野人エッセイす

森羅万象から見つめた食の本質とは

NEW !
テーマ:

 

世界の大河の10本に1本が年に数カ月は干上がっている。

5千キロ以上の長さでアジアの3大河川の一つである黄河も例外ではない。

水質汚染問題だけでなく、水そのものが無くなりつつある。

地下水で凌いでも一時しのぎに過ぎず、地下水脈の枯渇は時間の問題だ。

 

水に恵まれている日本でも水不足に悩まされることが多くなった。

何故それほど水を使うのか・・

人間の道理では必要なのだろうが、自然界の道理では枯渇するのが当たり前。

最初からわかっていることではないか。

「絶対に必要」という最初に結論ありきの道理で進むからそうなるのであり、先が見えなくなってしまう。

 

石油や他の資源も同じで、行き着くところまで行って、困り始めてから対策を考えるのは人間の特技、悪い癖、問題の先送りだな。

健康悪化は行き着くところまで来てしまったが、まださらに新たな対策を繰り出している。

継続可能を目指すなら、水の維持も動力の維持も健康の維持も同じではないか。

どうしてもこうしても維持出来ず悪化し続けるなら、最初から「間違っていた」と言うことだ。

それが野人の物理であり思考の起点だ。

 

しかし、水を使い過ぎる農業も他の産業もその気配はない。

燃料問題も健康問題もその気配はなく、困る直前までこのまま行くつもりだろうか。

地球環境はさらに破壊され、多くの人々は命をも失ってしまう。

 

野人は問題を提議する評論家ではない。

解決策は既に出来上がっている。

地球上のすべての問題を解決、復元する具体策は矛盾もなく完璧に近い。

ただ、あまりにも膨大すぎて・・

あみだくじ・・いや、思考順路、戦略がついていかない。

手に負えんくらい重くて重くて腰砕けになりそうだ。

地球が東京ドーム程度の大きさなら簡単なのだが。

 

同時に幾つもの物理・兵法を考えていれば脳ミソもオーバーヒートする。

車の運転中に考えれば、たまに、現在地不明・・「ここは何処はてなマーク」となり

数か月前は、ホテルの部屋のカギを開けようと何度キーを差し込んでも入らなかった。

後ろの人から・・「何しているんですか」と声をかけられ、よく見たら・・

エレベーターのカギ穴汗・・だった。

 

途中まで真面目に書いていたはずだが、最後はやはりお笑いになってしまった。

これでは野人理論、信ぴょう性を疑われるのもわかるな。

 

農業は人類最大の発明3 崩壊と再生への道

http://ameblo.jp/muu8/entry-11331940870.html


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村


にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
愛犬ポチ

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

祭囃子に誘われて町内の祭りを久しぶりに拝見した。

祭りなど見るのは何年振りだろうか。

子供の頃は楽しみにしていたが、大人になってからはときめかない。

相変わらず木の実や山菜や猪、海と磯の食べ物には熱中、子供の頃とまったく変わらないのだが・・

 

前の事務所のすぐそば、この事務所のすぐそばで祭りをやっていても足を向けることはなかった。

花火も同じで盛大な花火大会も全く関心がなく、わざわざ行かない。

小学生の頃は神社でもよく遊んだが、今は・・すぐそばの伊勢神宮にも行くことはなく、35年住んで4回・・最後に行ったのは5年前だ。

全国から集まる程の色んな大きな行事も行われていたが見た事がなく、伊勢の神社についても詳しくない。

 

何で祭りや花火などに関心を示さなくなってしまったのか、あらためて考えて見た。

遊び心は全く変わらず、海山の食べ物の関心もまったく衰えていない。

 

思えば・・

郷里の漁村の祭りでもそうだったが、皆が着物姿で盆踊りやっている時小学生の野人は裸で、すぐ横の定期船船着き場で「夜の漁」を毎年やっていた。

つまり、幼馴染がみな体験している盆踊りなど一度もやったことがないのだ。

 

船が着くので水深は4mほどだが、懐中電灯をビニル袋に包んで潜ってサザエを獲ったり魚を突いたりしていた。

さらに、夕方からライトで海面を照らし続けるとアジが集まって来る。

暗くなってから一輪車で網を運び、船を漕いで網入れ、護岸から網を揚げ始めると浴衣姿の友人達が集まって来て手伝い、小アジが大漁クラッカー

大人達は、「お盆に殺生して」と眉をひそめたが何処吹く風・・音譜

 

近くの八幡様のお祭りでも行事には無関心、わた菓子や色んなものを食いまくり、毎年のようにお菓子が当る射的や「粟おこし」が当る相撲賭博に熱中していた。

ハッピ着て重いお神輿など暑くて到底担ぐ気にはなれなかった。

あらためて考えると、狩猟と食い物と賭け事以外は全くと言っていいほど興味がなかったんだな・・

 

大人になってからも似たようなもの、スポーツマンシップもないし、汗を流す運動もしない。

大学時代は仕送りも断り、卒業まで毎月ギャンブルで豊かな生計が立てられた。今は全くやらないが、やった4種類とも完全に勝ち越している。

狩りの本能、物理は狩りだけでなくスポーツや武術、ギャンブルにも応用して結果を出し続けた。

 

まあ賛否両論あるだろうが、人はどうであれお野人は子供の頃から徹底して、本能に忠実に生きて来たということかな・・

野人の思考回路の原点は本能であり、内容は自然界の物理。 この物理論に参考文献もない。

自ら考え、理論を構築、実践し続けた。

常識がどうであれ、先生や親が何を言おうが「野人道」を貫いた。

幸せなことではないかラブラブ

 

久しぶりのお祭りに花火・・

みんな楽しそうだったな。

花火や祭りより、子供達の表情を見ているほうが楽しい。

 

小学生の食糧調達奮戦記

噛みつく大盛アナゴ丼

http://ameblo.jp/muu8/entry-10087505549.html

野人珍話列伝 魔の海底洞窟ドクロ

http://ameblo.jp/muu8/entry-10589152482.html

崩れゆくガラスの常識3

http://ameblo.jp/muu8/entry-12006160656.html

 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
愛犬ポチ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ん・・・ ?    タマの上に

ゴボウのタネタマビックリマーク が・・ 目 汗

                         いく 撮影

 

お野人が くっつけたのではない

 

調理場の前の砂利に勝手に生えたゴボウ・・

1m以上になって種を付け 倒れたまま

黒猫のニャンゴの 通り道になっている

 

つい・・座っちゃったのだろうが ・・

痛かっただろうな タマ・・汗 チクチク

 

やっと運び主が見つかったゴボウの種タマ・・ドキドキ

可哀想だから 取らずにそのままにしておいてやろう

タマ擦りあうも・・何かの縁

座る度に・・痛かったりして にゃんタマ爆弾

 

涙が・・ 止まらんな

 

自分で付けたんだから 自分で何とかせ~パンチ!

それが野生の証明じゃ!!

最近 野良魂は 骨抜きになっとるぞ

ケンカも弱っちいしな・・ 全敗 ダウン

 

傷を負うたびに ハゲが増えて・・

 

タマには 気迫メラメラ 見せんか

 

一から・・いや タマ爆弾から鍛え直すんじゃ わかったか

 

 

調理場の前のゴボウ 5月

ゴボウの花

野人エッセイす

お・・強そうだな

黒猫物語 野良の魂

http://ameblo.jp/muu8/entry-12079833890.html

猫に盗られた明日のご飯を取り返す

http://ameblo.jp/muu8/entry-12126573170.html

 

また・・負けたのか   懺悔はせんでもいい

シッポ ハゲて プードル汗になっとるぞ・・

 

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
愛犬ポチ

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。