プログラミング・ITと子供の教育を考える
  • 07Sep
    • 質問16:プログラミングが学べるアプリはどんなものがありますか?

      タブレットについていろいろ聞いてきましたが今回はアプリについて聞きたいと思います。どんなアプリがあるのか楽しみです。前回ScratchJrはプログラミング体験教室の時に子供達が使用していたので知っていますが…。(rei)「質問16:プログラミングが学べるアプリはどんなものがありますか?」(校)「もうね、いろんなものが出ていますが、やっぱり入門にお勧めは、草分け的存在のScratch(スクラッチ)でしょうね。特に Scratch は世界中にユーザーがいるので、他の人の作った作品を見たり、自分も公開したりできます。幼児向けのScratchJr.(スクラッチジュニア) はもっと単純にしたものですが、なかなか侮れません。初めての子はまず Scrach Jr をお勧めですね。あとは、やっぱり大人気の Minecraft (マインクラフト) ですね。あ、うちのインターンが書いた参考ブログがあるので、リンク張っておいてくださいね。」参考ブログ: [レビュー] Minecraft Education Edition – Microsoft [レビュー] ScratchJr – MIT Media Lab [レビュー] Scratch – MIT Media Lab(rei)「マインクラフトでプログラミングって、Scratch より難しいんですかね?」(校)「そうですね~出来ることが違うので一概には言えませんが、、、まずScratchは2D(平面)で、マインクラフト3Dですね。なので場所を指定するにも軸が x, y, z と3つになるので、その分頭を使うのは事実です。あとは、プログラミングの命令となるブロックがどのような種類があるかによって、変わってきますが、 Scratch のほうが拡張性も高いので出来ることは多いかな。前に紹介した LEGO なんかともつながるんですよ。」ScratchMinecraft(rei)「ロボットも動かせるんですか、なるほど。ScrachJr. はどうでしょう?」(校)「そうですね、今の2つが基本PCを使いますが、ScratchJr. はタブレットで使用することになります。ほとんど言葉とか出てこないので、文字が読めなくても、年中さんくらいから触れますね。拡張性は低いです。基本アプリの中で完結です。」Scratch Jr.(rei)「ああ、そうなんですね、Minecraft ってスマホとかタブレットでもやってるイメージでしたが。。」(校)「Minecraft を遊ぶだけなら、スマホやタブレットでもいいんですが、プログラミングするときは、開発元のマイクロソフトが提供している、Code Connection for Minecraft というアプリを使うんで、Windows 10 のPC版が必要なんですよ。タッチ機能のあるPCならタッチでもできます。」(rei)「校長のいた、あのマイクロソフトですか?」(校)「そうなんです。買収したんですね。いい買い物しましたよね~。奇遇なことにちょうど私の後輩がその担当をしてました。」(rei)「へ~~そうなんですね。Scratch と Scratch Jr は分かるのですが、マインクラフトでプログラミングって、具体的にはどういう感じになるのですか?」(校)「Windows 10 のPC に Windows ストアからマインクラフトを入れて、そこにさっきいった、プログラミングアプリ Code Connection for Minecraftを接続する形になります。接続すると、ゲームの中にロボットが出てきてそのロボットを動かしていろいろやるわけなんですね。難しそうに感じるかもしれませんが、小学生くらいの子供は一瞬で覚えますよ。」リンク Code Connection for Minecraft Minecraft Windows 10 スターターコレクション (rei)「マインクラフト複雑ですね…。セットアップも操作も…。でもわかります!子供は好きそう!」(校)「うちも幼稚園児の頃からマウスとキーボードを駆使して、PC版をやってましたよ。すごいですよね、3Dの世界を自由自在動いて、ゲームも一緒にやってました。キーボードでコマンドも打ったりしてましたからね。ただ、まだ現実とゲームの区別がついてなくて、ゲームの世界で夜になってゾンビが出たり、ネザーという怖い世界に入ると、本気で怯えて、逃げてました(笑)。 それが一年生だったかな? 急に怖がらなくなって、『ぼく、いままで、ほんとにそこにいるかと、かんちがいしてた。』とか言い出して、ゾンビをガンガン狩りはじめましたね。逆に僕が怖かったですね。」(rei)「子供って純粋ですからね(笑) まだやってるんですか?」(校)「一時期はHIKAKINのYoutubeを毎回一緒に見てたんですけど、最近は落ち着いちゃいましたね。。なんだか友達と遊んだり野球やらなんやらで忙しいようで、、、あ、それで、ゲーミフィケーション(人が楽しんでプレイできる遊びや競争といったゲーム的な要素や考え方をゲーム以外の分野に応用すること)っていう言葉があるんですけど、マインクラフトって、そのゲーム性は子供たちをすごく魅了するのは確かなんで、プログラミングも一緒に興味を持ってくれるんです。どんなことでも学ぶモチベーションって重要だと思うのです。いつも受け身で何すればいい?となるところをゲームの力で人間の本能をくすぐるんですよね。」(rei)「ゲーミフィケーション!!ゲーム感覚だと入りやすいですね。」(校)「ゲームの魅力を利用して、プログラミングも学ぶ。なので、大人も子供も大人気です。うちでもそういうコースをはじめました。うちのキャパの都合でなかなか拡大できないのが悩みですが、動画で流そうかな。。」(rei)「それはいいかもしれないですね。ゲームって悪いイメージが付きがちですが、すごいんですね。」(校)「モチベーションって大事ですからね。例の『うん〇漢字ドリル』もこの種類の話なのかな、と思うわけですよ。それと、大人の世界でもこのゲーミフィケーションが最近使われているんですよ。」(校長コラム うん○漢字ドリルもよろしければお読みください… )(rei)「えーーーー!」(校)「Amazonの倉庫の配送センターとか使われているらしいです。ゲーム化されているんです。働く人が何個荷物を集めて何ポイントとかなっているらしいです。」(rei)「そうなんですね!楽しくなりますね。特に収集癖があると(笑)」(校)「そうですね~。rei さんちもタブレットはまだ検討中だったかもしれませんが、PCあると思うので、よかったら一度マインクラフトやってみてください。」(rei)「確かにちょいちょい、言われてるんですよね。。マインクラフト。できたらやってみたいです。ありがとうございました。」ゲーミフィケーション…。初めて知った言葉でした(笑)確かによくテレビなどでAmazonさんの倉庫って特集されてますよね!楽しそうな雰囲気は伝わっていましたが、そんな言葉があることを知りませんでした。子供用プログラミングアプリ、マインクラフトもゲーム性利用して学んでいくんですね。長続きしそうですね。次の機会にはマインクラフトでのプログラミング、私でも家で息子とできるのか、もっと具体的に聞いてみたいと思います!テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 02Sep
    • 続 将来の夢はYouTuber

      こんにちは主宰のhiderinです。やっと夏休みも終わりました。。なんか今の小学生って自分の頃より、夏休みが宿題やらなんやら忙しい気がしますが。。前回のreiさんのQA コーナーで、小学生の将来の夢が YouTuber って心配です。というのがありました。(今見返したら、その他のQAでも心配ばかりしているところが、いい母親だな~と思いますね。)で、今更ふと思い出したので、以前NHKにYoutuberの草分け的存在のHIKAKINさんが出ていたのを、もう一度息子と見てみました。プロフェッショナル仕事の流儀第352回 2018年3月19日放送新しい仕事スペシャルhttps://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018087051SA000/index.htmlオンデマンドでも有料ですが、見れるようです。動画が見れない方はこちらのまとめも参考になりますね。HIKAKINさん「誰が見ても嫌な気持ちにならないように」「ゴールの見えないマラソン」とYouTuberの流儀を公開 #プロフェッショナルhttps://togetter.com/li/1210657うちの息子も当時見たときは小1だったのですが、今は小3でいろいろと感じるところもあったようです。その中で、こんな言葉がありました。 「7分の動画に編集で6時間かかる。」大人なら、それでも6時間であれだけ稼げればいいじゃん!なんて声もありますが、息子にとって6時間の編集は膨大な作業。単に、好きなことして、それを録画してアップするだけではなく、裏にはすごい努力があることが分かったようです。 「継続してるとチャンスが来るんで、その中で努力しているとチャンスをつかめる。継続です」 HIKAKINも高校卒業後、スーパーで店員として働きながら仕事が終わって深夜に動画を上げていた時期があって今があるんですよね。私もブレイクしたスーパーマリオの動画を当時見た記憶があります。 また、こんなことも。 安易に「大丈夫っしょ」と思ってしまうと、何気なく使った言葉や表現でも「案外、楽しく見られない人がいたりする」 「誰がみても嫌な気持ちにならないように」 この辺はやっぱり相当気を付けているようですね。一度炎上したら、一気に風向きが変わるのが恐ろしいところですね。 息子も「結構大変そうなんだな・・」と言ってましたので、まずはYoutubeに動画をアップするだけで生きていけるという夢から覚める効果は少しはあるようです。まあ、HIKAKINさんこんなに気を配って、プロ意識を持ち日々努力していれば、会社員やってても普通に出世すると思います。『好きなことで、生きていく』 あとこのキャッチコピーとCMも結構子供たちに影響与えたと思うんですよね。 『好きなことで、生きていく』 大人なら、まあキャッチコピーだから、と適度に流しても、この意味を小学生は、額面通り200%正直に受け取って、「やった~YouTuber になるから勉強しなくてもいいんだ~」とか。こういう発想はすぐしますからね。子供のやりたいことは、尊重してあげたい親心はもっともなのですが、この辺は気を付けないとならないと思うわけです。 またYouTuber の中にはどうも『設定』でセレブやお金持ちのキャラでやってる人もいて、そういう人達に結構小学生が群がっているようです。小学生は『設定』とか知らずにすぐ信じちゃうので、うちは親として『設定』についても教えるようにしています。 ただこれはYouTubeだけの問題ではなくテレビでも『やらせ』はよくありますね。ついでにそれも教えておきました。なんでも盲信せずにメディアに対する耐性をつけてほしいと願うばかりです。炎上リスクとデジタルタトゥー また「デジタルタトゥー」という言葉がありまして、ネット上で一度拡散してしまった記録は、コピーが容易なため投稿者が消したとしても、完全に消すのは容易ではないのです。あえてここでは紹介しませんが、『小学生 炎上 ユーチューバー』などの言葉でググると、たくさんの動画がヒットします。そしてその動画は既に本人がアップしたものではないことが多く、炎上動画を見たユーザーがローカルにコピーし、まとめて、再度アップして拡散していたりします。たぶん元の動画はとっくに削除してチャンネルも閉鎖されているにも関わらずです。厳密には動画の著作権は元の作成者にあるので、手間をかけて削除を申し立てて削除してもすぐにコピーが現れたりしてしまうのが現実です。 顔出しで本人が特定できる形で、アップしていたりすると被害は更に大きくなります。自己責任という言葉もありますが、小学生がそこまでのリスクを予見できるかというと疑問です。このあたりは親の責任が大きいと思います。YouTuber という夢 これだけ認知度が高まってくると、子供向け YouTuber 養成講座などのビジネスで一儲けしようという企業もたくさん出てきているようです。塾に通って勉強してなれるようなものではないとは思うのですが、、、まあアメリカのゴールドラッシュで一番儲けたのはツルハシ屋さんという話にあてまるのでしょうか。そのうち Youtuber 認定資格試験とかまた役に立ちそうもないものが出てくる気もします。 またYouTuberを夢にするというのは、Googleのプラットフォームの上で生きていく、ということですね。Youtube広告の収益がどのように分配されるのか、全て詳細には明らかになっていませんが、ルール改正等で厳しくなってきているという話は前回の通りです。今も将来も当然GoogleはYoutuberではなく自社の利益を最大化するように動いていきます。正社員でもなく Google のために日々利益に貢献してくれる存在の Youtuber は Google にとっても、本当にありがたい存在だと思うわけです。今後もCMなどでどんどんプロモーションしていくことでしょう。 YouTuberが夢というお子様には、目や耳に入ってくるものだけに踊らされず、何でYouTuberになりたいの? 好きなことして生きたいの? 好きなことって何?YouTubeに好きなことした撮った動画をアップするだけで生きていけるの? 炎上って知ってる?など、一度丁寧に話し合い、自分の頭で考えてもらうよいきっかけになるとよいのではと思います。「YouTuberになりたい?新しい時代の職業!尊重して応援してあげなきゃ!」と思うのも親心ですが、中身は未熟な子供なのでしっかりとメディアやITに関するリテラシーを持ってもらうのも親の役目かなと思いますし、YouTubeは手段の一つとして、もう一段上の視点で夢を考えてもよいのかな、とも思います。

  • 30Aug
    • 質問15:インターネットやゲームの時間を制限したい

      ここでタブレットを子供に渡して自由に使われても困るのでいろいろ制限したいのですが…。聞いてみちゃいましょう(rei)「質問15:インターネットやゲームの時間を制限したいんですけどどんな感じなのでしょう?全くわからないので教えてください。」(校)「では、iPad を例にとると、、基本的なとこから、えーと、これだ、設定の、[iTunes & App Store] 内の、[パスワードの設定] で、パスワードを [常に要求] して、無料ダウンロードも[パスワードを要求]するようにすることで出来ますね。あと、えーと、[一般] の中の [機能制限] にて、ブラウザーは起動させないようにする、とかアプリ自体を非表示にして制限することも出来ます。」(校)「で、ここまでは昔から出来たのですが、最近はアプリの起動時間などの時間制限などができるようになっています。ゲームは1日15分、教育アプリは30分、そして土日は増やすとか細かい設定できるようになってきています。iOS12以降で使用できる『スクリーンタイム』とandroidでは『googleファミリーリンク』ですかね。」(rei)「えーーっと、基本的には、App Store のパスワード設定・・・と。機能制限、そして、スクリーンタイムで時間制限ですね。了解です。iPhoneでも出来ましたよね?あとで設定してみます」(校)「やってみてください(笑)」(rei)「じゃあ、そのスクリーンタイムで、たとえばYouTube を限定して時間制限とかできるんですか?」(校)「はい、スクリーンタイムだと、YouTube っていうピンポイントではないのですが、ジャンル別なのでYouTubeはエンターテインメント(動画系アプリ)というカテゴリ別に設定できるので、そのカテゴリーに属するアプリを何分で切るということができるんです。なので、これを使えば、大体大丈夫かと思います。(追記:[設定] -> [スクリーンタイム] -> [App使用時間の制限]->[エンターテインメント]-> 時間を設定して、[使用制限終了時にブロック] にオンもっと細かくやろうとすると僕も買ってた 有料アプリ(Kidslox)になるんですけどね、だけど、これは Appleが排除し始めててもうずっとアップデートされていません。こういう機能は自分でやるということでしょうね。。Apple 怖いですね。」(rei)「以前は有料しかなかったということなんですね。」(校)「そうなんです。まあでも基本無料なんでiOSは、スクリーンタイム、Android は Googleファミリーリンクと、どちらかを使用するのがいいかと思います。」(rei)「無料は強いですね。しかし、スクリーンタイムって自分のiPhoneでも見たことあるような気はしますが、そんなことに使えるとは思ってませんでした。」(校)「そうですか。で、あともっとも重要なのは、自動的に切ったあと、延長も出来るのですが、決して延長には応じないことですね。一度延長に応じると、確実に毎回延長をリクエストするようになります。お互い余計なエネルギーを浪費することになるので、本当にめったなことがない限り(例えば友達が来たとか(笑))ルールは変えないのがいいですね。小さいうちは、ごめんね~ママもこうなったら伸ばせないの~と言ったり、小学生には延長リクエストをしたら罰則を与えるというのもよいでしょう。」(校)「そして、親も初めによーーく考えないといけないですね。週間予定を決めていく。なかなか大変なんですよ。平日は何時から何時まで、何分間だけ許可して、土日はどうするとか、、また夏休みとかでも変わってきますし。詳しくやり方をかけたら書いていきますね。いろいろできるんでね」(rei)「大変ですね…。ありがとうございます。参考にします。」有力情報!スクリーンタイムとgoogleファミリーリンクです!前にも情報もらってましたが、どこまでやれるのか…。週間予定を立てる…。習い事のように組み込んでいく感じなんでしょうねぇ。なかなか難しいですま、タブレットいじるのであれば制限がないとやり放題ですからねぇ…。次はキッズ用プログラミングアプリについて聞いてみます❕テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 28Aug
    • 質問14:家でプログラミングを学ばせるにあたり必要なものは?

      だいぶ質問してきましたが、まだ聞きたいことあるので上げちゃいます重複しているかもしれませんけど…(rei)「質問14:家でプログラミングを学ばせるにあたり必要なものは何でしょうか?」(校)「プログラミングを学ぶのに必要なものは、まずはタブレットでしょうね。年中~小学校1,2年くらいからでしょうか。早い子はもうPC使う子もいるかもしれませんが。それで、何を買ったらいいかだと思うんですけど、iPadとAndroidどっちがいいかな、と思いますよね。気にしなければ、最近何かと話題のファーウェイが安いし(笑)」(rei)「先生のお勧めは?」(校)「僕はiPadをお勧めしますね。やっぱり子供用知育系アプリが充実している。 あと、前回紹介した子供向けのやわらかケースなどのアクセサリの選択肢が多い。それからAndroidだと、機種がありすぎて分かりずらいですよね。でも親が分かってれば、ファーウェイはじめ格安Androidタブでも大丈夫です。ファーウェイでもプログラミング学習だけなら、リスクは大きくないですしね(笑)。あとは、スマホは残念ながらScratchはじめプログラミング系のアプリが入らないことが多いですね」(rei)「試してみました(笑)ダメでした」(rei)「うちにタブレットがないのでPCでやってみようと思ったんですけどできますか?」(校)「できますよ。しかしPCを使用する際には基本マウス、キーボードを使用するのでそちらの操作を先に覚えないといけないですよね。うちのは、小1でマインクラフトPC版をやらせたら一瞬で覚えましたが(笑)。ゲームの力はすごいですね。特定のコマンド入力だけめっぽう早いだけですが。まあはじめの導入口はタブレットがお勧めですね。」(rei)「確かに」(校)「質問6:タブレットの扱い方で話したと思いますが…。あとゲームやインターネットの利用に制限をかけたいところですよね。そこで、iPad には『スクリーンタイム』という機能があるんです。最新の iOS 12 にアップグレードすると利用できますが、対象機種が決まっていて、下記の機種であればOKです。 12.9インチ iPad Pro(第2世代) 12.9インチ iPad Pro(第1世代) 10.5インチ iPad Pro 9.7インチ iPad Pro iPad Air 2 iPad Air iPad (第6世代) iPad (第5世代) iPad mini 4 iPad mini 3 iPad mini 2新品で買うと結構しますが、最新の iPad Pro までは子供にはいらないですよね。現行のラインナップだと、うちは一番安い無印の iPad を渡してますが、十分でした。」(無印 iPad)(校)「後は中古も結構出回っているので、この iOS 12が入るかどうかを一つの目安とするとよいかもしれませんね。iPad mini 2 なんか結構昔のなので、値段も相当下がっているはず。 OSのアップデートがもう最後な気がするので、4 当たりにしておいた方が、無難かもしれません。あとApple 自体も公式に中古(整備品)の販売もやってます。 それから、Android のほうには前回も話したGoogleファミリーリンクですね。ただこれが使えるのって、結構最近の Android タブレットでないとダメなようです。詳しくは前回のブログにて。」(rei)「そうですよね。大人の管理が必要ですもんね。」(校)「で、あとはまず Scratch Jr. あたりから、始めればOKかな。あと、Scratch も Webブラウザ で開けばタブレットのタッチでも大体使えるようになりました。」(校)「タブレット以外のところでいうと、いろいろプログラミングのおもちゃも出ているので、それもよいかも。小さい子だと、前回紹介したコードAピラーとかもいいですね。これなら、タブレットいらず。」(コードAピラー)(rei)「そうでした」(校)「あとは、アンプラグトプログラミング(電子デバイスを使わずにプログラミング的思考を学ぶ)といってPCや電気を使わないプログラミングを学ばせよう、という考え方もあるんです。すでに小学校の授業などでも取り入れられているようですが、親子でも出来ると思います。こんな本なんか結構参考になりましたね。小学校中~高学年向けかな。この本は。」(rei)「デバイス使わないプログラミングもあるんですね。」(校)「そうですね~。あとはデバイスをどんどん使っていく方向だと、前紹介したLEGOなどのロボットや、また小型のPCや IOT デバイスを自分で組み立てちゃおうというのもありますが、今日は入門編なのでまたその話は別途」 (rei)「ありがとうございました。」やりたい!となってきている息子…。iPad用意しようかな(笑)中古でもいいし。このやりたいって時にやらせたいのはあるんですよね…。次回は子供のタブレットの制限について更に聞いてみたいと思います。テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 25Aug
    • 質問13:英語は耳からということで早めに習う子供が多いですが…プログラミングも?

      小学校で必修化として教わるのですが、英語に関しては耳から習得させるために幼少のころから学ぶ方が増えていますがプログラミングに関しても早めに触れるべきなのか?聞いてみましたが、これは結構長くなりました、うまく端折って、要約していきまーす。(rei)「質問13:英語は耳からということで早めに習う子供が多いですが、プログラミングも早めに触れるべきなのでしょうか?」(校)「そうだと思います。前も言ったんですが、try&errorを繰り返すことで自分で何とかするんだという癖をつけることにとても役立つと思うんですよね。創意工夫をする人間になってくれると思います。」(rei)「そうなんですね。英語は文字もかけない読めない状態から耳で習得するみたいなこと言われてますけど・・・。」(校)「あーーー!僕は英語はね逆に3歳とかそんな小さい時から習う必要はないんじゃないかと、思っているほうです。日本語をきちんとしゃべれるようになることが大事なんじゃないかなと思うのです。小さい時から英語を学ばせて、我が子をバイリンガルに・・・と目指している方もいらっしゃいますけどね。どこまで本気でバイリンガル目指すかによりますが、結局日本に暮らしてる以上ネイティブにはなれないんですよ。私も外資系に勤めていたので英語には苦労しましたが、アメリカの人に言われたんです。君の顔を見たらネイティブ英語が出てくるとは思ってないからもっと自由に自信をもって話しなさい。言ってること分かるから、と。」(rei)「発言するのが大事なんですね。」(校)「仕事などで必要に駆られてやれば何とかなるんじゃないかな?その時のためのベース知識として持っておけばよいのでは?自分が小さい時からやってなかったから英語苦手なんだ、出来ないんだ。と思いがちですけどね。だから自分が苦労したから子供は小さいうちに英語に触れさせておこうと思うんでしょうね。完璧な英語を話すためには、まず勉強、まじめな日本人の特徴もあると思うんですけどね(笑)。世界中の英語ノンネイティブの人たちが、それぞれの国のバージョンの英語を話していますからね。堂々と日本バージョンの英語を話せばいいんですよ。極論承知ですが。」(rei)「ふふふ」(校)「日本語は子音だけの発音が違うとか、RとLの発音が、、とかいろいろ言われますが、インドとか、中国とか、あと中東とか、訛りが強くて僕もまったくわかりませんでした。文法も間違ったりしてました。でもネイティブのアメリカ人は分かってました。これはなぜか?僕も長いこと疑問でしたが、彼らが間違っててもお構いなしにしゃべりまくるので、それぞれの訛りのバージョンにアメリカ人の方が順応して脳内で補正しているのです。まったくの仮説ですがこれも言い切りますよ(笑)。なので、ジャパニーズイングリッシュでどんどんしゃべっていけばいいんですよ。そのうちみんな慣れて、ジャパニーズイングリッシュも市民権(?)を得るはず(笑)。」(rei)「(笑) そうですよね。私も経験あります。」(校)「rei さんもありますか。旅行?仕事とかかな? あとね~、外資系にいると、普段は寡黙な純日本人なのに英語話しだすと、いきなり陽気なアメリカ人設定になる人とかいて、あれは見てて面白い(笑)。性格まで変わらなくてもいいのに(笑)。」(校)「話戻りますね(笑)えーっと、3歳から英語? これは僕はわからないなあ。。言葉ってモノを考える大切な基礎となるものなので。日本語をしっかり覚えることで、日本人的な思考法もしっかりと身につくと思います。もちろんそれには強みもあり弱みもありますが、それで私たちの国も世界で有数の長い歴史を経てここまで来たわけですから、この日本に生まれた以上、自信を持っていいんじゃないかな?きっと世界でそれが強みとなるときが来ますよ。日本語はとても繊細で成熟した美しい言語だと思います。あくまでも僕個人の考えですけどね。」(rei)「あとプログラミング(笑)」(校)「ああ、プログラミングはもちろん、トライアンドエラー、諦めない心、考える力が身につくのでおすすめですね。前も言いましたが、PCみたりタブレット使うものだけではないので。以前も紹介したいろんなプログラミング・トイも出てますし。どれでもいいですが、うちの場合3歳とかなら、こんなのやらせてたかな。コードAピラー。」(校)「Scratch でブロック組むような感じで、矢印の胴体のパーツを組み合わせてスイッチオンすることでその通りに動くんですよ。障害物をさけたりして遊ばせることで、プログラミングの勉強になります。」(rei)「ほほー。面白そうですね~!!ありがとうございました。」私も高校位から英語苦手…。でした。けど仕事や旅行で海外の方と触れ合ったりしている中で全然楽しめていたので別に自分の子供に小さい時から習わせたりしていません。(笑)プログラミングは少し理解できるとこから触れさせる程度はいいのかな?あきらめたり投げ出したりしない子にはなってもらいたいです(希望)本人がめちゃくちゃ興味を持ったら突き進めばよし!!テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 24Aug
    • 質問12:プログラミングが小学校で必修化のようですが、塾に通う必要がありますか?

      2020年より小学校で必修化とありますが、それだけ必要性があるということなのか?聞いていきました。(rei) 「2020年からプログラミングが必修化になるということで、プログラミングの塾に通わせている家庭も多いようなんですが。」(校)「まず結構勘違いしている人が多いのですが、英語は教科化なんですが、プログラミングに関しては教科化ではなく必修化なのです。なので成績表にプログラミングという教科で成績がつくことはないんですよ。だから焦ってプログラミング塾に通わなくても大丈夫です。」(rei) 「そうなんですね~(ほっ)・・・」(校)「これに対して、英語は教科になるんですよ。単体で成績つきますね。更に、中学受験にも入ってくるということです。」(rei)「じゃあうちの子もそうなるんですね!」(校)「2020年から5,6 年生は英語(外国語)が教科になるので、まさにちょうどなりますね」(校)「それに対して、プログラミングは教科になるわけではないので、単体で成績がつくわけではなく既存の教科の一部として教えていくということなんです。」(rei)「今もやっている学校があると聞きましたが。」(校)「そうみたいですね。今2019年なので来年からなのですが、先生たちも国語や算数の中で今試行錯誤しながらやっているようですね。」(rei)「ほぅ。算数はともかく国語でもやるんですか?」(校)「そうなんですよね~。そこでの事例をいろいろ見させていただく機会があったのですが、まず一生懸命取り組まれて素晴らしいなあと思ったのですが、同時に、うーーーーん、、、先生もあまりプログラミングやったことがないんだろうなあ。。。と正直思いました。試行錯誤で努力の跡が感じられました。」(rei)「ずいぶん遠慮がちですが、、(笑)どんな授業だったんですか?」(校)「えーっと、その国語の中で言うと、シーケンスについて学ぼう。ということで、つまり僕が授業でもいってる順次処理のことなんですが、そのシーケンスを使えば、文章が楽に書くことができるとうことで、1.さいしょに○○をします、2.つぎに△△をして、3.さいごに□□をします という文章をみんなで作っていましたね。まあこれなら接続詞の話なので、無理にシーケンス使わなくてもいいのでは、という感じもします。」(校)「まあこれはまだいいほうかな、さらに、変数という概念があるのですが、これを使えば他の人に分かりやすく物事を伝えることができるのでやってみよう。たとえばトマトは、変数1(色)=赤、変数2(種類)=食べ物 とか・・・・ それで生徒の感想が例えば、『今までは余計なことをたくさん話してしまっていました。これからは必要なことだけを変数を使って伝えていきたいと思います』 とか。。」(rei)「なるほど。。。」(校)「正直、プログラミングの中の手法で人ともコミュニケーションしていたら、変わった人になってしまうと思うのです(笑)。」(校)「あとは、算数の授業でも、『計算の答えを確かめることをデバッグといいます。解いた計算をみんなでデバッグしてバグをみつけましょう。』とか。なんか大枠では間違っていないのですが、バグというのはいろいろありますが、プログラミングの世界では計算は間違えることはないと思うのです。実務経験のある人からすると、うーーーんと唸る内容でした。これがプログラミング必修化か・・・と。」(rei)「先生たちも今、一生懸命やっているんですね。」(校)「はい。行動と努力は素晴らしいと思いました。やる気もありますし。で、あと今年の春に教科書も出てきたんですね。2020年からのプログラミングが入った算数と理科の。そこでもなんか違うんですよね。例えば、『街灯が夜になるとつくのはプログラミングです。答えは明るさセンサーで暗くなると明かりがつくようになっています』。で、センサーの話に詳しく入っていっているんですね。」(rei)「ほうほう」(校)「私としては、プログラミングなら、夜になるとつくようにするにはどうすればよい?みんなだったらどういう仕組みにする?という論理的なところをもっと掘り下げてほしいんですよね。それには明るさセンサーも一つですが、それがなければ、もしかしたら時刻でオンオフにするという考え方もあるかもしれない。日の入り・日の出の時刻もネットにありますし。それも大正解。現に今タブレットなどではナイトモードと言って、日の入り・日の出の時刻で、画面の色合いを変えたりするものもありますし。」(校)「セミが鳴きやんだら夜、と言った子もいて、なるほど~天才か思いました。セミの鳴き声センサーがあればいいですが(笑)。そうやって自分で、実現したいこと=楽したいこと をどうやって解決するかを、もっと頭で考える、というプロセスを大切にしてほしいのです。これねえ、予言ですが、下手するとテストで 『街灯は □ によって夜になると電気がつく』 で、正解が 『明るさセンサー』 とか出たりしちゃいますよきっと。タイマーでは×。怖いなあ。。」(rei)「なるほど~。確かに自分の頭で考えて、自分で解決する能力が大事、ですもんね。」(校)「そうなんですよ。やっぱり既存の教科の中で教えるようなものではないと思うのです。英語教育も、最近は改善しつつありますが、中学からやってもみんな海外で使えないのと同じように、プログラミング教育についても同じようなことになってしまわないかと、実務経験者の立場として、ちょっと危惧しています。詳しくは、また僕が書けたら書きますが」(rei)「はい。よろしくお願いします。ありがとうございました。」学校の先生たちも数年前から準備しているとはいえ難しいところですよね。。。校長先生に聞いたようにプログラミング的思考をまず植えつけないとなかなか入っていけないような気がします。ちょっと考えちゃいましたテックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 22Aug
    • 質問11:将来YouTuberになりたいという子が増えているようですが心配です。

      こんにちは rei です。夏休みで少し空いてしまいましたが、また続けていきます!本日は最近よく耳にするYouTuberについてです。確かに小学生に将来何になりたいの?と尋ねると回答として返ってくることが多くなったWordですどんな回答が返ってくるのか楽しみです(rei)「次の質問です。将来YouTuberになりたいという子が増えているようですが心配です。校長先生はどのように考えますか?」(校)「うーーーーーん、、いや、今っぽくて悪くはないんと思うんですけど、なんか違和感がありますよね~。プロ野球選手になりたい、芸能人になりたい!と同じジャンルだと思うのですが、Youtuber になりたい!ってちょっと疑問ががありませんか?(笑)」(rei)「あります(笑)」(校)「ですよね~Youtuberで生計たてられてるのって、本当に一握りですよね。でも例えば、歌手になりたいという子が、成長していく中で歌手にはなれないけれども、音楽に関わる事業会社に入社する、というパターンも多いと思うので、そういう風になるのかもしれませんが。うーーーん。なんだろこの違和感。僕が年寄なのかな(笑)」(rei)「確かに・・・(笑)。」(校)「なんというか、うまく言うのが難しいのですが、僕の抱えている違和感ってそういうこと言う小学生って、『ぼく勉強しなくてもYoutuberになるからいいんだもーん!好きなことだけやって暮らせるし!』とか思っている匂いがプンプンするんですよね(笑)。現実からの逃げの一手のYoutuber(笑)。Youtuber 志望の小学生の内 98%くらいがそうだと私は言い切りますよ(笑)。親の役目として Youtuber だってそんな甘くないぞ!と現実をちゃんと教えてあげるべきだと思うのです(笑) 」(校)「Youtuber の収入って rei さんご存知です?」(rei)「どのくらいなんですか?」(校)「Youtube って広告が出てくるじゃないですか、広告主がお金を Google に払っているわけですが、再生数に応じてそれを Youtuber に分配しているんですよね。(rei)「おぉっ Google って偉いですね。」(校)「で、もちろんそんなに甘くはなくて、見ていただくとわかるんですが、再生数というのがあります。10万再生でも結構大変なヒットです。で、そのYoutube 10万再生でもらえるのは、約5,000円~10,000円。(0.05~0.1円 / 1回再生)。これを土日も含め30日間毎日出しても、15万円~30万円!結構きつくないですか?やってるほうも大変な努力をされていると思いますよ~。あとは企業からの依頼などで、動画を作る場合もありますが、それならクライアントからの要望も聞かないとならないし、完全に普通の『仕事』ですよね。」(rei)「たしかに・・・」(校)「更に、現在YouTuberが増えすぎて分配率は下がっているようですね。一番儲かっているのは Googleですね。好きなことして生きていこうっていうコピーは Google にとっては最高ですね(笑)。すべて Google の手の上で泳いでる感じですかね。あ、去年また Google がルール変更して数千くらいの再生では0円になりましたよ。こうなったら、一回やらせてみて、現実を味わわせるのがいいかもしれませんね(笑)。スマホ1個あれば出来るし。その絶望を乗り越え、やり続けたらもしかしたら本当に Youtuber になるかも?一度やらせてみますか?(笑) ただし炎上や拡散のリスクがあるので、顔出しや本人が特定できる形には絶対しないほうがいいですよ。」(rei)「そうですか(笑)」(校)「あとYoutuber 志望のお子様を持つ親の心を巧みについた、Youtuber 養成講座(笑) とかやってるんですけど、そんな講座やるくらいなら、その先生が自分で Youtuber になって好きなことして暮らせばいいのにと思いますが(笑)。まあ講座の中身は動画の撮り方、アップロードの仕方、サムネイルの作り方とか、テクニカル的なものみたいですが。それなら自分でもやってみれば、出来ますよ。」(rei)「(笑) ほほー。意外と厳しいですね。あ、質問です。低学年から収入面は教えていいんですかね?」(校)「僕はまったく専門ではないのですが、最近は子ども向けのお金の話という授業が流行ってますね。僕も賛成で、日本人って世界に比べるとお金について無頓着だとは思います。でもそれがいいところなんですが。日本人の間だけだったら、それで大丈夫ですが、やはりグローバルな中では全く通用しないと思うのです。(笑)」(rei)「そうですよね~」(校)「うちのは、今お金ないから、買えないよ~っていうと、じゃあSuica があるだろとか、ATM行こうとか、、ATMってお金がどんどんあふれ出てくる機械かといいたくなりますね。 お金の口座とかいったほうがいいですね。」(rei)「あふれてると思ってますね確実に!(笑)」(rei)「教えていきましょう!」将来は夢見てしまいますが、しっかり親として教えてあげるべきことは伝えていかないといけないな・・・。お金の話もしていかないとそんな私の息子の夢は幼稚園から小2まで一貫してドーナツ屋さん・・・・。経営大丈夫??あまあますぎて心配ですテックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 09Aug
    • プログラミングの原体験

      こんにちは。すでにreiさんがレポートしてくれていますが、夏休みの前半の教室の模様です。かわいい子供たちに癒され僕も幸せでした。 View this post on Instagram 夏休み前半の教室から。。 暑い中ありがとうございました😊 プログラミングの原体験を。 #小学生 #夏休み #プログラミング A post shared by hiderinxy (@hiderinxy) on Aug 8, 2019 at 9:46pm PDT手足口病、プール熱等流行っているようで急なキャンセルも何人かあったので、ちょっと心配ですが、暑さ本番夏休み後半戦も、元気に遊んでね教室ではいろいろなタイプの子がいますね。ひたすら元気に発言しまくる子教室を動き回り、すぐ先生のところへ来る子黙々と課題をこなす子話を聞かず好きなことをやってる子:小学校の先生の気持ちが今になってわかりますね〜。でもここは学校ではないので、出来るだけみんなのスタイルを尊重してます。一つの指標や方針で評価するのではなく、それぞれがどれだけ成長したか、が本来の教育の評価基準であると思うのです。(作品を追記しました)さてちょっと、子供たちの作品をのぞいてみます。①年中さん 女の子ステージで自分が右から登場し、自己紹介をして、歌います。曲名は幼稚園の定番ソング 「ね」 です。1番をフルでレコーディングもしてあります。歌手になりたいそうです。かわいすぎです② 小3 男の子ねこちゃんに後ろからボールをあてているようですが、、💦いたずらっ子ですね〜シチュエーションの是非はともかく、もしぶつかったらのブロックで当たり判定をして、ねこちゃんが回転したり。音のブロックで双方のセリフも入れたりと一見シンプルですが細部にこだわりを見せています。③ 年長女の子これも面白いですね~後ろから魔術師やドラゴンが攻撃をしかけくるのを必死で逃げています。この後また場面が転換して話が続いていました。④ 小2 男の子これは最初一見したときは何か私も分からなかったのですが、ものすごいこだわりの作品ですなんとドラゴンから竜巻がグルグルまわってとんでいったり、口からレーザーが発射されたりします。ブロックを見てわかるとおり動きをリアルに再現しています。みんなの作品には、いつも先生も楽しませてもらっていますこの夏休みの小さな教室が、みんなのプログラミングの原体験になってくれると嬉しいです次回マイクラやります~。テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/hiderin@tech4kids

  • 08Aug
    • Scratch Jr. 基本操作紹介動画

      プログラミング教室主宰のhiderinです。以前に作った、Scractch Jr.の超基本の操作方法について説明した動画の紹介です。これはツールの使い方なので、プログラミング的な要素は含まれていませんが、まず使い方だけでもマスターしておくと授業もスムースに進めますので公開しています。もし操作方法等まだよく分からない、という方は一度ご覧になってください。年長さん~小学生低学年くらい向けなので短く区切ってあって、18個くらいあります。↓こちらのリンクが動画をまとめたリストです。https://www.youtube.com/watch?v=GnxGtdrCw8E&list=PL0Hrycg6ReUSFBhhBS1dZW2iq0wR-9wVHちなみにこちらは以前のインターンが作成したものです。今は立派に某金融系の大企業にて、社会人として働いています。そういえば、うちでインターンをした子達はみななぜか、大企業志向になってしまうな、、なんでだろう。頑張ります。hiderin@tech4kidsテックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 07Aug
    • ドラクエ世代はみんな勇者だった

      ドラゴンクエストⅢ 聴いてきました。やっぱり昭和の世代にはIIIは特別。あの頃の熱気はすごかったですね。。やっぱり昭和4-50年代頃の、ファミコン世代って今社会で働き盛りなわけですが、ドラクエの影響ってすごく受けてると思うのです。経験値とお金をため、レベルが上がって強くなり、武器を揃え、ダンジョンや謎を解いてアイテムゲットして仲間を増やし、役割分担して最終ゴールのボスを倒すという、人生への教訓がすごく詰まっていると思うわけです。当時はゲーム=悪というイメージでしたが。今の我々の世代の行動様式に大きな影響を与えている気がしてます。私のプログラミングの原体験も、もちろんファミコンでした。友達の家にファミリーベーシックがあって、ちょっといじらせてもらった記憶が。。ファミコンでゲームが作れるんですよね。欲しかったな。。ファミコン本体と同じくらいするので言い出せませんでしたが。このキーボードにとても憧れました。Basic 言語でプログラミングしてゲームをつくることも出来ます。とはいえ、2000バイト (2k) しか領域はないので 単純なものしか作れません。ただ今調べたら、その中で機械語というものも駆使して高度なゲームを作っていた猛者もいたようですそれに比べると、今の子たちはプログラミングを学べる環境が本当に充実していますね。ゲーム好きな子もプログラミングを学ぶと、あ、これはこういう風に作られているんだな、という目線でゲームを見ることができるようになります。そしてつくって人に見せる楽しみも覚えますドラクエIIIが、社会的現象になっていた頃、小学校の音楽鑑賞会で、体育館にドラクエのオーケストラが来て、ファミコンサウンドしか聞いたことがなかった僕はあまりに感動してその後、クラシックに興味を持つきっかけになりました。このように人生にいろいろなきっかけをつくってくれたのがファミコンでした。ファミコンって1983年(昭和53年)に発売して、次世代機のスーパーファミコンにバトンタッチしたのが 1990年(平成2年)。その間 ATARI(笑)やら、PCエンジンやら、メガドライブやらいろいろ出ましたが、ファミコンは同一のハードで7年以上もトップシェアを保っていたんですね。今日のコンサートも周りを見ると、同世代と思われるお客さんたちでした。前の人がハンカチで目を抑えていて、ああこの人も30年前に戻っているんだな、、今、僕も含めてこの会場のお客さん全員、いや、もしかするとステージの演奏者たちもみんな一緒にあの頃の勇者だったのかな、、と思うと、私も胸が熱くなりましたすぎやまこういち先生Lv88におなりですが、とても元気です。最近ネットのTVでも活躍されてて、今回のコンサート見つけました。息子にもそろそろ勇者の旅をさせて、伝説を伝えていかないといけないな…hiderin@tech4kids

  • 06Aug
    • 子育テック

      この前のAmazon Prime day セールでポチったものをやっと箱📦から出しましたecho show はもう少し画面が大きいの出てますが、小さい子供がいる家庭では、部屋の中で画面がアピールしすぎないよう、echo spot の小さい方が良いかな、、と。Fire TV stick は初代以来の買い替えなので、だいぶ動作が快適に。echo の定型アクションとスマートリモコンを使って、寝る時間になると営業終了の蛍の光が流れ、テレビや電気を消してます。スマートプラグでテレビの電源を管理しているので、勝手にリモコンではつけられません。今のところ、何も言わなくとも大人しく寝る準備始めるようになってます。たまに鬼から電話も利用中📞朝もテレビをつけてしまうと子供が見入ってしまうので、つけずに、定型アクションで天気やニュースを自動再生、出発時間五分前にはお知らせ再生。子育てもテクノロジーで楽にしたいな、と。。hiderin@tech4kids

  • 05Aug
    • 質問10:親でも教えてあげられることはありますか?

      最後の質問です。プログラミングを何も知らない私(親)が何か教えてあげられることがあるのでしょうか?質問10として校長先生に聞いてみたいと思います。(rei)「プログラミングを何も知らないのですが、質問10:親でも教えてあげられることはありますか?」(校)「そうですね是非、親も一緒に学んでいってもらいたいなと思います。これだけインターネット、デジタルデバイスが生活に浸透しているのでそういうものが子供にどうい影響を与えるか考える意味で一緒に勉強していったらたのしいのかな?」(rei)「楽しそうですね。」(校)「Scratch とか、マイクラのプログラミングを一緒にやったりとかね。なのでうちも親子で体験してもらっていたりします。また例えばですが、ロボットプログラミングのキットとかも売っているのでこれもまた楽しいですよ。一緒に作ったりしても楽しいですよ。」(校)「例えばこれとか初心者向け子供用プログラミングロボットです。最近見つけていいなあ、と思っていました。LEGO好きなこはこれですかね。うちはこれ買いました。ただうちは下の小さいのもいるので、兄が作っても、毎回いない間にバラバラにされてやる気を喪失しています。なので上のロボットとしての完成品の方がいいかな~と。 お値段は1~2万円台と少ししますが楽しめるかと思います。これでもかなり低学年向けに安いのが出てきたんですよ。」(rei)「一緒にやれそうですね。」(校)「前にも言ったと思いますが、ソフトとハードが勉強できますね。ソフト部分はタブレットにてプログラミングして、ハード部分はロボットで実際に動くということが体験できます。組み立てるだけでも細かい調整が必要になりますので、力の作用の勉強ができます。モーターが回ってそのモーターの力をいかに車輪に伝えてそれを回転に変え前に進んでいくか。ロボットを作るにはソフトとハード、両方の素養が必要です。」(rei)「あの~。ソフト部分から入らないとロボットは使えないですか?」(校)「そんなことはないと思います。ただやっぱりロボットというと、頭脳にあたるソフト部分があるのが、ロボットと言われているのでソフトがないと、どうしてもただの機械になってしまいますね。ラジコンとか、ミニ四駆のイメージですね。ロボットに関してはほんとに幅広い分野での知識が必要なんですよ。その中で将来、専門として進んでいくことになると、ソフト部分、AI部分、機械部分に特化していく感じですかね。最初は幅広く、そして段々ある部分に特化していくという、いわゆるT字の形ですね。うちでは今この中のソフト部分を中心にやっているということです。」(rei)「ひろい!!」(校)「ま、一緒に楽しみましょうってことですかね。」(rei)「そうですね。ありがとうございます。」テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 04Aug
    • 質問9:子供がタブレットを乱暴に扱うのも心配。

      今回は我が子の心配事をぶつけてみます。我が家はタブレットはないですが、ゲーム機器(switch)はあります。そのゲームについても毎回兄弟で取り合いになったり、人の話を聞かずに乱暴に扱う傾向にあります。聞いちゃいましょう!(rei)「でもやっぱり先生なんて出来ないと思いますが(笑)、、とにかく今は体を鍛えさせてます。晴れたらとにかく外へ行け!みたいな。」(校)「いいですね。男の子2人のエネルギーすごいですからね。ぶれない方針が(笑)素晴らしい」(rei)「でも先生は子供の頃から晴れたら外いってたんですか?」(校)「いや~実はまったく。(笑)どちらかというと、体育苦手な子でした。やっても卓球かな。(いや、それでもやっと人並みレベルでしたが)」(rei)「そうなんですね(笑)」(校)「草野球とかやるじゃないですか、すごい下手なので、出番無くていいのに、みんなが気を使って出してくれるんですよね~。出てもエラーばっかなのに。それが小学生ながら、申し訳ないな~と、情けない思いしたので、息子にもそんな思いさせたくなくてうちも今は外メインで行ってます。暇さえあればキャッチボールしたり。」(rei)「へ~(笑)」(校)「小学生の頃って、結構運動の比重が大きいじゃないですか。特に男の子。足が速いとモテるとか、あれ。女子の本能ですかね。」(rei)「そうかもしれませんね(笑)ところで、次の質問言っていいですか?(笑)」(校)「あ、そうでしたね、はい(笑)」(rei)「うちは二人息子なのですが、当たり前のようにけんかが多いんです。タブレットを雑に扱いそうで心配です。何かの拍子に叩いたり・・・。ダメですけど!」(校)「たしかに危ないんですよ。タブレットって凶器にもなるんで。角とか頭にあたったら痛そうですよね。男の子2人ならなおさらですよね。そこで、あたっても落としても大丈夫ないいケースがあるんですよ。」(rei)「ケースですか?」(校)「はい。柔らか素材の。アマゾンで1500~2000円の間で出ているのでどれか好きなものをお勧めします。小学校などで採用しているのを目撃しています。」(画像をクリックで Amazon の商品ページへ) (rei)「シリコン製なんですね。」(校)「いろんなもの試したけど、安いの買ってもダメってことはないですよ。」(rei)「そうなんですね。」(校)「余談ですが、ケースを購入するにしてもiPadの場合、規格・サイズが同じなのでアクセサリーの選択肢がとても多いですよ。androidの場合、規格・サイズが一定していないので専用アクセサリーが意外と少ないです。これからタブレットを購入される方は参考までに」(rei)「ありがとうございます。」テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 03Aug
    • 質問8:今回は体験ですが、本格的になるとどのくらい通う形になるのでしょうか?

      前回に引き続き校長先生に質問していきます。質問8:今回は体験ですが、本格的になるとどのくらい通う形になるのでしょうか?また、金額も教えてください。母親的に金銭面…。とても気になります(笑)(rei)「続いて質問8にいきたいと思います。本格的になるとどのくらい通う形になるのでしょうか?金額も教えてください。」(校)「まぁ、私は個人的には小学生の低学年とかのうちから、みんなが毎週プログラミング教室に通う必要はないかと思うのです。それよりもさっきの福沢諭吉のように、体を作る方が大事だと思っているほうです。個人的にはですけど。」(rei)「確かに大事ですよね。」(校)「なのでうちは月謝という形ではとっていないのですが、大手の場合金額は月4回で安くても10,000~普通は20,000円ですかね。それでも低学年は1万円くらいかな。中学年、高学年になると内容も高度になってくるのでお値段も上がってきますね。この値段が高いとみるか安いとみるかは親によりますね。親によってプログラミングに対する期待値が違うでしょうから、投資する人は投資するでしょうね。(校)「ここで1つ言いたいのは、今、プログラミングもブームになっているんですけど、まぁ小学生も忙しいですよね・・・。学校、宿題、習い事・・・。限られた時間をどう分配するかを考えると毎週1回プログラミングに通うというのは現実問題難しいではないかなぁと思うんですね。」(rei)「そうなんですよね。時間がなかなか取れなくなってきています。」(校)「なのでうちは前の段階で休暇中に体験授業という形で単発のプログラミングへの入口を開いてみたんですね。この最初の入口が大切かな?と思ったのです。ただ無料体験にはしていないんですね。無料にしちゃうと全く興味がないけどタダだから行ってみようという形で来られる方がいらっしゃいます。なのである程度興味があり、お金を投資するご家庭に対して提供していきたいなと思っています。全く興味がない人に提供するのはやめました。その方が授業の質が高まるんです。」(rei)「無料体験レッスンもしてたんですか~」(校)「はい、その場合うちはその後の入会金とか、月謝とかないので、完全にボランティア。社会貢献活動で(笑)。 実験の意味もあったのですが。ああ、大手のプログラミングスクールも無料体験がありますが、あれは営業目的なので来させて入会させる。そこは心得て体験におかれたほうがいいと思います。その後で入会金・道具などをそろえて回収。やるほうもビジネスなので。そこで、最初に投資してもらって親心は続けてもらわないと損しちゃうなぁ。という気持ちが芽生えます。ぬけにくくさせます。商業ベースでは仕方がないんですけどね。商業ベースも行き過ぎると講師の質もアルバイトの大学生が前で教えるだけになっちゃうのもどうかと思いますけどね。難しいところですけどね。」(rei)「大手さんだと安心して行きがちです・・・。行くときは心得て体験に行きます(笑)」(校)「そうなんですよね。親も分からないから、あれ、こんなものかな?になっちゃうとねえ、、中学受験とかだと、合格実績とか指標があるので、費用対効果も分かりやすいのですけどね。英語の塾も英検とか客観的な指標もありますしね。ピアノも定番の練習曲とかあるじゃないですか。空手なら、型と帯の色があって。そういう客観的な指標がほしいところですよね。作ろうかな?うちで。。(笑)。(校)「とにもかくにも、最近の小学生は忙しいのでその費用対効果、子供の限られた時間の配分を考えないといけない。なので毎週通うくらいの投資をされるお子さん、その前段階としてやっていきたいなと思っています。その中で、うまく休みの時だけで開催でも十分だ、という一つの形もつくれるのかなと思ってます。」(rei)「先生がお子さんお持ちだからこのように考えられるんですね。」(校)「そうですね(笑)。ただ正直、うちもビジネスとしてのバランスが難しいところでもありますが・・・。本業は他にあるので、子を持つ親としての社会貢献的な意味で今はやってます。小さいので、ごくごく限られた方々にしか提供できていませんが、、規模をきかせるためにも、社会貢献団体みたいな形にしてもいいかな?講師はreiさんみたいな親でライセンス制にして。別途立ち上げますか(笑)」(rei)「確かに(笑)ありがとうございました。」テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 02Aug
    • 質問7:どのようなことに役立ちますか?

      別にプログラマーとかになりたいわけではないから習わなくてもいいのかな?でも小学校にも取り入れられるってことは何かためになるのかな?校長先生聞いてみましょう!(rei)「先生!特に子供もプログラマーになりたいとかではないのですが、習わせたうえで【質問7:どのようなことに役立ちますか?】」(校)「そうですね。自分の時代にはなかったものなのでなかなかイメージができないかもしれませんね。なので、プログラミングを習ったら、どうなるの、と。」(rei)「そうなんです。」(校)「1番目に基本的には【考える力】を鍛えるのが趣旨ですね。自分の頭で課題を設定し、解決方法を模索していく。二番目にトライ&エラー、前に話したPDCAが自然と身につく。人生トライ&エラーですし。三番目にITリテラシー(literacy)(通信・ネットワーク・セキュリティなど、ITにひも付く要素を理解する能力、操作する能力)がつきます。まぁ三番目はおまけですかね。(校)「つまり、プログラミングは昔で言う【読み書きそろばん】なんです。現代では【読み書きプログラミング】なのかな?だからこそ、小学校でも必修化ということになったわけです。小学生の内から、国語や算数を勉強して何の役に立ちますか?とは言いませんよね。基礎的な力の一つなわけです。」(rei)「たしかに」(校)「現在は職業的にも増えてきているので、何割かはその道に進むかもしれませんけどね。うちのインターンとかはメガバンクとかに就職したりしているので、その中で身に着けた能力を活かすのもいいですね。うちの会社でもインターンには言っているのですが、特にプログラマーになれとかではなく、できればいろんな業種に散っていただいて日本の経済を全体的に盛り上げていっていただきたいですね。大企業だと業種は違えどIT専門部署とかもありますし、どこでもプログラミングで習得した力は自然と生きてくるはずです。」(校)「またプログラミングは効率性という概念が自然と身につきます。その力は存分に発揮できるのではないでしょうか。ゴールに対してどう最短で行くかという思考が自然とついてくるのです。それはどんな業種でも特に日本では必要ではないかと思います。」(rei)「確かにどの分野でも効率性は必要ですね。」(rei)「ありがとうございました。」プログラマーになるわけではなくともいろいろな能力がみにつけることができるのかな?我が息子たちよ・・・興味を持ってくれることを願う!テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 01Aug
    • プログラミング教室体験!

      梅雨時期のすずしさが長かったせいか、暑さにやられていますスタッフreiです。7月27日についにうちの息子たちも、初めてのプログラミング教室に参加しました!たろ(7歳)二年生じろ(5歳)年長今まで質問してきたことの不安がすべて当てはまる息子たち・・・。果たして!教室につき迎えてもらいました。ネームカードもらって座りましょう。好きな席に座ってくださいとのことで二人並んで座りました。タブレットが置いてあり二人は目がランラン!あーーーまずいなぁ・・・。全然お話聞かなくなりそう・・・。本日の予定・自己紹介・プログラミングってなに?・スクラッチをやってみよう・スクラッチジュニアであそんでみよう・うごかしてみよう・くみあわせてみよう・どうじにうごかしてみよう・おはなしをつくってみよう・発表スタートしました。いやぁ。はじめからタブレットに夢中すぎる・・・。手前の紺色二人が不安母(rei)が連れてきた息子たちです。自己紹介の時、たろはまぁまぁよくできました。じろはなんだかモジモジしてまして、ほぼ何を言っているかわからなかったですこれからに期待しよう。発表することが大好き(常にたいした発表ではない)なたろにはいい機会だったと思います。Scratchjrを実際に稼働させてから息子たちは次第にのめりこんでいきました。はじめの基本から順に教えてもらって実際に動き出すと勝手に自分の好きなことをやりだした長男たろ・・・。おーーーい!次男じろは基本がなかなか理解できずに進まない・・・。そして不安的中!(じろ)「もうやりたくなーーーい!」先生に教えてもらってなんとか・・・。でも、できてくると他のこともやろう!と意欲が出てきたみたい。何故か席を大移動するたろ・・・。先生の近くに行きたかったんだそうです。基本操作をおしえてもらった後は幼稚園組は自由課題作成の時間になり、小学生組は応用編まで教えてもらい、自由課題を作成しました。そのあと全員の発表タイムになりました。自分の作品をタブレットからスクリーンに映し出すのが楽しかったようで子供達で取り合いでした。こんな風に発表を楽しめるのはとても素晴らしいなぁ。2時間と限られた中で発表するまでのものを作れるのが子供には楽しいのではないかな?今回は病欠で欠席者が数名いらしたようで、人数も少なめだったのも幸いでした。プログラミング教室というものをやらせてみたいものの不安だらけでなかなか足を踏み出せなかったんです。参加してみて感じたことは自由なんです!自分で考える!人に伝える力がつく!(繰り返しやっていかないといけないですけど)実際中で見学している側としては、なんで話聞けないの!とか座ってられないの!など垣間見てイライラしたりしてました(笑)子供たちも楽しかったようで、ママの携帯にScratchいれてよ!と言い出してました・・・。携帯はないわぁPadを用意するかぁ・・・。(笑)折角だから学んだことを繰り返して応用させてほしいし・・・なんて親バカなので思ってしまいました。教室側からNG出るかもしれないですけど(笑)、また機会があったら参加してみますもっとお利口さんしてくれるといいなぁ。テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 31Jul
    • 質問5の続きと、質問6:タブレットの扱い方が心配です。

      こんにちは!rei です。すっかり梅雨も明けまして、夏休みシーズンですね!また休暇の都合で、少々空いてしまいましたが続きをアップしていきますので、よろしくお願いいたします。(校)「まあ、じっとして、話を聞くこと自体が得意ではない子はいますよね。でもそれは、学校の授業も一緒で、プログラミングだから、ということではないと思います。」(rei)「たしかに」(校)「その辺はうまくあしらいながら、やっていきますので大丈夫です(笑)。以前も学校でも先生に目をつけられて困っているというお母さんもいました。私も最近分かってきたのですが、そういう子をよーく見ていると、ちょっと分かるとあとは自分のペースで進めていきたくなっちゃうんですよね。教室でも授業中、もくもくとタブレットを触っている子もいました。でもたまにキラリと光る発言や、作品を作ったりするので、なかなか侮れません。それぞれの個性だとは思うのです。なので、無理に話を聞かせたり、とかはしません。好きなようにやっておいてもらって、どんどん進めていきます。発表のお題を全く聞いていなくて出来なくても、何かやってたものを発表してもらってます。みんなに突っ込まれたりしてますが(笑)。でもその中でも褒めるところは褒めますね。」(rei)「なるほどですね~、よくわかりました。それから、もくもくとタブレットと言えば、うちでは、タブレットを渡してしまうとずっとやり続けてしまうので、一切渡していません。その辺について何かいい方法はないんでしょうか?」(校)「あ、それは重要ですよね。ゲームやYoutubeをやり続けてしまうから、タブレット禁止!というご家庭も確かに多いです。これについては、タブレットの機能で制限をかける方法がお勧めです。時間が来たら、強制的にゲームのアプリを終了させることが出来るんです。」(rei)「そんなのあるんですか?」(校)「ありますよ~ iPad では iOS 12 から スクリーンタイムという機能が出来まして、これを利用するのが一番便利です。うちでは平日はゲームは1日15分で強制終了、17時~20時 以外は休止時間として、ほぼすべてのアプリが起動できなくしています。休日はゲームは1日30分、13時~20時に利用可能にしています。教育系のアプリは、まだそれとは別の枠で30分ほど利用可能です。」 (参考)iPhone、iPad、iPod touch でスクリーンタイムを使う https://support.apple.com/ja-jp/HT208982(rei)「そんな機能があったとは、、」(校)「割と最近のアップデートなんですよね。なので、iPad でいうとiPad Air , iPad mini 2 以降のみ, iPhone は5s 移行対応です。設定から、OSのアップデートが利用可能か一度確認してみてください。」(rei)「私のiPhone Xでも使えるのかな?」(校)「大丈夫だと思います。私も自分の iPhone にもゲームやYoutubeを1分制限を常にかけています。息子にいつの間にか奪われても、1分で切れちゃいますから。自分でゲームやりたいときは、パスワードで延長できますし(笑)」(rei)「あ~うちも iPhone とられて、こっち向いて~! とか言われます。」(校)「ロック解除ですね(笑) Face ID って意外と子供のいる家庭だとセキュリティホールですよね。前の指紋認証なら寝ているときにやられたことはありますが、よっぽどのことがないと大丈夫です。ただ顔認証はカメラ向けられて解除されてしまう(笑)。そこで例え突破されてもスクリーンタイムで対抗できるわけです。」(rei)「寝てても気が抜けない、日々戦いですね。」(校)「はい、向こうも必死ですからね(笑)。 また、最新の Android では Google ファミリーリンク という機能が使えます。 あとは、最新ではないスマホの場合には 、アプリを利用します。例えば、Kidslox。」 Google ファミリーリンク https://families.google.com/familylink/ ペアレンタルコントロールで子供のスマホ中毒を防ぐ https://kidslox.com/ja(校)「Kidsloxについては、うちでも スクリーンタイムの機能が出るまでは、iPad でもこれを使ってました。ただ有料なんですよね。月々4-500円位かかったはず。1万円位はらって、ずっと続くライフタイムライセンスを買ってました。でも、iOS にスクリーンタイムという同様の機能が搭載されて、iPad 版アップデートが停止しているので若干要注意ですかね。でも、iPad, iPhone で iOS12 が入らないデバイスは、こういうのを入れるしかありません。高いと思うかもしれませんが、野球の子供用グラブもちょっといいのを買うと1万円近くしますしね。ゲームではなく、教育の投資と考えれば。。」(rei)「いろいろあったんですね。そういうニーズは世界でも多いはずですもんね。」(校)「毎回、そろそろゲーム止めなさい!と言っても当然止めないじゃないですか。そこで余分なエネルギーをお互いに浪費するより、こういうアプリや機能で、自動的に時間が来たら止まるようにしておけばよいと思いますね。ただ、止まった後時間の延長には滅多に応じないことです。そうしないと、時間延ばして~! ダメ!!などと、また新たな戦いが発生してしまいます。とにかく不可抗力のような状態にするのがよいですね。」(rei)「たしかに(笑)。だんだん大きくなって抵抗も激しくなりますし大変です。」(校)「ちなみに、うちはスマートスピーカーその他いろいろ組み合わせて、夜寝る時間10分前になると蛍の光と営業終了のアナウンスが流れて、テレビも電気も自動的に消えるようにしました。蛍の光効果はすごいですね。流れると諦めモードで寝る準備始めてます。」(rei)「何ですかそれは(笑)。今度教えてください。」(校)「そうですね~別途デジタルデバイス・テレビ・ゲーム等のうちの管理方法の紹介の記事を書きますか(笑)」ぜひ、そのあたりの管理方法を次の機会に聞いてみたいですね~。一旦、今回は次の質問に移っていきたいと思います。それが終わりましたら、この件を深堀りしていきますので、よろしくお願いします!テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 23Jul
    • 質問5 プログラミング教室での講習中に飽きてしまう子はいませんか?

      今回は質問5:飽きてしまう子はいませんか?を聞いてみようと思います。プログラミングをやらせてみようという親の心配事ですね。子供も年中さんから小学校低学年までの教室で1時間から2時間集中できるのか?(rei)「今回は質問5:飽きてしまう子はいませんか?」(校)「飽きてしまうというのはどういうイメージですか?」(rei)「プログラミング教室の最中でやだーー!となる子とかいませんか?」(校)「あーーーー。たしかに教室の場合、戸惑ってしまう子もいるかもしれません。はじめの切り替えが大変な子もいますね。理由としては。あれ?なんかいつもと違うぞ。というのがあるかもしれません。自分で考えないといけないので、今までと違う?と思うのでしょう。」(rei)「自分で考えないといけない・・・ですか。」(校)「はい、難しいことを教えるとかそういうことではなくて、教える中身の問題ですね。これまではタブレットをポンポン押してゲームが進んでいくようなものしかやってなかったけど、教室行ってみたら頭を使って考えさせられるので・・・。SAPIXという塾がありますが、あそこもアクティブラーニングと呼ばれる子供を巻き込んで受け身ではない授業を展開し、素晴らしい実績を上げているそうです。中学受験も今や受け身の詰め込み式暗記教育だけでは対応できなくなってきているんですよね。そうやって脳に汗をかいて考える、というのは大変ですが、慣れもあると思いますね。その慣れていく授業をしていくというのがうちの教室ですかね。」(rei)「慣れですか…。あの、授業を受けるうえで子供の覚悟・・・先に伝えておくべきことはありますか?」(校)「覚悟というか参加してもらうことですかね。あと発表をするということもやります。自分の意見を発信するということですね。」(rei)「ほほー。発表ですか。好きな子は好きですよね。」(校)「日本の教育では1つの正解をみんなで覚える!という勉強なので間違えるのが怖い。人と違うのが怖い。となってしまうので発表がなかなかできなくなっています。私も日本の教育にどっぷりと浸かったままで、グローバル企業に入ったので本当に苦労しました。世界中の英語圏の同僚たちは発言しまくりますし。ただ、あんまり大したことは言ってない。けど、とにかく発言する(笑)。英語がネイティブでないアジアの同僚も、文法も発音も上手くはないのに、発言する。新卒で入社してからはそんな中で鍛えられました。ですのでそんな経験から、プログラミングはゴールを達成するためにどうするのか?なのでまずは自分の考えをみんなに伝えてみて!というような授業の形態をとっています。とにかく発言をすることを普通の感覚として、これも慣れてもらいたいので。」「例えば先ほど言った、12支の干支の昔話で 「ネズミがジャンプしてゴールさせてください。」という問題が出ました。A君は「ゴールライン手前で、牛が止まって、そこからネズミが大ジャンプしてゴール!」Bちゃんは「ゴールラインの前から、ネズミがジャンプして、牛も一緒に走りつつ、タッチの差でネズミがゴール!」みんな正解なんです!正解までのプロセスが沢山あるはずなんです。なので正解はないのです。なので人によっては戸惑いを示すお子さんもいますけどね。間違うことを恐れているというか。」(rei)「ゴールを達成させる方法かぁ…。」(校)「でも、ゴールが達成できなかったらこれは不正解ですよ(笑)」(rei)「ふふふ」(校)「そうですね・・・。なので、あんまり向かないっていう子は見たことないですかねぇ。」(rei)「ああ、そうなんですね。ありがとうございました。」飽きっぽい息子に向くのか向かないのか・・・。謎ですが参加させてみることで答えがでるかな?ただ発表は大好きなのでいいのかな?←無駄が多いけど・・・。次回は質問6:タブレットの扱い方が心配です。を聞いてみます。テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 19Jul
    • 質問3,4 プログラミングは視力に悪影響?夢中になりすぎる?

      こんにちは!前の会話(質問2:何ができるようになりますか?)の続きをはじめのほうに入れておきます。今回は質問3:目が悪くなりませんか?質問4:夢中になりすぎる子はいませんか?っていうのを聞いてみちゃうつもりです。(rei)「AIが人間の仕事をとっていってしまうってことですかね?」(校)「AIは頭脳(ソフト)が発達していくので指示→AI、作業→人間になる時代が来るかもしれませね。まぁ、AIを調整したり、プログラムを組んだりとか高度な判断は人間がするんですけどね。」(rei)「仕事なくなりそうですね。」(校)「徐々にでしょうけどね。10年20年後にそんなに変わっているかという感じですかね。」(rei)「ありがとうございます。AI・・・。恐るべし。」(rei)「質問していいですか?タブレットやPC使用してプログラミングすると思いますが、目が悪くなりませんか?」(校)「これねぇ。親の管理だけだと思います。本だってずっと近くで読み続けると視力に影響ありますよね。」(rei)「あります。」(校)「本好きだったらどうします?本を読むのを禁止にしますか?」(rei)「暗いところで読ませないにします。長時間はやめて。ですかね。」(校)「そうですよね。なのでそのメリットを踏まえた上で、親が子供の時間をどう配分して管理するかということですよね。本や勉強であっても同じことだと言えます。プログラミングだから悪くなるということはないですね。時間の配分、親の方針によるのではないかな?と思います。あとは遺伝もあると思いますし。」(rei)「時間配分・・・。」(校)「我が家はできるだけ午前中にプログラミングやったら、午後は外で遊ばせています。屋外の光、バイオレットライトが目を回復させるという研究結果(医学雑誌『EBioMedicine』2017年2月号に掲載)があるみたいですね。」参考:バイオレットライトによる近視進行抑制技術 - 慶応義塾大学 医学部眼科学教室 坪田一男先生http://www.kll.keio.ac.jp/ktm2017/pdf/28_tsubotalab.pdf(rei)「そうなんですね。我が家は晴れてたら常に外で遊べ!になってしまってます(笑)大量に浴びてるかな?」(校)「そうですね。もっとも、視力には遺伝的な要因もあるようですが。余談ですが rei さんちに近い考え方で、福沢諭吉は「先ず獣身を成して後に人心を養え」と言いました。つまり子供の頃は勉強よりも獣の身体、つまり体を鍛えることを優先させ、それから心。勉強をしていけばいいと言っています。これによると、子供の頃はスポーツしかしなくていいことになります。中学受験などを考えると実践するのは簡単ではないかもしれませんが。福澤先生の作った慶應義塾大学、その付属小学校の慶應幼稚舎ではその理念に基づいた方針で教育が行われているそうです。これも、子供の時間の配分の一例です。」(rei)「へ~それはまたすごいですね。」(校)「私も基本的にはそれに賛成で、私も毎週毎週小学生のうちから、プログラミング教室に通って、ということまでは一般的にはどうかな?とは思っています。体を鍛える方にも半分以上は割いています。もちろん小さいうちからプログラミングの英才教育を施したいんだという人もいるかもしれませんが。マイクロソフト創業者のビルゲイツを目指して。ただそこまでの教室や教える体制があるのかも若干疑問がわいてきます。いずれにしても、勉強、スポーツ、プログラミング、家族との時間、友達との遊び、その他習い事・・・ いろいろありますが子供に何を優先させて、何にどのくらい時間配分をするか、親の教育方針と管理次第だと思います。一度、考えてみてもよいかもしれません。」(rei)「次の質問も似ているんでいいですか?夢中になりすぎる子はいませんか?」(校)「これも親の管理でしょうね。本に夢中、勉強に夢中、ゲームに夢中、と同じですよね。親がどこに重点を置いて時間の管理をしてあげるか。ではないでしょうか?」(校)「よくお母さんからも質問をうけるのですが、タブレットなんてゲーム中毒になってしまうから渡せない。デジタル機器は全部悪みたいなイメージで言われる方もいらっしゃいますが、プログラミングはゲームとは別ですし、ガチャのような中毒性もないです。そうしたアプリをインストールできなくすればよいだけです。うちもアプリのインストールは許可制にして、ガチャがあるゲームは即却下。またゲームは1日に15分に設定してます。ただ、今の時代子供の方がデジタル機器に詳しかったりするので、親もゲーム禁止の設定方法がよく分からず、とにかくタブレットは絶対禁止なんてなってしまうんですよね。もったいないことに。この話は別途また詳しくしたいです。」(rei)「そうかもしれないですね。」(校)「やっぱり、自分たちが子供の頃はなかったものですから、未知の物への不安もあるのだと思います。ただ必要以上に恐れてプログラミングを学ぶ機会を失ってしまうのはもったいないなと思います。」(rei)「できる環境があるんですもんね。」そうか・・・・。本、勉強だと目が悪くなっても、夢中になりすぎても困っちゃうという親はいないですね。確かにデジタルデバイス=悪のイメージがあるから不安なんでしょうね。夢中だからといって、外で遊ばなくて運動できなくても大丈夫?というのも・・・・。子供が小さいうちは親の時間管理が大切ですよね。学ぶ機会あったらやらせてみるのもいいな。彼らの可能性はまだ未知だし(笑)では次の回には質問5を聞いてみます!テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/

  • 18Jul
    • 質問2 何ができるようになりますか?

      前回に引き続き校長にわからないことを聞いていきます。質問2:何ができるようになりますか?なんですけど・・・・。大雑把な質問過ぎて困ってしまうかしら?(rei)「何ができるようになりますか?」(校)「え~と、どのくらいのスパンで考えていますか?」(rei)「将来的にどのような職業につけるのか、何ができるようになるのかが知りたいです。」(校)「職業で言えば人生の万能ツールなので何にでも役立つはずです。あとは、プログラミング自体を職業にする、という意味ですとプログラマーやSE、IT業界ですかね。」(rei)「IT業界って少し特殊なイメージがありますが…。」(校)「日本のGDP(国内総生産)では情報通信(ICT)産業として9.4%(2016年度)を占めています。また、大学学部卒の就職先としては約9%位の学生が情報通信業。様々な業種がある中での9%ですからね。またこれからも増えていくでしょうし。なので将来的に、私たちの子供たちの就職先である確率がかなりあるということになります。」出典:総務省 平成30年版 情報通信白書よりhttp://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h3出典:マイナビ 新卒学生の進路状況の変化と産業別就職数についてhttps://saponet.mynavi.jp/column/student/新卒学生の進路状況の変化と産業別就職数に関して/(校)「また世界の時価総額ランキングでいうと、TOP5はMicrosoft, Amazon, Apple, Google, Facebook です。世界の企業のうちTOP5のうち5つ全部IT企業ですよ。すごいことですよね。日本だと、トヨタやソニーなどのメーカー、NTTやソフトバンクなどの通信、あとはメガバンクなどなのでちょっと違う印象かもしれませんが。世界的には全くIT業界は特殊ではありません。」世界時価総額ランキングhttps://www.180.co.jp/world_etf_adr/adr/ranking.htm日本の時価総額ランキングhttps://r.nikkei.com/markets/ranking/caphigh(rei)「なるほど~ではIT企業以外に就職した場合はどうなんでしょう。」(校)「あとは、IT業界に就職しなかったとしても、様々なことに役立ちます。まず行動が変わってくると思います。プログラミングを学ぶとPDCAができるようになります。」(rei)「PDCAとは何ですか?」(校)「PはPLANで計画です。DはDOで実行。CはCHECKで評価。AはACTIONで改善となります。プログラミングは書く→実行→エラー→直すの繰り返しなのです。なのでそういうことが必然的に身についてきます。これはどんな仕事でも、とても重要なことですよね。」(rei)「繰り返し行うことで身についていくのですね。」(校)「私はIT企業が世界の時価総額ランキングのTOP5を独占しているのは、そういったことも関係しているのだと思います。社員一人一人にPDCAが身についているためです。私はいずれこうしたIT企業が他業種つまり小売、金融、教育、その他すべての業種を飲み込んでいってしまうのではないかとさえ思います。」(校)「その他には以前お話しした、プログラミングというツールがあることで、どんな仕事でもExcelでマクロを組むなど、自分でどんどん工夫して仕事を効率的に行おう、という風になりますね。」(rei)「もう一つ質問です。子供たちがプログラミングを学び始めました。割と短いスパンではなにができるようになりますか?」(校)「小学生が最初からExcelでマクロを組んでってことはないと思うので…。最初は Scratch などのアプリ内で学んでいきます。そこで物語を作ったり、ゲームをつくったりして、他の人に発表します。」(校)「最近ロボット教室とかも流行っていますが、ロボットにモノを運ばせてみたりしている子もいますね。まあ、小学生の低学年ではプログラミングをいきなり実生活に役立たせる、というまでは期待していないですかね。まだ子供も低学年なので。その土台を作っていくという意味ですね。高学年になったらやるかもしれないですけど。」(rei)「余談ですが、ゲームで言うとマリオメーカーとかはプログラミング近いですか?」(校)「あーー!それはプログラミング近いですね。」(rei)「子供の間でも、作る人とやるだけの人に分かれるんです。」(校)「根本的な話なんですが、社会でも仕事の仕組みをつくるのが好きな人、あらかじめ決められた仕事をするのが好きな人に分かれるんですよね。どちらも社会に必要なんですが。」(rei)「あっ。確かにそうですね。」(校)「プログラミングもやる人がいるから作るので、友達に Scratch で作った物語やゲームを見せたい、と思うようになりますね。つまり自分でつくる面白さ、喜びが分かるようになります。受け身から、能動的に変化していきます。」(校)「先ほども申し上げました通り、日本はもう少し作る方の人間を育成していくべきではないかと思いますね。あらかじめ決められた仕事をするのが好きな人、も大切なのですが、単純頭脳作業がどんどんITやAIにとって代わられていくと思うので、もう少し人間しかできない仕事はなんだろう?という視点を持つといいかもしれません。」(rei)「AIはどこまで入ってきますか?」(校)「AIというと定義が難しいところがありますが、ITまで含めて言うと単純な頭脳作業、つまり何かインプットがあって、ある程度決められたルールにのっとって、アウトプットを作成するような作業は、全部ITやAIに変わっていくでしょうね。」(rei)「たとえば?」(校)「ある資料の中からデータ抽出して、PCに打ち込んでそこから表をつくって計算して、内容によってはアラートを出したりする、またはいろいろな画像の中から特定のポイントを見つけて発見するなど。。」(rei)「なるほど。」(校)「そのデータをどう集計するか、優先順位やその計算方法を考えたり、もしくは画像から判断するポイント自体を考える仕事はまだまだ AI では無理ですね。なので、すごく雑に言うとある程度決まったルールにのっとって行う仕事、というのはAIに変わっていくのではないでしょうか。」(rei)「なるほど。。。」(校)「ちょっと短く説明するのは難しいかな。。以前ハードとソフトの話をしましたが、体を使った作業のほうがまだまだ機械(=ハード)にとって代わられないではないか、とも言われているんですよね。人間の体って結構複雑なので、それをロボットで再現するのはまだまだとても難しい。なので頭脳(=ソフト)の方が先にとって代わられるのではないか、という話です。」(rei)「なんか怖い話ですよね。」AIの話にまで広がってきましたが、一旦このあたりで切りたいと思います。ではでは、また次回に続きます。テックフォーキッズ プログラミングスクールhttps://school.tech4kids.jp/テックフォーキッズ ブログサイトhttps://tech4kids.jp/