タブレットについていろいろ聞いてきましたが今回はアプリについて聞きたいと思います。

どんなアプリがあるのか楽しみです。前回ScratchJrはプログラミング体験教室の時に子供達が使用していたので知っていますが…。

 

(rei)「質問16:プログラミングが学べるアプリはどんなものがありますか?

 

(校)「もうね、いろんなものが出ていますが、やっぱり入門にお勧めは、草分け的存在の Scratch(スクラッチ)でしょうね。特に Scratch は世界中にユーザーがいるので、他の人の作った作品を見たり、自分も公開したりできます。幼児向けのScratchJr.(スクラッチジュニア) はもっと単純にしたものですが、なかなか侮れません。初めての子はまず Scrach Jr をお勧めですね。あとは、やっぱり大人気の Minecraft (マインクラフト) ですね。あ、うちのインターンが書いた参考ブログがあるので、リンク張っておいてくださいね。」

 

参考ブログ:

 

(rei)「マインクラフトでプログラミングって、Scratch より難しいんですかね?

 

(校)「そうですね~出来ることが違うので一概には言えませんが、、、まず Scratchは2D(平面)で、マインクラフト3Dですね。なので場所を指定するにも軸が x, y, z と3つになるので、その分頭を使うのは事実です。あとは、プログラミングの命令となるブロックがどのような種類があるかによって、変わってきますが、 Scratch のほうが拡張性も高いので出来ることは多いかな。前に紹介した LEGO なんかともつながるんですよ。

 

Scratch 

 

Minecraft

f639c6920f10805a02324cbf6e841b15.png (1024×631)

 

(rei)「ロボットも動かせるんですか、なるほど。ScrachJr. はどうでしょう?

 

(校)「そうですね、今の2つが基本PCを使いますが、ScratchJr. はタブレットで使用することになります。ほとんど言葉とか出てこないので、文字が読めなくても、年中さんくらいから触れますね。拡張性は低いです。基本アプリの中で完結です。」

 

Scratch Jr.

 

(rei)「ああ、そうなんですね、Minecraft ってスマホとかタブレットでもやってるイメージでしたが。。

 

(校)「Minecraft を遊ぶだけなら、スマホやタブレットでもいいんですが、プログラミングするときは、開発元のマイクロソフトが提供している、Code Connection for Minecraft というアプリを使うんで、Windows 10 のPC版が必要なんですよ。タッチ機能のあるPCならタッチでもできます。」

 

(rei)「校長のいた、あのマイクロソフトですか?」

 

(校)「そうなんです。買収したんですね。いい買い物しましたよね~。奇遇なことにちょうど私の後輩がその担当をしてました。」

 

(rei)「へ~~そうなんですね。Scratch と Scratch Jr は分かるのですが、マインクラフトでプログラミングって、具体的にはどういう感じになるのですか?

 

(校)「Windows 10 の PC に Windows ストアからマインクラフトを入れて、そこにさっきいった、プログラミングアプリ Code Connection for Minecraft を接続する形になります。接続すると、ゲームの中にロボットが出てきてそのロボットを動かしていろいろやるわけなんですね。難しそうに感じるかもしれませんが、小学生くらいの子供は一瞬で覚えますよ。」

 

リンク

 

(rei)「マインクラフト複雑ですね…。セットアップも操作も…。でもわかります!子供は好きそう!」

 

(校)「うちも幼稚園児の頃からマウスとキーボードを駆使して、PC版をやってましたよ。すごいですよね、3Dの世界を自由自在動いて、ゲームも一緒にやってました。キーボードでコマンドも打ったりしてましたからね。ただ、まだ現実とゲームの区別がついてなくて、ゲームの世界で夜になってゾンビが出たり、ネザーという怖い世界に入ると、本気で怯えて、逃げてました(笑)。 それが一年生だったかな? 急に怖がらなくなって、『ぼく、いままで、ほんとにそこにいるかと、かんちがいしてた。』とか言い出して、ゾンビをガンガン狩りはじめましたね。逆に僕が怖かったですね。」

 

(rei)「子供って純粋ですからね(笑) まだやってるんですか?

 

(校)「一時期はHIKAKINのYoutubeを毎回一緒に見てたんですけど、最近は落ち着いちゃいましたね。。なんだか友達と遊んだり野球やらなんやらで忙しいようで、、、あ、それで、ゲーミフィケーション(人が楽しんでプレイできる遊びや競争といったゲーム的な要素や考え方をゲーム以外の分野に応用すること)っていう言葉があるんですけど、マインクラフトって、そのゲーム性は子供たちをすごく魅了するのは確かなんで、プログラミングも一緒に興味を持ってくれるんです。どんなことでも学ぶモチベーションって重要だと思うのです。いつも受け身で何すればいい?となるところをゲームの力で人間の本能をくすぐるんですよね。

 

(rei)「ゲーミフィケーション!!ゲーム感覚だと入りやすいですね。」

 

(校)「ゲームの魅力を利用して、プログラミングも学ぶ。なので、大人も子供も大人気です。うちでもそういうコースをはじめました。うちのキャパの都合でなかなか拡大できないのが悩みですが、動画で流そうかな。。」

 

(rei)「それはいいかもしれないですね。ゲームって悪いイメージが付きがちですが、すごいんですね。」

 

(校)「モチベーションって大事ですからね。例の『うん〇漢字ドリル』もこの種類の話なのかな、と思うわけですよ。それと、大人の世界でもこのゲーミフィケーションが最近使われているんですよ。

 

校長コラム うん○漢字ドリル もよろしければお読みください… ) 

 

(rei)「えーーーー!」

 

(校)「Amazonの倉庫の配送センターとか使われているらしいです。ゲーム化されているんです。働く人が何個荷物を集めて何ポイントとかなっているらしいです。」

 

(rei)「そうなんですね!楽しくなりますね。特に収集癖があると(笑)」

 

(校)「そうですね~。rei さんちもタブレットはまだ検討中だったかもしれませんが、PCあると思うので、よかったら一度マインクラフトやってみてください。」

 

(rei)「確かにちょいちょい、言われてるんですよね。。マインクラフト。できたらやってみたいです。ありがとうございました。」

 

ゲーミフィケーション…。初めて知った言葉でした(笑)

確かによくテレビなどでAmazonさんの倉庫って特集されてますよね!楽しそうな雰囲気は伝わっていましたが、そんな言葉があることを知りませんでした。子供用プログラミングアプリ、マインクラフトもゲーム性利用して学んでいくんですね。長続きしそうですね。次の機会にはマインクラフトでのプログラミング、私でも家で息子とできるのか、もっと具体的に聞いてみたいと思います!

 

 

テックフォーキッズ プログラミングスクール

https://school.tech4kids.jp/

 

テックフォーキッズ ブログサイト

https://tech4kids.jp/