UMIカウンセラーコース

フラワーエッセンスカウンセラー倉橋あづさです。

 

【お知らせ】来月よりセッションの料金を改定いたします。

 

 

出来ない人間は価値がないは真実か?を

掘り下げるシリーズ

そろそろ終わるかな~~(笑)

 

 

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ①

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ②

一番になりたくない人は、一番になりたかった人

いじめる側の罪悪感

 

 

最初から順に読むことをオススメします。

 

 

わたしがいじめをした、という事実について。

 

 

この罪悪感は

自分にとって大切なものだって、わかったんです。

 

 

 

何度書き換えをしても

この罪悪感が消えないのはなぜなのか?

ってずっと思ってたんです。

フラットに見えたんだし、消さなきゃって、思ってた。

 

 

罪悪感が消えないのは

わたしに必要な感情だったからですね。

解消する必要がない感情なんです。

これからの人生で、抱えて生きていく必要のあるもの。

 

 

ブロックを解消しても

嫌いな人は嫌いなままだし

 

 

悲しいことも、寂しいことも、虚しいことも

自分がみじめに思うことだってあります。

 

 

わたしは人間として

この地球に生きているわけだから

人間の視点と感情を常に大切にしたいと思います。

 

 

いくら宇宙の法則で説明できると言っても

ニュートラルな視点で

物事を見ることができるようになっても

 

 

そういう罪の意識も、やるせない気持ちも

全部なくなったら、なんで人間やってるの?

って思うから

 

 

人間として生きてくのに必要な感情は

やっぱり酸いも甘いも、抱えて生きていきたいな。

と改めて思いました。

 

 

マイナスな感情を感じすぎて

どうにも動けなくなった時は

 

過剰すぎる分だけ解消して

生きやすくすればいい。

 

 

誰よりも一番になりたかったわたしは

 

もう一番ではいられないんだと知って

自分を一度、諦めました。

 

 

でも、ずっと

そんなはずない!!って

心の奥底では、わかってたんですね。

全然、納得してなかった。

 

 

ずーーっと

簡単に諦めた自分に対して、ものすごく怒ってたし

反発してた。

 

 

ほんとうは生きてく上で

こんなに大切なことを

誰よりも自分が、諦めたくなかった。

 

 

わたしはわたしを、諦めたくなかった。

 

 

自分の中にずっとあったのは

自分に対する怒りだったんだな~~って自覚しました。

 

 

それが

相手をいじめる、攻撃する、という行動として起きるのか

自分がいじめられる、攻撃される、という出来事になるのか

一見、全く正反対の出来事なんだけど

 

 

根本は全く同じことだったんですね。

 

 

これはわたしに起きた出来事を

今の視点から分析しているだけで

 

 

いじめを肯定するつもりは、全くありませんが

 

 

わたしが、わたしを許していなかった。

 

 

ただ、それが現実として現れる形として

いじめる側も、いじめられる側も

二通りのパターンがあった

ということだったのだと思います。

 

あくまでわたしの場合ね。

 

 

まとめっぽく結論として書いてみると

 

30年越しに

大きな勘違いに気が付いたところで(笑)

 

 

わたしの世界では

今も昔も、常にわたしが一番で

これからも永遠に一番で居続ける!

 

 

それは

誰かと比べる必要なんてなくて

 

 

わたしが、わたしである

 

 

という本当にシンプルに

ただそれだけのことで

 

 

他の誰でもない

わたしが決めることであるキラキラ

 

 

今やっと、そんな風に思えるようになりました。

 

 

長くなりましたが

これで一応完結!とさせて頂きたいと思います。

 

 

長かったけど、超スッキリしたーー爆  笑

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!

 

 

最初からお読みいただく場合はコチラから~~↓

 

上差し出来ない人間は価値がないシリーズ5部作完全版(笑)

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ①

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ②

一番になりたくない人は、一番になりたかった人

いじめる側の罪悪感

誰よりも一番になりたかったわたし

 

 

宝石赤ご提供中メニュー一覧へ宝石赤

 

ベル旭川でフラワーエッセンスお茶会やってますベル

 

 

 

   

 

AD

 

 

UMIカウンセラーコース

フラワーエッセンスカウンセラー倉橋あづさです。

 

【お知らせ】来月よりセッションの料金を改定いたします。
 
またまた長くなってきた(笑)
出来ない人間は価値がないシリーズ!


最初から順に読むのがわかりやすくてオススメです。


出来ない人間は価値がない
 

から 

すべての人間は価値がある
 

に書き換わって

とてもスッキリしたのですが

 

書き換わったと同時に
すごいイヤな出来事で
ひとつ繋がりが見えてきたものがありました。


小3で完敗だと思った、この超優等生の女の子を
その後の中学時代に
いじめたことがあったのです。

 

さらにその後、わたしも
別グループから、いじめられる経験もして
まさに宇宙の法則を体現していたわけですが

 

この、いじめに関する書き換えは
けっこうしぶとくてですね
何度も繰り返し向き合ってきました。


宇宙の法則では
いじめがあった、という事実に対しても
常にフラットに見ることができます。

 

いじめに対しても
被害者、加害者のいない世界
という見方ができるのですが

 

わたしは、このいじめる側に自分が立った時
なかなか、自分は加害者ではない。
という視点で見ることができませんでした。

 

だって、実際にいじめをしたわけですから。

 

いじめられていた自分に対しての合点がいっても
いじめてた自分を、許すことができない。

 

わたしはこの完璧なる優等生女子が
結局その後もずっと苦手だったんです。


その当時は、どこがなぜ、そんなに気に入らないのか
全然わからなかったのですが
 

UMIで、以前掘り下げてみたときに

いじめをした理由として


わたしよりもいい子で
優等生で頑張り屋で勉強ができて 

その部分が、なんだか痛々しかったんですよね。


自分を見ているようで、我慢がならなかった。


自分が、いい子で頑張っていながら
そういう自分に感じる不自然さを、彼女の中に見て


そんなに無理して
自分を殺して、いい子に健気に頑張ってるなんてバカみたい。
って思ってた。 

 

お互いにマイナスのエネルギーを出していて
被害者と、加害者という立場を生んでいた。 

だけど、今回のことで気が付いたのは


結局
わたしの嫉妬だったんだなって

 

一番になりたかったのに
彼女のせいで、わたしは一番になれない。
っていう八つ当たりな面もあったんだ。

 

ただ、羨ましかった。

 

あなたがわたしの前に現れなければ
ずっと一番でいられたかもしれないのにって


あの3年生の時から

ずっとどこかで思ってたのかもしれない。


どんだけ一番になりたい人だったんだろう

わたしって


そのすごい強欲さに、自分でも驚いたし
なんだか、かなりショックでした。

 


そしてね
いじめを宇宙の法則で、フラットに見ることはできる。

 

どんな出来事にも、被害者も加害者も存在しない

というニュートラルな視点がある
ということを知ることができたのは 

 

わたしにとって
とっても大きなギフトだと思うんです。

 

ものすごーーく、生きやすくなった。


だからってね
やっぱり、いじめをしたっていう事実に対して
罪の意識がなくなるかというと


そんなことはなくて

いくら宇宙の法則を知って
過去の書き換えができて
ブロックの解消ができたとしても


罪の意識は残ります。


そして
それは、そのままでいいのだなってことが


今回とてもよくわかりました。 

 

もうちょっと続く~~

 

最初からお読みいただく場合はコチラから~~↓

 

上差し出来ない人間は価値がないシリーズ5部作完全版(笑)

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ①

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ②

一番になりたくない人は、一番になりたかった人

いじめる側の罪悪感

誰よりも一番になりたかったわたし

 

 

宝石赤ご提供中メニュー一覧へ宝石赤

 

ベル旭川でフラワーエッセンスお茶会やってますベル

 

 

 

   

 

AD

 

 

UMIカウンセラーコース

フラワーエッセンスカウンセラー倉橋あづさです。

 

【お知らせ】来月よりセッションの料金を改定いたします。

 

 

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ①

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ②

 

つづきです~~

 

わたしの心の中に根強く残る、大きなブロック

 

出来ない人間は価値がない

 

なんですが

 

 

この勘違いな思い込みを持つ

きっかけになった、大元の出来事を思い出せないまま

記事を書いてたのですが

 

 

その途中、たまたまネット上で流れてきた

ある記事のタイトルが

わたしの中で一瞬、引っかかったんです。

 

 

「一番になりたくない人は、一番になりたかった人」

 

というようなタイトルでした。

(記事は読んでいません)

 

 

ん? と思って

 

いやいや、わたしは一番はキライなんでえー

 

 

ってスルーしたんですが

そこから、ずっと頭に引っかかるんです。

 

 

あ、こういうヒントが飛んでくる感じは

フラワーエッセンスの得意分野ですね。

向き合うべきポイントを

あの手この手で、伝えてくる感じです。

 

 

で、そっからずっと考えてて

 

 

わたしは一番になりたかったことなんて、あったのだろうか?

 

そこそこの優等生くらいがちょうどいいって

いつから思っていたんだろう? って

 

 

そしたら、やっと記憶が出てきましたよ~(笑)

 

これもエッセンスの効果が大きいと

わたしの中では思っていて

 

 

潜在意識に埋まってる記憶を

自分の意識の上まで

あげてきてくれる力が強くなりますニヤリ

 

 

毎日エッセンスを飲むことで

自分の潜在意識の中と繋がりやすい状態が作られているので

必要な情報を楽に引き出せるようになります。

 

 

わたしが小3の時でした。

それまでも、わたしは出来る子路線を

突っ走っていたと思うのですが

 

 

わたしの目の前に、生まれて初めて

絶対に敵わない、という女の子が現れたのです。

 

 

授業中の発表ひとつとっても、視点が賢い!

わたしの思いつかないような考え方ができる。

 

 

そして、わたしよりも、いい子で超まじめで

勉強に関しては、クラスでも一目置かれる

完璧なる優等生でした。

 

 

この子には勝てる気がしない・・って

多分初めて思った子だと思います。

 

 

で、ある時

その子の通信簿を見たことがあったんです。

 

 

初めて自分よりも良い通信簿の人がいると知ったわたしは

顔には出さなかったけど

密かに、めちゃめちゃショックだったんですね。

(そんなこと、すっかり忘れていた)

 

 

自分は一番ではない

 

 

という現実を

突きつけられた瞬間が、多分この時だったと思います。

 

 

それまでは、わたしの中の世界では

 

 

わたしは世界でいちばんキラキラ

 

かしこくて、頭が良くて、いい子で

誰からも一目置かれる絶対的な存在爆  笑

 

 

って信じて、疑ったことがなかった。

 

 

自分の存在としての価値に

疑いを持った瞬間だったと思う。

 

 

そっか、わたしは

自分がずっと世界でいちばんの存在であり続けることが

無理だと知った時

 

 

一番でいることを諦めたんだ。

 

 

わたしにはできない。

って自分を諦めた。

 

 

でも、

それがとっても苦しかったから

 

わたしは一番じゃなくていい。

 

 

って思うことにしたんだな。

その方が、楽だったから。

 

 

ここも蓋してたんだー。

 

わたしは本当は、ずっと一番でいたかった人だ。

 

 

うわーん、泣けるえーん

 

 

そうだわたし

ずっとめっちゃ悲しかったし、辛かったやん~~アセアセ

 

 

そうやって蓋して

自分の望みなんか、なかったフリして

生き続けてきたことが辛かったんだねーー。

 

 

今、やっとわかるのは

 

勉強なんかじゃなくて

いい子でいるとか、優等生でいるとか、

どれだけ頑張っているかじゃなくて

 

 

そんな上っ面なもんじゃなくて

 

 

ただ

わたしがわたしであることに

何の疑いも持つ必要はなく

 

 

わたしの世界は

わたしの中にだけ存在していて

 

 

その中では、どんなわたしでも

絶対的に揺るぎのない

 

唯一無二の、ただひとつの存在なのよ。

 

いちばん

 

 

わたしは生まれてから、今この瞬間まで

一番でなかったことなんて、なかったの。

 

 

あー、めっちゃ大きな勘違いが解けた~~~キラキラ

 

 

つづきます~。

 

上差し出来ない人間は価値がないシリーズ5部作完全版(笑)

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ①

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ②

一番になりたくない人は、一番になりたかった人

いじめる側の罪悪感

誰よりも一番になりたかったわたし

 

 

宝石赤ご提供中メニュー一覧へ宝石赤

 

ベル旭川でフラワーエッセンスお茶会やってますベル

 

 

 

   

 

AD

 

UMIカウンセラーコース

フラワーエッセンスカウンセラー倉橋あづさです。

 

【お知らせ】来月よりセッションの料金を改定いたします。



UMIカウンセラーコースで同期のめぐちゃんが

フラワーエッセンスのセッションを受けてくれて


感想をブログに書いてくれましたー

めっちゃ、うれしい爆笑




今回は音声セッションだったので
わたしのリーディングについて
補足で書いてみようと思います。


音声のみの場合
わたしが、あらかじめテーマにそって
ペンデュラムでリーディングして
エッセンスを選んでます。

{7443FBBF-07B1-4990-BC23-10B774F06D68}



リーディングの時は毎回
クライアントさんのガイドスピリットも呼んで
神様や宇宙と繋がりながら
エッセンスを選ぶのを手伝ってもらいます。


エッセンスの波動にだけ
意識を集中させているので
何のエッセンスなのか考えたり、ラベルなどは
一切見ません!

ただ、今のクライアントさんのテーマに
必要なエッセンスを教えてください。

とだけお願いして選んでいます。


選ばれたエッセンスを見ても
その時点では、なぜそれが選ばれたのか
わたしにはほとんどわかりません。


でもですね
セッションの間にお話を伺っていくと
だんだん繋がってくるのですよねー

ああ、そういうことか!って


で、その後
エッセンスの解説などをしてると
わたしよりクライアントさんご本人の方が
さらに納得されていきます。


ご自身の中の答えのヒントに
気づかれていかれます。


やっぱり
必ず必要なものが選ばれるのは間違いがない!!



もうね
リーディングすごいな!

って最近本当に思います。


めぐちゃんの
これからのご発展、心より応援しています♡


 

 

UMIカウンセラーコース

フラワーエッセンスカウンセラー倉橋あづさです。

 

【お知らせ】来月よりセッションの料金を改定いたします。

 

 

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ

つづきです~~

 

昨日この記事をアップした後

わたし、ものすごーーくスッキリしたというか

ホッとしました。

 

 

それで

今までいかに、この部分を自分の中で

他人に悟られないように気を遣って生きてきたのかを

すっごく実感したんですよねー。

 

まだ、そんな自分を100%認めてるまでは

できないけど、この認めたくない部分を

ブログに書いてしまおうと決めて、書くことができた。

 

 

開示できるって、すごい進歩ですキラキラ

 

 

書いても怖いことは起きないって

自分も他人も信じることができるから

こうやってさらけ出す、という

行動がとれた自分を褒めてあげたい(笑)

 

 

それで、ブロックがあることに気が付いて

解放したいと思ったときは

 

 

UMIではそのブロックができた大元の

過去の出来事を書き換えることで

ブロックは解除できます

 

 

フラワーエッセンスは

自然とじんわり、気づけば楽になる感じだったり

封印していた感情や、出来事を思い出す助けになったり

主に直感とインスピレーションに対する感度をあげてくれます。

潜在意識の部分に働いてくれるものです。

 

image

 

潜在意識に埋まってる記憶

なかったことにしていた感情の蓋を取って

顕在意識に上げてきて

(その部分をフラワーエッセンスがサポートしてくれます。)

ブロックを解除するという流れなんですが

 

 

わたしはUMIカウンセラーコース生なので

自分のブロックは手動でガンカン解放したいのですが

根っこの出来事が思い出せない場合、解放は難しいのです。

 

 

根っこの大きなブロックは

主に8歳ころまでに形成されると言われていて

そのころまでの出来事に大元があるはずなんです。

 

で、思い出せない場合

まだ自分が向き合う時期ではないということです。

 

 

と教えてもらいましたが・・

わたしはそんなんで諦める、ヤワな子ではないので(笑)

 

 

近いうちに思い出してみせると決めましたよニヤリ

 

 

そして、この忌々しい

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ

というブロックなのですが

 

 

なんのメリットがあったのだろうか?

と考えていたんです。

 

 

宇宙の法則的には

必ず、わたしにとってプラスとなっていた

何かもあったはずなんです。

 

で、それも考えていたんですが

 

たぶん、わたしはもともと

さほど出来るタイプでも

能力があるタイプでも

要領が良いタイプでもないんです。

 

 

でも

出来る人でいなければ価値がない

 

 

と自分を縛ることで、無意識に努力して

なんとか、それっぽく見えるくらいには

実力はついたのではないかと思います。

(まぁ見せかけだけかもしれませんが)

 

 

出来なくてもいいや、どうせできないんだし

と思って生きているよりは

色んな面で、実りはあったのではないかと

 

 

そして、すごいことに気が付いたんですびっくり

 

 

わたし自分で

上の下、にいるくらいが

一番ちょうどよく、出来る人っぽくて

自分的に居心地がいいなキラキラ

とずっと思っていたのですが

 

 

今思い返してみると

小学校から大学卒業まで

一貫してそのポジションに

居続けることができていたんですよね~。

 

 

落ちても中の上まで、それ以上は絶対に落とさないし

そこに一旦落ちたら、なんとか上の下までは気合で戻す(笑)

 

 

自分では普通だと思っていたけど

受験して学校入ったり、どんな環境でも、そこに居続けるって

実は結構すごいことだったのでは?と思いました

 

 

いやー、ブロックってすごいキラキラ

セルフイメージってすごい(笑)キラキラ

 

 

特にガリ勉だったわけでもないのに

勉強が出来る!ってほど出来るわけでもないのに

なぜか気づけば、そこそこのポジションにいられたのは

 

 

わたしのブロックとセルフイメージが

その現実を創るため、ちょうどよく働いて

そんな行動選択を無意識にしていたんだなーと思います

 

 

いやー、ブロックってすごいキラキラ

セルフイメージってすごいキラキラ
(2回目、笑)

 

 

これが、自分は出来なくてもいいやとか

成績落ちてきたな~

まぁわたしって、そんなもんだからしょうがないよね

ってさっさと諦めていたら

 

やっぱりズルズルと

成績は落ちっぱなしだったんだろうなーと思います

 

(勉三さんも、完璧この浪人生ポジションに安住してますね)

 

 

 

でも

自分は上の下ポジションにいる人間である

 

って、疑いもなく自分の中で決めている場合

 

その自分の設定は、まず覆らない(笑)

 

(セルフイメージこんな感じ)

 

自分で決めたことが現実化する

宇宙の法則なんです。

 

その設定を叶えるために

自分の無意識下で、自然な行動選択ができるんですね。

 

 

こんなことまで、宇宙の法則で説明ができるとは

大きな発見でしたびっくり

 

うーん

 

ブロックありがとうラブラブ

 

 

そんなこんなを書いていましたら

なんか、思い出された出来事があって

 

またも、長いシリーズとなりそうな予感(笑)

 

つづきます~~

 

最初からお読みいただく場合はコチラから~~↓

 

上差し出来ない人間は価値がないシリーズ5部作完全版(笑)

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ①

出来ない奴と思われるくらいなら、死んだ方がマシ②

一番になりたくない人は、一番になりたかった人

いじめる側の罪悪感

誰よりも一番になりたかったわたし

 

 

宝石赤ご提供中メニュー一覧へ宝石赤

 

ベル旭川でフラワーエッセンスお茶会やってますベル