ。視聴者がいたなら、ゼッタイ一番はじめに落とされるよなっつうキャラほど、けっこう強い。応援したい人が、リタイアして退職したり…。


とまれサバイバルは、やはり年の功、関東大震災も戦地や空襲も生き抜いてきた入居者に、職員はかなわない。ふりまわされて、ガマンして、そしていつか、やっぱり亡くなるときがくる。


それってでも、共同生活の場からは立ち退くけど、ご本人負けたというより、勝ち抜けですよね。


最後に勝ったら、実生活で負けっぱなしだった人でも、まぁいい人生だったといってひっくり返せるのではないか。


そんな介護職のささやかな自負のために、差別も抑圧もない共同生活を!

放送されても大丈夫!

タイトルはやっぱり『ザ・ガマン』!

福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

欄外退場をクリック一票で救おう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます!


「…………」


「あけましておめでとうございます! 新年ですよ、元旦、1月1日でーすっ。

あけまして、おめでとうございます! お・め・で・と・う


「…………」


「あけまして、おめでとう! おめでとうございます。お・め・で・と・う!


「……、何?」


「おめでとう、ございますっ」


「……、ありがとう


ううううううー。

つう挨拶から始まった今年のお仕事。


とにかく正月のホームは気楽だ。

昨年の正月とだいたい同じ。


↓↓正月勤務の醍醐味↓↓

http://ameblo.jp/yari123/entry-10007673500.html


天気がよかったので、近所の八幡さまの初詣も、珍しく行列。

スロープで脇から入るも、宮の前までは入り込めず、不老長寿を願うも斜に構えた体でちょうどよいかも。みんなすでに長寿なので

三々五々、でも去年よりも車イスが増えている。スタッフ数も限られるから、来年はもっと何往復か必要そう。独歩の人も帰りは結構ふらふらだったり。行きはよいよい、帰りは恐い。転倒。


今年のホームの新趣向は獅子舞。地元で細々とやっているのを探し出して声をかけた。

正月らしく、ひと踊りしていただき景気をつけたい。


悩ましいのはお祝儀。どれだけ出せばいいのか?

おひねりか祝儀袋か?

入居者に相談すると、あ~昔はよくきたよ、三河万歳…、とかなんとか。


結局、どっちも用意。小銭を用意して、みんなでひねっているうちに、獅子舞が賑やかに乗り込んできた!

早い、用意ができていない、しかも、この獅子舞、2匹とも、かなり本気だ! 派手に動き回る、ホームなんて狭い家ん中みたいなものだから、かなり迫力がある! おっきい。これは踊っているのか、脅かしているのか、う~ん、生の獅子舞っていうのは、なかなか激しい。ひねった小銭、一人一人から口に入れてもらおうと思ったのに、驚いた一人が慌てていくつもまとめて放り込む。あぁ、それでも許してくれない!


そして、また別の入居者は、急に体を震わせて泣き叫び出した! あ~ごめんなさい、恐かった恐かった…。 慌ててお部屋へ誘導。布団をかぶって超不穏、怒っている。あ~、驚かせてごめんなさい…。


手拍子うって、喜ばれる人もいるのだけど、結構びっくりして、呆気にとられる感じ。

初めてみた!と興奮しているのは96歳のジイさん。入れ歯と痰が飛び出しそう。いや、この歳になっても初体験があるっていうのは素敵だと思う。


普段はマメな働きもののカナメさん(仮名・86歳)、お金のこだわりが始まるととめどないのだけど、今日も、小銭を触ったし、しかもバタバタっとしたから、イヤな予感はしたのだが、案の定、夕方も、夜も、夜中も、「私、300円、ついね、獅子舞に出しちゃったけど、あれ、いやいいんですよ、お金のことで汚く言いたくないですから、でもね、つい私、がま口から出しちゃったんです。人に言われて、早く出せっていうから。えーっと3,000円ね…」、明け方も…。


ホームで祝儀用のお札や小銭は用意したのだけど、自分で払ったと思い込まれている。いや、獅子舞すごかったですねぇ!と話題を変えるも、当然、通用しない。たいていは、カナメさんの言い分をうなずいて聞けるのだけど、お金に関してはなかなか難しい。


で、お金心配なら、数えてみましょうか?(と本人もっているお金)というも、「いやいやそんなことは…、そこまでしなくていいです、縁起物だから、そんなにたいした金額じゃないし、ま、3,000円出しましたけど…」と納得されていない。

話を聞きつつ、なんかしているうちに気が紛れたり、近くで叫びだす方がいて、そっちの世話に走ってくれたり(こだわりには、別のこだわりで制す。もっと大変)。


やっぱり悩ましい。


あと無粋を承知で、獅子舞に、祝儀の領収証をもらう。怒られて大きな口で噛み付かれたらどうしよう、とか、逆に愛想良く口にペンを加えてさらさら首を振って書かれてもイヤだなと思ったが、普通に太鼓の係りの人が太鼓の上で書いてくれる。


で、獅子舞からも年始がわりの包みをいただく。

中身はタオルとか手ぬぐい、かな?と思ってみたら…


大小の祝儀袋セットが入っていました。

来年は、これを使って、お獅子にたくさん食べさせて下さい、小銭やティッシュではお腹をこわして暴れます宣言?


これもまた、悩ましい。


景気よく悩みが積まれた、初春でした。

1年つかって考えよう…。


福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

正月勤務の醍醐味ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます。


去年は年越し夜勤でしたが、今年は31日も1日も日勤。2日夜勤。

おせちに張り切る年寄りとスタッフ。3が日くらいは残り物を一品二品使えて、和紙の下敷きや宝船風アレンジなどの演出で、普段の私お得意のテキトー料理もあら立派な祝い膳!正月バンザイ!


業務もあわてないあわてない。普段からわざとゆっくりペースを心掛けているが、特に正月は、「正月だから」の一言で許される範囲が広がる。あわてて起床せんでも、正月だからゆっくり起きよう、面白いテレビもあるし寝るのもぼちぼちで(といってもたいてい早く寝る)、風呂も正月だからゆっくりつかって、、、うんこもゆっくり出して(とはさすがにならない)。


家に帰ったりする人は少ないけど、1、2食あるいは1泊くらいは外でっていう方も1人2人はいるから、なんだかラクチン。あとは張りきって初詣!行くぞ! 寒い…とためらう向きには、今年最後かもしれないのに行かないでどうする!と(人をみて影ながら)叱咤し、行けばいつまでも手を合わせて後ろからどつかれたり、おみくじ見せ合ったり、賽銭の額を比べたり。


戻って百人一種、秋の田の~とおじいさん朗々と詠み上げているのに、おばあさん「よく聴こえないよ!はっきり詠んで!」とクレーム。最初はイスに座っていたのにそのうち立ち上がって必死。終わって負けてると「まったく正月そうそう下らないよ」と捨て台詞。いいぞ明治女!100まで頑張れ!


90を超えたじいさんは、たいてい弱々しく、そろそろ怪しいかな、最近歩くの怪しくね?、食事食べないぞ…、威張り方もさえないね~、というのが一つのパターンだが、90を超えたばあさんは、ますます元気だ。何かふっきれるのか、さすがここまで生き残ってきただけのことはある、と思わせる。

長生きした人は何となくそれだけで偉い!立派!おめでたい!長寿!と、一般的にはもてはやすことになっているが、100年近いサバイバルを生き抜いた究極の勝ち組のこと、本当に立派なのは耐え忍んできた周りの家族だったりする。


正月でも家族がホームに来ない、連絡もないことを嘆く向きもあるけれど、それはそれ、ご家族様にとっても本当に久しぶりのお正月かもしれません。慶ばしいことです。

福祉・介護blogランキング
↑↑          ↑↑
お年始かわりにクリック!



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 永井さん(仮名・82歳)、日中は家事も厭わない働きもの。夜は2時過ぎから起き出し、眠れない。①タンスを開け洋服や下着を広げ、呼びに来る。「これは誰の服なの」「永井さんのですよ」「あたしのじゃないわよ、誰かが勝手に入れたのよ」「でも名前が書いてありますよホラ」「嫌だ、誰かがあたしの名前を書いているわ!」 だんだん怒りがエスカレート。「とにかくあたし、こんな趣味の悪いのはもってないから、あんた片付けて!」うっ。仕様がないので適当にまとめて預かることにする。

そのあとは不安。②着替えて出てくる。「着る服が全然ないの。あなた知らない? 誰かに盗られたみたい」ううっ。ここでさっきいらないと言ったので云々と伝えても当然逆ギレ。「じゃあいっしょに探しましょう…」と、探すフリをしながら、預かった服をしまったり出したり。「これ違います?タンスの上にありました!」「あ~あ~ありがとう!」「よかったよかった!まだ夜ですからお休みなさい!」そして10分とたたないうちに①「これは誰の服なの(怒)うううっ、以下朝まで②①②①②①②…繰り返し。

 本人は忘れているのだから、そのつど怒ったり説明したりしないで、初めてのように対応するのが認知症のケアの基本。それでもどこかでうまくかわせないか? 他の人の居室に介助に行き、暗い中スタッフを待ってたたずむ永井さんを遠めに去るのを待つ、という手は初級。何度も着替えを出したり片付けたり、寝巻きや服を着替えては出てくる。そこであきれ半分、笑顔で一言「永井さん、またお色直しですか?」。これは本人に大ウケ、その晩の繰り返しは終わり。

本人の意向を尊重して納得されるまで延々とつき合ったり、常にうなずきながら感情を「受容」してみせるのもワザだが、正直、限度がある。どこかで気をそらしたり、こだわりの連鎖をたちきる芸が必要。同じ芸が毎回通用するわけでもなく、スタッフによっても仕えるネタが異なる。お願い神様! 永井さんにはどんな対応がハマるでしょうか? 教えて下さい!


福祉・介護のネタランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

帰宅願望」、ヘンなことば。施設などで帰りたいと繰り返し、玄関付近に貼り付いている方々を指し「帰宅願望」が強くて困るなどと使う。いまだに「問題行動」の一つとして言われることもあるが、実際は安全な外出を本人に許さないケアや環境の側こそが問題。


ここはやせ我慢して「在宅復帰のために強い意欲がある」とポジティブにとらえるのが今の介護のトレンド。家に帰りたい気持ちは至極当然なものだがら、なくなったら困る。ただし、「家に帰りたい」という言葉のウラに「今のホームに居場所がない」とか「自分が安心できる場所に行きたい」「とりあえずヒマ」「隣のじいさんがうるさい」「スタッフのヒイキが気に入らない」「うんこが出ないので苦しい」などの理由があるのであれば、そちらを何とかすることも大事である。


ホームでは塚田さん(仮名・89歳)。膝の痛みで時々歩けなくなり車イスを頼るが、夜勤時スタッフが隠れているとスタスタ歩く曲者。朝夕顔をしかめて玄関に座っている。やがて四国の実家に帰るといってゆっくり歩き出す。「まず羽田まで電車で行って飛行機ですよ、娘さんに迎えに来てもらいましょう」と、お約束の声かけは無駄。歩いて帰るつもりだ。


即座に他のスタッフの動きとタイミングを図り、3つの方法から選ぶ。①口八丁でごまかしフロアに戻る(「帽子かぶってオシャレしてから」「帰る前に塚田さんにどうしてもお願いが」など)、②買物や散歩など他の入居者を誘って出かける(1対1で出ると残りがつらいので)、③とりあえずそのまま本人に出てもらい尾行する


③はリスクも低くない。つかず離れず後をつける。塚田さんは右手に杖をつきながら、左手は柵や杭を頼りに歩いている。細い道、後ろから車が来れば、自分が車道に張り出して安全を確保。途中、ふらついたりすると胸がドキドキ、ああ植え込みのレンガに腰を降ろそうとしているが座り損ねて転倒しないか!と50cmまで近づいて手を差し出しつつ見守り。このスリル。無事座ったところで慌てて身を隠す。


尾行していると、時間がゆっくりで街の観察ができる。3歳くらいの女の子が側溝を覗き込んで、やがてお母さんと手をつないで歩いていく。子どもはいつか自分から親の手を離れていく。それが再び誰かと手をつないで歩くようになる、そのタイミングは本当に、難しい。


そろそろ、歩行が怪しくなってきた。次の角まで行ったら「あれ?塚田さんこんにちは!お出かけでした?」と声をかけよう…。

吉田拓郎 家へ帰ろう
人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

入居者の川辺昭雄さん(仮名・84)、女性スタッフへのセクハラがひどい。夜間、ズボンをおろしてのパッドを交換する時「アレしない?」「君の××貸してよ」と卑猥なことば、日中も廊下で歩行を介助していると、そのまま自分の部屋まで連れ込もうと魂胆。適当にスカして逃れるが、慣れないとかなりのストレス。


ただ、川辺さんがエライのは、選り好みをしないことだ。この間は実習生できた曙親方にもちょっかいを出していたし、同居のおばあさん(76)も気になる。年下だし。ただし口説き方が下手。「アレしない?」ばっかりだから。


障害者の在宅支援では、同性介助がかなり当たり前の原則になっているが、施設では、まして高齢者介護では、まだあまり同性介護へのこだわりを聞かない。男介護職が平気でおばあさんの入浴介助しており、おばあさんも男の人に悪いね~とか言いながら嬉しげだったりする。


ただなかには絶対男ダメ、更衣も食事介助すらダメ、不穏なときは話しかけるのもダメ、というおばあさんもいる。イヤならイヤといえる人はいいが、意外と我慢しているおばあさんなら、川辺さんに受ける介護職以上のセクハラに日々さらされていることに…。


 人気blogランキングへ  


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小規模多機能、地域密着型サービスと、少人数で家庭的な環境で行うケアが流行だ。特養も今や新しいものはユニットケア(個室+共有リビング)が標準。

 

確かに、集団処遇の旧来型施設に比べて、より個別の関わりができ、小回りもきく。例えば日曜日は早番だったが、天気がよく暑かったので午後、入居者3人と氷屋さんにアイスクリームを買いに行き、ホームの裏庭にパラソルを出してオヤツ。気分は夏、風が気持ちよい。前いた老健だったら、まず難しい。

 

ただし、個別に関われるということは、それだけ個々の関係が深まり、煮詰まりやすいということ。自分たちだって知らないもの同士、いきなり共同生活を送れといわれてもキツイ。まして80年も90年もまったく異なる生活を築いてきた方々がいっしょに暮らすというのだから、トラブルがない方がおかしい。

入居者同士に加えて、入居者とスタッフ、そしてスタッフ間も…、いつも笑顔でニッコニコではなく、闘い葛藤もある現実。まぁ喧嘩もあっての家庭だし、お互い忘れやすいから救われるけれど。

 

グループホームの正式名称は、「認知症対応型共同生活介護」。共同生活介護―考えるとよくわからない、ノウハウの蓄積はまだまだこれから。

     人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。