好きなことを仕事にする

好きなことを仕事にする

「子育て」と「好きなこと起業」をバランスよく。
ママ講師を応援するブログ♪

ママ起業家が講師として輝くために


起業に必要な情報発信や、セミナー、講座の案内を優先的にさせていただきます。
ぜひメルマガにご登録ください。


♪自分らしく輝く講師業のススメの購読申し込みはこちら


♪どんな仕事スタイルが希望ですか?←質問に答えると自分らしい集客方法が分かります。

***************

■自分らしいリザーブストック活用のためのビジネスセッション  


***************

■セミナー、イベントのご案内

■個別セッションのご案内


こんにちは。


ながのです。





今日は、ターゲットのお話をさせて頂きますね。



起業したら、
「ターゲットを決めましょう」

そう言われますよね。





ターゲットを決める理由は、
その人に向けて的確なメッセージを届けられるから。
その人にぴったりの商品を届けられるから。



でも、実は、
自分が「こんな人をターゲットにしよう」と思っても、
ターゲットとぴったりな人に商品を買ってもらえるわけではありません。



蓋を開けてみたら、
違うタイプの人ばかりだった。
そんなことも多く、



なかなかターゲットを絞るって難しい。





そもそも、
そのターゲットにしたいのはなぜ?と
考えてみると、
その人がターゲットだと
メッセージを届けやすい。
ブログやLPにも力が入る。
ただそれだけのこと。



ターゲットとは違う人がお客様になるようだったら、
その人がターゲットなのだと思います。



ちなみに、私のビジネスのメンターはいつもこう言います。






私も最終的には、富裕層相手のビジネスをしたいと思っています。
その理由はこれから二極化が激しくなり、
中間層が少なくなってしまうと言われているから。



優良な情報は無料で提供し、

お金は、お金のある人からいただく。




このスタンスは大切で、



お金がない人ほど、

クレームも多かったりしますから。




ターゲットはその都度見直して、
自分を必要としてくれる人は誰か。

じっくり考えてみて下さい。




自分の商品を買ってくれる人がターゲット。

いいねを押してくれる人はターゲットではありません。




その辺を間違えないようにしたいですね。




では、また。



 知識を生かす


先日、ユダヤ人の成功哲学の本を読みました。




ユダヤ人は、ビジネスやお金儲けに長けていることで知られています。




日本人とユダヤ人では何が違うんだろう。

そんな疑問を持ちました。

 

 




ちょっと怖いですが、

知識のない人は、お金が巡ってこない。

日本人みたいに、

まぁコツコツ頑張っていたら、いつか良いことあるかな、みたいな発想はないのですね。




知識は大切で、

いつも学び続けるのが、

ユダヤ人だそうです。




あなたは何か学んでいますか?




ぜひ、学びを深め、知識をビジネスに活かして下さいね^ ^





■メルマガ

https://resast.jp/subscribe/12393/1671359





■公式LINEアカウント

https://lin.ee/3oqnhux


日々の生活のあらゆる場面で、
Aにしようか、Bにしようか。
2択に悩むことは多々あります。


特にコロナ期。
県外に行きたいけど、
行っていいのか、行かないべきか。
そんなちょっとしたことでも悩む人がいるかもしれません。


やるか、やらないか。
それに関しては、
答えはないのかな、と思います。


やった方がいいとか、
やらない方がいいとか、
考えてもわかりません。



私も先日、ちょっとした2択で悩みました。

やるかやらないか






私の娘は、
あやさんスイーツというオーガニックスイーツの販売をしていますが、
お菓子類は一つの利益が小さいので、
かなり多くの数を売りさばかないと
利益は大きくなりません。



広告を使うか、
知名度を上げる努力をするか。



高額商品を売る方がずっと楽な気もします。



ビジネスを選ぶ時、
自分の好きなこと、
出来ること。
それを選ぶことは大切ですが、



市場選びを間違うと
やはり苦労はします。



収入にこだわらない人はともかく、
収入を増やしていきたい場合は、
市場選びをもう一度考えてみたいものです。