【京都・東京日本橋】目からウロコの着付け教室 鞠小路スタイルの着物日記

京都市烏丸駅から徒歩3分 日本橋人形町から徒歩5分

教室までのアクセス矢印京都教室(烏丸駅から徒歩5分) 矢印東京日本橋教室(人形町駅から徒歩5分)
メールマガジン受付中矢印登録はこちら
レッスンスケジュールカレンダー矢印京都教室スケジュール 東京教室スケジュール
着つけ承ります 詳細はこちら
自主練習用のスペース貸出します 詳細はこちら
【無料説明会 & 体験レッスン】
参加費無料の質問お茶会
「初級コース講師」養成コース説明会
初級コースプレ講座

着せ付け体験レッスン



【レギュラーレッスンメニュー】
初級コース(グループ・プライベート)
中級コース
おさらいコース
プライベートレッスン
着せつけ入門コース 3月開講
着せつけ中級コース
手順マスターコース 4月開講
「初級コース講師」養成コース 4月開講

和裁レッスン ※東京のみ
1回完結 銀座結びレッスン

1回完結 カラテア結びレッスン





【イベント】
唯一無二之会見学会・相談会 東京開催2/15(水)
洗える着物展  京都1/4(水)~1/28(土) 、東京1/4(水)~1/29(日)

夏ころものお支度展  1/30(月)~2/26(日)





【きものの学校】
【きものの学校】自分で着るを徹底解剖! 3月開講
【きものの学校】きものを知る~基礎編~ 3月開講
【きものの学校】人に着せる 無重力編 4月開講

NEW !
テーマ:

こんにちは。

鞠小路スタイル東京教室の江原です。

日本を代表する最高峰の紬といえば、茨城県結城市と栃木県小山市で作られている

『本場結城紬(ほんばゆうきつむぎ)』です。 

本場結城紬とは

1.生地を織るための糸から産地で手作りしており、手紡ぎの真綿糸を縦糸にも横糸にも使い、

2.紬の特徴である「絣柄(かすりがら)」を手括りで行い

3.手織で織り上げたものです。


ユネスコの文化遺産にも登録されている貴重な織物です。


2月13日から18日まで銀座で開催される【唯一無二之会】では、日本の二大紬と言われる結城紬と大島紬の中でも、技術や糸などの材料にこだわり抜いて作られた、滅多にお目にかかれない作品を見ることができます。

もともと、商談の場ですが、

東京教室ではみなさんに、ぜひ実物を見て感じていただきたいと思い、

織元さんのご協力のもと、2月15日(水)に田中がご案内します。

ご案内の詳細はこちらコチラhttp://ameblo.jp/marikoji-style/entry-12227391069.html

 

前回東京で開催された唯一無二之会では、どの作品もため息が出る、今まで見たことのないようなものばかりでした。

きものの学校でもお伝えしていますが、糸からこだわった丁寧なモノづくりは

一つの作品ができるまで、多くの職人さんの手と気の遠くなるような手仕事がなされています。

 

{B3A82F31-01BE-4F90-9EDB-CE8CFE8E5B16}

 

 

{3E256330-08E0-4896-A309-FB81F46A21D5}

昨年は2年以上の時間を費やしてできあがった新作もありました。

今回もきっとすばらしいきものに出会えると思います。

 

{ADA1C32B-8845-4F94-B4C5-8AC07F0D6F42}

画像では伝えられない、角度によって変わる色、光沢感、手触り、布の感触など、伝えたい、知ってほしいことがたくさんあります。

ぜひ実物を一緒に見に行きましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


着付け  承ります



 


リスト留袖・振袖・袴(男/女)   8,640円(税込)

リスト小紋・訪問着・付下げ・色無地(一重太鼓、二重太鼓) 7,560円(税込)   変わり結びは+1080円(税込)

リスト男性着物  5,400円(税込)

リスト浴衣   4,320円(税込)


リスト受付時間:10:00~18:00 
 ※上記時間外は30分につき540円(税込)ごとの時間外料金を頂戴いたします。

リスト所要時間:約30分。
 ※ご出発時間のご予定がある場合はお知らせ下さい。
リスト会場 鞠小路スタイル各教室
  京都:烏丸駅から徒歩3分   東京:人形町駅から徒歩5分


ご自身で着物を着られないために、眠ったままになっている着物、ありませんか?

結婚式やパーティーといった「ここ一番!」の時はもちろん、
ちょっとしたお出かけにも、気軽に着物を楽しんでみませんか?




出張着付について

出張着付は 弊社 各教室(京都:烏丸  東京:日本橋人形町)からの交通費を実費で頂戴いたします。
往復1時間を超える場合は 1080円(税込) 以降30分ごとに540円(税込)の出張費を別途頂戴いています。



お申し込みは一週間前までにお願いいたします

着付けレッスンのご予約で埋まってしまうこともありますので
ご希望の日程が決まり次第お早目にお問い合わせをお願いいたします。

仮予約フォーム
京都:クリックhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/b4a89b51258900

東京:クリックhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/be575079290421


【キャンセルポリシーと同意事項】
着せ付けメニューをお申込みいただくに当たりまして、以下を必ずお読みください。

■フォームからお申込みいただいた時点では、ご予約確定となりません。
日時によって、お受けできない日、ご希望の時間に添えない場合がございます。
こちらからお送りするお申込み確認のメールにて、ご予約の可否をご連絡させていただきます。
メールにてご予約受付けのご連絡をさせていただいた時点で、お申込み確定となりますので、必ずメールをご確認下さいますよう、お願いいたします。

■ご予約日から起算して8日前までのキャンセルは全額返金いたします(振込手数料差引額)。
ご予約日から起算して7日前~前日までのキャンセルは費用の80%を事務手数料として頂戴し、残りの20%を返金いたします(振込手数料差引額)
当日のキャンセルはキャンセル料を100%頂戴いたします。



着物のレンタルも承っております


「着物レンタル付の着付け」をご希望の場合は、弊社提携レンタルショップのプランを着付とセットでご利用いただけます。

着物レンタルの詳細はこちらをご覧ください。
リンクhttp://ameblo.jp/marikoji-style/entry-11969359561.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

鞠小路スタイル東京教室の小林です。

 

着物の素材といえば、一番メジャーな素材は「絹」。

絹は何からできてるかというと、お蚕さんがつくった「繭」。

 

{2A1B1D40-24F9-4CD3-9CEE-CFD5A0CBC5B1}

 

 

ここまではだいたい皆さん知ってると思いますが、

この繭をどうやって糸にするかというと、あまり知らない人も多いと思います。

私もきものの学校で勉強するまで詳しく知りませんでした!

 

着物の素材のちがい 糸の取り方

繭から糸にするのには、2つのやり方があります。

 

1つは繭を解いていって1本の糸に戻す方法。これだけだと細すぎるので何本か撚り合せて「生糸」という糸にします。

 

もう1つは繭を広げて綿状にしたものからつむいで糸にする方法。この糸を「つむぎ糸」と言います。

 

{CD4667AC-2A7A-44EF-A602-6789861DE9A7}

左側が生糸、右側がつむぎ糸です。

 

この違いで、手触りがまったく違う着物になります。

繭から糸になるこの段階で、もう着物の運命が決まるんです。

 

着物の素材のちがい 「染め」と「織り」

この糸を織ったり染めたりして布にしていきますが、ここで

「染め」の着物と言われるもの、「織り」の着物と言われるものの2つに分けられます。

 

{69F568AC-9674-4E0C-9773-758C8D39B14E}

 

 

「染め」は、白い布を織って、その上に柄を染めたもの。生糸を使います。

「織り」は、先に糸を染めて、染まった糸を織ることで柄を出すもの。つむぎ糸を使います。

 

「織り」の着物はつむぎ糸を使うので「紬(つむぎ)」といいます。

 

この「染め」と「織り」の見分け方、着物になったとき着ていく場所にふさわしいのはどっち?ということなど、ここまでの着物についての基本的な基礎知識は初級コースでもお伝えしています。

 

着物の製作現場 実際どうやってつくってるの?

とはいうものの、

「綿状にしたものから紡いで糸にする」

「染まった糸を織ることで柄を出す」

なんて、言葉にすると簡単に聞こえますが、それって実際どうやってるの?

というのは、実際の製作現場を見てみると愕然とします!

  

きものの学校 きものを知る〜基礎編〜では、実際につくっているところの動画を見てもらったり、糸のちがいを触って比べてみてもらったりしながら、もっと詳しくお伝えしています。

 

この動画や糸などの教材は、代表田中が実際に産地に赴き、産地の方にご協力いただいて撮影させてもらったり、提供してくださった、本物です!

 

今のものづくりの現場、実物を見たい、触りたい、知りたい方は、きものの学校をぜひ受けてみてください。

 

「結城紬」「大島紬」こだわりのものづくりを見に行こう

きもの学校の課外活動として、昨年は糸取りや機織りを体験できる「ツムギノミカタ」や、実際の製作現場を見に行こうという「結城紬産地見学」を開催しました。

 

そのイベントでもご協力いただいて、鞠小路スタイルの活動を応援してご協力してくださる強い味方、2大紬と言われる「結城紬」と「大島紬」の産地で、こだわりのものづくりをされている唯一無二之会の展示会では、毎回見学会を開催させていただいてます。

 

image

 

展示会は、本来は問屋さんが仕入れに行くような場ですが、鞠小路スタイルは特別にお許しをいただいているんです。

 

京都でも今月開催されて、東京でも2月15日に開催します。

 

この展示会では、結城紬と大島紬の違いがよくわかるだけじゃなく、技術やデザインにもこだわったなかなか見られない本当にいいものが見られて、こだわりのものづくりのお話も直接産地の方から聞けます。

 

今回も田中が引率するのでご安心ください。

メンバーの方とかなり仲良くさせてもらっているので楽しくお話しできますよ。

 

見学会の前のランチ会も、田中とゆっくり話しができる機会ですのでこちらもぜひご参加ください。

 

2月15日(水)唯一無二之会 見学会・ランチ会

http://ameblo.jp/marikoji-style/entry-12227391069.html

 

結城紬とは・・・

茨城県結城市を中心とした地域で生産されている日本を代表する紬(つむぎ)です。

国の重要無形文化財に指定され、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

繭を煮て柔らかくして広げた真綿から、手で紡いだ糸を地機(じばた)と呼ばれる機(はた)で織っていく織物。

柄をつけるときは手で糸を括ってから染めます。手紡ぎした糸は空気を含んでふんわりした手触りです。

 

大島紬とは・・・

奄美大島で始まり、鹿児島でも作られている日本を代表する紬です。

もともとは手紡ぎ糸を使っていましたが現在は生糸(きいと)を使っています。「締め機(しめばた)」という機を使って精緻な柄がつくられ、光沢のある黒に近い深い色合いの泥染めが有名。シャキッとした手触りです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

着物【1回完結】銀座結びレッスンのご案内です
 

リスト料金 8,640円(税込) ※事前振込
リスト1回完結90分
リスト定員 4名

 

 
 

 

 

 

 

 

開催スケジュールについて


【京都教室】
お申込みフォームリンクhttps://marikoji-style-com.ssl-xserver.jp/cgi-bin/mpmailec1/form.cgi
2月18日(土) 10:00~11:30

2月22日(水) 16:00~17:30

【東京教室】
お申込みフォームリンクhttps://marikoji-style-com.ssl-xserver.jp/cgi-bin/mpmailec2/form.cgi

 

2月4日(土) 14:15~15:45

2月21日(火) 16:00~17:30

 

銀座結びとは?

 

 

下の方にボリュームのある、ころんとした形が可愛い、名古屋帯での帯結び。
「角出し(つのだし)」とも呼ばれています。

 


「お太鼓結びではかっちりし過ぎ?」
「ちょっとこなれた感じを出したい!」
なんて時にもおススメ

 


image

 

一般的に難しいと思われている方が多い銀座結びですが、鞠小路スタイルの手順なら、
どなたでも簡単にバランスよく結んでいただけます。

1回完結のレッスンで、身に着けましょう。




 

【キャンセルポリシーと同意事項】


レッスンをお申込みいただくに当たりまして、以下を必ずお読みください。

■レッスン開講日から起算して8日前までのキャンセルは全額返金いたします(振込手数料差引額)。
開講日から起算して7日前~前日までのキャンセルはレッスン開講費用の80%を事務手数料として頂戴し、残りの20%を返金いたします(振込手数料差引額)
当日のキャンセルはキャンセル料を100%頂戴いたします。
■レッスンの録画・録音は固くお断りいたします。写真撮影については完成形のみ可能といたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

鞠小路スタイル京都教室の橋詰です。

 

気に入って買った帯、上手く活用できなくて眠っているなんてことはありませんか?

帯結びのお悩み①長さが足りなくてお太鼓が出来ない

柄が気に入って買った帯だけれど、長さが足りなくてお太鼓結びが出来ない。そんなお悩みもよく耳にします。

せっかく気に入った帯なのに使えなかったら勿体ないですよね。

お太鼓結びは出来ないけれど、変わり結びだったら結ぶことができますよ。

 

 

 

帯結びのお悩み②ポイント柄が上手く出せない

どうしても上手く柄が出せない帯ってありますよね。

特に銀座結びをした時には、柄の調整ってしずらいんです。

コロンとした可愛いフォルムはそのままに、ポイント柄を上手く出す方法、

ありました!!

名古屋帯の変わり結びは、ポイント柄もバッチリ見せたいところに出すことができます。

 

 

帯の柄の活かし方

この変わり結びを使えば、色々なアレンジが出来るようになり、

着姿の幅も広がります。

 

帯を活かしたアレンジとして、こんな柄の帯もあるようです。

猫の顔が描かれたお太鼓部分に、アレンジで耳を作ったら、猫の完成!!

とっても面白いですね。

(※画像はハイカロリイオトメさんWEBSHOPよりお借りしました)

 

短い帯や、ポイント柄を出すのが難しい帯でも結べる、名古屋帯での変わり結びは、

鞠小路スタイルの中級コースでレッスンしています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。