【京都・日本橋】目からウロコの着付け教室 鞠小路スタイルの着物日記

京都市烏丸駅から徒歩3分 日本橋人形町から徒歩5分

NEW !
テーマ:


着付け  承ります



 


リスト留袖・振袖・袴(男/女)   8,640円(税込)

リスト小紋・訪問着・付下げ・色無地(一重太鼓、二重太鼓) 7,560円(税込)   変わり結びは+1080円(税込)

リスト男性着物  5,400円(税込)

リスト浴衣   4,320円(税込)


リスト受付時間:10:00~18:00 
 ※上記時間外は30分につき540円(税込)ごとの時間外料金を頂戴いたします。

リスト所要時間:約30分。
 ※ご出発時間のご予定がある場合はお知らせ下さい。
リスト会場 鞠小路スタイル各教室
  京都:烏丸駅から徒歩3分   東京:人形町駅から徒歩5分


ご自身で着物を着られないために、眠ったままになっている着物、ありませんか?

結婚式やパーティーといった「ここ一番!」の時はもちろん、
ちょっとしたお出かけにも、気軽に着物を楽しんでみませんか?




出張着付について

出張着付は 弊社 各教室(京都:烏丸  東京:日本橋人形町)からの交通費を実費で頂戴いたします。
往復1時間を超える場合は 1080円(税込) 以降30分ごとに540円(税込)の出張費を別途頂戴いています。



お申し込みは一週間前までにお願いいたします

着付けレッスンのご予約で埋まってしまうこともありますので
ご希望の日程が決まり次第お早目にお問い合わせをお願いいたします。

仮予約フォーム
京都:クリックhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/b4a89b51258900

東京:クリックhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/be575079290421


【キャンセルポリシーと同意事項】
着せ付けメニューをお申込みいただくに当たりまして、以下を必ずお読みください。

■フォームからお申込みいただいた時点では、ご予約確定となりません。
日時によって、お受けできない日、ご希望の時間に添えない場合がございます。
こちらからお送りするお申込み確認のメールにて、ご予約の可否をご連絡させていただきます。
メールにてご予約受付けのご連絡をさせていただいた時点で、お申込み確定となりますので、必ずメールをご確認下さいますよう、お願いいたします。

■ご予約日から起算して8日前までのキャンセルは全額返金いたします(振込手数料差引額)。
ご予約日から起算して7日前~前日までのキャンセルは費用の80%を事務手数料として頂戴し、残りの20%を返金いたします(振込手数料差引額)
当日のキャンセルはキャンセル料を100%頂戴いたします。



着物のレンタルも承っております


「着物レンタル付の着付け」をご希望の場合は、弊社提携レンタルショップのプランを着付とセットでご利用いただけます。

着物レンタルの詳細はこちらをご覧ください。
リンクhttp://ameblo.jp/marikoji-style/entry-11969359561.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
こんにちは、京都マネージャーの木村です。

突然ですが、
みなさんはfacebookfacebookってやってますか?

私は、鞠小路スタイルで働きだしてから、代表の田中の勧めでフェイスブックをはじめました。


それまでのイメージは、
ショック。なんか怖そう
ショック。そもそもよく分からない
ショック。なのでメリットも分からない
ショック。私には関係なさそう
と思ってました。



でも、実際にやってみると、

友達の近況を知れたり、お得な情報や、イベントの情報を知れたり・・・と、
おっと、なかなか楽しいかもニコニコ。

そして、別に何も怖いことは起きませんでした。

投稿を世界配信にしても、です。


まだやっていないという方は、始める前の私と同じように、なんとなく「恐い」と思っている方が多いんじゃないかなぁ。
フェイスブックに限らず、どんな道具でも使い方によって、いいものにも悪いものにもなりますよね。
うまく使えば、とっても便利なツール。


フェイスブックは本名で登録が原則ですが、個人情報をどこまで開示するか?は、設定によって選べるので、心配な方は設定を友達限定や、自分だけにするとより安心かも。


今や、SNSから情報を得ている方も多くいらっしゃるので、鞠小路スタイルでも、教室全体の情報を載せるフェイスブックページを作っていますし、各教室の講師も自分のタイムラインで随時情報を投稿しています。

そして、きものの学校の受講生さんでフェイスブックをされている方には、専用のグループを作っていて、そちらでイベントの先行案内や、受講生さん同士の情報共有の場にしていただいています。



もし、フェイスブックをやっている、最近始めたという方、鞠小路スタイルのページも毎日更新していますので、のぞいてみてくださいね。
講師も全員フルネームでやっていますので、気軽にお友達申請、いいねいいねもしていただけると嬉しいです。ニコニコ。


【鞠小路スタイル フェイスブックページ】 
https://www.facebook.com/marikojistyle/
{186207F4-E736-452F-90D3-ECC619A64312}


【代表 田中千衣子】
https://www.facebook.com/marikoji
{AF74215F-9464-4038-9FE0-77AD10BCE896}



【京都教室 木村久美子】
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
こんにちは。
鞠小路スタイル東京教室の江原です。
{50B477AA-949D-4EF2-B1E4-483B614F460B}
4月開講の講師養成コースは「教え方講座」の真っ最中。
そして、6月開講は明日から。9月開講も募集を開始しています。

鞠小路スタイルで
からだときものの仕組みから解き明かして創り出された手順をお伝えできるのが
初級コース講師養成コースです。

私は、この初級コース講師養成コースを修了して、
その時に習ったことを習った通りにずっとレッスンをしています。
講師になって3年目、もう、かなり多くの生徒さんに初級コースをレッスンして来ましたが、

レッスンをされた方、全員、きものが着られるようになっています。
そして、鞠小路スタイルの初級コースを修了した生徒さんで着物が着られなかった生徒さんは見たことがありません。
{521A0222-2132-4BA0-98C1-A28918B31D32}

「講師であれば、生徒さんを着られるようにするのが当たり前」
と言われ続けていたので、今まで当たり前だと思っていましたが、

これは、初級コースのカリキュラムはもちろん、
教え方がきっちりと仕組みとして落とし込まれているからだと思います。

実際にレッスンができるように、
講師養成コース受講中は練習したりして頑張るときもありましたが、
必要な時に必要な努力をすることは
何をするにも必要なことですよね。

レッスンを行ったら、必ず生徒さんが着られるようになる。
講師養成コースには
成果を出せる講師になるために必要なことが全て網羅されていたなと
日々レッスンを重ねていく中で確信していることです。

いつか講師になって、着付けを教えたい
と考えられているのなら、ぜひ成果を出せる講師になってもらいたいなと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
鞠小路スタイル東京教室の小林です。

週末クラスをご希望の方、お待たせしました!

【東京教室】講師養成コース
9月開講土曜日14:15クラス
追加募集始めました。



詳細お申し込みはこちらからどうぞ

手順マスターコース
リンクhttp://ameblo.jp/marikoji-style/entry-12160177421.html

講師養成コース【初級編】
リンクhttp://ameblo.jp/marikoji-style/entry-12132002157.html


お申込みフォーム
リンクhttps://marikoji-style-com.ssl-xserver.jp/cgi-bin/mpmailec2/form.cgi

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
鞠小路スタイル京都教室の橋詰です。

丁度1年前の6月から始まった『きものの学校』
今ではすっかり、人気講座として定着してきました。

9月からスタートの第6期の受付も開始しています。

今日お話しするのは、きものの学校
「きものを知る~基礎編~」について
{30E99E46-CF70-415E-B68E-4E3926A850B8}

きものの成り立ちを、布に、糸に、繭に、蚕にと遡ってお話をしていったり、
実際に産地に行って学んできたことをお伝えしていったりと、
オール座学の講座ですが、決して堅苦しいお勉強の時間ではありません。

知識を身に付けるというよりは、
こういう物があるんだということを知ってもらう、
きものの世界に触れてもらうことを大事にしている講座です。

{45ECB007-1014-4CCE-AED4-18C9F723F824}


その内容も、毎回変化を遂げていて、
この1年で、代表田中が産地見学に行った場所は数知れず。

富岡製糸場で有名な群馬、
大島紬を生み出す鹿児島、
福井で牛首紬に心奪われたり、
茨城の結城市で結城紬の工程を見学したり、
栃木の佐野市で藍染の勉強をしたり、
名古屋の有松へ絞り染めの見学へ・・・
{7C52FC3B-B9A0-4C21-90D6-0CB6DA8BC2B9}


ぱっと思い付くだけでもこれだけ沢山現地へ足を運び、
そこで得たことを、皆さんにお伝え出来る様講座の中に落とし込んでいきます。

こうやって産地を巡っていると、産地ごとのこだわりの技法や、素材がたくさん。
教材もだんだんと増えていきます。

最近だと、有松鳴海絞りの端切れが新しく教材に仲間入り。
{59CD7980-9C90-4439-A949-FD498CBCF47F}


「きものの学校」受講生さんはFBグループにご招待しているので、
最新情報が入る度に、そこでシェアもさせてもらっていますよ。

知れば知るほど、もっと知りたい事が増えていく現象に、
つくづくきものの世界に終わりはないんだなと思い知らされます。

知れば知るほど、楽しくなる世界ですよ♪
奥深い着物の世界に、一歩足を踏み入れてみませんか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)