• 15 Dec
    • 8-2)、サプリメント:リアルストーリー

      8-2)、サプリメント:リアルストーリー自然または合成?食品もしくはサプリメントの錠剤?Orthomolecular Medicine News Service(OMNS)、2012年1月17日栄養に関する雑誌「キャッチ22」では、紛らわしいことが語られています。「ビタミンは良いですが、ビタミン剤ではない食品から摂取して下さい。サプリメントを摂取しないでください!また、天然ビタミンと合成ビタミンの間に違いはありません。」ちょっと待って。ここで本当の話は何ですか?最近の健康調査では、ビタミンCの血中濃度が増加すると心不全のリスクが減少することが報告されている[1]。ビタミンC(アスコルビン酸塩)の利点は非常に有意であった。アスコルビン酸の血中濃度レベルが最も低い人は心不全のリスクが最も高く、血中濃度が最高レベルのビタミンCを有する人は心不全のリスクが最も低かった。この知見は、ビタミンCが心臓血管の健康の主要な必須因子であるという過去50年の知見を裏付けている[2,3]。この研究では、食事とビタミンサプリメントに関する重要な質問がいくつか提起されています。それは食物でしたか?それともサプリメントでしたか?この報告書は、ビタミンCが、果物や野菜がどれだけ多く摂取されたかを示す指標であるかのように説明しています。しかし、皮肉なことに、この研究の結果は、果物や野菜を摂取することによる心不全のリスクがほとんど改善しないことを示しています。これは、リスクを減少させる実際の要因が、実際に摂取されたビタミンCの量であることを意味しています。さらに、この研究は、心血管の健康を改善するためのビタミンCサプリメントの広範な使用を完全に無視するように見える。実際、4つの四分位グループのうち、最も高い血中濃度ビタミンCを有する四分位は、最低四分位のビタミンC補給の割合が6〜10倍であったが、この事実は強調されていなかった。この種のビタミンCの食物源への選択的注意は、サプリメントを重要なソースとして却下している間に、ビタミンサプリメントの重要性を取り除く試みのようです。多くの医学的および栄養学的報告は、天然および合成ビタミンの間にほとんど差がないことを述べています。これはいくつかの必須栄養素に当てはまることが知られています。広く利用可能なビタミンC錠剤に見られるアスコルビン酸塩は、果物や野菜に見られるアスコルビン酸塩と同じである[3]。 Linus Paulingはこの事実を強調し、グルコースから安価に製造された通常のビタミンCがいかに多くの重要な方法で健康を改善できるかを説明しました[4]。確かに、上記の研究では、アスコルビン酸の血中濃度レベルを特異的に測定しました。アスコルビン酸血中濃度は、心不全のリスクが低いという重要な要因であることが示されています[1,2]。この研究では、果物や野菜の成分の血漿中濃度を測定しなかった。それはビタミンCを測定した。この劇的な知見の知られている理論的根拠は、ビタミンCがいくつかのメカニズムによって動脈内の炎症を予防するのに役立つことである。これは、動脈の主要成分であるコラーゲンの合成に必要な補因子である。ビタミンCは、動脈壁のビタミンEやグルタチオンなどの他の抗酸化物質をリサイクルするのに役立つ、体全体の重要な抗酸化物質です[2,3]。これは、血漿中のビタミンC濃度が脳卒中リスクの50%低下と関連しているという報告書によって強調されている[5]。はい、合成ビタミンCは臨床効果があります実際の病気の人には合成ビタミンCの効果があります。アスコルビン酸塩の有効性は、食物摂取量と直接的な関係はほとんどありません。これの劇的なケースは、ニュージーランドの乳製品農家で、肺の疾患、腎不全、白血病、豚インフルエンザなどの生活支援を受けていた人です[6]。彼は毎日100グラムのビタミンCを与えられ、彼は回復しました。私たちは、オレンジや他のビタミンC含有食品にではそれだけの量は摂取出来ません。果物や野菜は、多くの理由で、あなたの健康の維持のために良いです。しかし、あなたは十分なビタミンC量を得るために必要なオレンジ数を把握し、病気の人にそれらをすべて食べさせる方法を理解するのに役立つ計算機を用意する必要があります。肝機能はビタミンCの補給により改善されることが確立されており、適切なレベルのビタミンCが免疫系の適切な機能に必須であることも同様によく知られている。ビタミンCは、白血球が細菌やウイルスと戦う能力を向上させます。 OMNSには、http://orthomolecular.org/resources/omns/index.shtmlで自由にアクセスできる、このトピックでさらに多くの記事があります。ビタミンCの欠乏は非常に一般的です。米国農務省(USDA)のデータによると、アメリカ人のほぼ半数が米国のRDAのビタミンC90mgも摂取出来ていません。合成ビタミンEはあまり効果がありませんいくつかの他の栄養素については、合成形態と天然形態との間に有効性に有意差がある。ビタミンEは重大な抗酸化物質ですが、体内には他の機能もありますが、すべてがよく理解されているわけではありません。これは、8つの異なる生化学的形態、α-、β-、δ-およびγトコフェロール、およびα、β-、δ-およびγ-トコトリエノールを含む。これらの形のビタミンEはすべて身体にとって重要です。ビタミンEの機能に関する現在の知識は急速に拡大しており、8種類の天然ビタミンEのそれぞれは体内でわずかに異なる機能を有すると考えられている。例えば、γ-トコトリエノールは、化学療法よりも前立腺癌幹細胞を実際に死滅させる。 (http://orthomolecular.org/resources/omns/v07n11.shtml)合成ビタミンEは、広く入手可能であり、安価である。それは「DL-α-トコフェロール」です。はい、天然の「D-アルファ - トコフェロール」形と同じように、試験管実験でも同じ抗酸化特性を示します。しかしながら、DL-体は生物学的有効性の50%しか有していない。なぜなら体は合成混合物の半分を構成する天然D異性体のみを利用するからである[8]。したがって、この事実を考慮していないDL-アルファ - トコフェロールを利用した研究は、観察された有効性の減少につながり、効果は半分となります。次に酢酸エステルやコハク酸エステルなどのエステル化された形のビタミンEがあります。エステルはビタミンEが酸化されて中和されるのを防ぐので、これらのエステル化形態は天然または合成であり、より長い貯蔵寿命を有する。胃の酸が元の天然ビタミンE分子のアセテートまたはスクシナート成分を切断すると、消化管は良好な画分を吸収し、体はその抗酸化効果を受ける。しかし、エステル化されたビタミンEアセテートが炎症を予防するために皮膚に適用されるとき、酢酸エステルを除去するために酸が存在しないので、効果がない。USDAのデータに基づいて、アメリカ人の90%がビタミンEのRDAを得ていません。これは、その量は信じられないくらい少ない、23 IU(15mg)/日です。マグネシウム欠乏が広まっているマグネシウムが別の例です。人口の3分の2以上がマグネシウムのRDAを取得していない[10]。マグネシウム欠乏は、骨粗鬆症、高血圧、心臓病、喘息、うつ病、および糖尿病を含む広範囲の症状を引き起こす可能性がある。マグネシウムは多くの形で購入することができます。最も広く入手可能な形態は酸化マグネシウムであり、それは約5%しか吸収されないのでそれほど効果的ではない[11]。マグネシウム酸化物サプリメントは、丸薬がより小さくて - 一般的にはマグネシウムを多く含みますが、ほとんどの人には役立たないのですが人気があります。より良い形態のマグネシウムは、クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウムであり、最もよく吸収されるものは塩化マグネシウムである。理想的な摂取量を決定するために医師に相談することは常に良いことです。検査により予期しない欠乏が明らかになることがあります。 [12]まあ、どちら?自然または合成?ビタミンE(混合天然トコフェロールとトコトリエノール)の天然形態は合成形態の少なくとも2倍有効ですが、これはビタミンCには当てはまりません。体内で果物や野菜から得られるアスコルビン酸塩はアスコルビン酸塩と同じです。最初に考えてみると、これは混乱しているように思えるかもしれません。なぜなら広く利用できるいわゆる「天然の」ビタミンCがたくさんあるからです。しかし、補充的なビタミンCが病気に関わることを実証した事実上すべての研究は、安価で合成されたアスコルビン酸を使用していました。アスコルビン酸の他の形態、例えば、アスコルビン酸のナトリウム塩またはマグネシウム塩は、消化管によってわずかに異なるように消化されるが、アスコルビン酸分子がこれらの形態から吸収されると、それは同一の有効性を有する。これらのアスコルビン酸塩の利点は、それらが非酸性であり、酸性からの刺激を懸念することなく身体のどの部分にも摂取または局所適用することができることである。さらに、必須栄養素は共生していることが知られている。すなわち、適切な投与量で群として服用するとより効果的である。例えば、ビタミンEはビタミンCとセレンと一緒に摂取するとより効果的です。なぜなら、これらの必須栄養素のそれぞれが他のものの有効性を改善できるからです。同様に、Bビタミンは一緒に摂取するとより効果的です。投与量に関する質問をお持ちの読者は、医療提供者に相談したいと思っており、http://orthomolecular.org/resources/omns/index.shtmlに保管されている自由に入手可能な情報もご覧ください。食品の要因自然食品の要素も重要です。新鮮な果物や野菜(「ビタミンC複合体」とも呼ばれる)のバイオフラボノイドやその他のビタミンCフレンドリーな成分は、実際に健康に有益です。これらの天然成分は、健康で未加工の食材から容易に得られる。しかし、非常に良い食べ物を食べても、病気に有効なビタミンCはほとんど供給されません。本当に良い食事は毎日数百ミリグラムのビタミンCを提供するかもしれません。極端な生の食材は、2〜3千ミリグラムのビタミンCを与えるかもしれませんが、これはほとんどの人にとって実用的ではありません。サプリメントでの補給が合理的です。「天然の」ビタミンは合成ビタミンよりも優れているという原則は、実際にビタミンサプリメントを避けるために広く引用されています。議論は、ビタミンやミネラルが自然の形で食物から得られるため、どういうわけか、サプリメントを無視することによって最も効果があると考えられるかもしれません。明らかに、これはビタミンサプリメントについてほとんど言及していないため、上記の研究の著者が念頭に置いたものです。結論今日の加工食品の現実世界では、私たちのほとんどが、必要な栄養素を十分な量で摂取していません。ほとんどの人は必須の栄養素のいくつかが不足しています。これらの不足は、心疾患、癌、早期老化、痴呆、糖尿病、および眼疾患、多発性硬化症および喘息などの他の疾患を含む多くの苦痛の原因となる。ビタミンCの有効性を示す上述の研究は、ビタミンCの価値を示す多くの研究のうちの1つです。その他については、http://orthomolecular.org/resources/omns/index.shtmlで議論され、入手可能です。ビタミンEの場合、栄養価の高い食事とともに適切な用量で摂取される天然型が、最良の薬です。しかし、ビタミンCを含むほとんどのビタミンについては、合成型は天然のものと同一である。両方とも生物学的に同等の活性であり、両方とも臨床的に機能する。それはすべて用量になる。サプリメントは最適な摂取を可能にします。食べ物だけではありません。欺かれてはいけない:栄養不足が例外ではなく、誰にも見られることです。だから私たちはサプリメントが必要です。病気の時、私たちはさらにそれを必要とします。References:1. Pfister R, Sharp SJ, Luben R, Wareham NJ, Khaw KT. (2011) Plasma vitamin C predicts incident heart failure in men and women in European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition-Norfolk prospective study. Am Heart J. 162:246-253. See also: http://orthomolecular.org/resources/omns/v07n14.shtml2. Levy TE (2006) Stop America's #1 Killer: Reversible Vitamin Deficiency Found to be Origin of All Coronary Heart Disease. ISBN-13: 97809779520073. Hickey S, Saul AW (2008) Vitamin C: The Real Story, the Remarkable and Controversial Healing Factor. Basic Health Publications, ISBN-13: 978-1591202233.4. Pauling L. (2006) How to Live Longer And Feel Better. Oregon State University Press, Corvallis, OR. ISBN-13: 9780870710964.5. Kurl S, Tuomainen TP, Laukkanen JA, Nyyssönen K, Lakka T, Sivenius J, Salonen JT. (2002) Plasma vitamin C modifies the association between hypertension and risk of stroke. Stroke. 33:1568-1573.6. Watch the Channel 3 New Zealand news report at http://www.3news.co.nz/Living-Proof-Vitamin-C---Miracle-Cure/tabid/371/articleID/171328/Default.aspx or http://www.dailymotion.com/video/xh70sx_60-minutes-scoop-on-new-zealand-farmer-vit-c-miracle_tech [ Note that each video is proceeded by a commercial, over which we have no control, and with which we have no financial connection whatsoever. ]7. Free, full text paper at http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1405127/pdf/amjph00225-0021.pdf8. Papas A. (1999) The Vitamin E Factor: The miraculous antioxidant for the prevention and treatment of heart disease, cancer, and aging. HarperCollins, NY. ISBN-13: 97800609844349. http://lpi.oregonstate.edu/infocenter/vitamins/vitaminE/ ; scroll down to "Deficiency."10. Free, full text paper at http://www.jacn.org/content/24/3/166.full.pdf+html (or http://www.jacn.org/content/24/3/166.long )11. Dean, C. (2007) The Magnesium Miracle. Ballantine Books, ISBN-13: 978034549458012. http://www.doctoryourself.com/epilepsy.html元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1512728928843426Photo presented by 山崎成子

      NEW!

      66
      1
      テーマ:
  • 14 Dec
    • 8-1)、インフルエンザワクチンについては良いエビデンスはありません

      8-1)、インフルエンザワクチンについては良いエビデンスはありませんOrthomolecular Medicine News Service(OMNS)、2012年1月14日執筆者;Damien Downing、M.D。インフルエンザワクチン、またはタミフルを服用することは賢明ですか、ビタミンDを服用するだけでより良い予防を受けられますか?ワクチンを受けるかどうかは、個人的な選択の問題でなければなりません。政府や保険会社や医療団体があなたに何をすべきかを伝えるべきだとは考えていません。あなたがこのことを読んで気にしているなら、あなたは自分の健康に関する自分の意思決定をすべきです。あなたが判断するに際し、ここに第二の意見があります。ワクチンについてはどうですか?10月のランセット感染症誌(1)(主要な著者、マイケル・オスターホルム(Michael Osterholm)、感染症研究者の著名な研究者)に大規模なレビューが掲載されました。 5,700件の大規模スクリーニングの中には、たったふさわしい31の研究しか見つからなかった。この論文は、健康な成人における中程度のインフルエンザワクチンの有効性についての良いエビデンスがあると結論した。しかし、65歳以上の高齢者、子供たちには有効であるとするエビデンスは得られなかった。高齢者、特に虚弱高齢者では、医師の関心が高まっており、インフルエンザの90%が発生しています。インフルエンザワクチンがこのグループのインフルエンザ感染を予防するという証拠はありませんでした。もう一度言いましょう。インフルエンザワクチンが主要な標的集団でインフルエンザを予防するという良いエビデンスはありません。18歳から65歳までの健康な成人群での効果は57%と報告されています。これは、ワクチンがインフルエンザの可能性を半減させることを意味します。プラセボ効果についてよく知られていることは、その57%の効果の大部分を説明することができます。しかし、その年齢層でインフルエンザを発症する機会が3%未満です。あなたが健康な成人ならば、インフルエンザワクチンは、実際にインフルエンザになるリスクを、36の1から83の1に減らすことになります。これは、これらの研究では提供されていない数字です。もちろん、これはすべてお金がかかります。副作用のリスクがない投薬はありません。ワクチンでは、リスクもアジュバントから来ることがあります。ワクチンは、微量の有機体にアジュバント、すなわち免疫系の刺激物質であり、生物体に反応する化学物質です。アジュバントなしでは、ワクチンは一般的には機能しません。人気のあるアジュバントには、抗生物質ゲンタマイシン(難聴の原因になります)、アルミニウム化合物(おそらくアルツハイマー病やその他の神経学的疾患に寄与する)(2)、水銀消毒剤、チオメルサール/チメロサール(自閉症の疑いがある)、結局、アジュバントとして働くには毒性がなければならない。 Fluarixは、米国と英国のインフルエンザワクチンの主要なブランドの1つで、ゲンタマイシンとチメロサールの両方を含むようにメーカーが定めています。私たちはまた、インフルエンザワクチンが、顕在化した感染症を予防しなかったとしても、インフルエンザによる死亡を予防すると考えていました。これは健康的なワクチンレシピエント効果として知られており、ヒントは名前にあります。虚弱な高齢者はビタミンなどを摂取する可能性が高く、健常老齢者よりもワクチン接種率が低くなる可能性が高いとされています。カリフォルニア州のいくつかの研究を引用したOsterholm氏とその同僚たちは、インフルエンザワクチンが65歳以上の全死因死亡率をほんの4.6%削減したと結論付けています。それは副作用のリスクに値するのでしょうか?それはあなたがしなければならない選択ですが、今ではそれを知ることができます。タミフルだからもしワクチンがインフルエンザを予防できないのであれば、タミフル(オセルタミビル)はどうですか?まあ、インフルエンザの症状の持続時間を1〜1/2日短縮するかもしれません。しかし公式ウェブサイト(3)によると、吐き気や嘔吐、重篤な脳霧、その他の不快な症状があります。しかし、最近、私たちはタミフルのもう一つの問題を認識しました。基本的には、次の新しい論文(4)に示されているように、惑星全体に影響を与えています。実際は、ウプサラ大学の博士論文です。これはどのように動作するのですか。タミフルは患者によってほとんど代謝されず排泄され、下水処理の影響をほとんど受けません。そのため、日本のインフルエンザ発生時に示されたように、薬物が水路に入り、ウイルスの媒介者であるアヒルがそれを体内に取り込みます。そして、これが起こると、ウイルスはおそらく(これは実験室で起こったことを意味する)タミフルに対する抵抗性を発揮する可能性があります。だからタミフルは政府が備蓄していて最後の大型インフルの大流行でキャンディーのように配っていたが、すでに売り出し日を過ぎて急いでいたのかもしれない。抗生物質の過剰使用により、 MRSAを生じ病院に深刻な問題を引き起こしました。しかし、それが是正されるまでは何十年もかかりました。私たちはこのリソースをはるかに浪費しました。小さな地球上に住んでいることを示しています。廃棄物を隠す余地はありません。ビタミンDビタミンDの過剰使用を非難する者は誰もいません。まず、北欧と米国北部の両方で、ほとんどすべてが不足しています(5)。今年の(6)の最新の論文は、ビタミンDの血中濃度が高いほど、一般的なインフルエンザや呼吸器感染症のリスクを低下させることを示しています。この研究では、ビタミンDの血中濃度が100 nmol / Lを超えるまではこれが真実であると考えられていました。しかし、今日私たちは誰もこれを行っていません。サンディエゴにあるD * Action(http://www.grassrootshealth.org/daction/index.php)グループは、感染リスクを最小限に抑えるために、125 nmol / Lを超えるより高いレベルに到達する必要があることを示しています。大部分の癌、多発性硬化症および他の自己免疫疾患(7)。インフルエンザや胸部感染にも同じことが言えます。問題は、高レベルのビタミンDレベルを持っている人々を見つけて調査することです。 D * Actionは、ビタミンDの1日当たり9,600IUを経口で摂取し、100nmol / Lを超えることを明らかにしました。新しい英国の研究では、100 nmol / Lを超えるビタミンDレベルの高い人は、25 nmol / L以下の最低レベルの人と比べ、呼吸器感染症のリスクが50%以下です。全員本当に不足しています。すべての被験者は英国に住む白人であり、白人はビタミンDのレベルが高いと思われるかもしれませんが、これはそうではないことが判明しました - 2009年の調査によると、英国でも(8)白人の女性は、より濃い肌の人よりもビタミンDのレベルが若干悪いです。皮膚癌についての健康に関する警告に耳を傾けていることは間違いありません(今度は別の話です)。彼らは被験者がサプリメントを摂取したかどうか尋ねなかった。アフリカ系アメリカ人女性(9)の以前の研究では、1日当たり800IUのビタミンDの補給が減少し、2000IUは効果的に冬のインフルエンザのリスクを軽減することが分かった。これは、1200 IUが確認されたインフルエンザの発生率を40%(10)低下させ、血清ビタミンDレベルが38ng / mlを超える人々を調査した日本の学童の無作為化比較試験によって部分的に確認され(38ng/mi=95 nmol / L、英国の研究で使用された100 nmol / Lに非常に近い)、急性呼吸器感染症の発症が半分となった(11)。ビタミンDレベルあなたがニューヨークやマドリードの北に住んでいる場合は、あなたの体に十分なビタミンDを持つことはまずありません。食事によっていくらか改善することができますが、サプリメントを使用すると、おそらくほぼ100%確実に(96%は)インフルエンザに罹らないことがあります。ビタミンDはどれくらいですか?大人の場合は少なくとも5,000~10000IUの場合は完全に安全です(または、まだ日光からそれを取得してください - 今、日光を浴びてください)。もしあなたがワクチンを施行するつもりなら、ビタミンDも補給して下さい。OMNSは特にアンチーワクチンではありませんが、私たちは非常に賢明な選択をすべきです。このトピックに関する前回の投稿を読むことができます。 (13)事実を知り、あなた自身で判断して下さい。政府からの強制を受け入れないでください。 Vera Hassner Sharav氏は、「大西洋両岸の公衆衛生当局者は、安全問題が存在することを否定してワクチン製造業者と組んでいるため、信頼を失っている」と述べた。ワクチンは貴重な資産であり、私たちが抗生物質のやり方を浪費するべきではありません。あなたが必要なら狂犬病ワクチンを止めるつもりはありません。しかし、同様に、なぜビタミンDのような自然の贈り物を無視するのですか?References:(To find a reference by PMID number, type or paste the number into the "Search" box at the top of http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez )1. PMID: 22032844, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=220328442. PMID: 21568886, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=215688863. http://www.tamiflu.com/hcp/influenza-treatment.aspx4. http://uu.diva-portal.org/smash/record.jsf?pid=diva2:4537895. http://www.sunarc.org and also http://www.vitamindcouncil.org/health-conditions/infections-and-autoimmunity/influenza/6. PMID: 21736791, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=217367917. http://www.grassrootshealth.net/8. PMID: 19649299, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=196492999. PMID: 16959053, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=1695905310. PMID: 20219962, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=2021996211. PMID: 20559424, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=2055942412. PMID: 18298852, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=1829885213. http://www.orthomolecular.org/resources/omns/v07n02.shtmlーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーウイルス感染予防には、1)高タンパク/低糖質、2)C3~10g、ウイルス感染時には10~100g、3)D5000~10000IU。自分は2年間10000IU摂取して25-OH-VitaminDは88ng/ml。家のは同量摂取して38ng/ml。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 以下は、伊藤欣朗先生のデータ:血清25-OH-VitaminDレベル  2015年より職員健診(研究用)などで、2016年10月からは、在宅や施設入所の高齢者を中心に調べました。(2017年6月17日調べ)平均値 14.7 ng/mL (検査人数 138名 平均年齢 65.2歳 男性28名 女性110名)世界的に正常の基準とされる 30 ng/mL以上の人は0名。20 ng/mL以上 14.5%(20名)。10-20 ng/m、71%(98名)。10 ng/mL以下の極端な欠乏の方は14.5%(20名)でした。女性 90代 平均 14.7 ng/mL (N=4)80代 平均 13.5 ng/mL (N=3)70代 平均 14.2 ng/mL (N=18)60代 平均 14.9 ng/mL (N=22)50代 平均 13.6 ng/mL (N=11)40代 平均 14.3 ng/mL (N=17)30代 平均 16.4 ng/mL (N=5)20代 平均 16.0 ng/mL (N=3)男性 90代 平均 9.3 ng/mL (N=2)80代 平均 13.9 ng/mL (N=3)70代 平均 15.1 ng/mL (N=3)60代 平均 19.4 ng/mL (N=10)50代 平均 16.0 ng/mL (N=5)40代 平均 16.1 ng/mL (N=3)30代 平均 17.6 ng/mL (N=1)10代 平均 24.5 ng/mL (N=1)全員深刻なビタミンD不足!元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1511806832268969*ブログ管理人より補足ビタミンDサプリメントの情報はサプリメントテーマ内に格納されていますご参照くださいhttps://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12324870014.html?frm=theme

      75
      3
      テーマ:
  • 13 Dec
    • この21st CenturyはNowより安い!

      この21st CenturyはNowより安い!https://jp.iherb.com/pr/21st-Century-C-1000-110-Tablets/43738ソラーレイのCが売り切れているので、現在ソースナチュラルズのCを注文しているが、このメーカーの方が安いね。ホッファーが飲んでいたNatural Factorsも安い。https://jp.iherb.com/pr/Natural-Factors-Vitamin-C-1000-mg-90-Tablets/2545元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1511207635662222

      43
      テーマ:
    • リチャード・カニン:メガ・ニュートリション(1984)

      3年前は、リチャード・カニンの本この本は本当に名著だと思う。30年以上前の本だけど全く古さを感じさせない内容、つまり真実が書かれている。しかし、Amazonでは在庫なし。ーーーーリチャード・カニン:メガ・ニュートリション(1984)昨日読み終えた本。著者は精神科医、当時、正常分子(オーソモレキュラー)医学会の会長はライナス・ポーリングで、筆者が副会長。30年前の本だが、内容は素晴らしく、全く古さを感じません。もうこの時にはオーソモレキュラーの理論は完成していたことが理解できました。科学的に正しいものは何十年経っても色あせないものだと強く感じました。三石巌先生の言葉、”正しい理論は100年経っても腐らない”を思い出しました。内容は、今でいう糖質制限+メガビタミン、マルチミネラル。肥満という栄養失調、がんに対するビタミンCの効果、機能性低血糖、統合失調症に対するナイアシン療法、ケトン食、などほぼ全てを網羅しています。特に、ケトン食に関する記述は極めて詳細で、非常に分かり易い。ケトン食に関してこれほど詳しく解説した本は今まで見たことがありません。メガビタミンについてポーリングは、”投与量の論理的根拠を、過剰という観点からではなく、化学の原則、つまり化学反応が起こる際に分子の集中が増せば増すほどその反応は早く行われる、という原則の立場から示した”と述べている。この言葉は、三石先生の”確率的親和力に基づくパーフェクトコーディング理論”と全く同じ。二人の天才が、おのおの自分の頭で考えて、同じ結論に達している!、と感動しました。健康は医者任せにせず、自己管理運動が大切だと強調されています。これも、三石先生の”健康自主管理システム”と同じ結論で素晴らしい。全精神科医に読んでもらいたいオーソモレキュラーの教科書といえます。三石先生の健康自主管理システム(全5巻)と併せて読むのが望ましい。しかし、現実問題として国内の精神科医でこのことを理解できている人はほとんどいないのが現状。15000人の精神科医の中で10人いるでしょうか?糖尿病治療のパラダイムシフト、がん治療のパラダイムシフトは今後30年あれば確実に進むでしょうが、精神疾患治療のパラダイムシフトは現状を見るともっと遅れそうで、暗澹たる気分になります。少なくとも、現在の精神科病院で入院患者に大盛り飯、カップ麺、コーラなど与えているのは犯罪行為でしょう。糖質で火をつけておいて、向精神薬で消火するというマッチポンプですから。糖質を摂らせてインスリンを打つのと一緒ですね。でも、誰一人として気付いていない。そもそも医者は、与えられた情報をいかに効率よくインプットするか、のみをトレーニングされた集団です。自ら考えるトレーニングは全くできておらず、むしろ自ら考える暇もないほど情報インプットに追いまくられる教育を受けてきている。そのため、生まれてこのかた、自分の頭で考えたことがない人がほとんど。頭の使い方を知らない、”頭が不自由な人”ですのでパラダイムシフトには最も適していない人種と言えます。https://www.amazon.co.jp/gp/product/4120012697?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o08_s00元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1511154079000911

      25
      テーマ:
    • リオルダンのビタミンC点滴プロトコール-3

      リオルダンのビタミンC点滴プロトコール-3点滴前に、glucose-6-phosphate dehydrogenase(G6PD)欠損がないかを調べる。1000例以上の患者で調べた結果、5例でG6PD欠損が見つかった。25g以下のビタミンC点滴であれば、G6PD欠損があっても問題は起こらない。ビタミンC点滴後に、血糖測定を行うとビタミンCが誤って血糖値に反映される”擬陽性”があることを知っておく必要がある。血管痛、血管のれん縮を起こすことがあるのでMgを加える。ビタミンCはミネラルをキレートする作用があり、低Ca、低Mgを生じ、振戦を引き起こすことがあるのでMgCl、グルコン酸Caを加える。当院では下記を加えている。・硫酸Mg補正液1mEq/ml、MgSo4・カルチコール注射液8.5%、5ml、グルコン酸Ca点滴はビタミンC0.5g/minで開始し、1g/minまで早める。ビタミンC点滴の浸透圧が1200mOsmを超えないように希釈する。Table1、C15g→250mlC25g→250mlC50g→500mlC75g→750mlC100g→1000ml250mlに入れられるのはC30gまで。15gで開始し、25g、50gと量を増やしてゆく。最初の3回は、点滴終了時にビタミンC血中濃度を測定し、ピークの血中濃度10~20mMになっているかを確認する。Table2、元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1510841052365547

      38
      テーマ:
  • 12 Dec
    • フェリチン測定をしてもらえる医療機関と医師(全国版)、

      フェリチン測定をしてもらえる医療機関と医師(全国版)、H29.12.12改定版「鉄不足研究会(医師限定)グループ」の登録リストよりhttps://www.facebook.com/groups/irondeficiency/permalink/1987648874804270/地区別に並べ替えてみました。【北海道、東北】(8/7,8時追加)紅露伸司先生札幌円山整形外科札幌市中央区北7条西27丁目011-612-1133要予約生活習慣病外来の予約とお伝えください.http://www.maruyama-seikeigeka.com/(9/4、7:30追加)柿澤美保先生光ヶ丘スペルマン病院仙台市宮城野区東仙台6-7-1022-257-0231予約は、必要 柿澤が在院しているか確認してください患者さんの要件、小児のみです【関東】福田世一先生小倉台福田医院千葉県千葉市若葉区小倉町875-6043-234-1991電話予約なくても診ていますが、あるとなお良い。http://www.clinic-fukuda.jp/MEC食外来でしています。完全予約制、保険診療です。(9/9、8時追加)福田世一先生四街道徳洲会病院 MEC食外来千葉県四街道市吉岡1830-1043-214-0111完全予約制です。MEC食外来と言って電話で予約してください。MEC食外来の中で、鉄、フェリチン精査しています。MEC食外来は、毎週金曜日午前です。http://www.yotsutoku.jp/平井清先生ふくだ内科・循環器科埼玉県戸田市川岸2-7-30048-431-3737必ずしも予約は必要ありませんが、平井の担当時間においでください。1歳未満のお子さんの場合は事前にご相談下さい。院長は循環器内科がご専門で患者さんも多く混み合っています。平井は心療内科・精神科、内科小児科を担当しています。http://fukudanaika.com/門脇晋先生公立富岡総合病院 外科 群馬県富岡市富岡2073-1027-463-2111予約不要ですが、遠方からお越しの場合は電話で門脇の担当時間を確認して下さい。水野雅登先生友愛病院東京都足立区花畑4-33-803-3884-1235予約は不要です。【もしあれば患者さんの要件(例えば喫煙者ご遠慮くださいなど)】鉄欠乏を疑う所見がない場合は自費での検査となります。【その他】副院長水野の担当時間にご来院下さい。午前は待ち時間が1-2時間程となります。http://yuai-hospital.jp望月吉彦先生芝浦スリーワンクリニック東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング 111プラザ内03-6779-8181予約は必要です。お待たせしないためです。小田行一郎先生菫ホームクリニック千葉県千葉市中央区新宿2-16-20-401043-204-5755木曜日,要予約。フェリチン採血希望とおっしゃってください。お子様の場合対応できない場合がございます。メインが訪問です。外来も認知症の方,糖質制限の方と重なる場合があることをご承知頂けば幸いです。小泉幸彦先生小泉医院群馬県富岡市富岡8910274-62-0039予約の必要の有無、有(受診前に電話でご連絡下さい)消化器内科医と産婦人科医が常勤しております。横断的にご相談に応じる事が出来ます。http://koizumi.or.jp/(8/10,17時追加)小原太郎先生小原りぼんクリニック東京都大田区久が原2-17-1803-6410-6110予約の必要は、ありませんが診察時間が非常に限られているため確認してから御来院下さい。水曜を除く平日の午前中のみ11:30までです。ゆっくりお話を希望する方は早めに御来院く下さい。貧血がない場合、症状がない場合など自費になる可能性がございます。http://obara-rbn.com/Michiko Miyakawa先生下北沢西口クリニック東京都世田谷区代田6-1-2103-3485-5580予約の必要の有無、有りhttp://snc.byoinnavi.jp/pc/(9/29,17時追加)クララ根津佳子先生ねづクリニック東京都板橋区東坂下2の3の6の10103-5914-0236原則として予約が必要ですが、なくても拝見します。ただしその場合は、同日に検査が行えない場合もあります。小児科内科外科アレルギー科で、男性女性両方の医師がおります。https://www.facebook.com/nezuclinic/(11/16、17時追加)桜井明弘先生産婦人科クリニックさくら横浜市青葉区新石川2-9-3045-911-9936【予約の必要の有無】予約可、平日は予約外も可【もしあれば患者さんの要件】不妊症、PMS、更年期障害http://www.cl-sacra.com【中部】松田純一先生浜松北病院 外科静岡県浜松市東区大瀬町1568053-435-1111予約不要ですが、松田の担当時間を確認して下さい。塩川あずさ先生塩川八幡ヒルズクリニック静岡県静岡市駿河区八幡5-32-10054-280-0500予約の必要、無し 午前中のみ院長は脳外科でそちらがメインの医院ですが、フェリチン含めオーソモレキュラー療法指導は眼科のみで行っています。高木輝秀先生高木外科内科医院愛知県岡崎市洞町字東前田27-20564-66-0008予約の必要なし脳外科医です。頭痛、めまい、しびれ等の症状に対してフェリチンチェックしています。http://takagi-gekanaika.com政井哲兵先生佐久平エンゼルクリニック長野県佐久市長土呂1210-10267-67-5816要予約生殖医療専門クリニックです。原則妊娠を希望される患者様でお願いします。不妊専門クリニックは敷居が高くてまだ本格的な受診の予定はないが自己流で妊活中の方、他院婦人科で一般不妊治療中(タイミング法、人工授精)の患者様、結婚はまだ先だが、結婚前から将来の妊娠を意識した体づくりに興味のある方など、現在、将来の妊娠を目標にされている方を対象としています。診療は自費診療になります。フェリチン測定を行い、低値の方でご希望された方には鉄剤、鉄含有サプリメントなどの処方を行います。ご相談のみのご来院も結構です。https://www.sakudaira-angel-clinic.jp(9/5,11時追加)土田晋也先生つちだ小児科 福井県坂井市丸岡町吉政11-10-20776-67-8306予約不要http://www.pediatric.jp/【近畿】岡田清春先生おかだ小児科医院滋賀県高島市今津町名小路1丁目1-60740-22-8071予約が必要http://okadaiin.com/西村龍夫先生涼楓会にしむら小児科大阪府柏原市国分本町3-9-30729-78-6597西井真先生西井クリニック兵庫県篠山市波賀野新田135079-595-0221できれば予約、事前連絡がありがたいです。http://www.nishiiclinic.com/小山博史先生生馬(いこま)医院和歌山市吉田436073-422-1458副院長指定してください終了時刻1時間以上前に受診するようにしてください。http://www.ikomaiin.com城谷昌彦先生ルークス芦屋クリニック兵庫県芦屋市大原町8−2−2F0797-23-6033要予約http://www.lukesashiya.com辻井久先生東近江市立 能登川病院 小児科滋賀県東近江市猪子町191番地0748-42-1333予約、随時・予約いずれでも。出来れば空腹状態で来院を。随時の場合、辻井の出番を確認してください。http://notogawa-hp.siga.jp/news/doctorlist/pediatrics.html向井克典先生向井病院‬和歌山県和歌山市北野283番地‬073-461-1156‬要予約福田弥一郎先生福田診療所大阪市西淀川区歌島1-11-306-6471-3200予約の必要性、なしhttp://paa.jp/clinic/100201/(8/7、13時追加)田島英治先生東花園透析クリニック東大阪市吉田5-9-12072-965-0600予約、必要診察希望日・時間に私が在院しているか確認のため予約が必要になります。糖質制限 VKTに対応します。https://higashihanazono1.wixsite.com/clinic(9/4,21時追加)高原潤先生社会福祉法人天心会 小阪病院 精神科 大阪府東大阪市永和2−7−3006−6722−5151完全予約制です。原則として18歳以上の方を対象としています。火曜日の高原の初診予約を取ってください。http://www.kosaka-ten.or.jp(9/5、16:30追加)八木和郎先生小児科八木医院 大阪府堺市南区高倉台3-3-2072-293-6223当日webで順番予約。HP参照。火曜午後・土曜日は電話で事前に要予約。http://yagiiin.com(9/22追加)高橋一浩先生木沢記念病院小児科岐阜県美濃加茂市古井町下古井5900574-25-2181予約の必要の有無、有(高橋一浩医師希望としてください)医療機関のホームページ、あり【中国、四国】伊藤欣朗先生伊藤内科医院 広島市中区白島九軒町15-7 082-221-5427要予約  小さい子供の採血は出来ない場合があります。http://www7b.biglobe.ne.jp/~itonaika/沼田光生先生海風診療所山口県周南市梅園町1-38 0834-33-0889完全予約制ですので要予約でお願いします。http://umi-kaze.com/(12/12,19時追加)三世敏彦先生三世ペインクリニック愛媛県松山市桑原1-4-45089-934-1374予約の必要の有無、あり患者さんの要件、肩こりほか痛みのある患者【九州、沖縄】石原信一郎先生堺整形外科医院福岡糖質制限クリニック福岡市南区向新町1-13-43092-557-8886予約あったほうが助かります大田静香先生名瀬徳洲会病院 漢方内科 鹿児島県奄美市名瀬朝日町28-10997-54-2222漢方内科に予約をお願いします。塚本雅俊先生つかもと内科福岡県福岡市早良区飯倉3丁目31-14092-832-5901予約は不要です。土曜日は待ち時間が長くなります。http://tsukamotoclinic.com/熊澤浩明先生YSくまざわクリニック福岡市天神1-7-11 イムズ7階092-707-1111予約お願いします。小さい子供の採血は出来ない場合がありますので受診前にお電話ください。木村浩先生医療法人聖十字会 西日本病院熊本市東区八反田3-20-1 15歳以上対応可、月曜日、木曜日、午前中、脳神経外科外来にて測定可。受診の際にフェリチン採血希望とおっしゃってください。採血結果は後日説明。日高淑晶先生医療法人 花葉会 船塚クリニック宮崎市船塚3丁目114−2 0985-73-8830訪問診療もしております。また、外来はしっかり時間を頂くため、予約制にしています.お電話ください。牧孝将先生小栁記念病院 外科佐賀市諸富町諸富津230-20952-47-3255 水(土曜日は月2~3回勤務)以外は外来診察出来ますが手術・処置等でお待たせする事がありますので出来でば電話にて確認お願いします。小児の診察は難しい場合があります。今西康次先生南部徳洲会病院小児科 沖縄県島尻郡八重瀬町外間17-1098-998-3221今西の担当日をご確認の上おいでください町田宏先生まちだクリニック沖縄県中頭郡北谷町字上勢頭556-3098-921-7300電話予約いただけると助かります(特に午前)http://www.machida-clinic.com(8/20、17時追加)斉藤寛史先生医療法人 さとし会みのりクリニック鹿児島市小川町22-6-2階099-210-7890(9/29,14時追加)寳滿 誠(ほまんまこと)先生おひさまこどもクリニック鹿児島県鹿屋市新川町609-10994ー42ー7822予約の必要無しhttp://ohisama.cute.coocan.jp/index.html

      66
      3
      テーマ:
    • 賢明な母親が娘の統合失調症を治してしまった、凄い!

      1年前は、統合失調症を自分で治した症例治療は、1)高タンパク/低糖質食+鉄、2)ナイアシン3g+C3g、3)B50 +Zn。サプリはすべてiHerbで購入可。月3000~5000円程度。発病後1~2年程度なら3ヶ月程度でほぼ完治する、エビリファイ1.5mg(3mg半錠)。発病後5~10年なら、1年程度で抗精神病薬を1/2に減らせる。発病後10~20年なら、数年かけて抗精神病薬を少しずつ減らせる。気付いた人から直ぐに実行を。ーーーー賢明な母親が娘の統合失調症を治してしまった、凄い!母親と娘さんが受診されました。母親の弟、他数名の統合失調症の遺伝歴あり。患者は高1の娘さん。1年前から、”誰かに見られている、悪口を言われている”、等の注察妄想、被害関係妄想が出現。A精神病院で統合失調症と診断され、エビリファイ18mgの投与を受けている。薬の副作用で眠気が強いと訴えるが、いくら訴えても減薬してもらえない。母親が自分の記事を見て勉強し、H28.3から糖質制限を行っている。体重は7kg減り、精神症状も改善した。現在、ナイアシン、B50を注文して届くのを待っている状況。数日前からエビリファイを主治医に告げずに12mgに減薬している。先週、当院を初診。幻覚妄想は全くない。統合失調症らしさも全く感じない。治っている。エビリファイを6mgに減量するよう指導。Nowアイアン36mg開始。当院のエビリファイの維持量は1.5mgだと伝えると母親はとても感動された。6mgで一ヶ月、3mgで一ヶ月、その後1.5mgに減量予定。家系的に、糖質の害が出やすいはずなので今後とも糖質制限継続を要すると伝えた。フェリチン36。解説:賢明な母親が娘の統合失調症を治してしまった。凄い時代になったと言うこと。旧態依然とした精神科医の対応とは大違い。一般人の知識が専門医を簡単に凌駕できる時代になった。統合失調症も、糖尿病も、ガンも自分で治せる時代。専門医って単なるアフォ集団、さあどうする今のままではマズイと思いますよ。糖質制限+ナイアシン+鉄剤による統合失調症治療(2016年)https://www.facebook.com/notes/%E8%97%A4%E5%B7%9D-%E5%BE%B3%E7%BE%8E/%E7%B3%96%E8%B3%AA%E5%88%B6%E9%99%90%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%B3%E9%89%84%E5%89%A4%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87%E6%B2%BB%E7%99%822016%E5%B9%B4/913755452074113ナイアシン+糖質制限+鉄剤による統合失調症治療(2015年)https://www.facebook.com/notes/%E8%97%A4%E5%B7%9D-%E5%BE%B3%E7%BE%8E/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%B3%E7%B3%96%E8%B3%AA%E5%88%B6%E9%99%90%E9%89%84%E5%89%A4%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87%E6%B2%BB%E7%99%822015%E5%B9%B4/753340208115639

      88
      5
      テーマ:
    • リオルダンのビタミンC点滴プロトコール-2

      リオルダンのビタミンC点滴プロトコール-2ビタミンC点滴により、ビタミンC血中濃度は、10mM以上にできる。動物実験や基礎実験で、ビタミンC濃度が1mMを超えるとがんが死滅し、濃度が上がると死滅率が増えることが明らかとなっている。従って、ビタミンC点滴による目標濃度は10~20mM。ビタミンC点滴は、15gで開始して、点滴直後のビタミンC血中濃度を観察しながら、25g、50gを増量してゆく。最初の15g、25g、50gの3回の点滴直後にビタミンC血中濃度を測定する。目標血中濃度に達しない人は、75g、100gまで増量してゆく。点滴回数の標準は週2回。Figure3、900例のビタミンC点滴量と血中濃度のデータ。Figure5、ビタミンC血中濃度の目標は10~20mM。ビタミンC濃度測定装置、欲しくなりますねhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1470856389697347元記事はこちらリオルダンのビタミンC点滴プロトコール-2ビタミンC点滴により、ビタミンC血中濃度は、10mM以上にできる。動物実験や基礎実験で、ビタミンC濃度が1mMを超えるとがんが死滅し、濃度が上がると死滅率が増えることが明らかとなっている。従って、ビタミンC点滴による目標濃度は10~20mM。ビタミンC点滴は、15gで開始して、点滴直後のビタミンC血中濃度を観察しながら、25g、50gを増量してゆく。最初の15g、25g、50gの3回の点滴直後にビタミンC血中濃度を測定する。目標血中濃度に達しない人は、75g、100gまで増量してゆく。点滴回数の標準は週2回。Figure3、900例のビタミンC点滴量と血中濃度のデータ。Figure5、ビタミンC血中濃度の目標は10~20mM。ビタミンC濃度測定装置、欲しくなりますねhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1470856389697347

      39
      テーマ:
  • 11 Dec
    • ナイアシンについても

      ナイアシンについて今は全てiHerbで購入しています。健常女性は、100mgで開始。男は黙って500mgで開始。ーーーーナイアシン治療について当院では統合失調症に対して、ナイアシン(B3)治療を行っています。ネットができる人は、自ら購入して服用してもらっています。しかし、統合失調症患者はネットができない人が多いため、当院でナイアシンを大量購入して販売しています。Nowナイアシンアミド(amazonにて)Solarayナイアシン(suplinxにて)どちらも500mg、100錠入り、1000円で販売。アミドよりナイアシンの方が有効率は高いのですが、フラッシュに耐えられず中止してしまう人も多いので、その理解が不十分と思われる人にはアミドを選択しています。有効率は50%程度。同時に糖質制限を指導していますが、ほとんどの人ができていません。糖質制限ができればさらに有効率が高まるはずです。統合失調症はTG高値、BUN低値と深刻な糖質過剰(高インスリン)+タンパク不足の状態を呈しています。そこを是正しなければ、効果も限定的になります。発病後1年以内の人はナイアシンへの反応性も高く、糖質制限も行えたなら完治可能な人もいるとの印象。発病後10年以上の人は、やはり反応性が悪く、効果があっても限定的です。神経細胞が高インスリンにより酸化(糖化)され、AGEsが蓄積しているからでしょう。しかし、ホッファーは慢性患者でも7年間ナイアシンを継続すれば効果が出てくる人もいる、と述べているので根気強く継続することが必要と思われます。以下、再掲ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーービタミンB3(ナイアシン、ナイアシンアミド)服用の際の注意点ビタミンB3は統合失調症、自閉症や知的障害の情緒障害、難治性うつ病などへの効果が期待できます。特に統合失調症では約60%の方に効果があると言われています。1日用量は1.5g~3g(最大6g)です。元々体内にあるビタミン剤なので、合成化合物である薬物のような重篤な副作用はなく、長期服用しても安全です。ナイアシンとナイアシンアミドの2種類があります。どちらも1錠500mgです。1)ナイアシン 初回服用一時間後に末梢血管拡張作用により、発赤、かゆみが生じます(ナイアシンフラッシュ)。これは一時間程度で自然消退します。ナイアシンフラッシュは正常な生理的反応なので、危険なものではありません。継続服用することによりナイアシンフラッシュは徐々に軽くなり、一週間程度で全く出なくなります。 初回服用は1錠を夕食後に冷水で服用します。 その後ナイアシンフラッシュがなくなるまでは1日1錠で継続します。 ナイアシンフラッシュがなくなった後は、1日2錠(朝、夕)、1日3錠(朝、昼、夕)と徐々に増量し、最大1日6錠(朝、昼、夕)まで増量します。 増量後は特に副作用はなく、安全に長期服用が可能です。 ナイアシンアミドのような吐き気はありません。2)ナイアシンアミド ナイアシンと異なりナイアシンフラッシュはありませんので、1日2錠(朝、夕)で開始し、徐々に増量してゆきます。 ただし、増量すれば吐き気が出現することがあり、1日3gまで増量できない場合もあります。その場合は、吐き気が出ない量にいったん減量して、ナイアシンを併用します。*ナイアシン、ナイアシンアミドはネットで購入可能です。1)「アマゾン」から”B3 500mg”と入力3)「サプリンクス」のホームページから”B3”と入力どちらもアメリカからの購入となるので届くまで2-3週間要します元記事はこちら

      73
      1
      テーマ:
    • リオルダンのビタミンC点滴プロトコール-1

      リオルダンのビタミンC点滴プロトコール-1ビタミンC2.5gを1日1回経口服用すると、ビタミンC濃度は100μMに届かない。ビタミンC血中濃度は、1日3回以上の分割投与にて、3~8g投与なら、160μM、12g投与なら、240μM。がん患者は血中ビタミンC濃度が低い。ビタミンC濃度が10μM以下になると、CRPが上昇して、寿命が短縮する。Figure2、Zero:ビタミンC濃度<10μMLow:ビタミンC濃度10~30μMNorm:ビタミンC濃度30~100μMHigh:ビタミンC濃度>100μMがん患者の2/3では血中ビタミンC濃度が低い。ビタミンC点滴を行うと、ビタミンC濃度を10mM(10000μM)以上にできる。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーがん家系の人ががんにならないように予防するためには、1)鉄タンパク不足を改善させる、鉄不足(低フェリチン)があると電子伝達系機能低下を起こし、嫌気性解糖主導となりATP不足、乳酸蓄積、コリ回路でのATP浪費が起こり、酸性化、低体温化となる。フェリチンは目標100。鉄不足だと糖質制限を行っていてもケトン体が増えない。2)糖質を減らす、糖質はガンのエサ。特に、砂糖、小麦、白米などの精製糖質は完全に止める。3)ビタミンCを1日3回しっかり摂取する、自分のビタミンC腸耐性用量(お腹が緩くなる量)を確認しておくことが重要。FBFでビタミンCを1g飲むとお腹が緩くなる人がおられる。その人は、ビタミンC血中濃度が高いため、サプリで服用する必要がない体質で、がんになりにくい体質なのだと思う。自分の腸耐性用量は12~14gだったので、毎日6~8g服用している。ビタミンCを20g以上服用しても腸耐性用量に達しない人は、かなり危ない、がんになるリスクが高いと思う。そのような人は、腸耐性用量の2/3程度を毎日摂取すべき。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1508938932555759

      68
      テーマ:
    • リオルダンのビタミンC点滴プロトコール-1

      リオルダンのビタミンC点滴プロトコール-1ビタミンC2.5gを1日1回経口服用すると、ビタミンC濃度は100μMに届かない。ビタミンC血中濃度は、1日3回以上の分割投与にて、3~8g投与なら、160μM、12g投与なら、240μM。がん患者は血中ビタミンC濃度が低い。ビタミンC濃度が10μM以下になると、CRPが上昇して、寿命が短縮する。Figure2、Zero:ビタミンC濃度<10μMLow:ビタミンC濃度10~30μMNorm:ビタミンC濃度30~100μMHigh:ビタミンC濃度>100μMがん患者の2/3では血中ビタミンC濃度が低い。ビタミンC点滴を行うと、ビタミンC濃度を10mM(10000μM)以上にできる。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーがん家系の人ががんにならないように予防するためには、1)鉄タンパク不足を改善させる、鉄不足(低フェリチン)があると電子伝達系機能低下を起こし、嫌気性解糖主導となりATP不足、乳酸蓄積、コリ回路でのATP浪費が起こり、酸性化、低体温化となる。フェリチンは目標100。鉄不足だと糖質制限を行っていてもケトン体が増えない。2)糖質を減らす、糖質はガンのエサ。特に、砂糖、小麦、白米などの精製糖質は完全に止める。3)ビタミンCを1日3回しっかり摂取する、自分のビタミンC腸耐性用量(お腹が緩くなる量)を確認しておくことが重要。FBFでビタミンCを1g飲むとお腹が緩くなる人がおられる。その人は、ビタミンC血中濃度が高いため、サプリで服用する必要がない体質で、がんになりにくい体質なのだと思う。自分の腸耐性用量は12~14gだったので、毎日6~8g服用している。ビタミンCを20g以上服用しても腸耐性用量に達しない人は、かなり危ない、がんになるリスクが高いと思う。そのような人は、腸耐性用量の2/3程度を毎日摂取すべき。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1508938932555759

      8
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 鉄タンパク不足女性のフェリチンが100を超え…

      鉄タンパク不足女性のフェリチンが100を超えると、そしてメガビタミンを加えると低フェリチンの女性に大しては、高タンパク/低糖質食+鉄。初診時フェリチン30~40前後の人は約1年後にフェリチン100越えとなる人が多い。そのような人はほぼ全員、”今までの人生で今が一番元気”と言われる。初診時フェリチン10以下の人は、なかなかフェリチンが増えず、30~60で止まる人も多い。そのような人もかなり元気になられるが、”今までの人生で今が一番元気”な状態までは至らない。15~50歳女性でフェリチン100越えまで持って行ける人は約半数位。さらに、B50、C、Eのメガビタミンを加えると、”肌の調子が良くなった””化粧ののりが良くなった””髪の毛が艶々になった””また一段と元気になりとても調子が良い”などと言われ、大変好評です。肌の調子が良い=内蔵も含め全身の細胞の調子が良いと言うこと。さらにもう一段元気になりたければ、1)B、C、Eをメガ量にする。2)A、ナイアシン、D、Zn、Mg、レシチン、Se、などを追加。iHerbで調べて買ってね。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1506994472750205

      134
      6
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 統合失調症は、抗精神病薬が不足したから発症したのではない

      統合失調症は、抗精神病薬が不足したから発症したのではない。栄養が不足したので発症した。がんは、抗がん剤が不足したから発症したのではない。栄養が不足したので発症した。(Abram Hoffer)栄養=タンパク質(必須アミノ酸)+必須脂肪酸+ビタミン+ミネラル。つまり、栄養ではない糖質を止めることがまず必要。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1506465399469779

      75
      テーマ:
    • 7-7)、 エビデンスベースの医学では、良い証拠も良い薬もない

      7-7)、 エビデンスベースの医学では、良い証拠も良い薬もないOrthomolecular Medicine News Service(OMNS)、2011年12月7日Steve Hickey、PhD、Hilary Roberts、PhDエビデンスベースメディシン(EBM)は、巨大な医療試験の結果に基づいて個々の患者を治療する方法です。それは、現在、医学的意思決定のために最も信頼性が高いとされている方法ですが、臨床医にとっては不評です。臨床医の多くは、その方法論に何かが間違っていると理解しています。臨床医にとってEBMが非常に多くの学問分野の規律を破って科学的とも見なされるべきではないので、これを考えるのは正しいことです。実際、合理的な患者の立場からみると、全てが崩壊しているように見えます。EBMが良い科学であるという前提は、当初からは不健全でした。意思決定面において医師患者関係を、混乱させる結果をもたらします。 EBMは患者個人のニーズよりもむしろ人口の平均に基づいてわずかに効果的な治療を見つけ出すものです。EBMのメガ・トライアルは、最も勤勉な医学研究者であっても、病気の原因を見つけることができませんが、多額の研究資金を呑み込んでいます。さらに悪いことに、EBMは患者を健康リスクにさらすことを避けることはできません。臨床医がEBMの変色した金科玉条を捨て、臨床的自主性を取り戻し、患者に個別の治療法を提供する時期に来ています。本当に科学的な医学の重要な要素は患者に対する合理的な治療です。これは、治療法を設定した臨床医が、治療の期待されるリスクと利益について、その個人の意思決定に基づいていることを意味します。あなたが病気であれば、個人的にあなたのために効果がある治療が必要です。関連情報が与えられれば、合理的な患者が最も有益な治療法を選択するでしょう。もちろん、患者は孤立しているわけではなく、患者を助ける有能な臨床医と協力して治療法を選択します。合理的な意思決定方法は、その後、医者と患者の共同作業になります。合理的な臨床医と患者の共同作業という考えは強力です。その主な配慮は、個々の患者の利益です。しかし、EBMの統計は個々の患者を助けることには良くなく、むしろグループや人口に関係している。医学の実践誰も統計を気に入っていません。確かに統計は少しは気になるかもしれませんが、明らかな例外(統計学者や数学的なタイプ)を除いて、多くの人々は統計データに慣れていません。あなたがこの記事をスキップして、もっと楽しいものに賛成したいと思えば、1分お待ちください。統計について話すつもりはありますが、私たちの最終的な目的は、薬をより簡単に理解し、個々の患者に役立つようにすることです。現在の医学へのアプローチは「エビデンスベース」です。これは明らかですが、実際には、各患者の治療法を選択するためのいくつかの大規模な研究と統計的手法に頼っていることを意味します。 EBMを信頼している臨床医は、このプロセスを「最善の証拠」だと誤って呼びます。個々の医師や患者に意思決定の権限を取り戻すためには、この正統性に挑戦する必要があります。これは簡単なことではありません。 Linus Paulingは、科学的な天才であるにもかかわらず、彼はビタミンCが貴重な治療薬である可能性を示唆して非難されました。歴史的には、医師、外科医、科学者が優勢なアイデアに反する勇気を持ったとき、医学的なブレークスルーが生まれました。例としては、ウィリアム・ハーベイの血液循環理論(1628)があり、これは心肺バイパス装置などの現代技術の道を開く。柑橘類が壊血病を予防するジェームス・リンドの発見(1747);コレラの伝達に関するジョン・スノウの業績(1849);アレクサンダー・フレミングのペニシリンの発見(1928年)。これらの革新者のいずれもEBMを使用していませんでした。むしろ、彼らは科学的方法に従い、小規模で繰り返し可能な実験を用いてその考え方を何度も検証しました。残念なことに、近代的なEBMの実践者は、大規模なグループ統計のために伝統的な実験方法を放棄しました。人口統計はどのような用途ですか?過去20年間に、医学研究者はこれまでより大きな臨床試験を行ってきました。複数の研究センターにまたがって何千もの被験者を持つ臨床試験を行うことが一般的です。研究者らは、その臨床試験が医学研究の進展に効果的であると考えていると思われる。残念ながら、彼らに入る費用と労力にもかかわらず、彼らは患者を助けることはありません。意思決定の科学の基本的な原則によると、大規模な臨床試験はほとんどの医療の進歩を遅らせること、および個々の患者に適用できないために、無駄なことに余計な時間と費用を浪費していることになります。多くの医学研究は、コンピュータの出現以前に開発されましたEBMは20世紀初頭の統計的方法に依存している。そのような研究では、統計は、2つの患者グループが互いに異なる確率を決定するために使用される。治療群が薬物を服用し、対照群がそれを使用していない場合、研究者は典型的には、何らかの利益が薬物によって引き起こされたのか、偶然に起こったのかを明らかにします。彼らがこの質問に答える方法は、「統計的有意性」を計算することです。このプロセスはp値をもたらす:p-値が低いほど、結果は偶然に起因する可能性が低い。したがって、0.05のp値は偶然ではなく、必然であった結果を意味します。統計的な有意差は重要な意味を持たない統計の文脈では、有意な用語は日常的な言語と同じ意味ではありません。一部の人々は、「重要な」結果は「重要」または「関連性がある」ことを前提としています。これは間違っています:重要性のレベルは、2群間が分かれているとみなされる程度だけを反映しています。重大なレベルは、研究された群の違いだけでなく、その人数にも依存します。したがって、群の人数を大きくするにつれて、効果は小さくて有意ではないにもかかわらず、結果がより有意差が出ます。平均血圧がわずかに異なる2つの人口を考えてみましょう。少人数の群が偶然に変化するため、それぞれから10人を選ぶと、2つの群に大きな違いは見られません。各人口から100人を取ると、有意性は低い(p <0.05)が、1000人を取ると非常に大きな有意差が得られます。重要なことに、血圧のわずかな差の大きさは、それぞれの場合において同じままである。この場合、差は非常に有意であり(統計的に)、実用的には非常に小さく、したがって効果的に重要ではない。大きな臨床試験では、非常に重要な効果は臨床的に無関係であることが多い。より重要なのは、一般的な考え方とは対照的に、大規模な臨床試験の結果は、合理的な患者にとって、小規模のものより重要ではありません。大規模な臨床試験は、小さな違いを検出する強力な方法です。さらに、研究者がパイロット研究を実施すると、重要度を高くするために十分な科目が含まれていることを確認するために、統計計算を行うことができます。このように過去数十年間、研究者はこれまでにさらに大きな人数でを研究し、数十年前の研究の数百倍の研究を行っています。これは、より小さい旧式の研究でより大きな効果(実際の患者に実質的な利益をもたらすことができる)がより容易に見出されるので、彼らが求めている効果がわずかであることを意味する。たとえ「非常に重要」であっても、小さな差異は自慢するものではないので、EBMの研究者は彼らの知見をより印象的にする必要があります。彼らは、絶対値ではなく相対値を使ってこれを行います。癌を発症する危険性を半減させる薬(相対値)を考えてみましょう。これは素晴らしいとは言えますが、報告されている50%の減少は、わずか2万分の1から1万分の1(絶対値)の1万分の1のリスクを軽減する可能性があります。このような小さな利益は通常は無関係ですが、相対価値として表現する場合は重要と考えられます。 (類推すると、2枚の宝くじを買うことは、1枚買うよりも勝利の確率が倍増しますが、いずれにせよ、チャンスはわずかです)。生態学的な誤りEBMに暗示されている危険な主張には、大規模な研究が個々の患者に関する決定の最善の証拠であると主張する問題です。この主張は、個人についての予測を誤ってグループ統計を使用する生態学的な誤りの例です。これを回避する方法はありません。理想的な医学であっても、個々の患者にEBMを適用すべきではない。換言すれば、EBMは臨床的に直接使用されるものではない。さらに、一般に、調査したグループが大きければ大きいほど、結果はあまり有用ではない。合理的な患者は、適用されないため、ほとんどのEBM試験の結果を無視する。これを説明するために、ニューヨークのすべての人の足のサイズを測定し、平均値(足のサイズ/人数)を計算したとします。この情報を用いて、政府はすべての人に平均的なサイズの靴を与えることを提案する。明らかに、これは賢明ではありません。ほとんどの人にとって、靴は大きすぎたり小さすぎたりします。治療に対する個々の反応は、少なくとも靴のサイズと同じくらい異なるが、これにもかかわらず、EBMは集計されたデータに依存している。これは技術的に間違っています。グループ統計は、治療に対する個人の反応を予測することはできない。EBMが証拠を選択「最良の証拠」のみを使用しようとするEBMのアプローチのもう一つの問題は、医師や患者が重要な治療上の決定を下すのに利用できる情報の量を削減することである。 EBMで認められた証拠は、激しく異なるグループからの結果を集約することによって結論をより重要なものにしようとする大規模な試験とメタアナリシスで構成されています。これは全証拠のわずかな割合を占めています。メタ分析は、EBMの厳格な基準を満たしていないため、利用可能なデータの大部分を拒否しています。これはあなたのデータを選択しないというもう一つの科学的原則と矛盾します。この文脈ではなく、最高のデータを選択し、結果のグラフを描く科学の学生は、罰せられ、再びそれをしないように指示されます。より多くのEBM問題EBMの問題はさらにあります。臨床医と患者のコミュニケーションという、基本的な法則を破ります。人体は生物学的システムであり、何かがうまくいかないときは、臨床医がそれをコントロールしようとします。例を挙げると、人が発熱すると、臨床医は解熱法を提案することができます。これは、人が過度の苦痛がある場合に機能します。あるいは、医師は、アスピリンのような解熱薬を推奨するかもしれません。しかし、感染と激しい熱がある場合、物理的な冷却や対症療法は、感染を鎮めないので機能しない可能性があります。我々が述べたように、EBMは「ベストエビデンス」と考えられるものに多様性を限定している。しかし、特定の状態のすべての患者に医師が同じ統計的治療法を適用すると、臨床医と患者のコミュニケーションという、法律が破られることになります。したがって、多くの場合、医師は正確な予測を行うのに十分な情報がないため、治療は失敗すると予想される。人口統計では、複雑で特定の患者を治療するためにはもちろんのこと、ぴったり合う靴のペアを提供するために必要な情報は収集されません。実際の科学は検証を意味する私たちが暗示しているように、科学は誘導のプロセスであり、実験を使ってアイデアをテストします。したがって、科学的な観点から、我々は信頼するが、他の研究者の発見を検証する。科学的結果の力は、実験を簡単に繰り返して確認できるということです。どのような理由であれ(それが評価不能、難しすぎる、または間違っているため)、科学的結果は弱く、信頼性が低くなります。残念なことに、EBMの大規模な研究に重点を置くことは、複製を困難かつ高価にし、時間を浪費させる。私たちは、繰り返しは不可能であり信頼できないので、大規模な研究は疑わしいはずです。 EBMはその結果を信頼するように私たちに求めますが、すべての目的と目的のために、繰り返して行うことはできません。結局のところ、大規模な臨床試験を繰り返すには4,000万ドル、5年間の医師は何人必要でしょうか?したがって、EBMは科学的方法の重要な部分である反論を避ける。彼らのモデルと説明では、科学者は単純化を目指しています。対照的に、EBMは多数の危険因子および多変量の説明を無視し、治療を選択するのを困難にする。例えば、医者が病気が塩、コレステロール、ジャンクフード、運動不足、遺伝的要因などによって引き起こされていると考えている場合、治療計画は複雑になります。この多因子的アプローチは、次元性の呪縛につながるので無効です。意外にも、使用するリスク要因が多いほど、解決策を得る機会が少なくなります。この発見は、過度に複雑な解決策が一貫して失敗するパターン認識の分野から直接得られます。リスク要因が多すぎると、モデルのノイズやエラーが本物の情報を圧倒し、誤った予測や診断につながることを意味します。再度合理的な患者は、本質的に非科学的で非実用的であるため、EBMを拒絶するであろう。統計学者ではなく人々のための医学私たちはそれぞれ生化学的に異なる個体であるため、病状の診断は非常に困難です。この考え方の創始者である栄養学のパイオニアであるロジャーウィリアムズ博士の説明によれば、「必要な栄養素の量は実際の人々により異なるため、統計は意味をなさない。臨床医は、患者の生化学的多様性を考慮に入れて、十分な知識と治療の多様性を考慮しないといけません。医学の基本的なアプローチは、患者を明確な問題を抱えた独特な個人として扱うことでなければなりません。これは生化学と遺伝学にまで及ぶ。効果的かつ科学的な形の医学は、通常の統計ではなく、それぞれの患者に合った治療を行わなければなりません。言い換えれば、それは疾患の予防および治療に対する有効なアプローチであろう。各個人に合わせ、格安な、オーソモレキュラー医学は、真に科学的なアプローチと言えます。 Orthomolecular medicineは、「代替」として疎外されていないことから、究極の合理的な医療方法論としてすぐに認識されるようになるかもしれません。それはEBMを超えるものです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーースチーブ・ヒッキーはいつもとてもアグレッシブな文章を書きます。本当に良い治療は、二重盲験試験を行わなくても、誰の目から見ても圧倒的な効果が出る治療です。糖尿病に対する糖質制限食、傷の湿潤治療、鉄タンパク不足の治療、統合失調症のナイアシン治療、など。これらの治療でプラセボ投与群を設定するなんて、非人道的な研究となってしまい、患者の正しい治療を受ける権利を奪うことになる。多数の患者で僅かの差しか出せないEBMなんて必要ない。しかし、”EBM”、”エビデンス”を連発する何も考えていない医師頭(石頭)が大多数。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1506021102847542

      48
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 結局、ビタミンEはこうなった

      結局、ビタミンEはこうなった1日目、Nowd-αトコフェロール400IU*3+Nowミックストコフェロール400IU*2、合計d-α1400IU。2日目、Healthy Origins(ミックストコフェロール、d-α1000IU)+ガンマE(d-α450IU、トコトリエノール入り)、合計d-α1450IU。d-α単独でも良いと思うけどね。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1505421229574196

      55
      テーマ:
    • 放射線障害治療プロトコール(柳澤厚生先生)

      放射線障害治療プロトコール(柳澤厚生先生)推薦ー1、望ましい抗酸化剤量ビタミンC、orリポゾームC(L);1~2g*3~4回、or(L)1g*2回。αリポ酸;100~200mg*2回。セレニウム;50~100mcg*2回。ビタミンE;100~200mg*2回。上記にマルチビタミン/マルチミネラルを追加。推薦ー2、最大の抗酸化剤量ビタミンC、orリポゾームC(L);2~3g*3~4回、or(L)1g*2回。αリポ酸;300mg*2回。セレニウム;200mcgを2回。ビタミンE;200mg*2回。上記にマルチビタミン/マルチミネラルを追加。推薦ー3、原発作業員に必要な抗酸化剤量ビタミンC点滴25gを放射線暴露前後に施行。上記点滴に、Mg-chloride5ml、B-complex100mg、B6を100mg、B5を250mg、追加。リポゾームC(L);2g*3回。αリポ酸;300mg*2回。セレニウム;200mcg*2回。ビタミンE;200mg*2回。上記にマルチビタミン/マルチミネラルを追加。福島原発事故後、国際オーソモレキュラー医学会と日本点滴療法研究会が協議し、上記プロトコールを発表した。このプロトコールは、政府、東京電力、マスコミ各社に伝えられたが、全く反応はなし。東日本在住の人は上記の抗酸化剤を服用すべきでしょう。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1505049096278076

      45
      1
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 7-6)、毎日のビタミンC2錠服用は、毎年200,000人の命を救う

      7-6)、毎日のビタミンC2錠服用は、毎年200,000人の命を救うことができますOrthomolecular Medicine News Service(OMNS)、2011年11月22日Ian Brighthope, M.D. (Australia)、 Ralph K. Campbell, M.D. (USA)、 Carolyn Dean, M.D., N.D. (Canada)、 Damien Downing, M.D. (United Kingdom)、 Michael Ellis, M.D. (Australia)、 Martin P. Gallagher, M.D., D.C. (USA)、 Michael Gonzalez, D.Sc., Ph.D. (Puerto Rico)、 William B. Grant, Ph.D. (USA)、 Steve Hickey, Ph.D. (United Kingdom)、 James A. Jackson, Ph.D. (USA)、 Michael Janson, M.D. (USA)、 Robert E. Jenkins, D.C. (USA)、 Bo H. Jonsson, M.D., Ph.D. (Sweden)、 Thomas Levy, M.D., J.D. (USA)、 Jorge R. Miranda-Massari, Pharm.D. (Puerto Rico)、 Erik Paterson, M.D. (Canada)、 W. Todd Penberthy, Ph.D. (USA)、 Gert E. Shuitemaker, Ph.D. (Netherlands)、 Robert G. Smith, Ph.D. (USA)、 Jagan Nathan Vamanan, M.D. (India)、 Andrew W. Saul, Ph.D. (USA),心不全を改善させるアスコルビン酸補充ビタミンCの血中濃度が増加すると心不全のリスクが低下するという新たな研究が報告されている[1]。アスコルビン酸の血中濃度レベルが最も低い人は心不全のリスクが最も高く、最高レベルのビタミンC血中濃度を有する人は心不全のリスクが最も低かった。米国疾病対策センター(CDC)によると、毎年約60万人の心臓病による死亡があります。 [2]これは莫大な数です。研究の著者が使用した心不全の定義は、処方された薬物に基づいており、これには死に至るすべての形態の心臓病が含まれる。これはCDCの定義とよく一致します。具体的には、血漿ビタミンCの20マイクロモル/リットル(μmol/ L)の増加は、心不全による死亡の9%減少と関連していることが分かった。これは、20μmol/ Lの血漿ビタミンCの増加ごとに、心不全による死亡者が54,000人少なくなっています。誰もが最高の四分位数(80μmol/ L)に達するのに十分な高さのビタミンCを服用すれば、年間に約216,000死亡者数は少なくなる。単にビタミンCを摂取することにより。心不全とは何ですか?心筋は多くの理由で障害を受ける。私たちが年を取るにつれて、心筋は弱くなり、その健康に保つのに十分な栄養素が得られないかもしれません。患者を死に至らせないが、心筋に重大な損傷を引き起こした重度の心臓発作は、心臓を非常に弱体化させた状態にする可能性がある。長期間または急性の高血圧は、心臓に大きな負担をかけることになり、心臓が機能しなくなる可能性があります。非常に速い心拍数、不規則な鼓動または欠けた拍動のような心臓の異常な鼓動は、効果的でない心拍出の失敗をもたらす。貧血は、臓器に十分な酸素を送達しようとして、心臓の拍動をより困難かつ迅速にするでしょう。血液の流れを導く心臓の弁は、コラーゲンと呼ばれる重要な繊維強化組織で構成されています。これらの弁の脆弱性または裂け目は、血液を逆流させ、心臓の拍動を非常に非効率的にし、最終的には失敗させる可能性がある。心筋が機能しなくなると、二酸化炭素と老廃物が蓄積し、腎臓や肝臓の機能が低下します。最終的に、すべての器官に液体が蓄積し、人は重度の疲労、息切れ(肺液中)、足首の腫脹(浮腫)を呈します。ウイルスおよび他の微生物は、ウイルス性心筋炎を引き起こすことによって、心臓を攻撃し、心筋細胞を永久に弱めることができる。心筋細胞が高齢化するにつれて、働くためにより多くのエネルギーを必要とし、フリーラジカルの損傷からより大きなレベルの保護を必要とすることがある。マグネシウム、オロチン酸、コエンザイムQ10、アセチルL-カルニチンなどの栄養素が必要な場合があります。毒素、化学療法薬、アルコールおよびセレンなどの栄養素の欠乏は、心臓が衰弱を補うために細胞のサイズを増加させる原因となることがあります。心筋の拡大は、心筋症と呼ばれる。これらの心臓ははるかに失敗する可能性が高いです。心不全の治療では、動脈を開いて血圧を下げ、余分な体液を体外に排出する薬(利尿薬)を使用します。 ACE阻害剤として知られる薬物は、生活の質と生存率を改善します。食生活、体液と塩の制限、そして許容される運動は不可欠です。最も重症の場合は、心臓移植が必要な場合があります。しかしながら、これらの治療の多くは重大な副作用を有する。例えば、過剰な体液を除去するための利尿剤による治療は、血漿ビタミンCレベルを低下させ、心不全の原因を悪化させる傾向がある。どのくらいのビタミンCが必要ですか?あなたが思っているよりも少ないビタミンCしか必要としません。血漿レベル80μmol/ Lを達成し、それによって年間216,000人の死亡を減らすためには、約500mgのビタミンCを必要とする。これは1日に1〜2錠で10セント未満である。3,000〜8,000mg /日の連続した用量では、血漿レベルを2倍高くすることができる(160μmol/ L)。この高用量のCにより、さらに80μmol/ L濃度が増えるため、さらに216,000人の命を救うことができます。静脈内投与を行わなくても、さらに高い濃度にすることができます。 1時間当たり1000mgのビタミンCを12時間(12,000mg /日)投与すると、約240μmol/ Lの血漿レベルが得られる。 5,000ミリグラムの単回投与では、240μmol/ Lのピークに達することがありますが、摂取後約2〜4時間だけです。そのため、投与量を増やす必要があります:より良い吸収、徐々に排出、より高い血漿レベル。 。 。より良い結果が得られます。結論:ビタミンCの摂取量を最適化することで、摂取する人の健康状態が最適化されます。この中には、生命を脅かす可能性のある障害を持つ人も含まれます。シンプルで安価で効果的で安全な治療法です。ビタミンCはもはや「論争の的な」療法ではありません。それは無視された療法です。この最新の調査が確認したことを医師が十分に目覚めさせるべき時期です。ビタミンCの摂取量が多いほど心不全が少ないことを意味します。つまり、ビタミンC摂取量が多いほど、死亡者数は少なくなります。年間20万人少なくなります。References:1. Pfister R, Sharp SJ, Luben R, Wareham NJ, Khaw KT. (2011) Plasma vitamin C predicts incident heart failure in men and women in European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition-Norfolk prospective study. Am Heart J. 162:246-253.2. http://www.cdc.gov/nchs/fastats/lcod.htmーーーーーーーーーーーーーーーーービタミンC血中濃度は、500mg投与で、80μM、3~8g投与で、160μM、12g投与で、240μM、高用量C点滴では、10~20mM。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1504078773041775

      76
      2
      テーマ:
  • 05 Dec
    • The Orthomolecular Treatment of Chronic Disease

      The Orthomolecular Treatment of Chronic Disease、読み終えましたA4サイズ(論文サイズ)*800ページの電話帳のような本。読み始める前には、読み終えるには半年位かかるのではと思っていたが、10月10日に読み始めたので2ヶ月かからなかった。この本は、50年の歴史があるThe Journal of Orthomolecular Medicine(JOM)の中からアンドリュー・ソウルが代表論文を抽出してまとめたもので、JOMの歴史を俯瞰出来る内容となっている。http://orthomolecular.org/library/jom/index.shtml著者は、ポーリング、ホッファー、ファイファー、リオルダン、クレナーなどの超有名人。内容は一貫して、「メガビタミン+ミネラル治療は有効かつ安全な治療である」ことが示されている。JOMはMEDLINEに索引付けされていないので、ほとんどの医者はこのような医学雑誌があることを知らない。普通の医学雑誌は製薬会社の資金援助を受けており、薬の広告も多数掲載されている。つまり普通の医学雑誌は、スポンサーが喜ぶ”○○の薬物投与により改善した”という論文投稿は大歓迎なのだが、”薬は使わずにビタミンで改善した”という論文は受理されない構造となっている。もしそのような論文が掲載されると、製薬会社は資金を引き揚げるはずで、そうなると医学雑誌自体も困るからだ。つまり、普通の医学雑誌は著しい出版バイアスがかかっており、真実を伝えていない。(詳細については、元ニューイングランドジャーナル編集長、マーシャ・エンジェルの”ビッグファーマ”を参照)しかしほとんどの医者はこのような事実を知らない。また多くの論文はデータが捏造されている事実も知らない。だから、論文を有り難がり、”△△という論文があった”と主張する「エビデンス医者」はマヌケなのだ。最も滑稽なのが「MEDLINE医者」。MEDLINEで検索して勉強したがる医者なのだが、そこで調べた論文がすべて正しいと信じ切っている。MEDLINEで検索出来る論文は、製薬会社の資金援助を受けたアンチオーソモレキュラー論文、アンチメガビタミン論文ばかりなのだが、それが正しいと信じ込み、”ビタミンCとビタミンEを服用すると寿命が短縮する”などと、すっとぼけたことを平気で言う医者もいる。自分はインチキだらけの医学論文は全く読まないし、MEDLINE検索も全くしない。このオーソモレキュラー本に掲載されている論文は、誰からも資金援助を受けていないにも関わらず真実を伝えたいという著者達の熱意が伝わってくるものばかりで、真実が記載されていると確信している。膨大な内容だけど、ぜひ挑戦してみて下さい。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1503110646471921

      66
      テーマ:
  • 04 Dec
    • メグビーメールマガジン 12月号 Vol.93

      メグビーメールマガジン 12月号 Vol.93「高タンパク健康法」~筋肉も骨も強化する~健康なる肉体は・・・科学的栄養食に宿る【筋肉の発達効果】ふやせフィラメント数 モントリオールで1976年に開催されたオリンピックの舞台で、日本チームは不成績をきわめた。相対的なレコードを見ると、水泳などは数十年の昔に逆もどりしてしまった。 すべてのスピード競技において、西欧諸国が大きく前進したのに対し、日本はあまり進歩しなかった、ということである。 モントリオールの惨敗も、はじめから見えていた。 じつは、近年のスピード競技の記録の伸びは、猛訓練やシゴキの結果ではない。それは、いわば科学の勝利であったのだ。科学を尊重し、その知識を進んでとりいれるようになったとき、日本の記録はもっと伸びるだろう。 しかしそのとき、西欧の選手たちは、一歩も二歩も先まで進んでいるだろう。 スピード競技の記録は、無限に上昇する性質のものではない。科学を完全にこなしたとき、それは頭打ちになるだろう。西欧の記録が足踏みを始めたとき、日本はそれにあとから追いつく、という図式が想像できる。 ところで、私のいわんとするスポーツの科学は何か、を問われる順番になったが、それはもっぱら栄養の問題である。栄養とは「からだを活動させる条件」にほかならない。 これについての科学の進歩を無視すれば、十年一日の記録も、ふしぎではないか。猛訓練やシゴキで科学に対抗するのは、戦争末期の軍の竹ヤリ精神に等しい。 本書で問題にする栄養素はタンパク質である。したがってここではタンパク質中心の理論を展開することになるが、スポーツにとって重要な栄養素はもう一つある。 それは、ビタミンEだ。今日、ビタミンEを知らずしてスポーツを語るのは、とんでもない時代遅れであろう。これについては「ビタミンE健康法」にくわしく書いておいたが、ここに要点をかいつまんでおく。 スポーツの主役は筋肉である。この筋肉が、瞬間的に発生する力を「瞬発力」という。多くのスポーツにおいて、瞬発力の大きいことは有利である。幅とびでは脚の筋肉の瞬発力が、野球の投手では腕の筋肉の瞬発力が、決定的な意味をもつだろう。 瞬発力の大小は、1つには筋力の問題であり、1つには筋肉に発生するエネルギーの問題である。前者にはタンパク質がかかわり、後者にはビタミンEがかかわる。 生体が必要とするエネルギーは、いちおうはすべてATP(アデノシン三リン酸)から得られる。 したがって、ATPを何からつくるかが問題になる。瞬間的に筋肉が収縮するとき、ATPの原料はクレアチンリン酸である。そして、この物質を筋肉中に保持する役割を、ビタミンEが負っている。 ビタミンEが十分に存在しない筋肉はクレアチンリン酸に逃げられる。このものは尿のなかに捨てられてしまうのだ。 クレアチンリン酸がATPをつくる代謝に酸素は必要がない。ところが、連続的に筋肉を活動させるときのATPは脂肪酸の酸化によってつくられる。したがって、スポーツのような過激な運動では、大量の酸素が要求される。ところが、ビタミンEが十分に存在しない場合、あるいはそれがほかの用途に向けられた場合、呼吸によって取りいれた酸素の43%は、ATP合成に利用されないのである。これを100%まであげることができれば、筋肉への酸素の供給は2倍近くに増加する。これが、ビタミンEのもう1つの効果である。スポーツは、発達した筋肉に十分なビタミンEが与えられたとき、はじめてかっこうがつく、と現代科学は主張する。 では、筋肉の発達とは何だろうか。筋肉の構成をみると、それは膜に繊維が包まれた形になっている。この筋繊維が太くなったとき、筋肉は発達したといわれる。 筋繊維は10本前後の筋原線維のなかに「フィラメント」とよばれるタンパク繊維がならんでいる。 フィラメントの数がふえれば筋原繊維も太くなり、筋繊維も太くなる。 スポーツマンは、フィラメントの数をふやす努力が必要だ。 そのことはただちに、高タンパク食につながる。●運動前に高タンパク食を ラットを使った実験のデータがある。普通食でも高タンパク食でも、運動すれば筋肉が発達することが、それの重量の増加によってはっきりわかる。 運動の前でも後でも、高タンパク食をやれば、発達はよくなる。そしてまた、運動前の高タンパク食が、もっとも有利である。しかもまた、筋肉1グラムあたりの発生する力は、運動前の高タンパク食によって、いちじるしく大きくなる。運動がすんで2~3時間もすれば、高タンパク食のありがたみのうすれることも、よくわかる。 ここからスポーツ選手への教訓を引きだすとすれば、平常から高タンパク食をとったうえで、練習や本番の前には、さらにタンパク質を増量せよということだ。 スポーツというものは、シゴキというほどのことはなくても厳しさをもっている。これは必然的にストレッサーとなる。これの対策としてもタンパク質が必要になるはずだ。 同時にビタミンC、ビタミンEも必要になることは、すでに書いたとおりである、これらのことを十分に納得し、量的な計画をたててこそ、スポーツに科学を取り入れたことになる。それを棚にあげてスポーツの振興を叫ぶのは、国際競技が頭にない精神主義者のすることだ。●6秒間の筋緊張持続 筋肉の発達にとってもっとも合理的な方法は、全力をこめた緊張を6秒間持続することである。 筋原繊維にはおもしろい性質があって、悉無律に従う。悉は“ことごとく”の意味であるから、この原理は、全力あるいは無、ということになる。筋原線維は、全力で緊張するか、または、まったくたるんでいるかである。 したがって、ある筋繊維が全力の半分の力を要求されたとき、筋原繊維の半数は休んでいる。そして交代するわけだ。だから、全力の半分の力をだしている筋肉では、つねに半数交代がおこなわれることになる。 そこで全力投球の場合であるが、全力をふりしぼったつもりでも、全部の筋原繊維が緊張しているかどうか疑わしい。 しかし、半数以上は緊張しているだろう。すると、交代要員は不足することになる。これは、生体として手落ちではないか。要求にこたえられないような筋肉をもっていることを、生体は知ったことになる。 それで、新たにフィラメントをつくって、要求に応じようとかかる。 これは、生体のフィードバック機構の一つといえよう。 6秒というのは、クレアチンリン酸がATPを合成することのできる時間の限度である。 筋肉が十分に緊張しているとき、血管は圧迫されて血流を停滞させる。 そこで、ATPの合成にもっぱらクレアチンリン酸が利用される。この時間を経過すると、無酸素状態では乳酸が蓄積するので、得なことはなくなる。 そこで、6秒間を限度とするのである。なお、この作業はタンパク質の異化を促進する。それは、フィラメントの破壊を意味するのであるから、同化のためのタンパク質の要求がある。 つまり、タンパク質をよけいにとれ、ということだ。また、フィラメント数の増加した状態をもたらすのに2昼夜ほどかかるようである。 したがって、「アイソメトリックコントラクション(等尺収縮)」とよばれるこの作業は隔日とするがよい。毎日やると、筋肉痛がおきるために、続かなくなることがある。 この作業には、エキスパンダーやブルワーカーなどの補助具を利用すれば便利である。 ●アイソメトリックス健康法のすすめ 力士のような例外を別とすれば、下腹のでたスポーツマンは、まず見られない。これは、腹筋ともよばれる腹直筋が強いためである。 腹直筋でもどこの筋肉でも、使わなければ筋繊維が細くなる。使いもしない筋肉をもっていると、同化のためによけいなタンパク質を必要とし、そこに酸素や栄養を送るために、大量の血液を必要とする。 生体は、そんなむだはしない。25歳をすぎるころから、むだをはぶく努力が始まる。その結果、筋肉も血管も細くなる。この傾向を加速するのは、低タンパク食である。 腹直筋が衰えて下腹の張りがなくなると、内臓を支える力が弱いから、それがさがってくる。 腸の下垂は問題をおこさないが、胃の下垂は、みぞおちの痛みをおこしたりする。 それも大したことはないが、この場合、下垂した臓器の保護のために皮下脂肪が厚みを増す。 これが、下腹のでてくる理由である。 力士の場合、話はぜんぜんちがう。彼らが取り組んでもみあうとき、呼吸をとめなければならない。その時間が長くなると、酸素の補給が困難になる。 そこで筋肉はそれに順応して、酸素の蓄積能力をふやす。そこで、ヘムをもつタンパク質ミオグロビンをふやす。 ミオグロビンはヘモグロビンから酸素をうけとって筋肉内に保持する。 アンコ型の力士の筋肉は、どれもがミオグロビンを抱えこんでクジラの肉のように黒くなっている。素人とは話がちがうのだ。 ところで、下腹が気になったら、腹直筋のアイソメトリックコントラクションを実行し、タンパク質を増量することだ。 まず、椅子に腰をかけてテーブルに向かい、両肘をテーブルにつく。 そして、全身を肘でもちあげるような気持ちで、全力投球でテーブルを押す。これを6秒間持続する。 ひきつづき、これを8回ほど繰り返せば、1クールの終わりである。 この方法で、ウエストが縮まることは、科学が保証するだろう。(今西鴻絵「アイソメトリックス健康法」講談社 参照) この作業のとき、腹直筋の緊張が感じられるはずだが、この要領でやれば、椅子やテーブルの利用で、たいていの筋肉の鍛錬ができる。興味のある方は工夫していただきたい。 スポーツマンならば、そのための運動具を利用すべきだろう。【三石巌 高タンパク健康法(絶版)P169~P178より抜粋】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーービタミンE不足があれば呼吸で取り入れた酸素の43%は不飽和脂肪酸の自動酸化に浪費されてしまう。酸素は本来はミトコンドリアでのATP合成に使われるため、ビタミンE不足はATP不足を来す。 元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1502155303234122

      62
      1
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 7-5)、 ビタミンは肺癌のリスクを50%軽減する

      7-5)、 ビタミンは肺癌のリスクを50%軽減するOrthomolecular Medicine News Service(OMNS)、2011年11月18日Robert G. Smith、PhDビタミンB6、メチオニン、および葉酸塩の血中濃度と肺癌のリスクとの間には、ビタミンB群の効果に関する最近の研究[1]が報告されています。ビタミンB6、メチオニンおよび葉酸塩の血清中濃度が高いと、肺癌リスクが50%以上低下した。このエキサイティングな発見はメディアでは広く報道されていませんが、ビタミンB群ががんなどの病気の予防に重要であるというエビデンスが過去40年間に集まってきていることが確認されています。この研究では、欧州のいくつかの国々の385,000人の人々のライフスタイルと食生活に関する情報が収集されました。平均年齢は64歳で、ほとんどの人は毎日アルコールを飲むという生活史がありました。次いで、これらの参加者から血液サンプルを採取し、肺癌を発症した患者(889人)のうちいくつかのビタミンBと、必須アミノ酸であるメチオニンなどの関連生化学物質の濃度を分析した。これらの栄養素は、体の組織におけるDNAの合成と修復に必要な単一炭素化合物の代謝において重要であることが知られているため、研究されている[2]。したがって、ビタミンBは、癌を引き起こす可能性のあるDNAの欠損を予防するのに役立つ[2-4]。具体的には、ビタミンB6、メチオニン、または葉酸塩のいずれの高い血中濃度は、肺癌のリスクを低下させた。これらの栄養素が高濃度であれば、リスクはさらに低くなります。効果は大きかったので、結果は非常に重要です。この研究は、参加者を、現在喫煙しているか、以前に喫煙していたか、喫煙していないかによって3つのカテゴリーに分けた。興味深いことに、喫煙が肺がんのリスクの中で最も重要な生活習慣因子である一方、ビタミンB6、メチオニン、および葉酸塩の効果は、喫煙歴の3つのカテゴリーの間で同じであった。すなわち、これらのビタミンB群のレベルが高い人は、喫煙の有無にかかわらず肺癌のリスクが有意に低かった。報告書は、この結果が、癌のリスクを低下させる上でのこれらの必須栄養素の効果が、純粋に統計的相関ではなく、実際に存在することを強く示唆していることを強調している。広範に報告されている健康調査の中には、ビタミンB群ががんのリスクを高めることがありうると言われています。これらのビタミンBが、DNA合成と修復を強化する効果を癌の予防に役立てることができますが、がんが存在すると、ビタミンはがんの成長を促進するとも言われています。しかし、葉酸やビタミンB6などのビタミンB群が、乳癌、前立腺癌、結腸直腸癌などの多くの種類の癌を予防するのに役立つと報告している上記の研究を含む、健康研究の長い歴史がある[1-6]。ニュースメディアがこれを見逃す可能性があるのは驚くべき事ですが、実際全く報道されませんでした。多くの公表された研究[7]では、「マルチビタミンは高齢女性の死を増加させる」と広く主張されています。しかし、ビタミンB群はがんの死亡率を7%減少させ、ビタミンCは死亡率を4%低下させ、ビタミンDは死亡率を8%低下させ、いくつかのミネラルは死亡率を減少させることが明らかとなっています。B複合体、C、D、およびEビタミンを含むバランスのとれた食事の必須栄養素は、様々な理由から高齢者に健康を維持するために重要です。適切なレベルのビタミンを服用している人は、心臓発作が少なく、糖尿病[9]、多発性硬化症[10]、認知症[11]などの他の深刻な病気を発症することなく長生きできるでしょう。報告書で尋ねられた質問は、これらの必須栄養素について報告された血中濃度でビタミンサプリメントが果たす役割は何ですか? ビタミンBを含むマルチビタミンを服用すると、明らかにこれらの必須栄養素の血中濃度が上昇します。しかし、サプリメントの価値は報告書で強調されていませんでした。それでここで強調します。ビタミンは肺癌リスクを劇的に低下させます。サプリメントはこれらの栄養素を豊富に提供します。現代の食事はそうではありません。References:1. Johansson M, Relton C, Ueland PM, et al. Serum B vitamin levels and risk of lung cancer. JAMA. 2010 Jun 16;303(23):2377-85.2. Xu X, Chen J. One-carbon metabolism and breast cancer: an epidemiological perspective. J Genet Genomics. 2009;36: 203-214.3. Larsson SC, Orsini N, Wolk A. Vitamin B6 and risk of colorectal cancer: a meta-analysis of prospective studies. JAMA. 2010;303:1077-1083.4. Ames BN. Prevention of mutation, cancer, and other age-associated diseases by optimizing micronutrient intake. J Nucleic Acids. 2010 Sep 22;2010. pii: 725071.5. Mason JB. Unraveling the complex relationship between folate and cancer risk. Biofactors. 2011 Jul;37(4):253-60.6. Giovannucci E. Epidemiologic studies of folate and colorectal neoplasia: a review. J Nutr. 2002;132(Suppl):S2350-S2355.7. Mursu J, Robien K, Harnack LJ, Park K, Jacobs DR Jr. Dietary supplements and mortality rate in older women. The Iowa Women's Health Study. Arch Intern Med 2011. 171(18):1625-1633.8. Pfister R, Sharp SJ, Luben R, et al. Plasma vitamin C predicts incident heart failure in men and women in European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition-Norfolk prospective study. Am Heart J. 2011 Aug;162(2):246-53.9. Harding AH, Wareham NJ, Bingham SA, et al. Plasma vitamin C level, fruit and vegetable consumption, and the risk of new-onset type 2 diabetes mellitus: the European prospective investigation of cancer--Norfolk prospective study. Arch Intern Med. 2008 Jul 28;168(14):1493-9.10. Solomon AJ. Multiple sclerosis and vitamin D. Neurology. 2011 Oct 25;77(17):e99-e100.11. Selhub J, Troen A, Rosenberg IH. B vitamins and the aging brain. Nutr Rev. 2010 Dec;68 Suppl 2:S112-8.ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーホモシステイン代謝http://yakushi.pharm.or.jp/FULL_TEXT/127_10/pdf/1579.pdf#search=%27%E3%83%9B%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%27ホモシステインを下げるためには、B6、葉酸、B12が必要。元記事はこちらhttps://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1500090090107310

      97
      3
      テーマ:
AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。