2020年3月5日に収録された、
「樹原涼子のマスタークラス第13回」を見終わりました音譜ニコニコ

これね。


今回は「拍子感」について、でしたチョキ

まずは、「なぜ拍子記号が必要なのか?」という問題から・・・

そこで、樹原先生が出された例題を、
拍子を変えて指揮をしてみる・・・
というのがあったのですが、

う~ん、私、これ、苦手かも・・・滝汗

パッと見て、自分が勝手に決めた(これビックリマークと思った?)拍子だとうまくできるけど、

そうじゃないのは、あとからどんどん怪しくなってくる...ショック!あせる

曲の場合は、もちろん拍子記号書いてくれてるので、
その拍子記号で、なんとなしに拍子をとっていたガーン・・・のが、

自分でやるとなると、こんなに難しいというか、
えええ~~、こんなにイイカゲンだったんだ~とびっくり
!!

ひえぇぇぇぇ~~~!!叫び

道理で、「拍子感のない演奏」になるわけだ~、と納得得意げ

今回の「拍子感」というのは、リズムボールでたたく、という練習よりももっと高度なものになっていて、

「1小説の中で何拍目、という意味」をしっかりと感じて表現する、ということキラキラ

これも・・・
「和音の中でその音が第何音か」というのと同じく、
今まで考えたことなかったわ。。。ガーン

そして、「拍子を作る側になってみる」という発想・・・ひらめき電球

それも今までまったく無かったですぅ~叫び

ということで。

今までどれだけ拍子感を無視した演奏をしてたのだろう・・・

と思うと、ソラ恐ろしくなりました滝汗

アタリマエのことなのだけれど、
拍子感がない場合に、指の練習をしてもムダ・・・ガーン

いや、、、ついやっちゃってました。
ちゃんと弾けるまで弾こうビックリマークとかね。。汗

そして、ここでも二段階導入法ニコニコ

そうだよね~、いきなりやるのって、難しいもの。。。

拍子をとる方法を教えてもらってから、
拍子をとる練習を一つずつ・・・

拍子って、すごいビックリマーク
これだけで音楽だ~!!
(って、当たり前か・・・でも、できてなかったから、
だからなんか変だったんだね。)

そして、アウフタクトについても・・・。

アウフタクト、なんか苦手意識があったんだけど、
それも「道理で~ひらめき電球」と思いましたガーン

そして、そんな拍子感のことがわかった上で、「メロディーを歌う」んだということも、ようやく納得滝汗

う~ん、、、何十年ムダにしてきたんだろう。。。
(おそすぎ~~)

そして最後は、重さ軽さについて「幸せのメニュー表音譜」を使って。。。

これは一度、勉強会でやったのですが、
そのせいもあってか、
「そうか~、そうだったのか~ひらめき電球
と、大変よくわかりました。

そして最後は、樹原先生の、拍子感のあるバルトークの模範演奏にうっとり。。。ラブラブラブ

いや~、最初は無観客で寂しい・・・と思ったけど、
さすがは樹原先生、今回も充実の内容!!アップ合格なのでした。。。

ありがとうございましたドキドキ



























毎日、コロナがかまびすしいですねビックリマーク

そんな中私は、情報をいろいろ集めたりしながら、
コロナの後の世界がどうなるか・・・目
について、考えていますニコニコ

実は、コロナが流行するずっと前から、
「世の中がどうなっていくのか」ということについては、
よく考えていましたニコニコ
もちろん、情報収集して、仮説を立て、
その経過を見たりしながら、ですけど。。ひらめき電球

そんな中で、私が、「この人のは当たるなぁ!!」と、ここ数年外せない方がいらっしゃいます。

それが、経済アナリストの藤原直哉さんですニコニコ

もう30年ほど前から、世界の状況について、
経済メインに時事解説されてました。

トランプ大統領も、イギリスのEU離脱も、
みんなが、「そうかなあはてなマーク」と疑っているときから、
すべて、ピシッと当ててきましたチョキ

もっとも、10年以上前は、言うことに「少し早すぎた感」があったのですが、
時代がついてきたのか、最近は、本当によく当たります合格

そんな藤原さんが、一番最近の13日に、録画で出されたYoutube動画がありますので、シェアしますねニコニコ

少し長いのですが、コロナと、現在の経済状況、
そしてコロナ後について、
対策も踏まえて、語られています。

私は、世の中の大まかな流れは藤原さんのツイート追っかけをして、
情報源(リンクがある場合は)を見てチェックしたうえで、
考え方(こういうソースでそう読む、ということ)を学ばせていただき、
そのうえで自分が何をするか・・・を常に考えていますニコニコ

勉強といえば、
学校が休校というニュースを見て、いい機会だから、先延ばしにしてきたZoomを勉強しようと思い、
Zoom革命(もっとも詳しいと思われるサイト)の1ヶ月お試しサロンに、
3月始めに申し込みましたが、
忙しくてまだ目的の動画は見れてませんあせる

(もっとも、私のZoomの勉強は、サロンの人達と一緒に何かしよう音譜というのではなく、
私が使い方が分かれば良いので、まあそれはちゃんとやればできるようになる・・・とは思ってるのですけどね得意げ

また、これは私の場合ですけれども、
Zoom活用は「ピアノの遠隔レッスン」のためではありません。
(というのも、ピアノレッスンは、よほどのことがない限りは、
遠隔よりは直に・・・という主義なのでニコニコ

その他には、
ブロックチェーン技術の応用(ブロックチェーンで何ができるか)も
知っておきたいので、
こちらもまた藤原さんのnoteで興味のある分野のを買って、ゆる~く勉強中です。
(日本は、ブロックチェーンについては、「石器時代」だそうで、本当にそうだと思いますドクロ

あとは、介護が一息つけたら、1、2年サボっていた仕事も、また再開しようと思っています。。キラキラ

コロナがいつ収束するかは不明ですが、
コロナ収束後は、世界の風景は変わっている・・・と思いますニコニコ

ところで、藤原さんによると、
今コロナで大変な世界の経済状況を救うには「現金を渡すしかない」そうで、

都会の演奏家の方やなんかは、今本当に大変だと思いますから、
早くそうしてほしいところ・・・ですが、
それを期待できるかどうかというと、う~ん、、汗というところしょぼんです。

ということで。

厳しい状況を生き延びつつ、
これからの方向性を見定めて頑張って行くために、
まずは動画を見て、現状認識をされることをオススメしますニコニコ

まずは現状認識。
そして、自分ができることを考える・・・
この流れで、明るく頑張ろうと思いますニコニコ

藤原さんの動画はこれです。
6日にカワイ表参道パウゼで行われた、
春畑セロリ・樹原涼子・轟千尋「作曲家談話室その2」
に行ってきました音譜

スペシャルゲストは、ピアニストの小原孝さん。
これね。


ところで、気になったのはこのご時世ですガーン

コロナがかまびすしいので、私も色々情報を集め、
前々日には分子栄養学の免疫のセミナー(結局最後は免疫力ビックリマーク)にも参加して、

・コロナに感染することなく、
・また人や高齢の家族にうつしたりして迷惑をかけることなく、無事に楽しんで行ってこれるか・・・
というところに心を配りましたニコニコ
(ってま、もし罹ったら治すしかないんですけども。。。汗

これは、開催して下さったカワイ表参道さんも同様で、
なんと前日に全ての椅子を消毒してくださったそうです合格

当日は、
入り口に消毒液があり、椅子は少し間をあけて置かれ、感染リスクを避けるためサイン会もなし・・・
という状況で、万全を期して行われましたニコニコ

そういった一つの事を取り上げても、
「この日に開催していただくのは、本当に大変だったんだろうなぁ~しょぼん
ということがよくわかりました。

そして私はといえば、「遠くからよく来たね~~!!」と、
いつも優しいピアノランド仲間達にハグしてもらい、心がホカホカになりましたラブ

♦♫.。・*゜*・。.♦♫.。・*゜*・。.♦♫

第一部は作曲家3人の談話から始まりました音譜

「作曲家談話室」は去年からのイベントで、今年は2回目チョキ

私は初めて行ったのですが、それというのも、
自分が編曲などをするようになってから、曲の読み方が変わってきた・・・
というのがありますひらめき電球

というより、
「曲の読み方をもっと深くしたいのだけれど、昔からの方法でピアノ奏法だけ習った身としては、なかなか視点を変えるのも難しく、
それがすんなりできている作曲家さん達の頭は一体どうなっているんだろうはてなマーク目」と思い、

現在ご活躍中の3人である、春畑セロリ先生、樹原涼子先生、轟千尋先生の談話が一度に聞けるアップということがとても魅力で、
1度参加してみようラブと参加を決めたのでした。

(去年は「そんな遠いところまで、2時間のために行けないわ~」と思っていたのですから、人って変わるものですねべーっだ!

その後、コロナ騒ぎで大変なことになりましたが、
談話室は開催してくださるということだったので、キャンセルは考えませんでした。

というのも、私は実は物凄くタイミングの良い人なので、
すんなり行くときはすんなりいく・・・というのを経験則として知っているからでしたが、

今回も、
・飛行機の時間を帰りはいつもは遅めの飛行機を取るところを一番安いチケットにしたら、結果的にちょうどいい時間になったチョキとか、

・会場に行く時に迷ってしまってピアノランド仲間にたまたま会って連れて行ってもらい、そのまま話をしていたら、

「今日はこの後、時の旅の連弾の練習のためにレッスン室をとってあるの~ラブラブ」ということで、それを見学させていただき、Shigeru Kawaiのフルコン(「ここのピアノ、いい音だよ~チョキ」との言葉通り、素晴らしい音でした~ドキドキラブラブ!)をちょっとだけ弾かせていただくことができた・・・とか、

全てのタイミングが、まるでパズルを埋めるかのように、ピタッとはまっていたのでしたアップキラキラ

で、話を談話室に戻しますね得意げ

第一部の最初はまず、
作曲家の先生たちが、「よくある質問に答える」というのから始まったのですが、

その答えが3人それぞれ全く違っていて、興味深かったです。
「作曲に正解ってないんだなぁ~~~」と思いました。
(たぶん、「締切守りましょう」とかは、ホントはあるんでしょうけれど。。。にひひ

そして、次がそれぞれの曲を別の作曲家が演奏するというパート音譜

プログラムは以下の通りでした。


演奏もとても興味深かったのですが、「作曲家の解説」というのが、とぉ~っても(ビックリマーク)興味深かったですにひひ

作曲家って、
「こんな簡単な楽譜なんだけど、ここに思い入れがあって、それをちゃんと読み解くんだ~~~!!ラブラブ!
・・・というのが、目の前で繰り広げられて、
目から鱗がボロボロ落ちまくりました滝汗

そして感動した私は、
「ピアノは弱くとか、フォルテは強くとか、作曲家はそんな次元で書いてませんビックリマーク」ということが、子どもにもわかるように書いてあると言う、轟千尋さんの「私ピアノ好きかも」を買うことに・・・音譜ニコニコ

これね。


面白かったのが、3人とも「心にしみると言うか、テクニックでガンガン弾く曲ではない曲」を選ばれていたことです得意げ

「ガンガン弾くのやめて〜ビックリマーク」というのが非常によく伝わってきましたべーっだ!

そして、休憩や換気の後、第二部へ・・・

第二部は小原孝さんも交えて、作曲者のお話も聞きながら、
華やかな演奏でいろんな曲を聴くことができて、楽しかったですラブ

最後は春畑セロリさんのロッパチ2から、8手連弾。
大人4人座るって、どうするんだろう・・・はてなマーク目と思っていたら、椅子を縦に置いてました。なるほどにひひ



とにかくあっという間の楽しい時間でしたラブラブ!

開催してくださったことに、大感謝ですドキドキ



そして先にちらっと言いましたが、
その後みんなの練習に1時間ほど参加させてもらって帰りましたにひひ

私は最近ひたすら、「ピアノを弾く左手を作ることに、ピアノを弾くことなくべーっだ!)注力しているのですが、
初見でろくに弾けていないんだけれども、左手同士の連弾の高音を弾いた時に「綺麗な音~キラキラ」と言ってもらえたのが、すごく嬉しかったです(ピアノがいいのもあるんだけどねべーっだ!

それにしても、このようなコンサートやイベントを自粛とかキャンセルとかしていると、本当に気が付かないうちに随分とストレスが溜まっているのだなぁ~ガーンというの強く感じました。

結局は免疫力で治すしかないのであれば、ストレスで免疫力を落とすのはどうなのかなと思います。

心の拠り所としてのピアノ&音楽の力と、涙が出そうなくらい暖かく優しい方たちの気持ちをひしひしと感じることができた1日でしたラブラブラブ
ありがとうございましたドキドキ











































昨日、昨年度の確定申告のため、確定申告会場のアスティ徳島に行った私ニコニコ
「混むから、朝一にしようビックリマーク」と思いつつ、
いろいろ間違い(「こんなところに、こんな数字はこないだろう~」みたいな汗)が見つかったりしてガーン
結局お昼過ぎに会場へ・・・

!!
出入り口付近に消毒用アルコールがあるのはわかるとして、
なんだか、やけに空いてるじゃありませんか。。。目

去年は何十人も待ったのに、今年は3番めチョキ

なんでかな~と思ってたら、待ち時間にスマホみて納得。
「確定申告期限が4月16日まで」になったらしい。。。

(もっとも、前年度資料の代わりに、一昨年のを持って行ってしまった爆弾ので、
また税務署のお兄さんにひと手間かけることになってしまった私ですドクロ

♦♫.。・*゜*・。.♦♫.。・*゜*・。.♦

さて、その後。

いつも私はテレビは見ないんだけど、なんとはなしに6時にちらっと地元ニュースでコロナ対策をチェックしてましたニコニコ

「卒業式はその学年と保護者だけで」とか、
ダイヤモンド・プリンセス号に乗っていた徳島の乗客のその後(4名は経過観察のみで、その他の情報は秘匿)とか、
まあでもそれなりに納得できる、地元自治体の対策を確認。

で、部屋に戻ってパソコンに見たら!!

ツイッターで「安倍首相が3月2日から休校要請」とのニュースが・・・叫び
(あ、ちなみに、なにかあったときのニュースはツイッターが一番早いので、
ネタもとの信頼できる人を何人かフォローしとくのがオススメですニコニコ

ちなみに、コロナについては、
私は1月末くらいからこのようにツイッターフォローして、
武漢や湖北省を始めとする、中国の様子を見てきました。
(ってか、香港デモも見てたんだけど、そのうちコロナ一色になっちゃったガーン

そして、(翌日削除された)神戸大学・岩田健太郎先生の最初のダイヤモンド・プリンセス号についてのYoutubeも、
次の日の外国人記者クラブでの英語での会見も、
出先移動中だったので、リアルタイムでスマホで見ました。
(その後はツイッターで主張をチェック。)

その後の政府の対応もチェックしてたので、急な展開にびっくり!!

私は公立学校で長く勤めていたこともあるので、
現場の混乱が手に取るよう・・・でした。

(これは医師会からの要請だったということですが、
私はその用紙も見ましたけど、
全国の公立学校を「一斉に休校」なんて、一言も書いてないのよね。。叫び

個人的に言わせてもらうと、
「休校『要請』ってなんやねん!?」というのが、率直な意見です。

もちろん、武漢の様子を見ていると、
「もし日本が1~2ヶ月送れの武漢」だとすると緊急を要する・・・
というのはわかりますし、
コロナの日本への影響がどのくらいになるかは、
今のところ誰にもわからないです。

ただ、公立学校だけ休みというのは、あまりにも手落ち。
まずは満員電車対策が必要でしょう。
(そういえば、「山手線を止める」という、どなたか専門家の提言もありましたね。)

そして、仕事はもちろんそうなのですが、「休み」にするなら、休業補償とセットにすべきです。
学校なら子供だから、休業補償が要らないという発想なのでしょうか。
親も居るんですよ!!

あと、気になるのが、このところのイベントやセミナーの中止で、
それに関連するお仕事をされている方の収入が途絶えること。

香港は、大学も含め全部お休みにしましたが、
これは全面的な対策の一環だった・・・(しかも、時期が早く、1月だった)とのことです。

そのうえ、こないだ、成人一人あたりいくら・・・とか、
お金を配りました。
決して多い金額ではありませんが、こういった対策が必要だという、よい見本だと思います合格

もちろん、今年は一番が「命」と肝に銘じてはいますが、
これ以上の混乱がないことを祈ってやみません。

なお、ピアノ教室は、幸い生徒さんも少ない(笑)ので、
衛生対策をしつつ、できる手をすべて打って、当面はこのままでいきますニコニコ

























23日日曜日に、阿南市文化会館夢ホールで行われた、
『牛田智大(ともはる) ピアノ・リサイタル』に行ってきました音譜ニコニコ

これね。


この夢ホールに行くのは昨年の12月以来かお

今回 、インターネットでチケットを買ったら、
選択肢が何故か自由席しかなくビックリマーク(指定席があるのだということを後から知った滝汗
そんなわけで「自由席」だったので、早めに行こうビックリマークと決心していたのですが、

この日はスマホのナビが途中で止まりまくって、また迷ってしまい汗
夢ホールの駐車場も結構限りがあって、会場に近いところからすぐにいっぱいになるので、
会場に着いたら、すでに10分前くらいでした叫び

一人の席ならあるかな~ドキドキと期待したのですが、すでにほぼほぼ満席ドクロ
後ろの方の右側の席に座りましたチョキ

さて、この日のプログラムはバッハのイタリアンの他は、ショパンのみ。

なぜバッハを最初に持ってきたか・・・と言うと、最後の『舟歌』と合わせて、
・バッハとショパンの共通点「イタリアへの憧れ」
ということでプログラムを組んだみたいですニコニコ

(当時のヨーロッパ人の知的階級におけるイタリアへの憧れというのは、いろんな人が持っていて、実は英文学でもたくさん出てきます合格

この日のプログラムは以下の通りでした。


アンコールは子犬のワルツ(1999年刊行のケール版)でしたチョキ

それで「感想」なのですが、実はこれが難しくて・・・滝汗

大まかにまとめると、
・若いなあ~、というのと、
・全体に言えばちょっともったいないな~
というのが大きな2点でした爆弾

牛田くんのテクニックは素晴らしく、
もちろん全曲あれだけ体力のいる曲を、暗譜で間違えずに弾いていたのにはとても感心しましたし、

ところどころやはり綺麗に流れてくるところももちろんあったのですけれど、

かなり力技で弾いてるところも多く、
それが「若いなー」というのと「テクニックあるのにもったいないなー」という2点に絞られたと言えますガーン

あと気になったのが、曲のところどころで「左足をどんどん踏み鳴らす」癖があって、
コンサートで最初のイタリア協奏曲が始まったときにソステヌートペダルを使われていたので、足にも期待したのですけれど、
あのどんどんはどうなのかな~ダウンと思いましたドクロ

レコーディングのときとかは、どうしてるのかしらん。。。はてなマーク
(そういえば昔、ブーフビンダーのコンサートに行ったときに、
彼はベートーヴェンのピアノ・ソナタを弾きながら、
ところどころ右足をコンパスの弧のように90度動かしていたのですけど、
それを思い出しました汗

あと、この日初めて知ったのですが、
夢ホールのスタインウェイはニューヨーク産だったらしいですチョキ
(昔、留学してたころに知り合いのインターナショナルな親戚の家で、ニューヨークスタインウェイに夜触ったなぁ~、懐かしい。。。かなり音をセーブしてたけどラブラブ!

ふくよかで幅広い、そしてよく響く音が出ていて、
(12月のコンサートではまったく気づかなかったけど滝汗)こんなに良いピアノだったのか!!と思いましたにひひ
(そういう意味では、牛田くんはやっぱり上手いのだと思います。。。)

以前、藍場町サロンコンサートのことを教えていただいた調律師さんが調律されたようでしたニコニコ

コロナのこともあるので、この日のコンサートを以て私のコンサート行きは一旦ペースを落とそう・・・と思って楽しみにしていたので、
もしかしたら期待が大きすぎたのかもしれませんが。。。

もちろん牛田君はまだ若いし、テクニックはすごくあるので、今後に期待したいと思いますキラキラニコニコ






















西宮の新響楽器で行われた、
「即興演奏12のとびら勉強会」に参加してきました音譜

昨日は2回めの「五音音階の世界」でしたキラキラニコニコ


まずは前回オノマトペの振り返りから。

実は勇んで始めた即興演奏と作曲ですが、
宿題やってこない生徒たちに、ちょっと最近萎え気味でした滝汗

その場でオノマトペはいっぱい言ってくれるんですけど、
ピアノの演奏は、(まだプレピが進んでないこともあるのか、)音符まで書いて来るのが億劫らしいビックリマーク叫び

そして彼らの言い訳がいつも、「先生がノートに宿題を書いてくれなかったから」むっ
(書いてても、来たらその場で「あ、忘れてた」って顔するくせに~)

話がそれましたがべーっだ!、ここで、オノマトペで一番大事なことを教えていただきましたラブ

それは、音楽は言葉であるということ。
伝えようとするものがあって、その表現が音楽なのだということ、です合格ニコニコ

(はじめに言葉ありき、みたいなものかな。。ひらめき電球

即興やアレンジの勉強始めてつくづく思うのですが、
表現というのは、まず頭の中にあるんだなぁ~と。。。ひらめき電球

今までは、書いてある楽譜の通り演奏するのをピアノの演奏だと思っていた私ですが、
それだけをやって、表現力を付けるのは、大変非効率的なことではないかと思うようになりました目

そして五音音階へ・・・

長音階の中から5つ音を選んで表現するのですが、
たった五つの音でこんなにいろんな表現ができるんだ~ラブラブラブラブ!
ということがすごくよくわかりました音譜

また、「ピアノの先生のデモンストレーションも大事ビックリマーク」ということがわかり、
いろいろやってみないとなぁ~ひらめき電球と思った次第ですにひひ

私は先に述べたように、
宿題をやってこない生徒をどうしようかはてなマークと思っていたのですが、

ひょっとしたら私は、
・全部説明しなきゃとか
・全部形にしなきゃとか思って、
実はやりすぎてしまっていたのかもしれない・・・と思いました滝汗
(これは従来のピアノの教え方の弊害かもしれませんね汗
もうちょっと工夫しようっと。。

そして今回も、勉強会メンバーのそれぞれ個性的な即興演奏に感心しましたラブラブ!

特に、「即興はやる気なかったけど、生徒のために・・・」とおっしゃっていた方が、
マイナーペンタトニックで、ジャズのようなロックのような即興されたのには、あまりの進歩にのけぞりました叫び
(本人は気づいていなかっただけで、この勉強会が終わる頃には、意外な才能が花開いているかもしれませんラブ

その他の先生方も、それぞれ五音音階を選んで、個性的な表現をされていました合格

私は5音が覚えられそうになかったので(爆弾)、
黒鍵だけでやりましたが、気が付くと「きかんしゃ」のようになっていました。あれれべーっだ!

そして、先に即興の本を教え始められた方の、
それぞれのケースに対する先生の対処法のお答えも、とても参考になりました。
(私も「宿題やってこない生徒」になって参加しましたチョキ

今回も学びが多い勉強会でした合格

その後のランチもとても楽しかったですニコニコ

自分の課題としては、いろんな五音音階をきっちり覚えていないので、ちゃんと覚えようと思います。
だって、まずは元になるスケール(ものさし)がないと、曲も作れないし即興もできませんからねビックリマーク滝汗
(このように、「今やるべき自分の課題」が見つかるのも、勉強会の醍醐味かもしれませんニコニコ

次回も期待していますドキドキ











16日の日曜日、雨にも負けず、
神戸の Bar Request で行われた
鳥越由美さんのピアノコンサートに行ってまいりました音譜ニコニコ

これね。


Bar Requestは、三ノ宮近くのこじんまりとした雰囲気のある素敵なバー。
真ん中に、「でんビックリマーク」とスタインウェイが置いてあって、
とても雰囲気があります音譜

この日は30人近くということで、ピアノの周りを、ぐるっと椅子が置いてありました目

当日のプログラムは、これですラブ


演奏は ジョバンニ・アレヴィ の曲から始まりましたラブ
ジョバンニ・アレヴィという人はイタリア人で、イタリアではとても有名らしいです目

私はたまたま、去年6月にアレヴィのコンサートに倉敷に行ったので、
曲の雰囲気ですとか、音だとか、
なんとなくにじみ出る彼の温かい、そして繊細な人柄などは、
そのとき目の当たりにしていましたが、

アレヴィという人は天才型の一種独特の人で、「あ、この人違うビックリマーク」というのがすぐにわかる人なので、
これを他の人が弾いたらどうなるのかな~はてなマーク目と思っていたら、
アレヴィとはまた違った、これまたとても素敵な、鳥越先生のキラキラした音と表現で空間が変わるのがはっきりわかりましたキラキラ得意げ

そして、休憩を挟んで吉松隆さんのプレイアデス舞曲音譜

吉松隆さんのプレイアデス舞曲集は、鳥越由美さんが何年か前から取り組んでいらっしゃって、
既に CD が2枚出ています合格

私は I を持っているのですが、鳥越由美さんの音があまりにクリアすぎて、
これを車中で冬聴くと「寒いビックリマーク」というね、、、滝汗
それぐらいピュアな感じの音を出される方、なんですよね~
夏聴くと、ちょうどいいかもですにひひ

(この日のコンサートは、始終「キラキラ」と「温かい」が混じったような音でしたが。。。ラブラブ

そして吉松隆さんのあとは、そのまま、樹原涼子先生の「やさしいまなざし」曲集へ音譜

「やさしいまなざし」ですが、
私は前々から CD が欲しいなと思っていたので、「 CD 作って下さいと、樹原先生にお願いしてください」とピアノランドの勉強会仲間にお願いしたくらい、本当に待ち望んでいるものですラブ

これを、鳥越由美さんがCDにしてくださり、
それを一足先に全曲聞かせてくださる・・・
ということで、やはり今回の一番の目的はこれアップラブラブ!

この「やさしいまなざし」は、
去年4月に亡くなられた樹原先生のお父様(「いだてん」の本の著者)が、お母様を介護されていらした頃に、
お父様の眼差しの優しさに心を打たれて作られた・・・というエピソードが残っている曲集なのですが、

樹原先生のお父様も、鳥越先生のお父様も去年亡くなられ、
ピアノランドの勉強会仲間も、ちょうど介護を終わられて少したった方もいらしたりで、
「この『やさしいまなざし』の曲集には救われたよね~かお」としみじみ。。。

今、介護真っ只中の私も、胸にジーンとくるものがありました。。

そして鳥越由美さんの表現力!!

「『やさしいまなざし』って、こんなにいい曲集だったんだ~ラブ」というのがしみじみとよくわかりました。

樹原先生の「作曲の引き出し」というのが、
自分がちょびっと即興&アレンジを始めたら、本当にひしひしとよくわかるようになってきた今日この頃叫びですが、

今回のコンサートで、一つの曲集「やさしいまなざし」全曲を聴いて、本当にそれを実感したことでした得意げ

さて、最後の「ノスタルジー」はちょっといわくつきで、
最初の鳥越先生の解釈が、作曲家の樹原先生と違っていた・・・
ということで、さらにくっきりしたものになったらしい合格のですけど、

個人的に、私は比較のため、
「前のセピア色のも聴いてみたかったな~目」と思いましたべーっだ!
(と思ったら、前回の時はされたようです。
「弾き比べ」みたいなのもコンサートで、触りだけでももっと聞けたら、
それも楽しいと思いますねにひひ

ということで、CD の完成が本当に楽しみですアップラブ

さて。
この CD のプロデュースを全面バックアップされているMusicaldの河越敦子さんによると、
「前回とまた違った表現になっていた・・・」そうで、
どんなふうに育っていくのかしらというのもワクワクしていますラブラブラブラブ!

話変わって、河越さんといえば、グルメで有名チョキ
最近も、福井県にカニを食べに行くために「絶食をされた」という武勇伝の持ち主ですにひひ

神戸でケーキ教室をされているくらいのお菓子作りの腕前で、
この日も自作のケーキを作って持ってきてくださいました。


美味しい手作りケーキに、いい音楽を堪能させていただきました合格

そして私は何もしていないのに、なぜか打ち上げに参加して(笑)、
美味しい中華料理を頂いて帰ってきましたべーっだ!


幸せな一日でした。ありがとうございましたドキドキ

先行予約コンサートに行かれる方は、
もう絶対いい!!チョキですから、楽しみになさっていてくださいねニコニコ

そして最後に、凄いなと思ったこれ。


なんと、鳥越由美さんが出張で演奏してくださる企画というのがあるようですビックリマーク

しかも交通費プラス1万円でいいのですって~~~叫び

うちはまだそこまで行ってないけど、
小さな発表会に「プロの演奏の部」とかを設けて、子どもたちや大人に本物を聴いてもらったら、すごくいいのではないかしらん。。。ラブ
※1万円は10人以下の話です。人数・内容により、変更あり。

ま・・・
色んな所で、鳥越由美さんの演奏を聴いてくださる方がどんどん増えていったらいいなあ~と思います。
だって、本当にいいもの。。ラブラブ!

あと、私は「やさしいまなざし」は、
ちょうど介護世代の方たちや、人生の色んな局面を経てきた方たち・・・に聴いたり、弾いたりしていていただきたいなあラブラブと思います。
すごく癒やされますよ~ニコニコ
私も演奏はこれからですけど。。(ボソッ滝汗

















なかなか説明したいことの多い、「ピアノランドメソッド」ですが、

「一般にご理解いただけない」一番のネックは、
最初はピアノを弾かないこと!!叫び

楽にピアノを弾ける体や手、
それに、「違いがわかる耳」や「うたごころ」を作ってからでないと、
ピアノを弾くことが難しい・・・

というより、
・ピアノランドメソッドの二段階導入法で、ピアノレッスンを積み重ねてきた子と、
・最初からピアノを弾いている子
の差は歴然としているのですが、(勿論、極くまれに例外はあります汗

そうは言っても、
ピアノは触れば音が出ちゃう(ビックリマーク)ので、

ひどい音で弾いても、それなりに聞こえてしまう大人が多い・・・滝汗
のも、ピアノランドメソッドの「二段階導入法」をご理解いただけない一つの原因かもしれませんダウンガーン

そんなわけで、
親御さんが、「最初からピアノを弾かない」ピアノランドメソッドにご興味があって体験レッスンにいらしても、

お子様に、
「やっぱりピアノ弾きたいビックリマーク
と言われると、そちらになびいてしまうのですガーン
(気持ちはわかりますけどね。)

そして、その結果として、
周りの子と同じように、4、5歳(もしくはもう少し早く)からピアノのお稽古を始めるものの、

(最近の子は習い事をたくさんしていて、忙しいので、)結局、ピアノもあまり上達しないまま、挫折してしまう・・・叫び
というパターンが多いように思いますダウンダウン

ピアノや音楽は一生の財産であり、
人生の様々なシーンを音楽で救われてきた私は、
早くからピアノを始めても、ムリを重ねてすぐに挫折するのは、本当にモッタイナイ・・・と思ってしまうのですよねしょぼん

また最近多いのが、
「音大なんかは目指してなくて、ピアノ(もしくは電子ピアノ)で、自分の好きな曲が弾けて楽しめたらいいドキドキ」と言われるのですが、
普通にそうなるには、何年も(ともすると10年以上)かかります叫び

私は、いろんな方面から考えて、ピアノの上達の近道はピアノランドメソッドだと思っているので、
現在ピアノランドメソッドで教えることにしているわけです合格ニコニコが、

問題は、そんな思いで体験レッスンすると、
ついついピアノランドメソッドについて熱く語ってしまい、
子どもさんは理解できずに飽きちゃう・・・
ダウン滝汗
・・・ということになったりしてしまうのです。

この温度差をどうしたものかはてなマーク目と思っていたところ、
ピアノランド仲間に良い方法を教えてもらいましたラブ

それは・・・

体験レッスンの前に、親御さんにご説明する機会(説明会)を設けることドキドキ

説明会をすることで、
・ピアノランドメソッドにご理解をいただき、
・教室の雰囲気も見てもらい、
考えていただくことができますし、

体験レッスンでは、子どもさんのレッスンだけに集中できるので、
子どもさんも飽きることがありません合格

ということで、
くめピアノ教室では、急遽、この体験レッスン前の「説明会」システムを導入することにいたしました音譜
ご希望により、ご説明の機会を設けさせていただきますニコニコ

親御さんへの説明会は、無料です。
体験レッスンは、今まで通り千円、ということにさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします音譜ニコニコ





















新しい生徒さんが入ったので、
ピアノランドメソッドの教え方を、もういちど、
最初に教えたいところだけを取り出して、
ピアノランドマスターコースDVDで復習してみました音譜ニコニコ

というのも、
・ピアノランドマスターコースDVDが出来たときには、まだ発刊されてなかった本もあったり、

・また、最近ようやく、「技術だけのノウハウではない、根本の考え方(本質)」のようなものに、
ようやく、少し想いを馳せることができるようになった気がするから・・・
ですニコニコ

そして気づいたのは・・・

ピアノランドの最初の教え方をいい加減にすると、
オソロシイことになる(だろう)・・・
滝汗
ということひらめき電球

教え方が、その先生らしく&生徒さんに合わせるのは良いとしても、
「ここは絶対、できるようにしといてあげないとダメだな~」というところは、
決して妥協してはいけないのだショック!、と思いました。

それは、
・長年ピアノを習って、難しい曲も頑張って暗譜して弾いていたのに、
結局最後に「脱力した手や指の形と、それに伴う音色の問題が残ってしまっている・・・」
という、自分の悲しい教訓からも来ていますしょぼん

話はそれますが、
私は英語も一生懸命勉強した時期があり、
そこそこできるようにはなり、英語を教えていた時期もありますニコニコ

日本語ネイティブから、普通に(当時は中学から)英語を勉強した人にとって、
最後に何の問題が残るかはてなマーク目と言うと、「単語力」と「リスニング」です。

解決方法ははてなマークといえば、
・単語は覚えるしかなく、
・リスニングは単語力と文法力をつけたうえで、聞き取れる力が必要・・・耳
になってきます。

英語に限らず、後に残った問題というのは、
必ずそれより前に原因があります
ビックリマーク

ですから、
出来なくなったところまで戻って、問題の原因を探り、できるような方法で解決するしかないのですが、
ピアノも同じだと思うのです得意げ

昔、一時期、「日本人は文法ばっかりやって、単語や文章は読めるけど、喋れない」と言われていた時期がありました。

でも、私は「単語力も足りないし、読めてないよ・・・ドクロ」と思っていました。

だって、日本語の構成って他の言語と違うし、
勉強の仕方がマズかったのは認めるとしても、
単語が分かって、文章の読み書きができるのであれば、
会話は、練習すればすぐに上達するものだから、です。
(英語を聞く耳が育ってない場合は、もう少し時間がかかりますが。。)

なので、私はその頃、英語教師の間で流行ってた「会話中心」という意見に背を向けて、
一人、一生懸命、文法と文章の作り方を教えている・・・という変な先生、なのでした滝汗
(それでも生徒が文句言わなかったわけは、そのやり方のほうが、英語がわかるし、成績も上がったからです合格得意げ

さて、その頃印象に残っていた本の一節に、
「光あるうち光の中を歩め」というのがありましたキラキラ

聖書の正しい解釈はどうか知りませんが、
当時英語は中学から学ぶものでしたから、
みんな期待して、最初の中学の授業を待ったものです。。(遠い目目

そして、その本の著者だった方(すみません、お名前も忘れましたビックリマークガーン)は、
「子どもたちは『さあ、中学生になったから英語勉強するぞ!』と思って入ってきてるのだから、
ちゃんと興味を持てるやり方(といっても、今どきの新しい方法でもなく、文法に重点を置く)で教えてあげないといけないよニコニコ」というご意見で、
日本語ネイティブの英語初心者への英語の教え方について書かれた本だったのですが、

日本語からの発想からの英語への持っていき方などは、大変上手なもので、
私もよく参考にさせてもらったものですキラキラ

同じことが、ピアノにも言える・・・
と思うんですよね目

いえ、ピアノの方が、相手が小さい子が多いだけ、より難しいかもしれません。。

その難しいことを解決するのが、
二段階導入法
なのだから、二段階導入法をおろそかにして、ピアノは絶対に上手くなれない!!と思うのです。。。
(もちろん、たま~にいらっしゃる「教え方がマズくても、綺麗な手と音で弾ける」例外的なお子さんは別ですが、本当に例外です。。ガーン

さて。
そんなことを考えているとき、
ピアノランドメイトの108号が届きました音譜ニコニコ

!!

興味深い変化に気づきました~目

それは・・・
「ピアノランドマスタークラスは、ピアノランドメイトなら、単発受講が可能になったアップ
という、画期的なお知らせ
キラキラ

実は私、ピアノランドマスタークラスもDVDで毎回受講(ときにリアル受講)しているのですが、

二段階導入法という画期的なメソッドを考え出された樹原涼子先生が、2時間半もみっちり教えてくださるこんなに良い講座が、
数十人(←たぶん。間違ってたらゴメンナサイ汗)にとどまっているのは、本当にモッタイナイ!!
と思っているからです。

もちろんね、私も人の子。
本音では、「こんなに良い講座は、自分が好きなときにリアル受講できるように、あまり多くの人には教えたくないなぁ~ダウンドクロ」という気持ちも、少しはありますよ。

でも、それよりも、
こんなに素晴らしい樹原先生のメソッドがもっと普通に広まって、
自分の上達も含め、日本のピアノ教育の底上げができたら、もっといいよね・・・
と思うのですラブ


ピアノランドメイトに入っていると、
年4回発行のピアノランドメイトの会報誌が読めるのですが、
今回から画期的なことに、動画もついてくるのですアップドキドキキラキラ

また、内容も、ここだけの、
「ピアノランドメイトの会員にしか読めない内容」になるそうで、
これも楽しみラブラブです。

ピアノランドメソッドについては、知れば知るほど、もっと深めたくなるものラブなので(笑)、
ますます多くの方が、まずはピアノランドメイトになってくださるといいなぁ~ドキドキ

あ、そうそう、
こんなピアノランドメソッドの教え方についての興味深いセミナーが、
近々、広島と岡山で3月にありますよ~音譜

お近くで、ピアノランドメソッドにご興味の有る方はぜひニコニコ

さらにくわしくは、ピアノランドウェブのページでどうぞニコニコ










































去年の2月から通っていた、
カワイ梅田ジュエでの、スケールモードアルペジオ勉強会音譜

早いもので、昨日が14回めの最終回でしたニコニコ

スケールモードアルペジオの勉強会では、
この本をメインテキストにして、
1回毎に本の内容をじっくりと学びます合格

ピアノ教室

このスケールモードアルペジオ勉強会に参加するまでは、
ピアノランド勉強会に参加したことが無かった私べーっだ!

14回って多いような気がしていた(ビックリマーク)のですが、
全くそんなことはなく・・・

もう終わってしまうの~!?滝汗
という、やり残し感いっぱいのままで最終回を迎えましたドクロ

しかも、先月は勉強会がお休みだったので、
直前になって、みんな「宿題あったかなあ~はてなマーク」のトークが始まる、というね。。。あせる
(「多分、自分の課題を持って行くんだったっけはてなマーク」というところで、なんとなく落ち着きましたがにひひ

♦♫.。・*゜*・。.♦♫

勉強会は最終回だったので、みんなで今までの反省や思うところなどをそれぞれが話しました音譜

私は、
・本当に、何もわからずにスケールを弾いていたんだなあ~叫びとか、
・モードについてはよく知らなかったなぁ~汗とか、
・アルペジオも均等に弾くことしか考えてなかったよね~ドクロなど、
反省しきりでしたが、

でも一年ちょっと前までは、もっと知らなかったことがいっぱいあるので、
やり残し感いっぱいとは言いながら、自分なりに進化できたのかなアップと思いますニコニコ

この本の裏表紙の前書きをもう一度読み返してみると、
本当に樹原先生の深いお考えで、本が構成されていることが、改めてよくわかります合格


そして、ピアノの先生たちの勉強会なので、
この本の使い方についてケースごとに教えていただいたのも、
とても参考になりました。

その後、最後は自分が気になるところをクリニックしていただきました音譜が、
この日はなぜか多くの人がモタモタ。。。
気がつくと、クリニックの時間が、いっぱいいっぱいに。。滝汗

というのは、もしかしたら私のように、
みんな多分、(自分で思う)課題が多すぎて、
最後のクリニックで何をやりたいビックリマークというのをはっきり決められなかった人も多かったせいなのかな、と思いますしょぼん

私は結局、クリニックでは、「左手の作り方」を詳しく教えていただきました。

というのも、今年はこれを自分の課題にしようと思っているのですが、

「大人のピアノやり直し二段階導入法」みたいなもので、
・脱力の仕方から、ピアノを弾く姿勢、
ピアノを弾く手を、もう一度しっかりと日々吟味して、
自分のためのメニューを作ろうと思っていますキラキラ
(これについては、また稿を改めて、そのうちに書きたいと思っています。)

そして、今年中には、ピアノが楽に気持ちよく弾けるような、そんな左手にしたいと思っているのですラブ

というのも、今までいろいろ勉強してきたけれど、
とにかく最初の「ピアノを弾く身体と手」になっていないと、本当に大変で、
「二段階導入法」の大切さが、自分で身に滲みたからビックリマーク・・・です
叫び

♦♫.。・*゜*・。.♦♫.

そして、勉強会の後は、何人かでランチへ音譜

やはり目的を同じにする人たちなので、会話も弾んでとても楽しかったのですが、
その中でやはり次の勉強会の話題になりました目

今回の勉強会は、本当は最後だったのですが、
とりあえず3回オプションで付けてもらうことにして、
その間はそれぞれ自分が気になるところをクリニックしていただいたりします。

が、その後が、背景がバラバラな人たちなのでなかなか希望がまとまらず、困っていました叫び

でもせっかく集まった仲間ですし、なんと言っても目的も同じなので、
何か一緒に勉強したいな~ラブラブラブという気持ちは同じでした。

それで、講師の先生と最後にお話していた中で、
「こころの小箱」というのが急遽浮上しましたビックリマークニコニコ

「こころの小箱」というのは、樹原先生が初めて作られた曲集で、
・単旋律を美しく歌うように弾く音譜
というのがテーマですが、
曲の中には連弾や左手だけの曲もあり、
私は勉強になりそうなので、やってみたいなぁ~ラブラブ!と前から思っていました。

なにより、「こころの小箱」勉強会では、
自分の音が劇的に変わった人たちが、発表会で涙する・・・

という都市伝説があり、そこにとても惹かれているので。。。にひひ

とはいえ、先月から、即興の勉強会にも大阪に行き始めた私なので、
「月に2つは無理だわしょぼん」と思っていたのですが、

今月は勉強会が2つ重なり、
斉藤先生アレンジクラスもあったり、鳥越先生のコンサートもあったりで、
気が付くと大阪4回でした滝汗

勉強会に行かない理由はいくらでも言えるのですが、
何より、勉強会後の進歩(できるかどうかは別として、少なくとも理解は・・・)を考えると、
勉強できる時にしておくのも大事かな~ラブと思うので、
「こころの小箱」は、もし始まったら勉強してみたいと思っていますアップ

とりあえずは、スケールモードアルペジオすべての勉強会が一旦終わったので、
課題の左手も毎日作りつつ、また本の復習もしていきたいと思っていますニコニコ

今の私が、もしホルショフスキーさんのアンコールを聴ける機会があったとしたら、
きっとスケールで涙することだろう
ラブラブと思います。
(そのくらい、スケールだけで奥が深い。)

でもスケールだけじゃなく、モードもアルペジオも他の音階もすべて書いてくださってるなんて・・・ラブ

本当に、この本を書いてくださった樹原先生に感謝ですドキドキ ありがとうございますキラキラ

そして、愛しの勉強会の皆様、講師の先生、また来月お会いできるのを楽しみにしています音譜ニコニコ