星詠みアーティスト✧Bunny✧
About Me

星を詠むアーティスト・ 旅人のバニーです。
太陽山羊座・月星座獅子座の40代・2人の息子を持つ母。
西洋占星術に基づいたホロスコープリーディングと、イラスト&グラフィックデザインを承っています。
趣味は海外一人旅、文章を書くこと、美しいものに触れること。
最たるものは、自己成長のためのあらゆる体験と知識の吸収。
アートとデザイン、文字と写真は、自己表現のためのツール。


  • 19Jul
    • ”《癒しのオトナ女子会》@マンダリンオリエンタル♡”

      バニーです。昨日は、こちら星咲友香さん開催のアフタヌーンティーに行ってきました( ´艸`)↓場所は、マンダリンオリエンタル東京。しかも、マンゴーづくしのリッチなアフタヌーンティーとのことで、めちゃくちゃテンション上がりました↑一品ひとしなにマンゴーが使われていて、パッションイエロー満載の元気なカラーリングのアフタヌーンティー。高層、窓際の席だったということもあり、(友香さん、セッティングありがとうございます)都会やな〜、と感じさせると同様、マンダリンオリエンタルが本当に素敵なホテルで、外資系モダンホテルをあまりチョイスしないわたしにとっても、価値観が変わるような経験でした。さて、わたしと友香さんは、このアメブロで知り合いました。友香さんは、都内のプライベートサロンで活動されている本質セラピストさん。今まで何度かブログ内やメールでやりとりをさせていただいていて、近いうちにお会いできれば……と思っていたところ、友香さんから名刺デザインのオファーをいただき、その打ち合わせも兼ねてのアフタヌーンティーでした。きっかけは、こちらの記事だったようです。↓ 現在各種デザインの受付は中止しているのですが、友香さんは以前から問い合わせしていただいてたので、特別にやらせていただくことに。その打ち合わせが初対面だったのですけど、友香さんいわく、ブログのイメージと違う!ということを何度もおっしゃっていたので、わたくし、見た目とブログのイメージに差があるらしいです。笑(ブログでは侍っぽいとのこと。褒められているのか……?)まあそれはさておき、こんな風にブログつながりの人と直接会ってお話ができたのは、なかなか楽しい経験でした。このアメブロ上では、おそらく初めてのことだったんじゃないかなと。そして友香さん、セラピストさんでありつつタロットもされるとのことで、このアフタヌーンティー終了後にわたしも見ていただきました( ´艸`)3枚カードを引かせていただいたのですが、それがよりにもよって、ラスト一枚のカードがコレ。笑↓DEATH!!死!!デスカード!!ウケる (○´∀`)むしろ引きの強さよ!笑友香さんが丁寧にこのカードのことを説明してくださったので全くビビりもしなかったのですが、いやはや持ってんな〜、わたし。(違うだろ)3枚のカードともに説明されるとしっくりと来るものだったので、タロットもすごいもんだなと。・・そんなわけで、東京の超高級ホテルでのアフタヌーンティー、楽しかったです。友香さんとわたしの他にも2名の素敵な女性がいらっしゃってて、久々に女性同士で集って会話したなと。みんなそれぞれに個性と強みがありながらも、望む方向は似ていたりして、その時その時の自分の波長で会う人は変わるのだろうなと思いました。・・ 当日の模様は友香さんが詳しく綴ってくださってますので、こちらをぜひ。↓友香さんのブログいやしかし、都内には魅力的なホテルがたくさんありますね。 楽しすぎるな、この生活。バニー

  • 17Jul
    • わたしのやりたいことの邪魔すんじゃねえよ。

      バニーです。今日はかなり、ビターでキツめです。というのも本日、月食の山羊座満月。しかも冥王星とコンジャンクション、場所は6ハウスということで、わたし個人にもそれと思われる影響が出ました。まず6ハウスといえば、健康、労働を司る場所です。そこに山羊座の月が冥王星と肉薄。昨日の満月の星詠みには書き漏らしてしまいましたが、これはつまり健康上のアクシデント、労働環境やルーティーンにおける仕切り直しも示唆しています。だからというわけではないかもですが、本日わたくし、大きな駅ビルで貧血を起こし、意識を失ってぶっ倒れました。目が覚めたら周囲には、駅ビルのスタッフさんに店員さん、見知らぬ人がわらわらと。心配してくれた彼らがわざわざ救急車まで呼んでくれて、わたしは雑踏のなか車椅子で救急車へと運ばれました。まさかこんなことで大多数の視線を浴びることになるとは思ってなかったのですが、ぶっちゃけしんどさの方が勝って、人目を気にする余裕もなく。意識朦朧のなか唯一ときめいたのは、救急車のお兄さんがかなりのイケメンだったこと。笑(何にせよ、接するならイケメンがいいに決まってる)バイタルチェックの結果、低血圧を指摘される。そう、わたしは昔から低血圧。その上、軽度ながら貧血持ち。人前で倒れたことも過去に数回ある。倒れた際にどこも強打しなかったのが幸いでしたねということで、病院までは運ばれずイケメン救急車に乗るだけで済みましたが、ぐったりな出来事でした。・・これで感じたのは、母一人で子を一人養っているのだから、健康にはもっと注意していかなくちゃダメだなということ。そして、体力のない自分を追い込んではいけないなとも。それで終わるかと思いきや、さらにここからは自分の中のドス黒い声が次々と噴出してきたのです。ふっと湧いて来たのはまず、わたしのやりたいことの邪魔すんじゃねえよという、ドスの効いたフレーズ。もうひとつ、急かすんじゃねえよってのも出てきて。これら実は、ある特定の人に対してわたしの中から出てきた言葉だったのですよね。その人の言動に最近ずっと自分が縛られていて、その人の言葉の端々にわたしを自分の思い通りにしたいというエゴを感じ取っていたのに、それを体良く聞き入れようとしていた自分がいたのです。そのあともまあ、出てくるわ出てくるわ、黒い本音が。誰が思い通りになんてなるかよ好きにさせろ邪魔すんじゃねえわたしはわたしの好きなようにやりたいんだ!これが、わたしの心の声ってやつなんでしょう。そして確かに、自分がそういった本心を最近、ずっと押し込めてきていた自覚もありました。特定の他者と深く関わるということには、もれなくストレスがついてくる。いいことや得することもある分、不都合なことだって出てくる。そこを自分にとって、いかに快適な状況に変えていくか?これを考える場合、相手の気持ちがどうだとかどう思われるかだとか、嫌われるかもしれないとか、そういったことに真っ向から対峙していかなきゃならない。あるいは、全く気にしない方向に持っていくか。これと向き合おうとすればするほど、自分が試される。我慢して相手に合わせるのはいとも簡単だけど、それを続けたところで結局苦しむのは自分。そうやって自分の気持ちを押し殺していい顔をするということが、最終的には大損になるということ。目の前の他人にとっての短絡的な「イイ女」を取るのか、これからも長く続くであろう自分にとっての「イイ女」を取るのか。・・自分が自分のことをなんてイイ女なの!と思えるほど、わたしは自分を大事にしたい。そう思える自分でありたい。であれば、他人が何を言ってこようがこっちをコントロールしてこようがそれが自分の意と異なるのであれば、それらを突っぱねるのがわたしが思う「イイ女」だ。いったい誰に向かってイイ女ぶってんだ?カッコつけんな、くだらねえんだよ。バニー

  • 16Jul
    • 7/17 山羊座満月の星詠み 〜旧い集合意識には、超改革のメスを。

      星を詠むアーティスト、バニーです☆明日の朝6時半すぎ、山羊座で満月を迎えます。これは月食でもあるがゆえ、2週間前の蟹座新月に続き、持続性と影響力のある配置となっています。通常、新月や満月時のチャートが影響を及ぼすのは半月くらいなのですが、今回のように日食や月食を伴う場合、半年を超えるレベルでその影響が続きます。そのため、前回の蟹座新月のチャートもぜひ頭の片隅に入れておいてください。2週間前の日食・蟹座新月の星詠みはこちらです。・・さて、今回の月食を伴った山羊座満月チャートはこちらです。※これはわたしがデザインしたチャートです。詳しくはこちらを。では、今回の山羊座満月の星詠みをしていきます☆・・月は6ハウス。そこにピタリと寄り添う冥王星の絶大なる存在感。最近ずっと続いている蟹座ー山羊座ラインの強さは今回も。山羊座にあるドラゴンテイルは冥王星と土星の間に挟まれ、蟹座のヘッドは金星と太陽の間に。テイルは土星と、ヘッドは金星と密なるコンジャンクション。アセンダントは獅子座。ルーラー太陽は12ハウス。度数は25度、成熟の度数。山羊座に3天体ということ以上に、ドラゴンヘッドとテイルがとても印象的なホロスコープ。今回はここにウエイトが集中していると言っても過言ではないでしょう。ここの緊張を緩ませているのが唯一、海王星となっています。では、以上の要素をもとに満月の星詠みをしていきます。前述したように、ドラゴンヘッドとテイルが最も印象的に映るホロスコープです。中でも、冥王星と土星がテイルに密着に絡んでいることもあり、過去から持ち越してきた課題に対する抗いがたい破壊、崩壊が想起されます。それによって、自己に備わっているものを再び思い知らされることとなるでしょう。それは、ないと思い込んでいたものが自分の中にすでにあったのだと気づくいうことかもしれませんし、役に立たないと思っていたものがものすごい破壊力を秘めた才能であったと知ることになるのもしれません。あるいは、いわゆる前世から引き継いできた業のようなものに否が応でも対峙させられる、またはその存在に気づかされることも。この満月がいるのは、山羊座の25度。同じく太陽も蟹座25度ということで、これまでの行動の積み重ねがひとつの到達点を迎えるような体感を得ることもあるでしょう。それは社会的な地位や周囲からの評価であるかもしれませんし、家庭内でやってきたことで手応えのある満足を得られるのかもしれません。いずれにせよそこには、どっしりと落ち着いたムードが感じられます。ひとりの時間を意識してみるといいでしょう。人と打算的に関わるよりも、自分自身との対話を大切に。自分が求める真の安らぎ・安心とは何なのか?をイメージし、そこに想像を委ねてみてください。職場・仕事への反抗心が出やすい気配も見られます。突発的な勢いで、攻撃的な言葉を発しないように注意を。今月いっぱいは水星逆行の影響下にあるので、言葉やコミュニケーションに対する注意は細心に。↓以上、7月17日・山羊座満月の星詠みでした。♫•*¨*•.¸¸♪✧♫•*¨*•.¸¸♪✧今回の満月は二週間前の新月と同様に山羊座と蟹座ラインがひときわ際立ち、同時にヘッドとテイルの存在感が他の天体を凌駕せんばかりの強さを誇っています。それだけ今、宇宙が強調したいことがそこに詰まっているとも言えるでしょう。それはつまり、過去生から持ち越してきた業でもあり、ひいては集合意識全体の淀み、滞りでもあります。日食の6/3蟹座新月とこの山羊座満月はまさにワンセットで、これから先の未来の足枷となるような古い集合意識全体に手厳しいほどのメスが入り、それが覆されていくプロセスが連想されてなりません。・・いつまでも古い考え方に縛られていれば、我が身を捧げるのは他人。誰がための人生か。何のために、誰のために、ここに生まれてきたのか。他人の反応が怖くて、自分のやりたいことができない?さあて、誰のための人生なのかしらね。佳き満月を。バニー

  • 10Jul
    • 豊かな人の共通点とは?

      バニーです。引っ越してきてから出会った人たちを見て、最近とみに感じることがあります。それは、【豊かな人の共通点】豊かな人とそうでない人は、何が違うのか?わたしの主観的感想になりますが、今日はこれについて実感していることを書いていこうと思います。まず、豊かだなという人(実際に稼いでいる人)は、以下のような行動パターンがありました。・・・せかせかすることを嫌う・快適さにお金を払う・自分を楽にするためにお金を使うとにかく豊かな人にはこの3つの傾向があるなと、彼らを見ていて思いました。まず第一の、【せかせかすることを嫌う】これは時間に縛られることもそうですが、短い時間内で焦って行動することを好まない・選ばないという感じです。第二の、【快適さにお金を払う】これは例として電車を挙げますが、満員の通勤電車で朝から疲れるくらいなら、グリーン車を選ぶとかそういうことです。第三の、【自分を楽にするためにお金を使う】も、それと似てますが、たとえ目の前にすぐ来る公共交通機関があろうが、自分がしんどい思いをするくらいならタクシーを使うというのがその例です。これ、一般的な家庭で育った人ならわかると思うのですが、同じルートでバスが200円・タクシーが1,000円だとしたら、ついバスを使っちゃいませんか?ところがこの豊かな人たちというのは、そこをケチらないのですよね。そして、第一に挙げた【せかせかすることを嫌う】これは本当に顕著な傾向です。バタバタするくらいなら、ゆっくりできる方を選ぶ。たとえそれによって倍近いお金を払うことになろうとも、余裕を選ぶのです。・・これはわたしの個人的意見ですけど、余裕を選ぶからこそ余裕が手に入り、余裕が戻ってくるのではないかと。つまり、こうやってさらなる富がその人のもとにやってくるのだろうと。この【余裕】というのは、空間・時間・体力・気力・心そのすべてにおいて、です。そして逆に豊かでない人に限って、そこをとことんケチろうとします。狭かろうがしんどかろうが、せかせかと急ぐことになろうが、ストレスを抱えることになろうが、あえてそれを選ぼうとする。そうやって自分にしんどい想いをさせるからこそ、次もそのような状況が与えられるという、このループ。ここにハマりきってそれが正当だと思い込んでしまうと、その逆をやる人に対してやれ贅沢だのワガママだのと不平不満をこぼすことになる。自分が豊かなお金の使い方をしていないから豊かになれていないのに、より多くのお金を払って自分を快適にしている人を羨み、妬む。お金を稼いでいる人というのは、この辺が本当にスッキリとしています。散々書いてきておいて何ですが、わたし自身が全くそれと真逆で生きてきたので、ホントこれが、豊かになれない人間のやることだな……と感じている次第です。みなさん、豊かになるには、【余裕】がポイントです!((φ(-ω-)バニー

  • 09Jul
    • 水星逆行あるある現象 〜過去への回帰・追憶

      バニーです。昨日から、水星が逆行を開始しました。年にだいたい3回ほど訪れる、この水星の逆行。このブログでも何度かそれについて書いてきましたが、水星逆行の間は、いろんな行き違いが生じやすいです。よく言われているように、・コミュニケーションのすれ違い・受発信の勘違い・交通機関の遅延・通信トラブル・スマホやPCのトラブルこれらはベタなところですね。ただ、わたし個人の実感としてそれよりも強く感じる現象は、過去の振り返り昔の知人との接触これらの方がより顕著だなあと思います。・・前述したような通信・交通トラブルなども多かれ少なかれあるのですがこれらは自分の意識次第でかなり回避することができますが、過去の振り返りや昔の知人との接触というのは、意識しないところからふっとやってくる。ちょうどわたしも今回この水星逆行のタイミングを計ったかのように、きのう昔の知り合いから突然連絡が入りました。それと、特に意識もしていなかったのに、スマホの写真フォルダを見返して過去を振り返るようなこともあり。このように水星逆行の期間は、過去を意識することが多くなります。いわば振り返りのように過去をなぞるような出来事が起きたり、追憶、過去に浸ることも。今回の水星逆行で言えば、勢いで突っ走ってきたことをもう一度再考するにはいいタイミングです。盛夏を迎える前に、いまいちど自分が決めてきたことを振り返り、確認するのがいいでしょう。そういうエネルギーが流れていますので、足踏みをさせられているような停滞感を感じることもあるかもしれません。ですが人生、前に進むことばかりが能ではないということ。立ち止まって、ゆっくり自省することも大事なのです。今回の逆行は、8/1まで続きます。立ち止まらざるを得ない環境を与えられた際には、焦らずしっかりそこで止まること。そして、今までついおざなりにしてきたことや、後回しにしてきたことに目を向けて。過去を振り返るようなことがあっても、それは自然なことなのだと受け止めて。・・水星とその逆行については、こちらもご参考に。水星逆行の、ちょっといいこと?ブログの文体と、水星の関係性について思うこと。魚座の水星の特徴 〜詩的表現とイマジネーション、独特の世界観

  • 05Jul
    • 蟹座の金星のこと 〜HOME SWEET HOME

      バニーです。3日の皆既日食の新月は、いかがでしたでしょうか?デトックス&リセット作用で体調を崩した方は、どうぞご自愛くださいね。7/3 蟹座新月の星詠み 〜再構築、新たなる出発点。そのためのベースで安心を。さて昨日は、金星が蟹座に入りました。蟹座シーズンを彩るように、現在蟹座には太陽と金星が同座しています。これにより、蟹座のキーワードである家庭的・母性的・感情・心のふれあい・通じ合い・共感これらに、さらなる光が注がれることとなるでしょう。・・蟹座の世界観において、感情の共有はとても大きなウエイトを占めます。蟹座の人の行動の決め手において、その人にどれだけ共感したかどれだけ心が動かされたかどれだけ感動したか自分のことをどれくらい鑑みてくれたか思いやりを注いでくれたか馴染みのある環境であるかというのは、とても重要なファクター。それらが感じられた時、蟹座はすごく安心します。そして自分が守るべき存在や環境が脅かされそうになったとき、誰よりも行動力を発揮するのも特徴。または、自分が属する集団を守ろうとする意思が芽生えたときも。さらにこの対象は特に、家族や家庭へと向けられます。だからこそ蟹座の人は、家族や家族との繋がりを殊の外大切にします。それは、自分と愛する家族が住まう家に対しても同様。蟹座が金星に入ったここからは、そんな繋がりを大切にしていきましょう。家族がいないという人なら、いつもそばにいる身近な存在を。例えば同僚、パートナー、お客様でも。そして、いつも自分が住まうおうちのことを丁寧に鑑みてみるのもおすすめ。日常の衣食住を見直し、心から自分が安心できる環境づくりを。適当なモノで済ませるよりも、今の自分にやさしい食事を。居心地のいい空間をつくり、自分と家族がいつもホッとできるように。そんなスイートホームを、ぜひ意識してみてください。ほっこりとした優しさ。親しみ、安心。お母さんのような温もり、愛情。それが感じられる空間が自分にあるということは、実に幸福なことなのです。派手さこそないにせよ、そのベースがあるからこそ、人は外に出て頑張れるのではないでしょうか。・・さて、あなたが理想とするスイートホームは、どんなものですか?それをじっくり考えてみて、そのイメージに近くようなアクションが一つでもできれば、この金星のさらなる後押しも享受できることでしょう。・・やさしいぬくもりを、あなたの大切なひとに。ホッと安心できることのしあわせを、今いちど胸に。バニー

  • 04Jul
    • スリランカの思い出と、人付き合いについての考え。

      バニーです。昨日は、素敵な女性2人に会って来ました。ひとりは、前回この記事でも書いた人。もう一人は、昨年の夏にスリランカでお世話になったこの方。↓東洋の神秘スリランカのアーユルヴェーダに魅せられて♡去年の8月、わたしはスリランカに行っていました。目的は、アーユルヴェーダ。その際にお世話になったのが彼女でした。というのも、以前わたしはヨガのインストラクターをやっていたことがあり、どうしてもヨガと親和性のあるアーユルヴェーダには以前から興味があったのです。この話はこちらをご参考に。↓資格や認定を得てきた女性たちへ 〜不足や欠乏が、豊かな実をつけることはない現地ではヴィラ泊まり込みで約一週間のアーユルヴェーダを体験。毎日ドクターのもとに通い、ケアを受けていました。そして毎日、薬草のツブを飲んで。そういや、草のスープも飲んでたwしかしまさかまさか、日本でこのような再会を果たせるとは思ってなかったので、昨日はその縁にびっくりもして。これが叶ったのは間に共通の友人がいたからこそだけど、人の縁というのは、本当に不思議なものです。これは現地で買って来たおみやげ。スリランカといえば、やっぱりカレー。さて話変わって、わたしは人付き合いに関しては全くマメな方じゃなくて、自分から連絡をとることはほとんどないタイプです。そして原則、去るもの追わず来るもの拒まずというのがあって。だから自分の元を離れて行く人をいつまでも追っかけるようなことはしませんし、自分を慕って来る人はまず受け入れます。・・これは人それぞれの気質もあるのだろうけれど、自分の元から去っていこうとする人を引き止めるというのは、わたしにとってはありえない話。付き合いをやめたい、もう終わりにしたいという人間を、わざわざ自分のエネルギーを使ってまで引き止めようとすることに粋を感じないのですよね。気持ちの冷めた人間をあの手この手で自分の元に引き戻そうとするその行動には、無粋すら感じるのです。相手の気持ちを尊重していれば、そんな行動など取れないはずだと思うのですよね。かつ、しつこくされればされるほど、人は逃げるもの。それを理解できないセンスがどうかと思うのです。それとはまた違う例になりますが、別れる別れると言いながらいつまでもズルズルと関係を続け、自ら相手に連絡してしまうパターン。これは、完全に依存だと思います。自分の寂しさを紛らわすため、自分の価値を認めてほしいがため、一時的な穴埋めを求めているだけの話。体良く自分の穴を埋めてくれる相手をキープしておきたいがために、いつまでも離れられない。こういうのは、逆に自分の価値を下げるだけじゃないのかなと。そういうマインドを持っているから、提供相手がくっついてくるという現象も見られますが。・・人付き合いにしても何にしても、永遠に続くものなどないのです。だからこそ、いつまでもそこに浸かっているようでは成長がない。なぜなら出会うのは簡単ですが、別れには何かしらの学びが付随してくるからです。そういう意味でもわたしは、割り切った視点で出会い・別れを捉えています。だからこそ、くっついた・離れたに執着もしない。それが時に周囲にドライだという印象を与えてしまうのでしょうが、それならそれで一向に構わないと思っています。思ってもないことをペラペラと口に出して相手を褒め倒すような人よりは、無言の人の方がよっぽどいい。誰かにすがって生きている人よりも、孤高に我が道を生きる人がいい。これが、わたしの価値観のひとつでもあります。バニー

  • 02Jul
    • 7/3 蟹座新月の星詠み 〜再構築、新たなる出発点。そのためのベースで安心を。

      星を詠むアーティスト、バニーです☆明日の明け方前4時過ぎ、蟹座で新月を迎えます。これは日食でもあるため、とてもスペシャリティ溢れる新月となっています。(残念ながら日本では日食を観測できません)ここのところの星の動きとしては、まず本日、火星が獅子座に入りました。今までいまいち力が振るわなかった火星も、獅子座に入ったことでぐんと元気に。これは6/17の満月の星詠みにも書きましたが、例えるなら言いたいことがあるのに腹に溜め込んでいた鬱屈とした感情に、ようやく風穴が開くような感じになりそうです。伸びやかな表現、わだかまりの無さなど。2週間前の満月の星詠みはこちら。今一度、この時の星の配置を振り返ってみてください。・・さて、今回の日食を伴った蟹座新月チャートはこちらです。※これはわたしがデザインしたチャートです。詳しくはこちらを。では、今回の蟹座新月の星詠みをしていきます☆・・月は1ハウス。さらにはアセンダントも蟹座。月のホームで起こる新月。そして、日食。前回の満月に引き続き、蟹座ー山羊座ラインが強いです。今回は山羊座の土星&冥王星のコンジャンクションと蟹座の太陽&月のコンジャンクションがオポジションを形成。ドラゴンヘッドとテイルもここに。水×土星座の調和が見られます。蟹座と牡牛座、山羊座と魚座。そんな中、風星座は手薄。活動宮のライツに、土星と冥王星までも。行動力・スタートがキーワードの活動宮が、日食現象によってさらに強調されています。絡んでいる天体も、なかなかのもの。活動宮とは何か?というのは、こちらに記載があります【ミニ知識】 活動宮(牡羊座・ 蟹座・天秤座・山羊座)の特徴では、以上の要素をもとに新月の星詠みをしていきます。蟹座!といったホロスコープですが、それにも増して食の影響が大きいように感じられます。そのため、いわゆる新月らしい影響がいつもよりも大きく出やすいでしょう。例えば、リセット、デトックス。それに伴う体調の変化なども考えられます。こういった症状が出た場合は、自己の再構築のためのものであるパターンも。家庭と社会、個人と組織。あるいは、家事と仕事。それにまつわる破壊・喪失現象、その後の再構築といった現象も起きやすいでしょう。引き続き、社会においてもはや形骸化しているような旧体制のものは次々と消滅していく気配です。食ということで、特に社会的にその現象が見られる可能性も。個人レベルですと、自己をいったん見失ったのちの、再構築といった感じもあり得ます。スクラップ&ビルド。破壊の後には、必ずより良くなるための再構築があるということ。火星が獅子座入りしたことと、そこに水星が寄り添っていることで、言葉からモヤモヤが取れていくような気配を感じます。これによってストレートに自分の思ったことを言いたくなるようなこともあるでしょうし、あるいは言えるようになるかもしれません。海王星がMCにジャストオンしています。これはさっきの火星とは逆に、自分の仕事や立場がなんだか曖昧で、きちっと定まっていないような感じがします。なんとも他人には説明しづらいような、コレ!と堂々と言える仕事をしていないような、なんとも型が決まってない感じ。たとえ今はそうであっても、それはそういう時期なのだということでしょうか。以上、7月3日・蟹座新月の星詠みでした。♫•*¨*•.¸¸♪✧♫•*¨*•.¸¸♪✧今回の新月は、日食という大きなキーワードがあり、それに伴った体調の変化を感じやすい気配です。上にも書きましたが、それはすべて新たなる再構築のためのもの。For Brand New Somethingといった感じです。蟹座の月ですので、自らの感情・気持ち、安らぎも大切になさってみてください。それが感じられる場所は、おそらくはいつもの馴染みの空間だと思います。大半の人にとってのそれは、やはり自宅ではないでしょうか。寛げるおうちでいつもの美味しいものを食べ、温かな家族と共に過ごす時間。いつもの寝室で、安心して眠りにつくこと。このベースがあってこその自己の再構築、新たなる出発です。今日はできれば、おうちでゆっくりと過ごせるといいですね。・・次回の星詠みは、満月を迎える7/17を予定しております。では、佳き新月をお過ごしください。バニー

  • 01Jul
    • ひとり行動=寂しいとか意味不明。

      バニーです。ここのところ仕事に押されて、更新が隔日になっておりました。さて今日は、いわゆる【おひとりさま】ってやつについて淡々と書いていこうと思います。わたしはこのことをストレートに忌憚なく書きたいので、その旨ご了承ください。媚びは一切入れません。わたしは子供の頃から一人遊びが大好きで、いつも部屋で一人で絵を描いたり、本を読んでばかりいました。そのせいもあってか、大人になった今でも誰かと一緒に遊ぶことにあまり興味がありません。というか、女同士でわらわらと群れるのが嫌い。意味のない会話も、あまり得意じゃない。そんな性質のため、ひとり行動が断然好き。基本、どこに行くにも一人。誰かを誘うというアイデアが浮かばない。なぜなら、まずは一人で行動することを優先しているためです。そういえば過去に一度、友人にこんなことを言われたことがありました。「一人でランチとかに入ったら、周りの人に、【あの人一人で寂しそう】って思われそうで嫌だ」・・これを聞いたわたしは、はあ???と思いました。ポカーン、です。つまりは、【一人=寂しい人】という図式がこの人にはあるのだなということなのでしょうけど、最初聞いた時にはびっくりしましたね。そんな考えもあるのかと。わたしは一人大好き人間なので、外に出てひとりでご飯してる人や女性ひとりで映画に来てる人、ひとりでラーメン食べてる人にも、全くなんの感情も湧いてこない。つまりは、一切気にならない。なんなら、視界にも入らない。これと同様、この友人はおそらく自分が【一人=寂しい人】という考えを持っているので、周囲の人も自分と同じなんだろうと思ってしまうのでしょうね。人というのはこのように、それぞれがそれぞれの色眼鏡で世間を見ている。自分が持っている偏見やレッテルを通して社会を見ている。これが俗にいう、【自分が好きなように見ている】のだということ。もし今見えている社会が気に入らないのなら、自分のメガネを取り替える・捨て去ればいいだけの話。・・話戻って、さっきのひとり行動のこと。言葉に問題があるかもしれませんが、わたしはそのような言葉を発した友人のことを、くだらねえ考え持ってんな、と正直思いました。有名人ならともかく、一般人のひとり行動を誰がとやかく感じるんだろうと。自意識の使い方間違ってるよなと。ひとりで行動できない人を軽蔑してるわけではありません。それは単に考え方の違いであり、好みの問題なので。ただ、誰かと一緒じゃなければどこにも行けない、ってのは、行動範囲を大きく狭めるなとは思います。それと、誰かに相談しなくちゃ自分のことを決められない、ってのも、わたしには全く理解できない話で。安易に人を無料の相談相手にして、相手の時間を奪うなよと思っています。人に話を聞いてもらうということは、相手の時間をいただいているということ。つまりは、相手の命の一部を頂戴してるに等しいとわたしは思っています。そこを一切鑑みることもない人というのは大体、相手に無料でもらうこと、誰かに自分を変えてもらうこと、人に与えてもらうことばかりを考えている。・・ひとり行動の話から脱線かましましたが、わたしはこういうタイプです。バニー

  • 29Jun
    • 自分にとって馴染みのない星座のこと

      バニーです。今日は、ホロスコープのあの円形の図に関して思うことを書いていきます。星占いやホロスコープのことを多少知っている方はわかるかと思いますが、ホロスコープは正円で表されていますよね。そこが12星座で分割されていて、ある天体が特定の星座に入っている。中には一つの星座に4つも5つもある人もいますが、逆にこの星座には一つも天体を持っていないというのもお分かりになるでしょう。それぞれの天体が一つずつバラバラの星座に入っているということはまずないので、これは全員の人に言えること。ちなみにわたしの場合だと、牡牛座に天体がありません。そのためか、牡牛座の特徴や特質が自分にはほとんどないなということをたまに感じます。あるいは、牡牛座の世界観を理解しがたいところもあるように思います。例えば牡牛座は、誰に急かされても急がないマイペースなところがあり、のんびりゆったりしています。また、自分がいったん手にしたものをなかなか手離そうとはしません。そこらへんがわたしには個人的にどうも理解しがたく、自分の機嫌が悪い時には腹立たしくなったりもするという 笑牡牛座さんが嫌いというわけではないので、念のため。自分にはない性質であるので、どうしても理解しづらいということです。・・ただ、そうは言っても一人一人の中には、すべての星座が内包されています。一つも天体がない星座であっても、その星座も必ず、あなたの中に組み込まれています。それがどんな形で出てくるかというのは、ハウス区分で見ると分かりやすい。例えば2ハウスで牡牛座というのなら、牡牛座に天体がなくとも、お金の稼ぎ方や生まれ持った資質が牡牛座的であるということになります。もうひとつは、その星座の支配星がいる場所を見ること。これもかなり大きなヒントになります。これも例を挙げると、1ハウス乙女座で天体ナシとすると、乙女座の支配星である水星がどのハウスにいるかを見ます。この水星が5ハウスにいるとなると、この人の知的なあり方や知性は、表現や芸術、遊びの場面で強く発揮されるということに。この見方には慣れが必要ですが、こういった考え方でもわかる通り、すべての人には12星座の要素がちゃんと備わっているのです。ただし冒頭でも申し上げた通りに、天体の入ってない星座に関しては、その星座をやや理解しづらいところはあるようです。ご自分のホロスコープがわかる方はぜひ、それがどの星座であるかを見てみてくださいね。それを知ると、なるほどな、と納得するところがあると思いますよ(*´꒳`*)バニー

  • 27Jun
    • ワクワクよりもスゴイ、エネルギーの変え方。

      バニーです。今日は、友達と数年ぶりの再会をしてきました。彼女とわたしが最初に出会ったのは、高橋ナナさんの講座。もう、6〜7年くらい前のことかな?ナナさんはそこから今やぐんぐんと知名度をあげ、ビジネスをガンガンに回してるご様子。地に足つけて実績と数字を上げている女性起業家といった感じで、著書も数冊出されています。ご興味ある方は上のリンクへ☆ヘルシーな食事を一緒してきました(o^∀^o)さて、友人との話に戻ります。今日彼女と話してきて互いに共感したのは、このことでした。↓ ↓ ↓ ワクワクすることをやるよりも、嫌なことをやめたり、嫌な環境から離れたり、ストレスを感じる人から離れる方が、よっぽどエネルギーが変わるこれ、実にそうだと思いませんか?巷ではよく、ワクワクすることをしなさい気分が良くなることを選びなさいと言いますよね。これも確かにそうなんですが、それよりもまず先に、気に入らないことをやめる苦しいと感じる人・場所から離れるこっちの方がよっぽど、体感としてエネルギーが変わるような気がするのです。わたしの実例として挙げますと、最近夫と別居したことで、本当に気分が変わりました。これはもちろん、いい方向にです。つまり、ワクワクどうこうよりも先に、ストレスを感じていた人、不満を感じていた環境から離れ、嫌だと思っていたしがらみを脱したわけです。その結果、精神的にものすごく楽になりました。そして、エネルギーみたいなもの?も、変わった気がします。もちろん、その代償として経済的にお尻に火がついたような感じにはなりましたが、以前の鬱屈とした感情に比べたら、そんなことはどうってことありません。・・わたし自身がこのことを実感したこともあり、俗に言うワクワクどうこうというのは、イヤなことや苦しいこと、不快な環境や人を全部切り捨ててからの話じゃないかと思うのです。それをやってからこその、NEXT・ワクワクじゃないかと。これは言い方を変えれば、ストレスや苦しみやモヤモヤを心に抱え込んだままワクワクに走ったところで、そんなものは付け焼き刃で終わるんじゃないのかなということです。ましてやそれが、大した代償もなく手に入るようなワクワクであれば、なおさら。欲しかったバッグだの服だの、ホテルでの食事だの、そういうやつ。そういう類のワクワクというのは、パッと上がる即効性はあるけれども、鎮火するのもまあ早い。どうですか?そういう経験、思い当たりませんか?・・それに比べたら、イヤなものを排除する方が圧倒的に気分の良さも長続きするし、体中にエネルギーがみなぎってきます。それは、安易なワクワク行動で得られるようなモノとは全くの別物というか。それでもそこに皆が走らないのは、ワクワクという言葉の耳障りの良さと、それをするにあたっての恐れが原因ではないかと思います。自分にとって不快なモノ、不快な環境・人を排除するというのは、ほとんどの場合においてリスクが発生するので。そのわかりやすい例は、嫌われるかもという怖れ。軽蔑されるかもという怖れ。反対されるかもという怖れ。これを見たくない・やりたくないがために、人はワクワクに走るのではないかと思います。その方が、なんだか楽しそうですもんね。自分も他人も傷つけませんし。だからこそ、ポイントはそこなんだろうな、とも思います。いろいろと書いてしまいましたが、彼女とわたしの共通意見ということで今日そのことにとても同意したので、ここにも残しておこうと思いました。ご参考になれば幸いです。バニー

  • 25Jun
    • 個人鑑定のご感想と、星座それぞれのカラー

      バニーです。現在、個人鑑定は中止しておりますが中止前の鑑定をお申込みいただいた方からご感想をいただいたので、それを紹介させていただきます(^∀^)♫•*¨*•.¸¸♪✧♫•*¨*•.¸¸♪✧♫•*¨*•.¸¸♪✧バニーさんへ先ほど、待ちに待ったブループリントを受け取りました。これ、本当に星詠みだけなんですよね?わたしのお知り合いではないのですよね??そう思ってしまうほど、幼い頃のことがドンピシャすぎて驚きました!周りの世話をしていたこと、整理整頓が得意なこと、無意識につい我慢をしてしまうこと、母のことまで。。。言葉を扱うことには、すごく興味がありますし、また最近副業のことも考えていたのでハッとしました。それから、こどものこと。1番の関心事でした。わたしは離婚して、再婚しステップファミリーとして、父親の違う2人のわたしの娘を育てています。特に上の娘が高校生になり、昨年になって元夫と一緒に暮らしたいと出て行きました。それが、まさに昨日の話なのですが、またこちらに戻って来ることになったのです。その子のありのままを見守るスタンス、それをしたい、できるかな?と思っている最中でしたので、ホッとしたような気持ちでいます。「世間の動きに囚われず、自分の感覚とカンを信じて突き進んでいくこと」うっすらそう感じて、自分の直感は大切にしているつもりでした。今回のバニーさんへの星詠み依頼も、もちろん直感です。自分の感覚を信じる。このことを心に置いて、また歩んで行きたいと強く思いました。バニーさんとホロスコープが似ているんですね?!なんだか嬉しいです♡たまたまかもしれませんが、いただいた手紙の字が、わたしの字に似ています!これもご縁でしょうか。鑑定休止のブログを読み、もしかしたらわたしが最後だったのだろうか。思い切って依頼して、本当に良かったと思いました!!何度も繰り返して読みたい文章です。この度はありがとうございました。♫•*¨*•.¸¸♪✧♫•*¨*•.¸¸♪✧♫•*¨*•.¸¸♪✧ご依頼いただいたMさん、ありがとうございました。Mさんはわたしと年齢も近い上に、バースチャートがわたしのととてもよく似ていて、似通ったところがあるなあと思いながら見させていただきました。確か以前記事にもしましたが、目立つ類似点は、Mさんの月とわたしの水星が完全ジャストのコンジャンクションだったこと。これは、Mさんがなんだか惹かれるな、心地いいなあと感じるポイントが、わたしの文章や言葉にあるという読み方もできるのです。そして、お互い山羊座を持ってきているということ。わたしは太陽山羊座ですが、例えば月が山羊座という場合は、内面が我慢強くて、幼い頃にそのような経験をしてきたパターンが多いです。つまり、人一倍ぐっと耐え忍ぶような辛い経験。・・たまたまの偶然なのか、そのことに親近感を抱かれてなのか、わたしに今まで個人鑑定を申し込まれた方は、山羊座を太陽か月に持っている人が多かったです。もちろんわたし自身が山羊座ですので、山羊座の特徴はとても良く理解しているつもりです。月に山羊座を持ってきた人独特の、しっかり者のイメージや慎重で我慢強いところ。それも感覚で理解できるところがあります。逆に今まで申込みがほぼなかったのは、固定宮の方々。中でも、獅子座はわずか一人。蠍座・水瓶座はナシ。牡牛座は例外的によく承りました。これもおそらくは、ただの偶然ではないのだと思います。固定宮の人はそれだけ、他人の意見に惑わされない方々なのです。ただし牡牛座の場合、ご自分の感覚が判断基準なので、それに見合うようであれば決断に至ります。それと、スピーディなお申込みをしてくるのは、いつもたいてい牡羊座でした。告知して一番に申込んでこられるとか、勢いでピンときました!というパターンが多かったです。この動き方が、実に牡羊座らしいなあと。単なる占いと思われるかもしれませんが、12星座はそれぞれにやはり明らかな特徴があって、他人様を見てその手応えを実際に感じられることが、個人的には楽しかったりするのです。個人鑑定はしばらく休止しますが、また折を見て心のタイミングでやろうと思っています。その際、また誰かとご縁がありますようにと願って。バニー

  • 23Jun
    • 先回りして手をかけすぎると、子供はダメになる

      バニーです。昨日の夏至の日、横浜のニューグランドホテルでアフタヌーンティーをしてきました♡このホテルは、日本でも名だたるクラシカルホテル。こういった、クラシックで歴史ある建物が大好きなわたしにとってはとても気分が上がる場所。6人も集まったので、アフタヌーンティーはお皿盛り盛りのぎゅうぎゅう詰めに。笑ちなみに、ここで集まったみんなは、宇宙の法則を知って実践してる仲間たちばかり。みんなとの再会は昨年末以来でしたが、その当時とわたしの状況は激変したこと、横浜でこのような形で再会できたこと。どれもこれも、流れというのは不思議なものです。さて、ここで会話してて指摘されてハッとしたことがあったので、今日はそれをシェアしますね。きっと、多くのお母さんたちにとって考えるところがあるのではないかなと思うので。・・わたしは性分的に、先に先にと段取りをしてしまうタイプで、それは家事や育児においてもそう。例えば友達と遊びにいくとするなら、帰ってきてから自分がチャチャっと動けるよう夕飯の段取りをしていくとかお米を研いでいくとか、夕食のメニューを設定しておくとか、そういったことをしてしまうタイプなのです。だけどこれってきっと、多くのお母さんがやってることじゃないでしょうか?自分が家を空けるのなら、残る家族が不便を感じないようあれやこれやと気を回すこと。できるだけ早く帰宅しようと、ソワソワとしてしまうこと。友達と盛り上がってる途中であっても、家族のごはんを作らなきゃとそそくさと場を去るとか。ニューグランドホテルの中庭。それをわたしはまさに昨日、やっちゃってたのですよね。みんなと会話してる最中から、帰る時間が気になってくる。ここからの所要時間を考えてソワソワしたり、家にいる息子のことが気になったり、晩御飯に間に合うようにと時間の計算をしたり。そんなふうにしてたら、まさにそれを試されるような出来事が起こりました。アフタヌーンティーのあと、近くの観覧車に行こう!となったのです。(横浜のみなとみらいにある観覧車)しかしわたしは例のごとく、そこに行っていては帰宅時間が遅くなると思い、行くことを渋っていたところ、仲間の一人から、そのことを指摘されたのです。(彼女も子持ち)子供が小さいのならともかく、中学生にもなった子供のごはんなんて、そこまで心配することじゃない。なんなら自分で用意させてもいいんじゃない?と。・・そこでわたしは、ハッとしたのです。そういえばわたしは、別居してる夫と暮らしてる時からそうだったと。夫には何も任せられない、頼りにならないと決めつけて、なんでもかんでも自分でやっていたこと。それで自分がストレスをため、その結果夫は、何もやらないダメ男になってしまったこと。自分が夫をダメ男に仕上げてしまったことを反省して別居したのに、夫から離れたら今度は、息子に同じことをやろうとしていた。そのことに、ハッと気付かされたのです。そうだ、わたしはついこうやって先回って世話を焼いてしまって、結果相手をダメにしてしまうのだということに。実際、息子と二人暮らしを始めてからもわたしは家事のすべてを自分でやって、子供にはほとんど手伝いもさせてなかった。この子にやらせては後始末が大変だ、火を使うのも心配だと、自分の面倒や心労を回避したいがために、ぜんぶ自分で背負い込んでた。ニューグランドの、この麗しき様式よ……それじゃあ、息子は成長しない。もっと信頼してあげないと。旦那さんと同じになるよ。仲間にそう言われて、本当にそうだ!と思ったのです。そこでわたしはわたしなりに思い切って、すぐには帰宅せずにみんなと観覧車に行くことにしました。その結果、帰宅は21時ころに。夕食を待ちくたびれた息子はどうしたかというと、なんと自分でチャーハンを作っていて、それをわたしにもと残しておいてくれてたのです。ああ、こういうことか。そう思いました。なんでもかんでも親が手を回してあれやこれやと世話を焼きすぎると、子供はそれに甘えて何もしなくなる。本当はやらせればできるのに、親がその芽を摘んでしまう。その結果、その子は大人になっても甘えグセが治らず、自分で自分のことをすることに時間や手間がかかるようになる。やがては、パートナーに苦労をかけることにも。この日のわたしの決断はすごく小さなことでしたが、結果重要なことがわかった気がします。親が手をかけるのは、ほどほどにしておいていいのだということ。時には、放任することも大事なのだということ。それが、子供の自主性や経験値に寄与することになるのだということ。つまりは、子供を信頼して、もっと任せてあげること。思い切って頼ってみること。うちは特に子供が男の子ということで、格別そのことが大事な気がします。男子というのはやはり、頼まれごとを達成できると、すごく嬉しいようですから。昨日のこの出来事を踏まえ、今後も息子との二人生活にこの方針を活かしていこうと思ったのでした。世のお母さんたちのご参考になれば幸いです。バニー

  • 22Jun
    • 別居と、自分を本気で幸せにすることについて。

      バニーです。今日は星のことは置いておいて、わたし個人の話をしていきます。このブログにいつも来ていただいている方はご存知かもしれませんが、わたしは最近、夫と別居しました。それが先月下旬のこと。今の家に引っ越してきたのが先月末で、そこから約3週間が経過しました。引っ越す際、家具は姿見ひとつしか持ってこず、家電も何ひとつ持たずにここに来ました。そのため、いまだにないモノだらけだし、家電も揃っていません。食器もほとんどないし、調理器具も必要最低限のものだけ。・・そんな生活の中でも感じるのは、とにかく心が軽いということ。別居前のゴタゴタの時は毎日が鬱屈としていて今後の不安に苛まれ、両親からの反対や異論にストレスを溜め、鬱々としていました。食欲も落ち、体重も落ち、食べ物の好みまでガラッと変わり。そんな生活をしていたのが一転、今は気分の軽やかさがハンパない。憂鬱だった家事もまあまあ楽しいし、掃除もさらに積極的にするようになりました。毎日自由だし、その日の行動をますます自分で決められるように。ストレスの大元だった夫との生活からの脱却が、ここまで精神を楽にするとは。そして、本当は好きじゃなかった地方での暮らしをやめたことで、わたしは本当はこういうところに住みたかったのだということもしみじみと実感しています。地方暮らしを憂いていたのに、そこから出れないと思い込んで小さくまとまっていたこと。都会が合ってると他人からも指摘されていたのに、自分の環境に柵をつけてたこと。そして、別居のこと。今のわたしの状態はいわゆる別居婚には当てはまらないのかもしれませんが、それでもわたしはこの形態をとても快く思っています。それはわたしが、夫婦だからといって同じ住居で生活を共にすることに何の魅力も感じてないからです。インテリアに気を遣う人間と、そうでない人間。清潔感を重んじる人間と、そこを重視してない人間。センスを大切にしてる人間と、そんなことはどうでもいい人間。テレビ大好き人間と、テレビいらない人間。たとえ両者の間に愛があろうが、生活を共にしていく中でそういった相違をわざわざ目にして、そのギャップを埋める努力をすることが疑問なわけです。そこをどうにか折り合いつけてなんとかやっていくのが夫婦だという意見もあるでしょうが、それはそれで構いません。人の意見や価値観は自由。そもそもわたしが今そのように考えているのは、そうしてまでも一緒にいたいと思えるパートナーと出逢っていないからかもしれませんしね。わたし個人の経験談として言えるのは、本当にこの選択をしてよかったなということ。冷え切った関係でも同じ家にいることを良しとしている人、世間体や体裁を保とうとしている人。子供のためにと我慢している人。こういった女性、実はかなり多いのではないかと思います。それを選んでいるのは自分であるにも関わらず、パートナーの文句を言ったり他人にそのことを愚痴る。もっとひどいのは、子供にもわざわざそれを言う。これはかつてわたし自身もやったことがあるので偉そうに言える立場ではありませんが、そういう言葉を発するのは違うということはお伝えしたいと思います。違うというか、お門違い。誰もあなたにこの家にいなさいと強要しているわけではない。一生その相手と添い遂げることを法で決められているわけでもない。それを破れば重たい罪が課せられるわけでもない。子供が悲惨な目に遭うことが確証されてるわけでもない。すべて、自分が作り出している幻想なのだということを理解しているのか?ということです。・・ついこないだのわたしと同じような 想いをしている女性の方々。その幻想を見限ることができるのは、自分だけです。そこを突破しようと決め、行動を起こせるのも、自分だけ。誰かの出方を待っているのでは、いつまでたっても変わらない。子供が○歳になるまで我慢する?そんな考えですら、幻想の一種に過ぎないのです。これは口先だけで伝えきれるものではありませんが、自分を幸せにすることに、もっと本気になること。もちろんその過程で失うものもありますし、半端ない勇気が必要ともなりますが、その代償として得られるものの大きさをわたしが身を以て実感しているからこそ、そういった人を一人でも応援したいと思っています。重ねて言いますが、自分を幸せにすることに、もっと本気になってみよう。これに関してはまだまだ、わたし自身も修行中です。バニー

  • 21Jun
    • 6/22 夏至図の星詠み 〜当たり前の日々を、ていねいに。

      バニーです。明日、というか今日の日付が変わってまもなく、夏至を迎えます。占星術上における夏至は、蟹座に太陽が入ったタイミングを指します。つまりここから1ヶ月は、蟹座のシーズン。そして夏至は、陰陽の陽が極みを迎える日でもあります。ではこのタイミングに際して、今年の夏至のホロスコープを見ていきます。17日の射手座満月の星詠みでもありました通り、今回の夏至図でもパッと目を惹きつけられるのは、蟹座ー山羊座のラインです。6/17 射手座満月の星詠み 〜ブレの作用に惑わされず、未来を見据えて特に、蟹座の火星と山羊座の土星は非常にタイトなオポジション。しかも、4ハウスー10ハウスのいわばホーム状態でのラインを形成しています。(ハウス5度前ルールを適用しています)さらに、蟹座の火星には水星が、山羊座の土星には冥王星がコンジャンクション。加えて、ドラゴンヘッドは蟹座で、テイルは山羊座。このように兎にも角にも、蟹座ー山羊座ラインが濃密。そして、各々コンジャンクションがICとMCの近くで起こっているという。これだけ緊迫した状態の蟹座 vs 山羊座をなだめているのが魚座にいる海王星となるわけですが、この海王星はこの夏至を迎える前に逆行を開始しました。これでこの夏至図では、木星・土星・海王星・冥王星の4天体が逆行している形に。そして最近ずっと続いているのが、柔軟宮同士の絡み。今回も、双子座・射手座・魚座でTスクエアが形成されています。これを構成しているのが金星・木星・海王星ということで、お金絡みの曖昧さや狡さ、詐欺といったイメージも出てきます。あるいは、稼ぎへの怠惰さ、仲間に対する甘え、ふわふわとした理想やロマンへの希求も。ですがこれは一方で、ロマンティックな夢という見方もできます。海王星が逆行を始めたということもあり、過去のロマンや夢をなぞるようなことが起きそうです。・・それでも今回の夏至図では、やはり蟹座へのフォーカスが外せません。現在、蟹座は火星と水星を擁し、肚の中に激しい一物を抱えているような感じです。どうやら家庭の中でそれが起きやすいようで、家族からの影響も受けやすいでしょう。これに真っ向から対峙しているのが山羊座なわけですが、この山羊座は社会の頂点の場所で土星と冥王星を重ねています。これにより、長らく続いてきた社会の古いシステムは、根底からますます覆されていくことでしょう。特に、働き方や仕事に関することでそれが顕著に起こってきます。昭和の時代から続いてきていた企業の古い体制やシステム、時代にそぐわなくなった仕事は、今後さらにさらに淘汰されていくでしょう。これを他人ゴトだと眺めているのではなく、自分がそのような場所に属していないか?そのような働き方をしていないか?ということを、今一度このタイミングで振り返ってみてください。この流れは今後も、確実に顕著になっていきます。今年は天王星が牡牛座に入ったこともあり、時代の潮流に見合わなくなった仕事はどんどん無くなっていきますし、モノを所有することに対する意識もますます変化していきます。いつまでも古い価値観を持っていたままでは、その潮流に乗れない時代になっているのです。こちらもご参考に。そしてこの夏至図では、ホームの重要性が問われているような気がします。毎日元気に仕事ができるのも、美味しいごはんが食べられるのも、安心できるおうちがあるからこそ。いつもの慣れ親しんだ場所があるからこそ。心安らぐ家族がいるからこそ。このことに、みんなが今一度立ち返るタイミングではないかと感じさせます。・・個の輝きを持ってステージに立ちたいのなら、その前には必ず足場を整えなくてはなりません。これが、占星術における蟹座の立ち位置です。わたしわたし!こんなにステキなわたしを見て!とみんなに自分を見せたいのなら、まずは足元をちゃんと地面に着けましょう。仕事ばかりでロクにちゃんとしたものを食べていない家に帰ってもなんだか安心できない家の中はぐちゃぐちゃよく眠れないいつも不安でぐらぐらしているこんな状態では何をやってもダメなんだよ、ということ。人間らしく幸福に生きるためには、大前提に日々の衣食住があるのだということ。だからこそ、当たり前の日常を大切に。その日常を支える社会の雇用システムや働き方はますます変化していくでしょうが、それに対応できるよう、まずは自分の足場を固めること。日常の衣食住を慈しんで、お家でも笑顔でいられる生活を。おいしいごはん。ふかふかのおふとん。あたたかなふれあい。そばにいるひとを、たいせつに。バニー

  • 20Jun
    • 星座とボディパーツの関連性

      バニーです。今日は昨日の内容に引き続き、星座とボディの関連性を書いていこうと思います。昨日の記事では、ふっくらしやすい傾向にある星座と、そうでない星座をざっくり簡単に書きました。↓  ↓  ↓  星座と体型、ダイエットの話。では今日は12星座別に、関連のあるボディパーツを挙げていきます。・.。:*・♬*・.。:*・♬*・.。:*・♬*・.。:*・♬*☆牡羊座→頭、髪☆牡牛座→口、のど、首☆双子座→肩、腕、肺☆蟹座→胸部、胃☆獅子座→背中、心臓☆乙女座→腸☆天秤座→腰、腎臓☆蠍座→生殖器、子宮、直腸☆射手座→太もも、肝臓☆山羊座→骨、皮膚、ひざ☆水瓶座→脚、リンパ☆魚座→足先、内分泌系・.。:*・♬*・.。:*・♬*・.。:*・♬*・.。:*・♬*以上をざっとご覧になっていただくとお判りになるかと思いますが、牡羊座〜魚座に至るまで、パーツが頭の先から順に下へと下がっていきます。もう少し補足しますと、例えば牡羊座でしたら、パーツは髪と頭。髪の毛にクセがあるなどの特徴を持つ人が多いことと、気質的にカーッと頭に血が昇りやすい。このように、各星座ごとにその特徴がパーツとうまく絡み合っているのです。ではせっかくですので、牡羊座以外の例もいくつか挙げていきます。牡牛座は口、のど、首元。→食べることに興味があり、声がいい人が多い。蟹座はバストと胃。→食べ物に縁があり、ふくよかなバストを持つ人が多い。蠍座は生殖器。→セクシャルなことに縁ができやすく、そのような魅力を醸す人も。山羊座は骨、皮膚、膝。→皮膚に透明感があり、骨格がわかりやすい。・・もちろん全員が全員というわけではありませんが、星座ごとのパーツが自分の特徴の一部になっていたり、あるいはネックやコンプレックスになっていることは多いようです。蠍座で一例を挙げると、八木さやちゃんがまさにピッタリ。蠍座のパーツは、子宮、生殖器。子宮メソッドを提唱したのも、性のことをあれだけ表現したのも、実に蠍座らしいなと思います。彼女に関して言えば、物申すことがないくらいに、星のまんまの女性です。こちらもご参考に。八木さやちゃんの星詠み &【女神のパルテノン診断】リニューアルデザイン前回こちらの記事で牡牛座と蟹座、天秤座のことを書きましたが、これら各々のパーツを見ていただければ、その根拠もわかりやすくなると思います。↓  ↓  ↓  特に女性の場合は、太陽星座のみならず月星座に対応するパーツも参考にしてみてください。わかる人は、アセンダントも。このように12星座は、肉体の中にまで奥深い叡智が秘められているのです。バニー

  • 19Jun
    • 星座と体型、ダイエットの話。

      バニーです。今日は、星座に絡めて、女性なら気になる体型とダイエットについて書いていこうと思います。まず、以下に申し上げることは必ずしもその星座の人すべてにあてはまるものではないので、さらりと流すような感じでお読みください。・・単刀直入に、12星座の中でふっくらしやすい傾向にあるのは、以下の星座です。(これは一般論含め、わたしの経験に基づく私見も入っています)☆牡牛座☆蟹座☆天秤座これらの星座を太陽星座に持つ人、もしくはアセンダントに持つ人は、比較的ふっくらとしやすいようです。牡牛座は、グルメが高じてそうなる。蟹座は、体内に水分を溜め込みがち。料理上手で、食べることも好きというのも。天秤座は、腰回りにボリュームが出やすい。中でも牡牛座と天秤座は、若い頃はそうでもなくとも、中年期以降に体型が変わってきやすい傾向。逆に、あまりそういったことと縁がないようなのは、強いて言えばこの星座かなと思います。☆双子座☆乙女座☆山羊座双子座は、シュッとしている人が多い。乙女座は、こじんまりとしてて線が細い。山羊座は、骨格は目立つけど肉付きが薄い。こんな感じです。ちょっと、周囲の人を思い浮かべてみてください。そう言われてみるとそうかも……という例が、いくつか思い当たるのではないかなと思います。これは一般的に、な話ですが、水の星座(蟹座・蠍座・魚座)は皮膚がみずみずしくて、体内に水をよく孕んでいるようなイメージがあります。そのため、贅肉というよりは水気が多いような感じ。これに対して牡牛座は食べ物に興味がありすぎる、あるいは舌が肥えているがために、どうしても体型が変化しやすいところがあります。天秤座の場合は、食べるの大好き!というのが原因になるというより、動くのがイヤ、というのがモトでそうなりがちなようです。・・これは太陽星座と同様、アセンダントであっても出てくる傾向があるようです。だからなんなんだという話にもなりますが、そういう傾向があるということだけ、お伝えしておきます。星座にはそれぞれ関連づけられたボディパーツがあり、例えば牡羊座でしたら頭ですし、獅子座なら心臓、山羊座なら骨と皮膚、歯。これに関してはもう少し詳しく書きたいので、また後日補足しますね。バニー

  • 18Jun
    • 生理痛ひどいときに、布ナプは無理。

      バニーです。今日はこれまたなんの話やねんという感じなのですが、現在生理痛が辛くて思考回路が停止しかけているため、生理痛と布ナプキンのことを書いていこうと思います。まず、女性のみなさま。生理の時のナプキン、布と紙のどちらを利用されていますか?ちなみにわたしは数年、布ナプを使ってました。それが今年に入ったあたりでなんかしんどくなって、再び紙ナプキンに戻したのです。とはいえそれは市販のケミカルなやつではなく、オーガニックの製品。一応、経皮吸収が気になるので。なぜ布からそれに変えたかというと、ぶっちゃけ、布ナプキンは手間。あと、生理痛ひどい時に洗濯するのがつらくて、それが原因でイヤになった。・・ちょうど数年前あたりから、布ナプブームってありましたよね。自己愛を高めるためにも布ナプ!布ナプを使うと、自分を大切にしてる実感が湧く!などという文面、よく見ませんでしたか?これが過剰になったあげく、ケミカルナプキンなんて最悪!布を使わないなんてちょっとアレだよね、的にオーガニックに傾倒した人もいるでしょうし、布ナプキンを買い集めた人もいるのではないでしょうか。かく言うわたしも、そのクチでした。実際、布ナプの効用って確かにあるのです。生理痛が軽くなる人もいますし、自分の生理に意識が向いてカラダに興味を持つようになった人もいるでしょう。エコだし、可愛い柄もたくさんあるし。だけどこれって、生理の時にほとんどトラブルがなくて、通常と変わらず動ける人の方がその効果を楽しめると思うのです。もともと生理痛がひどいとか、生理になると動けなくなるくらいしんどくなる人が布ナプをした日にゃ、それを洗う手間だけでますます生理がつらくなると思いませんか?わたしはそう考えて、半年前からオーガニック紙ナプキンに変えました。今まで、漬けおきしたり手洗いして干していた手間がなくなり、家族の目に見えないようにする必要もなくなり、精神的にも肉体的にも、かなり楽になりました。改めて思ったのは、世間や尊敬する誰かが推奨していたからと、自分もやる必要はないのだということ。実際にやってみて、やっぱ自分にはしんどいし負担になると思うのなら、さっさと別の方法に変えて生理中の自分のカラダを楽にしてあげる方がよっぽどいいのではないかと思うのです。それでなくとも生理中はイライラするし、余計な作業を増やしたくないと思っているのに、布ナプの洗濯で気が滅入るくらいなら、潔く紙の使い捨てでいいと思います。(これって、赤ちゃんのおむつでも一緒じゃないかな?布が向いているのは、生理が軽くてトラブルがほとんどない人。時間に余裕がある人。家にいることが多い人。こんなタイプじゃないかと思います。生理が辛い人がまずやるのは、布ナプキンを使うよりも先に、まずは自分の生活スタイルを見直すことじゃないのかな?と。それと思うのは、生理痛を軽くして快適に仕事に行こう!ということより、つらい生理痛の時にまで職場に行かなくてはならない環境の方が問題なのだろうということ。そして何より、それを選んでいるのが自分だということ。もちろん、生理痛や生理の時のトラブルがなくなるのは理想的ですが、それを薬や何かで押さえ込んでまで家事や仕事をすることを選んでいる自分への無理が、結局そういう痛みを引き起こしているのかもしれませんね。となればモトを正すのは、自分に無理をさせる生活を選んでいる、この自分。わたしも生理痛持ちなので、そういうことなのだろうなと。人間、だらだらと怠けることの方が案外難しいもので、活動して何かを生産していることに意義を見出してしまうもの。あるいは、こんなに辛いのに頑張ってるわたし!みたいなね。わたしも生理だからと1日中ダラダラとしたことはなくつい動いてしまうので、もしかしたら生理痛が毎月ある人は、そういう傾向があるのかもしれません。自分を甘やかすことが苦手で、ついやってしまうタイプというか。これ、わたしが自覚している課題でもあります。そういうタイプ、これを読んでる方にも多いのではないかな?バニー

  • 17Jun
    • 6/17 射手座満月の星詠み 〜ブレの作用に惑わされず、未来を見据えて

      星を詠むアーティスト、バニーです☆本日17日の17時半ころ、射手座で満月を迎えます。6/3の双子座新月からここまでの2週間は、いかがでしたか?この期間は金星も双子座に入り、軽やかなムードと軽い足取りが強調されていたのではないでしょうか。あるいは、思考があっちこっちにふわふわと飛び、ポカミスをやらかしてしまったり、普段はありえないようなおかしな話にひっかかりそうになったこともあったかもしれません。2週間前の新月星詠みはこちら。今一度、この時の星の配置を振り返ってみてください。・・さて、今回の満月チャートはこちらです。※これはわたしがデザインしたチャートです。詳しくはこちらを。では、今回の射手座満月の星詠みをしていきます☆・・月は1ハウス。アセンダントも射手座で、そばには木星も寄り添っているということから、射手座色がとても強いホロスコープとなっています。月の真向かいにある太陽は双子座、7ハウス。印象的なのは、蟹座ー山羊座のディープなライン。山羊座の土星&冥王星のコンジャンクションと蟹座の火星&水星のコンジャンクションが、真っ向から向かい合っています。なおここには、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルも密接に絡み合っています。それをまあまあとなだめているのが、魚座にいる海王星。この海王星は、射手座木星とぴったりタイトなスクエアを形成。柔軟宮が印象的なホロスコープです。しかも、双子座・射手座・魚座のダブルボディサイン。この3つの星座たちの絡み合いは今回も引き続き密接です。柔軟宮とは何か?というのは、こちらに記載があります【ミニ知識】柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)の特徴と、クオリティの相互関係では、以上の要素をもとに満月の星詠みをしていきます。射手座色が強いホロスコープでありながら、この月はすでに、次の山羊座を見据えたものとなっています。そのため、射手座特有の楽観性やまあいいかというような気楽さ、先のことを考えない感じというよりも、どしっとした落ち着きを持ちながら未来を見ているような姿を感じさせます。これは例えば、今まで自由奔放にやってきた人が自己のあり方を見つめ直し、社会や周囲のために自分ができることを始めようとしているかのようなイメージ。ただし柔軟宮カラーが強いということと、1ハウスの月と木星ということもあり、感情がぐらぐらと揺れ動く気配は感じます。周囲の出方に振り回されやすく、自分の感情次第でコロコロと意見が変化してしまうような感じも。特に、パートナーや環境からの影響を受けやすいでしょう。あらゆる方向からブレが起こりやすい作用が働いてくるようなタイミングとなりそうです。例えばいつもは簡単に処理できているようなことでケアレスミスを侵してしまったりと、注意深さが失われやすい気配も。蟹座の水星はほっこりとした温かみを持っているのですが、火星の働きと山羊座の土星により、これがあまり表には出てこないような感じ。これは言いたいことがあるのだけれど腹に溜まっているような、もにょもにょと内に秘められているような、そんなイメージを感じます。山羊座の土星&冥王星コンビの距離は、さらに縮まってきました。自分で収入を得ている方にとっては、とても忙しい時期になるかもしれません。その一方でこのコンビは、今まで社会で通用していた働き方を根底から覆すようなパワーをも秘めています。そのため、今までの働き方を手放すようなこともあるかもしれませんし、そのような社会システムの崩壊を感じさせるようなことが起こる可能性も。以上、6月17日・射手座満月の星詠みでした。♫•*¨*•.¸¸♪✧♫•*¨*•.¸¸♪✧今回の満月は射手座含めた柔軟宮カラーがとても強く、ふわふわとしがちであるためにいろんな場面でブレやすいことは確かなのですが、この月はその一方でどっしりとした足元も持っています。つまり、今まで経験してきたことをどう社会に活かしていこうか?と模索しだした月でもあるのです。この目的があるがために自己のあり方を見直そうともするでしょうし、今後どのように自分の知見を人々に伝えて役に立っていこうかと想いを巡らすこともあるかもしれません。それを遂行していくにあたっては、自分自身に人々を魅了するような何かがあれば、もっといい。それが欲しいがために、自己をさらに高めていこう、人々を導いていこうという気概に満ちた、今回の満月です。・・次回の星詠みは、新月を迎える7/3を予定しております。では、佳き満月をお過ごしください。バニー

  • 16Jun
    • 射手座満月を境に、大きな手放しをします。

      バニーです。明日は、射手座で満月が起こります。とはいえ今すでに月は射手座に入っており、じわじわと満月モードが漂っています。さて、今日は何を書こうかな?と思ってPCの前にきたところ、ひとつの考えがふっと浮かび、それがどうしても心に残るので、これはやらなあかんやつかなと。すでに今そのアイデアが心にあるのと、ちょうど明日が満月で手放しにふさわしいということで、わたしはここでひとつ、大きな手放しをしようと思います。それが何かというとまず第一に、オーダーで制作するグラフィックデザイン業を手放します。(わたしはフリーのグラフィックデザイナーでもあります)第二に、占星術の個人鑑定もしばらく休止します。最初のグラフィックデザイン業に関しては、今受注している分と、以前わたしにお願いしたいと直オファーをくれた方を除き、それ以外の受注はすべてストップします。※今までにオファーをいただいた方のお仕事は、後々であっても喜んで承ります。第二の個人鑑定に関しても、しばらく休止しようと思います。これらの決断にはもちろん思うところあってのことですが、正直めちゃくちゃ怖いです。それほど多額ではないとはいえ、収入源の途を失うわけですから。ましてやわたしは子供を一人養っている身で、今は自分とその子にかかる生活費のすべてを工面しています。その立場でもって、収入のルートを断つということ。ですがこれには、わたしなりの考えがあるのです。本当に楽しいと思えることだけをやると、わたしの人生はどうなるのか?それ以外のものを捨て去ると、どんな変化が起きるのか?これを身を以て実験してみたいと、いま思ったのです。(本当についさっき降りてきた)・・そしてこれにはもちろん根底に、今楽しいと思っていることにもっと集中したいという気持ちがあります。そっちをもっとやりたい!と思ったからこその、この決断。もちろん、それをやりつつデザインも占いもやれば、さらなる収入にはなるでしょう。だけど、今はそうしたくない。OK。じゃあ、それに従ってみようか。どうなるかやってみて、やっぱりまたやりたいと思うのなら、再開すればいい。あっちからもこっちからもお金を得ようとすると、もしかしたらわたしの場合、エネルギーが漏れるのかもしれない。それを知るための実験をしてみたい。さあ一体、どうなるのでしょうね?個人鑑定は中止しますが、今までやってきた新月&満月の星詠みは、もう少し続ける予定です。ですが、個人鑑定全般は、一時これにてお申し込みストップとさせてください。今までこのブログを通して、いろんな方に鑑定のお申し込みをいただきました。そのご縁には本当に感謝しています。・・だからというわけではありませんが、人と人との縁ができるタイミングというのは、本当にその時限りのことなのだと思います。いずれこの人に〜をしてもらおういつかこの人に会いたいそのうちお金が貯まったらお願いしてみようこうやって多くの人は、目の前にやってきたピン!のチャンスを逃す。そして、また次があるだろうと、今じゃなくても大丈夫だろうと、機会を先延ばしする。直感を潰す。これは、人と人との出逢い・別れにも言えること。またいつか逢えるだろう。次のタイミングにすればいいや。こう考えて先送りした結果、二度と会えなくなった人はいませんか?あるいは、二度と会えそうにない人は?冒頭の話とズレてしまいましたが、ここで言いたかったのは、何もかもが今この一瞬のことなのだということ。いつまでも続くものはないし、いつまでもそこにあるものはない。なぜならこの世は諸行無常で、森羅万象すべてが変化を孕んでいるからです。・・そんなわけで満月前の個人的な手放しの話と、今この瞬間のタイミングを捉えることの大切さについて書いてみました。射手座満月の星詠みは、また明日アップしますね。バニー