プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサインでは、BBM・カルビー・タカラといった、NPBを取り扱うトレーディングカードを中心に選手の経歴を紹介。

アメンバー限定記事は主に球場でサインを貰う(インパーソン)際に更新しています。

80年代〜90年代のOB選手を中心です。


テーマ:

 

ダイエーホークスの元祖イケメン選手 といえば・・・



ダイエーヤクルト→ロッテ 浜名 千広 さんです!


福岡ダイエーホークスの初期、若田部選手と共に人気を博した浜名さん。


大学時代は、日米大学野球選手権大会に出場。アマチュアナンバーワンショートとして注目されます。


1991年 東北福祉大学からドラフト3位で福岡ダイエーホークスから指名され、入団。 


1年目から、124試合に出場し、オールスターゲームにも出場します。


浜名さんが特に得意だったのが、「バント」


進塁版バント、出塁版バントと場面によってバントの種類を変える技術の持ち主でした。



入団当初は背番号「0」、入団年からレギュラーを獲得し、1995年から「8」。


1999年は、選手会長へ就任し、ダイエー初のリーグ優勝、日本一へ導きました。


しかし、優勝翌年からレギュラーポジションを中日から移籍してきた鳥越 裕介選手に奪われ、2001年に戦力外通告を受けます。


そして、



2002年 金銭トレードでヤクルトスワローズへ入団。


2002年から2003年でトータル59試合に出場するものの、復活とまではいかず、再び戦力外に。



2004年は、入団テストに合格し、千葉ロッテマリーンズへ入団。


ここでも39試合に出場するものの、1軍定着とまではならず、現役を引退しました。


今は、福岡を拠点に評論・解説活動をされています。



1999年初優勝、ビールかけ時のあっさりな挨拶が、


「浜名さんらしいな。」と当時思ったのを、この記事を書いていて、思い出しましたw

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

山内トリオ フリーターからのドラフト1位 ヒゲの18番!


 


南海ダイエー中日 山内 和宏さんです!


静岡にある浜名高校卒業後、駒澤大学へ進学します。しかし、中退。フリーターに。


その後、高校先輩の薦めで、ミシンメーカーのリッカーに入社。社会人野球を続けます。


1981年 ドラフト1位で南海ホークスへ入団。


エース格の20番山内 新一投手、1年遅れの同期19番の山内 孝徳投手、そして18番和宏さんと山内トリオとして、南海投手陣を支えます。


1983年には、18勝で最多勝を獲得。1982年~1985年まで、4年連続の2ケタ勝利を収めました。


 

19番 山内 孝徳投手と共に、ヒゲを伸ばしていました。


ちょうど、親会社が南海→ダイエーに代った頃から、右腕の血行障害に悩まされ、成績が下降。


 
1990年のシーズン途中 杉本 正投手、高島 覚投手とのトレードで、中日ドラゴンズへ移籍します。


移籍後は、4勝4敗と先発としても活躍。


翌年は3試合のみに出場が留まり、1992年 13試合に登板し1勝を挙げ、現役を引退しました。


引退後は、プロの世界に戻ることはないものの、2002年、2003年にマスターズリーグで最多勝を獲得しています。


優しい顔から、グイグイ内角を抉るスライダーが魅力だった山内和宏さん。


実は、娘さんがタカラジェンヌ 暁千星さんです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

トレードマークは、口ヒゲ



南海ダイエー 山内 孝徳 さん です!


熊本にある、鎮西高校出身ののち、電電九州(NTT九州)に就職し、1980年の都市対抗野球でエースとして出場し、準優勝。前年、入団保留としていた、南海ホークスに入団しました。


そして、入団した時に付けた背番号は「19」


この背番号の前付者は、監督兼選手をしていた、野村 克也 さん。


18番の山内 和宏 投手、19番の孝徳さん、20番の山内 新一 投手で、「山内トリオ」として売り出す為の球団の策略でもありました。


即戦力としての入団もあり、1年目から25試合に登板。完投10の勝利数7でした。フル回転!



入団直後は、生やしていませんでしたが、孝徳さんといえば、「口ヒゲ」


中々勝てない南海ホークスで、口を一文字に黙々と投げ、入団から9年連続の2ケタ敗戦を記録。


しかし!勝利数もしっかり残されています。入団2年目から7年連続の2ケタ勝利も記録されています。



1989年から、南海の身売りで、ダイエーホークスに。


1992年の入団12年目で、きっちり通算100勝を記録。この年限りで現役引退をされました。


引退後は、地元九州で解説・タレント活動。


2014年には、更にチーム名が変わった、ソフトバンクホークスで二軍コーチを務め、


2015年からは、こちらも地元社会人チーム 三菱自動車硬式野球部で投手指導を担当されています。



ネット上にもあがっている写真もあるのですが、現在も口ヒゲ孝徳さんは健在です!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ルーティーン」 と 「テイクバック」 に特徴のある選手といえば・・・



南海ダイエー → 巨人 吉永 幸一郎 さんです!


バットをグルグル廻すルーティーンと、打ったあとのバットを片手で放り投げそうな、テイクバックが印象的な吉永さん。


1987年 東海大学工業高等学校から、ドラフト5位で南海ホークスへ入団。


同期入団は、吉田 豊彦投手、大道 典嘉選手、村田 勝喜投手、柳田 聖人選手と、


のちのダイエーを支える選手がたくさんいました。


吉永さんは、1990年にはじめて1軍に昇格。主にDHとして活躍。


田淵 幸一監督に正捕手へ抜擢され、1992年には127試合に出場。


強打の捕手として、チームのクリーンナップを務めました。


1996年 膝の故障と、城島 健司選手の台頭があり、内野手へ転向。


ここから打撃も更に開花し、1996年、97年と20本ホームランをクリア。


1999年には、オールスターのDH部門が加わったのですが、吉永さんがトップ当選を果たしました。



そして、2000年オフ



大野 倫選手、佐藤 誠投手とのトレードで、読売ジャイアンツへ移籍。背番号は「23」


ダイエー時代のチームメイトだった工藤 公康投手が在籍していたこともあり、移籍一年目から捕手に復帰しました。


あの松井 秀喜さんは、吉永さんのバッティングを


「吉永さんの打撃は凄いですよね。特にインコースのバッティングは真似したくても出来ませんよ。」


と評価しています。


2003年 膝の故障の悪化で、現役を引退。


現在は、福岡で野球教室やボーイズリーグの監督をしていらっしゃいます。



大きな~♪(ドドドドン) 希望を~♪(ドドドドン) そのむ~ねにいだき~♪

光のアーチを~♪ 架けろよ~空高く~♪


ダイエー時代の応援歌は、口ずさみたくなる名曲です!!

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

ニックネームが 「ニャンコ」 といえば・・・



南海ダイエー → 阪神 → 西武 藤本 修二 さんです!


南海にいたとき、キャンプで猫にエサをあげようとしたころ、噛まれてしまい、1週間投球ができなくなったことから、あだ名が付いたそうで・・・


愛媛の名門 今治西高校3年の夏に、甲子園へは出場はできませんでした。


1982年 ドラフト5位で南海ホークスへ入団。


入団2年目の1984年に完投5回で、勝利数は7。ここから、本拠地が福岡に変るまでローテーションを守り続けます。


ダイエーホークスに変ってからは、故障もあり中々活躍できず・・・ そして、1990年



西川 佳明投手らと共に5対4の大型トレードで阪神タイガースへ移籍します。


移籍一年目の1991年は、先発は4度機会を与えられるものの勝利を挙げることができず、翌年戦力外通告を受けます。


その後、テストを受け、



1992年オフに、西武ライオンズへ入団しました。


主に中継ぎとして活躍し、1993年は27試合に登板。その後は出場試合数が減し、1995年に現役を引退します。


引退後は長きに渡り、タイガースのバッティングピッチャーとして活躍し、現在も1軍のチームスタッフとしてプロ野球界で活躍されています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。