『さばえ.jp』百さんのブログです

にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。

皆様の応援が励み
”1日1回、応援クリック”何卒よろしくお願いします。


ラブラブ ダウン ダウン


にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ




  • 15Dec
    • 鯖江消防団歳末特別警戒激励会

      平成30年鯖江消防団歳末特別警戒激励会でした。今年も残すところ、2週間余りとなりました。 消防団の皆様におかれましては複雑・多様化する災害対応への消防訓練や知識習得をはじめ、地域の防火・防災力を高めるために数々の自主防災訓練に出動され、市民にご指導いただくなど災害出動はもとより、各方面において大いにご活躍いただき、市民を代表して感謝申し上げます。今年1年を振り返りますと、「56豪雪」以来37年ぶりの記録的な大雪に見舞われ、団員の皆様には消防水利の除雪作業に連日従事していただきました。また、7月豪雨では、西日本を中心に全国の広い範囲で甚大な爪跡を残したことは、改めて風水害の恐ろしさを痛感したところであります。近年の異常気象もあり、例年を上回る台風が日本列島に接近し、風水害への対応ということで、皆様には深夜にもかかわらず懸命な活動に従事していただき、おかげさまで市内の被害は最小限で済み、ほっと胸を撫で下ろしたところでもありました。また、火災件数は先週8日の土曜日に住宅火災が発生しましたが、市内においては12月現在9件と例年に比べ少なくなっております。これらの要因として市民の防火・防災に対する意識の高まりをはじめ、日ごろ皆様が行っていただいております火災予防啓発や夜間巡ら警戒などが、安全・安心のまちづくりの礎になっているものです。師走の慌しい時期を迎えるにあたり、さらなる火災予防の啓発と防火意識の高揚のために、どうかよろしくお願い申し上げます。鯖江消防団の皆様には、今後とも健康には十分留意され、鯖江市の防火、防災のために、より一層のご協力を賜りますようお願い申し上げます。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 14Dec
    • 平成31年度予算編成・連日ご苦労様です。

      平成31年度の予算編成作業、連日ご苦労様です。地方創生の推進や東京一極集中の是正により、東京から地方への人・モノ・金の流れを促進することで、個性と活力ある地域経済の再生は喫緊の課題です。同時に、次世代に持続可能な地方財政を引き渡していくことが重要です。総務省が概算要求と合わせて作成した2019年度の地方財政収支に関する仮試算よりますと、交付税や地方税、臨時財政対策債など自治体が自由に使途を決められる一般財源の総額は、本年度比0.9%増の62兆7,000億円程度とされましたが、企業業績の回復に伴う地方税収入の増額が見込まれるとし、地方交付税総額は、最終的に自治体に配分される「出口ベース」で本年度比0.5%減の15兆9,350億円とされています。こうした中、本市の財政状況でありますが、引き続き、扶助費などの社会保障関係経費など義務的経費が高い水準で推移しており、財政の硬直性は依然として高い状態にあります。さらに、今後、一層の少子高齢化の進展が懸念される中、これまでのように地域経済の活性化に向けた地方創生事業の推進、中心市街地の活性化など鯖江市独自のまちづくりを打ち出すことも必要です。魅力あり、住み続けたくなるふるさとを子や孫の世代に持続的に引き継いでいくためには、地方創生と財政健全化を両立させることは不可欠であり、また、2023年春の北陸新幹線「金沢-敦賀間」開業を控え、次の5年、10年先を見据えた新たなまちづくりに向けた施策の展開が求められています。このような国の動向や本市の置かれている状況を踏まえ、平成31年度予算編成方針を示し、現在、各部において当初予算の編成作業を進めているところです。本市は、世界にはばたく地域ブランド「めがねのまちさばえ」を前面に出し、市内外で積極的なシティープロモーションを展開してきました。平成31年度当初予算においても、この活動を継続するとともに、市民の目線、生活者の視点に立ち、市民みんなが幸福を享受できるまちづくりを行うことを念頭に、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる「魅力ある雇用の創出」、「若者が住みたくなるまちの創造」そして「若くて元気なまちの創造」および「安心で快適に暮らせるまちの創造」の4つの基本目標に沿った施策に対して財源を重点的に配分することとしています。「持続可能な開発目標(SDGs)」の理念のもと、全庁的に認識を共有しながら、今後の本格的な人口減少社会を見据えた対策を推進するため、厳しい財政状況を踏まえつつ、創意・工夫を重ねて積極的かつ斬新な事業展開を進めていくことが肝要です。職員の知恵と工夫で、厳しい状況を乗り切ってまいります。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      9
      テーマ:
  • 13Dec
    • (株)LIFULLグループ社外監査役様5名の方が市長室を訪問されました。

      株式会社LIFULLと鯖江市は、2017年10月に地域活性化連携協定を締結しました。 2018年3月には、株式会社SUI Products、株式会社LIFULL FaMが事業開始しております。今回3社目のオフィスとして、株式会社LIFULL bizas(代表取締役 宇野 重孝、本社:高知県高知市)の新オフィスを開設することを決定しました。今後、新オフィスは2019年2月に事業を開始する予定で、現在正社員で、20名以上規模での募集をしています。LIFULLグループ企業3社が鯖江に進出され大歓迎、こんなに嬉しいことはありません。そういうこともあって、今回LIFULLグループ社外監査役様5名の方が市長室を訪問されました。鯖江市の訪問目的は、LIFULLグループの鯖江市での取り組み状況のご視察。SUI・FAMの雇用、空き家関係、民泊プロジェクト、bizasの事務所予定地見学など、ビッシリでした。私からは鯖江市概要についてご説明させていただき、いろいろと情報交換させていただきました。サテライトオフイス誘致事業での進出は、5社目を数えます。そのうちLIFULLグループで3社、鯖江市がLIFULLタウンに、心から感謝申し上げます。監査役の皆様からは、激励のお言葉もいただき、本当にありがとうございました。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      6
      テーマ:
  • 12Dec
    • 新潟医療福祉大学教授石井雅子先生と懇談できました。

      新潟医療福祉大学教授石井雅子先生と懇談できました。先生は、視機能科学科の教授で「子どもの目や見え方」の研究をされています。先生は、視機能を育てることは、子供の可能性を広げる大切なことと仰っていました。子どものときからの目の健康づくり、めがねのまちさばえは、「眼育」(めいく)に取り組んでいます。子どもの目は一般的に6歳頃に成熟し、8歳までに視力が決まるといわれています。将来を担う子供たちが希望する職業に就けなかったり、スポーツができなかったりということを防ぐため、市では3歳児健診での屈折検査をはじめ、早い時期からの目の健康づくり「眼育」に取り組んでいます。市では「メディアと子どもの目の健康」として育児講演会や、幼児健診においてメディア適正利用についての情報提供を行っています。今回、先生から新たな取り組みの提案がありました。保育所、幼稚園の先生とも相談しながら進めていけたらと思います。先生よろしくお願いします。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      1
      テーマ:
  • 10Dec
    • 今年最後の誠市でした。

      今年最後の誠市でした。あいにくの天候で出足は今一でしたが、131回目の開催となりました。毎年恒例となりました杵と臼を使った餅つきを行い、ご来場の皆様につきたてのお餅のふるまいもあり、年末の慌しい時期ではありましたが、今年最後の「誠市」をお楽しみいただきました。ご来場いただき本当にありがとうございました。なお、来年1月・2月は冬季のためお休みさせていただき、3月10日に再開いたします。今年一年のご愛顧に感謝申し上げます。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      6
      テーマ:
  • 09Dec
    • 愛育会との語り合う会

      愛育会との語り合う会でした。愛育会は、「声かけ」を通じて赤ちゃんから高齢者の方々まで健康な生活が送れるよう、地域の連携やふれあいを基本に活動を進めておられ、まさに地域に根ざした活動、皆様の活動による豊かな地域づくりが期待されているところです。本市では国連が掲げる「持続可能な開発目標SDGs」の推進に向けて取組んでおります。5月31日に「2018国連ニューヨーク本部SDGs推進会議」に出席し、本市の女性の活躍をはじめとするSDGs推進への取組みを世界に向けて発表いたしました。お互い様、助け合いの精神が溢れ、内発的に革新に取り組む鯖江の地域風土の中で、女性が子育てや家庭と仕事の両立を図っている、私たちが当たり前のように営んでいる日常の生活が、世界において決して当たり前ではなく、豊かな地域性の中で育まれたものであることをありのままにお伝えしてきました。女性の活躍こそが地域を変えると考えております。今後の愛育会の益々のご発展と、皆様方がご健勝でご活躍されますことをご祈念申し上げます。 にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      5
      テーマ:
  • 08Dec
    • 鯖江市PTA連合会12月総会

      「平成30年度鯖江市PTA連合会12月総会」が開かれました。学力・体力ともに、常に全国トップクラスを維持している福井県において、鯖江の子どもたちは、スポーツや文化活動などでの活躍もめざましく、大変うれしい限りです。現在、市では、ものづくり教育とふるさと学習の推進、学力・体力日本一のまちに向けた「体育大好き支援事業」や「食育学習推進事業」などの特色ある事業に力を入れております。さらに、2020年度から全面実施される新学習指導要領に対応した学習が進められるよう、平成28年度から整備を進めている小学校ICT教育整備事業に加えて、昨年度からはプログラミング教育、小学校における外国語教育を推進し、教員の指導方法の開発や活用力の向上を図っております。また、学校施設につきましては、現在は、施設の長寿命化や環境改善を中心に取り組んでいるところでございます。また、今年2月の豪雪を受け、各小中学校に新たに1台ずつ除雪機を配置するとともに、今年の夏の猛暑を受けて、今後、小中学校の音楽室にエアコンを整備してまいります。今後も引き続き、地域の宝である子どもたちが安心して学べる環境整備に重点を置き、ふるさと鯖江に誇りと愛着心を持ち、将来の鯖江を担ってくれる人材育成に向けた施策を展開してまいります。昨今、子どもを取り巻く環境は厳しい状況でありますが、鯖江市PTA連合会の皆様には、学校や関係各種団体と連携、協力し、家庭や地域環境の改善を促進する役割を担っていただき、より一層のご活躍をお願いしたいと思います。本総会では、平成31年度鯖江市PTA連合会会長がお決まりになるとのことですが、次期連合会会長におかれましても、PTA活動を通じ子どもたちの健全育成にご尽力いただきますようご期待申し上げます。鯖江市PTA連合会の益々のご発展と皆様のご健勝を祈念申し上げます。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      5
      テーマ:
  • 07Dec
    • さばえものづくり博覧会2018第2回実行委員会が開かれました。

      さばえものづくり博覧会2018第2回実行委員会が開かれました。今年で7回目の開催となり、すっかり秋の恒例行事として定着した本事業では、ものづくり企業をはじめ、商業や農業、飲食関係など84の事業所にご出展をいただき、期間中は市内3中学の1年生をはじめとし、1万1,800人の来場者がありました。出展いただいた各ブースでは、世界に誇る要素技術や魅力溢れる新製品が数多く展示され、「めがねのまちさばえ」のものづくりの元気と活力を内外に示していただきました。また、今年も15のブースに「体験コーナー」を設けていただいたことにより、地元産業の魅力を直接肌で感じられました。地域に暮らす多くの子どもたちが地元産業の素晴らしさを知り、地元に誇りを感じていただくことが、必ずや将来的な「後継者育成」につながり、さらに「めがねのまちさばえ」のもつ技術力を基盤として、Iターン・Uターンを生み出す新たな産業の創出・育成につながっているものと期待しています。そして同時に、後継者育成事業としての「さばえものづくり博覧会」が果たす役割は大きいと改めて感じました。会議におきましては、アンケートの分析結果もお示しいただきました。実行委員の皆さまの忌憚のないご意見を頂戴し、本市産業におきまして、さらに実り多きものづくり博覧会の開催に結びつけていただきたいと願っておりますので、何卒よろしくお願い致します。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      4
      テーマ:
  • 06Dec
    • 第53回全国漆器展桂宮杯受賞記念式典

      先日、第53回全国漆器展桂宮杯受賞記念式典がうるしの里会館で開かれました。越前漆器協同組合の皆様は、第53回全国漆器展におきまして、団体賞としての最高賞である桂宮賞を受賞され、2連覇を達成、通算14回目となる最高賞の受賞は、全国の他の産地を大きく引き離す快挙です。美術工芸品および産業工芸品の各部門ともに高得点を獲得、まさに産地総合力の結晶であり、名実ともに日本一の漆器の産地であることが実証されました。漆器展の審査項目には「売れる」観点での評価ポイントが取り入れられていますが、越前漆器協同組合では東京芸術大学名誉教授の三田村先生を講師にお招きいたしまして「夜学塾」の開催や、青年部につきましては慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科とのワーキングを通じた「新商品・新事業創出」など「海外で売れる商品」の開発に注力されています。熟練工から若手まで幅広い参加者が力を合わせ、現状に満足せず、常に新しいことに前向きに取り組む姿勢が、この産地の強みであり、今後の越前漆器産地を支えていくうえで大きな力になっております。また、個人賞でも6作品が入賞、今回、美術工芸品部門にて奨励賞を受賞された「前田利榮」様は、先週11月27日に「福井県伝統的工芸品優秀継承者」といたしまして表彰を受けられましたが、受賞者をはじめとする越前漆器伝統工芸士会の皆様には、越前漆器の技術向上および後継者の育成を図るうえで、大きな力になる方々です。今後とも、より一層のご活躍を期待しております。土田理事長をはじめ組合員の皆さまの新たなことを受け入れる柔軟な姿勢、産地振興に向け進化し続けるという強い気構え、結束力によるものであります。産地の市長としても鼻高々です。産地の新たな挑戦に挑んでいただいております越前漆器協同組合の益々のご発展と皆様方のご健勝、ご多幸をご祈念申し上げます。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      3
      テーマ:
  • 05Dec
    • 鯖江市区長会連合会との話し合う会でした

      鯖江市区長会連合会との話し合う会でした。各地区区長会を代表して市および各地区での問題提起や各施策について熱心にご質問いただきました。先行き不透明な部分もございますが、現段階において判断を間違わないよう前例や皆様のご意見等をお聞きしながら舵取りをして行きたいと考えております。今年1年間、橋本会長のもと、各地区区長会長のみなさまの一体となったお取り組みで、市民の皆様と行政が一体となって、自信と誇りの持てる自主自立のまちづくりが更に歩を進めることができた一年であったと感じております。区長様方には、1年間本当にお疲れ様でございました。これから、新年度の役員人事等、年末年始にかけてお忙しくなると存じますが、引き続き、本市の市政運営に対しましてご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。今後は、更にみなさまと力を合わせながら、市民と行政とが互いに知恵を出し合い、持続可能なめがねのまちさばえの確立に向けて施策を展開するとともに、「思いやり」と「お互いさま」といった「心の絆」を大切にしながら、自信と誇り、そして、夢と希望の持てるふるさと鯖江市のこれからを築いてまいりたいと考えております。鯖江市区長会連合会のますますのご発展とみなさまのご健勝を祈念いたします。 にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      3
      テーマ:
  • 04Dec
    • サケの受精卵を届けました

      サケの卵を育てて命や環境の大切さを。鯖江東小にサケの受精卵2個が入ったペットボトル300本を、私と日野川漁協の美濃組合長が同校を訪問、児童の皆さんに手渡しました。 エコネットさばえの指導で2011年から毎年実施、今年で8回目になります。全校児童が一人一本づつ孵化や成長過程を記録観察、稚魚は来年3月上旬に日野川へ放流します。受精卵入りペットボトルは市内の全小学校、幼稚園や希望する市民にも配布いたします。皆さんよろしくお願いします。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      7
      テーマ:
  • 03Dec
    • 女(ひと)と男(ひと)輝くさばえフェスタ2018

      『女(ひと)と男(ひと)輝くさばえフェスタ2018』を開催しました。今年はさばえ男女共同参画ネットワークの設立10周年、また、鯖江市が男女共同参画都市宣言を行って10年がたちました。鯖江市は鯖江市役所JK課、鯖江市OC課、SBE80!など様々な世代の女性が活躍できる活気あふれるまちとして、県内外、国外からも注目されるようになりました。女性の様々な分野での活躍は地域活性化の大事な要素であり、それを支える男性の協力もまた大変重要です。今後、人口減少が進み、様々な分野での女性のエンパワーがますます必要となってきている今、働き方を改革する必要があります。平成26年度より「鯖江市ワーク・ライフ・バランス賞」を設け、女性だけでなく男性も仕事と育児や家族の介護に取り組みやすく、働きやすい職場環境の整備に努めておられる事業所や、家庭・仕事・地域活動など生活のバランスを図り、生き生きと輝いている個人を表彰しています。今年度は株式会社LIFULL Fam(ライフルファム)様、株式会社ヤマト工芸様、冨士経編株式会社様、また、子育てを楽しみ、多くの方と共に様々な活動をされている酒井友季子(さかいゆきこ)様を表彰させていただきました。全ての女性が何の障害もなく活躍できる社会、男女が共に手を取り合い、認め合い、一人一人が生き生きと暮らせる男女共同参画社会の実現に向けて、国連で採択された「持続可能な開発目標」SDGsが掲げる17の目標のひとつ「ジェンダー平等を実現しよう」を中心に、希望と夢のあるまちづくりに向け、人々が輝き続けていられる社会を目指すためさらなる取り組みを進めてまいります。このフェスタを通じて男女共同参画社会の実現に向けて一層の御理解と御協力をお願い申し上げます。市民主役事業での実施、鯖江男女共同参画ネットワークの皆さんと実行委員会の皆様に心からお礼申し上げます。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      4
      テーマ:
  • 02Dec
    • 職員対象・プロモーション研修会

      職員対象・プロモーション研修会を鯖江市役所で開きました。世界に向けたシティープロモーションにとってSNSは不可欠となっており、職員の意識改革が求められています。 講師に、「mode」(本社東京)の神庭貴伸さんらお二人をお迎えしました。近年、自治体公式Facebookページ開設や個人投稿が盛んになっていますが、開設しているのにあまり稼働していなかったり、ホームページや広報誌と同じ内容という場合が多く見受けられます。ページに対するいいね数も、数十回という現状が多いようです。BlogやTwitterアカウントとの使い分けがされ、活発な投稿の中で、市内外の閲覧者と交流を持てている公式Fecebookや個人投稿もあります。鯖江市職員の個人投稿も徐々に増えており、フォローの多い人気投稿もあり、職員には感謝しています。出来るだけ、いいねとシェアに努めています。自治体であっても基本的にコンテンツの届け方は、企業や個人ページと変わりはないと思いますが、コンセプトをしっかり定めて投稿することは必要です。日々進化するSNSの現状や必要性を研修、職員の意識の向上、スキルアップを図ってまいります。 にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      6
      テーマ:
  • 01Dec
    • 独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長高田坦史氏がお見えになられました。

      独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長高田坦史氏がお見えになられました。1月23日(水)に開催する、SDGsフォーラム(主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構北陸本部)に向けた、事前のご挨拶とのことで、恐縮しました。フォーラムの概要は、サバエ・シティホテルを会場に、お客様懇談会特別企画として実施するものです。タイトルは~めがねのまちさばえを、次の100年へ引き継いでいくために~現在鯖江市が進めている、持続可能な開発目標(SDGs)を地域・中小企業の皆様へ、どうして普及・啓発していくかをトークセッション方式で行うものです。私の方から、鯖江市の概要とSDGsの取り組みについて説明させていただき、セミナーに向けての懇談をさせていただきました。SDGsには17目標、169のターゲットが掲げられ、一つのパッケージとなっています。貧困をなくす、飢餓をなくす、フードロスを半減する、ジェンダー平等を実現する・・・それらを実現することにあります。一緒にやる人の輪を少しづつひろげていくことが大事であり、それを広めることで持続可能な社会の実現を目指すものです。企業にとってもSDGsに向き合っていかなければ、今後マーケット市場から取り残されるといわれています。企業経営がしっかりしているところに投資をするという、E(Environment,環境)、S(Social、社会)、G(Governance、ガバナンス)投資を呼び込むために、SDGsに取り組むことが肝要となってまいります。地球環境が崩壊してしまいそうだから環境対策をするという観点から、ここのところのSDGsの関心の高まりの要因は、ESG投資という企業経営にかかる関心の高さが考えられるのはないでしょうか。いろんなお話ができ、本当にありがとうございました。セミナー当日に期待してください。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      8
      テーマ:
  • 30Nov
    • 当初予算編成について

      当初予算編成について、現在、各部において当初予算の編成作業を進めているところです。今年は特別枠を設けず、予算編成に当たっては総合戦略の基本目標を柱として「持続可能な開発目標(SDGs)」の理念の下、全庁的に認識を共有しながら、今後の本格的な人口減少社会を見据えた対策を推進するため、厳しい財政状況を踏まえつつ、創意・工夫を重ねた予算編成に心掛けたいと思います。また、自主財源の確保と市民の皆様の行政への参加意識の向上に向け、今年度も「元気さばえっ子・ゆめみらい債」を来年1月に4億円発行します。さらに、電気料金の値上げや施設・設備の老朽化などにより、各公共施設の維持管理に要する費用が増加傾向にある中、現在、公共施設の使用料や減免制度のあり方についても検討しております。今後、平成32年度に導入予定の会計年度任用職員制度による人件費の増加、老朽化の著しい公共施設の維持補修費の増加などが控えており、財政運営が一層厳しい状況になることが想定される中、国・県の補助や各種団体の助成、ふるさと納税の確保など、これまで以上に財源確保と経常経費の縮減に取り組み、市民の皆様にわかり易い予算編成に努めてまいります。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      3
      テーマ:
  • 28Nov
    • 市内金融機関、商工会議所、鯖江市役所・三者金融政策懇談会を開きました

      予算編成期を迎え、市内金融機関、商工会議所、鯖江市役所・三者金融政策懇談会を開きました。最近の経済動向といたしまして、先日発表された北陸財務局の県内経済情勢によりますと、「緩やかに拡大しつつある」とのことで、先行きとしては、雇用・所得環境の改善が続く中で、景気が緩やかに拡大していくことが期待されるとあります。また、設備投資に関しましては、製造業・非製造業ともに増加見通し、生産に関しまして、スマートフォンを中心とした電子部品・デバイスが拡大しているとのことです。しかし、「海外経済の不確実性」が懸念されており、本市の基幹産業である眼鏡に関しましては、国内向けが安価な製品に流れ、海外からのOEM受注が中国に流れており、雇用に関しましては、人手不足による企業活動への影響や事業継承問題など、懸念される課題が山積しております。市政におきましては、国連が提唱する持続可能な開発目標「SDGs」の推進といたしまして、市民一人一人が主役になり、次世代を担う子どもたちが、このまちに自信と誇りを持ち、「住みたい」「働きたい」と思える希望と夢のあるまちづくりに向け、持続可能な地域モデル「めがねのまちさばえ」の確立のため、全庁体制で取り組んでいるところです。地域の企業・産業の活性化の生命線とも言える資金需要に応えるお立場の皆様と、市内の経済動向や金融施策あるいは産業振興施策全般にわたり率直な意見交換をさせていただきました。今後の市政運営に役立ててまいります。皆様の忌憚のない御意見を賜り、本当にありがとうございました。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      3
      テーマ:
  • 27Nov
    • (一社)シェアリングエコノミー協会代表がお見えになりました

      (一社)シェアリングエコノミー協会代表重松大輔氏とビジネス開発マーケッティング担当山本玲奈さんがお見えになりました今、地域活性において既存の資産の活用が注目されています。シェア(共有)によって、地域の課題をどのように解決し、経済を活性化するのか?「地域で稼ぐ、解決する」シェアリングエコノミー最前線セミナーを3回シリーズでやらせていただきます。 今日はその「第一回目、:シェアエコエコ最新トレンドと場所(スペース)共有を学ぶ」を鯖江市役所新館4階会議室で開催します。開催に先立ち市長室で雑談、新しいまちづくりのヒントがボンボン出てきました。新幹線敦賀開業を四年後に控え、福井県にも変化の兆しが現れてきました。好むと好まずに関わらず、日本中、世界中から福井が注目を集め始めています。県外、海外ともつながるネットワークを構築していくことが肝要です。鯖江にいながらにして、全国や世界を視野に入れた仕事ができる環境の整備が急務です。地域の魅力度を高めなくては、人も訪れず、投資もやってきません。幸福度日本一に恥じない生活環境のさらなる向上が求められます。オリンピック、冠山トンネル開通、新幹線敦賀開業、大阪万博、名古屋までのリニア開業、新幹線大阪開業と、これから大きな節目をいくつか迎えます。今ある地域資源を最大限に活用、SDGsの流れに乗って鯖江モデルも夢ではないように思います。節目ごとに、活力が上がるような鯖江市を、市民参加と協働でつくっていこうではありませんか。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      3
      テーマ:
    • 第20回『県民の消防士』表彰のつどいが行われました。

      福井テレビ本社ビルにおいて、第20回『県民の消防士』表彰のつどいが行われました。福井県下消防職員1,200名余の中から、鯖江・丹生消防組合から山本消防司令、福井市消防局から前川消防司令補が受賞されました。これまでのご功績に敬意と感謝を申し上げます。表彰を機に益々のご活躍をお祈り申し上げます。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      1
      テーマ:
  • 25Nov
    • きょう、市民参加型演劇「おしょりん~めがねで世界を変えた増永兄弟の物語~」の公演

      きょう、市民参加型演劇「おしょりん~めがねで世界を変えた増永兄弟の物語~」が、文化センターで開演です。13時30分から、原作者藤岡陽子さんと増永眼鏡(株)前会長増永悟さん、私の3人によるトークショー、公演は、14時30分からです。 16時30分からは、藤岡さんのサイン会もあります。 当日券もあります。皆様のお越しをお待ち申し上げます。昨日、ゲネプロ(総稽古)でした。あらすじ 明治28年(1895)秋、増永家との縁談が決まっていた久々津家の娘むめが一人で留守番をしているところに、増永家から若い男が訪ねてくる。「この村の一番美しい場所を案内してほしいと」頼まれたむめは、山を少し上がった所にある滝へ連れていくが、獣に襲われそうになり、二人にとって忘れられない出来事となる。 むめは、その男が結婚相手の五左衛門だと思っていたが、後日、弟の幸八であったことを知りショックを受ける。夫婦となった五左衛門とむめだが、よそよそしい関係だった。 明治33年、村で大火事が起き、経営していた羽二重織物産業に大打撃を与える。羽二重に代わる産業を-… 東京や大阪で修行していた幸八が帰省持ち帰った話は、めがね産業であった。【原作】藤岡陽子『おしょりん』(ポプラ社)【脚本】黒崎洋介・水野和美【演出】神 治生日時平成30年11月25日(日曜日) 午後1時 開場【時間】午後1時30分~2時15分 トークショー出演:藤岡陽子、増永 悟(増永眼鏡(前)会長)、牧野百男(鯖江市長)【開演】午後2時30分~4時30分 公演(休憩10分)午後4時30分~5時 藤岡陽子サイン会(本を買われた方のみ)にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      6
      テーマ:
  • 23Nov
    • 鯖江市高年大学閉講式

      鯖江市高年大学の40回目の閉講式が開催されました。高年大学受講生の皆様は、4月から今日まで、ここ高年大学において、明るく、楽しくそして健康で学ぶ意欲に満ち溢れ、生き生きと勉学に励まれるとともに、クラブやランティア活動にも熱心に取り組まれ、地域社会にも積極的に溶け込みながら交流を広げてこられました。高年大学は卒業のない高齢者の生涯学習施設、憩いの場として、県内でも例をもないユニークで特色あるカリキュラムを展開しております。462名の方が受講され、出席率7割をクリアした修了者は323名。辻川学長から、修了証書、皆勤賞、そして表彰状が授与されました。その衰えない学習意欲に改めて感服、今年度は最高齢93歳2人のうち伊藤フジヱさんが25回目の入校を果たされ、また91歳の矢部義昭さんが修了されました。心からお祝いを申し上げます。高年大学は、クラブ活動や学内外での美化活動をはじめとする社会貢献活動なども盛んに行われており、いつも感心しているところです。また、10月の学園祭において、ステージ発表では全てのクラスの発表が行われるとともに、クラブや個人・グループでの参加得て、楽しくにぎやかな二日にわたる発表となるなど、年々そのレベルは着実に向上しているようで、これひとえに皆様のご精進の賜物です。文集・あゆみの発刊にあたっては、文集編集委員会において開学40年を記念した40文字の短文や高年大学40年の歩みなどの企画をされるとともに、入力、編集、校正をすべて文集編集委員さんが一体となって進められなど創意、工夫そして努力され、投稿数も増えて大変素晴らしい出来栄えです。また、ユーストリームによるライブ情報発信などに加え、ムービーメーカーを活用した映像化、自治会ホームページのリニューアルに取り組まれるなど、ITのまち鯖江の推進に向けた取り組みの一翼を担っていただいています。少子高齢化の進行、生涯現役社会への移行など社会情勢が変化している今日、皆様の社会に対する役割は益々重要になってまいります。この1年間、本大学で大いに学ばれたと思いますが、また来年も学習、クラブ活動そして社会貢献にと有意義で充実した大学生活を送っていただきたいと思います。自治会役員はじめ関係各位の皆様に心から敬意と感謝を申し上げるとともに、受講生の皆様がますますご健勝にてご活躍されますことを心からご祈念申し上げます。来年4月の開講式にお目にかかれることを楽しみにしています。にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。皆様の応援が励み、”1日1回、応援クリック”、何卒よろしくお願いします。

      4
      テーマ:

プロフィール

hyakuo

性別:
男性
誕生日:
1941年11月18日
血液型:
B型
お住まいの地域:
福井県
自己紹介:
『さばえ.jp』百さんのブログです

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス