こんにちわぁ~ (^O^)
きょうは天地真理さんが歌う、

『♪なのにあなたは京都へゆくの 』 で~す 音譜
いつものように、ビデオはいちばん下です。
 
 
 

この曲は、フォーク・グループ 「 チェリッシュ 」 の

デビュー・シングルです。
1971(昭和46)年9月5日リリースですけど、

翌年1972年になってからヒットして、

オリコン・シングル・チャート最高位13位だったそうです。
 

↓ デビュー当時のチェリッシュさんたち、です。

 

 

 

この曲、作詞は脇田なおみさん、

作曲は藤田哲朗さん、

アレンジは馬飼野俊一さんです。

「 チェリッシュ 」 さん、デビューは5人でしたけど、

すぐに、リーダーの松崎好孝さんと、

松崎(旧姓:松井)悦子さんのデュオになったそうです。
こんな感じ ↓


松崎さん、イケメンですし、悦子さんもかわいいですネ (*^^)v

 

 

 

 

さてさて~

真理さんの 『♪なのにあなたは京都へゆくの 』 は、

デビュー・アルバム 『 水色の恋/涙から明日へ 』

に収録されています。

これこれ ↓


 

このアルバムは、1971(昭和46)年12月21日に

リリースされました。

真理さんの急激な人気上昇で、急いで制作されたためか、

オリジナル曲は、タイトル曲の 『♪水色の恋 』 だけで、

あとの11曲は、すべて当時のフォーク・ソングを

中心としたカバー曲になっています。

きょうの 『♪なのにあなたは京都へゆくの 』 も、

そんなカバー曲の中の1曲です。

 

でも、

原曲の、チェリッシュさんのリリースが9月5日で、

そのわずか3か月後に、

真理さんがカバーしたアルバムがリリースされるなんて、
早すぎませんかぁ~ はてなマーク

 

ましてや、チェリッシュさんのは、上にも書きましたケド、

年が明けてからのヒットですから、

まだヒットもしていないころに、

アルバム収録を決めてるワケですよね~。

真理さん本人の選曲か、

スタッフさんの選曲かわかりませんけど、

先見の明(せんけんのめい)があった、
っていうことなんでしょうネ (*^^)v
 

ちなみに、このアルバム 『 水色の恋/涙から明日へ 』 は、

1972(昭和46)年のオリコン年間アルバム・チャートで、

堂々と年間第1位になっています。

 

逆に、真理さんのこのアルバムが大ヒットしたからこそ、

その収録曲のチェリッシュさんの原曲にも

スポットがあたってヒットした、

っていうことも言えるかも・・・ですよね~

もともと楽曲自体も、ステキな曲ですもんネ (^^
 

 

真理さんの歌唱は

とってもソフトなフル・ファルセットですネ (#^.^#)

チェリッシュさんの悦子さんの歌唱は、

独特な、弾けるような声なんですけど、

初期の真理さんの声は、籠(こも)っていて、

とってもソフトで暖かく聴こえます。

どちらも本人しか出せない、

聴けばその人が歌っている、ってすぐわかるような、

特徴的な声ですよね~

だれが歌っても同じように聴こえる声と違って、

こういう独特な声を持つ歌手って、

“ 歌手 ” っていう立場で見ると、

すごく有利だと思います。

 

歌詞の内容が、

「 なぜ、あなたは京都へ行っちゃうのはてなマーク

スペース私より京都の街のほうがいぃのね

スペースどうしてそんなに京都がいぃのはてなマーク 」
っていう感じの嘆き節(なげきぶし)ですから、

悦子さんの声のほうが合ってるかも ( ^ω^ )

 

 
 
それじゃあ、真理さんが歌う

『♪なのにあなたは京都へゆくの 』 を聴いてね~ 音譜

アレンジは、原曲のチェリッシュ・バージョンと同じ、

馬飼野俊一さんです。
このビデオの制作は kei suke さんです。
 


 

 

 

 

チェリッシュさんのオリジナルも、ありましたので、

お借りしま~す ラブラブ

このビデオ、ビデオのタイトルと、

曲のタイトルがビミョーに違いますケド・・・
ビデオ制作は Koto Kyoto さんです。

 


 

 
 
いかがでしたかぁ~はてなマーク
 
 
 
にほんブログ村 音楽ブログ 女性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
 
 

AD