プロ野球カードとサイン

プロ野球カードとサインでは、BBM・カルビー・タカラといった、NPBを取り扱うトレーディングカードを中心に選手の経歴を紹介。

アメンバー限定記事は主に球場でサインを貰う(インパーソン)際に更新しています。

80年代〜90年代のOB選手を中心です。


テーマ:

ながーく裏方として活躍させているこの方



阪急オリックスヤクルト 森 浩二さんです!


現在は、球団本部の編成部で活躍する森さんは、


高知商業高校2年次の甲子園、後に広島へ入団する 西田 真二 さんがエースのPL学園高校に、逆転負け。


3年次春の選抜では、後中日の牛島和彦さんが率いる、浪速商業高校に2回戦目で敗退。


そして、夏の甲子園では、準々決勝で敗退と、悔しい思いをし続けた、森さん。


1979年 ドラフト2位で、阪急ブレーブスへ入団します。


入団3年目の1982年には、1軍初登板。そして、翌年には初勝利を記録します。



左の中継ぎ、ワンポイントの貴重な戦力として、


1988年には42試合、1989年には40試合と、2年連続チーム最多登板を記録します。


登板が多い中で、負けの記録ではありますが、森さんは、


1球敗戦投手を2度」 (1984年vsロッテ、1989年vsダイエー)


経験されています。


これは、非常に珍しい記録で、1度だけ経験されている投手は26名(最近だと阪神:加藤康介)


2度経験されているのは、森さんただ1人なんです。


それだけ、大事な場面を任せられていた証拠ですね。




1990年は、怪我の影響があり、登板数が激減。


その後も、1軍登板数が増えることはなく、1992年のオフに、西岡 剛投手とのトレードで、ヤクルトスワローズへ移籍します。


そして、1993年には中継ぎとして21試合登板。復活を果たし、リーグ優勝に貢献しました。


ヤクルト監督の野村克也氏が、のちに言われるようになる、「野村再生工場」の一人です。


その年限りで、引退を発表。


1994年からは、打撃投手として古巣 オリックスへ入団。2007年まで長きに渡り、同ポジションを担当しました。


そして、2008年からは、若手選手の寮「青濤館」の副寮長を務め、2010年からは寮長を担ってらっしゃいました。



ちなみに、1球勝利を二度経験している選手は、巨人楽天 金刃 憲人投手 です。


今後も、1球で勝敗に係わる珍事があれば、森浩二さんの「1球敗戦2度」エピソードが紹介されそうですね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全打順ホームラン達成者



オリックス横浜 小川 博文 さんです!


愛称は、「がっちゃん」 Dr.スランプあられちゃんに出てくるキャラクターに似ていたからでした。


拓殖大学広陵高校時代に甲子園へ出場、当時の監督の薦めもあり、社会人野球 プリンスホテルへ就職し、野球を続けます。


都市対抗野球大会、ソウルオリンピック日本代表での活躍もあり、


1988年 ドラフト2位でオリックスブレーブスに入団。


1年目からショートとして活躍し、114試合に出場。


翌年もレギュラーに定着し、年間135安打を放つなど活躍します。


1993年 松永浩美 選手が移籍したこともあり、ポジションが増え、ショートのほかにサードも守る。


打順もどこでも行ける、万能プレイヤーとして活躍。


1999年 入団11年で全打順ホームランを達成。松永浩美 選手、五十嵐 章人選手など、小川さん合わせて5人が達成している偉業でした。


小川さんのすごいところは、どの打順でも、「来た球を打つ!」


配球は読まず、構えにもこだわらない。


ボールが来て、瞬間に打てると感じたらバットを振り、タイミングが合わなければスイングしないというシンプルな考え方でした。


2000年オフ

森 祇晶 監督からの強い誘いで、進藤 達哉選手、戸叶 尚投手、新井 潔選手との交換トレードで、前田 和之投手、杉本 友投手と共に横浜ベイスターズへ移籍します。


そして、同ポジションのレギュラーだった進藤 選手に代り、サードのレギュラーに。移籍1年目は自己最多の15本のホームランを放ちました。


この時期の小川さんといえば、テレビ中継からもよく分かる、「マウスピース」


知り合いの歯科医の勧めがきっかけで使い始め、バッティングでのボールとバットが当たるインパクト時、強い力で奥歯の部分だけ穴が開くため使用していました。


1ヶ月ごとにオーダーメイドの新品に取り替え、予備も2、3個常に準備していたそうです。


ホームランを放った後のダグアウトで笑うと、ブルーの歯が見えるのに違和感がありましたw


2004年 残り94本となった1500本安打を目標としましたが、一度も一軍に呼ばれることなく9月に戦力外通告に。


合同トライアウトに参加したものの、同年限りで現役を引退。安定した成績を残す、身体・精神力共に強い選手でした。


引退後はトレード時の約束だった、古巣 オリックスでコーチ、球団職員を任され、2016年からはこれまた古巣 横浜DeNAベイスターズにて、打撃コーチをしています。


小川さんは、スランプ時に中西 太コーチの助言を活かし、復調した経験があります。


打てる若手が多いベイスターズを裏で支えています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

野球に関わり続けるこの男

 

阪急オリックス 弓岡 敬二郎 さんです!

弓岡さんは、1976年に一度、クラウンライターライオンズよりドラフト指名を受けますが入団拒否し、新日鐵広畑へ入社。都市対抗で活躍。

そして、1980年。ドラフト3位で阪急ブレーブスに入団します。

7年連続ゴールデングラブ賞を受賞していた、大橋 穣選手からショートのポジションを奪い、1年目から130試合フル出場。

入団4年目の1985年オールスターでは、ショート部門の第一有力候補だった西武 石毛宏典選手を抑え、1位で選ばれました。

この年、ゴールデングラブ賞とベストナインを受賞。若くして、阪急の中心選手として活躍します。




チームの親会社が、阪急からオリックスに代ったあたりから出場試合数が減少。

その要員は、同ポジションの小川 博文選手の台頭でした。そして、1991年。33歳の若さで引退します。

弓岡さんがすごいのは、ここからの指導者としての実力。

引退後すぐに、オリックスの1軍内野守備・走塁コーチに就任。

そこから編成を挟むものの2013年までオリックスのコーチ・二軍監督として活躍しました。



2014年からは、四国アイランドリーグ 愛媛マンダリンパイレーツの監督に就任。

サインの「MP」は、「M」マンダリン「P」パイレーツの略。

2015年は年間総合優勝、2016年には前期・後期・年間と完全優勝を成し遂げます。

そして、2017年シーズンから、再びオリックスの二軍育成統轄コーチに就任決定!!

引退から継続して、野球指導業に関わっています。

これは、弓岡さんの人柄を含めた指導力があるこそ。これからの活躍にも期待です!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昭和最後の完全試合達成者 」といえば・・・



阪急
オリックス  ダイエー 今井 雄太郎 さん です!

現在は、福岡を中心に野球解説者として活躍されている今井さん。

そんな、今井さんは新潟にある中越高校から、新潟鉄道管理局(現JR東日本)に就職。

鉄道管理局では、操車場で車両連結の仕事をしていたそうです。

1970年 ドラフト2位で、阪急ブレーブスに入団。スカウトのキッカケは日本産業対抗野球大会 鉄道大会での好投でした。



今井さんが言われ続けたのは、「 ノミの心臓 」

極度のあがり症で、2軍では活躍するものの、1軍では中々結果が出せず。。

そんな状況での1978年

のちの西武監督になる根本 陸夫投手コーチが今井さんの無類の酒好きに目をつけ、大阪球場での南海ホークス戦の登板前、紙コップ入りのビールを今井さんに飲ませましたw

そうしたところ、見違える投球に!

飲みながら投げるのは、相当苦しかったんだとかw

そのシーズンは勢いにのり、先発19回で、12勝2敗!

8月31日のロッテ戦で、完全試合を達成します。

酔った勢いってすごいですww


 
親会社がオリックスに代ってからは、先発→中継ぎに廻ることが多くなり、

親分肌で気取りのないやさしい性格から後輩に『殿』と慕われ、今井さんを中心とするオリックスのリリーフ陣は『殿様リリーズ』との愛称が。



そして、1990年

矢野 実投手との交換トレードで、ダイエーホークスへ移籍。

1991年に10試合登板。先発2回で1勝を挙げ、この年限りで引退します。


さて、今井さんといえば、これとソックリと言われていました。

 
がんこ寿司 のキャラクターです。

大阪球場のメイン席上にあった、このがんご寿司の看板。

このことを、南海ファンはヤジり、

「今井の顔は、がんこ寿司!」 と3コールしていたそうですw

確かにソックリです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阪急最後のドラ1のサイドスローといえば・・・



阪急オリックス → 横浜 → 阪神 伊藤 敦規 さんです!


中京高校から、家業の関係もあり、福井工業大学へ進学。全日本大学野球選手権に導くなど活躍。


ロサンゼルス五輪では、2勝挙げ金メダルに貢献しました。


そして、1987年 ドラフト1位で阪急ブレーブスに入団。


1年目に、2軍でノーヒットノーランを達成。 そして、1軍でも20試合に登板し、プロ初勝利を挙げました。



1990年は、1軍のローテーションに加わり、7勝7敗。


当時は常勝軍団 西武ライオンズのキラーと言われました。


1992年には、監督推薦でオールスターゲームへ出場しました。


しかし、翌年から成績が奮わず、1993年、94年共に9試合に出場は留まります。


そして、1995年



1994年のオフ 飯塚 富司選手と共に、水尾 嘉孝・渡部 高史・堀江 賢治選手との2対3のトレードで、横浜ベイスターズに移籍します。


ベイスターズでも先発として出場。1995年は19試合に出場したものの、1勝2敗。


1996年は、4試合で0勝0敗。この年に、戦力外通告を受けました。


そして、伊藤さんは・・・


「幼い頃からファンだった阪神の入団テストを受けてダメだったら諦めもつく。」と、考え、受験。



フロントから99%無理だと言われたものの、無事合格し、阪神タイガースへ移籍しました。


タイガースでは、中継ぎとして活躍。


1997年から2001年まで、史上7人目となる5年連続の50試合以上登板を果たします。


同じくサイドハンドの遠山 奬志投手、軟投派サブマリンの葛西 稔投手らとともに、強力なリリーフ投手陣を構成しました。


2000年は、71試合に登板。伊藤さんはこの年、37歳。70試合以上登板した投手の中で最年長投手記録となりました。


2002年 腰痛もあり、登板が20試合に留まり。現役を引退。


2005年から、タイガースのコーチとして復帰し、現在も活躍しています。


トレーニングの重要性を伝えることができるのが怪我の体験だと思います。サブマリンの活躍に期待!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。