カメラを通じて、人間力を磨く。フォトコミュニケーション®協会 渕上真由オフィシャルブログ

フォトコミュニケーション®協会 代表理事の渕上真由です。

わたしの撮影では、あなたの魅力を「写真」というカタチにし伝えていきます。

カメラがあると上手く笑えなかったり、自分の顔が嫌いな方が、写真を通して自分を見つめ、自分を愛おしく思う時間を作ります。


テーマ:

東京では、じっとしていても

うっすらと汗ばむような陽気になってきました。

 

毎日着る洋服も、

季節と共に軽やかになってゆきますよね。

 

 

さて、先日、わたしは代官山で

撮影をしてきました。

 

 

今回は、アパレル企業さまの

新ブランド発表のイベントで、

 

セットアップをお買い上げの方に対しての

特典として、プロフィール撮影をさせていただく、

というものでした。

 

 

 

会いにきてくださった方、ありがとうございます!

 

 

 

 

窓のない会場なので、ストロボ撮影。

 

 

レフ板を持ってもらうアシスタントとして、

フォトコミュニケーション協会の

インストラクターにも入ってもらいました。

 

 

 

 

短時間で、大人数の方を撮っていくのは、久しぶり!

この緊張感、嫌いじゃないです。

 

 

わたしは、普段は、撮影前にコーチングという

手法を使ってお話を聞かせてもらっています。

 

 

まずは、

 

 

「どんなお仕事をされているのですか?」

 

「どんなことが好きなのですか?」

 

 

と、本人も話しやすいパーソナリティからスタートし、

そこから徐々に

 

 

「どういう自分になりたいですか?」

 

「どんな未来を作りたいですか?」

 

 

と、これからのことを考えてもらえるように

うながしてゆきます。

 

 

 

そして、お客さまの未来のイメージを

共有させてもらうことで、信頼関係を作ってゆくわけです。

 

 

 

わたしは、お客さまのことをよく知って、

その見つけた魅力を撮影する。

 

 

そしてお客さまは

 

「わたしのことを、わかってくれる」

 

安心感を持って、自然に輝く姿を、わたしに

見せてくれるようになります。

 

 

お互いの信頼関係があってこその一枚、が

撮影できるようになるわけです。

 

 

 

 

 

 

しかし、こういうイベント会場ですと、

じっくりとお話しを聞かせてもらう時間がありません。

 

また、お客さまは緊張しているので、話も表面的になります。

 

 

わたしとしてもとても残念なのですけれども、

お客さま一人一人のパーソナリティを、

そこまでじっくりと引き出すことができません。

 

 

 

 

では、今回、

限られた環境と時間のなか、どうやって撮るのか?

 

と言うと。

 

 

それは、

 

「わたしが直感的に撮ってゆく」

 

ということになります。

 

 

とは言っても、ただ、やみくもに撮っているわけでは

ありません。

 

 

 

撮影の前や、挨拶をしているときに

感じている直感。

 

 

この初対面の印象は、8割は正しいと思います。

外見が9割なんて本もありましたよね。

 

 

 

もちろん、わたしの直感がいつも正しいとは限りません。

 

ただ、今まで3000名以上の方を

撮影させていただいているうちに蓄積されてきた

 

「あ!この方は、こんな感じで撮ればいいのかな?」

 

という導入は、大幅に間違っていたり、

真逆だったりすることは、どうやら少なくなってきました。

 

 

 

その直感から始めて、

そこからは撮影しながら微調整をしていきます。

 

 

しかし、やっぱり、まだ相手との深い信頼関係は少ないままです。

 

 

その中でこちらが工夫できる事は、

その都度、できるかぎりやっていきます。

 

 

たとえば、安心感を持ってもらうまではいかなくても、

少なくとも不安は感じさせないようにする。

 

 

そのためには、指示を出して、

とにかく相手を動かしていきます。

 

 

視線を動かしてもらう。

 

体の向きを変えてもらう。

 

手のポーズを変えてもらう。

 

表情を誘導する。

(でも、「笑って」とは言わない)

 

 

どんどん指示を出して、

よければ「いいですね」とお声がけをして、

安心してもらいます。

 

 

 

不安になる間がないように、

一気に撮り進めていく中で、

安心感を感じてもらう、という方法です。

 

 

この方法は、多くの方に効果があり、

最初は緊張されていた方も、真剣に向き合ってくれます。

 

 

はじめはわたしがペースを主導する形になりますが、

どんどんとオープンになってくれる感触が

お互いにある。そんな感じです。

 

 

これ、わたしの方法です。

 

 

 

 

 

 

他のカメラマンさんに、

 

「独特な撮影方法だね」

 

と言われたので、

もしかしたら、変わっているのかもしれません。

 

 

 

 

が、もしかしたら、

 

短時間で、初対面の方に向き合うお仕事の方、

 

たとえばスタイリストさんや、

メイクアップアーティストさんなどには

参考になる方法かもしれませんので、

よかったら試してみてくださいね^^

 

 

最初の印象で、とにかく進めながら微調整をしていく。

 

 

これ、全部を知ってからやろうとしたら、

時間がかかりすぎてしまうこともあります。

 

 

本当はじっくりしたいけれど、

場と状況によっては、臨機応変にすることも大切ですよね。

 

 

 

あなたも、お仕事やプライベートなどで、

 

 

「本当は、もっと時間をかけたい。

 でも今は、そんな余裕はない」

 

 

なんてことがあるかもしれません。

 

 

その時は、自分の直感に身をゆだねて、

そこから微調整をしていけばいいや、

 

ある意味、思いきってしまうこともいいかもしれませんね。

 

 

 

もちろん、じっくりと時間をかけられる時には、

時間をかける。

 

 

時間をかける時と、

直感にゆだねる時。

 

 

そんな繰り返しが、

 

 

より精度の高い直感を磨き、

より深い時間を共有できるようになる

コツだったりするのかもしれませんね。

 

 

わたしも、少しずつ磨いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!(40)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、代官山で撮影。
ゆっきーが、アシスタントとして来てくれて
こんなに大きなレフ板を持って頑張ってくれました。



 
わたしが無料で撮影しますよー^^
一定金額以上(上下かな?わたしもわかってない)の
お買い上げの方へのプレゼントです。





簡単な調整、修正をして5カットはお渡ししたいです。
(普通に撮影したら、お洋服代以上になります。)
 
 
明日のポートレート撮影は
5月14日(土) 10時開場、13時30分閉場
場所は、代官山ヒルサイドテラスです。
 
アパレルブランド ラブリークイーンさん主催。
 
新しいブランドデビューの発表会で、
一定金額以上のお買い上げの方に、
ポートレート撮影をします。
(メイクとスタイリング付き)
 











フォトコミュニケーション協会から、優先情報をメールでお届け。
無料メールマガジンはコチラ


好感度アップ 魅力的 プロフィール写真 写真が苦手 渕上真由 クリスティーナ 写真嫌い 撮り方 撮られ方 写り方 魅力的に撮られる 魅力 写真活用 iPhone 自撮り フォトセミナー フォトコーチング フォトコミュニケーション フォトスクール 写真教室 Canon Nikon OLYMPUS Panasonic SONY カメラ教室 写真の学校 カメラ 写真 フォトテクニック 写真技法
いいね!(42)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おやすみフォト vol.382
 
未来を見据えて
 


***
 
バーバリーシープさん@上野動物園
 
この子たち、草食なのに、
すごい角を持っていて、えらい目つきが鋭い。
 
これがアスパラベーコン男子ってやつか!
(肉食に見えて、草食男子)










フォトコミュニケーション協会から、優先情報をメールでお届け。
無料メールマガジンはコチラ


好感度アップ 魅力的 プロフィール写真 写真が苦手 渕上真由 クリスティーナ 写真嫌い 撮り方 撮られ方 写り方 魅力的に撮られる 魅力 写真活用 iPhone 自撮り フォトセミナー フォトコーチング フォトコミュニケーション フォトスクール 写真教室 Canon Nikon OLYMPUS Panasonic SONY カメラ教室 写真の学校 カメラ 写真 フォトテクニック 写真技法
いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フォトスクール全6回修了時に書いていただいているアンケート。

 

「フォトコミュニケーション協会って
どんな雰囲気?」

 

「どんなことが学べるの?」

 

一番伝わると思うので、お伝えします。


* * *

 

 

1、協会のレッスンに通い始める前、どのようなことを解決したかったですか?

(写真についてでも、それ以外でもOK)

 

カメラが難しい物であるという先入観を持っていたので、

上手に撮影できることが一番の解決したいことでした。

 

 

2、あなたがフォトコミュニケーションのレッスンを

 受けようと決めた「決め手」はなんですか?

 

カメラマンとの交流が多くなり、

もう少し上達できたらとの思いから。

 

 

3、通い始めた後、あなたの写真はどう変わりましたか?

 

被写体に対する見方が変わり、

感じたものを撮るようになった。

 

 

 

 

 

4、通い始めた後、あなたの日常生活はどう変わりましたか?

 

被写体になる物を探すことが多くなりました。

カメラ本体がなくても、iPhoneを使ったりして撮影することも。

 

 

5、「レッスンを受けてよかった!」と思えたあなたの

 具体的なエピソードが合ったら教えてください。

 

後ろボケ、前ボケ

写真に感銘されたことがあったり。

 

 

6、写真に興味のない、あなたのお友達に

 フォトコミュニケーション協会のことをお話するとしたら、なんと話しますか?

 

写真に興味を持ってもらえるのが一番ですが、

まずは参加して、楽しんでみない、と話したいですね。

 

 

7、これからのあなたは、写真を通してどんなことを実現していきたいですか?

 

写真はコミュニケーションツールであることは、

前々から解っていたのですが、尚一層、

写真を通じてコミュニケーションを大切にし、

心に響く撮影をしていきたいですね。

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんか知らんけど、カメラマン3位になっていました。

なにかなー?





勘違いでも、応援されたような気がしたので
ありがたく保存しておきます。

よし、がんばろ!






フォトコミュニケーション協会から、優先情報をメールでお届け。
無料メールマガジンはコチラ


好感度アップ 魅力的 プロフィール写真 写真が苦手 渕上真由 クリスティーナ 写真嫌い 撮り方 撮られ方 写り方 魅力的に撮られる 魅力 写真活用 iPhone 自撮り フォトセミナー フォトコーチング フォトコミュニケーション フォトスクール 写真教室 Canon Nikon OLYMPUS Panasonic SONY カメラ教室 写真の学校 カメラ 写真 フォトテクニック 写真技法
いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)