無気力無関心(仮)
メールフォーム(直接連絡を取りたい方)
・麻雀コラム
 ⇒『新・多面張理論1』(多面張の手牌の効率的な認知方法)
 ⇒『カウンティング理論』(カジノ攻略法は麻雀攻略法となりうるか?)
 ⇒『シャンテン数理論』(見落としがちな牌理の基礎)
 ⇒『賭博との適切な付き合い』(『賭け麻雀の是非』の続編)
・過去企画
 ⇒『公開対局@天鳳』(ネット上での公開対局の先駆け的企画)
 ⇒『麻雀ラジオ』(世界一マニアックな麻雀トーク番組)
 ⇒『三王戦』(天鳳サンマのタイトル戦&運営システムの模索)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年07月07日(土)

符計算はなくすべきか

テーマ:麻雀コラム

「符計算はなくすべきか」という議論は、それこそ何十年も前から繰り返し行われていますが結論は出ていません。

 

この状況に対する僕の見解を述べたいと思います。

 

 

まず大前提から説明すると、『符計算の問題は麻雀のあり方の問題である』ということです。

 

例えばどこかのコミュニティ(雀荘や競技団体など)が符計算をなくしたルールを採用したとしましょう。(別にそれ自体は自由)

 

しかし、それはそのコミュニティの問題に過ぎず、せいぜい他のコミュニティとのパイの奪い合いにしかなりません。

 

結局、新しいローカルルールが増えるだけで、麻雀の普及やイメージ改善につながることはありません。(そういう歴史が繰り返されてきた)

 

 

では、なぜそうなってしまうのでしょうか。

 

その理由は『麻雀が競技として成立していない』からです。

 

一般的に競技を競技たらしめる最低条件は以下の3つと考えられますが、麻雀はこれを1つも満たしていません。

 

・基準として機能する公式ルール(必ずしも統一ルールである必要はない)

・適切なクラス分け(麻雀の場合は客観的な実力評価)

・上2つを保証する統括組織(それが国内に複数存在しないこと)

 

特に基準となる公式ルールが存在しない為に、「(符計算のあり・なし以前に)麻雀のルールはどうあるべきか」という議論自体が成立しないのです。

 

まず重要なことは公式ルールを規定・普及させることであり(どういうルールであるべきかは後回しでもいい)、その為には麻雀のあり方を根本から改革しなければなりません。(基準が必要なだけで全ての麻雀が競技である必要はない)

 

※公式ルールとクラス分けについては『標準ルール&レーティング構想』、統括組織については『オリンピックに麻雀の選手団派遣は可能なのか?』をぜひ参照していただければ。

 

 

しかし、麻雀のあり方を改革することは容易ではなく、現状での次善策は何なのでしょうか。

 

それは『符計算ができなくても麻雀はプレイできるし楽しめる』というポジティブなイメージを普及させることです。(符計算のあり・なしにかかわらずそうあるべき)

 

符計算はそれを必要だと思う人が自発的に身に付ける技術であり、強制されるものではありません。

 

符計算ができないことをバカにする風潮をなくし、同時に実力に沿った技術習得(教える側の指導体系)の整備・普及も行われるべきです。

 

※これも麻雀のあり方の問題(客観的な実力評価が普及してない)の1つであると考えられる。

 

 

最後に、符計算ができない人(初心者)を補助するアプリについて考えてみます。

 

先日、麻雀カメラという手牌を読み取り自動で点数計算をしてくれるスマホアプリが発表されました。

 

 

このアプリが麻雀の普及に直接つながるとは考えにくいのですが(黒歴史化した点数計算機能付き自動卓と同様にリアル麻雀との親和性が悪い)、この応用には色々な可能性があると思います。

 

こういうアプリの需要というのは実力の向上(補助)と密接な関係があって、 麻雀カメラは(進行の手助けはしてくれるけど)自分が点数計算できるようになる訳ではないので需要も低いのですが、これが打っている最中に『テンパイの手牌の和了牌とその点数』や『天鳳牌理』などがリアルタイムで表示されるようになればかなりの需要が見込めると考えられます。

 

ただ、これはカンニングの不正にもなりうるので競技として使うことは難しいのですが、初心者の補助としては有効であると思います。

 

※特にネット麻雀では使用の証拠が掴めない為にその信用が落ちる可能性もあるが、こういう技術革新は不可逆なのでそれを見越した対応を考えていくしかない。

2018年05月09日(水)

多面張講座 7枚の法則

テーマ:麻雀コラム

【はじめに】

 

まずはっきり言わせてもらいますが、『7枚の基本形』を暗記しても多面張の習得には(自己満足程度しか)効果がありません。

 

これは単に、教える側が理屈で説明できないから7枚の基本形を薦め、教わる側がそれを暗記して勉強した気になるというだけです。

 

その一方で、実際に多面張を習得できている人のほとんどは『(頭の中で)手牌をガチャガチャと動かす』ことにより待ちを見抜いています。

 

『ガチャガチャの法則(仮)』

・暗刻部分を暗刻とみなしてみる。
・暗刻部分を雀頭とみしてみる。
・イーペーコー形を抜いてみる。

 

これは理屈としては(不完全ながらも)結構イイ線いってて、経験から導き出した多面張の法則とも言えると思います。

 

ただ、多面張の法則は他にもたくさんあり、より多くの法則を学べばより簡単に多面張を習得することができます。

 

今回は7枚の手牌から全ての法則を導き出し、基本形の暗記という固定観念から決別を目指します。(そして13枚の法則へのステップアップを目指す。)

 

 

【多面張の作られ方】
 

国士と七対子の場合を除くと、麻雀の待ちには単騎とリャンメン(ペンチャン・カンチャン)とシャンポンの3種類しかありません。(単騎は1枚、リャンメンとシャンポンは4枚による最小単位の待ちが構成される。)


また、テンパイとは和了に1枚足りない状態のことであり、和了形の雀頭から1枚抜けば単騎、順子から1枚抜けばリャンメン、暗刻から1枚抜けばシャンポンのテンパイが作られます。


つまり、テンパイとは『最小単位の待ち+順子or暗刻』と言うこともでき、最小単位の待ちに順子や暗刻が特定の関係でくっつくことにより、あらゆる多面張が作られます。

そして、最小単位の待ちを基点として、そこから手牌全体の待ちを見抜く手順が生まれます。
 

 

【順子の特性】


順子は最小単位の待ちと特定の関係でくっつくことにより、待ちをスジで伸ばします。


あらゆる5待ちに対して、567の順子がくっつくと8待ち(リャンメン)がプラスされる。

⇒あらゆる5待ちに対して567の5を渡すと、67のリャンメン(と雀頭)が残る。


5が単騎待ちの場合に限り、678の順子がくっついても8待ち(単騎)がプラスされる。
⇒5単騎に対して678の67を渡すと8単騎が残る。

 

ちなみに順子の特性にはもう1パターンあるのですが、7枚形では登場しません。

 

 

【暗刻がない手牌】(手牌例A)
 

暗刻がない手牌は順子を分けて行くことで、テンパイかノーテンかを(同時に最小単位の待ちも)見抜くことができます。

 

ただし、順子を分けるという作業には認知能力が必要ですし、単騎の部分はきちんと単騎(順子の特性が異なる)と認識しておく必要があります。

 

また、形で覚えてしまうと応用が利かないので、『最小単位の待ちを探す⇒順子で待ちが伸びてないか確認』という手順を覚えましょう。

 

 

【暗刻の特性】

 

(暗刻がある手牌から)暗刻を抜いた残りの手牌のパターンはノーテン・単騎・リャンメン・シャンポンの4種類です。

 

暗刻を抜いた残りの手牌がノーテンの場合、その暗刻部分は暗刻として使えません。(または手牌全体がノーテン)

 

・暗刻を抜いた残りの手牌がテンパイの場合、最小単位の待ちと暗刻が特定の関係で複合形を作ります。

 

これも形で覚えてしまうと応用が利かないので、『最小単位の待ち(順子の特性)→暗刻の特性(順子の特性)』という手順を覚えましょう。

 

そして、最小単位の待ちが複合形でどのパターンの待ちに変化するかも(後の13枚の法則において)重要になります。

 

 

【暗刻が1つある手牌】

 

暗刻を抜いた残りの手牌のパターンごとに法則を解説していきます。


・ノーテンのパターン(手牌例B)
 ⇒暗刻部分を暗刻とみなさずに(暗刻がない手牌と同じ要領で)手牌を分けて行き、最小単位の待ちを探す。

 ⇒暗刻とみなさない暗刻部分は、必ずしも『雀頭+順子の一部』となるとは限らない。

 

・リャンメンでテンパイのパターン(手牌例C)
 ⇒リャンメン待ちと暗刻が重複する場合、複合形を作って雀頭部分も待ちとなる。
 ⇒複合形はシャンポン待ち(+順子)。


・シャンポンでテンパイのパターン(手牌例D)
 ⇒シャンポン待ちの2つの対子と暗刻がくっついた場合(2パターン)、複合形を作って暗刻部分も待ちとなる。
 ⇒複合形は単騎待ち(+イーペーコー形)。
 

・単騎でテンパイのパターン(手牌例E)
 ⇒単騎と暗刻の距離が1or2の場合、複合形を作って単騎でも暗刻でもないスジの待ちができる。
 ⇒複合形はリャンメン待ち(+雀頭)。

 ⇒手牌例は多いがパターン自体は少ない。(暗刻と単騎の距離が1or2で、それ以外は順子くっつき方の違いでしかない。)

 ⇒最小単位の待ちが単騎とリャンメンで重複する場合は全て単騎とみなす。(詳しい説明は『暗刻と単騎のスジが同じパターン』で行う。)

 

・順子が暗刻と単騎の距離をつなぐパターン(手牌例F)

 ⇒暗刻のとなりに順子がくっつくと、離れた単騎と複合形を作れる場合がある。


・単騎の4枚使いパターン(手牌例G)
 ⇒4枚使いでも基本的に同じ要領。(暗刻部分を順子が貫く)


・暗刻と単騎のスジが同じパターン(手牌例H)
 ⇒暗刻と単騎のスジが同じ(距離が0or4の)場合、複合形を作っても待ちは増えない。
 ⇒最小単位の待ちが単騎とリャンメンで重複する場合、そのリャンメンと複合形を作っても待ちは増えない。(ただし、13枚形で1つだけ例外となる形がある。)
 ⇒待ちが4枚使いでも、その部分は待ちと認識しておくべき。(ただし、4444や1111234444などの形はノーテンとなる。)

 

 

【暗刻が2つある手牌】(手牌例I)
 

(7枚形では単騎のパターンしかないが)最小単位の待ちとそれぞれの暗刻で複合形が作られる。

 

 

【最後に】(手牌例J)

 

7枚の法則は非常に簡単ですが、この応用が13枚の手牌では非常に有効で、手牌構成(最小単位の待ち、順子、暗刻)を把握するだけで(ガチャガチャしなくても)待ちを見抜けるようになります。

 

そして、13枚の法則(新・多面張理論)も学んでいくことであらゆる手牌の待ちを見抜けるようになるはずです。

 


 

(A)

2345688
2345678
2345567

 

(B)

3555667
3334578

3455567

 

(C)
2344488
 

(D)
3344455
3334455
 

(E)
2333456
3334456
3334556
3334567
3335567
3335678

 

(F)
3334568
3335679
3333457

 

(G)
3345555
3344445
3444456
 

(H)
2345555
2234555


(I)
3334555
3334445
3335777
3334444
3335555

 

(J)

1223334456789

1234555677889

1234445677899

1122234556678

1122233445567

1234455666789

2233344567789

2223456667789

2333444555666

2233444555666

2018年04月01日(日)

多面張の手替わり

テーマ:麻雀コラム

多面張の手替わりについては、以前に『新・多面張理論1』で以下のように書きました。

 

※多面張の手替わりついては現時点で体系的な理論が存在しませんので、(待ちを見抜くスピードと精度を上げることにより)『14枚の手牌からこの牌を切ったらこの待ちになる』というのをしらみつぶしにしていくのが有効であると思われます。(逆に言えば、『14枚の手牌に苦戦する=13枚の手牌の技術が未熟』ということ。)

 

基本的にはこの通りなんですけど、14枚の手牌をしらみつぶしにしていく上での(理論と呼べるほどではありませんが)手順やトレーニング法についてまとめてみたいと思います。

 

 

【基本的な考え方】

・順子や暗刻の特性を適用するには最小単位の待ちが存在する必要があり、その為には14枚の手牌からテンパイする打牌を選択しなけばならない。

・特に暗刻の特性を適用するには、暗刻を抜いた残りの手牌がテンパイする打牌を選択しなければならない。

・テンパイする打牌の選択というのは、最小単位の待ちをどこにするかの選択である。

 

 

【しらみつぶしの手順】

・暗刻がない手牌
 ⇒テンパイする打牌を(順子の特性で)比較

・暗刻が1つある手牌
 ⇒暗刻を抜いた残りの手牌から、テンパイする打牌を(暗刻の特性で)比較
 ⇒暗刻から1枚外した打牌を確認(ノーテンの可能性あり)
 ⇒それ以外でテンパイする打牌を確認

・暗刻が複数ある手牌
 ⇒それぞれの暗刻を単独で抜いた残りの手牌から、テンパイする打牌を(暗刻の特性で)比較
 ⇒それぞれの暗刻から1枚外した打牌を確認(ノーテンの可能性あり)
 ⇒それ以外でテンパイする打牌の確認

※『それ以外でテンパイする打牌』というのは『暗刻を抜いた残りの手牌がテンパイする打牌ではないが、トータルではテンパイする打牌』のことであり、それまでの手順で確認した打牌について再び確認する必要はありません。

※複合形での順子の特性を見落としやすいので注意。(打牌によって順子がズレる場合など)

※例外形や特殊形を見落としやすいので注意。

 

 

【トレーニング法】

門清狂の何切る版(待ちの広さ)で回答をするのではなく、その手牌について考えた後に答えを確認をする。

 ⇒14枚の手牌からテンパイする打牌を全て探す。

 ⇒それぞれの打牌で最小単位の待ちがどこにできるのかを探す。

 ⇒それぞれの打牌で暗刻との複合形を確認する。

・例外形や特殊形は(そこから暗刻を抜いた形も)暗記してしまう。

 

※『14枚の手牌からテンパイする打牌を全て探す』というのは、普通の手牌では簡単なので練習することはほとんどありませんが、多面張の手牌では手替わりを難しくさせている原因にもなっています。

 

 

【追記】

「テンパイしてない手牌についてはどう対応するのか?」ということに関しては、基本的に同色14枚の手牌はイーシャンテン以上しか存在せず(参考:麻雀の数学)、その時点での打牌はそれほど難しくはなりません。

2018年03月22日(木)

FC2ライブの配信方法

テーマ:牌譜・配信・プログラミング

先日、Livetubeが閉鎖になってしまった(らしい)ので、とりあえずはFC2ライブで配信をやっていくことにしました。

 

01の配信ページ(告知はTwitterでやっています)

ついでにFC2ライブの配信方法について簡単に説明しておきたいと思います。

 

 

【登録】

こちらを参照して『IDの取得』と『サービスの追加』を行ってください。

 

 

【配信ツール】

『FC2ライブキャスト』という専用ツールがあり、これ1つで簡単かつ高画質な配信が可能です。

マニュアルに従えば配信自体は問題なくできるはずです。

 

 

【ツールの設定】

 



表示サイズ:ツールの画面サイズ(好きな大きさで)
フレームレート:配信の内容に応じて選択(天鳳なら20fpsでも十分)

設定:初期設定に戻したい時に選択


音源:使用する音源を選択
ボリューム:あまり大きいと音割れするので小さめで
映像:デスクトップキャプチャーが内蔵されているので『デスクトップ』を選択し、配信したいアプリをクリック
解像度:取り込むサイズとなるべく近い解像度を選択(天鳳ならデフォルトの640×480でも可)
通信速度:通信速度テストで自動設定してくれる(それより少し上の通信速度で画質・音質をテストしてみる)

 

 

【画面表示の変更】

配信画面が小さいと文字がつぶれて見にくいので、視聴者に配信画面右下のボタンで画面表示を変更してもらってください。

 

【棒読みちゃん】

チャットの読み上げをさせたい場合はこちらを参照してください。

 

自動ではソケットを接続してくれない(かもしれない)ので、配信を立ち上げるごとに接続してください。

 

【その他】

・無料で何時間でも連続で配信できる。(タイムシフト視聴はプレミアム会員のみ)

・ライブ配信の設定で『配信を保存する』と『公開動画に指定する』にチェックを入れると、配信ログが自動でFC2動画にアップされる。(動画へのリンクは配信ページの『ライブ録画』から)
・アカウント登録なしで視聴&チャット書き込みが可能。(匿名でもIDが表示される)

・配信画面左下のボタンでバッファタイムの設定ができる。(バッファがある場合は視聴者が自分で調整)

・チャット欄の右下のボタンでコメントやブロックの設定ができる。

2018年03月01日(木)

ナイトタイムエコノミーと麻雀(後編)

テーマ:麻雀コラム

それでは前編に続いて、『ナイトタイムエコノミーと麻雀』について詳しく解説したいと思います。

 

※ナイトタイムエコノミーに関して説明不足の部分がありましたので加筆修正しました。(赤文字の部分)

 

 

【ナイトタイムエコノミーとは?】(14:20~)

 

ナイトタイムエコノミーとは、2020年の東京オリンピック開催に向けた訪日外国人をターゲットにした施策で、夜間(午後8時~午前3時)の消費活動を喚起(規制を緩和)することで、経済を向上させようという動きです。

 

2016年に風営法改正で規制が緩和され、2017年には『時間市場創出推進議員連盟(ナイトタイムエコノミー議連)』も設立されました。

 

 

 

【風営法とは?】(16:10~)

 

風営法とは、風俗環境(店舗内だけでなく近隣も含む)や青少年の健全育成に悪影響を与える可能性がある営業について規制を行い、業務の適正化を図ることを目的とした法律です。

 

また、風俗営業の営業時間は原則として日の出から午前0時までと定められています。(だだし、地方自治体が条例で定める場合はこの限りではない。)

 



【2016年の風営法改正】(17:00~)

 

2016年の風営法改正では、ダンス営業(ディスコ・ナイトクラブ)への規制緩和が行われ、『酒類提供なし』『照度10ルクス以上』の条件を満たせば風俗営業の指定外となり、24時間の営業が可能になりました。

 

また、『酒類提供あり』の営業でも、特定遊興飲食店営業という新しい枠組みの中でいくつかの条件を満たせば、許可制で午前5時まで営業できるようになりました。(午前5~6時の営業は禁止)

 

ただし、営業時間の規制は緩和されましたが、それまで横行していた無許可営業や近隣への迷惑行為に対しては逆に厳しく摘発されるようになりました。



 

【雀荘と風営法】(18:50~)

 

このダンス営業の規制緩和は他の風俗営業にも広がりを見せていて、もちろん雀荘も(風営法の範囲内で)深夜営業できるようになる可能性はあります。(他の部分の規制緩和は難しい)

 

これが麻雀におけるナイトタイムエコノミーです。(ちなみに、風営法は雀荘の営業を規制するものであって麻雀自体を規制するものではありません。)


ただし、規制緩和を勝ち取るには、同時に規制に積極的に従う必要もあります。

 

もっと具体的な例で言えば、雀荘から『フリー営業(賭博開帳図利行為)』を排除できれば、深夜営業の規制緩和はすぐにでも検討されるはずです。(別に賭け麻雀全てを排除する必要はなく、客同士が勝手に賭けてしまうぶんには雀荘の営業とは無関係。)

 

しかし、それを実現するには、現状まったく統制が取れていない雀荘業界をまとめる統括団体が必要ですし、排除されるフリー営業に代わる新しい麻雀の遊び方(賭博から遊戯へ)の開発・普及も必要になります。

 

これらは非常に困難ですが、クリアーしていかないことにはさらなる規制緩和(『風営法からの除外』または『景品の提供を可能にして賭け麻雀をを合法にする』)は望むべくもありません。

 

また、雀荘が規制緩和を勝ち取るということは(違法要素がなくなるということで)結果的に麻雀が健全化することでもあり、『競技麻雀に(スポンサーがついて)まっとうな賞金が出るようになる未来は、雀荘の規制緩和の延長線上にある』とも言えると思います。


 


 

 

【雀荘以外の営業】(28:40~)

 

麻雀の営業は雀荘以外にもいくつか存在します。

 

その1つがカルチャースクールの麻雀教室です。

 

カルチャースクールは風俗営業ではありませんから、深夜営業も可能ですし子供が受講することもできます。(ただし、『麻雀を教えている』という要件を満たす必要がある。)

 

特に、子供をターゲットにすることは麻雀の普及やイメージアップに非常に有効であると言えます。(営業の普及よりも学校での部活化を目指していきたい。)

 

もう1つには、『(ショッピングセンターやボーリング場など)他の施設の店舗面積の10%未満に麻雀卓を設置して営業する分には風営法の許可が必要ない』という規定(いわゆる風営法の『10%ルール』)を利用する方法があります。

 

しかし、これらの営業は麻雀のナイトタイムエコノミーとは無関係(別に規制緩和されなくても営業可能)であり、他の健康麻雀や競技麻雀も含めて存在意義は認められますが、(既に何十年も前から行われいてる営業や活動であって)これを麻雀の健全化の切り札と考えるのは難しいかもしれません。(あくまで雀荘の規制緩和を目指すのが本筋と考えられる。

 

 

 

【まとめ】

 

『ナイトタイムエコノミーと麻雀』について簡潔にまとめると、『深夜営業と賭博開帳図利という雀荘の2大違法要素のうち、賭博開帳図利を排除できれば深夜営業の合法化への道は開ける(麻雀の健全化への決定打となりうる)』という感じでしょうか。

 

ただ、いかんせん麻雀には(雀荘にも競技にも)統括団体が存在しないというのが泣き処です。(『オリンピックに麻雀の選手団派遣は可能なのか?』と事情がほとんど同じ。)

 

それから、Abema公式のまとめ記事もあるようですので、そちらとの読み比べも是非やってもらいたいと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.