プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサインでは、BBM・カルビー・タカラといった、NPBを取り扱うトレーディングカードを中心に選手の経歴を紹介。

アメンバー限定記事は主に球場でサインを貰う(インパーソン)際に更新しています。

80年代〜90年代のOB選手を中心です。


テーマ:

チームを渡り歩く、背の高いコーチといえば、



西武広島ダイエー 高山 郁夫 さんです!


身長が188cmで、足が長いスラッとした体型。


今年まで中日ドラゴンズの2軍コーチを務められていらっしゃいました。


そんな、高山さんは、秋田商業高校の出身。


高校3年次の春の選抜高校野球大会準決勝にて、帝京高校の伊東 昭光(のちヤクルト)と投げあい、0対2で惜敗。


その後、怪我もあり、日本ハムファイターズから1位指名があったもものの、プロへは行かず、親交のあった根本陸夫の薦めで、プリンスホテルへ入社しました。


そこで怪我の治療に時間を費やし、


1984年に西武ライオンズの練習生へ。その年のドラフト会議にて、3位指名され、西武ライオンズへ入団します。


プロ入り1年目には、8月vs南海戦で、プロ初勝利。


1989年には、ローテーションの谷間を埋める活躍で、5勝を挙げるものの、


近鉄バファローズとのダブルヘッダー第二戦の先発登板で、4失点のノックアウト。


その失点には、ラルフ・ラブライアントの4打席連続ホームランも。


チームの5連覇を止めてしまうキッカケとなってしまいました。


そこから、登板数が減り、1991年

高木 宣宏投手との交換トレードで、広島東洋カープへ移籍。


スリークウォーターから、サイドスローに転向するものの、1軍での活躍をすることが中々できず戦力外通告に・・・


1995年

ダイエーホークスへ移籍しました。


1年目には、先発1回、16試合に登板したものの、2年目には8試合の出場に留まり、現役引退。



引退後は、東京にて会社勤めをしていたものの、


2005年 西武時代からの同僚 石毛宏典氏の誘いがあり、愛媛マンダリンパイレーツの投手コーチに就任。


チームに所属していた、西山 道隆投手をソフトバンクホークス指名まで導きました。


2006年からは、福岡ソフトバンクホークスの投手コーチに就任。


コーチングの姿は、「チームのお父さん」


味方チームの投手が死球を与えた場合は、誰よりも誤り、


好投をすれば、投手の頭を撫でる


交代の際には、選手の肩を抱く姿など良いコーチオーラが溢れていました。


2014年からはオリックスバファローズの投手コーチに。


現在もチームに所属している、ディクソン投手からは、


「日米を通して、僕が指導を受けたなかで、彼は最も素晴らしいコーチのひとりです。」


と尊敬されていました。


2016年は、中日ドラゴンズの2軍コーチに。そして、2017年オフ、退団が発表されました。


今後はどこのチームにいくのでしょうか。


高山コーチの今後の動向に注目です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来期からコーチに!



西武 野田 浩輔 さん です!


西武黄金期の正捕手の伊東 勤 選手、その次にレギュラーを獲得した、細川 亨 選手の影に隠れ、中々1軍試合出場を果たせなかった、野田選手。


そんな野田さんは、熊本県にある八代東高校から、社会人チーム 新日鉄君津に進み、活躍。


2000年に行われた、シドニーオリンピックでは、後のロッテで活躍するサブマリン 渡辺 俊介 投手と新日鉄君津バッテリーを組み話題になりました。正捕手はプロで選ばれていた、中日→オリックスの鈴木 郁洋 捕手に獲られたのですが・・・。


そして、2000年 ドラフト6位で西武ライオンズに入団します。



野田さんのターニングポイントは、正捕手の座を争った、2003年。


選手兼バッテリーコーチだった伊東 勤 捕手が、


「細川と野田の2人は併用しない。2人併用すると、2人とも『死ぬ』」とコメント。


将来は背番号46の野田さん、47の細川 捕手のどちらかに、伊東の背番号「27」を継承させる意思があったようです。


結果、野田さんは正捕手争いには敗れ、背番号「27」は細川 捕手に受け継がれてしまいました。


2004年は、プレーオフでの決勝ホームランなど随所でバッティングにて活躍。


その後は、炭谷 銀二郎 捕手や、上本 達之 捕手の抜擢もあり、中々出場試合数を伸ばすことができず、


右肩の故障もあり、2011年に引退しました。



その後は、スカウトとして西武球団に残り、


そして2017年 二軍バッテリーコーチとして現場復帰が決まりました!


捕手の育成は各球団の検討課題。 野田コーチの指導・支援に注目です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

参謀から、監督代行へ。



西武 森 繁和 さん です!


2004年から中日 落合 監督の参謀(ヘッドコーチなど)として、2016年シーズンは谷繁 監督の監督代行として活躍されています。


そんな、モリシゲさんの現役時代は、西武一筋。


駒澤大学から、住友金属に進み、都市対抗野球でも活躍。


第25回アマチュア野球世界選手権日本代表にも選出され、この時に後にタッグを組む、落合 博満 監督と一緒にプレーしています。


そして、1978年に4球団からドラフト1位で指名を受け、西武ライオンズに入団。


1年目から、先発ローテーションに入り、5勝16敗。


広岡監督に代わった、1982年には開幕投手を任せられるものの不調で、リリーフに転向。


51試合に登板し、所沢移転初の優勝に貢献しました。




翌年も、5勝5敗34セーブの成績を残し、最優秀救援投手賞を獲得。


しかし、その後、肩の怪我をし、徐々に成績が降下。


1986年に肩の手術をし、選手登録を抹消。この時に、若手と混じってアメリカへの野球留学を経験されています。


1988年 現役引退を決断。




引退後は、すぐに西武の二軍コーチへ就任。その後、日本ハム→横浜のコーチを務め、


2004年に、中日ドラゴンズの監督に就任した落合 博満氏からの要請を受け、投手コーチに就任しました。


「参謀」 になったのは、この頃ですね。


2010年は、ヘッドコーチへと昇格。 4度のリーグ優勝、1度の日本一に貢献しました。


2014年からドラゴンズに現場復帰をし、現在は監督代行を務めています。


来季の監督人事がどうなるかですが、いよいよモリシゲ監督の誕生なるか??

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デーブ といえば・・・



西武 → 巨人 大久保 博元 さんです!


茨城県の水戸商業高校時代に、甲子園へ出場できなかったものの、高校通算52本のホームランを放ちます。


そして、1984年 ドラフト1位で西武ライオンズへ入団します。


西武時代は、入団3年目の1987年に、56試合に出場したものの、その後は鳴かず飛ばず。


正捕手は、伊東 勤選手が務めており、中々出番がなく、代打要員としてのポジションでした。



そして、1992年



同ポジションの、中尾 孝義 選手とのトレードで、読売ジャイアンツに移籍。


これは西武では活躍の場がない大久保のために、


球団管理部長の根本 陸夫さんが主導したトレードだったそうです。


このトレードを機会に、大久保さんは爆発!


ジャイアンツでは、いきなり正捕手に抜擢され、オールスターゲームまでに、打率3割、ホームラン12本を放ちます。


大久保さんがホームランを放った試合は負けないというジンクスもついてきました。



その後は正捕手に定着した、村田 真一 選手を中々追い抜くことができず、本人の怪我もあり、1995年に28歳の若さで引退。


引退後は、長嶋茂雄監督から名づけられたあだ名「デーブ大久保」として、解説やタレントとしてマスコミへ出演。


西武ライオンズでは、コーチ、東北楽天ゴールデンイーグルスでは、監督として活躍しました。


現在も解説業の傍ら、


居酒屋「肉蔵デーブ」 の店主としてお店に出ていらっしゃいます。


ファンサービスにも積極的な大久保さん。


お店の店主が似合いますね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リリーフキャッチャー」 といえば・・・



西武 → 中日 大石 友好 さんです!


神奈川大学から河合楽器へ行き、1979年 ドラフト3位で西武ライオンズへ入団。


1年目から1軍で77試合に出場し、2番手キャッチャーとして活躍。


1982年には、101試合に出場し、リーグ優勝・日本一に貢献しました。


その後は、のちの黄金時代の正捕手となる、伊東 勤選手の台頭もあり、出場回数を減らし、



1985年シーズン直前 田尾 安志選手との交換トレードで、杉本 正投手と共に、中日ドラゴンズへ移籍しました。


中日時代の大石さんの立ち位置は、経験を踏まえ、若い捕手を支える二番手キャッチャー。


1988年のリーグ優勝の年では、勝ち試合で、郭 源治投手と共に登場する、リリーフキャッチャーとして登場をよくされていました。


燃えよドラゴンズでも歌われていましたね。



1988年の74試合から、序々に出場試合数を減らし、1991年に現役を引退。


そこから指導者としての道が始まります。


中日 → 西武 → ダイエー → 西武 と、バッテリーコーチとして長年活躍。


そして現在は、楽天ゴールデンイーグルスの2軍バッテリーコーチとして、若手を鍛え上げてます。


インパーソンで非常に優しい、大石さん。 これからもサポートに期待!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。