こんにちは!
絵の具や新聞紙あそび、泥んこ遊びが大好き!
ぐちゃぐちゃ遊び認定講師のゆきです!
11月28日(木)に、横浜市のあざみ野でぐちゃぐちゃ遊び体験会を開催します🎵
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

を書きました🎵

イライラを減らす第一歩は、自分に寛容になることから♥️


とはいえ・・・・・・
そんなに、毎日寛容でもいられないのがママ★
そこで、今回は怒りが発生したときの上手な対処方法をお伝えします✨


「怒り」は悪いものではない!
そもそも、怒りや不安といった負の感情は、ではありません!!
無理に押さえつけたり、無視する必要もなければ、「怒り」を持った自分をダメだと思う必要もないんです✨
感情を無視し続けると、自分の感情に鈍感になって現実逃避たり無気力につながります。
「怒り」も大切な感情の一つ!!
大切なのは、怒りの出し方です★


対処① 怒りレベルを想像する
「あ、私イライラしてるな。怒ってるな!」
と気づいたら・・・・・・

水が注がれてるコップをイメージしてください🎵
その水が、
怒りの量だとして、今自分がどれくらいの怒りを抱えているか考えます🥤

まずは、どのくらい自分が怒っているかを冷静に分析してみてください★
もし余裕があれば、「あ、今いっきに量が増えたなぁ。」「すこし、注ぐ量が減ったかも」と心で実況中継してもいいかもしれません。
これだけでかなり冷静になれることもあります。
大切なのは、自分の怒りレベルを把握すること。「怒り」だけでなく「喜び」や「楽しみ」などの感情についてもその時の感情レベルを察知することで、興奮しすぎてしまったり、舞い上がってしまうことを防いで、落ち着いて気持ちを保つことができます。

さて、怒りについて話を戻しますね。
イメージした水の量で対処法方は変わってきます。


対処② 怒りの原因を問い直す
まだ、コップ半分程度、
「イライラしてきたなぁ」くらい冷静に考えられる場合は、
怒りの発端となった原因をもう一度、問い直してみてください。

昨日のブログでも書いた通り、
「怒り」は出来事そのものに対して怒る感情ではなく、マイルール(自分の中の許容範囲)から越えたときに発生します。

もう少し詳しく説明すると、
怒るときはその前に別の感情(不安、悲しみ、ストレス、寂しさ)があり、それが怒りという形で表に現れるんです。

ここで、実際に我が家であった例を紹介しますね。
バァバが頑張って作ってくれたご飯を娘が全然食べず、「しっかり食べなさい!!」「何で食べられないの?」とイライラ!!

この時、私のイライラの原因は何でしょうか?


・せっかくバァバが作ってくれたのに申し訳ない(母に対する焦り)
・全然食べなくて、栄養が足りないのではないか?(娘の成長への不安)
・変な時間におやつを与えてしまった(自分へのストレス)

などなど
「怒り」には根源となる感情があります。
そして、いくつかの負の感情が積み重なって「怒り!」として爆発するんです✨

積み重なる前にまず、
自分はなぜ怒りを覚えたか?を冷静に分析してみる必要があります。

それがわかったら!「怒り」として爆発する前に
根源となった感情を相手に伝えることで、怒りが解決できます。
さっきの場合ならこんな感じ!
・(娘に)せっかくバァバが作ってくれたのに、こんなに残してママ悲しいな。
・(母へは)せっかく作ってくれたのにごめんね
・ママ、○○ちゃんが元気に遊べなくなっちゃうんじゃないかなと思って心配になるな。
・さっき、おやつをあげてしまったからだね。もう少し早く出せば良かったね。

まだ、イライラ序盤の場合
怒りコップのイメージ根源になる感情
を分析することで冷静に怒りを解消できます✨

大変なのはもう一方の場合!!
 

対処② 怒りの連鎖を止める
もう怒りがコップの半分を越えて溢れる寸前!!
という場合。
怒りが治まるまで、一人になれる環境に身を置く!!

子どもの最低限の安全さえ確保したら、
トイレなり、寝室なり一人になれる場所に駆け込みましょう😃
さっきも説明した通り、怒りはいくつかの負の感情が積み重なったものです。
新たな負の感情が発生しないようにするのが大切!

一人になったら、
好きな曲を聞く、イケメンの写真を見るなどして、全く違うことを考えましょう!

最初に無視してはダメ!
と言いつつ、ここでは逃避をおすすめします!
しかし、あくまで2次、3次の怒りの連鎖からの退避です。
冷静になったら何であんなに怒ったのだろう?
と感情の分析をしてみてください🎵
そうしたら、また同じような怒りを覚えたときに今度は序盤できちんと解消できるかもしれません★


対処③ 癒しのスキンシップ
外出先などで、とても一人にはなれない!!という場合もあります。

そんなときは「子どもをとりあえず抱き締める」などスキンシップをとってみてください。

不安やストレスを抱えているとき、人からぎゅっと抱き締められたり、肩をさすってもらって落ち着きを取り戻した経験がありませんか?
スキンシップの「癒し効果」を利用しましょう!

大切な人と肌に触れると「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。このオキシトシは、心を落ち着かせる効果があり、セロトニン、ドーパミンと共に「幸せホルモン」と呼ばれているんです🎵

私も、よく外出先で娘がグズってしまってどうしようもないときに、「よし!とりあえずぎゅーしよう!」とハグをすることがあります。
わたし自身が、冷静になると共に娘も落ち着ける最良な手段です✨



オマケ 癒しグッズを持ち歩こう
最後は、オマケ!
私はいつも鞄に一枚の葉書を持ち歩いています。
ライオンの赤ちゃん!かわいいでしょ??笑
これを見て癒されることも☀️
いい匂いのするハンカチでも、写真でもなんでもひとつアイテムをもっておくのもオススメです‼️

最後は完全にオマケでしたが、
皆さんも怒りを上手くコントロールする対処方法を
試してみてくださいね☺️
今日のテーマは怒りを落ち着かせる方法でした🎵


最後まで読んでいただいてありがとうございます✨
ぐちゃぐちゃ遊び教室ではママも思いっきり遊んでストレス発散しちゃえるプログラムを用意しています。

ぐちゃぐちゃ遊びのお問い合わせ
ブログの感想などはLINE@まで♥️