7つの贈り物

テーマ:


7つの贈り物






監督:ガブリエレ・ムッチーノ

出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン

2009年/米/123分


過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。そして計画実現のためには、その7人でなければならない特別な理由があった……。Yahoo!映画より


しょっぱなのシーンから展開が読めてしまったが、何故そうする事に至ったのかに興味が湧いたのでラストまでしっかり見ることができた。うーん、共感や感動はないけれど見ていて切なくなるというか。


↓以下ネタバレ含む


過去の事件で心に傷を負ったのは判ったが、贈り物をする相手が違うのではないか、と

ストーリー上触れられていないだけで、しっかり補償はしたのかもしれないが、ベンの不注意により命を失った人々の家族になによりも償いをすべきだと思う。

命を絶つうえで、「どうせだから誰かの役に・・・」的な風に感じられてしまったのがとても残念だな~。

(意図は違うところにあったのかもしれないけど、そういう風に感じてしまった部分がある、ということ)

難しい、デリケートな問題に触れるので深くは突っ込まないけれど、贈られた人はきっとそれで人生が変わるだろう。けれど、エミリーはどうか。やっと見つけた愛する人から心臓を贈られて、彼女は幸せになれるんだろうか。

親友もいい迷惑だ(涙)


多分、自己的な考えから始まった贈り物が、ひとを愛する気持ちで変わっていった・・・

っていうところが見所なんでしょう。

微妙だな~。ウィル・スミスの演技には息を飲まされるシーンがいくつもあったけど。


なんだかこの映画を見た後にハッピーな結末の映画が無性に見たくなりました・・・

AD
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

監督:アンドリュー・アダムソン

原作:C.S.ルイス

出演: ベン・バーンズ, ジョージー・ヘンリー, スキャンダー・ケインズ, ウィリアム・モーズリー, アナ・ポップルウェル

2009年/米/150分


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
C.S.ルイス原作の児童文学を映画化した第2弾。普通の学生としてロンドンで暮らしていた4兄妹は、不思議な風に包まれた瞬間、1300年後のナルニアの砂浜に立っていた。滅亡寸前となった魔法の国を救うため、カスピアン王子と共に4兄妹が立ち向かう。


1作目と較べると見所が少ないような。

現実世界に戻ってきた4兄妹がナルニアに戻ることを切望し、望みが叶うが、すでに国は退廃していた。

敵対しているハズのテルマールの王子、カスピアン王子と共にナルニア再興の為闘うのだけど、見始めてからずっと思っていたのは・・・。

「アスラン(ライオン)は何処!?いつ出てくるの!?」


確か第一作目もアスランに釘付けだったような・・・。

いざアスランが出てきて、ルーシーに飛びつかれてゴローンってしたときには目がハートになってたはず・・・

いいなぁ。ライオン。。。


兄妹の成長と、人とナルニア人の共存がテーマか。

原作、探してみよっかな~。

AD
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
監督:トーマス・ヤーン
出演:ティル・シュバイガー, ヤン・ヨーゼフ・リーファース, ティエリー・ファン・ヴェルフェーケ
1997年/独/90分

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

余命少ない2人が、やぶれかぶれの旅を続けるロードムービー。病院を抜け出し、ベンツを盗んで、旅に出た2人。中に大金が積まれていたことも知らずに…。道中、犯罪を繰り返し、ギャングのみならず、警察からも追われる身になる。


ツボでした。サイアクな出逢いの二人。病室が同室になるも、どうにも相容れない。
が、お互いが不治の病と知り、偶然見つけたウォッカで羽目を外し、海を見るためにベンツを盗んで逃避行!
どんだけめちゃくちゃ~!?と思うのですが、所々に散りばめられた病の影や、二人の表情に垣間見える真剣さに
笑いだけでなく、切なさも感じてしまいます。

『天国では海の話をすることが流行ってるんだ』

海を見たことがないというルディを海に連れて行く、というマーティン。
だけどマーティンもまた・・・


飽きさせないテンポで◎。
ついでにいうとマーティン役のティル・シュバイガー氏が、お気に入りの市原隼人の10年後を彷彿とさせ・・・って妄想、妄想!似てない?ですか?そうですか・・・。

この物語ではあくまで主犯がマーティンで、ルディは人質という設定。
二人は旅の中で深い友情を育み、お互いを支え合っているのだけどマーティンはルディをかばい続ける。
いよいよの時にルディがマーティンをかばおうとすると「ストックホルム症候群だ」なんて分析されてる。
その辺りのもどかしさとか、二人が交わす死についての会話は切ないけれど、好き。でした。
AD

七夜待

テーマ:
七夜待
監督:河瀬直美
出演:長谷川京子
制作:2008/日/89分


人生のリセットを求めてタイに着いた日本人女性・彩子が、タクシーに連れて行かれたのはホテルではなく森の中。その川のほとりでフランス人青年グレッグに出 会った彩子は、彼が同居するタイ人母子の住む高床式の家に連れて行かれる。言葉も通ぜず、ここがどこかもわからない彩子だが、不安と苛立ちの中でそこで受 けた古式マッサージで心の安らぎを得ていく。少しずつ周囲と調和していく彩子は、そこで七つの夜を過ごす。goo映画より

うがぁ!
まず、なぜこの映画を見ようと思ったのか。
1)七夜侍と勘違いした(ちょっと時代モノかと・・・)
2)あ、タイが舞台なんだ・・・(気になる~)
3)30代女性の自分探しの旅!?これは見なきゃ!

結論から言うと、美しい風景以外に得たモノはなにもない。
残念ながら何を言わんとしてるのか、まーーーーったくわからなかった・・・
異国の地に乗り込んでおきながら、意思の疎通が図れないことにキレ気味な主人公には共感なんてできないし、タイの文化をよく知らない私がどうこう言うことではないけど、幼い子供を出家させたい母親の勝手な言い分にもイライラし・・・。そう、イライラしちゃうんです。

美しい映像も多いけど、日常っていうかさりげないシーンも多く。その繋ぎ方がまったくわからず。感性の問題かもしれませんけど。うーん、残念。最後の大どんでん返しを期待してラストまで粘ったのですが・・・がくり。
長谷川京子さんは美しいです。うん。
わたくし的には音声を消して、映像だけを楽しむならアリなのかな・・・という感じです。




ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]/ジョージー・ヘンリー,スキャンダー・ケインズ,ウィリアム・モーズリー
¥4,935
Amazon.co.jp

ライオンに乗りたい。あのふかふかのたてがみにバフッとしたい、とそればかり(笑)
ずっと気になっていた物語だったので、ドキドキしながら鑑賞。
タンスの奥が別世界なんて!
そしてかわいい4兄弟。
ツライ目にあいながらも最後にはお互いを思いやって素晴らしい結末ではないでしょうか。
ってこんなメモじゃストーリー備忘録にはならんな・・・

ネクスト

テーマ:



NEXT -ネクスト- コレクターズ・エディション






監督: リー・タマホリ

出演者: ニコラス・ケイジ ジュリアン・ムーア ホセ・ズニーガ トーマス・クレッチマン

      トリー・キトルズ ジム・ビーヴァー ジェシカ・ビール ピーター・フォーク

2007年/米/145分


ラスベガスでマジックを生業としているクリスは、実は2分先の未来を見ることのできる能力を持っていたー。


設定は面白いし、ニコラス・ケイジの八の字眉連発も笑える。

ただ、ジュリアン・ムーア率いるFBIが核爆弾テロの解決にクリスを引っ張り出すトコ無理ないかい?

2分先までしか見えないってのに、やたらクリスを引っ張り出そうとすんのね。

うーむむむ。


でもクリスの前向きさ加減と全体のテンポの良さは飽きさせない、かな。

NANA

テーマ:

オフィシャル  なな

監督:大谷健太郎
出演:中島美嘉、宮崎あおい、
松田龍平、成宮寛貴
(2005年/日)

まず、コミックとは全く別のものとしてみるコトが重要☆

だってコミックは13巻、まだまだ続いてますから!!


中島美嘉はナナのイメージ通り!細身でパンキッシュなカッコもよくお似合い!

そして歌!『GLAMOROUS SKY 』ですか。ラルクのHYDE書き下ろし、原作者矢沢あい作詞らしいです。

中島美嘉の声とピッタリ。

                 なな2

宮崎あおいは制作発表の時くらいに見て「この子がナナ(ハチ)?」って思いました が、いや~スゴイ!

なんか可愛くなってましたね。

何と言っても今回NANAを観に行こうと思った目的の「松田龍平」(^^)/▽☆▽\(^^)

レン役。。。何というか、彼が演じるともうそれは「龍平」なんです(笑)独特の雰囲気。

痺れました~(*δ,δ)σ♪

                 なな3

一番印象に残ったのは、雪のつもったホームからレンを見送るシーン。

抱き合った直後に列車から飛び降りて崩れ落ちるナナ。たまらずノブが電車に駆け込むとそこでは

レンが…


ちょっと終わりが半端なところで終わってしまって、終わった瞬間館内が「ざわっ」としました(笑)

で~も!龍平ファンと中島美嘉ファンは必見☆

ネバーランド

テーマ:

ネバーランド
監督:マーク・フォースター
出演:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット
ダスティン・ホフマン、 ラダ・ミッチェル   
(2004年/英・米)
ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。
 信じれば、必ず行ける。

ジョニー・デップ、美…(@◇@;) !!!


20世紀初頭、ロンドン。

人気劇作家 ジェームズ・バリ(ジョニー)は自分の作品に魅力を感じられずにいた。

そんな折、公園でシルヴィア(ケイト)と4人の息子達と知り合う。子供達の豊かな想像力に刺激され

子供の頃に描いた「ネバーランド」を新しい作品として書き始める。

 

                 ネバーランド  
                 バリ家の山荘へ。ますますあらぬ噂が立ち、

                 ジェームズ夫妻の仲も…!?


想像力豊かな可愛い子供たち。でも三男のピーターだけは、現実を見て早く大人になろうとしている。

大人になれば傷つかないと思っているから-。何とか子供らしさを取り戻させようとするジェームズ。

果たしてジェームズのネバーランドは伝わるのだろうか-。


ほのぼのとさせられました。ちょっとすさんだ気持ちだったので心が洗われるような(笑)

私の心のネバーランド、どこへ行っちゃったんでしょう。。。


ピーター役のフレディ・ハイモア、トゥーブラザーズのコですね。パッと見生意気な子供だけど兄弟の中

一番繊細なピーターをうまく演じてます。瞳が印象的。

ケイト・ウィンスレットは若き未亡人(しかも美…)。子供達に力一杯愛情を注ぐ姿、生き抜こうとする姿に

惹かれました。寝間着姿、めっちゃセクシー(笑)というか美しい。。。

ジョニー・デップは美しいんだけど、結構コミカルな動きが多く目の表情にワクワクさせられました。


音楽も優しくて、キラキラしてます。ファッションも古き良き英国スタイル(?)という感じで、ジェームズの

ステッキや、皮の手袋、帽子、素敵です。ディビット家と山荘に出かけるときの車も時代を感じさせられます。かわいい。

何気なくお茶するシーンもいいですね。

落ち着いて、もう一度見ようと思います♪

ネバーランド2 「ピーターパン」の物語は悲しみを乗り越える為にうまれた-

2LDK

テーマ:




2LDK


監督:堤幸彦 
出演:小池栄子vs野波麻帆

DUEL『荒神』の対。
2LDKという限られた空間の中でオーディションの主役を巡って女二人の壮絶な闘いが繰り広げられる。お互いの心の中でつぶやかれているけなし合いが的をついていて、笑える。そしてホラー映画かと思うような主演二人の熱演。短い時間、二人だけの登場人物、限られた場所だがストーリーも違和感なく入り込めた。深夜に鑑賞するならば、ヘッドホンをつけることをおすすめ。