【京都・日本橋】目からウロコの着付け教室 鞠小路スタイルの着物日記

京都市烏丸駅から徒歩3分 日本橋人形町から徒歩5分

教室までのアクセス矢印京都教室(烏丸駅から徒歩5分)  矢印東京日本橋教室(人形町駅から徒歩5分)
メールマガジン受付中矢印登録はこちら
レッスンスケジュールカレンダー矢印京都教室スケジュール   東京教室スケジュール  

着つけ承ります 詳細はこちら

自主練習用のスペース貸出します 詳細はこちら





【無料説明会 & 体験レッスン】

参加費無料の質問お茶会
参加費無料 講師養成コース説明会

体験レッスン
着せつけ体験レッスン




【レギュラーレッスンメニュー】

初級コース(グループ・プライベート)
中級コース
おさらいコース
プライベートレッスン
着せつけ入門コース 9月開講
着せつけ中級コース
着せつけ講習会&自主練会 ※京都のみ
「初級コース講師」養成コース  9月開講

和裁レッスン ※東京のみ
1回完結 銀座結びレッスン    1回完結 カラテア結びレッスン
1DAY浴衣レッスン(自分で着る)   1DAY浴衣レッスン(人に着せる)




【イベント】
【夏物セール】 開催中
【塩沢御召フェア】  開催中
【きものの学校特別講座結城紬編】  ※東京のみ 9月3日(土)開催
お茶体験講座 ※京都のみ 9月8日(木)開催
着物でハロウィンパーティー2016
  ※京都のみ 10月2日(日)開催





【きものの学校】

【きものの学校】自分で着るを徹底解剖! 9月開講
【きものの学校】きものを知る~基礎編~  9月開講
【きものの学校】人に着せる基礎力をつける 9月開講
【きものの学校】人に着せる 無重力編 9月開講






NEW !
テーマ:
こんにちは。
鞠小路スタイル東京教室の江原です。

【きものの学校 きものを知る~基礎編~】を受講された生徒さんがこんなことをおっしゃってくださいました。

ニコニコ。「お蚕さんを守るためもシェルターである繭だからこその絹の特性なんですね・・・
なんか、
本当に私たちは守ってもらってるんだって感じると、けなげやわ~」
{D091A486-5522-4BE0-AC14-71F5E1FDEBF6}

私はこの言葉を聞いて、
「ああ、伝えたいことが伝わった!」
と本当にうれしくなりました。

自分たちが着ている衣服に、そんな風な感情ってそもそもあんまり持たないと思うんです。

それは、そういう衣服になる前のいろいろな工程やそこに隠されているストーリーが
普段は表に出ずに、私たちの触れられないところにあるからじゃないかなと。
{E33FC0DF-2B8C-467C-AC0E-93B4BA0719AF}

知らなくても、特に不自由なく生活できるとは思いますが、
こんな風に、自分たちがずっと身にまとってきたきものが、どこからできていて、
もともとはなんだったのか?

そこを知ると、自分自身に今までなかった世界が「あるもの」になる。
そうすれば、今までスルーしていたものがアンテナに引っかかってくる。

そこから、もっともっと、アンテナが広がって、感性が広がって、
表面に見えるものだけじゃない、そのさらに奥底に隠された深くて広い世界を見ることができたら
大人の世界はもっともっと彩り豊かになるんじゃないかなと信じています。

きものの学校はその橋渡しを全力で行う場所。
【きものを知る~基礎編~】が橋渡しをします。
ぜひ、もっともっときものという世界に触れてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


着付け  承ります



 


リスト留袖・振袖・袴(男/女)   8,640円(税込)

リスト小紋・訪問着・付下げ・色無地(一重太鼓、二重太鼓) 7,560円(税込)   変わり結びは+1080円(税込)

リスト男性着物  5,400円(税込)

リスト浴衣   4,320円(税込)


リスト受付時間:10:00~18:00 
 ※上記時間外は30分につき540円(税込)ごとの時間外料金を頂戴いたします。

リスト所要時間:約30分。
 ※ご出発時間のご予定がある場合はお知らせ下さい。
リスト会場 鞠小路スタイル各教室
  京都:烏丸駅から徒歩3分   東京:人形町駅から徒歩5分


ご自身で着物を着られないために、眠ったままになっている着物、ありませんか?

結婚式やパーティーといった「ここ一番!」の時はもちろん、
ちょっとしたお出かけにも、気軽に着物を楽しんでみませんか?




出張着付について

出張着付は 弊社 各教室(京都:烏丸  東京:日本橋人形町)からの交通費を実費で頂戴いたします。
往復1時間を超える場合は 1080円(税込) 以降30分ごとに540円(税込)の出張費を別途頂戴いています。



お申し込みは一週間前までにお願いいたします

着付けレッスンのご予約で埋まってしまうこともありますので
ご希望の日程が決まり次第お早目にお問い合わせをお願いいたします。

仮予約フォーム
京都:クリックhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/b4a89b51258900

東京:クリックhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/be575079290421


【キャンセルポリシーと同意事項】
着せ付けメニューをお申込みいただくに当たりまして、以下を必ずお読みください。

■フォームからお申込みいただいた時点では、ご予約確定となりません。
日時によって、お受けできない日、ご希望の時間に添えない場合がございます。
こちらからお送りするお申込み確認のメールにて、ご予約の可否をご連絡させていただきます。
メールにてご予約受付けのご連絡をさせていただいた時点で、お申込み確定となりますので、必ずメールをご確認下さいますよう、お願いいたします。

■ご予約日から起算して8日前までのキャンセルは全額返金いたします(振込手数料差引額)。
ご予約日から起算して7日前~前日までのキャンセルは費用の80%を事務手数料として頂戴し、残りの20%を返金いたします(振込手数料差引額)
当日のキャンセルはキャンセル料を100%頂戴いたします。



着物のレンタルも承っております


「着物レンタル付の着付け」をご希望の場合は、弊社提携レンタルショップのプランを着付とセットでご利用いただけます。

着物レンタルの詳細はこちらをご覧ください。
リンクhttp://ameblo.jp/marikoji-style/entry-11969359561.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
こんにちは、京都マネージャーの木村です。

9月から新しくスタートするきものの学校の新しいコース、
きものの学校「人に着せる~無重力編~」

「無重力着付け」というのは、着物の重さを感じない、着る人にも着せる人にも心地よい着付けということなのですが、実は、この「無重力」というタイトル、最初からすんなり決まった訳ではありませんでした。


次は着心地にフォーカスしたコースを作りたいと思った時から、どう表現したらいいか?田中自身も色々考えていたようです。


そんな時に、田中の着付けの着心地を知る生徒さんから出た意見のひとつが「真空着付け」でした。

着物や帯、紐までもが、体にぴったりハマる位置というのがあって、そこに合うと着物の重さを感じなくなるのと同時に、余分な空気が抜けてピタッと体にフィットするんです。

ガチガチに締められていて窮屈というのとは違って、余分な空気が抜けることで、着物がピタッと吸い付くような感じでその場所に収まっていて、動く=着崩れる気配が全くないんです。
むしろ気持ちいいくらい。
なので、その感覚を知っている生徒さんからは「真空着付けとかどう?」という意見が出たんですねニコニコ。

先日、田中にこの無重力着付けのレクチャーを受けた時にも感じましたが、
この余分な空気が入らない、フィットしているというのは、心地いい着付けの1つのポイントなんだと思います。
そして、見た目にもスッキリきれいに仕上がります。

{D422FE21-100B-47F7-A5D5-0A23CA1B2EFB}


無重力着付けは、実は、真空着付けでもあるんです。

ただ、「真空」と言うと、ちょっと窮屈そう?息できない・・・なイメージ?
ということで、悩んだ末、「無重力着付け」と命名されましたが、
真空着付けというのもとっても的を得ているのだと思いますニコニコ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
鞠小路スタイル東京教室の小林です。

先日代表田中が東京に来た時に着付けをしてもらいました。

{18E1BC4E-8B76-47B7-B03F-750900F1322D:01}


ショック。そこからやるの?!
と苦笑いされながらも、
ニコニコ。ぜひお願いします!
と裾除けから着せてもらいました。

肌着は外からは見えないので二の次になりがちですが、
いつも自分で着てる感じと全然違ってぴた〜っとしました!
今まで自分に甘かったかしらと反省・・・・
肌着だけでも背筋が伸びる気持ちです。


田中に着せてもらうのは
滅多にないチャンス!
重さの違いも体感したい。

ということで、着ていた夏着物ではなく、
教室の袷(裏地のついた着物)を着せてもらいました。

長襦袢も、
エェェェェ。これは自分の(夏物)でいいんじゃないの?
と言われながら、
せっかくなので袷用のを着せてもらいました。


着物も長襦袢も、引っ張られてるとか、
体に触られている感じがほとんどしなくて
するする着せられていって、
もう終わり
という感じ。

さっきまで着てた、薄くて軽い夏着物から、
裏地のついた袷の着物に変わっても、重さを全然感じません。


そして帯。
帯板(帯の前の部分をピシッとさせるための道具)は準備してましたが、
入れずに巻いていきます。
ニコニコ。あ、それは入れないのね。
と思いきや、帯板を入れたみたいに帯が真っ平らにピシッとなってました!

{CC0186F2-D91F-4F98-9B11-05FEF643625C:01}


それから帯を締めるときや帯締めを締めるとき、
しーん。あれ、失礼ですが、あんまり締まってなくないですか
という感じ。
もっと、「お〜、締めますねぇ」という感じを想像していました。
でももちろんしっかり締まってました!

帯の位置はとっても「気持ちいい位置」です。
腰に重さがかからず負担がなくて、
自然と背筋が伸びます。

この後、夜のレッスンをそのまま過ごしましたが、
座学で正座をしたときに
ニコニコ。あ、いつもとちがう。座りやすいおんぷ
どこにも負担がかかってなくて、背筋が伸びる。

着せてもらってるときも、
着ている間も、
特に肩が楽です。というか、重さがないです。

これが『無重力』ということなんですねキラキラ

着物は「苦しい」「しんどい」というイメージを持つ人もいる中、
こんな風に、
ニコニコ。全然苦しくない
ニコニコ。むしろ楽!
と感じていただけたら、すごくうれしいですよね!
そしてもっとたくさんの人に着物を楽しんでいただけるようになるんじゃないかと思います。

【きものの学校 人に着せる無重力編】では
重さを感じない『無重力着付け』をまずは体感していただき、
実技でしっかり身につくように練習していきます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、京都マネージャーの木村です。


・・・。講師養成コース、気になってるけど、まだまだ着物を着るようになって日も浅いし、講師になんてなれるかな?私なんてまだまだなんじゃないかな・・・
そんな風に思っている人いませんか?


はーい「ハイっ」の手
私は思ってましたよ。

鞠小路スタイルと出会う前、とある着付け教室で、師範のお免状をいただいて、「自分で教室したらいいわよ〜」と言われても、
しーん。私なんてまだまだ、もっと勉強しなくっちゃ。教えるのはもっと先だな
そんな風に思ってました。

そして、着物屋さんで働きながら、掛け持ちで着付師もしていた頃に、鞠小路スタイルの講師養成コースを知って通い始めた私。


代表の田中の言葉は衝撃的でした。
いくら着物に詳しくても、生徒さんがいて、生徒さんに分かりやすく教えられなければ「ただの着物に詳しい人」
だから、講師が力を注ぐのは、どうやったら伝わるのか?なんだよ、と。

もちろん講師養成コースを受けたら何も努力なく講師になれる、という訳ではありません。
でも、だからと言って、着物暦が浅いからって引け目に感じることもありません。

必要な知識を身に付けていただくための必須科目もご用意していますし、
じつは、着物暦が浅い人ならではのメリットもあるんです。



それは、
初心者さんの気持ちが分かること

初級コースの講師が相手にする生徒さんは、着物初心者さん。
着物については知識も経験も0な方です。
その0の状態から、着られるようになる、0から1になる、というのをお手伝いするのが講師なんですよね。

着物歴が長く、着物が当たり前になればなるほど、着られなかった頃のこと、どんなことを疑問に思っていたか?どんなところに困っていたか?は忘れてしまいがち。着物の世界の専門用語も当たり前になって、何て伝えたら初心者さんに分かりやすいのか?が迷子になっちゃう人もいるんです。

着物に限らず、自転車に乗ることでも、九九でも、パソコンのブラインドタッチでも、
何にも考えずにできるくらいに身に付けたことって、できるようになったら、なんでできなかったんだろう?と不思議に思うくらい当たり前になって、段々できなかった頃の気持ちや記憶も薄くなっていってしまいますよね?それと同じです。


なので、着物歴が浅くても、より初心者さんの気持ちが分かる、初心者さんに寄り添った講師になれる可能性があるということです


初級コースを教えるのに必要な知識は、必須科目や教え方講座でお伝えしていますし、
知識や経験を積んでいくことは、、講師をやりながらでもできますので、
着物歴の長い/短いにかかわらず、興味がある、気になっているという方はチャレンジしてみてほしいと思います。


直接色々聞いてみたい、という方へ、講師養成コース説明会も開催しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)