旧常呂郡留辺蘂町
「加根志め」

置戸町での第8回おけとスポーツフィッシングを楽しむ会参加のため、留辺蘂へ。
釣り前の腹ごしらえで置戸町の釣り友が教えてくれたこちらのお店。
近くに温泉北見温泉ポンユ三光荘もありますね

2006年の市町村合併で北見市周辺の留辺蘂町、訓子府町、置戸町が北見市に吸収される事が検討されたが留辺蘂町だけが北見市となった町である。
当時、町の人口は8,700人居たが現在は6,200人

そんな町にあるそば屋の看板メニューでもあるB級グルメのメガ盛り「天丼 1,350円」
をオーダー。
どうです?この盛り付け、ピーマン、ナス、ゴボウ、シイタケ、イカ、白身魚、カニカマ、かき揚げと大きなエビが2尾も付いており全部で9種類。

1945年開業の店主さんは2代目で人生の大先輩なご夫婦お二人でお店を切り盛りしています。
場所は平成28年(2016年)に無人駅となってしまった留辺蘂駅前通りにあります。
店舗入り口
店舗横が駐車場となっており、こちらに車を停めます。
こちらの道路をまっすぐ進むと留辺蘂駅
暖簾をくぐり店内へと向かいます。
店内はカウンター席と小上がり席があり空いている席に座ります。

カウンター席
小上がり席
カウンターの向こう側が調理場となっており、調理する姿を見ながら待ちます。
昭和時代から使っているであろう冷蔵庫、なぜか対面式の流し台。
見ているだけでワクワクしますね。

メニュー表
オーダーした天丼が運ばれて来ました。
蓋はなんのためにあるんでしょうか?
あっ!このままでは食べれないので蓋に天丼を乗せて食べます。
1番下になっているエビ2本から
タレ汁はどっぷりとご飯の底に沈んでいるのでそちらのタレを浸けて天ぷらを食べます。
ご飯の量はそれほどでもないので、なんとか完食出来ました。
ごちそうさまでした。
トイレを借りてみると住居スペースと一緒のトイレなのかな?
この手洗いも昭和レトロたっぷり
たまんないですね。

留辺蘂地区の温泉は4つの温泉街があり
下記の湯があります。
こちらにもお立ち寄りくださいね。

ポン湯温泉
おんねゆ温泉
・足湯ゆめ広場
滝の湯温泉
・鶴の湯温泉滝の湯センター夢風泉
・滝の湯ふれあいの里足湯
塩別温泉
・つるつる温泉


住所:北海道北見市留辺蘂町東町42
電話番号:0157-42-2185

営業時間:11:00~29:00

定休日:不定休、日曜日営業

席数:20 席(カウンタ−8席、小上がり4×3席)
駐車場:店舗前横に40台
店内喫煙可能
HP
なし