笑顔の花 病児・赤ちゃん・子ども・ママをみんなで支える
はじめまして「笑顔の花」代表の栄美です。

娘が重度の心臓病で産まれたことをきっかけに、こどもの治療を通じて家族の困難な状況を目の当たりにしました。

それにより患者家族への支援の必要性を感じ活動をはじめるきっかけとなりました。

長野県安曇野市でこどもの治療に付添うママ家族の滞在施設建設を目指し支援募集をさせていただいております。

https://syncable.biz/associate/egaonohana/
  • 13Oct
    • 長野県被災地区、今も救助を待ってる浸水の恐怖に怯えてる方います !

      🔴 緊急:今も救助を待ってる浸水の恐怖に怯えてる方います 🔴   長野市穂保:0歳2歳、86歳のおばあちゃんが取り残され長野県松代:薬の必要な方・・豊野町・・・家の陰、救助隊に気付いてもらえない    長野県上田市千曲川の氾濫で救助の声を仲間のママさんがリツイートしてます。かなり深刻のようです。 情報拡散シェアのご協力をお願いします。https://twitter.com/nakaMAYUMIlovew?s=07 皆様、励ましのメッセージに感謝致します。 松本や安曇野はたまたま被害なかっただけです。今も救助を待ってる浸水の恐怖に怯えてる方います。 

  • 25Sep
    • 一日一笑、笑顔で生きよう。

      一日一笑、笑顔で生きよう。与えられた命に感謝。今この瞬間、生かされていることに感謝。あなたらしい、今を大切に全てにありがとうございます。

  • 23Sep
    • 子どもの入院付添い生活で大変なこと教えて下さい。

      ✳︎シェア大歓迎【 知るしん 信州を知るテレビ 特設ページ】子どもの入院付添い生活で大変なこと教えて下さい。 NHK長野ディレクター木村優希ちゃん笑顔の花へ。入院付添をきっかけにお世話になっております。 県立こども病院の院長先生ともお会いされたり周産期医療学会にも参加されたりと意欲的です。付き添うお母さんの取材を続ける理由・・・・・大切なのは、今本当に困っているお母さんや家族の声を聞き出しそれに対してアクションを起こすことです。◯ 付きっ切りで身動き取れないお母さん。◯ 代わりがいなくて、食事もままならない。◯ こどもに病気が分かり恐怖でいっぱいのお父さん◯ お嫁さんのお腹の子に障がいが見つかった・・・◯ 医療の現場と子の治療の狭間で感情を抑えている◯ 出生前診断で胎児に異常が見つかった・・・◯ 家族や親族にも話せないことがある今までこのような相談がありました。これからは実際に安曇野に拠点ができたことで家族の拠り所としての機能だけでなく社会課題を解決するきっかけの場として尽力させていただきたいと思います。そのためには現場で困っている・・・・・ママさん、声を上げてください。NHKではテレビクルーというアプリを通じて現場のリアルな情報を元に番組制作をされています。入院付添いの家族を知る日常募集の開催中です。https://www.nhk.or.jp/nagano/shiru/tokusetu.htmlアプリをダウンロードして、参加してみてください。撮影に関しては・・・ただそのままの映像で構いません。カットや最終的な編集は優希さんの方でされます。どうかご安心下さいませ。ニュースで取り上げられた時☆ 疲れた様子で食事をしている姿☆ 病室で歯磨きをしている姿☆ 付添ベッドでの就寝前の薄暗い姿 付き添うママにお弁当を、放送内容https://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00983.htmlが最も大変な様子が視聴者に伝わりました。伝わらないうちは、他人事だと言います。世の中を良くするためには現場の声や必要です。入院付添の現状を改善するためにもテレビクルーダウンロード参加にご協力お願い致します。現在110名のご家族が参加してます。入院付添に限らず・・・・・医療的ケア児を抱えるご家族など病気と共に生きる子どもと家族の支援充実発展に向けより多くの皆様へ知っていただけますようご協力をお願い致します。本日もありがとうございます。

  • 20Aug
    • 長野県法務局「一般社団法人 笑顔の花」登記完了 ありがとうございます。

      長野県法務局にて一般社団法人 笑顔の花 の登記完了致しました。9月からリフォームがスタート簡易宿泊営業許可の申請手続きになります。サポートいただきました佐々木さん・京子さんに感謝貴重なお時間をありがとうございます。9月1日に東京芝公園にてネパール国際交流フェスティバルにて笑顔の花、参加させて頂きます。 詳細については・・・・・後ほどアップさせていただきます。長野県駒ヶ根市はネパールに母子病院を建設しました。当日は母子保健プロジェクトに関わる京子さんが出展されます。 安曇野 〜 長野市までの道程のりはとても学び深い話に花が咲き元気を頂きました。ありがとうございました!本日から新保育園生活がスタートしましたいつものように笑顔で絶好調、愛七ちゃんでした。元気に生かされ、輝く命に感謝です。ありがとうございました。素敵な笑顔の一日をお過ごし下さいませ。

  • 13Aug
    • 「人道支援団体 アミチエ・ジャポン」人と環境が人生を変える

      2019年8月11日(日)ASFIJ松本支部発足記念ランチ会 参加して来ました。人道支援&慈善活動団体の一般社団法人アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン松本支部の発足を記念してランチ会に参加させていただきました。アミチエジャポンはモナコが発祥の地です。道徳、寛容および友情の精神に則り平和に寄与することが基本理念です。世界各地の紛争・災害・貧困等に苦しむ地域に、時々適切な支援と、地域文化の育成、スポーツ・芸術イベント・教育行事・養護施設への支援、地域の活性化に貢献。ハイソサエティな社交を通し、自分自身が愉しみながら人道支援を行う欧米のチャリティースタイル「ファンドレイジング」を日本に浸透させる活動に共感させていただきました。 チャリティの根幹である経済の流れが明朗で美しく、主体的に関わる皆様の志しが素敵でした。ASFIJはこれからの「笑顔の花」の活動の在り方として目指して行きたいお手本となる大きな存在となりました。日本で3番目となるアミチエ松本支部の生みの親である髙橋 智子さんに今回御導きいただいたことに感謝と敬意の念でいっぱいです。 公私ともに多忙な日々が続いておりましたが、今回の参加は身も心も癒される時間となりました。 ご縁頂きました皆様に深謝致します。豊かさや幸せを自分自身が感じていること、そのように生きていることが最大のチャリティであり社会貢献の一歩と感じます。成功者や夢の実現者はもともと豊かだから成功したのではなく、苦難困難の渦中であっても笑顔や幸福を自らが感じることができる人であることを日々の活動を通じてご縁いただく方々からの人生観から教えていただいております。美と癒しの空間をありがとうございました。 イキイキと命輝きカラダの芯からエネルギーが湧いてきました。 心地良さを感じることで元気になれることを学ばせていただきました。素晴らしいインスパイアを活動に生かし さらなる発展と成長のために生かして参りたいと思います。感謝致します。ありがとうございました。

  • 10Aug
    • 8月8日 一般社団法人「笑顔の花」設立

      昨日、8月8日に一般社団法人「笑顔の花」を設立致しました。患者家族滞在施設10月の開所を目指して、9月に改修改善工事向かいます。安曇野引越し後の活動の一連の流れは地元新聞紙面と長野放送を通じて報告させていただきます。 笑顔の花はFBをはじめ、ご縁いただいた皆様の協力と恩恵により活動が大きく支えられております。 病児、乳幼児、子どもを支えるお母さん、周産期妊婦さんを中心に助け合いの輪を広げる、笑顔の花の活動のご協力に心より感謝申し上げます。 病気と共に生きる子どもと家族の支援を主軸に近日中には◯患者家族滞在施設の運営◯大規模災害時における母子のネットワークづくりの事業をメインに活動して参ります。必要とされる人々のために笑顔で尽力させていただきたいと思います。これからも笑顔の花を宜しくお願い致します。

  • 24Jul
    • 笑顔は奇跡を起こし、笑顔でいることは、天の神様が応援してくれます。

      5年前、愛七ちゃんがドクターヘリでこども病院に運ばれました。血中酸素濃度spo2が50を切り地元看護師さん達は有り得ない数値に真っ青!それでもツイてる!と笑顔 良く乗り越えました! 笑顔は太陽となり闇に光を照らす痛みや苦しみさえも一瞬にして昇華するかのように生かされている命に命を創造した天の神様に感謝です。 お布団とpatapataさんのお野菜ありがとうございます!▼娘が産まれてから、同じ病室で一緒に過ごした三男にくんとママの林 千夏 (Chinatsu Hayashi)さんお弁当デリバリーのGiving Treeさんへお野菜患者家族滞在施設の「Mother House」へお布団2組の寄贈いただきました。ありがとうございました!「2人とも元気に大きくなったね」健やかな子どもの成長を喜べることに心から感謝致します。Patapata~農を楽しむくらし~本日の投稿ページより▼安曇野の子ども病院では、入院する子どもに付き添うママたち向けにランチボックスの販売をしてます。Patapataで、いそべじ農場さんにご協力いただき野菜をお届けしました!入院付き添いママたちは心身共にヘトヘトになります。連日レトルトや既製品の身体に野菜たっぷり手間暇かけたランチボックスは心も身体も元気にしてくれます。いそべじ農場さんの野菜食べたらますます元気になるはず!我が家も三男がお世話になっていて、今日は検診日。野菜お届けして、ランチボックスも久しぶりにいただきました!美味しいね〜^_^Giving treeさんのランチボックスは、毎週火曜、木曜に子ども病院二階エレベーター前でにて販売です。

  • 13Jul
    • 子は親の鏡 〜 世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる 〜

      子ども 〜 ドロシー・ロー・ノルト 〜批判ばかりされた子どもは非難することをおぼえる殴られて大きくなった子どもは力にたよることをおぼえる笑いものにされた子どもはものを言わずにいることをおぼえる皮肉にさらされた子どもは鈍い良心のもちぬしとなるしかし激励をうけた子どもは自信をおぼえる寛容にであった子どもは  忍耐をおぼえる賞賛をうけた子どもは  評価することをおぼえるフェアプレーを経験した子どもは公正をおぼえる友情を知る子どもは親切をおぼえる安心を経験した子どもは信頼をおぼえる可愛がられ抱きしめられた子どもは世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる✳︎ シェア大歓迎

  • 12Jul
    • みんな みんな 大切な人、大切な人がいるから 生きていける

      大切な人ぼくははじめ大切な人は家族だけだと思ってただけと、考えて見ると病気を治してくれる先生友達、学校の先生、看護師さんリハビリの先生みんな みんな 大切な人だ大切な人がいないと生きられない みんな みんな 大切にして生きよう▼こども病院、院内学級の生徒さん作品です。 家族を超えた家族の同士のつながり人と人、心と心 支え合い、助け合い魂の共有そんなメッセージに感銘を受けさせていただきました。有難うございます。こども病院 ランチデリバリーは院内学級、隣のスペースで販売場所となります。分かりにくい場所になりますが発案当時、販売場所がなかなか見つからない中当時の院長先生が最終的に選んでいただきました奇跡の場所です。お弁当と一緒に添えるお箸の袋はボランティアさんのご協力によるものです。七夕人形も配られていたそうです。慈しみ優しい心が伝わってきます。感謝、ありがとうございます。 ▼病院は空調設備管理のため一年中、薄着で過ごすことができます。 医療の世界では保健衛生上なかなか自然に触れることの難しい環境の中旬の食べものや可愛いらしいアイテムを通じて季節の移ろいや、外の風を感じることができます。皆さまの愛のカタチが感動に繋がっていきます。感謝、ありがとうございます。

  • 08Jul
    • ズッキーニ農家のさっちゃんを支えて下さい ♡

      ズッキーニを愛して止まない駒ヶ根の農家ママさん、さっちゃんを支えて下さい。愛情たっぷり込めて育てたズッキーニ達昨日の雨風で傷が付き市場に出せないのがこんなに出来てしまいました。見た目は素晴らしいのですが傷があるだけで出荷できないんです。 このズッキーニを活用してくれる個人・お店・団体等などありましたら教えて下さいませ。 とても品質の高いズッキーニです! 笑顔の花のハンドメイド作品でお世話になっている下島幸恵さん夏はズッキーニ農家さんとして大活躍中。応援してます。ズッキーニ注文はこちらへどうぞ!https://genmaiko.jimdo.com/商品ラインナップ/

    • 全国初 ♡ 笑顔の根っこ抜きイベント

      安曇野で目指す、患者家族のもう一つの家笑顔の花「Mother House」のお家の庭にイチョウの切り株があります。 重機を使って業者に任せればすぐ終わる!ことは理解してますが・・・みんなでスコップ持って掘る!8月15日、抜根イベントを企画してます。 希望者様には詳細をお知らせしますので直接メッセージ下さいませ。酸素ボンベと共に日常を過ごす愛七ちゃん中央アルプスを背景に豊丘村から撮影した3年前の写真です。

  • 29Jun
    • 院内学級の生徒さんからのメッセージ、命への感謝と共に・・・

      こども病院の院内学級の壁に飾ってあった生徒さんの文章です。約五年前、産前産後娘の長期入院付添で疲れていた心に優しくあたたかい光を灯してくれました。我が家のいつも見えるところに置いてます。とても良い文章だったのでシェアさせていただきます。 ・・・・・・・・・・・・・・・みんながしたいことじぶんがしたいと思うことそれを本気ですることそれが「生きる」ことだと思います。したいことやりたいことを本気でやってみて下さい。 ・・・・・・・・・・・・・・・この生徒さんが、どんな思いで書いたのか?いただいた命への感謝と共に生きたいと思います。

  • 20Jun
    • 片道100kmの通院の最終日 いよいよ7月 安曇野移住の準備スタートです。

      片道100kmの通院の最終日いよいよ7月 安曇野移住の準備スタートです。3ヶ月ぶりのこども病院 心臓循環器 外来術後初のSPO2(血中酸素濃度)95を記録に感動! 体調良く、診察3分で終了。次回診察は3ヶ月後、先生方に感謝です。 呼吸ができ体が動ける耳が聞こえ目が見える言葉を話し 脳で考える・・・・・全てが奇跡風を気持ち良いと、肌で感じ食事が美味しいと、味覚で感じ嬉しいと、心が弾み笑顔になる 命、元気に生かしていただいて身も心も感謝いっぱい今日も一日、ありがとうございます。

  • 11Jun
    • 子どもの絵から・・・・・元気パワーと癒しを与えて頂きます。

      進化のプロセスは・・・・・創造と破壊を繰り返し成長へと繋がる 子どもが描く絵は、力強く元気パワーの源!身も心も癒されますね。 目があって口があって手があって指がある奇跡に感謝!今日という一日に感謝。ありがとうございます。絵:マナ画伯 創造力爆発中!

  • 09Jun
    • 天からのメッセージは・・・瞬く間に

      天からのメッセージは・・・・・・・・・・一瞬にして通り過ぎ行く 心臓の鼓動が鳴り呼吸をし生き元気に動ける笑顔になれる口から食べる歩ける走れる一瞬一瞬の奇跡と光に感謝を込めて・・・・命輝き、生かしていただきありがとうございます!素敵な人生を創造し笑顔の花を咲かせましょう。

  • 07Jun
    • 小石は蹴られるが・・・・・大きい岩になると

      小石は蹴られるが大きい岩になると拝まれる・・・ ・・・・・強く逞しい「岩」そして水のような「しなやか」な心を持って生きて行こう笑顔と共に・・・・・一日の終わりに感謝今日という奇跡を、ありがとうございます。

  • 28May
    • 思いやりや優しさを「与える人」として

      思いやりや優しさを「与える人」・・・・・人生に幸せと豊かさをもたらす人々の喜びや幸せを常に考え行動何を与えられるか?何ができるか?他に与えるのを喜びとし自分の目的や成長意識をしっかりと持って生きるそんな人で在り続けるために・・・・・今日も笑顔の花を咲かせましょう。

  • 26May
    • 大好きな皆さんへ・・・素敵な笑顔の花を咲かせましょう。

      ・・・・・陽気に笑ったもの勝ち幸せをシェアしましょう・・・・・人生の時間は有限です。かけがえのない大切な時を今ここにいない人に目を向けたり未来に不安を抱くのは本当にもったいない。人生を素敵で心地良いものにするために次のチャンスを創造し、想い描き前進して行きましょう。 私たちの創造力は天が与えてくれた恩寵クリエイティブに生きること幸せの波紋の輪の一歩はあなたの心から愛・感謝・笑顔・・・・・大好きな皆さんへ素敵な笑顔の花を咲かせましょう。

  • 21May
    • インドこども病院のササキさん、安曇野をご案内させていただきました。

      インド子ども病院日本法人代表のササキ ヒロさんはじめての安曇野をご案内させていただきました。 天気も快晴で気持ちの良い一日となりました。ありがとうございました!今では福祉車両があたりまえになっておりますが、佐々木さんは30年以上からに車椅子の障害者向けバリアフリー車両開発された第一人者パイオニア的存在です。ネパール大使館の勤め、災害ボランティアネットワーク運営委員の会長、国際儀典の葬祭事業をされております。笑顔の花の活動では、これから全国的に展開して行く「大規模災害時のママ達のネットワーク事業」のアドバイザーとしてご協力いただくことになりました。ありがとうございます、感謝致します。表に出てないママの声を救ってあげたい・・・・・大きな愛にあふれニコニコ笑顔で笑っています。市役所の子育て支援・健康福祉課の方にご挨拶に行きました。長野県立こども病院は県外からの家族の利用が多く、地域住民には分からない家族の困り事がきっとあるでしょう・・・・・笑顔の花の活動が、県外からの家族の救済にも役立つことができますよう、尽力させていただきたいと思います。 安曇野の市役所は地元産の木材をふんだんに活用し心和む素晴らしいデザインで感動されておりました。 北安曇郡池田町の会染窯 林 明子さん作陶展に行ってきました。高森町のカフェクイーンで26日まで開催されてます。手前にある作品は5年ほど前の長野県工芸展でSBC賞をいただいた作品です。繊細で心優しい愛を感じる素敵な作品に触れることができ感謝致します。