私の頭の中の消しゴム

テーマ:
ケシゴム
監督:イ・ジェハン
出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン
(2005年/韓)
 死よりも切ない別れがある

『泣くぞ!』と気合い入れすぎたのか、号泣まではいきませんでした。

でも『ここが泣かせどころなんだろうな…』とわかっていながらも泣いてしまう(笑)


無愛想なチョルスと破れた恋に傷ついたスジン。コンビニで運命的な( ̄□ ̄;)出会いをして恋に落ちます。チョルスを家族に紹介したいスジン。人生に恐れを抱き、「責任をとりたくない」と宣うチョルス。

スジンのちからわざ(!!)で結婚。幸せな日々を送る中、家への帰り道が分からなくなってしまうスジン。

物忘れが輪をかけて激しくなり日常生活に支障が出始めた頃アルツハイマー 」と診断されてしまいます。

肉体的な死よりも先に、精神的な死が訪れる-

スジンは別れを決意しますが-?


二人の「運命的な出会い」にはちょっと引いてしまったものの、惹かれ合うようになっていく段階がとってもよかった!スジンと一緒に私もチョルスに恋してしまいました(笑)

いや~、惚れるでしょう!あれは!この作品のチョン・ウソン格好良すぎです!

はにかみ笑顔、最高!ナイスバデー!セクシー!ε=ε=ε=ε=ε=(o;´ρ`)o-3


                  チョン・ウソン

MUSA-武士-の時はそこまではまらなかったけれど。チョルスというキャラはまさにツボ。


そして、ヒロインのソン・イェジン。

冒頭シーンのメイクに少し驚きましたけど、笑顔が可愛い!仕事のできそうなワークウーマン風な格好やいかにもお嬢様~なファッションも、彼女はさらりと着こなしています。

普段なら殺意が湧くかもしれない甘えぶりも、ソン・イェジン演じるスジンなら許せる(笑)!

とにかく美男美女の物語なワケです。


後半は切ないです。幾度チョルスとスジン、周りの人の涙を見たことでしょう。

どんなに大切に思っていても記憶はどんどん消えていく。

すべてを忘れてしまうことを恐れるスジン。忘れられる事に苦しむチョルス。

ちょっとネタバレですが、一番泣いてしまったのはチョルスがスジンから「愛してる、ヨンミンさん」と語りかけられたとき。悲しそうな目で「俺もだよ」と答えたシーンでは涙が止まらず。。。。

その後のスジンの悲しみにもひきずられました・・・。


いろいろと突っ込みどころもあるのですが(笑)チョルスを演じるチョン・ウソンを見ただけでも大きな収穫でした。アンダーグラフの「遠き日」はイメージソングなだけで作中に使われているワケではないのですね(^o^;

オフィシャル では使われているのですが。もうイメージがついてしまって・・・。

しばらくは「遠き日」で消しゴムに浸ることにします(笑)



すべての記憶の中で最後まで残っているものが、あなたとの想い出でありますように-。

AD

笑の大学

テーマ:
タイトル: 笑の大学 スタンダード・エディション

監督:三谷幸喜

出演:役所広司、稲垣吾郎

(2004年/日)

公式


なぜ、自由に作品を書けないのか-。


今は言論の自由があるけど、こういう(もっとひどい)時代もあったんですよね。

元は満州にて思想統制を行っていた検閲官の向坂(役所)と喜劇作家の椿(稲垣)の7日間の戦い。

劇団:笑の大学の座付き作家である椿は、新任の向坂の検閲をうけるが-!?


ほぼふたりのやりとりだけで2時間。すっごいなぁ~。

向坂がいろいろな無理難題をふっかけていくだけか、ダルイかな?と最初の方で思ったのですが、余計な心配でした。役所広司の動き!表情!大爆笑とまではいかないけれど(いや、笑ったかも?)かなり笑いました。うまい!二人のかけあいもまた絶妙。

そして笑いだけかとおもいきや、最後の向坂の台詞には重みがありました。

笑いを通して、国の役人である向坂に変化があったのは良かった!


やっぱり“笑い"って大切ですよね!

AD