グレースケアのとんち介護教室

時代の先端にして崖っぷち、ケアのトレンドを脱力レビュー。


テーマ:

鉄火焼、ホンダ製菓の「二度焼きしょうゆ」。

http://www.honda-seika.co.jp/shohin/syohinfr.html


「お子様からお年寄りまで食べやすいよう、ソフトで軽く仕上げました」とパッケージーにでかでか書かれている。確かにとてもやわらかく、入れ歯でも食べやすい(入れたことはないが)。

せんべいのバリアフリーを売りにしている点では世界初ではないだろうか。

とかく介護食・高齢者向けなど謳われがちだが、お子様から~とユニバーサルを強調しているところも好感がもてる。


味も私は好きだが、ややチープな印象も残る。しょうゆの香りは確かにするし、香ばしくてよいのだが、場所によって舌につく刺激があり、これベビースターラーメンのような味わいに転化しかねない。


ただ、無選別・こわれありと銘打ついさぎよさとお値打ち感、そして普通のせんべいの2倍はある大きさ、それが10余枚ざくざく入っているボリュームは、せんべい好きにはたまらない。

バリアフリーせんべい(あるいはユニバーサルせんべい)、食品のバリアフリー化の先駆として、光あれ。

バリバリバリ…

nidoyaki


おいしさ  ★★

たのしさ  ★★★★

おねだん ★★★



福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

その他のバリアフリーはここから

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

私はせんべいが好きだ。ケアカルチャーの主役が高齢者ならば、ヤングよりもオールド世代により支持されているせんべいは、まさにケアカルチャーの象徴といってもいい。せんべいは渋谷よりも巣鴨に似合う。


モダンなところでは、チーズアーモンド。


ほかのせんべいに比べて高いので普段は手が出ないが、正月なので奮発する。うまい!せんべいの上にチーズが乗ってさらにアーモンドが乗ったシンプルな構成、醤油の香ばしさとチーズのほんのりとした甘さ、そこにアーモンドの歯ごたえが加わり絶妙のハーモニー。


よくみると、チーズのかかり具合やアーモンドの位置がばらばら。でもこの手作り感が嬉しい(本当は工場の不具合なのかもしれない)。


食べ方も工夫次第。アーモンドチョコレートのように、頑張ってなめつづけて、最後アーモンドになったところをコリッと食べたり(そんなところに頑張る意味はミステリー)、アーモンドだけサディスティックに取り上げた2枚をチーズ面で合わせて食べたり、半分だけかじって豆の断面に黒ずみがないか観察したり、いろいろ楽しめるが、やっぱりおもむろに丸ごとボリボリ食べるのが一番おいしい。そして小袋をどんどん開けて食べ続けるのが最高の贅沢である。(入れ歯には少しこたえるかな?)


三幸製菓のブログによると、昨年20周年を迎えたロングセラーとか。http://www.sanko-seika.co.jp/blog/index.php?/archives/12-20th-AEnniverssaery.html#comments


ヒトと違って平均寿命がどんどん短くなっている嗜好品の世界ではなかなかの長寿!? 私がもう少しお金持ちになっていつでも食べられるようになるまで、存命してくださいね。


現物


三幸製菓 チーズアーモンド

 おいしさ ★★★★★

 たのしさ ★★★★

 おねだん★★


福祉・介護blogランキング

↑↑          ↑↑

ケアカルチャーを押し広げる

ワンクリックよいしょ!ポリッ!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。