脳科学者、黒川伊保子先生からお声がけいただき、講演会にお伺いしてきました。




先生は女性人工知能研究者として、日本に人工知能が誕生したその雫を見守り、育ててこられた第一人者でいらっしゃいますが、その過程で、人間の脳、特に男性と女性の脳の違いについての研究を重ねてこられました。

女性脳は、プロセス指向共感型
男性脳は、ゴール指向問題解決型

SIRIは女性脳??という問いに対して、女性の感性をAIに投入しないで、女性の声でしゃべらせるのは感性の違和感を生む…など、次々と展開されるお話に魅了されました。

2016年、第三次人工知能ブームを迎えたこの激動の時代において、『人に寄り添う人工知能を研究していきたい』と締めくくられた黒川先生は、本当に人間愛にあふれた、素敵な女性でした。

黒川先生から頂いた学びは、ライフデザインに通じる内容も多く、早速今日から生かしていきたいとおもいます。

黒川先生、ありがとうございました✨