プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサインでは、BBM・カルビー・タカラといった、NPBを取り扱うトレーディングカードを中心に選手の経歴を紹介。

アメンバー限定記事は主に球場でサインを貰う(インパーソン)際に更新しています。

80年代〜90年代のOB選手を中心です。


テーマ:

タレントとしても成功を収めたこの選手



巨人 定岡 正二 さんです。


定岡さんの親族はプロ野球選手だらけ


兄:定岡 智秋、弟:定岡 徹久、甥:定岡 卓摩 と運動神経のよい遺伝子を感じさせます。


定岡さんが一躍有名になったのは、高校時代。


鹿児島実業高校在学中、2年次・3年次と夏の甲子園に出場。3年生の時にはエースとして鹿児島県勢初のベスト4へ導きました。


そして、準々決勝では、後のチームメイトになる原 辰徳 選手が在籍していた東海大相模高との延長15回にわたる熱戦を勝ち抜きました。


しかし、翌試合で手首を負傷し交代。チームはサヨナラ負け。


悲劇のヒーローとして、そして甘いマスクで人気が急上昇しました。


そして、1974年 ドラフト1位で読売ジャイアンツへ入団します。本人は阪神へ行きたかったそうでw


自主トレが行われた多摩川グラウンドに2万人の観衆を集めたほどの人気ぶり。定岡フィーバーが巻き起こりました。



1980年 プロ入り初勝利!その年は9勝を記録。


翌1981年には阪神タイガース戦で、初回先頭打者北村 照文 選手に二塁打を打たれた後、打者27人連続でアウトを奪い準完全試合を達成。プロ入り初の2ケタ勝利(11勝)で日本一に貢献。


そして、翌年は15勝を挙げ、以下の2人



江川 卓 投手 19勝



西本 聖 投手 15勝


と、「 巨人3本柱 」として活躍しました。


その後、1983年の怪我から中々復調せず、1985年トレード要員に。


近鉄 有田 修三  捕手とのトレードが発表されました。


この時、定岡さんは悩み、友人のデザイナーに相談したところ・・・


「巨人のまま辞めたほうが、後の人生のため。」


とアドバイスを受け、29歳の若さで現役を引退されました。


翌年はドジャースで打撃投手を経験。そして、1986年からスポーツキャスターとして活躍。


日本テレビ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の準レギュラー出演したことがきっかけで、バラエティー番組に進出しました。


とんねるずとの絡みが非常に面白かったですね。


タカーズvsサダーズ の草野球は毎年の定番でした。



その後は、本人の意向からバラエティ番組の出演本数を減らし、TBSラジオでの解説や指導者としての活動に重きを置いています。


現在も体型を維持されているスリムなサダさんです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バンザーイ 」コールといえば・・・



エクスポズ 巨人ロイヤルズ ウォーレン・クロマティ さん です!


ひょうきんな助っ人外国人の代表格といえば、この選手じゃないでしょうか。


1974年 マイアミ・デイド短期大学から、モントリオール・エクスポズに入団。


4年目からレギュラーに定着し、そこから年間150試合出場を4年連続でし続けました。


そして、1983年 フリーエージェントとなり、読売ジャイアンツへ移籍します。



移籍一年目からレギュラーとして、チームを牽引します。ポジションはセンター。


1987年まで、4年連続ホームラン 20本越え


1989年には、首位打者、MVPを獲得する活躍をしました。



トレードマークは、ピンク色のフーセンガム。膨らましている様子は、珍プレーでも特集されました。


更には、勝利に繋がる得点があった時には、外野スタンドに向けて、万歳三唱を促すファンサービスが有名に。


その一方、怠慢な送球により、大事な場面で得点を許すことも。1987年 日本シリーズ第6戦にて、フライを捕球した後の返球が逸れ、二塁からタッチアップした清原 和博 選手のホームインを許してしまいます。


そして、伝説となっているのが、熊本での中日 宮下 投手にした、右ストレート!


これも同じく、1987年 6月に熊本の藤崎台球場で行われた、中日ドラゴンズ戦。


宮下 昌己 投手から背中にデッドボールを受けた際、帽子を取って謝るようジェスチャーも交えて要求。


宮下投手が応じなかったため、マウンドまで突進し、そのままきれいに右ストレートパンチを見舞いました。


そこから両軍入り乱れての大乱闘! クロウをなだめたのは、中日にいた、ゲーリー・レーシッチでした。


宮下さんとは、お互い現役を引退した後、テレビの企画で和解したんだとか。



プレー、実績、パフォーマンス エンジョイベースボールを体現していたクロマティさん。


引退後は、ドラマー、ラジオDJ、格闘家転進、野球教室講師、スポーツグッズ制作会社など多方面で活躍されています。


今後も動向に注目です!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

右に ♪ 左に ♪ 




巨人 篠塚 和典(利夫) さんです!


1975年 千葉にある、銚子商業高校からドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。 同郷の長嶋茂雄 監督から見込まれての期待の選手でした。


二軍暮らしをした後に、1980年にセカンドレギュラーへ定着。



翌年は、原 辰徳選手の入団により出場機会は減りましたが、当時サードの中畑 清選手の故障により、原選手がサードへ。


以後9年間、巨人のレギュラー選手として活躍します。



篠塚さんといえば、応援歌の中にもある 「右に♪左に♪し~のづか~♪」 打ち分けるバットコントロール。


首位打者は、1984年、1987年の2度受賞しています。



当時の篠塚選手について、助っ人クロマティ選手は、「シノヅカは、ロッカールームでその上半身を見ると、中学生みたいな華奢な体だ。なぜヒットを打ち続けることができるのかが謎」と語っています笑


1992年の途中から、登録名を、「利夫」から「和典」 に変更。



さて、篠塚さんには、「好きな言葉はありますか?」という質問をさせて頂きました。


同封して頂いたお手紙に "目的意識 篠塚和典" と記してありました。


長期間活躍ができる選手の努力=目的意識を持つこと だとも思います。


説得力のある返信ありがとうございました!


2016/05/03カード追加

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

満塁男」 といえば・・・



巨人 → 横浜 駒田 徳広 さんです!


プロ初打席を、満塁ホームランで飾り、そして満塁の場面で数多く結果を残した駒田さん。


「満塁男」 と称されました。


そんな、駒田さんは、奈良の桜井商業高校時代に、エースで4番として活躍。


日本人離れした、バッティングセンスから、ヤクルト→近鉄で活躍した外国人助っ人 「奈良のマニエル」と呼ばれました。


そして、1980年 ドラフト2位で読売ジャイアンツへ入団。入団当初は投手だったものの、自ら直訴し、1年目から内野手へ転向します。


そして、プロ3年目の1983年 後楽園球場での大洋ホエールズ戦で、プロ初打席満塁本塁打を記録します。



1987年にレギュラーへ定着。翌年、背番号を「50」→「10」へ変更。


身長は、191cmで大柄ではあったけど、打席に立つ際は、ひざを曲げ、バットを寝かせる。


更に追い込まれると、ミートバッティングへ変更する、中距離打者として、長くレギュラーとして活躍。


1987年から1999年まで、毎年100試合以上出場し、生涯打率は2割8分。



そして、1993年のオフ 翌年、中日から落合 博満選手の入団が決まり、駒田さんはFA宣言。


かつて、巨人でヘッドコーチをしていた、近藤 昭仁監督がいた、横浜ベイスターズへ移籍します。


入団当初は、打撃不振。 一時期は、黄色いゴーグル眼鏡と、守備用ヘルメットを装着していました。


1996年 打撃改造が功を奏し、再び輝きを取り戻しはじめ、1997年は打率3割を達成。



白い流れ星♪ 大きく舞い上げろ♪

冴えたホームラン♪ みせてよ駒田♪♪


応援歌が名曲でしたね。


1998年 石井琢郎選手のフォローなどもあり、巨人での優勝するための勝ち方を知っている駒田選手の体験を、チームに伝えられるようになり、全体の士気高揚に貢献。


この年、横浜ベイスターズは、38年ぶりのリーグ優勝、そして日本一に輝きます。


駒田さん個人の成績も、136試合(自身過去最高出場数) 81打点を挙げ、ベストナインに選ばれます。


そして、



2000年9月6日@ナゴヤドームの中日戦で 生涯2000本安打を達成します。


しかし、この年 権藤 博監督との対立もあり、戦力外通告に。


本人は、現役続行を希望したものの、獲得する球団は現れず現役を引退します。


その後は、楽天、横浜でコーチをし、そして2016年


四国リーグ 高知ファイティングドッグスで、監督に就任することになりました。


楽しみな監督 駒田さんです!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

独立リーグ界で活躍し続けるこの方



巨人 → 近鉄・楽天 吉岡 雄二 さんです!


高校時代は、「エースで四番」


とんねるずと同じ、帝京高校出身で、1989年 夏の甲子園で全国制覇に導きます。


そして、その年のドラフトで、読売ジャイアンツに3位指名され、入団。


入団当初は、投手だったもののすぐに手術をし、1992年に内野手へ転向します。


長嶋 茂雄 監督の期待選手でした。



1994年 期待の現われから、背番号を「61」→「10」に変更。


早速、イースタンリーグで本塁打・打点の二冠王を獲得し、結果を残します。


翌年、1軍で30試合に出場。短期間で満塁ホームラン2本を含む、4本ホームランを放ち、1軍レギュラー候補に名乗りを上げました。


しかし、1996年 助っ人外国人 ジェフ・マント、新人だった 仁志 敏久選手に競り負け、中々1軍で活躍できませんでした。


そして、1997年



石井 浩郎選手とのトレードで、石毛 博史投手と共に、近鉄バファローズへ。


背番号は「41」


1998年 81試合に出場し、7番ファーストで猛牛打線に加わり、13ホームランを放ちます。


そこからレギュラーとして活躍。



背番号を「3」に変更した、2001年には、127試合に出場し、26本塁打を記録。


チームのリーグ優勝に貢献します。



2005年 選手分配ドラフトにて東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団。


低迷期に楽天で、初年度はレギュラーに。116試合に出場しました。


その後は怪我などで苦しみ、2008年に戦力外通告を受けます。


2009年は、米球界に挑戦。メキシコのヌエボラレド・オウルズ(テコロテ・ヌエボラレド)に入団。1シーズンプレーしました。


引退後は、2011年~13年まで、四国アイランドリーグ 愛媛マンダリンパイレーツで打撃コーチに。


そして、2014年からBCリーグ 富山サンダーバーズの監督に就任し、活躍しています。


昨年、ボールパーク高岡での試合前、一般人とのホームラン競争を観戦しましたが、0ホームランw


高校の先輩であるとんねるずとの「野球BAN」では、チャンスメイクする盛り上げ役。番組にはなくてはならない存在です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。