かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ


 

 

先日Twitterにてこんなアンケートをとらせて頂きました。

 

 

 

 

一般消費者の皆様が「高級スキンケア化粧品」に期待するものは一体何なのか?

 

というアンケートになっています。

 

 

大変ありがたいことに4,000票を超える得票の結果、

 

 

9割以上の方(4,243人中3,861人)が

 

『より高い美容効果や安全性』

 

を求めているということが分かりました。

 

 

 

ブランド価値や高級感が5%、ラグジュアリー性やおしゃれなどは2%、

 

その他少数意見が2%…

 

という感じで

 

 

まぁ当たり前といえば当たり前の結果になっていると思います。

 

 

高級スキンケアと言うとそれなりに高いんだからそういう効果を求めるのは当然ですし、

 

また各メーカー・ブランドが消費者に対してそういったイメージを与えているのですから仕方がありません。

 

 

 

 

しかし、

 

この消費者の想いと商品そのものの実態にはかなり大きな剥離がある

 

というのが実際のところです。

 

 

 

今日は「高級化粧品の本来の価値」について上記のアンケートの結果を踏まえてお話します。

 

 

 

◎化粧品の効果・安全性は必ずしも価格と比例していない?!

 

 

 

これはこれまでも何回かお見せしている図なのですが、

 

化粧品の価格と品質の関係をイメージ化した図表になっています。

 

かずのすけの主観的なものなのであくまで「イメージ」であることを前提に御覧ください。

 

 

 

 

化粧品の価格と品質は直線的な比例の関係ではなく、

 

こんな感じで比較的低価格のところは急傾斜で品質が上がっていくのですが

 

ある程度の価格になっていくと品質の上昇はほとんどなくなります。

 

 

さすがに500円などの1000円未満くらいの化粧品だと使える成分にも限りがあるため

 

そんなに高い品質や性能を確保するのは難しいです。。

 

 

なので

 

500円くらいの化粧品と5000円の化粧品を比較すればその品質の差はかなり大きくなりますが、

 

 

5000円~くらいになるとこれ以上中々品質を上げようがなくなってくるため

 

5000円程度の化粧品と数万円の化粧品では品質そのものの差はほとんどないのが実際です。

 

 

 

前回の記事で

 

「良い化粧水と言っても3000円くらいのものであればOK」

 

という話をしたのはそのためで、

 

 

大体どこのメーカーでも化粧水なら3000円くらいのものなら十分な品質を保持している場合が大半です。

 


たとえば同じ会社で3000円~5000円くらいの価格帯のブランドと、

 

数万円の価格帯のブランドの二つを保有している場合、

 

 

実質的な安全性や美容効果的なものはどちらもそんなに差はありません。

 

むしろセカンドラインとハイエンドラインだとちょっとしたアレンジはあってもほとんど同じ構成になっているものも少なくないです。

 

 

 

稀に日本初の新規成分などの希少な成分を配合しているなどの理由からそれなりに高額になっているというものもあるはありますが、

 

『価格が高いから高い効果がある』というわけではないということには注意したいです。

 

効果があるから高いのではなくて希少だから高いというだけです。

 

ホントに肌に良いかどうかは全く別の話です。

 

 

 

 

◎高級化粧品の本来の価値とは

 

 

なので、

 

消費者一般にとって「高価格の化粧品=高い美容効果や安全性が担保されている」というイメージが根強くある一方で、

 

実際の高級化粧品の価値とは本来そういうものではないというのが今回お話したいことです。

 

 

 

そういう結果が出るに違いないと思って作ったアンケートなのですが、

 

まぁ過半数出ればいいかなと思いつつも案の定9割方が高級化粧品にはより高い効果と安全性を求めると回答されたので「やっぱりなぁ」という感じでしたが…。

 

 





実際には、

 

スキンケアアイテムにとどまらず高級化粧品の本来の価値というのは

 

二番手・三番手に書いている

 

「ブランド価値や高級感」「ラグジュアリー性やおしゃれ」


にその本懐があると言っても過言ではないです。

 

 

 

これは服飾系のファッションと同じです。

 

 

安価品のファストファッションよりも高級ブランドの服を着たほうがおしゃれだし格好いいよね、

 

というのと同じで

 

安い化粧品よりも高級ブランドの化粧品を使っていた方が格好いいよねっていうことなんです。

(化粧品でも例えば同じ資◯堂の商品もH◯KUよりクレ・◯・ポーの方が格好いいよねって話です。)

 

 

服の場合も超高級ブランドでも素材やデザインがかなり適当なことはザラですし、

 

結局はその「高級ブランドを着ている」というのがステータスになっているわけです。

 

 

 

化粧品も高いからといって安全性や品質が必ずしも高いというわけではなく、

 

ブランド価値や周囲に誇示できるファッション性を持っていることが高価格の所以なのです。

 

 

 

あとはおしゃれなボトルを作るとそれだけで原価にかなり響きますし、

(中にはボトルだけで5000円くらいするものもありますから;)

 

専用カウンターを用意してBAさんなどにアドバイスを貰えるような環境を作っているというのも高価格の一因と言えるでしょう。

 

また高級デパートに出店していれば場所代もかなり高額ですから、

 

当然化粧品の売価にこれも乗っかってきます。

 

 

 

高級化粧品の高級性は中身の品質よりもそういった外見やサービスの拡張に最も起因しているのです。

 

 

なので「高いものを買えばそれだけお肌に良いんだ!」という期待は、

 

化粧品の本来の実態にはそぐわないものと言わざるを得ません。

 

 

 

 

◎この勘違いはメーカー側にも大きな責任がある?

 

 

 

僕はお洋服が大好きなので高級ブランドの価値はよく理解していると思います。

 

なのでファッション性という意味合いであればどれだけ高額の化粧品を作ろうとそこに文句はありません。

 

 

ただ重要なのは

 

高級化粧品についてメーカー側は消費者にそういう価値をアピールして来たのかどうかということです。

 

 

ファッションであれば、

 

高級ブランドが本当にその価値なりのもの提供しているかというとイマイチそうとも言えないことは知る人は知っていると思います。

 

それでも買う人が多いのは『高級ブランド』であることそのものに価値があるからでしょう。

 

 

 

ですが上記のアンケートを見れば分かるように、

 

化粧品においては「高級であること」は別に消費者にとって重要ではないです。

 

 

 

でもそれを買う人がとても多いのは、

 

『これだけ高いのだからそれなりの効果や安全性が保証されているのだろう』

 

とみんなが思っているからです。

 

 

これはこれまでメーカーサイドが結果的に

 

「高級化粧品ほどより安全でより高い美容効果があるんだ」

 

ということを消費者にアピールしてきたことの現れであり、

 

 

つまり端的に言えば

 

メーカーが消費者に対して恣意的に勘違いを誘導していたのでは?

 

という見方も出来ないことはないと僕は思うのです。

 

 

 

 

◎高級化粧品には高級なりの価値は確かにある、が…。

 

 

 

上記でも書いたように

 

デパートにカウンターを出店して美容部員さんを沢山雇い、

 

かつおしゃれで先進的なデザインを追求して広告に多額の出金をして、

 

テレビCMには大女優を起用している…、、

 

 

それだけでも高級化粧品を作るのには大変な資金が必要なので

 

高いだけの理由は十分あると僕は思います。

 

 

カウンターで色々と聞きながら商品を選べたりっていうのも消費者にとっては凄く助かりますよね。

 

 

 

こういう話を聞いちゃうともはや身も蓋もないですが

 

高級でおしゃれな容器で良い匂いのするものを使うことで女性ホルモンに働きかけて

 

プラシーボ効果で実際に肌が綺麗になることもあります。

 

 

 

だから高級なものにその価値が一切ないことはないと僕も思います。

 

5000円より20000円の方が微妙~に高品質だったりするのも事実なので、

 

その微妙な差にお金をかけられるかどうかも人それぞれです。

 

 

 

でもアピールの方向が変で消費者に勘違いをさせているのであれば、

 

それはやはり「高級化粧品てちょっと変だよね」という感想にならざるを得ません。

 

 

 

広告などでイメージをそう作っているのであれば、

 

そのイメージ通りの商品を作るのがメーカーの責務なんじゃないかなと僕は思うのです。

 

 

それが出来ないならば

 

そのイメージ作りを本来の在るべき方向に向けるべきなのではないでしょうか。

 

 

 

消費者としては、

 

ブランドにさほど興味がなくカウンターなどに頼らず自分で選べるようならば

 

ちょっとお求めやすいものを自分で選んだ方が断然節約になることは

 

知っておいて損はないでしょう。

 

 

 

 

◎18日(土)・19日(日)は横浜マルイにてイベントです!

 

 

というわけで本日の内容は以上で、

 

現在マルイシティ横浜でかずのすけプロデュース化粧品の出店イベントを行っております!

 

マルイシティ横浜での購入者特典イベントについて!

 

昨日も顔を出させて頂いたのですが、

 

↑こんな感じで沢山お客様にご来店頂いて大変感無量でございます。。

 

 

 

ちなみに日曜日には以下の特別イベントを開催するのですが、

 

 

こちらのチケットが大好評でして、

 

本日かなりギリギリに増席して残り24枚ということだそうです!!

 

 

休日ということもあり明日土曜日のご来店がとても多いと思いますので、

 

日曜日ご来店の場合締め切りとなってしまう可能性が非常に高いです。。

 

もしイベント参加ご希望の方はぜひお早めのご来店をお待ちしております!!

 



また大阪蔦屋書店さんでは一時欠品で皆様に大変ご不便をおかけいたしましたが、

 

現在ではある程度在庫も復活しておりまして、

 

各商品ひとつずつテスターもご用意させて頂いております!!

 

 

 

その場で使用してお選び頂ける機会は中々ございませんので

 

お近くの皆様はぜひお手すきの際にお立ち寄り頂けますと幸いです(*^-^*)

 

11月13日より【大阪】梅田蔦屋書店でもCeraLabo商品がご購入頂けます!

 

 

 

昨日はなんと広島から横浜まで遠路はるばるご来店下ったお客様もいらっしゃいまして、

 

またお手紙を下さった方も居られましてとっても嬉しかったです!!



明日の土曜日は13時から17時を目処に、

(お客様の入り状況を見て18時くらいまで居る可能性もあります。)

 

日曜日は13時ごろから店頭にしばらく立って、14時半ころから17くらいまではイベント会場におります!

 

日曜日もイベントが終わってからしばらくは居たいと思いますので、

 

もしイベントに参加できなかった方が居られましたらイベント終了に合わせてご来店頂くとお話できるかもしれません!

 

 

では、皆様のご来店を心よりお待ちしております!(^-^)ゞ




プロデュース最新作 『CeraBright Shampoo & Treatment』 発売!!詳しくはこちら!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介ページ
セラヴェールクレンジング 紹介ページ

セラシエルレッドプロテクトジェル 紹介ページ

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ

 

新刊 【オトナ女子のための美肌図鑑】 が7月14日発売!!詳しくはこちら!

 

  コスメ、カバー、帯あり   本

その他の著書も好評発売中!

(既刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント