マジックアワー

テーマ:
ザ・マジックアワー


監督:三谷幸喜


出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか


2008年/日本/136分



笑いと感動と。
笑うと腰に響くんだけど(汗)にやりよりもぶはっ!って笑いが満載(笑)

佐藤浩一、渋っ

全く売れないけれど、映画に真摯に取り組む俳優さん役。
真剣だからこそ笑わせてくれる数々のシーン。
やっぱ好きだ~!

綾瀬はるか、可愛い。
キャスト他、特別出演陣?妙に豪華でした。

携帯からだとなかなか感想て難しい~(;・∀・)
パソコン前に落ち着いて座れるようになったら、少し追記する(かも)です。
AD

mw

テーマ:
MW‐ムウ‐ [DVD]/玉木宏,山田孝之
¥3,990
Amazon.co.jp

監督: 岩本仁志
原作:手塚治虫
出演: 玉木宏 / 山田孝之 / 山本裕典 / 山下リオ / 風間トオル / デヴィッド・スターズィック / 鶴見辰吾 / 林泰文 / 中村育二 / 半海一晃 / 品川徹 / 石田ゆり子 / 石橋凌
制作:2009年/日本/129分

原作は昔読んだような、読んでないような?
でも断片的にしかストーリー覚えてなかった、っていうかだいぶ違います?
はじめに懺悔しときます。
玉木王子のシャワーシーン見たさに!!!!!!(爆)
なんて妖しい役なんでしょ。
山田氏も葛藤しながらも裏切ることのできない辛さをぜつみょーな感じで現してたと思います。
mwという生物化学兵器によって生まれてしまった被害者。
ぶっとんでます。
AD

迷子の警察音楽隊

テーマ:


迷子の警察音楽隊




監督: エラン・コリリン
出演: サッソン・ガーベイ / カリファ・ナトゥール / ロニ・エルカベッツ
2007年 イスラエル・仏 87分


管理人的キーワード:音楽、異文化交流、エジプト・イスラエル


イスラエルの記念式典にお呼ばれした、エジプトの警察音楽隊。
ところが空港に出迎えの姿はなく、自力で辿り着こうとしていきなりバスを間違える・・・
人ごととは思えない(笑)


少しさみしい感じがする映像とエジプトの音楽。すごくマッチして、今の気分にぴったり。
団長は国を代表しての振る舞いに気を取られてばかりだけど、団員のオトコマエ君は自由気まま。
もどかしいような、懐かしいような。実際に音楽隊として演奏しているシーンは最後の少しだけ。

心地良い音楽と、始終困ったようなv顔をしてる、団長の一挙一動に釘付け。


最後の演奏会、かっちょえ~~~~~~


AD

マイ・ブルーベリー・ナイツ

テーマ:




マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション








¥3,416

Amazon.co.jp



製作: 2007年 香港・中国・仏
監督: ウォン・カーウァイ
出演: ノラ・ジョーンズ / ジュード・ロウ / デビッド・ストラザーン / レイチェル・ワイズ / ナタリー・ポートマン
95分

ジュード・ロウが見たかっただけです!ほんとにそれだけ!男前っした!

(ブルーベリーパイはうまそ~でした)


蟲師

テーマ:



監督:大友克洋
原作:漆原友紀
出演:オダギリジョー、蒼井優、江角マキコ
(2007年/日/131分)
公式サイト

ごまちゃんに無料映画鑑賞券音譜をもらっちゃったので観にいってきました☆
注目の大友監督実写作品!しかも蒼井優でてる!(ポイントそこか~~~!)

美☆
文字に蟲を封印する淡幽。はかなげでありながら存在感きらり☆菜ばしにちょっとウケた・・・


しかしながら原作読んでからいけばもっと楽しめたのかな、とちょっと後悔。
ストーリーも判るし、映像の美しさも堪能したんだけど、深いところまで踏み込めなかったのは
原作を読んでないからかなぁ。。。

「蟲」というので気持ち悪い系を想像していたのですが、そこまでグロくはなかったなぁ。光やもやもやしたもので表現されてましたが、コレ原作(コミック)だと、どうなるんだろ?っていうのは気になります。(あんま気持ち悪いとパタンと閉じちゃうけど・・・)

 蟲師ギンコ(オダギリジョー)。
 惜しむらくは、直前にあった新作情報の「ゲゲゲの鬼太郎」のウエンツと
 髪型だぶっちゃったコト。。。思わず笑っちゃった・・・
 (ゲゲゲの鬼太郎、観たい・笑!!!!)
 







淡い恋心が隠れた回想シーン。細かいニュアンスやサイドストーリーを原作でよんでみたいです。


幻想的で美しいシーンの数々。原作を読んだら、もう一度DVDで観てみたい!


マリーアントワネット

テーマ:


監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト
(2006年/米/ )
公式サイト

大好きなソフィア・コッポラ入魂の一作とあらば観ないわけにはいきません!

ベルサイユ宮殿での撮影、ゴージャスな衣装やお菓子なんかで話題になりましたね。
ノリに乗ってるキルスティン・ダンスト主演だし!


小悪魔ダンスト☆綺麗で可愛いマリーを魅力たっぷりに演じてました!

マリー・アントワネットを楽しむためには、ある程度の歴史知識があるとよいと思います。
(私の場合は「ベルサイユの薔薇」が教科書ですが・・・笑。それで充分!)
ゴージャスな衣装、今ドキな音楽(?)、そしてなにより「王妃もフツーのティーンエイジャーと変わりなかった!」という戦略で若い観客をグッと惹きつけてるのではないかと!歴史上に語られなかったマリー。農園を作ってナチュラルな暮らしを好んだあたりなんかは全く知らなかった一面です。
マリーが悪名をとどろかせるようになった背景や、異国でのツライ立場にも触れられていますが、一番楽しめたのはマリーが普通の若い女性として人生を楽しんでいたところかなぁ。ゴージャス衣装には目を奪われっぱななし!水色のドレスが素敵でした!!

というわけで歴史的視点から見るよりも、「異国に嫁いだ若い女の子の青春ストーリー」として
衣装や小物、音楽を楽しむのがおススメです。

マイアミ・バイス

テーマ:
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
マイアミ・バイス

80年代人気テレビシリーズの映画化。
陸・空・海の超ハードボイルドアクション。
潜入捜査官(バイス)なのにはじけすぎ。手に汗握ります( ̄Д ̄;;

真夜中の弥次さん喜多さん

テーマ:


角川エンタテインメント
真夜中の弥次さん喜多さん
監督:宮藤官九郎
原作:しりあがり寿
出演:長瀬智也、中村七之助
<<江戸>>小池栄子、阿部サダヲ、
<<笑の宿>>竹内力、森下愛子、
<<喜びの宿>>古田新太
<<歌の宿>>山口智充、松尾スズキ、
<<王の宿>>中村勘九郎
<<魂の宿>>研ナオコ、ARATA、麻生久美子、妻夫木聡、荒川良々
(2005年/日/124分)

結論から言うと、映画として見ない方がいいかも?

公開当時、とても見に行きたかったのですが行けませんでした。でもこれはDVDで楽しんで正解。

クドカンのドラマって「落としどころ」があると思うのですが、最終話・魂の宿でちょっとキたけどあとはそうでもなかったかな。。。とにかく豪華キャストです。面白いのは面白いんですよ!ところどころ爆笑。

若干ミュージカル調だったのと、映画と現実が入り交じってる設定(ちょこっとだけど)が入り込めなかった原因かな~。お伊勢参りにバイクで江戸を飛び出す・・・、ってどんな時代ですか~!


あんまり出てこないのですが初めて小池栄子を可愛いと思ったとです。

三途の川、源流の秘密には引きましたが・・・。

江戸を出発した話から、あまり脈絡なくそれぞれ宿の話があるので、続けて見なくてもちょこっとずつドラマのように楽しむのもいいかもしれません。私は<魂の宿>が一番気に入りました。

原作を知っていたらまた違った楽しみ方ができたかもしれませんが。。。

ミスティック・リバー

テーマ:
 ミスティック・リバー
監督:クリント・イーストウッド
出演:ショーン・ペン、ティム・ロビンス、
   ケビン・ベーコン
(2003年/米/138分)

ボストンのとある街角。ボール遊びをして遊ぶ子供たち。ジミー、ショーン、デイブ。下水にボールを落とした子供たちはちょっとしたいたずらを思いつく。たわいのないいたずらだ。偶然その場を目撃した大人に叱られ、親に話をしにいくからとデイブだけ車に乗せられ連れ去られてしまう。

25年後-。それぞれの人生を歩んでいる3人。街で発生した殺人事件の被害者は、ジミーの愛娘だった・・・。25年前の事件から伸びた黒い記憶の蔓が、3人の間を交錯し真相解明に影をさす-。


娘を思う父親をショーン・ペンが熱演。涙が止まりませんでした。娘の為に裏社会から足を洗い、大切に育ててきた娘。事件の発生とともに顕になる娘の反抗(?)の兆し。つ、辛すぎるよ~。落ち着いてしっかりしているように見えるのですが、娘を失った悲しみ・絶望・犯人に対する怒りがすごく感じ取れました。

miss  警官の制止を振り切り娘の遺体に駆け寄るジミー。


ジミーやショーンは折に触れて「あのとき車に乗っていたのが自分だったら」といいますが、実際に連れ去られたのはデイブ。彼の人生はそこから大きく変わってしまいました。心に大きな傷を負ったデイブ。

彼が森を逃げるシーンが何度も使われますが、「誰も助けに来なかった」。涙が滲みます。

ラストはなんとも納得いかないんですが(怒)サスペンスとして良かったと思います。


「ん?なんだか見たことあるような気がする?」と思ったんですが、どう考えても未見。

ケビン・ベーコンが出てた「スリーパーズ」に似ている?と思ったのですが、そうでもないし・・・。

そうそう、この映画ケビン殿がまともな役(笑)州警の刑事ですよ!最近見た中では怪しい役が続いてたので新鮮!ティム・ロビンスは挙動不審さで光ってました(笑


ちょっと泣けるサスペンス。

ミニミニ大作戦

テーマ:


  ミニミニ大作戦
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:マーク・ウォールバーグ、シャーリーズ・セロン
ジェイソン・ステイサム
(2003年/米/110分)

同名作のリメイク。って言っても本家は見たことないのですが・・・。

カーアクションです。冒頭ボートアクションかと思いましたが(笑)

シャーリーズ・セロンが抑えた演技で、他の出演者のキャラクターが際だっていました。

ハンサム・ロブ、どこかで見たな~と思っていたらトランスポーターのフランクですね。


ミニが可愛かった!チョロQみたいで・・・。

ノセられて、明日はスピード出し過ぎないように気をつけます(笑)