親子関係や人生に悩み不運があるときの気持ちの整え方 | 福岡☆全国 | 親子関係の悩みはカウンセリングで修復! | カウンセラーマリア

福岡☆全国 | 親子関係の悩みはカウンセリングで修復! | カウンセラーマリア

このブログでは親子関係悩みを持っている人たちへ向けた、親子関係を修復する方法やその考え方についてお届けしていきます。
親子関係や子育てに関するカウンセリングはぜひマリアまで。

不運なことに遭遇したとき、誰もがうろたえ、嘆き悲しみ心は、どんどん心がネガティブに傾き落ち込むこともあります。

親子関係がうまくいかない、失恋した、仕事をなくした、大切な人を亡くしたり、願望が叶わなかったりしたときは、悲しみに打ちひしがれ失望してしまうことも。

私も、親からの夜逃げ、離婚、子供の死、自身の2度の癌

これでもかーーーー!と

いろんな逆境体験があります。

壮絶な体験は自慢ではなく、今は貴重な財産になっています。

人は、不運が長期間続いていくと・・・・

「この状況から一生抜け出せないかもしれない」自分はこの先もずっと報われないかもしれないという思いになることもあります。

それは、今の視点から見る未来でしか創造できなくなっている状態ですね。

もし、不運に見舞われたとしても、そこから人生が変わる可能性はあります。上差し

そこから飛躍、発展した人が沢山います。

人は、一方的な偏った見方になると、可能性を消してしまうの気をつけましょう。

出来事には、デメリットもあれば、メリットも必ずあります。

これは、真理です。

両方から見ていくこと、冷静な気持ちになれます。

こんにちは。親子関係修復(自分自身を紐解く)カウンセラーのマリアです。

こちらのブログにご訪問くださり、ありがとうございます。

親と子、それぞれが抱える悩みを紐解き、
関係性を改善人生を好転させるサポート活動をしています。

今回は、不運に感じていらしゃる方に、オススメな本の紹介と、その本の内容を部分的にピックアップしながら、私の体験や感想を入れて書いていきたいと思います。

どうぞリラックスして最後まで読み進まれてください。



幸運は不運のあとにやってくる


植西聰さんの著書の一つ「幸運は不運のあとにやってくる」



とてもシンプルで、わかりやすい本だと私は感じました。

私も、体感してきたことでもあり、とても共感いたしました。
沢山の方に読んでいただきたい1冊でもあります。

この本の始めに、このように書かれています。

不運に見舞われ、この先の人生に大きな不安を抱き、失望し、生きる希望や張り合いを失いつつある人もいるかもしれません。

でも、そういう人だったら、大いに喜ぶべきです。
未来に向けて生きる希望を取り戻すべきです。
これにはきちんと理由があります。

不運は幸運の前兆であるからです。

運と不運はいつも表裏一体の関係にあり、どちらか一方だけに偏ったままの人生ということではありません。

しかも、不運には意味があります。
幸せの芽が潜んでいることもあります。

人生のデトックス(浄化作用)の可能性が充分に考えられます。


不運と感じる時どうしてこんなことが起こるのか?

どうせ、自分はこの先もうまくいかないに決まっているというように思い込んでしまうと、気持ちがますますマイナスに傾いてしまいます。

そして、心がマイナスに傾けば傾くほど、不運の波動と共鳴し、ますます不幸な現象に見舞われてしまいます。

あなたに必要なメッセージに気がつくまで、現象が続いたりします。

このように、不運に見舞われても、幸運がなくなったわけではないのです。

むしろ逆で、その人が飛躍、発展するためにだったりします。


不運というものは、幸運になるために欠かすことができない人生での大切な要素なのです。

光があるから闇がある。




私たちは、ピンチに遭遇すると、絶望し悲嘆にくれやすくなります。
人によっては自暴自棄にもなる人もいることでしょう。


「未来を憂いて、今やるべき事をしない、できない」ことが問題だと思います。

現象を変えようとするのではなく、自分の中の偏った考え方を取り除くことだ。

大切なのは、ピンチの一面だけを見つめないで、視点を変えること、プラスの要素を見つけ出すことです。

そうすれば、ピンチはチャンスへと転じて、幸運への道は開けてくることでしょう。

人間関係がうまくいかないときは、相手の自分に対する態度にも意味が秘められており、それは自分自身の考え方や行動を見つめ直すよい機会なのです

それを見つめ直すことによって、良好な人間関係を築くことができるようになり、また一歩、幸せな人生に近ずけるようになります。とおしゃっています。

私も、13歳の娘を亡くしたり、2度のガン体験という一般では不運なことが多々ありました。ゲッソリ

詳しくは、プロフィール

ひとつの物事をマイナスにきめつけない


先日、芸人のゴルゴ松本さんが、TVでこんなお話をされていました。

困難、災難などは、遭遇したくないものです。

そんなことが起こらないことが無難でもありますが、無を有にかえると、有難になります。

そう、本当はありがとうなんです!と

難があることが有難い(ありがたい)ことだと伝えていらしゃいました。

難というレッテルを外すことで、自分が障害だと思い込んでいたものの中から「幸芽」を見つけ出せるといいですね。



植西聰さんのこの本の中でも、たくさんの事例が書かれています。

またこんなことも言われています。

ガソリンというエネリギーが形に表れると次第に減っていきます。
不運ももエネルギーがあり、形に現われると消滅するようにできています。

この不運のエネルギーが形となって現われる現象を、私は、「人生のデトックス(悪いものが出ていくこと)」と呼んでいます。

言い換えると、運命がよい方向に変わるときに生じる現象が、「人生のデトックス作用」なのです。


とてもおもしろい表現ですね。とても納得できます。

良くなるために現われて、それがデトックスされ消滅すると、今度は幸運のエネルギーが形となって現われる。

私のクライアントさんたちにも、このような現象が多々ありました。

相手に対して不満がある中で、相手に怒り狂うのではなく、ただ自分の中の内観をし吐き出し磨いていくだけで、相手に対して何もしていないのに、相手の反応が不思議に劇的に友好に変わった。

まさに、このことだと思います。

反対に、焦れば焦るほど、不運のエネルギーは増大していくようです。

植西さんは、こんな例えで話されていました。

マッチに火をつければ火は形となって現われ、しばらくすると消えます。

では、マッチでつけた火が燃えている最中に、油を注いだらどうなるでしょうか?
火は弱まるどころか、いっそう激しく燃え盛るようになります。

不運のエネルギーを変換するには、自分の怒りのエネルギー状態から、早く事態の推移を冷静な目でみれるように内観し冷静になることいいようです。

また、不運な状況下にあるとき、自分を磨くための方法もいろいろと書かれています。

その中で、言霊を言ったり、本を読むなどもありますが、それプラス私は体験者の話を聞くことも凄くよいと思います。エネルギーをもらえます。

逆境を乗り越えた人がいたら、どうやって乗り越えたか?

不運にいかにして打ち勝ったかということを尋ねながら、今の自分の状態を素直に話してアウトプットして聞いてもらうことで、希望の光がみえ幸運のエネルギーと繋がることを加速させます。

私も、13歳のたった一人の子供を亡くしたときの絶望か、好転のきっかけとなり、悲しみではなく、自己成長した自分の喜びを感じられています。

あなたの不運の中にも必ず幸運の芽があります。



ひとつの物事をマイナスに決め付けないで、あなたの人生の更なる安らぎ豊かさを見つけられてください。

最悪な状態からスタートしても、また不運続きの人生であっても、それにめげることなく人生好転の可能性に意識を向けて邁進していけば、いつか道は開けてきます。

病気や不運のピンチ体験を通じて自分の進むべき方向性が明確になったりもします。
人生を飛躍させていくこともできます。

行動心理学に「代償の法則」があります。

「何かを得るために何かを犠牲にしなければという意味ですが、快楽を得るために不快感を避けて通るないという意味合いでもあるそうです。

そんな不快感なときも自己飛躍するための準備期間と思えば、気分は違ってきますよね。

そう思えないときは、話を聞いてもらい、フィードバックしてもらうといいですね。

私も更に、自分の状態管理を磨いて人生を豊かにしていきたいと思います。

あなたの人生も発展進化していきますように虹

最後まで読んでいただきありがとうございました。



p.s.
2分で読める、無料メルマガ「逆境を好転に変える秘訣」を配信しています。


親子関係を好転させる秘訣&人生を幸運に変える秘訣
カウンセラーマリア公式無料メールマガジン


心理学、脳科学をもちいたセルフプチワーク7日間ステップメールを最初にお届けしています!

メルマガ登録いただくと、2つのPDFをプレゼントを差し上げます。

1つ目・・・
今の自分の状態を知るきっかけとなる”体とストレスの反応シート”&誕生日からみるあなたの気質”バースデーパーソナリティシート”PDF

2つ目・・・
思春期(10歳~20歳)子供が驚くほど変わる親の言葉・表情の出し方のヒント集PDFをプレゼントします


メルマガ登録プレゼントはこちらから
https://beast-ex.jp/fx4757/1


これまでの親子関係に関する関連記事です


思春期と親子関係
親子関係がうまくいかないことで・・・
ノイローゼと親子関係
親子関係の共依存が及ぼす影響
乳幼児期と親子関係の影響


福岡・全国☆親子関係修復カウンセラーマリアですさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス