カメラを通じて、人間力を磨く。フォトコミュニケーション®協会 渕上真由オフィシャルブログ

フォトコミュニケーション®協会 代表理事の渕上真由です。

わたしの撮影では、あなたの魅力を「写真」というカタチにし伝えていきます。

カメラがあると上手く笑えなかったり、自分の顔が嫌いな方が、写真を通して自分を見つめ、自分を愛おしく思う時間を作ります。


テーマ:

 

「いい写真」とは、どんな写真だと思いますか?

 


カメラが好きになると、

 

いい写真を撮りたい!
もっとうまく撮りたい!
みんなに見てほしい!
「いいね!」がほしい!

 

と思いますよね^^

 


では、どうすればそんな写真を撮れるのか?


それはカメラのテクニック、技術だけではないんですよね。

 

 

 

 

写真で出来ること

 

上手な写真とか、うまい写真。

 


この判断基準はあるようでないものです。

 

それは、、
どんな写真がいいと思うかは、見た人次第だから。

 


もちろん、写真を撮る技術もありますし、


「こんな風にすると、

 一般的にうまいって言われる」
 

という、ある程度の型はあります。

 

 

それを知っておくことは、とても大切なのですが、
それだけで人の心に響くような写真は、きっと撮れないでしょう。


大事なのは、自分の感性や、人とのコミュニケーション。

 


写真を見てくれた方に何を伝えたいのか、
それが伝わる写真がきっと、あなたにとっての「いい写真」です。

 

 

 

 

写真はコミュニケーションツール

 

写真は人とのコミュニケーションを深めるツール。

 


例えば、人物を撮るとしましょう。

 

撮る人、撮られる人、写真を見た人、
それぞれの気持ちのやりとりがあって、
はじめて「いい写真」が出来上がります。

 

 

感じたままを撮る

 

相手を見て、どの構図がいいとか、どの角度がいいとか、
テクニック的なことも大事ですが、


その人から、「私が何を感じたのか」

 


好きなことを語る時の目の輝きがキレイ
少し照れたときの笑顔が、愛おしい
鼻筋が、すっとして素敵

 


こんなふうに目の前の人の魅力を見つければ、見つけるほど
写真に写ってくるんですよね。


「感じる」ことがまず先!

 


その気持ちをそのまま写せたら、
自分で納得のいく「いい写真」が撮れるようになります。

 

だから、「いい写真」「うまい写真」に正解はないんです。

 

あえていうなら、
「自分がいいと思った写真」がいい写真、です!!

 

 

 

撮るほどに変化する気持ち

 

写真は、人や花など、被写体を写しているようで、
実は、自分の心が写ったもの。

 

撮るほどに写真が変化していくのは、
撮っている自分の気持ちが変化していく過程が写されているから。

 


うまく撮れる日もあれば、そうでない日もある。

 

人生も、楽しい日もあれば、そうでない日もある。

 


それを繰り返して、自分の心のありかに気づいた時、
写真を撮るのが、もっと楽しくなるはずです。

 

 

 

 

 

向き合うこととつながること

 

写真を撮るということを通して、自分と向き合う


自分がどう感じたのか

それをどう表現したいのか

 

それが写真の基本です。

 


そして、写真を見た方に何かが伝わる。
人とつながる。

 


それがフォトコミュニケーション

 


技術ももちろん大事だけど、
自分の気持ち被写体となる人の気持ち
写真を見た人の心の動きを知ってこそ、


はじめて写真の楽しみが分かると思います。

 

 

 

撮る楽しみをもっと知って欲しい!

 

写真を通して自分の感性を磨き、
自分の心と向き合い、人とつながる。

 

フォトコミュニケーションが大切にしているところ。

 


まずは、自分の気持ちを「写真で表現できた!」という快感。
それを、感じてもらえたら。。


自分の気持ちを表現する一つとして
「ボケ」に特化してセミナーをしています。

 


その名も

 

「とにかくボケた写真が撮りたい!
いきなり思い通りに撮れる快感セミナー」


かなり好評です。


3時間で、100%、ボケをマスターできますよ。

 

 

 

フォトセミナー

「とにかくボケた写真が撮りたい!

 いきなり思い通りに撮れる快感セミナー」

 

◆日程

1月22日(日)10時ー13時

2月11日(土) 10−13時

 

詳細は、コチラ

 

こんな場所(左)でも、ボケを駆使すると、フォトジェニックな写真(右)に

 

 

 

 

 

 

iPhone・スマホのフォトセミナー

認定書を授与します

認定アイフォトグラファー・スマフォトグラファー養成講座

 

全2回(3時間×2)
・レッスン1《撮影編》

 2月18日(土) 14−17時
・レッスン2《加工・自撮り編》

 3月18日(土) 14ー17時

 

インスタグラム写真もお伝えします。

 

詳細は、コチラ

 

 

 

 

iPhone6s撮影、無料アプリ加工。

 

 

 

マンスリーフォトカレッジ

毎月第4土曜日は、写真を学ぶ日。

フォトコミュニケーションの勉強会。

 

新しい「知識」、毎月学びに触れる「環境」、切磋琢磨できる「仲間」が同時に手に入る場です。

毎月第4土曜日開催(注、4月、12月は異なります)。

 

 

 

 

協会員・フォトスクール生(現役生、卒業生) 3,000円
一般 6,000円

 

次回は、1月28日

「大好きなことを仕事に 簡単な夢叶え術」

講師:渕上真由

 

詳しくは、コチラ

 

 

 

フォトスクール ベーシックコース

写真の基礎と、人と人とがつながるための写真「フォトコミュニケーションについて学びます。

 

 

 

 

 

現在、1月、2月スタートのクラス(24期〜26期)を募集中です。

詳細は、コチラ

 

5月、6月スタート(27期〜29期)

 

8月、9月スタート(30期〜33期)

 

※東京ベーシック32期

9月2、3日の土日の2日間でベーシックの内容を全てお伝えします。

 

 

 

フォトスクール アドバンスコース

自分の表現を見つけ、自分ならではの写真を撮れるようにするコースです。

写真の技術だけでなく、人を撮ったり、相手の要望を引き出す心理学(コーチング)の初歩を学びます。

写真を仕事にしたい方もオススメです。

 

 

 

 

◆アドバンス8期(土曜 10ー18時)

7月29日、8月19日、9月30日、11月11日

 

※アドバンスを受講するためには、ベーシック修業(見込み可)が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最強寒波、みなさんの地域は大丈夫ですか?

 

ウチの実家は、兵庫の山奥なのですが、

一晩で、すごい雪が積もったと

母親から、雪の写真がおくられてきました。

 

雪を興味津々にみている猫たちの写真も。笑

 

 

 

文章だけでなく、写真があると状況もわかるし

母親や猫たちの驚きも伝わってきます。

 

私も、すごく驚きました!!

 

やっぱり写真って、コミュニケーションツール、ですね。

 

 

 

こういう写真に、なんとなく血の繋がりを感じます。笑

 

 

 

 

 

 

ちなみに、東京も寒いです。

 

 

外を歩いていたら、発見。

 

駅前だから、少し恥ずかしかったけれど

今撮らないと!と思って、しゃがみこんで撮影。

 

寒いけれど、

いつもの道で、いつもと違うものが見つかるから、

楽しんだもん勝ちですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年1月スタート

東京ベーシック24期、25期、26期

 


21〜23期合同撮影実習の様子


******

◆フォトスクールを体感

 

とにかくボケた写真が撮りたい!

いきなり思い通りに撮れる快感セミナー

 

 

◆日時

 

1月11日(水) 19ー22時

1月14日(土) 14ー17時

1月22日(日) 10ー13時(追加)

 

写真の表現である「ボケ」をマスターして

自分の思い通りに撮れるときの快感を味わおう!

 

 

◆対象

 

ボカしたいカメラ初心者

カメラをもっと楽しみたい中級者

心と写真をつなげたフォトコミュニケーションを知りたい方

フォトスクールに興味がある方



詳細はコチラ

 

 

 

水曜夜クラス(東京ベーシック24期)

└水曜 19ー22時

 

1月25日(水)

2月8日(水)

2月22日(水)

3月8日(水)

4月1日(土)合同撮影実習 桜

4月5日(水)

 

 

 

土曜昼クラス(東京ベーシック25期)

└土曜 14ー17時

 

1月28日(土)

2月11日(土)

2月25日(土)

3月11日(土)

4月1日(土)合同撮影実習 桜

4月15日(土)

 

 

◆日曜朝クラス(東京ベーシック26期)
└日曜 10ー13時

 

2月12日(日)

3月5日(日)

3月19日(日)

4月1日(土)合同撮影実習 桜

4月16日(日)

4月30日(日)

 

 

参加できない回は、他の期に振り替え受講が可能です。

 

 

 


 

 


 


 



修了すると

「一般社団法人フォトコミュニケーション(R)協会認定
フォトコミュニケーター3級」
になります。

 

 



*感想

体験会に来たときは、

一眼レフで上手にとれればいいなぁ

という位の気持ちだったので、

 

『フォトコミュニケーション』という概念は新鮮でした。

 


そして、私は言葉で人に伝えることに

苦手意識を持っています。

 

なので、語らない写真という手段で

表現ができるかと思っていました。

 


実際は逆で、

感じた事を言語化し、どう伝えるか
という行程を通すことで、


以前より自分の思いや考えに

深く向き合うことが増えました。

それは、普段のコミュニケーションや思考にも

大きな変化がでています。

 

ほかのスクールは見学したことがありませんが、
写真以外にも、内面に大きな変化と成長がおきた

この場での学びができて、本当に良かったです。
(直感を信じてよかったです)


 

 

自分の方が優れていると思いたいから、

ダメポイント探しをしてしまうことが多かったけど、

 

いつの間にか、仲間の写真の「いいところ」

探している自分に変わってました。


ダメポイントを探してしまうってことは、
それだけ自分の中に「タブー」と思ってる部分が多いということ。 


自分のタブーに反することは、全部ダメポイント。



そんな「タブー」が自分の中にはたくさんあったいうことに、

今更ながら気付きました。

でも、そんなタブーがいっぱいの自分がなんだか窮屈だなーって感じて、
タブーを手放してみたら、思ってたよりもずっとステキで、


ずっと幸せな世界でした。

 


そして、自分のことも

今までよりもっと好きになれました。

 

 

この仲間でよかった!と心から思える、

大切な仲間ができました。

自分の仕事のテリトリー内にいたら出会えなかった人達。

たくさんの人に会って、

その価値観をシェアしあうことで、 
自分という人間が少しずつ厚みを増していく、

そんな感じがします。

 

 



何年も前から思っていた

「カメラを習いたい!!」

という気持ちがやっと実現できたことが、

まず嬉しかったです。



全セミナーを終えて、

実際に自分の写真が変わり、
もっともっとカメラを追求したい

という気持ちになっています。

 


自分にとって写真とは・・・?


という部分、初めは残したい景色を撮りたいと言っていたのですが、
今は自分を表現する手段の一つとして

やっていきたいと考えています。

自分もフォトグラファーになりたいな

という想いが頭をよぎる程です・・・

これからも沢山撮っていきたいと思います。
ありがとうございました!!
 



【スクール感想】わたしが感じた被写体の魅力を伝えられるようになりたい

【スクール感想】友達やだんなさんに、毎日楽しそうにしていることを喜んでもらった

【スクール感想】自分みがき、人間みがきが出来る

【スクール感想】会社で撮った写真が褒められました

【スクール感想】自分の心がどんどんいやされて優しくなれた気がするよ。

【スクール感想】技術(だけを)教えるフォトスクールではない!

【スクール感想】写真はギフトになるので、相手が喜ぶ写真を撮りたい。

【スクール感想】違っていい。

【スクール感想】自分のことも今までよりもっと好きになれました。

 

『フォトスクール ベーシックコースの感想(まとめ)』

 

 


 

 

 

 

*合同撮影実習について

全6回の授業です。

 

セミナールームでの授業になりますが、

5回目は、野外に撮影実習に行きます。

 

 


 

 

 





よくある質問は、こちらをごらんください。
「よくある質問(協会HP)」



◆講座の流れ




講座の詳細については、HPをご覧ください。
http://photo-communication.jp/course/index.html

 



修了すると

「一般社団法人フォトコミュニケーション協会認定

フォトコミュニケーター3級」になります。


 


 


 


 


 

 

 

 

 

 

 

 



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

ちょっと引いたセミナーでした。
 

 

先日11日に
「とにかくボケた写真が撮りたい!
 いきなり思い通りに撮れる快感セミナー」
を行いました。


 
「理屈はいい。
 とにかく背景がボケた写真が撮りたい!!」
 
ということで、ボケをメインにしたセミナーです。
 
 
一言で言うと、考えさせられるセミナーでした。




 
まず、理屈抜きですが、ただボケても意味がないので
写真の可能性や、心の部分もお伝えしました。
 
私たちが伝えたいことは
「フォトコミュニケーション」ですから、ね。
 
自分のことを好きになる写真。
心と心がつながりあう写真、を伝えたいので♡
 
 
しかし、後半は理屈抜きのテクニック。
 
「この神設定で、こう撮ってください。」
 
 
 
・・・・で、
 
みなさん、すぐボケてました。
 
 
「私、やっぱりセミナー上手だわー」なんて
軽い気持ちで見ていたのですが、
途中から、実は、ちょっと引いていました。
 
  
こうも簡単にボケたら、
   
これからの写真の幅を
狭めることになったらどうしよう、って。
 
 
 
とあるママ向け写真教室(名前は出せまんが)に参加した方が
「この設定で撮るって教えてもらいました」
と、かたくなにそれを守って、同じような写真を撮り続けていました。
 
さらに「手ぶれするんです。私の何が悪いんでしょうか」と

その設定を疑わないので、絶句しました。

 

最初に習うときって、大切なんですよね。
またテクニックだけ伝えるって、怖いなって思ったんです。
 

 
 
テクニックというのは諸刃の剣です。
 
しかし、写真の楽しさ、撮れたという快感を知るスタートで
ボケというのは楽しいですよね。
 
要は、このセミナーの効き目は劇的。
悪用厳禁なセミナーなのです。
 
いろいろな写真の表現があるなかで、
ボケという1つの表現を知るという気持ちで来てくださいね。
 
私も、みなさんの写真活動を狭めないように、、

真意がきちんと伝わるように、伝えれるように心がけます。
  
 
明日もします。
2017年1月14日(土) 14ー17時です。 
人気なので、1月22日(日)10時〜13時も行います。

 

 

 

 

 

 

◆日程

1月14日(土) 14ー17時

1月22日(日)10時ー13時(追加)

 

体験会のリニューアルです。

フォトスクールの説明も行います。

 

◆会場

リロの会議室「田町」

http://www.relo-kaigi.jp/conference/minatoku/tamachi.html

 

〒108-0014

東京都港区芝5-26-24 田町スクエア5階・6階

(旧 東京機械本社ビル)

 

写真付きの行き方は、コチラをごらんください。

http://ameblo.jp/one-piece-dreams/entry-12056480188.html

 

◆講師

渕上真由(一般社団法人フォトコミュニケーション協会代表理事)

認定インストラクター

 

◆参加費

5,000円(税込)

 

◆持ち物

カメラ(iPhone、スマホ可)、筆記用具

 

一眼レフの貸し出しがあります。

その場合は、SDカードをご持参ください。

(SDカードは、会場で1,000円で販売しています)

 

◆お申し込み方法

HPから:http://photo-communication.jp/contact/index.html

もしくは、メール info@photo-communication.jp

 

にご連絡ください。

 

 

 

 

 

 


最後に、、、、

やってみなきゃわからないことが多いなーと、

改めて思いました。



やってみて初めて、自分が本当に伝えたいことが、わかりました。

そして、その目的のために、手段を考えることも学びました。


あたらしいことをする挑戦をするわけですもの。

そりゃ引いたり、嘆いたり、落ち込むこともあると思います。


でも、いろいろやっていきたいですね。

負けないぞー^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一般社団法人 フォトコミュニケーション®協会

 第3回 アドバンス卒業生 合同写真展

 

 

無料ですから、今からスケジュール帳にご記入を。
 
卒業生の方々が、いろいろなイベントを企画しています。
私も、ほとんど会場にいますね^^
 


アドバンス生は、今、「自分の写真」に向き合っています。
 
自分が、心から伝えたいもの。
自分が、表現できるもの。
自分が、写真からもらったもの。
自分が、写真でギフトできるもの。

 

などなど
 
こんなことを考えながら、実際に手と足を動かして撮ることで、

「自分の写真」見つかるでしょうね。
 
写真は、ただ目の前のキレイな景色を撮ったり、

美人なお姉さんをキレイに撮ることじゃない。

 

もちろん、それで、褒めてくれる人もいる。

だから、余計、迷ったりする。
 
キレイって喜んでもらって、

上手いってホメてもらえて、

お金ももらえて、
 
・・・・でも、私、なにを表現したかったんだっけ?
 

って、なりかねない。

(経験済み)

 


やはり、解決策を知っているのは、「自分」。
「自分」と向き合うこと。
 
「自分の写真」とは?
   
 
みんなの答え、私も楽しみにしています。
(と、最後にプレッシャーを与える。笑)

 

 

---------------------------

 

◆開催日 2017年4月18日(火)〜23日(日)

     会期中無休/入場無料

 

◆時 間 11:00〜19:30 

     ※最終日のみ17:00まで

 

◆会 場 アートコンプレックスセンター 2F ACT5

http://www.gallerycomplex.com

〒160-0015 東京都新宿区大京町12−9

 

 

写真展会期内のイベント情報や、個性豊かな出展者メンバーの紹介など、
協会ブログでも随時お知らせしていきます!!

 

協会ブログ

http://ameblo.jp/photo-communication/

 

現在、出展者全員で少しずつ準備を進めています。

4月の中旬、ぜひスケジュールを空けておいてくださいね爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)