というわけでバトルファイターズ餓狼伝説2についてです。
前回題材が初代餓狼伝説ということもあり、
男臭くてどこかマイナー感がありました。
しかし今回は晴れて大ヒット作として世にその名を轟かせた餓狼伝説2。
しかも餓狼伝説スペシャルの稼働までカウントダウンが始まっていた頃。
アニメの合間に挟まる餓狼伝説スペシャルのCMだけでも恐ろしく興奮してみてました。

というか稼働日までは録画してCMを繰り返してみてました。

なんか始まりから色合いも少しポップになったというか、
明るくなったような気がします。
もしかするとバトルファイターズ餓狼伝説の時は3倍モードで録画してしまったミスのせいかもしれませんが。

ともかく相変わらずニッキがいい。
そしてとトニーの出会い。
キムは道着でテリーの前に現れるのだがいつどのタイミングで着替えたのだろう。
というかもし試合を受けてもらえなかったらどうしたんだろう。
まあそれはアクセルも一緒か。
とにかく鳳凰脚は映画までおあずけ。

そしてクラウザーとの闘い。
テリーの波動旋風脚を見様見真似で
「こうか?」
とそれ以上の威力でやり返すところとかもう最高でした。

あ、というかクラウザーのキャラデザインがかっこよくてびびった。
というか誰?
髭は?

もうこのクラウザーを見てしまったらリアルバウトのクラウザーとか認めたくありません。
シュトロハイム家の党首がレスラーみたいな髭面のおっさんという事実は受け入れ難いです。

そしてこの後舞に十兵衛に金髪に戻ったアンディが登場するのですが、
テリーの敗北を告げに遂にあの男がやってきます。
そうハリケーンアッパーのジョーです。
前作を見た人達は誰もが固唾を呑んでその一言目を期待したことでしょう。

そしていちゃつくアンディと舞に投げかけたセリフを聞いてまず思ったことは、
「すげーうまくなってる!」
でした。すいません。
いや言い訳をしますと、
前回はジョーの声優が佐竹氏だという大々的な告知をした上であのインパクト。
そして今回あえてジョーの声優については特にゲーメスト誌面等でも触れられないままだったので、
誰もが佐竹雅昭リベンジマッチを期待していたのです。
冷静に聞けば明らかに檜山氏なのですが、
佐竹雅昭への愛が僕の聴覚をおかしくしたのです。

ちょっとしてあれ?中の人違う?
と気づいた時、
今佐竹雅昭はどんな気持ちでこのアニメを見ているのだろうと、
目頭が熱くなるのを抑えきれませんでした。

このアニメではゲーム本編では設定としてまだなかったであろう
ギースとクラウザーが異母兄弟である。
という事実とルドルフとギースとの確執の描写。
クラウザーの父への想いなど、
本当に素晴しい出来だったと思います。
時代やタイミングも往々にしてあるとは思いますが、
シリーズ中ダントツのクオリティであったと言えます。

兄弟対決時のゲイザー発動、
パイプオルガンを弾くクラウザーと対峙した瞬間、
子供心ながらにドキドキしました。

カイザーウェーブの構えがなんだかライダーチックだったり最後はびっくりするぐらいベタ足のインファイトで決着しましたが、
クラウザーの最期の言葉と涙と共に湖に沈みゆく姿に本気で感動した。

後に発売されたVHSもチンシンザンとビッグベアの一瞬だけの登場シーンのために買いました。

格ゲーブームはこのアニメ放映後ピークを迎えることになるのですが、
そのブームに一役買った存在だと思います。
ジキルの歌うCallingも最高過ぎた。
カップリングのスロウダウンライブバージョンも最高です。


そのライブバージョンの方のスロウダウンのカバー動画だす。

そしてついに舞台は映画に!
すなわち神になったのだ。
AD


写真はメガドラですが話はバトルファイターズ餓狼伝説。

餓狼伝説好きなら好きな人も多いはず、
アニメ版餓狼伝説の1作目。
大張正己氏のキャラデザインも僕個人としては最高でした。
ただなんとも中途半端な時間帯に放送された中ジョー東の声優がまさかの佐竹雅昭起用。
まあジブリで言うジャニタレ的立ち位置。
あ、ニッキがいたね。
まあ実際ジョーのモデルはこの人だし、
その情報を目にした時、
本当に真っ直ぐな気持ちで
「ある意味本物じゃん!楽しみ!」
なんて胸を高鳴らせたことでしょう。
僕もその一人でした。

とりあえず序盤でちびテリーとちびアンディに女子を萌えさせた後、
登場した若ギースの声がすでに老いていたことに少しショックを受けた。
しかしかっこよかったらよしとする。

テリーの声の錦織一清氏はベテラン陣とは趣が違うとはいえすごくはまっていた。
そのテリーがリリィをめぐってバーで(パオパオカフェだったかな?)大暴れしているところにとばっちりをうけるジョー東。
第一声が
「何しやがる!」
という非常に短い特に何の変哲もないセリフなのだが見ていた誰もが心で思った。
「おや?」
あるいは漏れ出た人もいるかもしれない。
えも言われない違和感と一抹の不安。

そしてここからはジョー東ではなく佐竹雅昭大暴れ。
プロデューサーはアフレコの現場で、
どんな理由をつければ気分よく降板していただけるのだろうかと、
頭をフル回転させたに違いない。
それほどのインパクトを僕らに残したのだ。

だってもうどんなにシリアスな展開に持ち込もうとしても無理なんだもの。
ホテルの一室でテリーと酒を飲みながら会話してるシーンなんかこの作品のハイライトと言ってもいい。

そして初代餓狼は3人の主人公ということで、
なにかと最後までジョーの出番があるので、
色んな意味で観てる側は緊張しっぱなし。

実はこれ、小説版もあったりするのだが、
やはりジョーのセリフは檜山氏ではなく佐竹雅昭の声で聞こえてきます。



とりあえず愛を込めて動画を以前に作りました。

とりあえず佐竹雅昭話に花が咲きすぎるのはいたしかたないとして、
この作品全体としてはまあ餓狼伝説としていろんな要素を盛り込まなければいけない割に放映時間が短く多少薄味感は否めませんが、
ギースをとにかくかっこよく描いてくれたことには愛を感じずにはいられない。
若ギースにいたっては龍虎の拳2にまで影響を及ぼしたり。

まあホアジャイはいつでもやられ役ですが、
変にスーパードリンクとか飲まされなくてよかったんじゃないですかね。

波動旋風脚とかはちょっとえーってなりましたけど、
2でのクラウザーとのやり取りの伏線になっていると考えればもう最高です。

あとギースは屋上から落ちずに池ポチャで終了します。

とにもかくにもシリーズ通して好きなんです。
だからもうゲームはいいからアニメ版だけでも進めてください。
レイジングストームを覚えたギース様をほったらかしにするのはやめてください。


2へつづく。







AD

拝啓餓狼伝説様

テーマ:
現在立ち上がったばかりのプロジェクトがある。
餓狼伝説に関することだす。

あ、話は違うけど昨日はボンボン餓狼伝説を読み返していて腰砕けでした。
ローレンスが戦車で戦うところとか最高でした。

とりあえずどのくらいの期間がかかるかわからん。
あとは有能な絵師がいればそれで全てが揃うのだけど。

餓狼伝説を愛する人が今現在何人いるのかはわかりませんが、
もれなく届けたい所存です。

youtubeとニコ動を使ってなおかつ最終的にはパッケージングまで持っていきたい。

自己満足の極みの旅が始まります。
また報告します。

餓狼伝説よ永遠なれ!




AD