歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ

歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ

歯科医師国家試験対策ブログです。必修、衛生系、勉強方法も。歯科国試オンライン受験指導の先駆者です。オンライン個別指導・オンラインカウンセリングを実施。YouTube「dentalkokushiチャンネル」やってます。行政書士試験、宅建士試験、司法試験択一式にも合格してます!

さて、これはどこでしょう??

 

 

この右側の個性的な建物の形状は??

 

…そう!

梅田スカイビルです。

左側はウェスティン大阪です。

 

3回連続で東京だったので、今回の画像は大阪にしましたw

 

このあたり(うめきた地区)って現在絶賛再開発中なんですよね。

むかし、ここに梅田貨物駅があったんです。

今は広大な更地になって、ビル建設中です。

この地下には来年2023年に大阪駅地下ホームが開業して、「関空特急はるか」が停車できるようになります。

 

大阪駅を素通りして関空に向かう「はるか」です。

この光景も来年春まで…

タイミング良く撮影できて良かったです!

 

 

うめきたの夜景。

再開発している部分が黒く抜けているように見えます。

 

 

今回は医師国家試験116F11(2022年実施)を取り上げます。

この話、歯科医師国家試験でまだ出ていないんですよね。

 

学内試験やCBTでも出題可能性が高いところだと思います!

 

 

 

 

 

 

正解はaです。

UHCは、Universal Health Coverageの略です。

 

具体的には「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる」ことを意味するんですね。

日本のシステムで言いますと、「国民皆保険」のことです。

日本では公的医療保険に全員が加入しなければならないことになっていますからね。

 

111A43って、結局この話を言いたいわけでしょう。

国民全員が生まれたときから死ぬまで何らかの医療保険に加入しているはずである。

だから、aが〇だろう。

…このように考える問題ですよね。

 

この111A43の背景にあるのは「国民皆保険」のシステムです。

ちなみに生活保護の方は医療保険には加入できません。

 

生活保護と医療保険の関係は、医師国試116F17で出題されています。

 

医師国試116F17はcが正解ですが、eは×になりますよね。

 

 

最後にSGDsとの関係をコメントします!

UHCはSDGsとも関係します。

 

そうです!

SDGsの3番目ですね。

 

SDGsは116回国試でも出題可能性が高いですよー!

SDGsについてあんまり考えたことがない方は是非この動画を見ておいてください。

 

 

 

最後に看護師国家試験でまとめ!!

 

 

 

もちろん1が正解です!

 

ブログの最初に画像を載せるのが結構好評なので、しばらく風景写真を載せることにしました!!

 

今回は浜離宮シリーズ第三弾

浜離宮はこれで最後です!

夜景はこんな感じで見えます。

遠くにスカイツリーが見えて、なかなか良い感じですよね。

 

これは築地大橋、勝どき橋方面

 

 

さて、本日は歯髄に存在するものを聞く問題を取り上げます。

即答できないといけない問題のはず。。。。なんですが。

 

 

 

【ひとこと】

卒業生や6年生で破歯細胞をそもそも認識していない方がいるのが気になります。

長期化している方&合格率がよろしくない大学の方なんですが…

 

破歯細胞は外部吸収&内部吸収の原因になりますので、臨床的にとても重要です。

これわかんないと結構ヤバい歯医者になっちゃう感じがします。

 

【解説】

歯髄には破歯細胞があります。

歯髄の破歯細胞は内部吸収の原因になります。aは〇。

ちなみに破歯細胞は歯根膜にも存在します。

歯根膜の破歯細胞は外部吸収の原因になります。

 

ホスホホリンは象牙質のみに存在します。

bは×。

ホスホホリンは生化学的にいうと非コラーゲン性タンパク質の仲間です。

 

112C4もご確認ください。

116回国試でもCBTでも学内試験でも出題可能性が高いところですよね。

 

前回の記事でも述べたとおり象牙芽細胞は歯髄にありますので、cは〇です。

 

tomesの顆粒層は象牙質に存在します。dは×。

Sharpey線維はセメント質&固有歯槽骨に存在しますのでeは×。

 

というわけで、こたえはacです。

 

即答できなかった方、なんかちょっとあやしい方はこの機会の再確認してください。

 

本当にしつこくて申し訳ございませんが、こういう地味なところをきちんと口頭で説明できるかどうかで差がつくんです。

前にもどこかで書きましたが、「書いて覚える」は意味不明

時間の無駄、紙の無駄。

SDGsに反してますのでやめましょうw

 

あ、勉強できない人に勉強のやり方聞いたらダメです。

もてない人にもて方聞くのとおんなじですよ、それww

 

あとですね、

ぽんこつ講師の無意味な小難しい授業を聞くんじゃなくて、もっと地味なところ問題を解きながら正確に身につけてください。

 

授業をいくら聞いても問題を解けるようにはならないですよ!

自己満足、達成感は意味ないんです。

 

自分で問題解かないと!

前回のブログで浜離宮の画像を掲載したので、つづきを…

 

浜離宮を上から眺めるとこんな感じ。

後ろに見えるのはスカイツリーです。

 

 

さて、以下の問題をスパルタゼミで出しました。

長期化している方の正答率が極端に低い問題なんですよね…

 

これでわかることはやっぱり基本が甘いということ。

長期化している方&成績がよろしくない方は地味なところが説明できないんです。

 

 

 

 

 

 

以下解説になります。

 

象牙芽細胞の場所って、歯髄ですよね。

象牙質ではありませんよ!

象牙芽細胞が歯髄にあるから、二次象牙質や三次象牙質が歯髄腔に形成されるわけですから。

 

a→エナメル質にあります。

b→象牙質にあります(正解)。

c→歯髄にあります。

d→エナメル質にあります。

e→歯根膜にあります。

 

こたえはbです。

 

そうです、、、

長期化している方は、象牙芽細胞が象牙質にあるって思いこんでいるんです…

誤解を地道に直すしかありません。

 

何度も言っていますが、難しいことはやらなくてよいです。

もっと地味で重要なところをきっちり説明できるようにしてください。

 

類題として、115D81があります。

選択肢の意味をすべて説明できるかどうか、ご確認ください。

 

 

あと…下記動画をご覧頂き、勉強の方向性を確認してくださいね。

 

これは浜離宮で撮った写真!

すごくきれいに取れたのでのっけておきます。

東京タワーが湖面にうつった感じで撮れました。

(本当はもっと綺麗に撮れたのですが、容量の関係で解像度を下げました)

 

歯科国試川柳の新作ができました!

題して歯科国試川柳2022夏

 

何か思い当たる内容があるなら、やり方とか方向性とか考えた方がよいです。

 

まだ8月上旬!!

まだ間に合いますよ!!!!

 

ダラダラと 授業を聞いて 誤解する

 

第7波 通学するぞ 意味あるの?

 

解き方を無視して 毎日 語呂合わせ

 

エア歯医者 なぜか教える 臨床を

 

今日もまた 塗るぜマーカー おまじない

 

棒読みだ テキスト読むぞ 達成感