レイヤーケーキ

テーマ:


レイヤー・ケーキ




監督:マシュー・ボーン


出演:ダニエル・クレイグ


2005年/英/105分





管理人的キーワード:出る杭は打たれる、思いがけない落とし穴、





不動産賃貸業という表の顔を持つ麻薬ディーラーの名も無き男、XXXX(ダニエル・クレイグ)。彼はこの世界から引退する決意をしていた。そんな彼の元にボスのジミー(ケネス・クラナム)から、その右腕のジーン(コルム・ミーニイ)を介して最後の仕事が舞い込む。その仕事とは、裏社会の大御所エディの麻薬中毒の娘を探し出す事と、信頼のおけない男デュークが手に入れた大量のエクスタシーを売りさばく事だった。簡単なはずのこの仕事がXXXXを次第に窮地に追い込んでいく。中々見つからないエディの娘。そしてエクスタシーは、指名手配中のセルビア人スラヴォからデュークが盗んだわけありのブツだったのだ。スラヴォが差し向けた殺し屋に追われるXXXX。クラブで知り合った女タミーとホテルで過ごしていたXXXXが何者かに襲われる。屋上に連れて行かれた彼の前に現れたのはエディだった。そしてエディの口から明かされる真実。全てはXXXXの財産を奪い取り、彼を刑務所に送り込むためにジミーが仕組んだ罠だったのだ。事の真相を悟ったXXXXはジミーを暗殺した後、事態の収拾を始める。果たしてXXXXは無事にこの世界から足を洗えるのか。goo映画より





何もかもが順調で、計算したとおりの人生を歩んでいたかのように見えた男に突然降りかかったトラブル。


何層にも入り組んだ思惑と大きな闇の力に翻弄される男。


大きな盛り上がりはないが、銃や暴力を好まず、自然体な主人公に親近感を覚える。反面、麻薬ビジネスがもたらす多大な富と、それを食い物にしている人々への不快感も。作中にもありましたが麻薬は既に遠い世界の話ではなくいまや身近にもありうる犯罪ですからね。物語上では麻薬ビジネスに重点が置かれていたので麻薬の恐ろしさは少ししか描かれていなかったけれど。いけませんね~。


不法ではあるけれど、「地道に仕事をこなしていけば客がつく」と着々と仕事してたのにオイオイこんなんありかよ~。複雑ながらも飽きさせることなく魅せてくれます。


あ、gooで解説ひっぱりながら気づいたけど、主人公の名前が出ない!それもスゴイ


で。ラストであらら~。そう来たか~。人生とはわからないものです。。。











AD

ララピポ

テーマ:
ララピポ
監督:宮野雅之
原作:奥田英朗
出演:成宮寛貴、村上知子、中村ゆり
制作:2009/日本/93分


a lot of people

たくさんの人々がいるねー。

風俗のスカウトマン栗野(成宮)は言葉巧みに女性を風俗店やAV業界に送り込む日々。嘘をつくことが幸せになるコツだと幼少時に悟った彼は、嘘八百並べ立てては女の子達の機嫌をとりつつ地獄へと送り込んでいく。が、現実世界を抜け出したかったトモコ(中村ゆり)にとっては栗野は自分を救い出してくれた救世主。嘘と分かっていても栗野を信じAV界へと身を投げ込む。
一方栗野の真下の部屋に住む博は太って・さえない・もてない男。毎夜、栗野の部屋から漏れる情事の音で妄想にふける日々。ある日出会った巨体の小百合と抱き合うが、小百合は自らの隠し撮り裏DVD販売を生業にしていて・・・

いろんな人々がいて、少しの繋がりと、優しさと、悲しさと、世間の辛さと(笑)、ミックスされた作品。
原作読んだ時もちょっと思ったけど、「あちゃ~」って。
成宮くんのチャラいスカウトマン役、めちゃはまってた。オーバーアクションと嘘くさい笑顔(笑)
森三中の村上さんも弾けた演技で。
多少「そりゃないでしょ」っていうような特撮チックな表現はあるものの、笑える。
みんな頑張って生きてる。どんな人でも。いろんな人が。
シュールでパワフルな作品。
AD

レオン

テーマ:
レオン
監督:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン
制作:1994年/米仏/133分

受けた仕事は完ぺきにこなすニューヨークの殺し屋、レオン。その無口な男へ、悪徳警官に家族を殺された12歳の少女マチルダが助けを求めてきた。復しゅうを誓う少女と、彼女を守る殺し屋。そこに「凶暴な純愛」が生まれた。

ナタリー・ポートマンの美少女ぶりを再確認(笑)
というわけでもないんですが。レオンもう何回も見てるけどこのブログ始めてからは見てない?かも?
数日前に美しく成長したナタリー・ポートマンを見て、懐かしくなって再見。
うう、渋いぜレオン。不器用に生きる孤独なヒットマンが、次第に心を開きマチルダを守ろうと・・・
さすがの躍動感で画面から目を離させません。
同監督の「ニキータ」も好きで何度か見たなぁ。とまた見たくなったり。
孤独なヒットマンが愛を知る・・・っていう設定が私のツボなのかもしれませんが。
何度見てもいいっす。
AD

レッドクリフ PartⅠ&PartⅡ

テーマ:
レッドクリフ Part I

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-
詳細はコチラ


PartⅠは2008年公開当時、劇場に観に行ってました・・・
が、痛い記憶とともに(笑)Ⅱを見たいという気持ちも封印してしまい・・・
心の傷(!?)も癒えたので、やっとこさⅠ(再見)&Ⅱを鑑賞(笑)


三国志の映画化。
エンターテイメントとして◎
映像美。アクションも楽しめる。
関羽渋すぎ。趙雲、やっぱ白馬の王子(笑)

路上のソリスト

テーマ:
路上のソリスト
監督:ジョー・ライト
原作:スティーヴ・ロペス
出演:ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニー・jr
制作:2009年/米/117分

ロペスはある日、べートーヴェンの銅像のある公園で2本しか弦のないヴァイオリンを弾くホームレス、ナサニエル・エアーズに出会う。彼の演奏する音楽の美 しい響きにひかれコラムのネタに取材をはじめる。まもなく彼は、ナサニエルが将来を嘱望されたチェロ奏者で、ジュリアード音楽院の学生だった事を知る。な ぜ才能ある音楽家が、LAの路上生活者になったのか?そして、家も家族もない彼が、なぜ音楽だけは捨てずに生きてきたのか? やがて、ロペスはナサニエル の感動の物語を発見するのだった。(goo作品紹介頁より)

LAタイムズのコラムニスト、スティーヴ・ロペスの原作を元にした作品。
美しい演奏に惹かれたのは事実だけれど、コラムの種にナサニエルを支援したきらいのあるロペスが、ナサニエルの音楽・心に触れ、心からの友人として接していくようになるおはなし。
ロペスの言いたいこと、やりたいことがわかるだけに、それをナサニエルが受け入れられないのがもどかしく、辛かったです。受け入れられないのは心の問題があるのですが。。。
仕事の合間をぬって、ナサニエルに会いにいくロペス。
突拍子もない格好をしていたり、奇行にでたりするナサニエル。
笑うべきではないけれどそんな二人のかけ合いが思わず笑いを誘います。

映画迷走記
ナサニエルに荷物を置いていきたくないとダダをこねられ、生活道具一式を猛スピードで運ぶ二人。

路上生活者のあふれかえる街。決して日本も他人事ではありません。
行政による支援が、本当に彼らの望んでいることなのかどうか。考えさせられるシーンもしばしば。
ロペスが危険な街から友人を抜け出させたい、よりよい環境で音楽を奏でて欲しいと願う気持ち。
うまくいかない・伝わらない、歯がゆさ・悲しみから抜け出した瞬間。
とても温かい気持ちになりました。

リボルバー

テーマ:




リボルバー DTSスペシャル・エディション




監督: ガイ・リッチー

出演: ジェイソン・ステイサム / レイ・リオッタ / ヴィンセント・パストーレ / アンドレ・ベンジャミン / マーク・ストロング

2005年 英・仏 117分



リュック・ベッソン制作、、ってトコに惹かれて借りて見てみましたがジェイソン・ステイサムがオトコマエだったの以外は「????」。あ、でも映像は好きかもです。始めの方はかなり面白そうだったんだけどなぁ。設定もスキなんだけど。独り言(?)のトコが全然わかんなかった。集中してみてないから?あと謎の二人組の正体は結構始めの方で予測ついたかもです。見終わった後でもよくわかんないのが「ゴールド」の正体・・・はて?久々にスッキリしないです~(つд⊂)










乱歩地獄

テーマ:
                 
                                ジェネオン エンタテインメント
                                  乱歩地獄 デラックス版
原作  江戸川 乱歩
2006年/日/135分

松田龍平&浅野忠信見たさに・・・
グロいです。残念ながら乱歩原作はどれも未読(だと思うけど・・・。脳内から消去しているだけか?)。
おかげで予測のつかない展開を楽しめ(?)ました。
幅広いジャンルからの監督と濃い(私好みの)俳優陣によるオムニバス形式の作品。


『火星の運河』 
監督・脚本:竹内スグル
出演: 浅野忠信、森山開次、加賀谷香

うーん、抽象的でコレが一番原作を読んでみたい気になりました。
浅野忠信のお尻が気になってしかたなかった私は・・・腐ってる?

『鏡地獄』 
監督:実相寺昭雄
脚本:薩川昭夫
出演: 成宮寛貴、浅野忠信、小川はるみ、吉行由実、大家由祐子、市川実日子(友情出演)

成宮くん、妖しさ全開です。白い衣装は特攻服のようだし・・・
ここでは浅野さん、明智探偵役です。
鏡に魅入られた主人公の狂気が鏡を通して映し出されている気がしますです。

『芋虫』 
監督:佐藤寿保
脚本:夢野史郎
出演: 松田龍平、岡元夕紀子、韓英恵、浅野忠信、大森南朋

これも大注目の松田龍平!
彼の話し方は、くぐもって聞き取り辛く感じるときもあるのですが、こういった作品には向いているのかな?
妖しい微笑も・・・(笑)
口端を上げての微笑があんなに似合う人もそうはいないでしょう・・。内容は(やっぱり)グロ系なんだけど、龍平に見惚れてました。。


『蟲』 
監督・脚本:カネコアツシ
出演: 浅野忠信、田口浩正、緒川たまき

一番ダメージを受けました。。出だしはいけそうだったのに。。。
(原作を知っていれば、ダメージ小さかったのか?)
色使いが綺麗。


各話、独特の世界が描かれていました。原作で知っている江戸川乱歩とは、ひと味違う世界を堪能できると思います。
ただ、食事中にはお勧めできない作品。浅野・松田・成宮ファンなら一見の価値あり♪♪♪



 

リバティーン

テーマ:






アミューズソフトエンタテインメント

リバティーン


監督:ローレンス・ダンモア

出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、

    ジョン・マルコヴィッチ

(2005年/米/110分)


17世紀、イギリス。才能溢れるが詩人だが、人生を謳歌している振りをして生きているロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)。
前代が国王(ジョン・マルコヴィッチ)を命をかけて救ったことからひときわならぬ目をかけられてはいるが、国賓を前にして猥褻な詩を諳んじるなど、破天荒な所業から一時ロンドンから追放処分を受けていた。
国王の赦しがあり、妻を従えてロンドンに舞い戻るジョン(ロチェスター伯爵)。自由に生きているように見えながらも、心に大きな穴を抱えている。
酒・女・賭博。何よりも彼が好んだのは優れた芝居を鑑賞することだった。
ある日劇場で観客の総ブーイングを受けている新人女優リジー(サマンサ・モートン)を見初め、彼女の本質を伸ばすべく演技指導を申し出る。
それが破滅への第一歩とも知らずに-。


大人の為のジョニー・デップという謳い文句に激しく納得(爆)。R指定ですよね?これ・・。
ロチェスター伯爵は実在の人物。その苛烈で短い生涯を描いた本作品。ジョニー・デップは『最初の3行を読んで出演を決めた』んだそうな。ネバーランド、チャーリーやパイレーツといったアットホームな印象をガラリと覆します。妖しい美貌炸裂!


冒頭で伯爵が警告を発します。
『諸君は私を好きにはならないだろう』そして『私を好きにならないでくれ』と。。
そこからどっぷり引き込まれましたね。まさに罠。
ジョンは自分の頭のなかに確固とした世界をもっていて、それを表現しようとするとどうしても周りを刺激してしまう。
繊細で自分と周囲を傷つけずには生きていけない。権力に屈さず、快楽を好み、自分の道をひた走るジョン。
最後には姿かたちの崩れる病気にかかってしまいますが、それでも生き方を変えなかった。(いや少しは丸くなったか?)
あるレビューで『グチャグチャ→ドロドロ→ボロボロ』と表現されていたのが、ぴったりだと思いました(笑)

女優のリジーとの恋が前面に押し出されてはいますが、私は奥さん(ロザムンド・バイク)のほうが断然気になった!
深い愛情。死ぬのではなくて生き方を変えて!と叫んでいた姿。涙が出そうでした。

映像は全体的に豪華な衣装のわりにくすんだ埃っぽい印象を受けたのですが(髪もうっとうしいですし)、混乱した時代を表現していたからでしょうか?ま、ジョニー・デップはスポットライトあたってるみたいに存在感バリバリだしていましたが。。
音楽はしっとり切ない感じでロチェスター伯爵の人生を表現するのにぴったりだったと思います。

『それでも私が好きか?』
ヾ(。`Д´。)ノアイッ(笑)


ココでジョニーインタビュー&麗しい壁紙をゲットできます→eiga.com

恋愛小説家

テーマ:
恋愛小説家
監督:ジェームズ・L・ブルックス
出演:ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、
    グレッグ・キニア
(1997年/米/138分)

人気恋愛小説家のメルヴィン。だが、その実態は中年を過ぎて独身、潔癖症で毒舌の嫌われ者。

同じアパートメントに住むゲイの画家サイモンとも諍いの絶えない日々を送っている。

そんなメルヴィンの楽しみはレストランに行き、お気に入りのウェイトレス、キャロルに給仕してもらう事。

だがキャロルには病弱な息子が。息子の為に勤め先を変えるかもしれないと聞いたメルヴィンは

コネを使い、自腹を切って名医を派遣する。

突然の親切に戸惑うキャロル。当然下心があるものと警戒心を見せる。

だがメルヴィンの変わらぬ毒舌ぶり・変人ぶりを目の当たりにし、息子が次第に元気になっていく様を見て彼に感謝するように。

ある日、サイモンが強盗に襲われー。


マンハッタンを舞台に不器用にはぐくまれるラブストーリー。


ジャック・ニコルソンファンの皆様ごめんなさい。

私、どうしても彼の微笑みが邪悪に見えて・・・・・°・(ノД`)・°・

ニコリ じゃなくて ニヤリとしか・・・(笑)

そういうキャラだから?カッコーの余波?

恋愛モノは苦手ですが、ジャック・ニコルソンがいー感じの味付け(笑)をしていたので楽しめました。

な~んでそこまで一言多いかな!?ってくらい余計なことを言っちゃうし、素直じゃないし・・・。

ナイーブな隣人サイモンとの組み合わせで相乗効果が。

サイモンの愛犬、ヴァーデルとメルヴィンの距離が縮まっていく様子は微笑ましかったです。

メルヴィンに懐いてしまったため、落ち込むサイモンを元気付けようとして失敗するシーンは思わず噴きだしてしまいました。


キャロルと食事に出かけ、彼女の機嫌を損ねてしまったメルヴィンが「褒め言葉」を求められて発した台詞。容姿とか、スピリチュアルな褒め言葉が出るかと思いきや、予想外の台詞。きっとああいわれてうれしくない人はいないでしょう!キャロルもまんざらではなかったのに、やっぱり余計な一言で地雷を踏み抜いちゃったんですけど(笑)


子供みたいなメルヴィン。キャロルの為に変わろうとするのが垣間見えて温かい気持ちになりました。恋愛モノがちょっと苦手な方にもオススメな一本。

レッドドラゴン

テーマ:
レッド・ドラゴン
監督:ブレッド・ラトナー
出演:アンソニー・ホプキンス、
    エドワード・ノートン
(2002年/米/125分)

かなり前に一度観ましたが、再見。


何が一番怖かったかって・・・・。


友人とシートパックしながら見たのですが、画面がブラックアウトしたときに画面に映った私達の顔が一番怖かった(涙)本当に!こういうのは結末知っていたら、驚き半減よね、、、と思いつつ前回と同じトコロ(多分)でびくぅっとしちゃったり(笑)


思えば初めて「羊たちの沈黙」を見てからかなりの時間がたちます。

あのときの衝撃が忘れられません。そして何回見ても恐ろしく、息をのんでしまいます。

そういう意味で言えば、1作目ほどのインパクトや面白みというのがないような気も。

ハンニバルもアンソニー・ホプキンスの迫力に支えられたところが大きい、かな?(ちょっと忘れた)

そのうち、羊たちの沈黙をもういちど見るときがきたら続けて見てみたくなるかもしれないな、とおもいます。