こんにちは。
ドラマセラピスト/心理カウンセラーの中野左知子です。


ドラマセラピーは、自分に与えられた人生を
「自分が主役のドラマ」ととらえなおし、
そのドラマをもっと魅力的にするためのセラピーです。
このブログに来てくださり、ありがとうございます。


このブログでは、私の本
「運命の人はいくつになっても現れる!
恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れる」

「ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる
 ーあなたの中の美人が目覚める」


で書いていることや、
ドラマセラピーや声のワークなど
私がやっているワークのご紹介をしていきます。



本の中で疑問に思ったこと、
提案しているワークやエクササイズで
うまくできないで困っていることなどの
ご質問に対する答えも書いていきます。

ご質問やご意見などは、お手数おかけしますが、
すべて私のHPのお問い合わせから
ご連絡ください。


お問い合わせページはこちら
をクリックしてください。



私の本が発売中です!


運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー/
中野左知子

¥1,404
Amazon.co.jp


ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-/じゃこめてい出版
¥1,404
Amazon.co.jp

  • 20 Feb
    • この世界は安全で楽しい素敵な場所だと教えられるママになる!

      ずっと前、私はとってもネガティブで、基本的に心配性で、宇宙に完全にゆだねるという生き方から遠い場所にいた。でも、少しずつ心について学び始め、自分自身がセラピストになるトレーニングを受けるようになり、徐々に、ネガティブな思考から自分を解放させてあげられるようになって行った。だから、今の私は、宇宙にある程度はゆだねることができるようになり、ある程度の信頼を持って、生きることができるようになった。まだ、完全ではないけれど。ところが、子どもという、これ以上に大切な存在はないというものを自分が持てるようになった時、私が今まであまりに気にしていなかった大きな不安を見てしまうようになった。それは、医療とか教育とか、食品の問題。日常的なことは、私はあまり不安に思ったりしないでいられたんだけど、医療、教育、食品の問題を見れば見るほど、不安になっている自分がいた。現在の日本の教育が子どもに与える悪影響、医者が言うこと、医療で「こうすべき」とされていることが本当に真実なのかわからないこと、食品には、あり得ないものがたくさん使われていることなどなど。種子法の廃止のニュースを聞けば、これからどうなっちゃうんだろうと不安に思ったり、地球の未来をまるで自分のことのように心配になってしまったり。気づかなかったけれど、このことは、私の子育てをとても不自由にさせていた。これから子どもが育っていくはずの私の目の前に広がる世界には、なんだか訳のわからない闇のパワーが潜んでいる感じ・・・。最近のカウンセリングでもグループセラピーの仕事でも、「母親が不安症で、自分も不安を抱えてしまった」というテーマが続いていた。そんな環境で育った女性たちは、不安な母親を守ってあげたいと一生懸命になっていて、自分も不安なのに、お母さんから不安を取り除こうと必死になっていたりする。そういう彼女たちを支えることはできていると思うけれど、彼女たちが持ってきてくれたこのテーマは、私にもつながること。子どもを持って初めて知った、私の奥にあった大きな不安。私自身が、この不安を取り除かないと、私の娘も、私と同じこの不安の中で生きてしまうことになる。それでは、子どもを幸せにしてあげたいのに、逆効果。心配することが、誰にとっても、いいエネルギーを与えないことを知っていたのに。子どものために、私はまず、私が安心して、この宇宙を完全に信頼しなくちゃいけない。私の娘は、神様の子。神様は、この子が健やかに幸せに、自分らしく生きていくことができるように、ちゃんと導き、守ってくれている。私は、宇宙を信頼して、ここに座っている。私は必要な時、必要なことを子どもにちゃんとしてあげられる。何があっても、私はこの子をちゃんと守れる。だって、宇宙と完全につながっているから。だから、大丈夫。こんなお祈りをし始めました。こうやって、私も日々成長しながら、この世界が、安全で素敵な場所にしてきたいなと思います。この世界は安全で楽しくて、素敵な場所だと教えられるママになって、そんなママ友たちと一緒に子育てしたいな!今日もお読みくださりありがとうございました!私の本が発売中です。 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 未来の学校について考える

      私は自分や周りの人たち、たくさんの人たちが豊かになっていくことに、とても興味がある。その豊かさとはお金を持っているという意味だけではなく、好きなことをたくさんできる時間的な余裕や家族と笑い合ったりする暖かい空間があって、やりたいと思うことができるだけの経済的な余裕があって、人生を完全に信頼して、安心して生きていられる状態。この地球に愛をもって生きていられる状態。そう考えていると、引っかかることが一つある。大人なら、働き方を変えて自由な時間を得ることは簡単。でも、子どもはどうも忙しく見える。学校って、なんだかいっぱいやることがありそうだ。宿題とか部活とかもたくさんあって、家族で過ごす時間が減ってしまいそうだ。私は土日に仕事が多いから、子どもが学校に行ってしまったら子どもとの時間が減ってしまう。最初は、土日に仕事をしないように計画を立てていたけれど、でもそもそも、なんで学校って毎日行くの?なんであんなにも忙しいの?ということに疑問を持ち出した。でも学校は必要だと思う。それは、勉強のため、というよりも友達との時間のため。親が絶対に与えることのできない友達との体験はとっても貴重だから。勉強なんて、多分学校じゃなくてもいい。インターネットが発達し、学校のあり方も、これから変わっていけるような気がする。先生がどこの国に住んでいてもネットでなら、学ぶことができる。違う言語で学ぶことだってできる。私は、自分の子どもが、こんな先生から学べたらいいだろうなーと思う。私は、理系の科目が苦手だから、この解釈があってるのかわからないけれど、この世界の神秘や魔法を紐解く手立てのひとつとして数学や物理や化学を教えてくれる先生。私たちが今立っている場所に至るまでの、人間の苦悩や努力や喜びや希望のドラマ溢れるストーリーを、私たちの先祖たちが辿ってきた道として、歴史を教えてくれる先生。世界中のお料理を作ったり、食べたり、世界中の文学を読んだり、芸術や音楽を鑑賞したりして、その国の風土や文化を教えてくれる社会の先生。今世界中で起きていることが、私たちの日常にとっても関係のあることなんだという視点で、政治や経済を教えてくれる先生。私たち生物はみんな音から生まれてきたことを知っていて、私たちの中の音楽性を目覚めさせてくれるような音楽の先生。子どもたちが、自分のペースで自分が得意なことを伸ばし、自分の人生をよりよくするために、自分の個性をキラキラ輝かせるために、勉強をするのだと教えてくれる先生たち。学校は、友達といっぱい遊んで、喧嘩して、笑って、泣いて、そして一緒に芸術活動や、スポーツや冒険をしたり、自分が学んだことを話し合ったり、時には討論したりして、相手との違いを受け入れることを学んだり、自分とは違う考えから新しい学びを得るような、そういう関係が持てる場所。先生たちは、みんな自分たちが素晴らしい存在であり、誰もが素晴らしい存在だということを知っている大人たち。そしたらこの学校から、とても健全な自己愛と自信のある個性をキラキラ輝かせて未来の地球に、たくさんの愛と光をもたらしてくれる素晴らしい人たちが育っていく。競争とか、成績とか存在しない。みんなが自分の存在をただ輝かせることだけに夢中になり、みんながみんなを応援できるようになる。みんなが、自分とみんなの幸せに貢献できる。こんな世界、いつか来るのかしら。でも私は娘に、そういう場所で、本当に必要なことを学んでほしい。私の目の前にいる、目を輝かせて、外の世界を見つめるこの美しい存在とそのお友達と、お友達じゃなくても、今存在しているたくさんの子どもたち、これから生まれて来るたくさんの子どもたちのために。そんな学校があったらいいな。そんな学び方ができるようになるといいな。そこに近づくために、今の私ができることは、自分の存在のすばらしさに気づき、責任を持って、自分を輝かせること、自分がしたいと願うことを楽しんでできるような大人を増やしていくこと。結婚の意味をちゃんと知って、結婚をする人を増やすこと。私自身も、真の豊かさを実現して、たくさんの人にも、その真の豊かさを実現できるようにお手伝いをしていくこと。私ができることは小さいけれど、こんな風に、光に満ちた世界を築くための貢献ができているといいな。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です! ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon

      10
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 結婚したら、シーツも毎日洗わなくちゃいけなくなったらどうしよう

      結婚を邪魔する心理的障害について「あなたは本当に結婚したいですか?」という質問を前回のブログで書きましたが、私自身が、結婚したいと思えていなかったのは、仕事を続けて行きたいけれど、どうなっちゃうんだろう?毎日お料理できるんだろうか?それよりも旦那さんになる人が私の料理を好きじゃなかったら?旅行が大好きなのに、遊べなくなっちゃうかな?毎日シーツ替えてとか言われちゃったらどうしよう?家の中毎日キレイにしなくちゃいけなくなったらどうしよう?というような不安がたくさんあったから。女性が、家事をなんでも上手にこなさなくちゃいけない気がしていたのは、例えばロンハーの「本当はいい女グランプリ」とかで、田村淳さんが、シャンプーの底がヌルヌルしてるからどうとかクーラーが汚れているとか家中をくまなく色々チェックしてるのを見て、えええ、そういうことまでちゃんとしないといけないの???と思っていたから。そういうマスコミからの情報に私もいつの間にか毒されてしまっていた。そういうのをちゃんとできるのが、いい女なのか?って。そしたら私はどうしようって意味もなく掃除しなくちゃいけない気がしていたんだけど、これを毎日続けるのは、私には無理。私だってキレイなのは好きだけれど、できるときにしかできないんだ。大学生の頃、イギリス人のルームメイトがズボンを脱いだままの形で放っておいたり、キッチンに洗い物が溜まり続けて迷惑したりと、みんなのだらしないところを見ていたのでそんなもんだよなーと思っていたけれど、いざ、結婚をする、となったらなんだかちゃんとしなくちゃいけないと思ってしまっていたみたい。でも、私が私らしくしていればいいんだという本来の自分を思い出し、相手のために自分を変える必要がないと自分の中で思えたので、結婚する決意ができたように思う。私たちは私たちの家族のルールを作ればいいし、本当は、みんな隠れてだらしなかったり、ちゃんとできていなかったりしてもいいんだよね。そう思えると結婚しても大丈夫かも、と思える人が増えるんじゃないかなと思います。ロバート秋山さんのこの歌、いいねー。ズボラでいいよって言ってくれてます。そうだよ、靴を揃えるのは、お客さんが来る前だけでいいんだよ。私の本が発売中です! ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon

      16
      テーマ:
  • 07 Feb
    • あなたにもあるかも?結婚を邪魔する心理的障害

      20代の時だって、30代の時だって、私はずっと素敵な彼がいたらいいなーと願っていました。でも、長いこと、結婚できるようなチャンスは全く訪れませんでした。ドラマセラピストになってからは特にいろんなところに顔を出したりしていたから、新しい出会いはたくさんあったはずなのに。友達にも紹介してもらったし、20代後半からネット婚活はずっとしていたし、飲み会なんかも誘ってもらったりしたけれど、それでも全然出会えない。35歳になり、一体どうして私は結婚相手に出会えないんだ?と思い始め、ポーランドに行って時間的余裕ができてから、ようやくちゃんと「恋愛、結婚の心理」について真剣に学び始めました。そして気づいた最初のこと。「私は結婚が怖い」ということ。他人と四六時中一緒にいることになるわけだから嫌われてしまうかもしれない。そうならないためにも、相手に気を遣わなくちゃいけないのなら、なんだかめんどくさい。普段一人でいるときは、家事や掃除も、適当なのに、結婚したらもっとちゃんとしなくちゃいけないのか、と思っただけでうんざりしてしまうし。今までは自分のことだけでよかったのに、結婚には重く大きな責任がある気がする。私は自由でいられなくなる気がする。そう、私は結婚がしたいと言いながら、本当は結婚が怖かったんだ。結婚がしたいと思いながらでもそれがなかなか現実に起きてこないとき、それを「起こさないようにしている心理的な障害」があります。それは結婚や異性、そして自分について持ってしまっているネガティブな思いこみ。これを解消していくことで、結婚がぐっと近づいていくるでしょう。「あなたは、本当に結婚がしたいですか?心からそう思えていますか?」この質問を、表面的なことではなく、心の奥で感じて、考えてみてください。そこに、結婚を邪魔してくる心理的障害があるかもしれません。先日御殿場でお話しさせていただいたことですが、主催者の方に「大切なことをズバッと言ってもらえた」と感想をいただきました。以前紹介していただいた記事にも同じようなことを書いていただいています。結婚したいか、という問いはみんななかなかしていないようですが、とっても重要なんですね。婚活してるから、結婚したいなんて当たり前でしょ、と思っているからこそ、この心の内の声が聞こえなくなっちゃうんです。婚活だけでなく、就活、願っていることなんでもうまくいっていないときには心理的な障害があります。結婚したい気持ちがあるのも本当なので、だからこそ、この心理的障害を解消させてあげればいいのです。婚活の場に足を多く運ぶよりも自分の心の中にある心理的障害を解消させるほうが結局早道なんです。今日もお読みくださりありがとうございました!私の本が発売中です。 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      17
      テーマ:
  • 04 Feb
    • インターネットの可能性についてを学ぶこと:サイバー空間に自分の居場所を作る

      私が豊かになることに興味があるのは、以前のブログでも書いたように、今この世の仕組みを変えていくためにも、豊かで幸せな人が増えることが重要だと思っているから。でも、そのためには、私がもっと豊かにならなくちゃ説得力ないんですよね。豊かさの意味合いは人それぞれだけれど、私は、居心地の良い空間に住み、家族とゆっくり過ごす時間がたっぷりあり、体に良いものを食べ、体に良い衣服を着て、行きたい時に行きたい場所に行けるだけの経済的、時間的余裕があること、何があっても動じないだけの、宇宙への絶対的な信頼を持っていること、そして仕事では、豊かで幸せになっていく人を増やせるお手伝いができたらいいなーと思っています。そんなわけで、こんな豊かさをもっと可能にするために、インターネットの可能性について学び始めたところですが、今日はサイバー空間の魔術性というのを考えていました。せっかく勉強を始めたので、ここで、私がインターネットの可能性をどうやって広げていくのか(本当にそれができるのか)ということを時々シェアしていきたいなーと思っています。今まで、ブログやメルマガは書いていても、それはあくまでも、読者の方や、私の仕事に興味を持ってくださる方へ向けているものであり、そこに、将来的な価値というのは見ていなかったように思います。でも、「コンテンツビジネス」を勧めている金山慶允さんは、ここに大きな価値があるという話をしています。自分が生み出したコンテンツが、将来的に価値を生む。その価値が、どんどん上がる可能性がある。そんな魔術を私が使えるようになるのかは正直疑問のままですが、今日は、改めて、サイバー空間に自分の居場所を作るということについて考えることができたと思います。私が初めてブログを書き始めたのは2005年、ドラマセラピストになって日本で活動を始めた時。あの時は、ドラマセラピストとして、十分に自信がなかったし、ドラマセラピーという「怪しげなもの」を提供する自分をどう表現していいのか、自分がどういう存在で、何を発信すべきかがわからなくなってしまい、途中でやめてしまいました。自分自身が、「私はこういう人です」「私はこういう仕事をしています」という自分の自己イメージをある程度固めることができ、そしてそれを、人にも受け取ってもらえるようになり、ようやくこうして、ずっと私にはハードルが高かったブログが書けるようになっています。そして金山さんが講座で言っていたように、こうやってインターネットで発信すればするほど世間の私というイメージが強固にもなっていき、それが現実世界の私に大きな影響を与えてくれるのでしょう。金山さんのメール講座を受けてみて、自分のあり方を、自分が確認できたから、サイバー空間に、自分の居場所を作ることができたような感じがしてきました。でも今までそんなことをちゃんと考えたことがありませんでしたが、これからインターネットがどんどん進んでいくと想定したら、インターネットに自分の居場所を作り、現実世界の自分とサイバー空間の自分が、矛盾なく行き来できるようになることって重要なことかもしれません。まずここが出発点なのかもしれないなー。今までちゃんと考えたことがなかったインターネットという世界での住み方を見つけ、そしてその中でできることの可能性を考えると、ちょっと、なんだかすごいことが起きそう?とワクワクしちゃったりします。これからしばらく、この手のブログが増えてしまうかもしれませんが、おつきあいくださいませ。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です! ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon

      14
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 今の社会にフィットできないと思ったら

      40歳になった時、「不惑」の年代になったのかーと自分がまだいろんなことに迷ったりしていることが気になったのだけれど、不惑の意味をちゃんと調べてみたら、「枠にはまらずに自由になる」ということがわかり、嬉しくなってしまったことがあります。40歳をすぎたら、もっと自由になっていいんだ!って。そのためにも「常識」というものに振り回されない自分になることや、女性性的力を育てていくことが大切だと思い、拙著「40代から人生のヒロインになる」を書きました。それでも、多くの方にとって、常識から外れる、というのは勇気がいることのよう。もしも、私が、いわゆる普通の会社員とかができる能力があったなら私もここにぴったりフィットしてしまい、何も疑問に感じなかったでしょう。でも、1年半という短い期間のOL経験で、自分が今の社会のあり方にフィットできないタイプであり、無理をすると、体にきてしまうことがわかり、私は、自分らしく生きる道を探し始めました。いつだって、人間は進化し続けていますが、私たちの親世代の働き方と、これから来る未来の働き方は、どんどん違うものになっていきます。普通に会社員をすることが悪いわけではありません。これまでの社会を支えてきてくれたものではあるけれど、でも人間の進化とともに、その働き方が、多分だけど、主流ではなくなっていくのだと思います。だから、その働き方に、合わない人が出てくるんです。大学で勤めているときに、就活で苦しんでいる学生たちを見ながら、なんで現実世界はこんなにも変化しているのに、日本社会は、相変わらず昔と同じことをしてるんだろう、と不思議に思っていました。変わることって、勇気がいることなんですね。それでも、私たちが進化していく上で、人の価値観が変わることが重要なキーとなります。その新しい価値観を持つ人たちが、増えていくことでようやく社会に大きな変化をもたらすことができるのです。そしてその私たちの進化、つまり新しい働き方をすることができる人が増えることは、自分らしさを大切にできる人が増えることであり、より豊かで幸せな生き方をする人が増えていくことなので、それは地球のためにもなるのです。新しい結婚観を持つことが地球を救ってくれるように。それは、一見ネガティブな形で現れるかもしれません。例えば、会社勤めが合わなくて、精神的に弱ってしまい、会社を休んでいる人たち。今の社会のあり方にフィットしていないだけです。彼らが「もっとみんなみたいに頑張らなくちゃ」と自分を責めたところで、心は一向に良くならないでしょう。でも、自分が今の社会のあり方に合わないのは、これからの未来を変えるための役割を持っているからなんだ!と考えることができたら、気持ちを大きくシフトさせることができますね。そして、どうやって生きていったらいいんだろう?と考え始め、できることをやっていけばいいのだと思います。普通に働こうとするのではなく、自分に合った方法で。私は常々、インターネットの可能性を強く感じています。実際に、私の仕事はインターネットのおかげでかなり幅が広がりました。インターネットでお金持ちになっている人たちの話を聞くと、どうしてそうなるんだろう??と疑問を持っていました。以前ビジネス系のセミナーで知り合った人が、「せどり」のことを教えてくれたので、その人のセミナーまで受けて頑張ったけれど、3ヶ月ほどで断念。時間がかかると、私には無理だし、楽しくないし。でも、インターネットを使ってもっと仕事が広がらないだろうかと考えていた時に、金山慶允さんの本に出会いました。彼は、「左脳系スピリチュアル」と名乗っているように、私が今まで学んできたことを、全く違う視点で語ってくれるので目からウロコみたいに、いろいろなことに気づかせてくれます。今日のメール講座の中で、「これまで何の疑いもなく続けてきたことだから、当たり前という認識でやっている」という状態を破るためには、未来に目指すものを、ありありと感じられることが必要だというようなことが書いてありました。ただ、常識の枠を出よう!と言っていても未来にどうなりたいかが見えていないと出たくても、「よし!」というやる気のエネルギーには繋がりにくいんですね。だから、「当たり前の基準が違う人の視界を知って、そちらに馴染む必要があります」と金山さんは書いていらっしゃいますが、それが、「会社に行かないで、稼いでいる人の当たり前」を知ってそれが自分にフィットするのであれば、そこに馴染んでみると、今「当たり前」だと思っていることから出ていきやすくなるのだと思います。また、そう考えられるようになるために、「私は人と違っていい」という感覚を再確認する必要もあるなーと思います。私たちはなぜだか「一緒じゃなくちゃいけない、普通じゃなくちゃいけない」という思い込みの中に住んでいますから。金山さんの本を読んだのは1週間前のことで、メール講座もその時から始まっているだけなので、まだまださっぱりわからないのですが、彼はインターネットで成功した一人なので、その方から何かを学べるということでワクワクしています。現在は、コンテンツを生み出すということを宿題で取り組んでいるところです。彼は未来に再利用可能なコンテンツを生み出すことで、未来に時間を作り、それが現在の成功につながっているようですが、私が作るコンテンツがどんな風に、1年後の私を変えてくれるのか今は、自分が理解できるところでしか見えていないので(すでにメルマガやオーディオセミナーをやったりしてるけれど)さっぱりわかっていません。ただ、こういうコンテンツが、サイバー空間で、自分の分身となって24時間働き続けてくれているというイメージを掴めたのは良かったです。それこそ彼のようなあり方に馴染むようにしたいなーと思っています。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です! ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon

      13
      テーマ:
  • 30 Jan
    • Music Together!!お母さんは、子供にとっていちばんのセラピストになれる

      今日は、娘をつれてMusic Togetherというグループへ。以前からずーっと気になっていたのだけれど、仕事と曜日がかぶってしまい、なかなか行けず。今日は、とにかく1回でも参加してみよう!ということで仕事休んで参加してみました。行ってよかった!!!Music Togetherとは、アメリカ生まれの、音楽プログラムで、用事音楽教育と心理学に基づいて考案されたもの。そして子供が持つ音楽的潜在能力を育てていくことができ、音楽を愛する心も育つんだそうです。分かりやすく言えば、Yoga of Voiceの子供バージョン!!(全然分かりやすくないか)ヨガ・オブ・ボイスについては、こちらをご覧ください。(旧ブログ記事です。クリックしてください)ちゃんと枠組みができている中で子供たちが自由に踊って歌えるので、とても居心地のいい空間ができていました。先生のお人柄もいいのでしょう、参加者のお母さんたちも、素敵。いいグループ作っている先生だなーとすぐに分かりました。そして何よりもいいのが、お母さんやお父さんと一緒に同じテンションで、同じリズムで歌って踊って表現できること。私は、お母さんは「子供にとってのいちばんのドラマセラピストになれる」と思っていますが、それは、お母さんが、同じエネルギーで、心理的に同じ場所にいて、一緒に遊ぶことで、子供たちが表現することを、そのまま受け止めてもらえるようになり、それが、最高の安心感と自信を育てることにつながるからです。こういう自信は、何かができたから、頑張ったから、などのような条件付きの自信とは違い、あなたはそのままで最高よという素の自分への自信になるのです。(お母さんが、子供にとっていちばんのドラマセラピスト!ということについてはそのうちお話会なんかも開こうと思っています。)Music Togetherでは、音楽の力を借り、お母さんたちも、子供と同じエネルギー、心理的に同じ場所にいることが簡単にできるので、子供たちにとっても、ますます居心地のいい時間になるでしょう。音楽って、すごい。子供も大人も、一気に、クリエイティブで楽しい世界に連れて行ってくれるんです。娘は、普段は割と人見知りなんですが、全く物怖じせず、どんどんグループの真ん中で踊り出し、「本当に初めてですか?本当に人見知り!?」と驚かれました。普段から私とこんな風に遊んでいるからかなー?でも、やっぱり音楽の力のおかげだと思います。あとは、Yoga of Voiceの本を翻訳していたときお腹にいたから、胎教されてたのかも。なんにしても娘の心をググッと掴んでくれた先生の素敵なリードのおかげです。一発で大好きな人になっていたのが分かりました。ぜひ、このプログラムがもっと広がってくれるといいなーと思います。Music Togetherはこちらをご覧ください。(静岡での情報です)私は、お休みの日に、違う市で行われるMusic Togetherに頑張って通うことを決心したのでした。アメリカのMusic Togtherの紹介Youtubeです。私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      10
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 35歳を過ぎた独身女性たちのミッション

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。昨日は、恋愛ドラマセラピー3ヶ月集中ワークのワークショップでした。その中でも話題になったことです。みなさん素敵な方ばかりですが、年齢を重ねてしまったことで「子どもが持てるかどうか心配」と思っているようです。子どもが授かるかどうかは、神様が決めることで、私たちの年齢が左右するのではないと私は思っています。それに不妊の原因は、男女ほぼ半々だそうですから、女性の年齢だけが原因とは言えないですよね。私は、35歳を過ぎた独身女性たちには重要なミッションがあると信じています。若かったら、何にも考える必要がないことですが、この年齢だからこそ、考えられるんです。だからまだ結婚ができていない、結婚ができるかどうか不安だという思考に引っ張られるのではなく、「ミッションを自覚し、行動できるようになったら結婚ができるようになる」と考えて欲しいんです。さて、そのミッションとは、拙著でも今までのブログやメルマガなどでも書いていますが「新しい結婚観を持つ」ということです。新しい結婚観とは、結婚が、もっと精神的な成長のために、魂の修行のために、魂の喜びのためにあるということ。そしてこの修行は、最終的には、地球を癒す方向につながっています。つまり、私たちの結婚が地球のためになっていくんですね。大きな言い方をしてしまいますが、人類が進化していく過程の大きな試練として、35歳を過ぎた女性たちが、「なかなか結婚できないけれど、どうしてだろう?」と真剣に考える時間があるんです。私たちがよりよく生きていくためのこの試練は、神様の計画なんです。こんな「新しい結婚」は、「自分らしい生き方をし、自分の人生に責任を持つ」ことでしかかなえられません。そして、自分らしい生き方をするためには、常識という枠から飛び出ていく必要が出てくるかもしれません。今まで「これが普通」と思っていた考えから大きく離れて、自分の軸を持って、生きることはとても勇気のいることです。ですが、それができる人が増えていくことで、例えば「教育が変わらなくてはいけない」と感じる人たちが増えていくでしょう。私は常々、(特に)日本の教育って、個性を輝かせてくれないなーと不満に思っていますが、こういうママさんたちが増えることはとっても重要だと感じています。そうでなければ、これから生まれてくる子どもたちがかわいそうですから。今ある「当たり前」に疑問を持てる人が増えることで私たちは、進化することができます。地球規模での癒しにつながるというのは、こういうことなんです。子どもの教育が変わったら、未来は大きく変わりますよね。私のワークをしてくださる方の中には、「本当にやりたかったことをまずする!」と動き出す方も少なくありません。今まで、これをやってしまったら結婚が遠のくからとやらないでいたことです。でもその中で、素晴らしい出会いが待っている・・・というドラマがあったりします。結婚できない、できるか不安だ、と嘆いてしまうのではなく、神様の計画通り、そのミッションを遂行できる重要な存在として自分が選ばれていること、そして自分らしく自分の人生を責任持って生きることを決意すれば自分らしい結婚ができるんだ!と信じてくださいね。私があつーくなってしまうテーマです。多くの女性たちと一緒に、新しく生まれてくる子どもたちのために、いい社会を作っていきたいな!と思っています。今日もお読みくださりありがとうございました。お知らせ2月3日、御殿場でお話をします。ドラマセラピーで出会いの場も設けますので、ぜひいらしてくださいね!男性枠はいっぱいだそうですが、女性枠はまだまだ空きがあるようです。詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。(クリックしてくださいね)私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      10
      テーマ:
  • 24 Jan
    • 4月から始まるドラマワーク・ファシリテーターのトレーニングのこと

      ドラマセラピーを日本で始めてから、今年で13年目です。ドラマセラピーという全く知られていない分野を仕事にするのは、本当に大変なことでした。その間、いろいろな方がアドバイスしてくださいましたが、その中には、「資格にして講座として売ったほうがいい」という意見がなんども出てきました。その度にセラピストの養成は、簡単なことではないし、私一人ですべきことではないから無理だと話していました。当時の私は、まずは「知ってもらう」「現場を増やす」ということが目的でした。現場を増やす。。。と言っても、私の体は一つですから限界もあります。日本ではドラマセラピストは4人だけでしたからそれぞれがそれぞれの仕事をやっていく、というだけです。ということで、今も、ものすごくたくさんの人に知ってもらえているわけではないだろうし、現場もできる人がやれるだけしか広がらないですよね。私自身は、ドラマセラピーを教えるということはだんだん諦めてきていました。私自身がやってきたトレーニングと同じようなことを一人でできるわけではないし、できたとしても、その量を「やりたい!」と思う人も少ないでしょう。何しろ、時間とお金がかかりすぎます。昨年末ドラマセラピーの良さを体験的に理解し、本当に素晴らしいものだと信じてくれている、ある参加者の方が「教えてください!」と熱いメッセージを送ってくださいました。今までもなんども学びたいと言ってくださる方はいたのですが、私自身が準備できていなかったし、気持ちでは応えたかったのですが、決心がつきませんでした。でも、その彼女のメッセージに、今回は、じゃあ、ドラマワークを教えます!とすんなり答えていました。今回のトレーニングの内容は、ドラマセラピーをじっくり味わってもらいながら、ドラマワークとして実践できるスキルを身につけてもらうというものです。ドラマセラピーを体験的、理論的に教えるのはドラマそのもののパワーをちゃんと理解し、その上で、安全にドラマワークをプランニングできるようにするためです。ドラマセラピストになれるコースではありませんが、どのくらいの深さでドラマワークをするのかは、個人の力量とその後のトレーニングにかかるのだと思います。そのベースとなる知識とスキルを教えられたらなと思っています。最近では、ドラマセラピストではない方が「ドラマセラピー」といってワークをしていることもあります。それがどういうものかは分かりませんが、その体験がいいものかどうかは、資格どうこうよりも、セラピストの力次第なのだと思います。そして、こうやって、本物かどうかは分かりませんが、言葉自体が育っていくことは、知られていくためには重要です。でも、ドラマセラピストだからこそ、やっぱりドラマセラピーを教える場所があったほうがいいんだなーとようやく思えるようになりました。そんなわけで、今年4月からドラマワーク・ファシリテーター養成の講座を始めます。子供が小さいなどの理由もあり、まだ静岡での開催しかできませんが、興味のある方は、ぜひご検討くださいね!詳しくはこちらのサイトをご覧ください。(クリックしてください)今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      10
      テーマ:
  • 10 Jan
    • 演出家目線で、2018年、自分のドラマをデザインする

      新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。2018年は、どんな1年にしたいですか?この1年の自分のドラマを、どんな風にデザインしたいか、演出家目線で「今年のテーマ」を考えてみましょう。ここから先は、先日メルマガで書いた記事です。先日、え、メルマガやってたんですか?と言われてしまいましたが、とっても地味にメルマガをやっていたんです。ブログの更新は滞りがちですが、メルマガはなんとか毎週送ることができていますので、よかったら登録してみてくださいね。こちらクリックしてくださいね。私たちの思考が、私たちの人生を作っています。これからどんな風に私たちの人生が展開していってほしいのか、その願いを込めて、今年のテーマを決めることで、日々の生活を意識して過ごすことができるようになります。また、このテーマは、いつものネガティブ思考がやってきたり、不安になった時に「帰る場所」としてのホームともなります。例えば「運命の人との出会いが近づいていくことを楽しみにしながら、日々を感謝して生きる」とか「年齢を重ねることをポジティブに捉え、ますます健康に美しく生きる」でもいいし、去年は、病気や怪我、仕事がうまくいかないなどの不運が続いていた・・という方には、「辛いことが続いてきたけれど、その中で美しく強く生きることができ、幸せになっていく真のヒロイン」というテーマもいいですね。「何があっても、絶対運命の人と出会えると信じられている女性」というのもいいですね。「今年はなんだかんだいって、いいことづくし!」と先に決めちゃうのもいいかもしれません。自分のテーマに合わせた歌なんかもあると気分はもっと盛り上がります。これからの1年、どう演出してあげましょうか?自分のこれからの1年を映画のように考えてみたら、どんなテーマやキャッチフレーズが思い浮かぶでしょうか?新しい年になると、今年こそは!と思う反面、また1年経っちゃった・・・というネガティブな思考や本当にこのまま年をとっちゃったらどうしようなどの不安に襲われてしまうことがあると思います。「今」をちゃんと受け入れること、「今」幸せを感じることができることで、未来の幸せがやってきます。今ないものを嘆くのではなく、今あるものを喜ぶ。とっても難しいですが、よく言われることですよね。だから、今の自分を少しでも受け入れてあげて、その上で、今年のテーマを決めてあげればいいのです。ぜひ、今年のテーマを決めてみてくださいね!今日もお読みくださりありがとうございました。2018年のあなたのドラマがますます素敵に輝きますように。*お知らせ初めて、ドラマセラピーを使って婚活の場を設けます!!!2月3日に静岡県の御殿場市で、お話会&ドラマセラピーで出会いの場を持ちます。ドラマセラピーのウォームアップは、肩書や年齢などにとらわれず、素の自分になって人と出会ういい方法だと思っています。それを実践できるのが楽しみです。いつも男性参加者のほうが多いらしいので、女性の参加者を大募集してます。出会う男性たちは、静岡県の東部近辺在住の方ばかりなので、それでもよかったら、、、ということになりますが、興味のある方はぜひいらしてくださいね!詳しくはこちらをご覧ください。http://sachinakano.com/lovedramatherapyws/dramatherapy-konkatsu/私の本が発売中です 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      12
      テーマ:
  • 28 Dec
    • ドラマセラピーで婚活!

      2018年2月3日静岡県の御殿場での婚活イベントでお話します。その時にドラマセラピーの楽しいウォームアップを使って、参加者の皆様に、出会いを楽しんでいただきます!初めての試みですが、以前から、ドラマセラピーのウォームアップは、肩書きや年齢などにとらわれずに、素の自分になって、楽しく人と出会えるなあと思っていました。それを今回実際にご紹介できるのがとっても楽しみです!しかも、会場の時之栖は、イルミネーションで有名。終わった後、イルミネーションも楽しめます。県外の方でも参加できますので、(ただ、多くの男性参加者は静岡県東部在住の方になります)興味のある方は、ぜひいらしてくださいね!!詳細はこちらをご覧ください。(クリックしてください)お申し込みは、電話055-956-0756 メールkoikoi🌟machitera.jp(星を@に変えてください)FBページはこちら(まだアップされていないようでしたが・・・)

      13
      テーマ:
    • ドラマワークを学んでみたい方を募集します

      ドラマセラピーのウォームアップとして使われるドラマのエクササイズを学んでみたい方を募集しています。ドラマセラピーを学びたい!と言ってくださる方が時々いるのですが、なかなかその場を提供できずにいました。心理療法としてドラマセラピーを学ぶのは、時間もかかり、勉強すべきこともたくさんありますが、ドラマワークなら学びやすいと思います。演劇(ドラマ)のトレーニングで使われるエクササイズやゲームは、想像力や自発性、創造性を育て、個人の自己表現の幅を広げます。かつ、その交流的なワークは、コミュニケーション能力や社会スキルの向上、チームビルディングにも役立ちます。ドラマワークとは、そういうエクササイズやゲームをワークショップで実践することで、教育、心理、福祉などだけでなく、会社などでも役立てられています。この講座では、ドラマワークを、様々な対象者に合わせて、適切に行う方法を教えていきます。月に1回(平日火曜か水曜)に集まり、1年間くらいかけて、ドラマの様々な手法を体験し、理論を学びます。開催場所は静岡市内、時間は9時半ー16時半。教育、心理、福祉の現場などでドラマワークを使いたい方を対象とします。ある程度の人数が集まり次第開始したいと思いますので、興味のある方は、私に連絡をください!こちらのお問い合わせからご連絡ください。

      3
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 結婚を邪魔する心理的障害を解消させることは、育児のリハーサルになる

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログへのご訪問ありがとうございます。私の本を読み、「結婚を邪魔する心理的障害」があると気づいたけれど、親への怒りを感じたり、過去の恋愛の傷をまた見つめるのは、とてもしんどい。どうしても、自分の過去を癒さないと結婚できないんですか?ということを聞かれることが時々あります。もしも、自分のことをある程度好きでいて、自分は幸せになっていい、と思えていて相手から愛される価値のある存在だと思えているのなら、過去のことをいちいち見る必要はないと思います。でも恋愛しても例えば相手に嫌われないように顔色を伺いたくなってしまったり、いつか去られてしまうと不安になっていたり、自分が幸せになれるはずなんかないと思い込んでいたり、そもそも、「私なんかを好きになってもらうなんて、申し訳ない」(これ、私がずっと持っていた思い込みです)なんて思ってしまうのであれば、それらは「結婚を邪魔する心理的障害」ですし、その根っこは、おそらく過去にあるのだろうからその過去を癒してあげる方が、結局は早道だと思うんです。私は子供の頃から、気が強かったけれど、それは自信のなさの裏返しでしかなく、自分のことなんて、大嫌いでした。自分のことを好きになってくれる人なんていないと思っていました。だから、そんな自分が子供なんて、両親はかわいそうだなあと思うことさえありました。そしてその子供の自分は、ずっと私の中で成長できないまま存在していました。いわゆる、インナーチャイルドですね。これが、私の恋愛がうまくいかない原因になっていたわけです。そんなインナーチャイルドを癒すために、私は、イメージの中で、自分を責めたり、怒っていたり、傷ついて泣いていたり、悲しんでいた瞬間の自分を何度も訪れ、その度に、「辛かったね。だから意地悪なことを言っちゃったんだね。そういうことってあるよ。だから自分を責めなくていいんだよ」とか「意地悪をされて悲しかったのに、怒ることで頑張って乗り切ったんだね。悲しかったねえ。でも頑張ったねえ」などのように、丁寧に、丁寧に自分に語りかけました。その結果、少しずつ自分を許してあげられるようになりました。今では、どの瞬間の自分も優しい愛情を持って見つめてあげられるようになっています。こうやって自分の中のインナーチャイルドを癒すことが、結婚を邪魔する心理的障害を解消させることにもなりますが、自分を育て直すことにもなり育児のリハーサルにもなるなあと思っています。確かに大変な作業ですが、育児のリハーサル、できていた方が結婚後に役に立ちます。子供を持たないと思っていても、パートナーと家庭を作っていくことも「育てる」作業ですから、このリハーサルは、決して無駄にはなりません!私の大切な友人で、素晴らしいカウンセラーの同僚のかわいひとみさんが、最近子供のカウンセリングを物語にしました。こちらです。子供向けの本になっていますが、インナーチャイルドを癒すために、大人にも最適な本です。きせき‐のぼるは小学5年生‐1,566円Amazon子供の頃の自分は、何をどう感じていたのか、言葉にはできなかったし、してくれる人もいませんでした。この物語に出てくるカウンセラーの役割を果たす、不思議な存在「ミシャ」のような人に私も子供時代に出会えていたら、私はもっと早く健康的な自信を持って、もっと人生を信頼できて、恋愛の失敗もなくなっていただろうなーと思います。残念ながら、私はいっぱい失敗して転んで、傷ついて、を繰り返しながら、自分で自分を育て直すことになったわけですが、それも、私の人生に与えられた試練なのでしょう。(まあ、そのおかげで、この仕事もできているのかもしれません)私は子供時代にミシャには出会えなかったけれど、遅いから悪いわけではありません。心の旅は、その人に最適な時期に起きるからです。心を見つめるのは、とってもしんどいです。でも、自分を見つめなくてはいられないほど、色々な思いが溢れてしまったら、それは、多分、自分の過去を見つめて、癒してあげる時期だ、ということでもあると思います。大人になったら、誰でも自分のミシャ(カウンセラー)になれます。もしも、自分の過去を見つめる必要が出てきたら、自分が自分に優しく寄り添って、たくさんたくさん、自分に優しい言葉をかけてあげてください。自分を無条件に愛して、受け入れてあげることで、私たちは自分の中の子供を育て直すことができます。近い将来、パートナーと新しい家庭を作っているときに、きっとこの時のことを懐かしく思い出すでしょう。そして、あなたのミシャが、家族でも大活躍してくれると思います。今日もお読みくださりありがとうございました!私の本が発売中です。運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるーAmazonドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-Amazon

      21
      テーマ:
  • 26 Nov
    • ドラマセラピーで神様と繋がる

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログへのご訪問ありがとうございます。昨日は、関西でのワークショップでした。今回は2日間のワークで、テーマは「自分らしい人生をデザインするためのドラマセラピー」。10月に開催した1日目では、まずはドラマセラピーと参加者メンバーに慣れていただき、様々な役割を演じながら、自分を見つめていく時間を持ちました。最後は、自分が心から願う夢を絵にして、それをドラマ化!(ラボのお写真お借りしました)昨日の2日目では、前回の夢を叶えることを邪魔してくる心理的障害と向き合うような、個人的なドラマセラピーへと展開させました。私がドラマセラピーをするときは、まず必ずお祈りをするところから始めます。神様とか大きな存在が、私を通して、ワークをしてくれるように。私が完全に神様に委ねることができて、完全に筒になれるように。自分で言うのもなんですが、ドラマセラピーのグループの時が一番神様と繋がれている気がします。深いワークを扱う時のドラマセラピーは特に。だから余計な緊張も、みんなを喜ばせたいとか、役に立ちたいとか、すごいねって言われたいとか、そう言う余計な雑念がない状態でいられるんです。おかげで、何をするのかをほんとんど考えずに、勝手に出てきてくれるんです。個人カウンセリングセッションの時は、私の個人の思い、つまり早くお役に立ちたい、結果を出してあげたいと言う余計な思いが邪魔してくることもあるのですが、特にグループのドラマセラピーでは、私がちょっと催眠状態?なのかな?うまく繋がっている感じがします。ドラマセラピーをやっているのは、私ではなくて、もっと大きな存在だと思うんです。これは私にとっても心地よい状態で、疲れはあるけれど、充実した時間になります。昨日のワークは、輝きたいのに自分が輝いてはいけないと思ってしまう心理的障害や自分が声を出してしまうと、嫌われてしまうと思っている心理的障害などが現れてきてくれました。私たちが一番恐れるのは、不幸になっていくことではなく、実は、自分が輝いてしまうこと、なんですよね。そしてどのドラマも、参加者の皆様に必要なメッセージがあり、そして誰かのドラマのために演じている役割なのに、自分にとっても大きな意味があったり、、、私だけでは絶対できないワークがグループセラピー。参加者の方々の力がなくては成り立たないし、ドラマセラピーはいつも神様しかできない介入が起きるんです。メンバーも必然的に集まってくれた、このメンバーなんだよなーこのメンバーでしか、このドラマが起きないんだよなーといつもありがたく思います。昨日も、とっても楽しかった!関西のワークショップをいつもコーディネートしてくださるアーツ・コミュニケーション・ラボの皆様ありがとうございました。参加してくださった皆様も、素晴らしいワークをありがとうございました!次のワークショップは、東京での3ヶ月ワークです。詳しくはこちらをご覧ください。(クリックしてください)私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      8
      1
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 恋愛ドラマセラピー・35歳から理想の結婚を手に入れる!3ヶ月ワーク

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。年齢を重ねたからこそ「自分らしい幸せな結婚」をすることができるということを、あなたは知っていますか?そんな「大人の女性」たちのための結婚準備をするのが、恋愛ドラマセラピーです。35歳を過ぎても、40代、50代になっても、大好きな人と、幸せな結婚をすることは可能でしょうか?私はYES!可能だと思っています。しかし、婚活をされている多くの女性たちが、「35歳がボーダー」だと思っているようですし、男性側も「35歳以上の女性」は好まないとよく聞きます。なぜ年齢を重ねることが、こんなにもネガティブなことになってしまうのでしょうか?私は、20歳の頃よりも、25歳の頃よりも、30歳の頃よりも、今の自分の方が、人間的にもっと成長し、魅力を増したと思っています。結婚は「分離されていた二者の再統一」であり、「結婚は単なる肉体関係ではない。それはひとつの試練です。そしてその試練とは、二者が一体になるという関係において、エゴを犠牲にすることを意味しています」と、アメリカの神話学者、ジョーゼフ・キャンベルが言っています。(ジョーゼフ・キャンベル&ビル・モイヤーズ著『神話の力』より)つまり、結婚とは、通常の「自分」を超えた、「ふたりとしての自分」のためのものであり、私たちが考える以上に、もっともっと深い結びつきではないでしょうか。「パートナーシップを築く」という意味で結婚をとらえ、その中で、いかに人間として成長していけるのかが重要なのです。女性の生き方は、時代とともに、大きく変化しました。祖母や母が若い頃、どれだけの女性が、自分の好きな仕事を追求できたでしょうか? どれだけの女性が、旅行や趣味に時間を使えたでしょうか? どれだけの女性が、恋愛を楽しめたでしょうか? どれだけの女性が、「自分らしい人生」をデザインすることができたでしょうか?女性がもっと自由に生きる選択肢を与えられた時代に、なぜ私たちは、今まで通りの古い結婚観に振り回されるのでしょうか?もちろん10代、20代で運命の人と出会い、素晴らしい結婚をされる方もいます。でももしも、相手に出会わずに30代、40代になってしまったのだとしたら、「自分らしい結婚をするための準備をしてきた」と考えてみてはいかがでしょうか?でも、「自分らしい幸せな結婚」をするためには、いくつかの心のお掃除をしなくてはいけません。結婚ができないのは、年齢のせいでもないし、周りにいい人がいないからではありません。結婚ができないのは、たくさんの「心理的障害」があるからです。これをクリアにしていくと、まるで魔法のように、相手がみつかります。私自身が自分の結婚のために、色々なことを試し、理解したことを、本にしましたが、これを実際に体験していただけるのが3ヶ月講座です。心理的障害を見つめ、クリアにさせるワークを3ヶ月かけて行います。次回は2018年1月開始です!詳しくはHPをごらんください。(←クリックしてください)幸せな結婚をすることができる人が増えたら、子どもたちももっと幸せになると、私は信じています。だから、これから結婚する方は、責任もって幸せになってほしいと思っているのです。幸せな夫婦は、子どもの幸せになる。大げさかもしれませんが、きっとそれは、世界の平和にも貢献できると、私は信じているのです。今日もお読みくださりありがとうございました!私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      11
      テーマ:
  • 17 Oct
    • 心配するよりも、信じてほしいだけ

      私の両親は、結構心配性だった。心配してくれるのは、愛情でもあるのかもしれないけれど、私は両親の心配がとても重くて苦しかった。親の心配というのは、日々の生活の中で当たり前のように存在していたため、私自身もその心配症を受け継いでしまい、特に自分の未来を不安に思ってばかりだった。でも、自分の思考が人生を作るのだと知ってから、心配することは、自分が望む人生の邪魔になると気付き、思考を変える努力を始めた。そのかいあって、私はめちゃくちゃネガティヴだったところから割と楽観的な思考を持てるようになった。けれども私が変化しても、親の心配症はそれでなくなったわけではなく、心配しすぎて怒られたりしてしまうこともあった。心配されるだけでも随分重くて大変なのに、その上に怒られたらたまったもんじゃない。もちろんわかるのよ、心配だけれど、自分ではどうしようもできないからイライラしちゃうんでしょう。しかも、「なんとかなるよー」なんて言ってる娘を見たら、何にも考えてなさそうで、もっともっと腹が立つんでしょう。何を根拠に大丈夫だというんだ!って。でも逆に何を根拠に心配だというんだ!と言い返してやりたいくらいだよ。心配っていうのはとっても厄介。あなたのために心配しているのよって言われても冗談じゃない、本当は、何のためにもならないんだよ。本当に、どれだけ心配してくれても、それで私が幸せになるならともかく、何にもいいことないんだから、心配するのやめた方がいいよ。心配してくれるだけの愛情があることもわかるんだけどね、心配するってことは、私にはできないとか私の未来は不安だらけなんて思っていることになるんだよ。親に、自分の未来を不安がられてしまったら、子どもが自信をもって未来にむかっていけなくなっちゃうんだよ。それに気づいた私は、自分がまず自分の人生を信じてあげて、そのうえで、親の心配症にいっしょになって入り込むことをやめたら、親の心配もとってあげられるようになった。いや、こればかりは親の問題でもあるので、本当に取り除いてあげられたかどうかわからないけれど、少なくとも勝手に、無駄に、私を心配させないようにはできるようになった気がする。多分。「私の人生なんだから、私が一番ちゃんと考えてるから安心して。そんなことよりも、うまくいくといいねって思ってほしいよ」と言って。最近では、私のほうが、親のためにお祈りしてあげられるようにもなった。これからも元気で楽しくしていられますように。心配することは相手に負のエネルギーを与えるだけ。しかも自分にも負のエネルギーを向けてしまう。でも、相手を応援したり、幸せを祈ることは相手にエネルギーを与えてあげられるんだよね。ワークに参加してくださる方にも私のように、親の心配の中で育った人が多く、「心配するんじゃなくて、私を信じて」とドラマの中で親に言ってみるとホッとされることがある。ドラマの中であっても、親にそうやって言ってみることで、自分の心にもこの言葉が届くから。実は、これは自分にも有効。自分に対して心配性が出てしまうとき、不安がいっぱいのとき、心配し続けても何の解決にもならないけれど、お祈りして自分の心を楽にしてあげて、いい方向に導いてあげることができる。大切な自分なんだもの。心配するよりも、信じてあげたなくちゃね。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      14
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 結婚はバンジージャンプ!

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログにお越しいただき、ありがとうございます。拙著『恋愛ドラマセラピーで35歳から理想の結婚を手に入れる』の最初のほうで、「あなたは本当に結婚したいですか?」という質問をしている。なぜその質問から始めたのか、というと。私たちは「結婚したい」と思っているはずなのに、結婚に対して漠然と不安や恐れを持っていたりして、心の中では、実は「結婚したくない」という思いも同時に持ってしまうことがあるから。実際に、私がそうだった。そうやって、相反する思いがあるために結婚という現実が起きないんだと気づいた時に、この「心理的障害」をクリアにすることができたけれど、「実は結婚が怖い」という思いを持っている人って多いんじゃないかなーと思うの。結婚が決まった人も「マリッジブルー」という言葉があるように、結婚前は不安を感じる人も多いはず。ちょうど「結婚が決まったら幸せ全開だと思っていたのに、そうでもないのだけど、大丈夫?」というメールもいただいた。結婚という未知の世界に入り込むとき、相手や相手の親とうまくやっていけるだろうか、お金は大丈夫だろうか、そもそも他人との生活で、ストレスたまらないのか、仕事と家事を両方なんてできるんだろうかなどといろんな不安や恐れが出てきてしまうと思う。具体的な不安には、それに対応できる考えを持ち、ある程度解消することもできるのだけれど、それでも結婚への漠然とした不安や恐れが消えない場合、無理に消す必要もないんじゃないかな。人生には、時に、何かに挑戦しなくてはいけない時がある。結婚、出産、転職、移住、家を建てる、、、などなど。人生の転機には、希望だけでなく、漠然とした不安があるのが当然。そういう時に動き出す一歩として私は「人生はバンジージャンプだ!」とよく言っている。私はバンジージャンプをしたことはないのだけれど、ニュージーランドでスカイダイビングをしに行ったことがある。そこで、一番怖かったのは、申し込みをする時。申し込み窓口に、何度もなんども行って、どうしようか、と迷う。受付のお姉さんに、「ものすごく素晴らしい経験よ!絶対やるべき!!」と説得されるものの「あなたは怖くなかったの?」と聞いてみると「私は、スカイダイビングなんてやったことないのよ!怖いもの!」なんていう、説得台無しのカミングアウトをされてしまい、ますます悩む。でもその時に、ふと目に入ったポスターに、Embrace Your Fear (恐れを抱きしめよう)という言葉が書かれていた。実は私は、ものすごく高所恐怖症。高いビルのベランダには絶対に立てないし、ゴールデンゲートブリッジでさえ、歩いて渡るのが怖かったくらい。でもこのポスターを見た時、よし、挑戦してみよう!と思った。これに挑戦できたら、恐れを本当に抱きしめられるような大きな人間になれるような気がしたから。結果、本当に素晴らしい体験だったし、実はそれほど怖くないことに気づくこともできたし、またいつかやろうと思っている。その後すぐにビルのベランダに出てみたらやっぱり怖くて足がすくんでしまったので、高所恐怖症は治っていなかったけどね。どこかの部族で、高いところから飛び降りたりまさにバンジージャンプみたいなことを通過儀礼として行なっているのをテレビで見ることがある。それができれば、一人前の大人として扱ってもらえるわけだけれど、私のスカイダイビングもそれに似ている。何か新しいことが始まる時、怖い気持ちがあるのはとても自然な心の反応。人は未知のものに不安を覚え、それに対応しながら、サバイブしてきた生き物だもの。その恐れや不安を受け入れてあげて、「これは、人生のバンジージャンプの時だな!」と思ってあげられると、少し勇気が湧くのではないかしら。結婚は、特に、大きなバンジージャンプ。怖い気持ちを持っていても、やってみよう!と思えたら、それはバンジージャンプをする時なんだよね、きっと。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です!運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるーAmazonドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-Amazon

      11
      テーマ:
  • 28 Aug
    • 改めて、ドラマセラピーってなに。

      そう言えば、このブログでドラマセラピーそのものの話をほとんどしていない。ドラマセラピストがまだ少ないというのに、私はこのドラマセラピーの営業が苦手なんです。「ドラマセラピーってどんなことをするんですか。」という質問を、一体何回答えただろう。ドラマセラピーの説明って、結構難しい。欧米のようにドラマワークが学校の科目にあったりすると、想像しやすい人もいるようだけれど、日本ではドラマはテレビドラマを思い出させるし、セラピーが心理療法ではなく、マッサージ的なものと理解されているから。 ドラマセラピーの素晴らしさをよくわかっていて、これを本当に広めたい気持ちもある私だけど、ドラマセラピーの紹介をすることに飽き飽きしてしまった時期がある。(今も、まだそうなんだけどさ) 言葉で説明しても、イメージが湧きにくいから、ドラマセラピーを説明するのには時間がかかる。興味を持ってくれる場合はいいけれど、どうやらそれほど興味があるわけでもないのに、うっかり聞いてしまったらしい方の場合、途中からめんどくさそうな顔をしていることもよくある。 後々ビジネス系セミナーを受けた時には、自己紹介をしてドラマセラピーの説明を簡単にしてみたら、かなり短く言ったつもりなのに、18秒以内ですませなくてはいけないと言われてしまったことがある。なんなんだ、18秒って? どこから来たんだ、その数字。なんだって私たちはすぐに時間の効率ばかり考えなくちゃいけないんだ。でも人はそんなに長いこと聞きたいわけじゃないんだろうね。 ドラマセラピストになったばかりの頃は、どこにいくのにも自分の名刺を持って、機会があれば一生懸命説明していた。そのおかげで、いい繋がりもでき、今の私に確実につながって入るけれど、私の種まき活動はかなり効率が悪く、ほとんどの場所では、ただ忘れられていく会話の中で話していたような感じがする。いや、反対に、うるさいなあーと思われていたこともあるのかも。以前の私は一生懸命で、多分熱かったから。 本当にいろんな反応があった。「私もそれ興味あるの」なんていう予想外の反応が来た時は、アロマセラピーと勘違いされている。それならまだいいけれど、「何でもセラピーって時代になったね〜。怪しい仕事ね〜」と言われてしまったり、「そんなことで心を扱うな」と批判されることもあった。そういう反応って、心もちょっと凹んじゃうんだよね。おじさん、批判するなら、私じゃなくて、アメリカの学会に言ってよ。 でも、もっと嫌だったのは、説明しても何の反応もない時。なので、明らかに興味を持っていない人に、一生懸命説明するのがだんだん面倒になってきた。これが、私がドラマセラピーの説明に飽き飽きするようになった理由。 ワークショップなど、ドラマセラピーに興味を持って来てくれた方々を前にしている時には、何度もして来た同じ話、何回だって飽き飽きしない。ドラマセラピーがいいものだって知ってほしいし、興味を持ってもらえる会話では、聞いてくれる方々が私にもエネルギーを与えてくださるので、楽しいものになる。 そんなわけで、ドラマセラピーの営業をする必要がなさそうな集まりでは、何の仕事をしているかと聞かれたら、カウンセラーです、と答えるようにしてみた。すると、「へー、カウンセラーなんだ。じゃあ、何か言ってよ。分析とかしてよ」とちょっと失礼じゃないかと思う返事が来ることもあった。何を言えというんだ。 カウンセラーということで、勝手に優しい人だと期待され、悩みを打ち明け始める人もいたし、心理テストをやってくれと言われたこともある。心についてみんな興味があるんだなーと思う反面、ドラマセラピーよりも、めんどくささは減るけれど、やっぱりめんどくさいなー、と思い、次に行った集まりでは、当時は大学のカウンセラーをしていたので、ものすごくざっくりと「大学に勤めています」と答えてみた。すると相手の方、ものすごく驚かれた様子。驚かれたことに驚きながら、どうしました?と聞いてみると。「へー、いやー、驚いたなー、ものすごく若く見えますね。いやまさか、年上とは」という反応。明らかに自分よりも年上の男性にそう言われて、頭の中にクエスチョンマーク。当時の私は33歳。そりゃそうだ、あんたより若いんだよ。あなたはきっと40代前半くらい?「いえ、年下だと思いますが」と答えてみたが、信じてくれない。どうも、大学に勤めています、という私の答えを、勝手に大学教授ですと翻訳されてしまったらしい。大学教授ということは、絶対に自分よりも年上だと思われて、結果、33歳の私に、若く見えますねと言ってしまったようだ。 でも、やっぱり、正直に話したほうがいいよね。それに、ドラマセラピーを知ってもらうことも、私の仕事の一つなんだな。だから、最近は、なんとか頑張って自分の仕事を正直に明かすようにしている。本当に、18秒で説明できたらいいんだけど。 ということで、ドラマセラピーの説明、ここでしてます。これは、私がやっている3ヶ月ワークを受講してくださる方に聞いてもらっているものなので、講座の話も出て来ますが、ドラマセラピーがどんなものなのかを話しています。なんと20分以上もかけてます。よかったら聞いてみてくださいね。ちなみに次の3ヶ月ワークは来年1月からです。私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      12
      1
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 幸せになること、豊かになることが、世界のためになる理由

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログにお越し頂きありがとうございます。拙著の中で私は「幸せになることが世界のためになる」と書いている。でもそれは、身体を気づかう食事をすることで、環境をよくするお手伝いができたり、自分が満たされることで、子どもにいい影響を与えてあげられたり、など身近な世界が変わるようにしか、イメージできていなかったと思う。でも、最近、このことで、いままでよりももっとはっきりと「本当に世界を変えられるんだ」という気づきみたいなのがばーっと降りてきたことがあった。そのお話を書かせてください。私は、すでにブログでも紹介しているように、食べ物や日用品など、結構気を遣うほうだ。子どもができてからは、ますます、気にしている。でも、医療でも教育でも、知れば知るほど、何を信じたらいいのか分からなくなるほど世界が怖くなったことがある。まるで、映画のハンガーゲームとか、ダイバージェントみたいに世界をコントロールする、すごく怖い存在がいるように思えてしまう。『アナスタシア』という本の中で、(この本を読んでいなかったらぜひ読んでみてくださいね。素晴らしい本です)「闇の勢力」という言葉が出てくるけれど、それって、このこと???と思うようになっていた。でも、こういう映画は、闇の存在が、明らかに悪いものとして描かれている感じがするから、分かりやすけれど、私たちの世界における闇の勢力は、もっと功名に存在していて、いつのまにか気づかないうちに、私たちをコントロールしている気がする。なんで、マスコミは、こんな偏った報道をするんだろう?真実を知ったら、今の政府に対してもっと反対意見が出てもいいはずだけど?放射能汚染、食品添加物、有害化学物質にまみれた私たちの生活は本当に守られるの?本当に、ワクチン接種は、子どものためになるの?本当に薬や治療は、病気を治すことができるの?教育は、子どもたちそれぞれの能力を輝かせるためにあるのではなく、うまくコントロールできる子たちを作っていない?何が正しいのか、本当にそれを信じていいのか?とわかりにくい。イヨネスコの戯曲『サイ』でみんなの顔がサイになっていくのを、変だと思っていたのに、自分がサイの顔ではないことがおかしいと思えるようになってしまうように、私たちは、おかしいと思っていても、「周りと同じでなくてはいけない」と簡単にコントロールされてしまう。だから、多くの人が「正しい」と信じていることを違うんじゃない?と言ったとたん、ひどい目にあってしまう気がしてしまう。子どもの定期検診とか、とにかく戦闘態勢で臨んでしまう。(私の武器は、私が信じる「正しい情報」と英語で怒鳴ることができる夫だけですが)私は毎日を楽しく生きることはできているけれど、子どものことを思うと、この得体の知れない闇の勢力の存在を考えてしまい、なす術がない無力で小さな自分を感じていた。それって、本当の自由ではない。そんなの考えすぎ?闇の勢力なんていない?いいえ、やっぱり闇の勢力はいると思う。世界中の富をコントロールしている顔も名前も分からない、闇に隠れた人間がいると思う。私たちは、その人たちの富を安定させるためにコマのように動かされているかもしれない。幸せになりたいと思っても、この世界で生きるためには、お金という物質的な制限が出てきてしまい、毎日暮らしていくことが大変な人がたくさんいる。それが現実だと思わされているので、この世界の矛盾を受け入れるしかなくなる。私は、本当の意味で自由になりたい。本当に存在しているのかどうか分からないけれど、少なくとも、私の頭の中では存在しているこの「闇の勢力」から自由になりたい。そのためにはどうしたらいいんだろう。「世界の富には限界はない、誰もが豊かになれるだけの富がある」何度も何度も、色んな本で目にしてきたはずの言葉がふと目にとまった。私たちはみんな、有限の豊かさや幸せを、競い合って奪い合っている世界にいると思い込んでいる。でも、本当に、豊かさや幸せは、誰にとっても、得られる当然の権利なら、もしも、私たちみんなが豊かなら、自分の人生を楽しむことができて幸せなら、この闇の勢力は力を失う。だって、彼らに力があるのは、「私たちが豊かではない」から。私たちが豊かではないから、こういう競争の中で生かされているから、彼らに力が与えられてしまう。それが闇の勢力の目論見。もしお金が十分にあったら、私たちの多くはやりたくない仕事をしていないだろうし、世間の目を気にせず、好きなことの没頭したり、子どもともっと一緒に過ごすだろうし、子どもや自分に、本来の自分ではない自分にならなくてはと、強制することがなくなると思う。もし私たちみんなが豊かになれるのなら、私たちはみんな、本来の自分が願う生き方ができる。そしたら多分、世界が抱える色んな問題は一気に解決する。いじめも虐待も、戦争も、飢餓も、環境汚染も、すべて。ということは、闇の勢力に打ち勝つためには、私たちはみんな豊かに幸せになればいいだけだ。言葉で言うのは簡単。でもどうやったらそんなことできるんだろう?今と180度違う考えを持たなくてはいけない・・・。せっかくそんな気づきが降りていたのに、夫のひと言でむかっときた私がいた。その時、気づいた。闇の勢力は、私の内側にもあるということ。私の中にある闇の勢力はエゴ。我慢が美徳とか、清貧とか、好きなことをしたいなんてわがままだと私たちは教えられてきたけれど、それで幸せな人が増えているとは思えない。そんな風に自分を我慢させて生きてきた結果、私たちの内側はますます嫉妬とか、貪欲さとか、怒りとか不信感などでいっぱいになってしまった。不安を感じて、人生は苦しいのが当たり前だと思い込まされてしまった。自分を見て欲しい、自分を愛して欲しいという、自分だけは不幸になりたくないなどの欲求が増えてしまった。そして、大切な自分を愛することを忘れさせられてしまっている。そういうエゴが闇の勢力を作っている。でも、外側も内側も本当はつながっているから、私の内側を平和にすることができれば、それが世界の平和に貢献できる。本当に世界が豊かになっていくことをイメージしていても、こんなにちっちゃなひと言で、私は怒りを覚えたり、腹が立つからやり返そうとしている。そうやって、私は小さな怒りに心を奪われて、豊かさからかけ離れていってしまう。そっか。深い呼吸をして、夫の言葉で気にさわった自分を解放。闇の勢力はここにある。私が、自分のエゴに惑わされずに、本来の自分でいられたら、私の中の闇の勢力が少しずつ消滅していく。映画『ダイバージェントNEO』でも、最後は主人公のトリスが自分のエゴに打ち勝つことで、世界を救うというようなメッセージが示されていたと思う。マリアン・ウィリアムソンが「飢餓があるのは、私たちが十分に愛せていないからだ」とレクチャーで語っていた言葉を、そうかーとなんとなく聞いていたけれど、本当に理解できた。エゴに振り回されず、本当の自分の存在を愛情を持って受け止め、自分の願いに従って、世界を信頼して生きることができたら、私たちは必ず豊かになっていく。そして、闇の勢力とお別れすることができる。そうなると知っていれば、現状が変わらずとも私たちは幸せになれるし、豊かにもなれる。銀行口座の数字だけが豊かさを示すのではなく、私たちの内側が豊かになることで、物質的な豊かさがもたらされるはず。でも結局毎日を生きていかなくちゃいけないから、仕事しなくちゃいけないでしょ?言葉で簡単に言ったって、どんな仕事をすればいいわけ?と思うかもしれない。残念ながら、私もそれぞれが何をしたらいいのかはわからない。私が分かるのは、自分のことだけ。でもそれも、「今自分ができること」しか分からない。それぞれが自分の人生に責任があり、その人がどうやって願う生き方ができるようになるのか、という答えは、その人の内側からしか生まれない。でもそれは、どんな占い師よりも正確な情報だ。ただ、分かるのは、私たちが今と180度違う考えを育てていかなくちゃいけないということ。そしてそのためにも毎日、エゴに振り回されない自分になっていく精神的修行が必要。今、ここで、意識的に、エゴに振り回されないで存在することができれば、私たちは、クリエイティブに生きることができるようになり、自ずと、今何をすべきかを知ることができる。そうやって、自分の人生を作っていくしかない。それが、豊かさになっていくと信じて。大変だけど、それは、だんだん喜びに変わっていくと思う。夫の一言でイラっとした私だけど、エゴを解放するたび、私たちがますます幸せに、豊かになっていく、世界の平和に貢献できるようになっていく、と思えたら、なんだかワクワクしてきていた。それが、私たち人類の修行。色んな問題に満ちあふれている世界を救う方法。世界の大きな問題を前にすると、私たち一人ひとりは、とても小さい存在にしか思えないけれど、でも、本当は、私たち一人ひとりが、幸せになることが鍵。だから、自分のために、幸せになると決めてほしいと思う。もっと、もっと、豊かになってほしいと思う。私もまだまだ、精神修行中で、物質的には何にも変わらないように見えるかもしれないけれど、豊かさと幸せは、内側にあると信じている。みんなが豊かになることが当たり前になったら、世界の価値観は思い切り変わるね。私たちはもっとみんな喜びの中で生きられるようになる。いつか、お金は存在しなくなる、と聞いたことがあるけれど、本当にそうなっていくんだと思う。そんな世界にはすぐにはならないかもしれないけれど。でも、一人ひとりが、自分らしく輝いていく生き方ができることが、幸せになること、豊かになることが、世界を救うと信じている。闇の勢力よりも強い「愛の力」が私の中にあることを知ったら、もっと私は強くなれた気がする。もっと安心して、人生を信頼できる気がする。エゴに振り回されないで、精神修行を続けることができるたくさんの仲間たち、そして、遠慮せずに、自分の幸せと豊かさを叶えることができる、たくさんの仲間たちがもっともっと増えますように。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です!ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-Amazon運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるーAmazon

      13
      テーマ:
  • 20 Jun
    • 恋愛ドラマセラピーで35歳から理想の結婚を手に入れる!トークライブのお知らせ

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。私のブログに訪れてくださりありがとうございます。今日はお願いのブログです。私の本を出してくれたじゃこめてい出版が、親会社の倒産により、窮地に立たされています。そんな時、一番の助けになるのが、じゃこめてい出版の本を買うことなんです。ということで、じゃこめて出版応援キャンペーンを始めることにしました。2017年7月17日の祝日 10時半〜12時にフェイスブックでトークライブを開催します!皆様からの質問などにお答えし、ライブでやりとりしながらお話しします!今回のこのトークライブは、お世話になっているじゃこめてい出版の応援キャンペーンですので、6月1日〜7月16日じゃこめてい出版の本を買ってくださった方をご招待します。私の本「恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れる」「ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる」を出してくれたじゃこめてい出版は、ドラマセラピーというまだまだ知られていないこの療法を「素晴らしいものだからぜひ本にしよう!」と言ってくれた本当にありがたい存在です。それまで私は本を出したいと思いつつも「ドラマセラピーなんて、知られていないからねえ」と言われてばかりでした。現在、新しい本を準備していますが、それも、他の出版社では「うーん、これはまだそれほど人に知られていないから」という理由で断られてばかりでした。この新しい本は、テーマはもちろん心理ですが、私にとっても新しい挑戦です。じゃこめてい出版は、いつもこういう新しい挑戦を助けてくれるのです。この期間中に、私の本あるいはじゃこめてい出版の本を買ってくださった方にフェイスブックライブでの、無料トークライブにご招待したいと思います。このブログを訪れてくださっている方の多くは、私の本も読まれていると思いますが、どうかこの機会に、もう一冊購入し、お友達などにプレゼントしたり、じゃこめていの他の本を買っていただけないでしょうか。40代のほうはまだ読んでいない!という方は、ぜひぜひ40代のほうの本を購入していただけないでしょうか?じゃこめてい出版の本のラインナップはこちらからご覧ください。http://www.jakometei.com/フェイスブックライブは7月17日の祝日の午前中10時半~12時を予定しています。このときに、みなさんからの質問に答えたり、ライブですから、フェイスブック上でやりとりしながらお話することができます。もちろん、フェイスブックは秘密のグループ内で行いますので他に知られることはありません。フェイスブックをやっていないけれど、動画だけでも見たい!参加はしたくないけれど、あとから動画を見れたらそれでいい。という方には、youtubeに限定公開であげた動画のURLをお送りします。参加の仕方は簡単です!今日から7月17日の間に本を買ってくださった証拠の写真やメール(本と日付つきのレシートの写真やアマゾンのメールのコピーなど)をメール(HPのお問合せ)、あるいは私のフェイスブックにお送りください。フェイスブックで秘密の部屋を作り、ご招待します。(youtubeをご希望の場合はメールで送ります)じゃこめてい出版は、私が、新しい挑戦を世界に発信できる貴重な場所です。ですから、どうか、助けてください。よろしくお願いいたします。じゃこめてい出版応援キャンペーンで始まったことですが、トークライブ、ワクワクしてきました。みなさまとフェイスブックライブでお会いできますこと、楽しみにしております。今日もお読みくださりありがとうございました!私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      19
      1
      テーマ:

プロフィール

Sachi

性別:
女性
自己紹介:
SACHI 中野左知子 北米ドラマセラピー協会認定ドラマセラピスト、心理カウンセラー。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。