イヌとスローライフ

チワワのくるみ、大好きなものたち、出来事などを綴ってます


テーマ:
アントワネット限定版

マリー・アントワネットといえば、フランス革命前に民衆が貧困と食料難に陥った際に

  パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃない~~♪

と言った事で有名なフランス王妃ですねー。
でも、これって本当は彼女の言葉じゃないって知ってました?
ルイ16世の叔母のヴィクトール王女の言葉だそうですよ。

アントワネットはオーストリアでは自由奔放に
愛情たっぷりに育てられて
フランスへ14歳の時に嫁いだそうです。
即位は18歳!
なんと、そんな若い時に…
遊びざかりで、親や兄妹のもとでもっともっと愛情を注がれたい年頃。
そんな時に、知らない土地に知らない男性との政略結婚。
悲しくて寂しいけど、愛情たっぷりの家族を作ろうと期待はしてたようです。

映画を観てると、彼女の明るさとか、華やかさ、
周りの人を虜にするような魅力が伝わってきて
とても共感できるような面もあって
今までのイメージがちょっと変わりました。

アントワネット通常版

子どもができず、寂しさを紛らわすように、
毎夜舞踏会や賭博にと遊び三昧。
メルシー伯爵が、国民の声や、情勢をマリーに伝えるんだけど
耳を貸そうとしない。
自分には関係ないと思っていたのか…
(ずっと宮殿の中にいちゃあ、麻痺するし、
外の事なんてわかんないよね)
ドレスや宝石や庭の飾りや、家具
どんどん金を浪費していく……。

もう少し、厳しく言ってくれる側近がいれば、
フランス革命は起きなかったんじゃないかな
と思わずにいられませんね。

マリーの魅力がたーっぷりに散りばめられた作品でした。
彼女はこんなに、可愛くて素敵な女性だったのよ、
みたいな監督の優しさを感じられる映画でした。
映画に出てくるドレスや靴、お菓子
すーっごく可愛くて、それだけで女の子心がやられちゃう。


マリー・アントワネット
監督・制作/ソフィア・コッポラ
出演/
キルステン・ダンスト(マリー・アントワネット)
ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世)
リップ・トーン(ルイ15世)
アーシア・アルジェント(デュ・バリー夫人)
マリアンヌ・フェイスフル(マリア・テレジア女帝)
スティーヴ・クーガン(メルシー伯爵)
ジェイミー・ドーナン(フェルゼン伯爵)
2007/USA
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
久しぶりの更新になっちゃいました。

今年に入ってから観た映画を紹介します♪

ナイロビの蜂

『ナイロビの蜂』
ガーデニング好きの英国外交官が、慈善活動に熱心だった妻の死をきっかけに、初めて彼女の活動に目を向けます。
彼女の死の原因をつきとめるんです!
素敵だけど、悲しい現実があるんだなと感じさせるストーリー。
実話じゃないけど、ありそうな事だけに怖い。
「シティ・オブ・ゴッド」の監督が撮った映画だけに、映像なんかも良かったなぁ。


stay

『STAY』
生と死の現実なのか夢なのか、なんだか「あれれ~」って感じる映画。
ラストまでいって、なるほどと思わせる不思議な感覚が新しかった。
これは2回観るのをお薦めします。


UNITED93

『UNITED 93』
同時多発テロで1機だけ目的地に落ちなかった飛行機にスポットをあてたもの。
この映画はね、さすがに善し悪しをつけられない。
生存者がいないので、本当のところ中ではどんなだったかはわからないけど、
想像を絶する恐怖が伝わりました。


ファイナルデッドコースター

『ファイナルデッドコースター』
これはシリーズの3本目。
高校の卒業イベントでジェットコースターに乗る前に、事故がおきてみんな死ぬという予知夢を見て、
事故が起きるから乗らない方がいいと言うんだけど、もちろん誰も信じてくれない……。(そりゃそーだ)
で、シリーズのお約束でそれが現実に起きるわけです。で、降りた仲間が次々に死んでいくって話。
もうビックリの連続で怖いけど面白かった。
お子さんには見せちゃダメ。絶対泣くから。


インサイドマン

『インサイド・マン』
白昼堂々と人質をとって立てこもる銀行強盗犯、用意周到な計画。
犯人は頭脳明晰。
結局最後は逃げられちゃうんですー。
これはスゴイ!
スパイク・リーらしからぬ、というような映画でした。


サラ、いつわりの祈り

『サラ、いつわりの祈り』

未成年で子どもを産み、仕方なく親のすすめで里子に出してしまった
その子の親権を取り戻して、親子の生活が始まります。
親の資格がないような生活を強いるサラ、でも結局親子は親子。
離れられないんですね。
ただ、私にとっては全然面白くない映画だった……。
わがままで自分勝手で腹が立った(爆)


恍惚

『恍惚』

最近、うまくいってない夫婦。
夫に意味深な留守電が携帯電話に残されていたんです。(外国でも携帯いじっちゃうのね)
夫の好みの女に金を払い、誘惑して逐一報告してくれと頼む妻。
それをきっかけに愛の世界に目覚めていく。
好みの女っていうのは、会員制のクラブの娼婦。
この娼婦をエマニュエル・ベアールが演じてます。
この女優はほんときれいー!大好きなんです。
いつもこんな感じに色っぽくて可愛くなれたらな~、って思うんだけど
到底無理な話(笑)


気になった映画はありましたか?
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
Q1:心に残り続ける映画は?

bettyblue

ベティ・ブルー/37-2 LE MATIN(1986)
監督:ジャンジャック・ベネックス
出演:ベアトリス・ダル/ジャン・ユーグ・アングラード

すっごく考えました。
『STAR WARS』は小さい頃から好きな映画だったので最後まで悩みましたが
『ベティ・ブルー』に決めました。
これはねー、多感期の時に観た映画だったので、とてもショックでした。
愛する人を愛しすぎる、大切な物を失ってしまって路頭に迷う想い...
とにかく重いテーマなのですが、とーーーっても心に残りました。
主人公のベティの気持ちを理解できない方もいるかもしれません
でもね、私は理解できるんです。
そしてラストに救われるんですよねーー(私はね)。
この映画は、サントラも色もいいんですよ~~~

Q2:愛する人と観たい映画は?

きみに読む物語

きみに読む物語/THE NOTEBOOK(2004)
監督:ニック・カサヴェテス
出演:ジーナ・ローランズ/ジェームズ・ガーナー


『ビッグフィッシュ』『パンチドランクラヴ』と迷いまいした。
この2作は二人で観てお互い感動したんだけど
一緒に観てないのは『きみに読む物語』だけだったのでこれに決定。
とにかく私一人で観て号泣でした。
あえてストーリーは言いませんが、結婚してる方は観るべきです!
歳をとっても揺らがない気持ち、持ち続けたですね~

Q3:震えたホラー映画は?

elephantman

エレファントマン/THE ELEPHANT MAN(1980)
監督:デイヴィッド・リンチ
出演:ジョン・ハート/アンソニー・ホプキンス


これってホラーでしょうか?
実は『誰も知らない』と迷ったのですが、どっちもホラーじゃないかも?
でもね、私にはこの2作はホラーよりなんですよね~
はい、正直怖かったーー
学生の時に友達とみんなで見に行って
「・・・・・」
こわーー
って感想。
大人になった今、改めて見直したい映画かも。
ストーリーは、お母さんがお腹に赤ちゃんを宿している時にゾウに踏まれちゃうんです。
そのため産まれてきた子は、顔は歪んでるし障害を持ってるんですね~
健康な人たちと同じように普通に寝てしまうと呼吸ができなくなって死んでしまうんです。
でも、周りにはヒドい事をする人間もいるわけで……。
とっても可哀想なはなし。

Q4:笑える映画は?

ムトゥ

ムトゥ踊るマハラジャ(1995)
監督:K・S・ラヴィクマール
出演:ラジニカーント/ミーナ

これはねー、本気で笑ったーー!!!
笑えるし、一緒に踊りたくなるし、すごい映画だった。
とにかくね、サイコーーーな映画でした。
落ち込むと観たくなる映画ですね。

このバトンを5人に回すって事なんだけど
んーー、どなたかお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
200607202327001.jpg


マット・ディロン主演の『クラッシュ』見ました。

人間って些細な事で壊れていくんですね。
人間の悲しい面、弱い面を見させられた気がしました。
でも、再生していく。
脆いからこそ人生って…なんて考えさせられる1本だった。

写真は映画が始まるタイトルロールで車のライトがぼやけてる映像がとーってもキレイでケータイでパシャパシャ撮りまくった1枚。
キレイでしょ~♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブロークンフラワーズ

監督: ジム・ジャームッシュ 
製作: ジョン・キリク/ステイシー・スミス
脚本: Jim Jarmusch
撮影: フレデリック・エルムズ
プロダクションデザイン: マーク・フリードバーグ
衣装デザイン: ジョン・A・ダン
編集: ジェイ・ラビノウィッツ
 
出演:
ビル・マーレイ(ドン・ジョンストン)
ジェフリー・ライト(ウィンストン)
シャロン・ストーン(ローラ)
フランセス・コンロイ(ドーラ)
ジェシカ・ラング(カルメン)
ティルダ・スウィントン(ペニー)
ジュリー・デルピー(シェリー)
クロエ・セヴィニー
アレクシス・ジーナ
マーク・ウェバー

 鬼才ジム・ジャームッシュ監督がビル・マーレイを主演に迎えて贈る哀愁漂うオフビート・コメディ。かつてのプレイボーイが、自分の息子がいるという差出人不明の手紙を手に、昔の恋人たちを訪ねる旅に出る。主人公の元恋人役でシャロン・ストーン、ジェシカ・ラングら豪華女優陣が登場。カンヌ映画祭審査員特別大賞(グランプリ)受賞作。
 かつては多くの女性と恋愛を楽しんだ元プレイボーイのドン・ジョンストンは、中年となった現在も勝手気ままな独身生活を送る日々。そんなドンに恋人のシェリーも愛想を尽かして出ていった。そこへ、差出人不明のピンクの手紙が届く。便せんには“あなたと別れて20年、あなたの息子はもうすぐ19歳になります”と書かれていた。それを聞いた親友のウィンストンは、お節介にもドンが当時付き合っていた女性たちを訪ねて回る旅を段取りしてしまう。そして、気乗りのしないドンを強引に息子探しの旅へと送り出すのだった。
(amazonより抜粋させていただきました)



待ちに待った、ジャームッシュの長編作品です。

結婚もせずに、勝手気ままな独身生活をおくるドンに愛想をつかし家をでていく同棲中のシェリー
そんなドンに手紙が届くわけだけど、隣に住むおせっかいのウィンストン、
勝手に捜査をはじめ、勝手にドンの母親探しのツアープランまでたてるんですよね~。
そんなやりとりも楽しいし、
とにかく、ドン役のビル・マーレイ!!!

サイコーです!

今まではあまり印象になかったんだけど、
ビルの見方を変えた作品はやはり

ロスト・イン・トランスレーション

でしょう!!!

とにかくいいですよ~~。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。